ホーム >> AGAコラム >> 女性の薄毛 >> 女性の薄毛の対策法5選!~原因・症状別おすすめの治療法とは~

AGAコラム

公開日 2016.11.19
更新日 2017.10.15
女性の薄毛の対策法5選!~原因・症状別おすすめの治療法とは~
45_selfcare

※ 2017.10.15 一部内容更新

薄毛にお悩みの女性の皆さん、必見です!本記事では女性の薄毛にフォーカスして、その原因・症状・対策・治療法について網羅的にご紹介します。

 

髪の毛は女性にとってデリケートな問題ですよね。いくら洋服でおしゃれをしても、髪の毛がしっかり決まってなければ気になって仕方がないですよね。

 

薄毛って一度なったらもう治らないのかな、、、と心配になる方もいるのではないでしょうか。

 

そんなあなた、安心してください。女性の薄毛も正しい知識と現代の医療技術をもってすれば、治らない病気ではなくなってきています。

 

本記事を読んで、貴方も今日から薄毛対策法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 薄毛のメカニズム/男性型女性型の差異

151_mekaの画像

 

まず初めに、そもそも薄毛とはどういったものでどういったメカニズムで起こるのかについて説明したいと思います。薄毛には、大きく分けて男性型脱毛症(AGA)と女性男性型脱毛症(FAGA)の二種類があり、それぞれ原因や特徴が少しずつ異なります。

 

男性型脱毛症(AGA)とは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化することで起こります。

 

テストステロンは筋肉や体毛など体の男性的な部分に作用するホルモンの一種なのですが、いったんジヒドロテストステロンに変化してしまうと、一転して毛根の細胞の働きを阻害する様になり、薄毛の原因となってしまうのです。

 

AGAの特徴は、薄毛の発症に遺伝が影響する点です。男性ホルモンの分泌量や頭皮の皮脂分泌過剰など、もちろん個人差はありますが、遺伝によって薄毛の進行度合いや発症時期が異なってくるといわれています。

 

AGA治療では主に5αリダクターゼの働きを抑える目的で行います。

 

一方で女性男性型脱毛症(FAGA)は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が、加齢などによって(原因については後述)減少することで、体内の男性ホルモンの割合が相対的に増加して、ジヒドロテストステロンが生成されることで起こります。このエストロゲンは、女性らしい体を作る際に不可欠な働きをするもので、恋愛ホルモンとも呼ばれます。

 

女性の場合、20代後半から30代にかけて女性ホルモン分泌のピークがあり、それを過ぎて更年期が始まると女性ホルモンの分泌が減少していくため、40代以降薄毛になる方が多いです。

 

FAGAの治療は主にエストロゲンの分泌量を正常に戻すことを目的としています。FAGAの特徴としては、メカニズムの違いから、AGAとは異なり髪がすべて抜け落ちることはなく、髪が細く弱くなって全体的に薄くなるように進行していきます。

 

発症のメカニズムの違いから治療法も多少異なってきますが、男女ともに薄毛治療は早期から継続して行っていくことが重要です。

 

同じような薄毛の症状でも、AGAとFAGAを例に、男性と女性で薄毛が起きるメカニズムに違いがあることをご説明しました。メカニズムが違えば対策や治療法も男女間で変わっていきます。これから女性の薄毛にフォーカスして症状・対策・治療法をご紹介していきます。

 

 

 女性の薄毛の5つのタイプと症状

女性の薄毛症状は大きく以下の5つのタイプに分けることが出来ます。

 

151_1

 

出典:http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/biman-usuge.html

女性の薄毛・脱毛症で最も多いタイプで、男性型脱毛症と同じように髪が広い範囲で全体的に薄くなっていく症状です。

 

初期段階は自分では気づきにくいので注意が必要です。原因は体内の男性ホルモンの割合が増加することなので、治療により体内のホルモンバランスを整えることで症状を改善しやすい薄毛だといわれています。

 

ストレスや過度なダイエットなどを控えて、日々の生活からホルモンバランスを乱さないようにする必要があります。

 

151_2

 

出典: http://fusafusaito.seesaa.net/category/19176584-1.html

妊娠中・産後に発症する脱毛症のことです。妊娠を通して女性ホルモンの分泌量が急激に変化し、体内ホルモンバランスの乱れから頭皮のヘアサイクルが不規則になることで起こります。

 

妊娠中はエストロゲンが大量に分泌されますが、出産後にはエストロゲンの分泌量が激減するので薄毛につながります。女性の薄毛・脱毛症の中では有名なものですが、通常は時間の経過とともにホルモンバランスが元に戻ることで、期間の差はあれど自然に回復していきます。

 

151_3

 

出典:https://matome.naver.jp/odai

こちらは頭皮のトラブルによって生じる薄毛です。脂漏性脱毛は頭皮で皮脂が分泌過剰になり、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすことで発症します。

 

食生活の乱れや生活習慣に起因すると言われています。粃糠性脱毛症は頭皮環境の悪化でフケが発生し、髪が抜けてしまっている状態です。誤った洗浄法や乾燥によって頭皮を痛めてしまうと起こります。

 

どちらの症状も頭皮の健康状態を保てるよう生活習慣を見直すことが必要となります。

 

151_4

 

出典: http://initium-hair.com/blog/tag/

いわゆる10円ハゲのことです。頭皮の一部分に○状の脱毛斑ができている状態です。突然発症することも多く、ストレスやアレルギー、髪の栄養不足等が原因と言われていますが、そのメカニズムは未だ不明な点もあるようです。単発型、多発型があり、多発型の場合は脱毛範囲が大きくなることもあるため、ひどい場合は医師による診察・治療を受ける必要があります。

 

151_7

 

出典:http://www.xn--f9j3ab9eysybw427dswp4tx.com/

分け目や頭部の横や後ろ側が薄くなる症状です。ポニーテールやアップヘア等、髪を引っ張るヘアスタイルを継続することで発症します。

 

頭皮に負担のかからない髪型にすることで、時間が経つにつれて自然に快方に向かうと言われています。いつも同じ髪型をしている場合は注意が必要です。

 

一口に薄毛と言っても様々なタイプがあり、それぞれの症状に合った治療や対策をしていかないと、なかなか改善につながりません。

 

逆を言えば、正しい知識を持って早期に適切な治療を施すことが出来れば、薄毛・抜け毛は改善していきます。

 

間違った方法に時間をかけていても、思うように改善出来ず、ストレスを感じていては薄毛の悪循環に陥ってしまいます。

 

薄毛でお悩みの方、治療を受けたい方は専門の病院・クリニックにご相談してみてはいかがでしょうか。本コラムでも、失敗しない病院の選び方をご紹介しております。

 

>>東京ビューティクリニックはこちら<<

 

 

 女性におすすめの薄毛専門病院クリニックはこちら

女性の薄毛治療を行っている医療機関の中から、本コラムおすすめのクリニックを厳選してご紹介します。また、失敗しない病院の選び方についてもアドバイス致します。

 

AGA_画像名の画像

 

 

東京都 渋谷区代々木2-10-4 新宿辻ビル3F (新宿駅 サザンテラス口徒歩1分)

↓病院詳細ページ

https://aga-pro.jp/hospitals/tokyo/179

新宿メディカルクリニックは新宿駅南口から徒歩1分のアクセスが自慢の薄毛専門クリニックです。治療は投薬がメインですが、蚊の針より細い注射で頭皮に直接注入できる、ノンニードル治療法を利用できます。また、完全個室で全額返金保障制度もあります。

 

151_6

 

東京都新宿区西新宿7-20-2 愛美堂ビル7階
(新宿駅より徒歩4分、西新宿駅より徒歩1分)

↓病院詳細ページ

https://aga-pro.jp/hospitals/tokyo/156

新宿メディカルクリニックは患者さんに合わせた、オーダーメイドの薄毛治療が出来る専門クリニックです。内服薬や外用薬を中心に600種類もの治療パターンを持っています。経験豊富な医師やカウンセラーが土日祝も診察可能です。初診無料なので一度相談に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

東京都渋谷区恵比寿西1-3-11 BELLE恵比寿4階 (恵比寿駅徒歩4分)

↓病院詳細ページ

https://aga-pro.jp/hospitals/tokyo/190

恵比寿美容クリニックは、薄毛だけでなく美容のお悩みまでサポートしてくれます。他の薄毛治療専門の医療機関に比べて、女性にやさしい環境が整ったクリニックで、土日祝も診察可能、初診無料なのも特徴です。薄毛を解消した後は美容相談もしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 女性の薄毛の対策法5選!

151_5の画像

 

これまで女性の薄毛の原因と症状について解説してきました。原因がわかったら次は対策や予防法が気になりますよね。ここでは主にご家庭でも出来る、医療の力を借りないで行う薄毛の対策・予防法を5つご紹介します。

 

日中傷ついた頭皮の修復や発毛が行われるのは睡眠中、特に夜10時~深夜2時の間といわれています。出来るだけリラックスして質のいい睡眠をとるよう心がけましょう。

 

また規則正しい生活、適度な運動をすることで血行が促進され、体の隅々まで栄養が行きわたるようになります。

 

髪の毛を生成するために重要な栄養素として「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」の3つがあります。

 

タンパク質は髪の主成分で不足すると育毛が進まないため、薄毛治療の効果を十分に発揮できなくなります。次にビタミンには頭皮環境を正常化する働きがあります。

 

そして亜鉛はたんぱく質を髪の毛にするために必要な栄養素です。特に肉魚豆類に多く含まれています。栄養素の整ったバランスの良い食事を心がけましょう。

 

また、油分を含んだ食べ物は頭皮の皮脂分泌を増加させるので避けましょう。

 

また、タバコやアルコールの過剰摂取は薄毛の原因になります。タバコに含まれるニコチンは血行を悪くし、頭皮まで栄養を届けるのを妨げます。

 

飲酒に関しては、アルコールを体内で分解する際に大量のビタミンや栄養素を使うため、髪の毛まで栄養が行き渡らず、発毛の阻害になるだけでなく、薄毛の原因となるホルモン、ジヒドロテストステロンの増加にもつながると言われています。

 

ストレスを受けると頭皮の血流が悪くなり髪に十分な栄養が行き渡らなくなるため、細くて弱々しい髪しか生えなくなったり、体内のホルモンバランスを乱して円形脱毛症になったりすると言われています。ストレスはため込まないで適度に発散するなど、リフレッシュするのが効果的です。

 

頭皮を清潔に保つために毎日のシャンプーには気を使いましょう。頭皮のために石油系界面活性剤を含まない、頭皮にやさしいシャンプーがおすすめです。

 

また、毛穴に詰まると抜け毛の原因になるため、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しはないようにしっかり流しましょう。ここでは薄毛に良いシャンプー・ドライヤーのやり方をご紹介します!

 

1.まずは髪を濡らす前にブラッシングで髪を整えて、ほこりや汚れを落とします。

2.たっぷりのお湯でしっかりと濡らした髪に、手で十分に泡立てたシャンプーをつけます。熱いお湯は頭皮を傷つけるため、38度くらいのぬるめのお湯が最適です。

3.指の腹を使って優しくマッサージをするように洗う。爪を立てて洗うと頭皮を傷つけます。

4.コンディショナーは毛髪のためのものです。残ってしまうと刺激になりますので、頭皮にはかからないように毛先を中心につけるようにしましょう。

5.洗い残しがないように丁寧にしっかりとすすぎます。こちらもぬるま湯がベストです。

6.濡れた髪は雑菌の温床になります。根元からしっかりと乾かしましょう。その際髪や頭皮を傷つけないように、ドライヤーは髪から20センチは離してブローイングしましょう。

 

↓こちらの動画が洗い方を解説していますので、指使いの参考にしてみてください↓

 

 

 

 

シャンプーに並行して頭皮マッサージをすると、頭皮の血流が促進されるので薄毛対策にさらに効果的です。

・頭皮に力を入れすぎない
・あまり長時間刺激しない(1日3~5分程度)
・マッサージ前は手を清潔な状態にしておく

の3点には注意してください。正しいマッサージをすると血流が促進され、毛穴の詰まりを取り除き、顔のリフトアップにもつながります。ただし、頭皮マッサージはあくまでも頭皮環境を整えるのみで、マッサージだけで薄毛の改善や発毛に直接つながるわけではありませんので、注意が必要です。

 

↓こちらの動画が頭皮マッサージの解説をしていますので、参考にしてみてください。↓

マッサージ実践 開始から2:45辺り~

 

薄毛対策には市販の養毛剤や薄毛治療薬の使用も一定の効果が期待できます。養毛剤は「発毛を促進する養毛剤」と「抜け毛を抑制する養毛剤」の2種類があり、用途によって使い分ける必要があります。女性は薄毛の原因となる男性ホルモンが少ないため、男性に比べて養毛剤の効果が出やすいと言われています。

 

しかし男性専用のものや、副作用の強いものなど、女性の使用にリスクのある薬も多いため、注意が必要です。特に妊婦や授乳期などは使用を控えた方が良いでしょう。不安な時は御自分の判断だけで使用せず、専門の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

薄毛の初期段階や治療開始直後で効果が出る前など人の目が気になる、髪型を工夫したりウィッグを活用したりすると、薄毛を目立たなくすることもできます。手間のかからないアレンジ方法もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

1.分け目を変える

頭皮に負担のかかる髪型を繰り返したり、長く同じ分け目を続けていると、徐々にその部分の頭皮が硬化して、毛根の成長を妨げてしまいます。イメージチェンジも兼ねて、1週間や1ヶ月など定期的に変更するといいでしょう。

 

2.頭頂部が気になる方は思い切ってアップスタイルにしてしまうのもおすすめです。

普段前髪をおろしている方は抵抗があるかもしれませんが、アップヘアは清潔感がありアクティブな明るい印象を与えるといわれています。仕事など気分を変えたいときに髪型から入ってみるのも。

 

3.部分的に隠したいなら、ターバンやヘアアクセサリーが便利!

アクセサリーを使えばおしゃれを楽しみながら薄毛隠しが出来ます。ターバンは一見難しそうなアイテムですが、色使いや巻き方を工夫すれば、初めての方でも手軽におしゃれ上級者に見せられます。

 

4.ウィッグを活用しよう!

ウィッグは植毛と違い、気になるところに乗せるだけなので、手軽にイメージチェンジすることが出来ます。

 

最近は、昔と比べて様々な髪型のウィッグがあり、若者にもおしゃれの一環として使われるようになりました。ウィッグは、装着にほとんど時間がかからない他、一度作ってしまえば病院やクリニックに行く手間もなく、長期間の治療をするよりもリーズナブルです。

 

注意点としては頭皮の通気性が悪くなるため、頭皮環境が不衛生にならないよう、日々のケアが必要になります。

 

また、ウィッグは薄毛の根本的な治療になりませんので、薄毛症状の改善を目的とする場合は専門の病院やクリニックで治療を受ける必要があります。

 

その他にも、ドライヤーやブラッシングテクニックで髪にボリュームを持たせたり、頭皮ケアで力強い髪を育てたりすることも薄毛対策になります。

 

しかし、残念ながら、薄毛は対策をするだけでは根本的な改善にはなりません。薄毛治療には専門の病院やクリニック、医師の力を借りるのが一番の近道です。

 

女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら

 

 

>>新宿メディカルクリニックはこちらから<<

>>東京ビューティクリニックはこちら<<

 

女性の薄毛の代表的な治療法

24_isyaの画像

 

家庭で出来る薄毛対策法についてはご紹介してきましたが、ここでは病院で出来る女性の薄毛治療、処方薬の代表的なものについて、簡単ではありますがご紹介していきたいと思います。

 

植毛には大きく分けてFUT法とFUE法の2つがあります。どちらも外科手術を伴う治療法なのですが、植毛手術は自由診療とみなされ、医療保険などの各種保険は適用されないことに注意してください。

 

FUT法

FUT法は植毛手術の際、メスで皮膚を切り取って移植に使う毛根を採取します。具体的には自毛植毛の場合、患者さんの頭の髪の毛が薄くない部分から、毛根を切り取って薄毛の部分に移植する手術になります。注意点としては、外科手術のため医師の熟練度によって仕上がりに差がでること、切り取った部分の頭皮が修復するまで時間がかかることが挙げられます。

 

FUE法

FUE法は植毛手術の際、特殊な器具を使って毛根を一つ一つピンポイントで採取する方法です。FUT法と比較すると、頭皮を切り取る面積が少ないために皮膚への負担は軽くなりますが、手術難易度が高く、費用も高くなりがちです。経験豊富な医師が所属している医療機関をあらかじめ調べて行くことが大切です。

 

女性は薄毛のメカニズムの違いから、男性用の治療薬が服用できないこともあり、比較的に植毛治療が行われることが多いです。 またどちらの治療法も、植毛手術は自由診療とみなされるため医療保険などの各種保険は適用されないことに注意してください。

 

女性の薄毛・抜け毛治療の効果が高いことが注目され、導入する病院が増えている治療法です。

 

育毛メソセラピーとは、極細針やレーザー、超音波など病院によって手法は異なりますが、プロペシア(女性は使用できません)やミノキシジル、その他にも育毛成分や美容成分を配合した薬剤を頭皮に直接注入する治療法です。

 

従来の方法と比べて優れている点は2つあります。1つ目は症状に応じて最適な薬剤を配合できることです。

 

2つ目は頭皮に薬剤を塗布するのとは違って、皮下細胞に直接薬剤を注入するため効果が短期間で得られることです。

 

しかし懸念点もあります。それは、1回あたりの費用が高額であり、複数回治療を行わなければならないということです。費用面で継続して治療が継続できるのか必ず確認しましょう。

 

先にも述べましたが、薄毛のメカニズムと男女間の対処法の違いから、現在処方されている治療薬の多くは、男性向けに開発されたものであり、女性が使用できるものは限られています。

 

薬に含まれるフィナステリドという成分が、女性の身体や胎児に深刻な影響を与えると言われているためです。そんな中、今回は女性もお使い頂ける、おすすめの治療薬を3つ程ご紹介します。

 

ハーグ療法(HARG治療)とは毛髪再生療法の事です。具体的には、患者さんの皮膚や筋肉などの細胞から取り出した成長因子(AAPE)に、メソカクテル(ビタミン等を多く含んだ発毛促進剤)を加えた、HARGカクテルという薬を、注射針やレーザーで頭皮に直接注入し、発毛細胞を活性化させることで発毛促進効果を高める治療法です。

 

ハーグ治療は安全性が高く、育毛、発毛、脱毛抑制、頭皮改善をトータルでケアし、あらゆる薄毛に効果があります。

 

欠点は回数を重ねないと効果が実感しづらいことですが、男性ホルモンの影響を受けないため、女性におすすめの治療法です。

 

ポラリスとはアメリカのPolaris research laboratories社が製造・発売を行っている、薄毛の治療薬です。

 

この薬は薄毛治療に使われるミノキシジルとリンゴポリフェノールという成分を含んでいます。

 

 

ミノキシジルは体内の血流を促進させ、体の隅々まで栄養を届ける効果があり、リンゴポリフェノールは毛根の細胞を活性化する働きがあります。薄毛治療に非常に効果的なポラリスなのですが、女性が使用する際には少々注意が必要です。

 

ポラリスには大きくNR07, NR08, NR09, NR10, NR11の5種類があるのですが、このうちポラリスNR10, NR11の2種類は上述のフィナステリドという成分をわずかに含んでいるため、女性は絶対に使用しないようにしてください。

 

ポラリスNR07, NR08, NR09の3種類に関してはフィナステリドを含まないため、女性も使用できますが、ミノキシジルは強い成分のため、副作用により頭皮のかゆみや動悸、むくみなどの症状がでてしまう可能性があります。不安な方は種類や服用方法について一度専門家に相談してみるのもいいかもしれません。

 

パントガール(Pantogar)はドイツで開発された薬で、女性専用の薄毛治療薬として、世界で初めて薄毛効果と安全性が認められた飲み薬です。

 

アミノ酸やビタミンから作られていて、体内の血流を促進して栄養を行き渡らせる働きがあります。

 

特に女性の薄毛で多い瀰漫(びまん)性脱毛症や分娩後脱毛症を改善し、発毛を促す効果があります。服用方法は朝昼晩毎食後1カプセルづつ飲むようにしてください。

 

特徴としては、発毛効果が高いのに、今のところ副作用が確認されていない点です。今後副作用が報告されることも十分考えられるため、安易な服用は気を付けて頂きたいですが、現状女性向けの薬では最もおすすめしたい治療法です。

 

以上が病院で出来る女性の薄毛治療の代表例になります。様々な治療法を解説してきましたが、一般に薄毛の治療法には副作用があり、また外科手術を受ける場合、医療保険などの各種保険は適用されないことに注意して、専門の医師や薬剤師に相談の上、最終的には自己責任の下で治療を受けるようにしてください。不安な方は、一度後述の薄毛専門の医療機関にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

>>東京ビューティクリニックはこちら<<

 

 

 

TOMクリニック梅田院

東京ビューティークリニック梅田院

東京ビューティークリニック名古屋院

東京ビューティークリニック福岡院

東京ビューティークリニック大宮院

東京ビューティークリニック北海道札幌院

東京美容外科沖縄那覇院 (AGAスキングループ)

 

AGA治療は一般の医療機関でも治療を受けることが可能です。一般病院での治療は、専門クリニックと比較すると費用面でメリットがあります。

 

反面、症状や経過に応じた診療は出来ない場合も多く、本当に快方に向かっているのか不明確になる恐れがあります。 医療失敗しない病院の選び方として、以下の条件に合う医療機関を利用されると良いでしょう。

 

1.料金体系が明確で、初回のカウンセリングが無料で受けられるところ

2.手術など治療実績が豊富で他の患者さんからの評価が高いところ

3.治療だけでなくアフターケアや患者さんからの相談に真摯に応じてくれるところ

4.実際に通院する際に通いやすい、アクセス面の充実しているところ

 

やはり一番は、自分自身が患者として通うことをイメージ出来ることだと思います。自分に合った医療機関が見つかるといいですね!この厳選AGAのサイト上でも病院検索が可能ですので、宜しければ利用してみてくださいね。

 

↓↓上記のテーマについてより詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください↓↓

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

いかがでしたでしょうか。本コラムでは女性の薄毛にフォーカスし、原因・メカニズムに始まって、具体的な症状、対策法、治療法、専門医療機関のそれぞれについて詳しく、網羅的にご紹介してきました。

 

最後までこの記事を読んでくださった皆様の、お悩みを解決する助けになれれば幸いでございます。

 

薄毛は時間との戦いです。早期の対策と長期の治療を続けることが一番重要です。繰り返しになりますが、本気で薄毛の改善、治療をしたいという方は専門の病院やクリニック、医師へのご相談をお勧めします。

 

 

↓東京にお住まいの方は↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

【3980円】女性の薄毛治療体験が3980円で受けられる!女性の髪の毛の悩みは医師に相談するのが近道です。30日間の全額保証返金保証付き!


            公式サイトへ          

 

 

↓大阪、名古屋、福岡の方は↓

東京ビューティクリニック

【女性の薄毛専門】多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国展開(提携病院も含む)の大規模女性の薄毛治療クリニックです!


            公式サイトへ          

 

 

 

 
<<厳選AGA殿堂入りコラム>>

【育毛剤の人気ランキングTOP5!】

【プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用】

【AGA治療は保険適用外?費用相場と安く抑える方法まとめ】

【薄毛の女性も安心!薄毛でも似合う髪型・ヘアスタイルを長さ別にご紹介】

【頭皮マッサージの効果と正しいマッサージ方法】

【薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用】

【チャップアップの効果と口コミから徹底検証】

【イクオスの口コミから徹底検証!】

【BUBKAの評判がすごい!】

【ポリピュアの効果を徹底検証】

【プランテルの効果と口コミ大特集!】