ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> プロペシアには飲み合わせがあるの!?服用上の注意点について紹介します!

AGAコラム

公開日 2017.10.14
更新日 2017.10.14
プロペシアには飲み合わせがあるの!?服用上の注意点について紹介します!
カテゴリ
Man-791049_640

※ 2017.10.14 一部内容更新

男性型脱毛症の治療薬としてよく知られているプロペシア。医薬品なので服用するにあたってはいくつかの注意点がありますが、飲み合わせに関してはどのようになっているのでしょうか。男性型脱毛症以外の薬を飲んでいる場合、プロペシアを併用しても大丈夫なのでしょうか。逆に、男性型脱毛症の改善効果を高める飲み合わせはあるのでしょうか。

 

プロペシアの働きに迫ることで、そのような疑問を解明していきたいと思います。

 

 

 プロペシアってどんな薬? 

女の子と花の画像

 

プロペシアとその他の医薬品、または食品などとの飲み合わせに関して解説する前に、まずはそもそもプロペシアがどのような医薬品であるのかについて知っておきましょう。それによってプロペシアの飲み合わせについての理解も深まることと思います。

 

プロペシアは簡単に言うと、フィナステリドと言う有効成分を配合した、男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)を治療するための医薬品です。医療用の医薬品であるため、原則として医師による処方箋が必要となります。

 

フィナステリドは比較的最近になって研究、開発された医薬品で、もともとは男性特有の疾患である前立腺肥大症を治療したり、前立腺がんを予防したりする目的で、アメリカにあるメルク社という製薬会社によって、1990年代の初頭に製造されました。

 

前立腺肥大症の治療や前立腺がんの進行を抑えたりする目的で製造されているフィナステリド配合の医薬品としてはプロスカーの存在があげられますが、日本では前立腺肥大症などの治療のためにプロスカーを用いることは承認されていません。

 

男性型脱毛症の治療薬としてわが国で承認されているのは、低用量のフィナステリドを配合したプロペシアです。前立腺肥大症の予防や前立腺がんの進行を抑制する目的で用いられるプロスカーにはフィナステリドが5㎎配合されていますが、プロペシアに配合されているフィナステリドは1mgとなっています。

 

プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されていますが、フィナステリドには2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きがあることが分かっています。それによって発毛を促進するのですが、その理解のためにはまず、そもそもなぜ抜け毛が起こるのかについて知っておく必要があるでしょう。

 

抜け毛の原因としてはさまざまな要因があげられていますが、こと男性型脱毛症に関して言えば、男性ホルモンのバランスが変化することがその要因とされています。男性ホルモンであるテストステロンがより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化することで、毛母細胞の働きが低下するため、抜け毛が増えるとされています。

 

では、ジヒドロテストステロンは私たちの身体にとって有害なのかと言うと、必ずしもそうとは言えません。と言うのも、いわゆる男性らしさを形作るのがジヒドロテストステロンの働きでもあるからです。特に、赤ちゃんの外性器を形成する際に、ジヒドロテストステロンが重要な働きをすることが分かっています。

 

男性型脱毛症に悩まされている多くの男性に、ジヒドロテストステロンが大量に産生されるという現象が見られるという訳なのですが、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際に触媒となるのが、5α-リダクターゼと呼ばれる変換酵素なのです。

 

5α-リダクターゼには1型の5α-リダクターゼと2型の5α-リダクターゼの2種類が存在しており、それぞれ分布する場所が異なっています。1型の5α-リダクターゼは全身の皮脂腺や、後頭部、および側頭部に多く分布するとされています。

 

それに対し、2型の5α-リダクターゼは頭頂部や前頭部に多く分布するとされています。男性型脱毛症の人の多くが、前頭部のハゲ(いわゆるM字ハゲ)や後頭部のハゲ(いわゆるO字ハゲ)、あるいはその両方(U字ハゲなどと言います)に悩まされていることから、2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制することが、男性型脱毛症の改善につながるという訳なのです。

 

これまでの説明を見て、もしかしたら「でも、5α-リダクターゼの分泌を抑制することで抜け毛を予防できたとしても、それがすなわち発毛につながる訳ではないのでは?」という疑問を抱いた鋭い方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、抜け毛予防=発毛とはなりませんよね。

 

ただ、フィナステリドの服用を継続的におこなうことによって、頭髪が生え換わるサイクルが正常に戻り、多くの方に発毛効果が見られるという臨床試験の結果があるということです。抜け毛予防に関しては98%の人が、発毛効果に関しては60%の人が実際に効果を実感しているということです。

 

 プロペシアと飲み合わせについて

本を読んで考える男性の画像

 

プロペシアとはどのような医薬品であるのか、簡単にですが説明してきました。それでは次に、今回のテーマであるプロペシアとその他の医薬品、または食品などとの飲み合わせについて見ていきたいと思います。

 

高血圧は、脂質異常症、糖尿病、肥満症とあわせて「死の四重奏(カルテット)」などと物騒な名前で呼ばれています。わが国には現在、なんと4000万人もの高血圧患者がいるとされており、30歳以上の男性の47%、30歳以上の女性の43%が高血圧と診断されているということです。

 

男性型脱毛症も30代以降に見られるケースが多いため、男性型脱毛症の治療をおこないたいけど、高血圧の治療薬を飲んでいるから不安と言う方もいらっしゃることと思います。では、高血圧の治療薬とプロペシアとは同時に服用しても構わないのでしょうか。

 

結論から言うと、高血圧の治療薬とプロペシアとを併用しても、特に問題はないということです。プロペシアに添付されている説明書には、併用禁忌の医薬品が記載されていません。と言うことは、高血圧の治療薬とプロペシアとを一緒に飲んでも問題がないということになります。

 

なぜそのようなことが可能かと言うと、プロペシアが比較的安全な医薬品だということがその理由となっています。重大な副作用としては肝機能障害の可能性があるということですが、発症例がそれほど多い訳ではありません。ただ、後ほどプロペシアの副作用の項で詳しく紹介しますが、ポストフィナステリド症候群という問題も現れてきているようです。

 

とはいうものの、高血圧の治療薬とプロペシアとを一緒に服用したから、それによってなんらかの異変が現れたり、副作用が強く出たりといったことはあまり考えなくていいようです。

 

風邪をひいた時に、市販の風邪薬を飲むことがあると思いますが、プロペシアを継続的に服用している際に風邪をひいた場合、風邪薬を併用しても構わないのでしょうか。これに関しても、答えは「イエス」とされています。プロペシアと風邪薬とを併用することも、特に問題がないということです。

 

ただし、プロペシアや風邪薬に限ったことではありませんが、医薬品と言うのは目的とする場所に対する効果は期待できるものの、身体にとっては異物であることに変わりがありません。特に化学的に製造された医薬品は、身体にとっては有害物質でもあります。そのため、医薬品を使用する際には必ず医師の診断を受けるように心がけましょう。

 

プロペシアの副作用に関しては後ほど詳しく解説しますが、プロペシアの副作用の一つとして男性機能の低下があげられています。それほど頻度は高くないということですが、プロペシアを実際に服用した人の口コミを見ていると、性欲の減少などといったものがよく見受けられます。

 

また、男性型脱毛症が出やすい壮年期や中年期以降になると、人によっては自然と性欲が減少したり、勃起しにくくなったりといったことも見られます。そのような症状が見られる場合、お医者さんによって「ED」と診断されることがあります。 EDとは「Erectile Dysfunction」の略語で、日本語にすると「勃起性の機能障害」となります。最近ではEDもみなさんのよく知る疾患となっているのではないでしょうか。

 

それでは、EDの改善目的でEDの治療薬を服用している際に、プロペシアを併用しても構わないのでしょうか。また、プロペシアを服用しているうちにEDのような症状が出た場合に、EDの治療薬を併用しても問題はないのでしょうか。

 

EDの治療薬としてはバイアグラが特に有名ですが、バイアグラの併用禁忌の医薬品としては、いわゆる硝酸剤があげられています。硝酸剤として有名な医薬品としては、狭心症の治療薬であるニトログリセリンなどがあります。ただ、プロペシアはバイアグラの併用禁忌の医薬品ではないことから、EDの治療薬と併用しても問題がないということです。

 

常識的に考えて、医薬品とアルコールを一緒に摂るようなことはないと思うのですが、プロペシアを服用している場合にアルコールを飲んだら何か問題はあるのでしょうか。基本的にプロペシアは服用に際しての制限がとても緩く、安全な医薬品であるとされています。

 

そのため、プロペシアとアルコールを一緒に飲んだからと言って、直ちに悪影響が出るようなことはないということです。ただ、プロペシアなどの化学的に製造された医薬品もアルコールも、ともに肝臓に負担をかけることは間違いありません。男性型脱毛症の治療中は、過度の飲酒は控えた方が賢明だと言えそうです。

 

 プロペシアの発毛効果を高める飲み合わせ

夫婦の画像

 

ここまで、プロペシアとその他の医薬品との飲み合わせでなんらかの悪影響が出ることはないのかについて見てきました。今度は反対に、プロペシアと併用することで、男性型脱毛症の改善を促進する飲み合わせがあるのかどうかについて見ていきたいと思います。

 

男性型脱毛症の治療薬はいろいろありますが、わが国で発毛効果があると承認されている有効成分は3つだけです。その内の1つがフィナステリドと言う訳ですが、そのほかの2つはデュタステリドとミノキシジルです。 デュタステリドはフィナステリドと同様、5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きがあります。

 

デュタステリドを有効成分として配合した医薬品としてはザガーロがよく知られていますが、ザガーロとプロペシアとの飲み合わせについては次に譲りたいと思います。 ミノキシジルは、大正製薬のリアップシリーズなどに含まれている有効成分としてよく知られています。

 

プロペシアやザガーロが錠剤なのに対して、リアップは頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤です。と言うもの、厚生労働省によって認可されているミノキシジルは、塗り薬タイプだけだからです。 では、ミノキシジルには錠剤がないのかと言うとそのようなことはなくて、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)と呼ばれる錠剤タイプの発毛剤も存在しています。

 

ミノキシジルタブレットは、厚生労働省によって認可されていませんが、日本でも男性型脱毛症の治療薬として用いられることがあります。 なぜかというと、塗り薬タイプのミノキシジルよりも、内服タイプのミノキシジルの方が、発毛効果が高いことが分かっているからです。

 

ミノキシジルの歴史はフィナステリドと比べると比較的古く、1960年代にはミノキシジルを配合した高血圧の治療薬が開発・製造されていたということです。 ミノキシジルは現在ファイザーとして知られる製薬会社の全身である、アメリカのアップ・ジョン社によって開発されました。

 

当初は高血圧の治療目的で使用されていたのですが、治療中の患者に発毛効果が見られたため、その効果に注目して男性型脱毛症の治療薬が開発されたという経緯があります。 ミノキシジルには血管拡張効果がありますが、血管が拡張されることによって血行がよくなります

 

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血行がよくなるということは栄養状態がよくなるということでもあります。そして、頭皮の栄養状態がよくなれば、髪の毛が生えてきやすい環境が整うということになる訳です。 そのことから、プロペシアとミノキシジルに関しては、むしろ発毛効果を高めるために併用を推奨されることがよくあります。

 

ただし、錠剤タイプのミノキシジルタブレットに関しては、厚生労働省によって認可されていません。そのため、男性型脱毛症の治療を専門としている病院やクリニックで処方してもらうことが重要となります。

 

先程すこし触れましたが、男性型脱毛症の治療に効果があると厚生労働省によって認可されている有効成分の1つに、デュタステリドの存在があります。そして、デュタステリドを配合した男性型脱毛症の治療薬として、2015年に販売されたザガーロという医薬品があります。

 

デュタステリドはフィナステリドと同様に、5α-リダクターゼの分泌を抑制することで抜け毛を抑え、発毛を促すことを目的としています。5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があることは先述したとおりですが、フィナステリドが2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制する効果しかないのに対して、デュタステリドには1型と2型、両方の5α-リダクターゼの分泌を抑制する効果があります。

 

また、男性型脱毛症の特徴であるM字ハゲやO字ハゲに関しても、頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在するとされる2型の5α-リダクターゼの分泌を、フィナステリドの3倍抑制する働きがあるとされ、プロペシアよりもザガーロの方が、発毛効果が高いというデータもあります。

 

ということで、より高い発毛効果を期待してプロペシアからザガーロに切り替えることはあっても、同様のアプローチをするプロペシアとザガーロを併用することは、あまり一般的ではないということです。

 

 プロペシアの副作用

画像名の画像

 

発毛効果が高くて比較的安全な医薬品であるとされるプロペシアですが、医薬品である以上、副作用の影響から完全に逃れることは出来ません。それでは、プロペシアにはどのような副作用の可能性があるのでしょうか。

 

プロペシアの副作用としては、男性機能の低下があげられています。頻度としてはそれほど高くないということですが、勃起不全や射精障害、性欲の低下や精子量の減少といった副作用の可能性があるということです。

 

プロペシアに含まれている有効成分であるフィナステリドには、5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きがあります。ただ、男性ホルモンに直接アプローチする訳ではありません。にもかかわらず、プロペシアを服用している男性からは、性欲が減少したというような口コミが多く見られます。

 

プロペシアに関して以前は重篤な副作用の心配はないとされていました。ただ、プロペシアの現在の販売元であるMSD社(旧万有製薬)によると、頻度は不明ながらプロペシアを継続的に服用することで、肝機能障害が起こる可能性があるとされており、実際にプロペシアの添付文書にその旨が記載されるようになりました。

 

ただ、これに関してはプロペシアにのみ言えるという訳ではないでしょう。化学的に製造された医薬品は多かれ少なかれ肝臓に負担をかけてしまうものです。そのため、医薬品を服用する際には、必ず医師に処方してもらう必要があるのです。そして、定期的に通院しながら、経過を観察することとなる訳です。

 

プロペシアを服用している人の中には、気分が落ち込んでしまうなど、抑うつ状態に陥る人もいるということです。医師の中にはプロペシアと抑うつとは関係がないとする人もいますが、100%ないとは言い切れないという立場の医師もいます。いずれにせよ、プロペシアの服用によって抑うつなどの症状が出た場合は、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。

 

プロペシアに含まれている有効成分であるフィナステリドに発毛効果が認められるとされ、男性型脱毛症の治療薬として用いられるようになったのは1997年のこととされています。日本ではそれに遅れること8年、2005年になって国内でプロペシアが発売されるようになりました。

 

つまり、海外では20年そこそこ、国内ではまだ12年ほどしか使用実績がないということです。20年や12年と言う治療実績が短いのか長いのかは議論の分かれるところでしょうが、近年になってプロペシア発祥の国であるアメリカで、ポストフィナステリド症候群と言われる現象が問題になってきているのです。

 

ポストフィナステリド症候群は、フィナステリドの服用をやめてからもフィナステリドの副作用と思しき症状が継続したり、フィナステリドの服用をやめてからしばらく経っているのにもかかわらず、突然、フィナステリドの副作用のような症状が現れたりすることを言います。

 

ポストフィナステリド症候群に関しては、現在のところ発症例がそれほど多いという訳ではないので、なぜそのようなことが起こるのかについてはハッキリとしたことが分かっていません。そのため、有効な治療法も確立されていないのが現状だということです。

 

アメリカではポストフィナステリド症候群に対応するため、2012年の7月にポストフィナステリド症候群財団と呼ばれる団体が設立されており、ポストフィナステリド症候群の原因の究明や、研究資金の調達といった活動をおこなっています。 ポストフィナステリド症候群に関しては、まだ発祥例が少ないこと、また研究論文などもないことから、日本ではあまり知られていないかもしれません。

 

ただ、発症例が少ないとは言うものの、プロペシアの使用年数の長いアメリカの方が、ポストフィナステリド症候群の発症頻度がやや高いことから、今後、日本でもポストフィナステリド症候群を発症する可能性があることを忘れてはなりません。 プロペシアには服用に際しての制限があまりなく、比較的安全な医薬品とされています。

 

ただ、化学的に製造された医薬品には必ずリスクがともないます。特に、男性型脱毛症の治療薬は長期にわたって服用を継続することが推奨されています。後で泣かないためにも、危険性を理解した上で医師の指導の元で服用することを心がけましょう。

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

 

 プロペシアを服用する際の注意点

使い方の画像

 

プロペシアにはそれほど頻度が高いとは言えないまでも、やはり副作用のリスクがあるということでした。そのことを踏まえた上で、プロペシアを服用する際の注意点について見ていきたいと思います。

 

プロペシアを服用していると、頻度こそはそれほど高くないものの、男性機能に悪影響を与える可能性があるということでした。実際にプロペシアを服用している人の口コミを見ても、「性欲が減少した」とか、「オーガニズムに異常が見られるようになった」などと言う方もいます。

 

そのため、これから結婚して家庭を築いて、子づくりを考えているというような人は、プロペシアの服用には気をつける必要があります。男性がプロペシアを服用しているからと言って、妊娠に際して問題が生じるようなことはありませんが、そもそもの性交に関してうまくいかないケースが見られるということなのです。

 

すでにプロペシアを服用していて、これから子づくりをしたいと考えたような場合は、継続的に服用してきたプロペシアの有効成分であるフィナステリドの働きが身体から完全になくなるまで、1ヶ月ほどプロペシアの服用を控えるようにするとよいでしょう。

 

プロペシアの有効成分であるフィナステリドや、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、ともに男性ホルモンのバランスにアプローチする働きがあります。そのため、原則として女性の服用は禁止とされています。女性にも薄毛に悩まされている方がいらっしゃいますが、その場合はミノキシジルを配合した発毛剤などを利用するとよいでしょう。

 

また、フィナステリドやデュタステリドには5α-リダクターゼの分泌を抑制して、テストステロンがより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化することを妨げる効果があります。ただ、ジヒドロテストステロンは男児の外性器の成長にとって重要なホルモンでもあります。

 

そのため、男の子を妊娠している妊婦さんがフィナステリドやデュタステリドを誤飲してしまうと、お腹の赤ちゃんの外性器の成長に異常をきたしてしまいます。もしパートナーが妊娠しているような場合、間違って飲んだりしないように、プロペシアの管理は厳重におこないましょう。

 

プロペシアに限った話ではないのですが、医薬品というものは用法と用量を守って服用することが原則となっています。そのため、薬代がもったいないからと言って、プロペシアを分割して飲むようなことはおこなわないようにしましょう。せっかくの発毛効果が得られにくくなる可能性があります。

 

また、プロペシアを割った際に生じた粉末を女性が吸収してしまう可能性もあります。特にパートナーが男の子を妊娠しているような場合、生殖器の正常な発育が阻害されてしまうような恐れもあります。

 

プロペシアを服用する際の注意点としては、原則として継続的に服用するということもあげられます。プロペシアは確かに発毛効果のある治療薬ではありますが、飲んだからすぐに髪の毛が生えるといった類のものではありません。 継続して服用することによって毛髪の生え換わる周期を正常に戻し、それによって抜け毛を予防し、太くて強い髪の毛が生えてくることを目的としているのです。

 

そのため、男性型脱毛症の治療を専門におこなっている病院やクリニックでは、少なくとも6ケ月間はプロペシアを継続的に服用するよう、奨められるケースが多いようです。

 

プロペシアを服用する際の注意点としては、プロペシアの服用中には献血ができないということもあげられます。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、プロペシアの服用によって血液中に含まれることとなるからです。献血してその血液が妊娠中の女性に入ってしまうと、先程述べたようなリスクが生じることとなります。

 

もしどうしても献血をする必要がある場合には、体内から有効成分が抜けるまで1ケ月間、プロペシアの服用を中止するようにしましょう。また、男性型脱毛症の治療薬は基本的に成人の服用を前提としているため、未成年者に処方されることは原則としてありません。未成年者に対する安全性も確立されていないため、個人の判断で服用するようなことがないようにしましょう。

 

あと、プロペシアは男性型脱毛症の治療薬であり、同じ脱毛症でも円形脱毛症や薬剤による脱毛症などに対する効果はありません。なにはともあれ、まずは男性型脱毛症の治療を専門としている病院やクリニックの医師の指導に従って服用するようにしましょう。

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

 プロペシアを安く購入する方法

画像名の画像

 

男性型脱毛症の治療は、基本的に長期間に渡ることがほとんどです。男性型脱毛症の治療薬を服用したから、すぐに髪の毛が生えてくるといったことはあまり期待できませんし、病院やクリニックの医師も、少なくとも半年以上に渡って男性型脱毛症の治療薬を継続的に服用するよう奨めています。

 

そうなってくると、問題となってくるのが治療にかかる費用です。診察台ももちろんのことですが、プロペシアを購入する費用も多額になってしまいます。では、何とか薬代を抑える方法はないのでしょうか。実はそれがあるのです。

 

男性型脱毛症の治療にかかる費用を抑える方法としては、まず男性型脱毛症の治療薬にかかるコストを削減するということが考えられます。そのための方法として、ジェネリック医薬品を利用するという方法もあります。 ジェネリックとは後発医薬品のことを言い、先発医薬品と同じ有効成分を使用していながら、薬価が抑えられるというメリットがあります。

 

なぜそのようなことが可能かと言うと、ジェネリックの場合、先発医薬品のように、研究に膨大な費用と時間がかからないからです。 先発医薬品が商品として販売されるまでには、膨大な研究費と時間、人件費など、多額のコストが必要となります。1つの医薬品が商品になるまでには、200億から300億もの費用が必要であり、また10年から18年もの歳月がかかるとされています。

 

俗な言い方になりますが、メーカーは元手を回収する必要があり、そのために特許期間が設けられているのです。プロペシアの場合、特許期間が終わるのが2019年の10月11日ということです。ただ、現実にはすでにプロペシアのジェネリックが発売されています。

 

実は、プロペシアの特許が切れる以前の2015年に、ファイザーがプロペシアのジェネリックを製造する許可を得たという背景があるのです。このことは業界内でずいぶん騒ぎとなったそうなのですが、経緯について詳しいことは分かっていないようです。

 

ただ、どのような事情があるにせよ、男性型脱毛症の治療をおこなっている人にとって、プロペシアのジェネリックがあるというのはありがたい事実です。プロペシアのジェネリックはいろんな製薬会社から出されていますが、1ヶ月分(28錠から30錠)あたり4300円程度で販売されているようです。まとめ買いするとさらに安く購入することも可能なようです。

 

プロペシアの薬価を抑える方法としては、プロペシアのジェネリックを海外から購入するという手もあります。さきほどの述べたように、実はプロペシアの国際特許はまだ切れていません。ところが、インドにあるジェネリック製薬会社では、プロペシアのジェネリックが製造され、安価で売られているという現実があります。

 

日本でプロペシアのジェネリックの製造が許可されたのも、背景にはインド製の安価なジェネリックが出回っているのが原因ではないかと考える向きもあるようです。オオサカ堂などの個人輸入代行店では、インド製のプロペシアのジェネリックを通販で購入することが可能となっています。

 

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療や、前立腺がんの進行を遅らせる目的で製造されており、有効成分であるフィナステリドを5㎎配合しています。前立腺肥大症の治療薬としてはプロスカーという商品がありますが、そのプロスカーを海外から購入して、5分割して服用するという離れ業もあります。ただし、その際には妊婦さんへの配慮が必要となります。

 

国内でも安く購入できるクリニックがいくつか存在します。今回はオススメの4社を比較してみました。

 クリニック名  価格

 AGAスキンクリニック

 4,200円

 新宿メディカルクリニック

 6,500円

 TOMクリニック

 6,500円

 ゴリラクリニック

 9,000円

主なクリニックのプロペシアの価格を比較してみました。このように一覧として見てみると大まかな相場も見えてくるのではないでしょうか。自由診療なので各々価格設定は自由ではありますが、AGA治療を行える場所も増えてきていますので、価格競争のおかげである程度の相場も形成されています。

 

 プロペシアの効果を上げるコツ

考える人の画像

 

プロペシアは発毛効果の高い医薬品ですが、さらに発毛効果を高めるためには、日頃から以下のようなことに気をつけるとよいでしょう。

 

あたりまえといえばあたりまえのことですが、髪の毛も身体の一部であり、食べ物からできているものです。そのため、日頃の食習慣を見直すようにしましょう。ジャンクフードや脂っこい食べ物、添加物を多く含む食品などは頭皮環境にとってもよくありません。

 

また、アルコールの過剰摂取もいわゆるドロドロ血液状態になってしまい、血行不良を起こしてしまい、結果として頭皮環境を悪化させたり、髪の毛の成長に悪影響を与えたりします。栄養バランスのとれた食事をなるべく決まった時間に摂るようにすることが大事です。

 

健康のためには日頃から適度に身体を動かすことが重要ですが、男性型脱毛症の改善にとっても同じことが言えます。運動不足が続いてしまうと筋力が低下し、血液の循環が悪くなってしまいます。血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血液の循環が悪くなった場所は栄養状態が低下してしまう訳です。

 

栄養状態の低下が頭皮に見られれば、頭皮環境が悪化して、髪の毛が育ちにくくなってしまいます。運動といっても、なにもマラソンをしたり筋トレをしたりする必要はありません。日頃から歩くようにしたり、エスカレーターではなく階段を使ったりするように心がけましょう。

 

男性型脱毛症になる人の中には、日常の洗髪法を誤っているケースも見受けられます。では、どのような洗髪習慣が抜け毛の原因となってしまうのでしょうか。

 

市販のシャンプーは化学的な成分が含まれていることが多く、地肌への刺激が強く、かえってかゆみや炎症を起こして頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。できるだけ自然由来の成分を用いて製造されたシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

洗い方

シャンプーをした後にリンスやコンディショナーをすることがあると思いますが、その後のすすぎが足りていないと、頭皮にとって好ましくない成分が残留することとなってしまい、結果としてかゆみやかぶれといったトラブルの原因となってしまいます。髪の毛を洗ったあとはしっかりとすすぐようにしましょう。

 

男性の場合に多いのが、髪の毛が短いからと言って洗髪後にドライヤーを使わずに自然乾燥させているケースです。実は、髪の毛が濡れている状態というのは、髪の毛が渇いている状態よりもダメージを受けやすくなっているのです。髪の毛が濡れたままだと、雑菌が繁殖する原因ともなるので、洗髪後には必ずドライヤーで髪の毛を乾かすように心がけましょう。

参考:薄毛防止のための正しいシャンプー選びとやり方

 

ファッションの一環で帽子をかぶるというかたもいらっしゃることと思いますが、常に帽子をかぶっていると頭皮が蒸れてしまいます。頭皮が蒸れている状態になると雑菌が繁殖しやすく、頭皮環境が悪化してしまうので注意が必要です。 また、睡眠不足も頭皮環境を悪化させてしまう要因となります。

 

人間の体内では寝ている間に成長ホルモンの分泌がおこなわれます。それによって疲労を回復したり、新陳代謝を促進したりするわけです。そのため、睡眠不足の状態が長く続くと髪の毛の健全な成長にも悪影響を与えてしまうのです。

 

 まとめ

薬の画像

 

プロペシアは服用に際してそれほど制限事項がなく、比較的安心して服用できる男性型脱毛症の治療薬だということです。飲み合わせに関しても基本的にどのような薬と併用しても問題はないということです。 ただ、プロペシアと同じ方面から抜け毛予防にアプローチする有効成分であるデュタステリドを配合したザガーロなどとの併用は想定されていません。

 

発毛効果をアップさせたい場合には、違った方面から発毛に対してアプローチするミノキシジルの併用が奨められています。 また、いくら安心して服用できるとは言うものの、プロペシアも化学的に製造された医薬品である以上、肝臓への負担がかかることは間違いありませんし、ポストフィナステリド症候群になるリスクがわずかとはいえ存在します。

 

あと、自己判断で通販などを利用して海外のジェネリックを購入すると安く上がりますが、副作用などが現れた際に自己責任となってしまいます。副作用のリスクが低いからと言って甘く考えずに、服用に際しては医師の診断を受け、処方箋をもらうように心がけましょう。

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【診料&おためしDr'sメソ無料キャンペーン】
【11月30日まで!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
おためしDr'sメソ 30,000円 → 0円

            公式サイトへ          

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


            公式サイトへ              

 

 
<<厳選AGA殿堂入りコラム>>

【育毛剤の人気ランキングTOP5!】

【プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用】

【AGA治療は保険適用外?費用相場と安く抑える方法まとめ】

【薄毛の女性も安心!薄毛でも似合う髪型・ヘアスタイルを長さ別にご紹介】

【頭皮マッサージの効果と正しいマッサージ方法】

【薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用】

【チャップアップの効果と口コミから徹底検証】

【イクオスの口コミから徹底検証!】

【BUBKAの評判がすごい!】

【ポリピュアの効果を徹底検証】

【プランテルの効果と口コミ大特集!】