AGAコラム

公開日 2016.10.7
食事を見直して薄毛を治す!
カテゴリ AGA・薄毛の対策
Syokuzi1

薄毛に悩むみなさん。日々の食生活にどれだけ気を使っていますか?忙しくなって、ついついファストフードやコンビニご飯などを食べる機会が増えてはいないでしょうか。

日々の食生活を少し見直すだけで、薄毛対策に大きな効果をもたらします。

今回のコラムでは、薄毛に効く食べ物を定番のものから、あまり知られてないものまで10選紹介いたします。

今日から試せる薄毛に効果抜群な食べ物。薄毛に悩む方は必見です!

 

スポンサーリンク

 

 薄毛の原因は?食事も薄毛の原因に!

AGA_食材の画像

 

薄毛になる原因は諸説ありますが、大きく分けて6つ原因があると言われています。薄毛に悩んでいる方や、最近抜け毛が増えてきたかもという方はチェックが必要です。

 

 

栄養バランスの偏った食生活は、薄毛を進行させる大きな原因の一つになります。
過度な栄養不足や、体に負担をかける程の飲酒は頭皮に大きなダメージを与えます。特に日常的に、コンビニのご飯やファーストフードの食事が多いという方は、よく注意が必要です。

しかし、食べ物の改善はすぐにできる薄毛対策なので、今日から実践して薄毛や抜け毛の進行を止めましょう。

 

睡眠不足や運動不足は薄毛に深刻なダメージをもたらします。
一日に必要な睡眠時間は個人差もありますが、7時間前後と言われています。これに満たない生活をしている人や運動する機会が少ない方などは注意が必要です。
規則正しい生活は、健康的な頭皮を維持するためにはかかせません。睡眠不足や運動不足を改善することができれば、薄毛対策に大きな効果を発揮するでしょう。

また、喫煙も体内の血液の循環を悪くするため、薄毛や抜け毛には悪影響だと言われています。もし薄毛・抜け毛が気になり始めたら、ご自身の生活習慣を見直すことをお勧めします。

 

男性ホルモンに含まれるジヒドロテストロテンは、頭皮の油の分泌を引き起こします。
ケアの仕方次第では、頭皮に油がたまりやすくなり、毛髪の成長を妨げる恐れがあります。
しっかりとした頭皮のケアが必要です。

 

AGA_遺伝子の画像

 

「自分の父親はハゲてるから、自分もハゲてしまうかも知れない」とか「うちの家系は、代々ハゲないから、自分も大丈夫だろう」といった声をよく耳にしますが、遺伝と薄毛の関係は本当にあるのでしょうか。

最近の研究では、薄毛になるかならないかに遺伝的要因が大きくかかわりがあることが分かりました。

デンセイホルモン(通称:薄毛遺伝子)は、男性ホルモンの分泌を促すとされています。

男性ホルモンの分泌によってもたらされる頭皮油が、薄毛や抜け毛の原因となるとされています。親や親せきがハゲているから、必ずしも自分もハゲるというわけではありませんが、少なからず影響があると考えて間違いないでしょう。

持って生まれた遺伝子は変えることができませんが、正しい頭皮ケアや食べ物の改善を行うことで、薄毛・抜け毛の進行を防ぐことができます。

 

ストレスは頭皮の血流を悪化させ、毛髪に十分な栄養を送る妨げになることから薄毛の大きな原因とされています。

また過度なストレスはホルモンのバランスにも影響を及ぼし、円形脱毛症の原因にもなると言われています。
現代社会において、ストレスを全くなくすのは無理な話ですが、薄毛や抜け毛を進行させないためにも定期的に運動や趣味の時間をとるなどしてリラックスする必要があるでしょう。

 

シャンプーのし過ぎや、頭皮に合わないケア用品を使用することは薄毛の原因になります。
正しい髪の洗い方や、自分の頭皮にあったケア用品を見つけることが薄毛・抜け毛の予防につながります。

またワックスやジェルといった整髪料や、カラー・パーマも頭皮にダメージを与えることになり薄毛・抜け毛の原因となります。

 

 薄毛は素早い対応が大事!

AGA_スピードの画像

 

薄毛対策は、症状が出始めてからの対応が早ければ早いほど良いと言われています。薄毛・抜け毛の進行が進んでからでは、処置を施すにも時間と費用がかかってしまいます。
重要なのは、気になり始めた時に素早く初期対応をすることが大事です。

そのため薄毛や抜け毛は初期の段階では、本人でさえも気が付かないことが多く、進行が進んでから対応するという方も多いのが現状です。
また、自分から人に「最近、髪の毛薄くなってきかも」とか「後ろハゲていないか見てほしい」などという薄毛の悩みはなかなか相談しづらいものです。
なるべく早く薄毛・抜け毛の初期段階に気が付くためには、以下のようなサインには注意が必要です。
 

①髪の毛が以前より細くなった。
髪の毛に十分に栄養が行き届いていないと、髪の毛が細くなり、途中で髪の毛が切れることが多くなります。また全体的にボリューム感がなくなり、うまく髪の毛がセットできなくなることも多くなります。

 

②髪の毛および頭皮が脂っこくなった。
薄毛や抜け毛の初期症状に、髪の毛や頭皮が脂っこくなるという症状が現れることがあります。頭皮に油分がたまると、髪の毛に十分な栄養を届けることができなくなります。

 

③美容室に行く頻度が減った。
髪の毛の成長が遅くなると、美容院に行く頻度が減ります。若いときは月に1回程度美容院に通っていたのに…なんてことありませんか?
また美容師は髪の毛のプロなので、薄毛が気になった時に美容師に相談してみるのも手だと思います。

 

④シャンプーを洗い流すときに、指に髪の毛が絡むようになった。
髪の毛が健康な状態にないと、どうしても抜け毛が多くなってきます。多少の刺激で髪の毛が抜けるのは、頭皮が弱っている証拠です。

 

⑤朝起きたときに、枕に髪の毛が付着している
髪の毛や頭皮が健康的に保たれているときは、一定以上の抜け毛はないと言われています。

しかしながら、何らかの異常が頭皮や髪の毛にある場合には、抜け毛の量が増加します。
日常生活でなかなか抜け毛の量を気にすることはありませんが、起床時に枕についた抜け毛の量を確認する習慣をつけることで、いち早く薄毛に気が付くことができます。

 

⑥頭皮にかゆみや痛みがある
頭皮や髪の毛に油分量が増えると、かゆみや場合によっては痛みを及ぼすことがあります。また逆に油分量が減り、頭皮が乾燥しかゆみが起こる場合もあります。
いずれにしても、かゆみや痛みは頭皮や髪の毛の異常サインです。


このように、抜け毛・薄毛には初期症状が現れます。このようなサインにいち早く気づき、対応できるかどうかが重要なポイントです。

 

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト

 

 

 食べ物を見直して薄毛対策!

AGA_迷彩服の画像

 

髪の毛は日々の食事から採られる栄養からできています。
日々の食べ物にどのような栄養素が含まれているかを少し意識することで、薄毛対策になります。

 

髪の毛の大部分を作っている重要な要素に、「ケラチン」という成分があります。
これはアミノ酸を含んだ「たんぱく質」から構成されているため、日々の食生活に「たんぱく質」がどれだけ含まれているかを意識するようにしましょう。
髪の毛に十分な栄養素がないと、髪の毛が細くなったり、途中で抜けてしまって薄毛の原因になります。

 

頭皮の健康を維持するためには、ビタミンの摂取が必要不可欠です。
またビタミンには、髪の毛を成長させるために重要な「たんぱく質」の吸収を促進する効果があるので、「たんぱく質」と一緒に摂取するとより一層、薄毛や抜け毛対策に効果があります。

 

亜鉛

亜鉛は5αリダクターゼを抑制すると言われ、抜け毛の進行を止めると言われています。実際に亜鉛のサプリメントも販売されてます。
亜鉛が体内から不足すると、髪の毛が細くなったり、白髪が増える原因にもなります。

 

 こんなものばかり食べていませんか?

AGA_問いかけの画像

 

食べ物は髪の毛を作っていくために、重要な栄養分です。

正しい食事が健康的な髪の毛を作るといっても過言ではないでしょう。

しかしながら、何かと忙しい現代社会において毎日食事に気を遣うのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

ファーストフードは相対的に「カロリーが高い」食事になってしまいます。

またハンバーガーは動物性脂肪を多く含んでおり、日常的に摂取していると、頭皮に悪影響が出てきてしまいます。

動物性脂肪は血圧の上昇をもたらし、栄養が十分に髪の毛に届かない恐れがあります。

 

 効果抜群!薄毛に効く食べ物7選

AGA_色鉛筆の画像

 

海藻

海藻は昔から「髪の毛に良い」とされていますが、実際にはどうなのでしょうか。
海藻を食べると「髪の毛が増える」という説がありますが、これには医学的根拠はないと言われています。
しかしながら海藻に含まれるミネラルには、髪の毛を強くする効果があり薄毛に効く食べ物といえるでしょう。毎日の食卓に海藻を加えてみてはいかがでしょうか。

 

何かとカラダに良いとされている大豆ですが、薄毛対策にも例外ではありません。
豆腐や納豆の原料である「大豆」には、薄毛の原因の1つである男性ホルモンの分泌量を抑えることのできる「大豆イソフラボン」が含まれています。
また、この「大豆イソフラボン」には、肌の老化防止にも役立つとされているため、頭皮ケアに重要な食べ物です。


―大豆が含む主な栄養素―
・大豆イソフラボン
・食物繊維
・ビタミンB1・B2
・亜鉛
・鉄分

 

緑茶

緑茶に含まれる栄養素として「カテキン」があります。「カテキン」の効能として血圧の上昇を抑えてくれる効果があります。

血圧の安定は、髪の毛に安定的に栄養素を送るために必要不可欠です。またリラックスさせる効果もあり、ストレスの軽減にも効果があります。

 

卵には髪の毛の構成要素となる、豊富なたんぱく質が含まれているため薄毛や抜け毛予防には良いとされています。
しかし一方で卵の白身には、髪の毛の成長を妨げる「アビシン」という要素が含まれているため、白身を除いた黄身だけで摂取するのが抜け毛・薄毛対策には最適な食べ方だと思われます。
また加熱を行うと「アビシン」が髪の毛の成長を妨げることがなくなるため、卵に火を通すと薄毛の方でも安心していただけます。

 

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)

牛乳やチーズといった乳製品には、「たんぱく質」が多く含まれており、髪の毛の成長には欠かせません。

しかし乳製品は動物性たんぱく質な為、摂取のし過ぎはかえって頭皮の油分を増加させる原因にもつながるので注意が必要です。

 

緑黄色野菜は、ビタミンが豊富に含まれており血行を促進し、油分の分泌量を抑える効果があり、頭皮の健康を保つことができます。

 

貝類

貝類は亜鉛を多く含む食材で、「5αリダクターゼ」を抑制する働き があります。他にも髪の毛の主成分である「ケラチン」を合成する働きや、細胞の再生を促す働きがあるとされています。

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

今回は、薄毛や抜け毛に役立つ食べ物をご紹介しました。食生活を少し見直すことで、薄毛や抜け毛対策には役に立ちます。薄毛は普段の生活習慣から改善をすることができます。

目先の育毛剤やAGA治療薬だけに頼るのではなく、食生活から見直し、健康に過ごすことが髪の毛を守ることにつながります。

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

 

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト

 

 

スポンサーリンク