AGAを予防するには

【基礎知識 - AGAを予防するには】

AGAの原因には、ヘアケアを始め生活習慣、食生活、運動不足やストレスなど様々な要素があります。こう言った原因は遺伝を除き、自分自身で変える事が可能です。
しかし、髪が豊かなうちは手入れや健康維持には無頓着です。
大事なことは抜け毛が気になる前にしっかりとヘアケアを行うことです。

基本的に、生活習慣がしっかりしていると髪の健康に良いとされています。
体に悪いものを食べれば体は悪くなることと同様に髪も悪くなります。
脱毛と生活習慣病は、原因が似ている事から、体に良い事は髪にも良いとされています。
日頃から生活習慣に注意し、健康な髪を維持する事が大切です。
主なポイントは3つです。

1.バランスの良い食生活

実は髪の99%は18種類のアミノ酸から作られるタンパク質でできています。
では、タンパク質だけを取れば良いのか?と言うわけでもありません。
逆にタンパク質だけを取っては、内臓脂肪を付けてしまい逆に他の器官が悪くなってしまいますし、血行や血液の質を悪化させる要因になってしまいます。
大事なことはバランスよく良い食生活にすることです。

○良質なタンパク質を取る
髪の毛は18種類のアミノ酸でできているとお話ししましたが、中には、食事でしか摂取できない必須アミノ酸も存在しているため、食事はとても大切になります。
特に必須アミノ酸を多く含む、豆腐、大豆、納豆、イモ類は欠かせない物となります。
○緑黄色野菜を取る
髪のためにはビタミンは欠かせません。
特にビタミンBは、髪の元であるタンパク質を作成する働きを手助けしてくれます。
植物には活性酸素と言う体の老化や体内の細胞を傷つける成分を除去する働きもあるため、できるだけ野菜を取った方が良いです。
しかし、野菜が苦手な方もいますので、サプリメントなどの補助食品で摂取しても構いません。
○果物は豊富なビタミン源
果物には、ビタミン源の他に食物繊維も含まれているため、髪に良い食べ物になります。
特に喫煙者の方はビタミンCが不足するので、果物でしっかり補給する事が重要です。
1日1つ果物を摂取することを目標にしましょう。
○根菜は豊富なミネラル源
レンコン・ゴボウ・ニンジン・大根・カブ・さつまいもなどの根菜には、髪に欠かせないミネラル源が豊富に含まれています。
また、根菜は体を温める作用があるため血行が良くなります。
特に女性の方は冷え性の方も多いので、摂取する事をおすすめします。
○食物繊維で皮脂の分泌を抑制
皮脂は皮脂腺から分泌される成分で、ベタっとしたオイル状のものです。
役割としては、髪の成長を促す事や肌を外部の刺激から守る、紫外線から守ると言った働きをしてくれています。
成分はコレステロールや脂肪酸となります。
皮脂は汗と混じり、皮膚膜を作り皮膚表面をコーディングする事で、皮膚をなめらかにするとともに弱酸性にし、乾燥を防ぎ、髪に潤いとツヤを与えてくれます。
しかし、この皮脂が多すぎると皮膚炎やニキビができたり、毛母細胞の活性化を邪魔してしまいます。
そこで、食物繊維を摂取し、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げ、皮脂の過剰分泌を抑えて髪を健やかな状態にするのです。
食物繊維は、海藻類と同じく腸内をキレイにし、有害物質を除去し、肌の調子を整えてくれる働きもします。
○海藻類で腸内を整える
海藻類にも、食物繊維は含まれているため、腸内をキレイにしてくれます。
また海藻類にはコンドロイチンが含まれているため、髪に弾力性と保水性と保ってくれます。
ミネラル分も豊富で根菜の役割も果たしてくれるなど海藻類だけでミネラル・食物繊維と一人二役の働きをしれくれます。
○鉄分も大事なポイント
近年の日本では、ファーストフード、インスタント食品などが多くなり、鉄分が不足しがちになっています。
鉄分は血液が酸素を運ぶために大切なものです。
これがなければきちんと髪が成長できなくなります。
特に頭皮は心臓より上の部分では一番遠い場所にあるため、血液が流れづらい場所でもあります。
コレステロールを控える事で血行を良くし、鉄分を摂取し、血液に酸素を運ぶ手助けをする事も髪の成長に大事なポイントとなります。

2.充分な睡眠と適度な運動

血液の流れは寝ている間は骨や皮膚に多く流れるため、髪は夜の方が伸びやすいと言われています。
また、睡眠不足により、自律精神に支障が出ることから髪の成長は妨げられます。
睡眠状態の注意点として、生活環境の汚れも髪の健康を妨害します。
寝ている間に髪が成長するとしても、枕カバーにはダニやカビ、細菌が潜んでいるため、しっかりとしたヘアケアをしても、ダニやカビが繁殖していては元も子もありません。

適度な運動は、全身の機能を高め、血液循環を良くする事ができます。
また、気持ちよく睡眠が取れる事から髪の健康にも良い働きをします。
特にウォーキングは有酸素運動の中では長期的に続けられるものなので非常に効果的です。安全で手軽にできる上に、長時間の有酸素運動ができるため、脂肪燃焼にも効果的です。
脂肪燃焼には30分以上の有酸素運動が必要な事から1日30分以上の有酸素運動を行うようにすると良いです。

3.ストレスを溜めない

ストレスは毛髪が成長する部分である毛母細胞に非常に悪影響です。
極力ストレスを溜めない、発散できるものを見つけましょう。
お酒やタバコはストレス解消に欠かせない方もいますが、お酒やタバコは髪には良くありません。

○お酒
アルコールに含まれるビタミンB1は、毛髪の成長を妨げてしまいます。
量で言うのであれば、日本酒なら1合、ビールなら1本とします。
それ以上飲むと内蔵疲労から血液の質を下げ髪にもよくありません。
なかなかビール1本や日本酒1合では収まる事は少ないと思いますが、髪の事を考えるとお酒は適量でたしなむという考えにし、深酒にはしないようにしましょう。
○タバコ
血管を収縮させ、毛細血管の血流を減少させます。
また、タバコ1本辺り25mgのビタミンCを消耗することからビタミン不足にも陥ります。
せっかく果物やサプリメントでビタミンCを摂取したとしてもそれ以上のビタミンCを消耗してしまったら、意味がありません。
現在では、タバコも保険が適用され外来禁煙など喫煙代よりも安い値段でできます。
極力タバコは吸わないようにしましょう。

生活習慣に重点を置いてお話ししましたが、脱毛は日頃の積み重ねで起きます。
遺伝以外の脱毛の要因は自分自身で変える事が可能なのです。
髪の毛の事を考えた生活習慣にすれば、他の部分に関しても良い効果が出ることは間違いありません。
日頃から体の健康を考えた生活習慣を考える事が一番大事なポイントです。

これだけの項目だけでも予防だけでも非常に大変です。
クリニックでは血液検査を行い、ご自身にあった栄養バランスやAGAの原因も調査します。
無料診断やカウンセリングも行っていますので、今何が足りないのかしっかりと把握し、無理のないAGA予防をして行きましょう。