ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> 頭皮状態を改善するスカルプケア!薄毛予防をしたい人へ!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

頭皮状態を改善するスカルプケア!薄毛予防をしたい人へ!


カテゴリ

最近はテレビのコマーシャルなどでも「スカルプケア」という言葉が聞かれるようになってきているので、スカルプケアという単語自体はご存知の方も多いのではないでしょうか。

ただ、実際にスカルプケアは何のために、どのような人がおこなうのでしょう。

今回は、どのような人にとってスカルプケアが必要なのかを解説するとともに、頭皮環境が悪化することによる弊害なども、あわせて紹介していきたいと思います。

スカルプケアってなんですか?

苦悶 男の画像

雑誌やコマーシャルなどでもよく耳にするスカルプケア。

なんとなくわかったような気になっていても、実際に「スカルプケアとはなんですか?」と聞かれると、返答に窮してしまうようなこともあるのではないでしょうか。

スカルプケアのやり方などについて解説する前に、まずはスカルプケアとは何なのかを簡単に説明しておきたいと思います。

スカルプケアとは読んで字のごとく、スカルプ=頭皮を、ケア=保護することです。

簡単に言うなら、頭皮のお手入れと言うことになります。

髪の毛の悩みは人それぞれだと思いますが、特にスカルプケアを必要としているのは、頭皮環境が悪化して抜け毛のリスクが高くなっているような人でしょう。

抜け毛は男性だけでなく、女性にとってもデリケートな悩みとなっていることから、スカルプケアの重要性はどんどん増していると言えます。

また、抜け毛だけでなく切れ毛や枝毛、髪のキューティクルの低下などを改善する目的で、スカルプケアをおこなうことがあります。

スカルプケアと一口にいっても、そのやり方は実にさまざまです。

一般的には髪の毛の洗い方に気をつけたり、使用するシャンプーを変更したりと、髪の毛を洗う際の習慣を変更することが多いですが、それ以外にも頭皮のマッサージをおこなったり、ヘアローションを用いたりすることもあります。

また、髪の毛を洗う際だけでなく、髪の毛を洗う前や髪の毛を洗ったあとのケアも重要となります。

髪の毛や頭皮の悩みは人それぞれですし、髪の毛の質や頭皮の質もまた人それぞれです。

そのため、その人にあったスカルプケアの方法を模索することが重要となるのです。

たとえば、現在すでに薄毛が進行しているような人の場合、自宅でのケアだけでなく、薄毛を専門としている治療院やクリニック、育毛サロンなどを合わせて利用する必要がありかもしれません。

反対に、将来の薄毛予防や髪質の改善が目的であれば、自宅でのケアで事足りる場合もあるでしょう。

このように、スカルプケア自体は頭皮のお手入れをするという意味ではあるのですが、実際にどのような方法でスカルプケアをおこなうのかは、人によっていろいろです。

では次に、スカルプケアが必要な人や、スカルプケアのやり方などについて紹介していきたいと思います。

スカルプケアが必要な人

画像名の画像

スカルプケアとは何なのかについて簡単に説明したところで、次にどのような人にとってスカルプケアが必要なのかを紹介していきたいと思います。

薄毛の予防はもちろんのこと、さまざまな髪の毛や頭皮の悩みを抱えている人にとって、スカルプケアが重要となっています。

スカルプケアとは簡単に言うと頭皮のお手入れをすることですから、スカルプケアがもっとも必要とされるのは、何らかの原因で頭皮環境が悪化している人ということになります。

頭皮環境が悪化すると、頭皮への栄養状態が低下することとなるので、髪の毛が健康に育たなくなったり、抜け毛が増えたりすることとなります。

頭皮環境が悪化する原因は実にさまざまで、精神的なストレスや疲労、睡眠不足、誤ったヘアケアの方法、暴飲暴食、極端な食事制限など枚挙にいとまがありません。

ただ、いずれも頭皮への血行不良が頭皮環境の悪化へとつながると言えます。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血液の循環が悪くなった場所には栄養状態の低下がみられることとなります。

栄養状態の低下が末端部に見られれば冷え症を発症するでしょうし、消化器系に栄養状態の低下が見られれば、胃腸の調子が悪くなることでしょう。

あたり前といえばあたり前ですが、頭は心臓より上に位置しているため、心臓は重力に逆らって血液を上方へと送り出す必要があります。

もし、首や肩のコリをもっているような人の場合、筋肉の緊張によって血管が収縮し、栄養状態の低下するリスクが上昇することとなります。

つまり、頭皮環境の悪化は単に頭皮だけの問題だけではなく、血液の循環が影響していると言えるのです。

そのため、スカルプケアは髪の毛の洗い方やケアの仕方だけでなく、血液の循環をよくすることを念頭に置く必要があるのです。

スカルプケアが必要な人としては、将来の薄毛のリスクを低下させたい人もあげられます。

薄毛の原因は実にさまざまですが、そのうちの1つに遺伝があります。

薄毛というと遺伝だから仕方がないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は遺伝によって薄毛になってしまうのは、薄毛全体の4分の1程度と考えられています。

残りの4分の3は遺伝以外が原因となっている訳なので、より一層、スカルプケアをおこなうことが重要となるわけなのです。

親や祖父が薄毛だからと言って、必ずしも自分も薄毛になってしまうとは限りません。

薄毛が目下進行中の人にとっても、スカルプケアをおこなうは重要です。

薄毛が進行している場合、ほとんどの場合に頭皮環境の悪化がみられることが分かっています。

これ以上の薄毛の進行を抑えるためにも、スカルプケアを早急に開始することが重要となります。

スカルプケアをおこなう必要があるケースとしては、フケが出ている場合もあげられます。

フケにはカサカサとしたタイプのフケ(乾性のフケ)と、ベタベタとした脂っこいフケ(湿性のフケ)とがあります。

フケとは要するに皮膚が老化して剥がれおちたもののことであり、誰にでも見られる現象です。

ただ、何らかの原因によってお肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期が乱れたり、頭皮が乾燥したりすることでカサカサとしたタイプのフケの増えるリスクが上昇します。

また、頭皮が脂ぎっている人の場合、フケが脂っこくベタベタとしたものになる可能性が増します。

乾性のフケにしろ、湿性のフケにしろ、いずれもみていて気持のよいものではありません。

そのため、スカルプケアをおこなうことが重要となるわけなのです。

頭皮や髪の毛の臭いが気になるような人も、スカルプケアをおこなう必要があります。

何日間も髪の毛や頭皮を洗わないで臭いを発しているのならともかく、定期的に髪の毛や頭皮を洗っているのに臭ってしまうような場合、頭皮環境が悪化している可能性があります。

本人が臭いに気がついている場合はもちろんですが、臭いと言うのは目に見えないので、知らないうちに、他人に不快感を与えている可能性があります。

スカルプケアをおこなうことによって臭いを改善することが、イメージアップにつながることも考えられます。

頭皮に皮膚炎を発症しているような場合、やはりスカルプケアをおこなうことが必要となります。

一般的には皮膚炎を起こしているような場合、皮膚科を受診して治療を受け、治療薬を処方してもらうことが一般的だと思います。

頭皮の皮膚炎としてよく知られているのが、脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎の原因はさまざまで、ストレスや偏った食生活、睡眠不足や疲労など、いろいろなことがその要因となると考えられています。

最近になって有力な説に、マラセチアという真菌(カビ)の一種が関与しているというものがあります。

マラセチアは皮膚の常在菌なのですが、何らかの原因によって体の免疫力が低下すると、悪さを始めると考えられているのです。

そこで問題となるのが、マラセチアが頭皮の皮脂を餌として繁殖するという点です。

皮脂の分泌量が多い状態が続くと、マラセチアが大量に繁殖して、ますます頭皮環境が悪化してしまうこととなります。

スカルプケアをおこなうことは、何も頭皮環境を改善するにとどまるものではありません。

頭皮の状態がよくなることによって、髪の毛にハリやコシが生まれたり、髪の毛のキューティクルがよみがえったりといった効果も期待できます。

特に女性の場合、更年期以降になると女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少によって、髪の毛のツヤやコシが失われたり、抜け毛が増えたりします。

そのような場合にスカルプケアをおこなうことで、美しい髪質を取り戻すことが期待できるのです。

スカルプケアのやり方

画像名の画像

スカルプケアをおこなうは、薄毛を予防したり薄毛の進行を遅らせたりするだけでなく、美しい髪の毛を取り戻すためにも重要であることが分かって頂けたことと思います。

また、頭皮に炎症を起こしている場合など、病院での治療と並行してスカルプケアをおこなう必要があります。

では、スカルプケアはどのようにしておこなえばよいのでしょうか。

髪の毛を洗うときに、普段から正しい洗い方を意識している人はそれほど多くないのではないでしょうか。

なんとなくこれまでの習慣や、自分で良かれと思った方法で洗っている方がほとんどだと思います。

そこで一度、正しい髪の毛の洗い方について考えてみたいと思います。

髪の毛を洗う際には、事前の準備も重要となります。

特に髪の毛の長い人の場合、髪の毛を洗う前にブラッシングをおこなう必要があります。

そうすることによって、髪の毛を洗う前にほこりなどを取り除くことができ、髪の毛すべてを清潔に洗うことが可能となります。

また、ブラッシングをおこなう際には、グイグイ押しつけない程度に、ブラシで頭皮をマッサージするようにしましょう。

そうすることで頭皮への血液循環がよくなり、温かいシャワーと相まってより頭皮環境を改善する効果が高まります。

髪の毛を洗うときには、いきなりシャンプーをつけるのではなく、まずは温かいシャワーで髪の毛や頭皮を洗うことが大事です。

そうすることでほとんどの汚れを落とすことができ、またシャンプーの泡立ちもよくなります。

実際にシャンプーを使うときに、手に取ったシャンプーで直接髪の毛や頭皮を洗っている人も多いと思いますが、シャンプーを使う際にはあらかじめ手のひらである程度泡状にしておき、それを髪の毛に優しくなじませるようにして用いることが重要です。

シャンプーというと髪の毛を洗うというイメージがあるかも知れませんが、実際には頭皮を洗うことでスカルプケアをおこなうことが目的となっています。

頭皮を洗う際には爪の先でごしごしとこするようなことはせず、指の腹で優しくマッサージするように心がけましょう。

シャンプーが終わったら、しっかりと洗い流すようにしましょう。

次にリンスやトリートメントを用いることが一般的だと思いますが、リンスやトリートメントはシャンプーと異なり、髪の毛の先から塗布するようなイメージで用いることが重要です。

やはり洗い残しがないよう、しっかりとすすぐように心がけましょう。

髪の毛を洗ったあとには、髪の毛と頭皮の水分をとり、ドライヤーで乾かすこととなります。

髪の毛と頭皮の水分をとるときには、タオルをもちいて髪の毛の根元を抑え、頭皮を軽くトントンと叩くようにして、タオルに水分を吸収させるイメージでおこなうとよいでしょう。

特に髪の毛がそれほど長くない男性の場合、この段階で髪の毛や頭皮を放置してしまうことがあるのですが、髪の毛や頭皮の濡れた状態が長く続くと、細菌が繁殖してしまう温床となりかねません。

髪の毛の短い男性であっても、必ずドライヤーで乾かすように心がけましょう。

スカルプケアをおこなう際には、頭皮のマッサージも効果的です。

特に、髪の毛を洗ったあと、頭皮の血行がよくなっているときにおこなうことで、スカルプケアの効果を高めることが可能となります。

髪の毛を洗ったあとではない時にマッサージをおこなう際には、マッサージをする前にブラッシングをして、髪の毛がからまないようにしておきます。

実際にどのようにマッサージをおこなうのかについては、後述の育毛剤の項で詳しく紹介したいと思います。

スカルプケアに便利なアイテム

画像名の画像

スカルプケアの方法はさまざまで、特に道具などなくてもおこなうことが可能ですが、より効果的にスカルプケアをおこなうために、あると便利なアイテムがあります。

その中から代表的なものを2つ紹介しておきたいと思います、

スカルプケアをおこなう際には、シャンプー選びも重要となります。

というのも、市販のシャンプーには化学的な成分が含まれていることが多いからです。

特に、洗浄力を高めるために含まれている成分の中には、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうものがあるので要注意です。

シャンプーの刺激が強すぎたり、髪質や頭皮の質に合わなかったりすると、必要以上に頭皮の皮脂を奪い、それが原因で頭皮環境を悪化させてしまうリスクが高くなります。

できれば天然由来の成分から作られたシャンプーを利用するようにしましょう。

頭皮環境がすでに悪化しているような人の場合は、スカルプケア専用のシャンプーを選択するとよいでしょう。

特に、薬用のスカルプケアシャンプーには、皮脂の過剰な分泌を抑制する効果や、臭いを取り除く効果が期待できるということです。

巷で人気があるスカルプケア用のシャンプーとしては、チャップアップシャンプーと呼ばれる商品があります。

チャップアップシャンプーは添加物が一切入っておらず、最高の材料だけを用いて製造された、頭皮環境を改善するのに適したシャンプーです。

髪の毛や頭皮を傷つけてしまうもととなるシリコンや石油系の界面活性剤、鉱物油などが含まれておらず、匂いもフルーティーローズの香りなので、男性だけでなく女性にもおススメのスカルプケア用シャンプーとなっています。

とは言うものの、自己判断で購入して自分の肌質と合わなければ何の意味もないことになってしまいます。

明らかに頭皮にトラブルがみられるような場合は、皮膚科を受診してどのようなシャンプーを利用すればよいか、相談するようにしましょう。

育毛剤もスカルプケアをおこなう際に便利なアイテムの1つです。

育毛剤はその名の通り、髪の毛を育む(はぐくむ)ことを目的として製造されており、その多くが医薬部外品なので、薬局やドラッグストア、通信販売で購入することが可能となっています。

育毛剤は頭皮に塗布することで炎症やかゆみを抑えたり、血行を促進して頭皮環境を改善したりするのに有効とされています。

また、抜け毛の原因となるホルモンバランスの乱れを整え、ヘアサイクルを正常に戻す働きも期待されています。

育毛剤は単に頭皮に塗布するだけでなく、あわせてマッサージをおこなうことによって、より効果的に頭皮環境を改善することが可能となっています。

そこで、簡単にではありますが、育毛剤を利用する際のマッサージのやり方について説明しておきたいと思います。

育毛剤を利用する際には、髪の毛を洗ったあとドライヤーで髪の毛を乾かします。

その際、完全に髪の毛を乾かすのではなく、7割から8割乾かす程度にとどめておくことがポイントです。

それによって、育毛剤の有効成分が頭皮に浸透しやすくなります。

その状態で育毛剤を頭皮に塗布したら、地肌になじませるように全体的に頭皮のマッサージをおこないましょう。

育毛剤の塗布と頭皮のマッサージを数回にわたって繰り返すことで、育毛剤を頭皮全体になじませ、そこから1分から2分程度放置しておきます。

その後、前頭部から頭頂部にかけて中心に向かって挟み込むように、両手の指の腹を使ってマッサージします。

また、首筋からうなじにかけて、血液を頭頂部に流すようなイメージでマッサージしましょう。

頭皮のマッサージが終わったら、最後にドライヤーを用いて再度髪の毛を乾かします。

ただし、ドライヤーの熱風が直接頭皮にあたると、頭皮が乾燥してかえって頭皮環境が悪化してしまいます。

熱風は頭から離して、あてすぎないように注意しましょう。

人気の育毛剤としては、チャップアップという育毛剤の存在があげられます。

男性型脱毛症を専門にしている医師からの評価も高く、その効果のほどは、もし効果が実感できなかった場合の「永久返金保証」にも表れていると言えます。

先に紹介したスカルプケア用のシャンプーである、チャップアップシャンプーとあわせて用いることによって、より頭皮環境を改善しやすくなります。

実際にチャップアップを使用した人の100人中97人が「使ってよかった」という感想を持ったということです。

興味をもたれた方は一度、チャップアップの公式ホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか。

スカルプケア以外の頭皮環境改善法

リングノートの画像

ここまで、直接的に頭皮へアプローチするタイプのスカルプケアを紹介してきました。

ただ、頭皮環境の改善は単に髪の毛や頭皮に対しておこなうだけで完璧というものではありません。

それでは、スカルプケア以外に、どのような頭皮環境改善の方法があるのでしょうか。

人間の身体は食べものからできていますし、髪の毛に関しても同様のことが言えます。

ジャンクフードや食品添加物の多く含まれた食べ物、外食など栄養バランスの偏った食事、暴飲暴食などを続けていると、当然のことながら髪の毛や頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

特に、頭皮の皮脂の分泌量が多い人の場合、脂っこい食べ物や糖分を多く含んだ食べ物をとりすぎないようにすることが重要です。

また、お酒の飲みすぎやたばこの吸いすぎは血液の循環を悪くしてしまうので、やはり頭皮環境を悪化させてしまいます。

新鮮な果物や野菜をたくさん摂ることでビタミンやミネラルを十分に摂取し、バランスのとれた食生活にすることが頭皮環境の改善にもつながります。

頭皮環境を改善するのにもっとも重要なことは、頭皮への血液循環を良好にすることです。

そのために頭皮のマッサージをおこなったり、育毛剤を使用したりするわけですが、適度な運動によって全身の血行をよくすることも、頭皮の改善に有効です。

特に、普段からデスクワークなどで歩く機会の少ないような人は、意識して歩くように心がけましょう。

忙しくて運動をする時間が取れないという人は、駅のエスカレーターを使う代わりに階段を使うとか、一駅前で降りて歩いて帰るなどするとよいでしょう。

ストレスは万病のもとなどといわれますが、頭皮環境にとってもやはり好ましいものではありません。

脱毛症には男性型脱毛症以外にも円形脱毛症やびまん性脱毛症などさまざまなものがありますが、その多くにストレスがかかわっているとされています。

ストレスがなぜ万病のもとといわれるかと言うと、ストレス状態が継続することによって交感神経が優位になるからです。

交感神経が優位になると血管が収縮して、血液の循環が悪くなってしまいます

また、交感神経が優位な状態が続くと、夜になっても興奮状態が続くことになり、睡眠の質が低下してしまいます。

それによって、新陳代謝の機能が低下したり、成長ホルモンの分泌量が低下したりして、髪の毛が健康に育たなくなってしまうのです。

頭皮環境が改善しない場合の対処法

夫婦の画像

これまで紹介してきたようなスカルプケアをおこなったものの、どうしても頭皮環境に改善がみられないというような場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

明らかに頭皮に異常がみられ、個人の努力ではどうしようもない場合、まずは皮膚科を受診するようにしましょう。

特に、かゆみやかぶれ、フケがひどいなどといった場合は、まず皮膚科を受診して原因を突き止めることが重要となります。

頭皮環境の悪化にともなって抜け毛の量が増えているような場合は、脱毛症を専門としている病院やクリニックを受診するようにしましょう。

抜け毛の原因はさまざまなので、自己判断で対処しているとかえって脱毛症を悪化させてしまう可能性があります。

最近は脱毛症も専門の病院やクリニックで治療してもらえる時代となっているので、まずは抜け毛の原因を突き止め、自分にあった脱毛症の治療や、頭皮環境の改善法を教えてもらうようにしましょう

まとめ

古いノートの画像

今回の記事ではスカルプケアについて詳しくみてきましたが、いかがだったでしょうか。

明らかにトラブルが表れているようなことがない限り、普段から意識してスカルプケアをおこなっているという人は少ないかもしれません。

ただ、将来の抜け毛を予防したり、脱毛症の進行を遅らせたり、また長く美しい髪の毛でいるために、スカルプケアがどれほど重要なのか、分かって頂けたのではないでしょうか。

むしろ、髪の毛や頭皮が健康なうちからスカルプケアを始めることが重要と言えそうです。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_