ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> あなたの髪の毛、伸びるの遅くない?髪の伸びるメカニズムとは

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

あなたの髪の毛、伸びるの遅くない?髪の伸びるメカニズムとは


カテゴリ

髪の毛の伸びが遅い、抜け毛が増えたなどの悩みを抱える方必見!髪の生えるメカニズムを知り、自分に合った正しいケア方法を検討しましょう。

この記事を読んであなたも「早く髪が生える人」の仲間入りを果たしましょう!

髪の毛がはえて、抜けるまでのメカニズム

はてなの画像

私たちは髪の毛が伸びて当たり前のものと思いがちですが、抜け毛や伸びが遅くなると環境の違いや体調のわずかな変化によって、その機能が損なわれることもあると初めて認識することになります。

特に最近では女性の社会進出が一般化した結果として抜け毛や伸びが遅いなどの髪の毛に関する悩みは男性女性を問わず、切実で一般的な問題として多くの方が直面しています

身近すぎて正しい認識を得ていないことも多い、髪の毛に関しての基礎的な知識のポイントを抑えておきましょう。

それでは具体的にどれほど髪の毛は伸びるものなのでしょうか。

平均的には1日0.3-0.4ミリ程度、1月に換算すると1センチほど伸びるといわれています。

では髪の毛はどのようなメカニズムで伸びるのでしょうか。

そもそも髪は爪と同じく皮膚の角質層が変化してできたものです。

毛穴の中で角質化した皮膚細胞が蓄積した結果、髪が伸びたように見えるわけです。

それでは毛穴の中ではどのような器官が髪の毛を生成しているのでしょうか。

抜け毛を一本、手にとって観察してみましょう。

髪の根元には少し膨らんだ部分が付いているのがお分かりいただけるでしょう。

場合によっては透明な脂分が付着していることもあります。

この根元のふくらみを毛球と言います。

毛球の底部は凹んだ構造になっていて、その部分に毛乳頭と言う頭皮の細胞が入り込んでいます。

髪はこの肉眼では観察できないほどの小さな点で頭皮と髪は結びつけられています。

そしてこの毛乳頭を接点として、周囲には毛細血管が張り巡らされており、血流にのって酸素や栄養分が毛球の孟母細胞に供給されています。

十分な栄養や酸素を受け取った毛母細胞では活発な細胞分裂が繰り返され上に押し上げられていき、細胞は角化し髪の毛が形作られていきます。

この過程で1日あたり0.3-04ミリほど、年間で15センチ伸びていきます。

このような活動が毛穴の内側、毛包と呼ばれる場所で起きています。

つまり、髪の毛が伸びるためには毛包内の毛乳頭から毛母細胞に細胞分裂を行うために十分な栄養と酸素がとどこおりなく供給されることが必要です。

ところで毛包には毛を生やすだけの役割を負っているわけではありません。

頭皮を保護するために水分や皮脂を分泌する役割も担っています。

仮に適度な水分や皮脂が不足すると紫外線や細菌などの異物の刺激に対して無防備になり肌のバリア機能が損なわれ、髪の生える環境も悪影響を受けることになります。

このように髪を生成するだけでなく、頭皮の環境を整えバリア機能を保護することも髪の毛が伸びる上では必要な条件となります。

とりわけ皮脂が適度な量が分泌されることは外的ダメージから頭皮を保護することで大きな意味を持ちます。

皮脂が多すぎてもいけませんが少なすぎてもいけません。

この頭皮の健常なバランスをとるには、適度な洗髪や日々の生活習慣を見直すことが大切になってきます。

髪の毛は私たちの身体の細胞の一部が元になっています。

その細胞を形作るのは私達が食事を通じて摂取しているたんぱく質を初めとした栄養分です。

髪の健全な成長や伸びを維持し、あるいは改善するには食事内容の再認識はとても意味のあることです。

それでは髪の健康のために有用な食事や栄養について考えてみましょう。

俗説には育毛のためには海藻類を積極的に摂取することが、育毛には効果的とも言われています。

しかしこのような見解を妄信するのは考え物です。

確かに海藻類には海水に含まれるミネラル類を初め各種の栄養素を豊富に含んでいます。

しかしそれらは育毛をする上での栄養素の幾つかに過ぎません。

ところで毛髪の主成分は9割以上がケラチンとよばれるタンパク質です。

そこで育毛のための食生活の見直しにあたっては、良質なタンパク質を取るように心がけるのが出発点になります。

体内に取り入れられたタンパク質は肝臓で代謝され、アミノ酸に分解されて体内の細胞に吸収されていきます。

このアミノ酸には複数の種類が含まれていますが、中でも必須アミノ酸とよばれる種類は体内で生成することが出来ません。

食べ物を通じて体内に摂取する必要があります。

これらの必須アミノ酸をバランスよくきっちりと食事から摂取することが毛髪の主成分のタンパク質を合成するためには不可欠です。

そこでこれらの必須アミノ酸を取り入れるためには、大豆製品、魚介類、乳製品、低脂肪の赤味肉などを意識して食事で取るようにすることが効果的です。

ところでアミノ酸以外にも育毛に有効な栄養素があることも知られています。

代表的な成分や食材についての認識を深めておきましょう。

ビタミンEは高い抗酸化作用をもっており、高い還元作用をもっています。

日々の生命活動の過程で私たちの体内では活性酸素が生成されていますが、血管内壁などに付着するとダメージを与えます。

ビタミンEはこの活性酸素を排除することにより血管の柔軟性を維持し、血液循環を活性化させる作用をもっています。

頭皮が血行不良を起こすと毛根にも酸素や栄養分が行き届かなくなり、抜け毛や髪の伸びを阻害します。

ビタミンEは血行を改善するさようがあるので頭皮環境の改善に役立ちます。

ビタミンEはうなぎ、いわし、ナッツ類に豊富に含まれています。

ビタミンB類はタンパク質の代謝を活性化させる作用があり、毛髪の成長を促進するうえでも有用な働きを有しています。

特にビタミンB2にはその作用が強いとされています。

うなぎ、サバ、レバーに多く含まれています。

魚介類に多く含まれるミネラルである亜鉛は、毛髪の主成分であるケラチンの生成に不可欠の成分と言えます。

特に食文化の欧米化が進んだ現代社会では日常的に不足しがちなミネラルであるだけに積極的に摂取することが推奨されるミネラルです。

牡蠣、貝類や海藻類に豊富に含まれています。

女性ホルモン類似作用を有することで有名な大豆イソフラボンは、毛母細胞の活性化、毛髪の成長促進など育毛に有用性の高い作用を持っています。

大豆製品に多く含まれています。

栄養バランスに気をつけた食事を心がけていても、その栄養素を十分活用できるように体調が整えられていることも必須です。

そのためには良質な睡眠時間を確保することも大事です。

そこで髪の毛と睡眠の関係について考えてみましょう。

睡眠は疲労を回復し、全身の細胞に栄養素を送り届けて細胞の新陳代謝が進む役割も果たします

特に強いストレスにさらされると自律神経になかでも交感神経が活性化した状態が継続し、血流悪化をきたしやすくなり頭皮の栄養状態も悪化しがちになります。

十分な睡眠をとることによって、自律神経のバランスが回復し、頭皮の血行不良も予防できます。

このように、十分な栄養を頭皮に届け、ストレスを回復させる両面からも十分な睡眠時間を確保することは重要です。

睡眠時間については6時間以上、就寝時刻は成長ホルモンが体内で分泌される22時前後が望ましいといえるでしょう。

十分な栄養素を取っていても運動不足では、全身の血行が停滞気味になり末端への血流が不足しがちになります。

運動不足により筋力が低下すると筋肉のポンプ機能が落ちるので、酸素や栄養分が満足に細胞に届くことが難しくなります。

血行を促進する方法には幾つかありますが、有酸素運動や頭皮マッサージを取り入れるのが効果的です。

有酸素運動とはジョギングや水泳など長時間持続できる肉体への適度な負担をかける運動のことを指します。

有酸素運動をするのは億劫だと言う方や、時間がない方には頭皮マッサージを検討しましょう。

髪の毛は毛母細胞が分裂し増殖することで成長します。

そのため育毛には毛母細胞を含む毛根組織全体への豊富な血流が不可欠です。

そこで頭皮の血流を改善させることができれば薄毛や抜け毛予防につながるはず、これが頭皮マッサージのコンセプトです。

おすすめなのは頭皮を指圧して血流促進を目指す育毛マッサージです。

血流改善とあわせて頭皮の新陳代謝も活性化されるため、良好な育毛条件を頭皮を整ええる効果を期待できます。

それでは具体的なマッサージ方法のポイントをおさえましょう。

タイミング的には入浴中や入浴直後など血流が活性化しているときに行うとより効果的です。

マッサージに使うのは親指を除く4本の指先です。

指先を頭皮に当てて、指を滑らさずに円を描くようにマッサージします。

この時爪を立てると、頭皮にダメージになるので指先で行うように気をつけます。

耳の上辺りから初めて、次第に盗聴方向に進むようにマッサージを行います。

血流は下から上に流れているのでマッサージも血流を意識して下から上の頭頂部を目指すようにします。

最後に指の腹で頭皮全体を指圧するようにマッサージします。

頭皮を圧迫し、指を離すという行為を繰り返します。

この頭皮マッサージを1日5分程度実践すると頭皮の血行状態が改善されていくことが期待できます。

髪の毛は必ずいつかは抜け落ちるものですが、毎日髪の毛が抜け落ちても全体の量が減少することなく維持されているのはヘアサイクルが作用しているからです。

育毛や髪の毛の伸びを検討する際には正常なヘアサイクルが維持されているかを意識することは重要です。

そこでヘアサイクルについて考えてみましょう。

髪の毛は抜けては新しい髪の毛に生え変わるという周期を繰り返しています、これがヘアサイクルです。

1日80-100本程度の抜け毛であれば正常なヘアサイクルの範囲内での抜け毛なので問題はありません。

このヘアサイクルの過程をより詳細に見てみましょう。

髪の毛は、新しい髪が成長する成長期、成長が弱まる退行期、完全に成長が止まり抜け落ちる休止期と言う一連のサイクルを通常2-7年周期で繰り返されています。

成長期の初期は柔らかい軟毛ですが、成長するに従って硬く太い毛に成長していきます。

しかしこのヘアサイクルに異常をきたすと、それよりも短い期間で初期の軟毛のまま抜け落ちるという現象が見られるようになります。

ヘアサイクルの異常がさらに進むと軟毛の段階で抜け落ちる毛が増加し、だんだんと全体の頭髪のボリュームが無くなり、地肌が露出するなどの症状が見られるようになります。

参考:毛根から抜け毛の原因を分析!今すぐできる抜け毛・薄毛診断

髪の伸びが遅くなる、抜け毛が増える原因

ヘアサイクルの画像

髪の毛が一定数抜け落ちるのは、正常なヘアサイクルなので問題ありませんが、柔らかく短い毛などが抜け毛に目立つようであれば、何らかの育毛ケアなどが必要になっているサインと考えて間違いないでしょう。

しかしヘアサイクルの乱れは男性と女性ではメカニズムは異なります。

そこで男性と女性の抜け毛の原因について、考えていきましょう。

男性の脱毛には男性ホルモンが深い関与をしている男性型脱毛症(AGA)が原因のことが非常に多いのが特徴です。

AGAに悩む男性は国内では1200万人を超えるとも言われるほど、男性の薄毛の原因として大きなウエイトを占めています。

AGAは思春期以降の男性であれば誰にでも生じうる病気で、前頭部の生え際の後退や、頭頂部の髪のボリュームの減少や地肌の露呈などを典型的な症状としています。

それでは具体的にどのように男性ホルモンがAGAを引き起こすのでしょうか。

AGAの主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。

AGA患者の脱毛部分の頭皮には大量のDHTが分布していることが確認されています。

DHTが生成されるメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが、5α-リダクターゼと言う還元酵素の働きにより生成されるという過程をたどります。

このような過程を経て生成されたDHTは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、正常なヘアサイクルが乱れ成長期が終了されてしまいます

そのおかげで正常な成長期が終了する前の段階で、太く長い毛に成長する前に抜け落ちてしまいます。

もちろん髪の毛は新たに生えてはくるものの、十分に成長しない細く柔らかい毛髪が増えることより全体として薄毛が目立つようになります。

しかし男性であってもAGAにならない人もいます。

AGAの発症につながるのはどのような要因が作していると考えられるのでしょうか。

AGA発症に深く関与しているのはストレスと言われています。

人体はストレスにさらされると自律神経の乱れや過剰な血管の収縮を招き、頭皮への血流不足を招きます。

毛根に十分な栄養が運搬されないと毛母細胞の活性も失われ、ヘアサイクルの乱れが生じやすい基礎条件が醸成されてしまいます。

またストレスにより細胞中の特定の種類のコラーゲンが減少すると髪の元になる毛母幹細胞の毛母細胞への分化が促進される一方で、毛母細胞の細胞分裂が抑制されるので一時的に髪の毛が伸びても、髪の毛の元になる細胞は減少してしまいます。

その結果毛母細胞に分化する細胞も減少するので、結果的に髪は細くなってしまい伸びないというヘアサイクルの乱れにつながります。

このように男性の抜け毛や脱毛には男性ホルモンとストレスの強い日常生活が密接な関係性を持っているのが特徴です。

女性の抜け毛は男性とはタイプが異なります。

男性の抜け毛の特徴としては、生え際や頭頂部周辺が薄くなるのに対して、女性の抜け毛では特定の領域が薄毛になるというのではなく、全体のボリュームが減少すると言う経過をたどります。

女性の抜け毛の原因としては、ホルモンバランスの崩れが関係していることが上げられます。

特に女性ホルモンであるエストロゲンは髪の成長に深い関係を有しているため、加齢に伴いエストロゲンの分泌量が減少すると髪が細くなるなどの症状が現れてきます。

また女性ではダイエットのために栄養バランスが取れない食生活により頭皮への十分な栄養や酸素が行き渡らず抜け毛の増加につながっていることもあります。

さらにパーマやカラーリングなどで物理的に頭皮や毛根にダメージを繰り返し与えることも、女性の抜け毛の大きな要因になっています。

参考:ストレス抜け毛にありがちな毛根と治療法

抜け毛のケアや治療法について

画像名の画像

抜け毛の問題は誰にとっても他人事ではなく、常に切実な問題に発展する可能性を秘めています。

そこで効果的な対策について考察していきましょう。

一口に薄毛と言ってもタイプ別に原因や対策も異なってきます。

典型的な抜け毛症状の特徴としては以下の2点に集約されます。

M型は額の左右からM字を描くように生え際が後退していくタイプで、O型は頭頂部周辺から円を描くように薄くなっていくタイプです。

両者の特徴が混在した複合型も見られます。

これらは男性ホルモンが発症原因となっているAGAの典型的な症状とされています。

特定の部位が薄くなるわけでなく、全体の頭髪が満遍なく減少していくタイプの抜け毛です。

女性の抜け毛症状に多いパターンです。

このような薄毛や抜け毛に対策を考える上では育毛剤が大きな役割を演じることになります。

そこで育毛剤に含まれる代表的な有効成分について考えていきましょう。

これはセンブリと言う植物のエキスですが、センブリは日本全土に自生する2年草です。

生薬としても知名度が高く、漢方としての薬効は胃痛や食欲不振、下痢などにあるとされ、古くから民間療法に活用されてきた歴史があります。

近年では育毛剤に配合される生薬として活用されるようになっています。

センブリエキスは育毛に関しては血行促進作用、抗炎症作用、毛乳頭細胞の活性化作用を有することが知られています。

脱毛状態の頭皮では血行が滞っていますが、その状態では毛母細胞、毛乳頭細胞に十分な栄養が供給されない状態が恒常化しています。

センブリエキスに含まれるスウェルチアノニン、スウェルチアニンと言った成分が、毛根に働きかけ血行を促進する作用があるため、薄毛改善に効果を期待できます。

また脱毛を悪化させる要因として頭皮が炎症を起こしている場合があります。

頭皮が炎症を引き起こしていると健康な髪の成長に悪影響があるので、炎症を抑える必要があります。

センブリエキスに含まれるキサントンには抗炎症作用があるので、頭皮を健やかに保ち健康な髪が生えやすい環境を整えます。

さらにセンブリエキスに含有されているアマロスウェリン、アマロゲンチンは、毛乳頭細胞を活性化させる作用があるので、発毛を促す効果を期待できます。

育毛剤にはグリチルリチン酸と言う成分もしばしば使用されます。

この成分は甘草という生薬から抽出されるもので、古くから漢方では抗炎症作用をもつ生薬として使われてきました。

グリチルリチン酸というのは、抗アレルギー作用、抗炎症作用を持っています。

グリチルリチン酸には高い抗炎症作用を持っているので、頭皮の炎症をおさめ健康な毛髪を生やすための条件を整えます。

発毛についてダイレクトの効果を期待できませんが、間接的なアプローチとして効果を期待できる成分です。

またグリチルリチン酸はアレルギー反応を抑える効果もあるので、敏感肌の方でも安心して使用できる成分です。

ノコギリヤシは前立腺肥大の治療に使用されることが多い成分ですが、育毛剤にも多く使用されています。

ノコギリヤシはアメリカの中西部に分布している、文字通りののこぎり状の葉を持つ植物です。

実は前立腺肥大を引き起こす物質は男性型脱毛症(AGA)の原因でもあるジヒドロテストステロン(DHT)であることが研究の結果明らかにありました。

以上のことからノコギリヤシがテストステロンによるDHTの生成をブロックし、結果的に薄毛を改善する作用が期待できます。

またノコギリヤシには、頭皮の皮脂を抑制する作用があるため、酸化した皮脂の内部で雑菌が繁殖するのをおさえる効果もあります。

頭皮環境を整え、健康な毛髪が生えるのを期待できます。

ホップエキスとはビールの原料にも使用されるクワ科の植物です。

ホップはビール以外にも化粧品や育毛剤にも配合されることが多い成分です。

特に育毛との関連ではエストラジオールという成分が重要です。

このエストラジオールには女性ホルモンに類似した作用があり、活性型の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する作用を期待できます。

AGAの原因がDHTが毛母細胞の分裂を阻害することで発症するため、DHTの活性を抑制するのはAGAにたいする育毛成分としては有効なアプローチと言えるでしょう。

またホップには滅菌作用もあるので頭皮の炎症を抑え清潔に保つ点からも育毛効果を期待できます。

これらの成分を配合した育毛剤で有名なものがチャップアップになります。

チャップアップは育毛効果の高い成分を豊富に配合した育毛剤で幅広い年齢層から支持されています。

安全性も確保されていることもあり、AGA関連医師から高い評価を受けているのも注目しておきたい所です。

極めつけはモンドセレクション2017で金賞を受賞していることが挙げられます。

また、無添加、無香料の天然素材は肌の弱い人や女性などにも安心して使えるようになっているので、20代から60代以上の男女が使える低刺激の育毛剤です。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

これまでは家庭においても実践できる育毛ケアを前提に話を進めてきましたが、最近では病院での治療を受けることも可能になりました。

特に男性型脱毛症であるAGAについては、治療薬も続々と登場し、治療の選択肢も増えてきています。

病院で行われている治療には大きく分けて薬による治療と、成分注入の2つの治療法が行われています。

薬での治療としては、プロペシア、ザカーロなどが投与されます。

これらの薬はDHTの生成を阻害したり、頭皮の血行促進作用により脱毛の改善を指向するものです。

成分注入による治療法としては、育毛メソセラピーや、HARG療法などが行われています。

先ほどの薬は内服薬や塗り薬の形で投与されるのに対して、育毛メソセラピーや、HARG療法は注射で行われます。

育毛メソセラピーはプロペシアやザガーロを直接注射で頭皮に注入する治療法です。

HARG療法は、髪の成長を促進する成長因子と、ビタミンやアミノ酸のカクテルを頭皮に直接注射する治療法です。

なお、これらの治療法は保険外治療であることが一般的で、治療費用もクリニックごとに異なります。

それではそれぞれの薬や治療法の特徴を分析してみましょう。

プロペシアは世界で60カ国以上の国でも使用され、日本では厚生労働省から初めて認可を受けた男性型脱毛治療薬(AGA治療薬)です。

プロペシアはフィナステリドを主成分とし、AGAの抜け毛のもとを遮断して、脱毛を改善させる薬です。

AGAの主な物質であるジヒドロテストステロン(DHT)は、薄毛が進行し始めた頭皮に多量に存在することが知られています。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと5α-還元酵素が合成することで生成されます。

DHTは発毛を妨げ、抜け毛を増やす働きをします。

特に毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、ヘアサイクルの成長期を短くする作用により抜け毛を悪化させる作用があることが知られています。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5α-還元酵素とテストステロンが合成することでDHTが生成されるのを抑制する作用があります。

DHTはAGAにおける脱毛の直接生じさせる物質でもあるため、そのDHT自体の生成を阻害することにより、抜け毛の元を絶つ働きを有すると考えられています。

デュタステリドを主成分としたザガーロはプロペシア同様にDHTを抑制する作用を持つ薬です。

プロペシアに続いて厚生労働省より認可されました。

DHTに変換する原因となる5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類あることが知られていますが、従来はⅡ型がAGAに深く関係していると考えられており、プロペシアは5αリダクターゼのⅡ型に働きかける薬でした。

これに対してザガーロは5αリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型の両方を抑制する作用を持っています。

そのためプロペシアで効果が見られなかった患者様でもザガーロを服用すると効果を発揮する場合もあります。

そもそもザガーロの有効成分である主成分デュタステリドは前立腺肥大治療の現場で使用されてきた歴史があります。

日本では2009年に前立腺肥大治療薬「アボルブ」として認可され、2015年にAGA治療薬ザガーロとして認可されるにいたりました。

薬の効き目の強さでプロペシアとザガーロを比較するための、実際にAGA患者917人(日本人を含むアジア人は507人)を対象にした国際比較研究が実施されています。

その結果によると頭頂部の毛髪数、毛髪の太さ、硬毛数においてザガーロが1.6倍上回るという結果が出ています。

この研究により5αリダクターゼのⅡ型だけを阻害するプロペシアと比べて、5αリダクターゼのⅠ・Ⅱ型とも阻害することが出来るサガーロの方がDHTを強く抑制することが明らかになっています。

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

これらの薬を使った治療法は、外用薬や飲み薬として体内に有効成分を取り入れる治療法です。

しかし内服薬であれば患部に集中的にケアすることが難しいという難点があります。

また外用薬についても皮膚深くにまで浸透するのかの不確実性があることは否定できません。

そこで次の治療の選択肢として、脱毛部分に直接注射するなどの方法で、高濃度の有効成分を送り届けるという治療法が考案されました。

それがAGAメソセラピー療法です。

AGAメソセラピー療法では注射器を使って頭皮に直接各種の薬剤や栄養成分を混合したカクテルを注射する方法がとられます。

何を配合しているのかは施設により独自の配合を行っている場合が多いようですが、発毛成長因子を補完し、同時に発毛促進有効成分を配合することで総合的に脱毛症状を治療するスタイルをとっているクリニックが多いようです。

発毛成長因子とは、脱毛原因に関わらず脱毛症状をきたしている頭皮に不足しがちな成分で、加齢に伴い減少していく成長ホルモンを活性化する物質のことを指しています。

人の体内には多数の成長因子が確認されていますが、脱毛との関係で重要なのは線維芽細胞成長因子(FGF)、インスリン様成長因子(IGF)、2つがあげられます。

線維芽細胞成長因子(FGF)は、線維芽細胞を活性化し増殖を促す成長因子があります。

線維芽細胞は、お肌の弾力を保つのに必要なコラーゲン、エラスチンの生成に深く関与しています。

インスリン様成長因子(IGF)は、壊れた細胞の再生を助ける作用により、毛母細胞の分裂を促進します。

AGAメソセラピー療法では体内での生成が減少し、頭皮においても不足がちな成長因子に加えて、総合ビタミン剤やヒアルロン酸、発毛を促す各種のミネラル等の発毛促進成分を混合したカクテル液を直接頭皮に注入するので、高濃度で薄毛か気になる場所に薬液を送り届けることが出来るのが特徴です。

もちろん注射を頭皮に行うので痛みの問題はありますが、麻酔などを活用することで痛みが少ないようにケアしているようです。

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

これまでの治療は髪の元になる細胞が残っている状況を前提にしていました。

しかし脱毛が進行し、もはや発毛を望むべくも無い場合には植毛治療が根本的な治療法になります。

植毛には人工的に作られた毛髪を使って植毛する人工植毛と、自分自身の髪の毛を使って移植する自家移植の2つの方法があります。

人工毛のメリットは人工の毛髪を使用するので気になる箇所に好きなだけの量を移植することができる点にあります。

しかし人工毛には植毛した場合の拒絶反応のリスクが懸念されます。

人の毛に似せたとは言え、所詮異物に違いは無いからです。

個人差はありますが拒絶反応のリスクが残るので人工家による植毛は推奨されていません。

これに対して、自分の毛を使用する自家移植であれば、どうしても採取できる量は限りがあるという限界はありますが、自分自身の細胞を使用するので拒絶反応の心配はありません。

さらに自分の細胞を使用するので、95%程度の定着率を誇り、一旦定着した髪の毛は普通の毛と変わることなく生え続けます。

また一度定着するとメンテナンス等の面倒な手間もかからず、費用も人工毛に比較すれば嵩みません。

ただしヘアサイクルの関係で植毛後すぐにはフサフサにならず、ある程度の時間が必要になります。

また植毛に際してはメスを入れることになるので、手術法によっては術後のダウンタイムがある程度必要であったり、術者の技術により仕上がりの良さが左右される側面があることも否定できません。

以下は植毛治療行っているクリニックの植毛価格比較です。

 クリニック名  費用

 TOMクリニック

80円

 AGAルネッサンスクリニック

 996円

 AGAスキンクリニック

 1,000円

 アイランドタワークリニック

 1,200円

育毛剤が身体に合わなかったり、持病の治療で薬を服用できない場合の治療法として、レーザー治療を実施しているクリニックもあります。

治療器を購入し自宅で毎日一定時間、レーザーを頭皮に照射すると言う方法です。

赤色LEDを使用し、波長の長い光を照射して発毛増殖因子を活性化し、血流を促進させることで、薄毛治療を行う機器を使用するなどの方法が実践されています。

実験結果でもヒトの毛乳頭細胞に赤色LEDを照射し発毛増殖因子の分泌が増加することが確認されており、これから先の発展が期待される治療法です。

まとめ

まとめの画像

男性女性共に抜け毛に悩む方は増加傾向にあるといえます。

それには高いストレスにさらされざるを得ないという私たちの現代の生活の抱える問題と、身体内部のホルモンバランスの変化などが大きな影を落としています。

抜け毛に悩む方に共通しているのはヘアサイクルの乱れがあることです。

自分で出来る対策として栄養バランスの取れた食事や、適度な運動、良質な睡眠などの生活習慣の見直しがあります。

現代では各種の有効成分を配合した育毛剤も数多く発売されています。

また、専門の治療薬も数種類が医療機関で処方されるにいたり、病院で治療することのできる時代になりました。

薄毛に対して様々な解決方法が見つかる時代になったので積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_