ホーム >> AGAコラム >> クリニック >> ストレス抜け毛にありがちな毛根と治療法

AGAコラム

公開日 2015.1.21
更新日 2017.12.27
ストレス抜け毛にありがちな毛根と治療法
O0800060012985423581

※ 2017.12.27 一部内容更新

薄毛が気になりだした時、できるならすぐに治療に取り掛かりたいと思う人がほとんどです。それでも早期に行動できないのには理由があります。

 

基本的に、AGAなどの薄毛治療には高額な費用がかかるのです。金額は治療を行う施設によって異なります。

 

しかし、どの施設でも最終的には総額として100万円以上の費用が必要になることもあります。特に病院や専門クリニックで処方される、プロペシアやミノキシジルなどは一錠が非常に高価です。

 

現在治療を進めている方も、これから始めようかと考えている方も、治療薬の価格については頭を抱える部分が多いでしょう。

 

ただ、安価で抑える方法がないわけではありません。プロペシアやミノキシジルは、正規のものしか薄毛治療に使えないということはないのです。

 

それぞれのジェネリック医薬品を使用すれば含有成分や効果は正規品とほぼ同じで、1錠当たりの価格を半額~2割程度にまで落とせます。今回はAGAの治療薬と、そのジェネリック医薬品についてご紹介していきます。

 

 

 2種類の薬があります。

AGA_パズルの画像

 

 

薄毛治療の代表格ともいえる治療薬が、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの2種類です。AGA治療を専門にするクリニックでは、ほぼ間違いなく治療薬として用いるのはこの2種類になります。現在の医学において、AGAに効果があると公式に認められた薬だからです。

 

薄毛の原因は様々ですが、AGAの原因は男性ホルモンの働きに理由があります。男性ホルモンであるDHTが過剰に働くことで、髪の毛が生えてから抜けるまでのヘアサイクルが早まり、早々に髪が抜け落ちてしまうのです。

 

治療薬として選ばれているプロペシアはDHTの働きを阻害して、髪の毛が抜け落ちてしまうこと防ぐ効果があります。そして、もう1つのミノキシジルは血管拡張の作用があり、頭皮の血管を広げることで髪の毛への栄養が効率的に運ばれるようになります。

 

この2種類を併用することで、AGAの進行を止めながら育毛を行うのがAGA治療のプロセスです。

 

 それぞれジェネリック薬品があります。

AGA_薬の画像

 

 

プロペシアとミノキシジルはAGAに対して絶大な効果を発揮しますが、価格が非常に高額です。1カ月分の処方で2種類合わせて1万円以上は必要になってきます。更にAGA治療は常に進行を押し留めている状態なので、使用を止めることが出来ません。

 

完治させるような薬や技術が生まれるまでは、生涯続けることになります。そうするとこの2種類の薬への費用はとてつもない金額になってしまうのです。

 

しかし、この2種の治療薬にもジェネリック医薬品があります。ジェネリックであれば、効果は同じでものによっては10分の1程度の価格で入手することが可能です。プロペシアのジェネリックではフィンペシア、エフペシア、フィナロなどが挙げられます。

 

ミノキシジルではカークランド、スペクトラル、ヘッドウェイなどが代表的です。それぞれ価格は異なりますが、プロペシアが1錠に対して320円ほどであるのに対し、ジェネリックは1錠20~30円と格安で入手することができます。

 

ただ、国内の一般的な病院ではプロペシア・ミノキシジルのジェネリック薬品の取扱はなく、病院で処方してもらい入手することはできません。そのため、インターネット上の通販サイトなどから個人で入手する必要があるため、少し入手のハードルが高いです。

 

ジェネリック医薬品ではなくクリニックできちんと診断を受け安全に治療したいという方は以下に主なクリニックのプロペシアの値段を比較しましたので参考にしてみてください。

 

 クリニック名  価格

 AGAスキンクリニック

 約4,200円

 新宿メディカルクリニック

 約6,500円

 TOMクリニック

 約6,500円

 ゴリラクリニック

 約9,000円

 

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

 それぞれの入手法のメリットとデメリット

AGA_まるばつの画像

 

 

病院で処方してもらうのに関しては、特に偽薬等のリスクはありません。ただ個人で入手する方法と比べると費用が比較的高い傾向にあります。

 

個人入手のメリットは、費用が低く抑えられる点です。さらにジェネリックであればより安く抑えられることができます。デメリットとしては、個人で入手するものなので、効果があるかどうかなどの保証は一切されないというのが問題になります。

 

医師からの処方であれば、症状の経過も込みで相談できますが、個人輸入の場合はそれができません。確実性を求めるのであれば、医師に相談して処方してもらう方が安全なのは間違いないでしょう。

 

AGA治療は現状、生涯治療といわれています。完治させることができないため、薬で常に症状を抑え込んでいる状態です。そのためコストは可能な限り落としていく必要があります。

 

一時的に高価な治療をしても、薄毛治療には意味がないのです。長期的に無理せず行える治療と薬を選ぶことが、薄毛治療において最も重要になってきます。

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界No.1規模!!!
【1月31日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ