AGAの治療費用

【基礎知識 - AGAの治療費用】

近年では、AGAに有効な内服・外用治療薬が開発され、様々な医療機関においても積極的に処方されるようになってきました。それでも、無効な治療法が社会的に横行して、それを続ける方も少なくありません。無効な治療にお金を払わないためにもしっかりと費用を把握してきましょう。
では、いったいどのくらいの治療費用がかかるのでしょうか。

 

 

1.専門クリニックでの治療費用

最近では、AGA治療を行っている医療機関が増えてきています。
通常、一般の病院で治療を受けると診察・治療薬が治療費用としてかかる場合が多いでしょう。だいたい相場として\15,000程とされています。
しかし、ここでみなさんにお勧めしたいのは専門クリニックで治療を受けることです。


専門クリニックで治療を受けると診察・治療薬に加え血液検査等が入ってくるため一般の病院より高くなります。相場としては\30,000前後と言われています。一般の病院で治療を受ける2倍の治療費なるため、経済的にも負担が大きいことは確かです。
でも、ただ高いだけではないのです。その値段には理由があるのです。


参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ


参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院



専門クリニックでは、患者さんそれぞれの生活背景や病態を考慮しながら、個人個人にあった最適な治療法を提案し治療を行います。この、厳選AGAのサイトではほとんどのクリニックが血液採取などをして遺伝子レベルから解析して治療を行ってくれるところばかりです。個人にあった治療を行うことが発毛への一番の近道なのです。


ご自身で一般の病院で処方された治療薬を飲み、育毛剤でケアされたとしても発毛までは及びません。いつか効果が現われるかもと願いますが、残念ながらそのいつかはやってきません。いろいろな治療を試してみて効果がでるまでに時間がかかったら、最終的な費用はもっと高額になるのではないでしょうか。だからこそ、発毛まで遠回りせずに真っ先に専門クリニックで治療を受けて頂きたいです。
現在、日本のどこの専門クリニックでAGAの治療を受けても値段はあまりかわりません。
無料でカウンセリングを行っているクリニックも多いです。実際に話を聞いて治療内容をしっかり把握して費用対効果で検討することが一番です。


参考:AGA検査をする前に知っておくべき2つの検査方法と費用


【当サイトおすすめクリニック】

AGAスキンクリニックはこちら
新宿メディカルクリニックはこちら

 

2.治療薬の値段

現在、AGA治療薬のフィナステリド(プロペシア錠)は1錠\250程度とされています。これを1日1錠服用し、1ヶ月換算をするとだいたい\7,500程になります。
多くのクリニックで処方されている、プロペシア錠というのは、現MSD社(旧 万有製薬)の錠剤のことです。これが、プロペシアの純正品と言えます。


このプロペシア錠についてはジェネリック医薬品も販売されています。このジェネリック医薬品はプロペシアの純正品のもの比べ、10分の1ほどの値段で購入することができます。一般の医療機関で処方してもらえるケースもありますが、たいがいはジェネリック医薬品をネット上で購入する個人輸入をされる方が多いようです。後程、お伝えしますがこの個人輸入が非常に危険なのです。



専門クリニックだとこのプロペシア錠の他にオーダーメイド処方と呼ばれている、問診や診察・血液検査の結果を用いて原因を探し出し、それらにあった適切な内服薬・外用薬を治療薬としています。それに加え、患者さんの薄毛の進行度に合わせて、頭髪に影響を及ぼしている男性ホルモンを抑制させる薬を処方するだけではなく、より発毛効果を高めるために身体の内側から整え、ビタミン剤などのサプリメントや抗炎症剤等も使用して複合的に処方して治療を行ってくれるそういったクリニックも少なくありません。

 

治療薬の値段についてはクリニックにもよるので一概に値段をお伝えすることはできませんが、上の項目でもお話しているように\30,000程度にはなります。ただ、できるだけ無理なく治療を受けてもらい、できるだけ少ない費用で効果を実感してもらえるように、クリニックによっては様々なプランを用意しているところもあります。高いだけのイメージで専門クリニックに行かないのは損です!!

 

3.治療費用が高額すぎる

AGA治療は自由診療ですので保険を使うことができません。
AGA治療は保険が適応されないことから治療費が高すぎるということで、先ほども少し述べたように個人輸入をされる方も少なくありません。治療薬は医師の処方箋がなくても海外から購入が可能です。
ただ、正規品と偽った薬を販売されたり、日本では許可の下りていない濃度の高い成分が入っていたりする危険性があります。


世界保健機関(WHO)が、アジア・アフリカ・南米の一部で流通する薬の30%以上が偽造品と推計されているほどで、ネット上においては粗悪品が多く出回っています。
特にAGAジェネリックの偽造品は本物と酷似しているようで、本物か偽物かを一般の方が見分けるのはほぼ不可能に近いそうです。


例え、正規品の治療薬を入手して使用を続けていただとしても、ネット上の輸入代行業者は廃業リスクも高いため、常に同じ輸入業者から入手し続けられるとは限りません。
AGAの治療は、治療薬を服用し続けないと元の状態に戻ってしまいます。治療薬を入手するためにまた新しい輸入業者を探さなくてはなりません。手間もかかりますよね。


このようなケースやそういった被害にあうリスクも考えてみてください。口に入れて服用し身体に吸収されていくものですので安易に購入しないで下さい。
値段に魅力を感じ間違ったものを購入してしまうと、体に害を及ぼし治る病気も治らなくなってしまいます。真剣に治したいと思えばこそ、きちんと医師と相談して治療を進めていくことが大切です。

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで


本来、毛は必要があって人体に備わって持って生まれてきているのです。
毛は爪と同じように皮膚の付属器官です。形状は異なるものの本質的には皮膚の一部であり、皮膚の働きと共通した点が多くあります。生命を維持するために大きな役割を担っています。本来ならばなくなってはいけないものだと思いませんか。


それでも、様々な原因に左右され髪の毛が薄くなっていってしまう人もいます。でも、よほどの特殊な状態ではない限り薄毛は治ります。適切な治療と適切な手入れで髪の毛は戻ってきます。
この厳選AGAで自分にあったクリニックを見つけて下さい。そのためのサイトです!!