AGAコラム

公開日 2017.4.20
京都でAGA治療するならここ!オススメクリニック
カテゴリ AGA・薄毛の治療
Kinpatubizin

最近ではCMなどでも目にする様になり、既にAGAがどのようなものなのかも多くの方が知る所です。それまで薄毛や抜け毛で悩まされた時、何をすれば良いのかさえ分からなかった時代さえありましたが、AGAだと分かればAGAの治療を行えば抜け毛や薄毛を改善出来ます。

 

また、AGA治療は医療行為です。医学的根拠に基づいた治療となっていますので安心感も格別なのではないでしょうか。それまで薄毛や抜け毛に良いとされているものは、医学的根拠の乏しいものでした。そもそも薄毛や抜け毛のメカニズムが解明されていなかっただけに、医療行為、つまり「治療」も確立されていませんでしたが、近年AGAがどのようなものなのかの解明が進んだおかげで現在の専門医療機関での治療効果に関しては期待出来ます。

 

効果が出ると分かればその次に気になるのはやはり値段なのではないでしょうか。AGA治療をと思った時、まず気になるのは効果です。「本当に効果があるのか」「結局変わらないんじゃないか」との気持ちはあるでしょう。

 

ですが医学的根拠があるのがAGA治療の特徴です。その次に気になるのは値段です。値段に関しては人それぞれ考え方が変わるかと思いますが、AGA治療は一般にどれくらいの値段感覚なのかを掘り下げてみるとしましょう。

 

 

 AGA治療の値段

AGA_画像名の画像

 

AGA治療にはどれくらいの値段がかかるのか。AGA治療は医療行為になります。更に言えばAGA治療はは保険適用外治療になりますので値段も治療やクリニックによって異なります。ですが、クリニックによって大まかな治療の流れはほぼ同じです。フィナステリド、あるいはザガーロといった内服薬とミノキシジルの併用です。

 

フィナステリドやザガーロによって抜け毛を食い止める。そしてミノキシジルによって発毛・育毛促進。この二種類がAGA治療の基本と考えてよいでしょう。それらの薬品代金と診療費用。これがAGA治療における主な値段になります。

 

 

フィナステリドの値段ですが、こちらもクリニックによって違いがあります。クリニックを調べていると、初診の際のフィナステリドだけ安い所もあるのですが、こちらはいわば初診ということでのサービス価格のようなものです。基本的には7,000円前後が相場となっています。これで28錠になりますので、ほぼ一か月分と考えて良いでしょう。

 

 

フィナステリドが含まれている国内承認薬と言えばプロペシアが有名ですが、プロペシアにはジェネリックも登場しています。一般の薬と同じように、AGA治療薬もジェネリックの場合、少々安く提供している所もあります。

 

ジェネリックは元の薬の権利関係が切れたので、同じような成分で作られた薬でもコストが安くなるものです。薬には研究機関の特許があります。その期間内は薬代にはいわば特許保持者の権利代が含まれていると考えると分かりやすいでしょう。

 

特許も無限ではなく、期限が定められています。そのため、特許が切れればどの研究機関でも薬が開発出来ます。有効成分等は既に公表されていますので、ジェネリックも簡単に作れるのです。そのため、値段も安く提供できるようになるのです。決して模造品だとかではなく、単純に権利の問題ですので、服用したとしても体への影響は変わりません。

 

 

最も安い値段でプロペシアを手に入れたいのであれば海外からの個人輸入です。プロペシアは日本だけで販売されているものではなく、世界中で販売されています。そして世界中でジェネリックが登場していますので、それらを個人輸入すれば値段の面では格安で入手出来ます。

 

ですが、個人輸入の場合はすべてが自己責任になります。購入したものの手元まで届かない。服用しているけど思ったような効果が出ない。副作用らしきものに悩まされている。値段が安いが模造品を掴まされた…などなど。これらすべてが自己責任になりますので気を付けましょう。

 

 

AGA治療に於いて、プロペシア以上の効果が期待出来るのがザガーロです。AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンへと変化。このジヒドロテストステロンが毛母細胞と結びついて抜け毛を促進し、ヘアサイクルが乱れる。これがAGAのメカニズムになるのですが、酵素である5αリダクターゼには2種類あるのです。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドはⅡ型5αリダクターゼにのみ効きます。一方、ザガーロに含まれているデュタステリドはⅡ型5αリダクターゼだけではなく、Ⅰ型5αリダクターゼにも効くのです。5αリダクターゼの働きを抑えればテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化するのを防げます。それにより、ヘアサイクルの異常を防止すること、いわば抜け毛の改善へとつながるのです。

 

つまり、ザガードはプロペシアよりも有効範囲が広いのです。副作用の症例も多いのでその点は注意が必要ですが、ザガーロの値段は8,000円前後です。例えば京都でも有名なAGAスキンクリニック京都院ではザガーロは一ヵ月分でおよそ8,200円。他のAGAクリニックの浜松第一クリニックでは9,500円と医療機関によって値段に差があります。

 

AGA治療は自由診療である以上、値段はクリニック側の自由裁量になりますし、ザガーロを販売するだけではなく、診断料込の価格設定を行っているクリニックもありますので、医療機関毎のサービスを抜きにして、一概に値段だけを比較して安いか高いかを論じることは出来ません。

 

 

プロペシアにもあったように、ザガーロにもジェネリックはないのかと期待している人も多いかもしれませんが、残念ながらザガーロのジェネリックはありません。(※2017年1月現在)

 

もちろん将来的には作られるでしょう。ですがザガーロに限らず、医薬品にジェネリックが登場するのは権利関係が切れてからです。凡そ10年はかかりますので、比較的新しい薬であるザガーロのジェネリックが登場するのはまだまだ先だと予想されます。また、ジェネリックも登場していませんので海外からの個人輸入も出来ません。ザガーロをと思ったらクリニックにて処方してもらって入手するしかありません。

 

 

勘違いしている人も多いのですが、プロペシアとザガーロの役割は増毛や育毛ではなく、あくまでも抜毛防止です。乱れたヘアサイクルを正常に戻してくれますので、抜け毛が減ります。それまで抜けていたものが抜けなくなるので「増えた」と錯覚しがちなのですが、抜け毛を食い止めるものであって、増えるかどうかは自分自身の発毛力次第です。

 

AGA治療は一般に若い段階で始めた方が効果が出やすいと言われています。抜け毛を減らし、育毛する。これがAGA治療ですが、まだまだ発毛力が十分な若い男性であればプロペシアやザガーロだけでも十分な場合もあるでしょう。抜けてしまっていた毛が抜けない。若い回復力があればこれだけで普通に戻る可能性があります。

 

ですが新陳代謝は年齢によって衰えてきます。仮に抜け毛が減ったとしても生える力がどれくらいあるのかによって治療の効果も変わってくるのです。そこでミノキシジルの出番です。

 

ミノキシジルは元々経口血圧降下剤として開発されたものでした。ですが投薬した患者に副作用として多毛症が頻繁に確認されました。そこから薄毛治療に役立つのではないかと注目され、研究が進んでミノキシジルは脱毛症に有効なことが分かりました。

 

ミノキシジルの効果は血管を拡張し、血流を増やす。流れる血液が増えることによって髪まで栄養が行き渡り、発毛作用を促進する。これがミノキシジルの育毛メカニズムになるのですが、ミノキシジルは二つの種類があります。それぞれ値段だけではなく、体への影響も変わります。

 

 

ミノキジルは塗るタイプと飲むタイプがあります。まずは塗るタイプのミノキシジルからです。頭皮に直接塗ることによって頭皮の血管拡張作用を促進します。塗るタイプのミノキシジルの場合、狙った部分の血管拡張作用が期待出来る点がメリットです。

 

詳しくは後述しますが、飲むタイプのミノキシジルは全身の血管拡張作用があるので、特定の部分だけの血管拡張作用を期待するのが難しいのですが、塗るタイプであれば、薄いなと気にしている部分だけに重点的に塗ることによって育毛促進効果が期待出来ます。

 

また、同じ塗るタイプではあってもミノキシジルの濃度が異なります。ミノキシジルとは商品名ではなく、成分名です。薬品の中にミノキシジルがどれくらい含まれているのかは製品によって異なりますが、我々にとってもっとも身近なミノキシジル含有製品と言えばリアップです。

 

リアップはテレビのコマーシャルでも流れていますし、ドラッグストアでも販売されていますので、ミノキシジルやAGA云々ではなく、名前くらいであればご存知の方も多いのではないでしょうか。リアップが「国内唯一」と謳っているのは、国内の育毛剤の中で唯一ミノキシジルが含まれているからです。ちなみにリアップX5のミノキシジル含有率は5%になります。

 

一般的にドラッグストアで販売されている他の育毛剤にはミノキシジルは含まれていませんが、リアップには育毛成分のミノキシジルが含まれていますので、ミノキシジルの購入は薬剤師が不可欠です。薬剤師が不在の時にはミノキシジルの購入は出来ませんし、値段にかかわらず、通販でも購入することは出来ません。

 

ミノキシジル濃度が濃い薬の方が値段が高くなる傾向にあります。その分血管拡張作用、つまりは発毛効果が高くなりますが、副作用の影響も懸念されます。こちらはクリニックでも処方してくれますし、個人輸入も可能です。個人輸入の場合、先に挙げたプロペシア同様、すべて自己責任になるので気を付けましょう。

 

 

塗るタイプのミノキシジルが体の外側から気になる部分に塗布し、血管拡張作用を期待する薬であるのに対し、飲むミノキシジルは体の中から血管拡張作用を促進するものです。飲むタイプのミノキシジルはタブレットタイプですので、略して「ミノタブ」とも呼ばれていますが、高濃度の塗るミノキシジルよりは値段が安いのが特徴です。

 

タブレットタイプのミノキジルは内服薬になりますので、塗るタイプのミノキシジルよりも大きな効果が期待出来ます。発毛効果をより高めたいのであればタブレットタイプのミノキシジルの方が好ましいのですが、一方で先に少し触れたように、内服薬になりますので、特定部分だけの育毛促進は期待出来ません。全身の「毛の生える力」を促進させるのがタブレットタイプのミノキシジルの効果になりますので、頭髪だけではなく、全身の毛が濃くなる可能性もあります。

 

ですが、塗るタイプのミノキシジルよりも高い効果が期待出来ますので、塗るタイプのミノキシジルを使用しているけど思った程効果が…という人や、全身毛深くなっても良いからとにかく頭髪の薄さを改善したいと考えている人にとっては魅力的な薬です。

 

クリニックによっては主にこちらを処方している所もあります。一概に「ミノキシジル」と言っても種類があるだけに、AGA治療の際、ミノキシジルを使うと言われたらどちらなのか確認しておくと良いでしょう。しかし内服薬の特性上、副作用に関しても強く出る場合もあります。不安な方は自分で判断せずに専門の医師の判断を仰いだ方がいいでしょう。

 

また、頭髪の毛を生やしたいが、全身の毛が濃くなるのは勘弁と思っている人にとってはタブレットタイプのミノキシジルは理想と異なります。

 

 

 AGAなのかという問題

AGA_カウンセリングの画像

 

そもそもAGA治療の値段の前に、自分自身がAGAなのかどうかという問題もあります。プロペシアやザガーロは抜け毛を抑える効果が期待されていますが、どのような抜け毛も防ぐものではありません。あくまでも「AGAによる抜け毛」を抑えるのであって、他の原因の抜け毛までフォローしてくれる万能薬ではありません。

 

そのため、AGA治療を行うか否かは自分自身がAGAなのかを調べなければなりません。

 

 

自分自身がAGAなのかを確認する方法としては血液検査があります。血液検査は基本的に自由診療になりますので、クリニックによって値段は異なります。例えばAGA NAVIでは2回の血液検査で20,000円。DOCTOR'sHAIRの場合初診料込みで7,000円と値段には開きがあります。値段に開きがある理由は、先に少し触れたように基本的にAGA治療は自由診療になるため保険がきかない点と医療機関によって値段のつけ方が異なるからです。

 

言葉は悪いですが、「クリニックの言い値」になりますので、値段が高いなと思ったら受けなければ良いのですし、逆に以外と値段が安いなと思えば受ければ良いのですが、AGA治療を行うのであればAGA検査は受けた方がメリットが多いです。

 

AGAかどうか分からない段階でAGA治療を行っても効果が出る保証はありません。AGA治療はAGAで悩んでいる男性には効果が出ますが、AGA以外の原因による抜け毛や薄毛には効果が出ません。AGAかわからない方は、確実性をと思ったらAGA検査を受けるべきですが、AGAセルフチェックを参照すればある程度自分にAGAの症状があるのかどうか分かります。

 

これらのチェック項目に該当すればAGAである可能性は高いのですが、あくまでも「高い」のであって、AGAであると断定するものではありません。

 

 

「ヒゲが濃いとハゲる」という都市伝説もありますが、強ち嘘ではありません。ヒゲが濃い男性は、いわば男性ホルモンが豊富です。言い換えれば、テストステロンが多いのです。そのため、5αリダクターゼと反応してジヒドロテストステロンになる可能性も高いのです。特に泥棒ヒゲのように、太い毛の持ち主はAGAになる可能性が高いと言われています。

 

ヒゲが顔の広範囲に及ぶよりも、毛が太く、しっかりと剃ったつもりでも灰色の皮膚で昼過ぎから夕方には薄っすらと伸びてくるような男性が抜け毛に悩まされている場合、AGAの可能性は非常に高いでしょう。

 

 

この部分の毛が濃い男性もまた、男性ホルモンが豊富なので、抜け毛で悩まされているのであればAGAの可能性が高いです。こちらもまた、広範囲というよりも太さです。広範囲ではあっても濃いのではなく、薄い毛が多い場合は男性ホルモンの影響はそこまで強くはないのですが、狭い範囲ではあっても太い毛の持ち主が抜け毛で悩まされている場合、AGAの可能性が高いです。

 

 

抜けた毛を確認してみましょう。他の毛同様、太い毛が抜けているのであればAGAではなく、ヘアサイクルに則った、ただの髪の生え変わりなのでそこまで気にする必要はありません。

 

ですが抜けた毛が他の毛と比べて細い場合、AGAの可能性が高いです。なぜなら、細いということは毛がヘアサイクルに則ってしっかりと成長していないのです。成長していないにもかかわらず抜けているのは、ヘアサイクルが乱れている何よりの証拠でもあります。抜けた毛が細くて薄い。しかもそれらが多い場合、こちらもAGAの可能性が非常に高いです。

 

 

AGAになると、軟毛化が起こります。細くなるので柔らかくなる。髪の毛にハリやコシがなくなるだけではなく、ボリュームそのものもなくなります。そのため、寝癖がダイナミックになります。それもそのはず、以前よりも毛自体が柔らかいのです。固いものと柔らかい物。どちらの方がより無軌道に変化するかといえば柔らかい毛です。

 

また、ボリュームがなくなっているので髪の毛をセットする際、何度も違和感を覚えるでしょう。それまでと同じようにセットしているつもりなのに同じ感じにキマらない。その理由は毛が細くなっている以上、以前と同じ方法で同じヘアスタイルにはならないからです。抜け毛が多いだけではなく、ヘアスタイルも決まらないなと思うようであればAGAの可能性は高いです。

 

 

AGA治療は方法も値段もクリニック次第です。患者からのAGAの前兆症状等を聞いても必ず検査を受けてAGAだと断定した上でAGA治療を始めるクリニックもあれば、特徴や症状を聞いて「それはAGAだろう」との判断でAGA治療を行うケースもあります。

 

治療方針はクリニックによって異なりますが、AGA検査もお金がかかるだけに、クリニック側としても患者に負担を強いるのは…との思いもあるでしょう。

 

特に先の項目で当てはまっている項目が多ければ多いほどAGAの可能性は高まりますので、敢えてAGA検査を行う必要はないだろうと考えるクリニックもあれば、患者に対して納得してもらうために、当てはまっているだろうと思っていてもAGA検査を受けさせる所もあります。この点はクリニックの裁量次第です。

 

↓AGAの専門家に相談する↓

>>関東の方は:新宿メディカルクリニック<<

>>関東以外の方は:AGAスキンクリニック<<

 

 なぜクリニックによってAGA治療の値段が異なるのか

AGA_画像名の画像

 

これまでの項で何度か触れましたが、AGAという症状は同じであってもどこで治療するのかによって値段は異なります。一般的な病院での医療の場合、どの病院で治療を受けてもほぼ同じ値段になりますが、なぜAGAは値段がここまで大きく異なるのでしょうか。

 

 

AGA治療は保険適用治療ではなく自由診療になります。他の症状がどの病院で治療を受けても値段がほぼ同額になるのは保険適用診療で、保険の点数等が設定されているからです。言いかえれば、病院が治療費を決めているのではなく、行政側が値段を決めているのです。そのため、どの病院での治療でもほぼ同じ値段になります。

 

一方、AGAの場合は保険適用外の自由診療です。つまり治療の値段は医師の一存になります。行政から決められている治療ではないだけに、どのような治療を行うのか。どれくらいの値段に設定するのかすべて医師の自由になります。

結果、同じAGA治療であってもどうしても値段が変わってくるのです。もちろん決して法的に悪いことをしているわけではありません。

 

AGA診療は自由診療になりますので、患者の自由でもあるのです。もっと値段の安い所で診察してもらいたい。自分に合うクリニックで診察を受けたい。どこで診察を受けるかもまた、自分自身の自由です。自分にあった医療機関で自分に合った治療を受けることが理想的です。

 

 

これがとても大きいでしょう。AGA治療の肝は抜け毛を抑える、そして発毛促進。この二本立てです。抜け毛予防にはプロペシアやザガーロ。発毛促進にはミノキシジル。これがいわば基本的な治療法でもあるのですが、あくまでも基本であって、プラスアルファで他にもサービスをと考えているクリニックは多いのです。

 

例えばミノキシジルに関しては飲むタイプと塗るタイプがあるとお話しました。クリニックによってどちらになるのかは、クリニックの院長の方針次第です。クリニックによっても値段だけではなく、理念や、目的等が異なりますので、何をどうするのかは各々の自由なのです。

 

飲むミノキシジルの方が患者に良いと思っているクリニックはそちらを処方しますし、塗るタイプの方が患者への負担が少ないので良いと思っているクリニックであればそちらを処方するのです。

 

 

抜け毛の予防に関してはプロペシアかザガーロで決まりなのですが、発毛促進に関してはクリニックによって様々な方法があります。

 

ミノキシジルの種類だけではなく、発毛には様々な栄養が絡んでいるだけに、クリニックの医師が効果が出るのではないかと思った栄養を配合したサプリメントを独自に配合したり、シャンプーやコンディショナーを独自開発し、頭皮環境を整える所からアプローチするクリニックもあります。

 

AGAによる抜け毛のメカニズムは解明されているのですが、発毛効果に関してはまだまだ様々な研究が進められていますし、それぞれのクリニックの研究の度合いによって提供する発毛促進サービスが異なるのです。

 

 

AGAの治療は単に投薬だけではなく、ライフスタイルの改善も大切だと考えているクリニックもあります。治療薬を投与して終わりではなく、睡眠時間や栄養の問題などライフスタイルをトータルでサポートしてくれるクリニックまであるのです。

 

どのような治療を行うのかは自由だと説明したように、クリニックの院長が「これがAGAに効く」と思えばそれをサービスとして提供するのです。AGAで悩んでいる人は、どこまでサポートしてくれるのかを踏まえた上でクリニックを選ぶのも良いでしょう。

 

 

クリニックによって症例が異なります。症例とはそれまで治療した患者たちのことです。病院やクリニックは症例はとても貴重な治療データでもあります。一人の患者のデータもとても貴重なものですが、多くの患者を相手に治療をすれば統計学的なデータを得ることも出来ます。

 

どのような治療が効果的なのか、あまり効果が出ない治療は何か。症例が増えれば増える程、より精度の高い治療が可能になります。医学的見地はもちろんですが、実際に患者と向き合ったデータを考え、「では何が良いのか」を模索する。そのサービスの症例が集まれば更に貴重なデータとして蓄積されるのではないでしょうか。

 

クリニックによってどのような患者を抱えてきたのかは異なりますので、「何が良いのか」という理想もまた、異なるのです。

 

 

AGA治療を行うクリニックは増えています。AGAという言葉も馴染みのあるものとなってきています。毛髪専門のクリニックだけではなく、一般の皮膚科の中にもAGA治療を行う所も登場しています。いってしまえば競争も激化していますので、他との差別化という点もあります。

 

医療行為ではあるものの、自由診療になりますので他のクリニックよりも自分のクリニックの方が良いというアピールも必要になります。値段設定、サービス内容。すべてがいわば競争原理が働いているのです。

 

 

 高額サービスも多々あります

AGA_手と薬の画像

 

AGA治療は高額な治療も登場しています。特にその代表とも言うべき治療がHARG治療です。HARG治療とは、簡単に言えば「毛を生やすためのサービス」です。AGA治療の肝は抜け毛を減らして髪の毛を増やすという基本的なものです。

 

抜け毛抑制にはプロペシアやザガーロ。そして育毛にはミノキシジル。あくまでもこれが基本なのですが、HARGは発毛に効果のあるとされる栄養を頭部に直接注入することによって、発毛効果を高める手法ですが、その分値段はとても高いです。

 

 

HARG治療もまた、自由診療になりますので基本的にはクリニックによって値段が異なります。例えば新宿桜花クリニックによるHARG治療は半年間で120万円になりますが、横浜中央クリニックのHARG治療は頭部3分の1であれば1回80,000円と値段に差があります。

 

なぜここまで値段に差があるのかといえば、HARG療法もまた、クリニックによって違いがあるのです。HARG治療の基本的な考え方としては幹細胞から抽出された成長因子を直接頭皮に注入するのですが、その際、成長因子と共に栄養成分も注入します。栄養成分にどのような栄養が含まれているのかはクリニックによって異なります。高価な栄養成分を用いたHARG療法であれば値段が変わるのも当然ではあります。

 

 

HARG療法もまた、様々です。例えば注射を打つだけのケースもあれば、注射を打つとともに、ライフスタイルの改善等、他にも面倒を見てくれる所もあります。

 

クリニック毎に値段が異なるのも当然です。HARG療法は「成長因子を頭皮に直接注入する」ものですが、他にどのような栄養を注入するのかや、トータルサポートなのか、あるいは注入して終わりなのか。更には期間や注入の範囲によってもまた、値段が変わるのです。

 

 

成長因子を頭皮に直接注入するHARG治療。AGAで悩んでいる人にとって救世主と言っても良いサービスなのですが、デメリットが心配な人も多いのではないでしょうか。HARG療法のデメリットは何より値段です。例えば横浜中央クリニックでは1回の注射で80,000円になります。この価格はプロペシアとミノキシジルが一か月でおよそ10,000円前後で入手可能な点を考えると決して安いとは言えない値段です。

 

身体そのものへのデメリットは注射時の痛み程度ですし、痛みも感じないよう様々な改良等が行われているのですが、値段に関しては保険適用外診療であることは言うまでもありませんのでどうしても高額な値段です。髪の毛のためであれば支払えるという人もいれば、いくら髪の毛の問題ではあってもさすがにそこまで支払えないという人もいるでしょう。

 

人を選ぶだけの値段の高さ。これがHARG療法のデメリットです。

 

 

HARG療法のメリットは、値段を抜きに考えればメリットだらけです。まず、成長因子を注入しますので副作用の心配はありません。更に、体に負担をかけての成長促進ではなく、有効成分による成長促進です。ミノキシジルの場合、血管拡張作用を促進します。いわば血管に無理をさせることで発毛効果を高めますので、血圧が高くなるデメリットもあります。

 

ですがHARG療法はあくまでも成長因子を主成分にした栄養素の注入です。医学的な根拠もあるだけに、値段の高さに目をつぶればメリットしかない治療になります。

 

 

値段が高いのはそれ相応の成分が含まれているからこそです。どのクリニックにおけるHARG治療に於いても成長因子が含まれているのですが、成長因子も一つではありません。例えば横浜中央クリニックのHARG療法にはPDGF、basic FGF、KGF、TGF beta1、HGF、SOD、VEGFと7種類もの成長因子が含まれています。

 

これらの成長因子はそれぞれ役割が異なります。血管を作るPDGF、毛細胞の増殖を促進するbasic FGF、ケラシン生成細胞を活性化するKGF、毛周期を制御するTGF beta1、休止期の毛包を成長期に誘導するHGF、新生血管の形成を促進するVEGFといったように、すべての成長因子がそれぞれ役割が異なります。

 

このように、質の高い成長因子が含まれているからこそ値段が高いサービスでもあります。

 

 

HARG療法はとても素晴らしい治療になりますが、基本的にプロペシアとの併用になります。HARG療法の根幹は栄養注入による発毛促進です。いわばミノキシジルの代わりと考えると分かりやすいのではないでしょうか。どれだけ素晴らしい栄養で発毛を促進しても成長した毛が抜けてしまっては意味がありません。

 

そのため、プロペシアやザガーロにて抜け毛の抑制を行います。抜け毛を減らし、HARG療法によって髪の毛を成長させるのです。

 

 

 AGA治療を積極的に行いたい

AGA_女の子の画像

 

AGAにも様々な治療が登場しています。選択肢も多々ありますので、自分自身の目的や経済力によって選ぶべき治療も変わってくるのですが、どの治療にも共通していることがあります。HARG療法然り、ミノキシジルやプロペシア、ザガーロ然り。それは長期的なスパンが必要な点です。

 

例えばHARG療法。理論だけを見れば注入すればすぐにでも毛が生えてくるのではないかと思うかもしれませんが、こちらも出来れば三か月から半年程度複数回続けるのが好ましいのです。一度の注入だけでも高額な値段になりますが、三ヵ月から半年続けるとなれば単純に計算しても3倍から6倍の値段が必要になります。決して安い額ではないのですが、行うからには継続力が大切です。

 

つまりは値段も含めて続けられる治療を選択すべきです。

 

 

AGAで悩まされているのであれば積極的にAGA治療を行うべきです。AGAは体の中での問題なだけに、自分自身の努力だけで解決することが少々難しいのです。ダイエットであれば自分で運動すれば問題解決になりますし、テストであれば勉強すれば良いでしょう。

 

ですがAGAに関してはライフスタイルの改善も大切ではありますが、薬の力を頼らなければ治療が難しいのです。それだけに、AGAで悩んでいるのであれば積極的にAGAクリニックに足を運ぶべきですが、AGAクリニックを選ぶポイントはどの点にあるのでしょうか。

 

 

やはりこれは大切です。AGA治療は長期的なスパンが求められるだけに、一度だけで解決出来ることではなく、長期的に可能な治療法が望ましいのです。初診料や血液検査はもちろんですが、その後どのようなお金がかかるのか。薬代だけなのか、プラスアルファで何か対策等が必要になってくるのか。これによって自分自身の負担も大きく変わってきます。

 

治療法

クリニックによって治療法は大きく異なるとお話しました。選択肢が多いとも言えますので、自分自身に合ったクリニックを選ぶことも出来ます。例えばですが、全身の毛が濃くなるのは勘弁であればタブレットタイプのミノキシジルによる治療を行うクリニックは敬遠すべきです。

 

また、クリニックのドクターとしっかりと相談したいのであれば薬を処方してくれるだけのクリニックよりも定期的に診断してくれるクリニックの方が良いでしょう。逆にあれこれ話すのが面倒だと感じるのであれば薬を処方してくれるだけのクリニックもあります。どのクリニックが良いかは、自分自身次第です。

 

 

 AGA治療の疑問

AGA_3人の女性の画像

 

AGA治療は行ってみたい。薄毛や抜け毛を改善出来るのであれば値段も関係ないと覚悟しているものの、いくつか疑問や不安がある人もいるのではないでしょうか。そこでAGA治療に関しての基本的な疑問をいくつかまとめてみました。

 

 

こちらは気になっている方も多いのではないでしょうか。効果が出るのであればお金は惜しまないという人も多いでしょう。クリニックでの治療は医学的見地に基き、医師が行いますので希望的観測等で行うものではありません。そのため、効果には期待出来るものの、医学的見地で実証されているとはいえ効果にはどうしても個人差が生じます。ライフスタイル、体質、治療との相性など。これらによって効果が左右されるのもまた事実です。

 

 

AGAクリニックの中には相談無料で「まずはお気軽に」と告げてくれているところもあります。相談無料というだけで、他の名目でお金を取られるのではないか。結局何かしらの出費を強いられてお金を支払うことになるのではないか、と懸念している人もいるようですが、相談は無料で行えます。

 

但し、相談をしてみてプロペシアやミノキシジルを購入するのであれば、もちろんお金はかかります。「相談」の範囲はクリニックによって異なりますので、気になるのであれば事前にどこまで無料なのか聞いてみると良いでしょう。近年はクリニック業界内での競争も激化しているだけに、無料でホロスコープで頭皮のチェックくらいまで行ってくれる所もあります。

 

 

AGA治療は何歳まで可能なのか。これもまた、多くの人が疑問に感じているかもしれませんが、AGA治療に厳密な規定はありません。

 

ですが、治療の効果は発毛力による部分もありますので、若い方が比較的有利ではあります。若い男性の場合、ミノキシジルに頼らなくてもプロペシアにて抜け毛を抑えるだけでもまるで育毛したかのように毛が復活するケースもあります。こちらに関しては年齢よりも男性ホルモンが多分に影響しているだけに、AGA検査など医師と相談し、データを元にどのように治療に向き合うのかを考えるべきです。

 

 

クリニックでの治療ということで保険証を持って行った方が良いのかと心配な人もいるようですが、AGA治療は基本的に保険適用外の自由診療になりますので保険証は不要です。提示を迫られることもありませんので仮に保険証を持っていないとしてもAGA治療には影響がありませんし、国民保健と社会保険で値段が異なることもありません。誰が受けても同じ値段での治療になります。

 

 

女性で抜け毛に悩んでいる人もいるかもしれませんが、残念ながらAGA治療は男性専用です。AGAとは男性型脱毛症になりますので、治療法はすべて男性の体を考えた、男性のためだけのものです。プロペシアやザガーロはすべて女性の使用は禁止となっています。但し、HARG治療と女性向けミノキシジルに関しては女性でも受けられます。

 

AGAクリニックでも女性の診療を行っているクリニックもありますが、女性の場合は主にFAGA(女性男性型脱毛症)などの別ジャンルでの治療になります。最近では女性専門のクリニックなども出てきていますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月3,400円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト