ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 頭皮のかゆみの原因とは?頭皮環境を悪化させる生活習慣と対策法

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

頭皮のかゆみの原因とは?頭皮環境を悪化させる生活習慣と対策法


カテゴリ

「何だか最近頭皮がかゆい…」「普段気づかないうちに頭をかいてしまっている…」

そんな方は頭皮が炎症を起こして頭皮環境が乱れているかも?頭皮の炎症は放っておくと頭皮環境がどんどん悪化し、最悪の場合髪の毛も抜けてしまいます。

頭皮のかゆみにはいくつかの原因がありますが、普段の生活習慣を整えることで改善できる場合が多いです。

今回はそんな頭皮のかゆみの原因となる生活習慣と頭皮環境を整える方法をご紹介します。

頭皮のかゆみの原因とは?

頭皮がかゆい原因はいくつかに分けられます。

一体なぜ頭皮がかゆくなるのか。

その原因に迫るとしましょう。

シャンプーは頭皮を清潔に保ってくれるものではあるのですが、一口にシャンプーと言ってもその種類は様々です。

近年ではオーガニックシャンプーのように、界面活性剤等、化学薬品を使用していないことを売りにしているシャンプーも増えてきていますが、どれだけ体に負担がかからない成分だけしか使われていない物であっても、使用者の体にシャンプー自体が合う合わないの問題もあります。

人によっては乾燥肌の人もいれば脂性の人もいます。

シャンプーにどのような成分が使われているのかも大切なのですが、頭皮の質に合っていないシャンプーを使っていれば、かゆみの原因となるでしょう。

天然成分のシャンプーを使ってるからかゆくなるわけがない…と思っていても、体質に合わないシャンプーを使用すると肌に対して負担が出てしまいます。

また、シャンプーをしっかりと洗い流さないと、シャンプーの成分が残ってしまってかゆみに繋がるケースもあります。

使ったシャンプーが頭皮に残らないよう、すすぎはしっかりと行いましょう。

洗うのには気を使う人が多いものの、すすぎに関してはとりあえずお湯で流しているだけ…という人もいらっしゃるかもしれませんが、肌に合わないシャンプーの成分が頭皮に残っていれば痒みの原因になるのは自明のことですね。

シャンプーした後はしっかりとすすぎましょう。

頭皮もまた、肌の一部です。

暑い時には汗ばみますので、放b置していれば当然かゆくなるでしょう。

頭皮に限らず、汗をかいた部分はかゆいと感じるものなのではないでしょうか。

汗の成分が肌に触れると、どうしてもかゆみは出てくるものです。

これは頭皮に限った話ではないのですが、頭皮の場合、髪の毛で隠れているので汗をかいたことに気付かなかったリ、汗をかいても何もしないケースも多いのではないでしょうか。

また、夏場であればある程度気にするものの、冬場など寒い時には何のケアもしていない人も多いのではないでしょうか。

実は頭皮の問題は冬の時期に多いのです。

なぜなら人間は冬場だからといって決して汗をかかない訳ではありません。

むしろ髪の毛がある分、頭皮の体感温度は他の部分に比べて少々高くなります。

そのため、頭皮は寒い季節には汗をかきやすい部分なのです。

汗をかいても放置する。

冬場であれば寒さも手伝い、少しあせばんだくらいでは気にもしない方も多いことかと思いますが、残念ながら頭皮には汗の成分が残っている状態なのです。

不衛生な頭皮に雑菌が繁殖していることを想像するだけでかゆくなってくるのではないでしょうか。

夏場は暑さも手伝い、頭皮環境に敏感になるので衛生面も問題ないのですが、冬場にこそ頭皮環境を悪化させてしまう人は多いです。

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

頭皮に傷を持っていればやはりかゆくなってくるものです。

頭皮に限らず、傷が出来ている部分は人間はかゆいものですが、一口に「傷」と言っても様々です。

古傷がある人もいれば、傷がある訳ではないと思っているものの、なぜかかゆいと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

その場合、残念ながらシャンプーによって頭皮を傷付けてしまっている可能性があります。

シャンプーの際、指の腹を使っていれば頭皮を傷付けることは少ないでしょうが、爪を立ててシャンプーで洗髪している場合、本人は自覚していないだけで頭皮に傷を作ってしまっている可能性もあります。

「傷」と聞けば出血を伴う深い傷を連想する人も多いかもしれませんが、シャンプーで少し爪を立てて頭皮を洗ったがために出来る、薄く皮膚を削ったような傷であれ頭皮のかゆみの原因になります。

また、その傷にシャンプーやお湯が触れればさらに染みることでしょう。

頭皮は髪の毛によって肉眼で頭皮を確認するのが難しいため、なかなかこまめにケアを行ったり、頭皮環境を確認しようという気持ちにならない部分かもしれませんが、実際には頭皮に隠れているからこそ見逃し、かゆみの原因になってしまっている可能性もゼロではないのです。

自覚のない方は特に気を付けましょう。

そもそも頭皮だけではなく、肌にとって乾燥は敵でしかありません。

まさに百害あって一利なしと言っても良いでしょう。

頭皮の場合、乾燥するとフケの原因にもなってしまいますし、そのフケが頭皮に残っていれば異物感があり、かゆみに繋がります。

更に厄介な点は、例えば顔であればすぐにでも確認出来ますので、自分のお肌の状況が現在どうなっているのかすぐに分かりますし、仮に少し乾燥しているなと思ったら化粧水など保湿効果のあるコスメを使い、簡単にケア出来ます。

ですが頭皮の場合、頭髪によって隠れてしまいます。

生え際であればまだ乾燥しているかどうか分かりますが、それ意外の部分の頭髪が乾燥しているのか、それとも潤いがある状態なのかを確認するのは簡単ではありません。

また、頭皮の乾燥防止のためにケアを行おうと思っても髪の毛がいわば頭皮を防御するような形となり、髪の毛には当たるものの頭皮には届かず、結局ケアの効果が半減してしまうケースもあります。

髪の毛のおかげで見えないしケアも難しいだけに、乾燥しているのかどうかさえ把握出来ず、かゆみに悩まされていることも決して珍しくないのです。

ストレスもまた、かゆみの原因です。

ストレス、つまりはイライラしている時は体のあちこちがかゆくなるものです。

頭皮も例外ではなく、イライラしている時や煮詰まっている時に限って、やたらと頭皮がかゆくなる人も多いのではないでしょうか。

ストレスを医学的観点からみると、ストレスによって血管が収縮します。

所説はありますが、血管が収縮することにより、いわば刺激となってしまいますのでかゆみが生じるのです。

収縮とは縮むことですが、血流によって血管が縮んだり戻ったりを繰り返します。

肉眼では確認出来ないレベルで体内で縮んだり戻ったりを繰り返しているものがあれば気になるものです。

それがかゆみを生むと言われています。

また、ストレスは悪い部分を増長させてしまうので、例えば悪化した頭皮環境が僅かではあってもストレスによってさらに悪化する可能性もあります。

あまり気にならない程度の傷だったものの、ストレスを感じたことによって傷への影響をより強く感じてしまうのです。

ストレス社会と呼ばれる昨今、誰もが知らず知らずのうちにストレスを感じているとも言われていますが、ストレスもまた、かゆみの原因なので現代人にとって頭皮のかゆみはいわば誰にとっても無関係とは言い切れないのです。

シラミもまた、頭皮のかゆみの原因ですが、シラミは他の原因と比べると少々毛並みが違います。

なぜなら他の原因は頭皮にかゆみの原因がありました。

ですがシラミは髪の毛にシラミという虫が寄生するのです。

そしてそのシラミが卵を生んだり、あるいは人体から吸血するのですが、その際唾液を頭皮に注入しますのでアレルギー反応を起こし、かゆみを引き起こすのです。

通常シラミは頭皮環境を清潔に保っていれば防げるものなのですが、先にも挙げたように寒い時期に汗をかいても放置するなど頭皮環境が悪化するとシラミが繁殖しやすくなります。

シラミの対処法としては皮膚科などで専用の駆除薬を処方してもらう、専用の駆除用シャンプーを使用するなどの方法があります。

シラミは放っておくと他の人に移って被害がどんどん拡大していきます。

早めの対処と予防が大切です。

また、シラミはあくまでも髪の毛に住み着くものです。

頭皮にではなく、髪の毛に住み着きますので、シラミに寄生されても髪の毛をすべて刈るだけでシラミを駆除出来るのです。

シラミのかゆさで悩んでいる場合、女性であれば髪の毛を切るのは抵抗があるかもしれませんが、男性であれば思い切って坊主にするなど髪の毛を短くするだけでも効果はあります。

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

いくつかかゆみの原因を挙げてみました。

どれも日ごろからケアしていれば防げるものばかりだと気付いた方も多いのではないでしょうか?どれも自分自身のケアで改善出来るものなので、かゆみで悩んでいる方はまずはケアから初めてみてはいかがでしょう。

>>関東の方は:新宿メディカルクリニック<<

>>関東以外の方は:AGAスキンクリニック<<

頭皮のかゆみが悪化、進行するとどうなるの?

AGA_頭を抱えている男の画像

頭皮のかゆみなんていつか収まるだろう…と思っているのに全然収まらない。

かといってかゆみ程度でわざわざあれこれするのも…と思っている人もいるかもしれませんが、仮にそれらの頭皮環境を放置しておくと、どうなるのかも知っておきましょう。

むしろ悪化するとどうなるのか知れば、頭皮ケアがとても大切なものだと気付かされるはずです。

かゆみのみだった頭皮環境が更に悪化し、ただれへと変化していくでしょう。

頭皮に限らず、どの部分でも特定の皮膚をかゆいからとかき続けていたらただれてきます。

皮膚が炎症を起こし、慢性的なかゆみに悩まされることになりますし、かゆいからとかいていてはいずれはただれになります。

ただれてしまうとかゆみとはまた違った問題も発生するようになるので頭皮のかゆみは早めのケアを行うべきです。

頭皮のかゆみは放置しておけばいずれ収まるだろうと、軽く見て危機感を持っていない人も多いのかもしれませんが、現実的には頭皮環境が悪化してしまうとなかなか時間の経過だけでは解決出来なくなってきます。

ただれまで症状が進むと、病院に通わなければならない状況にもなりますし、治療自体も長期間になりかねませんので、多少かゆいなと思った段階でも早めに病院に足を運ぶなり、自分自身でケアを行うようにするのをおすすめします。

特に何度も同じ場所がかゆいなと思ったら要注意です。

フケ

フケに発展するケースもあります。

フケそのものは決して悪いものではありません。

フケの正体は頭皮の角質細胞がはがれて生じるもので、新陳代謝の結果によって発生しているのでフケそのものは病気の類のものではありません。

一方で洗髪不足やビタミンの欠乏、更には睡眠不足やストレスといったライフスタイルに起因しているケースもあるだけに、フケが多すぎると「問題ない」とは言い切れないものです。

さらにフケはあまり良い印象を与えるものではありません。

どうしても不潔な印象を抱かせてしまいます。

清潔感が求められる時代です。

ビシっとスーツで決めていたはずなのに、襟元がフケだらけ…。

これでは残念ながら清潔感があるとは言えません。

むしろ残念な印象を抱かせてしまうのではないでしょうか。

そんなフケですが脂性と乾性のものがあります。

前者は低刺激のシャンプー、後者は保湿によってケア出来ますが、フケで悩まされないよう、頭皮がかゆいなと思った段階でのケアを心がけるべきです。

頭皮がかゆい。

かく。

これを延々と繰り返したり、かゆいのをそのまま放置していれば皮脂分泌過剰になるリスクもあります。

文字通り、皮脂が過剰に分泌されます。

かいているうちに皮膚にダメージを与え、皮脂まで出てくるようになるのですが、皮脂分泌過剰はとある症状の原因にもなるのです。

それはニキビです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に入りこみ、かゆみとはまた違った症状で悩まされることになるのです。

皮脂は本来は肌を守るためのものです。

皮膚に何らかの異常があった際、皮脂を分泌してダメージを守るものなのですが、ずっとかいていると、肌は「異常事態がずっと続いている」と認識してしまいます。

その結果として皮脂を大量に出すのです。

それが毛穴に入り込めばニキビにもなってしまうでしょう。

ニキビとなると更に問題はややこしくなってしまいます。

頭皮のかゆみの問題からニキビの問題となると、ケアも行わなければなりませんし、髪の毛への影響も懸念されますので、頭皮のケアを行い、皮脂分泌過剰にならないよう留意しましょう。

名前からも分かるように、湿疹が頭皮に出来てしまいます。

延々とかいていれば湿疹が出来るのが人間の肌です。

頭皮とて例外ではありません。

頭皮湿疹の厄介な点は、何度か出ているように頭皮を肉眼で確認出来ない点にあります。

例えば他の部位であれば延々とかいていれば次第に「これはまずいかもしれない」と自覚出来るでしょう。

目に見えて肌の状態が変わってくるのです。

そこで自分自身にブレーキをかけることが出来ます。

ですが頭皮の場合、肉眼で見えないのでかゆいという気持ちが消えない限り、延々とかき続ける。

まさか頭皮が大変な状況になっているなどとは気付かず、延々とかく。

なんだか自分でもまずいような…と思って髪をかきわけて頭皮をチェックしたら頭皮一面湿疹になっていた…。

このようなケースは珍しい話ではありません。

頭皮とて皮膚です。

決して特別なものではなく、自分自身の皮膚であることに違いはありませんので延々とかいていれば他の皮膚同様、湿疹になるのです。

頭皮湿疹になってしまった場合は速やかに病院で治療を受ける必要があります。

湿疹を描いた手で他の皮膚を触ると他の場所にも湿疹が発生してしまう恐れがあるのです。

頭皮のかゆみは早期の対処が大切ですね。

臭い

臭いに発展するケースも考えられます。

かゆいということは、先に挙げたように様々な頭皮環境の悪化による影響が懸念されます。

もしかしたら汗の可能性もありますが、それでも放置しておけば当然周囲からは「臭い」と思われるでしょう。

自分自身の匂いは自分では気づきにくいため、自分自身で何も問題ないと思っているものの、周囲は匂いに敏感です。

臭ければついつい顔をしかめてしまったり、距離感とて変わってくるのではないでしょうか。

また、汗だけではなく皮脂の匂いもあります。

更にはそれらが混ざり合うことも考えられますので、自分では想像出来ないかもしれませんが、様々な匂いが混ざり、周囲に悪影響を及ぼすことになりかねません。

臭いに関しては自分ではどうしてもケアしにくい部分なだけに頭皮のかゆみを放置していれば、いずれは異臭にまで発展するかもしれない点を理解しておきましょう。

かゆみは生活習慣の乱れが原因となっているケースもありますので、放置していれば、同じように生活習慣の乱れによって起こされる症状も併発するでしょう。

抜け毛もその一つです。

抜け毛にも様々な理由があります。

AGAが原因で抜け毛が起こるケースもあれば、生活習慣の乱れによる抜け毛の可能性もあります。

かゆみとは、いわば頭皮から発せられる体のSOSと言っても良いでしょう。

そのSOSを無視すれば体に何らかの影響が出てもおかしくはありません。

例えば、抜け毛が増えることによって更にストレスが生じ、頭皮のかゆみ以外にも様々な悪影響が出るなど、さらなる悪循環にハマる可能性もあります。

頭皮がかゆいだけだと油断するのではなく、頭皮のかゆみがもしかしたら他の部位にも影響を及ぼすかもしれないものだと、危機感を持って頭皮のかゆみを改善するよう努力すべきです。

特に抜け毛は外見にもダイレクトに影響します。

ともすれば自分自身の人間関係にも影響してしまう程の「威力」があるだけに、決して他人事とは思わず、真摯に向き合うことが重要です。

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

頭皮のかゆみの対策法

AGA_カウンセリングの画像

頭皮のかゆみの原因が分れば次は対策法です。

頭皮のかゆみは頭皮環境に直結しており、悪化すると大変なものですが、対策法を分かっていれば決して恐れるものではありません。

そこで、正しいかゆみの対策法をチェックしてみましょう。

かゆみだけではなく、頭皮ケアの基本と言えばやはりシャンプーですが、シャンプーの「正しい方法」をご存知の方、実は案外少ないのではないでしょうか。

なんとなく洗っている人は多いかもしれませんが、正しいシャンプーの方法を実践している人は少ないと言われているだけに、「正しいシャンプーの方法」を知っておきましょう。

まずは指です。

爪を立てて力任せにシャンプーで頭皮を洗う。

奇麗に洗いたいと、多くの方が行いがちですし、実際に爽快感もあるのですが、これこそ間違ったシャンプー方法の典型です。

むしろ爪を立てて洗うと頭皮に傷をつけてしまい、かゆみの原因になってしまうのです。

正しいシャンプーは、力任せに行うのではなく、ましてや爪を立てるものでもなく、シャンプーそのものの洗浄力に任せて指の腹で頭皮を洗います。

その際も力任せに洗うのではなく、あくまでもシャンプーの泡の力で汚れを落としましょう。

シャンプーを上手く泡立て、その泡を頭皮に塗るかのように指の腹で優しくシャンプーで汚れを落としていきましょう。

力任せのシャンプーに慣れている人はこれで本当に汚れを落とせるのかと疑問に思うかもしれませんが、実際にはシャンプー本来の洗浄力を駆使しますので、こちらの方が汚れは落ちるのです。

理髪店や美容院などで髪の毛を洗ってもらう際は優しく洗ってもらいますよね。

確かに爽快感は爪を立てて洗う時より劣るかもしれませんが、そもそも爽快感を得なければならないと思う方が誤解です。

シャンプーに必要なのは爽快感ではなく、汚れを落とすことです。

シャンプーの際、頭皮マッサージによって頭皮の血行促進も一緒に行うと効果が高まります。

人間にとって血液はとても大切なものです。

頭皮の問題も同様で、血行促進マッサージによって頭皮への血行を良くする。

ではそのためには何が必要なのかといえば、正しいマッサージの方法です。

こちらもまた、指の腹にて頭皮を揉みほぐすかのようにマッサージすることで血行促進効果が高まります。

先の方法と併せ、力任せにシャンプーをするのではなく、頭皮マッサージの延長でシャンプーの泡にて汚れを落とす。

血行促進と汚れ落としの平行はさらに効果的でしょう。

シャンプーでの頭皮ケアはこの二つが肝となるのです。

その際、爪を立てて力任せに行うのではなく、指の腹にて優しく行うのです。

これこそが正しいシャンプーなのです。

そもそも正しいシャンプーの方法を教わる機会が少ないので知らないのも無理のない話ではありますが、あなたも「正しいシャンプー法」をマスターして、頭皮に良い正しい頭皮ケアを覚えておきましょう

シャンプーは洗い方も大切ですが、どのようなシャンプーを使うのかもまた、とても大切です。

近年は頭皮に優しいと謳っているシャンプーも多数登場していますので、いくつかお勧めのシャンプーを挙げていきましょう。

まずは男性向けのシャンプーです。

男性の場合、女性ほど髪の毛の長い方も少ないでしょうが、頭皮環境は薄毛の原因にもなるだけに、髪の毛そのものよりも、どちらかといえば頭皮への影響が懸念されます。

そこで、頭皮環境に良いシャンプーをいくつかピックアップしてみました。

リーブといえば育毛サービスで知られていますが、リーブは足を運んでの施術サービスだけではなく、シャンプーも販売しています。

長年の研究に基づいたシャンプーになりますので頭皮に対して負担を与えず、一方では洗浄力や頭皮の健康など、頭皮環境改善のためのシャンプーとして知られています。

嬉しい点として、ホームページにて直販を行っていますので、わざわざリーブのお店まで行く必要もありません。

気になる方はホームページから申し込んでみるのも良いでしょう。

40年の研究と30万人の実績。

説得力のある数字は、きっと頭皮改善環境をもたらしてくれるでしょう。

アミノ酸系のシャンプーでありながら、高い泡立ちと洗浄力を誇るシャンプーがこちらです。

頭皮に良いとされているアミノ酸系のシャンプーの場合、石油系界面活性剤のシャンプーと比べると泡立ちは良くはありません。

そのため、戸惑う人も多いのですがGrowtd Projectであれば泡立ちも良く、更にはセンブリエキスやローズマリー葉エキスといった育毛シャンプーでもよく見かける成分も含まれています。

また、こちらはユーカリが含まれているので匂いも良く、加齢臭対策としても使用出来るおすすめのシャンプーです。

ノンシリコン、植物由来のアミノ酸配合のウーマシャンプーもお勧めです。

鉱物脂や着色料が使われていない無添加で、更には弱酸性なので敏感肌の方も安心ですね。

更には保湿成分配合の馬油のおかげで頭皮の潤いをキープ。

この馬油がウーマシャンプーの最大の特徴です。

先にもお伝えしたように、頭皮にとって乾燥は良いものではありません。

ですが汚れを落とさなければなりませんので、乾燥が気になるからといって頭皮を洗わない訳にはいきません。

そこでこちらの馬油です。

保湿成分が配合されていますので頭皮の潤いをいつまでもキープ出来ます。

頭皮環境改善にも効果を発揮してくれるでしょう。

頭皮もケアするノンシリコンシャンプーとして知られているのがプレミアムブラックシャンプーです。

楽天ランキングで多数の1位を記録しているこちらのシャンプーの特徴は、頭皮の洗浄、保湿、栄養補給、これらをすべて1つのシャンプーで行える点にあります。

21種類の天然植物を配合する一方、石油系界面活性剤や防腐剤、シリコン、合成香料、着色料など、頭皮や頭髪に負担を与える成分は一切使用されていないのです。

また、コンディショナー不要なので経済的な一本です。

刺激も少ないので敏感肌の男性にも良いですし、髪のボリュームアップも見込めると評判のシャンプーとなっています。

モンゴ流シャンプーは様々な物が登場しています。

クールブリーズや薬用オーガニクス、更にはスカルプシャンプーなど、男女を問わず、誰もが使用出来るシャンプーを多数ラインナップしています。

どれも魅力的なものですので、自分に合うモンゴ流シャンプーを探してみるのも良いでしょう。

こちらお洒落なケースが特徴ですが、シャンプーそのものだけではなく、無料資料請求も出来ますし、全額返金保証制度も用意されています。

また、東急ハンズやロフトでも販売されていますので、インターネットを利用しなければ入手出来ないものではない点も人気の秘密。

まずは頭皮ケアの手始めにという方も多いです。

モンゴ流シャンプー公式サイトはこちら

女性の場合、頭皮への影響も大切ですが、それよりもやはり髪の毛も大切なはず。

頭皮環境と頭髪の美しさ。

この両方を兼ね備えた女性にオススメのシャンプーをいくつか挙げてみるとしましょう。

女性用のスカルプケアシャンプーとして高い知名度を持っている、マイナチュレシャンプー。

こちらは女性用の育毛剤になりますので女性にとって心強いでしょう。

無添加・ノンシリコンのアミノ酸洗浄成分を配合していますし、頭皮環境だけではなく、髪の毛も大切にしてくれるシャンプーです。

29種類の自然派由来成分配合。

これにより、頭髪と頭皮の双方をケアすることが可能なのです。

マイナチュレシャンプーには返金保証もありますので、効果がないと思ったら返金してもらうことも出来るだけに、頭皮や頭髪で悩んでいる女性がまずは利用してみるべきシャンプーの定番です。

こちらは馬油を使ったシャンプーです。

馬の皮下脂肪からとれる油分は浸透性が強く、更には人間の細胞膜を作る不飽和脂肪酸が大量に含まれているのです。

スキンケア成分とし用いられることも多い馬油のシャンプーになりますので、髪の毛と頭皮の双方のケアが可能です。

特徴として抜群の保湿力がありますので、頭皮の乾燥を防ぎます。

乾燥は頭皮だけではなく、肌全体にとっての敵と言っても過言ではありませんが、リマーユヘアシャンプーであれば乾燥とは無縁の頭皮環境が手に入ります。

潤いのある頭皮はかゆみとは無縁の頭皮となるでしょう。

天然由来100%であり、無添加の成分だけで生み出されたのが黒髪スカルプ・プロです。

こちらもまた、美しい髪と綺麗な頭皮が手に入るシャンプーです。

美しい髪のためには酵素を活性化させるヘマチンを配合。

自然でハリのある髪の毛になります。

そして頭皮に関してはハイブスカスエキスやオリーブオイルなど6種の成分を配合。

アミノ酸系洗浄成分なので頭皮にも優しい割りには洗浄力も高いなど、女性の理想を叶えてくれるシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーの場合、髪がギシギシしてしまう人もいるかもしれませんが、こちらはなめらなか指通りも可能ですよ。

頭皮の汚れを落とし、髪の毛のダメージを修復する育毛サポートシャンプーです。

髪の毛の持つコシに注目したこちらのシャンプーでは自然なボリュームとハリを目指しました。

ヒナイグリーンと呼ばれる天然青石によって汚れを吸着。

特に十和田石の吸着力によって汚れを残しません。

更には馬油など、15種類のアミノ酸が髪の毛と頭皮のダメージケアを行います。

それらをしっかりと浸透させるべくノンシリコンを採用。

そして香りにもこだわっていますので、頭皮、髪の毛だけではなく、匂いの面でも満足出来るシャンプーに仕上がっています。

こちらはコンディショナーも用意されているのでセットでの購入もお得です。

アミノ酸系のシャンプーです。

天然利尻昆布エキスの力によって抜群の保湿力を誇ります。

また、髪へのダメージも補修しますので、美しい頭皮と髪の毛が手に入ります。

昆布には豊富なミネラルが含まれています。

ミネラルは髪の栄養源と言っても過言ではないだけに、美しい髪の毛へと仕上げてくれるでしょう。

優しい使い心地を目指しているので女性だけではなく、敏感な子供にも使えると評判です。

また、利尻昆布だけではなく、ローズマリーやラベンダー、カキタンニイン、アルニカといった植物成分も配合。

ダメージを直接ケアしてくれる、いわば「実力派」のシャンプーとなっています。

頭皮のかゆみは病院でも治療は出来るの?

AGA_画像名の画像

頭皮のかゆみがどうしても我慢出来なければシャンプーを変えるよりも病院で治療した方が良いでしょう。

「かゆみ程度で…」と思う人もいるかもしれませんが、放置しても治らない場合、病院で治療を受けるべきです。

実際に病院に行く目安はどれくらいなのかもチェックしておきましょう。

程度が分からないと病院に行くべきかどうかで迷う人もいるでしょう。

頭皮湿疹で病院に行く目安は湿疹がなかなか引かない場合ですが、少しでもおかしいと思ったらいつでも病院に行くべきです。

特に頭皮湿疹は放置しておくと悪化していきます。

例えば軽いかゆみであれば時間の経過で収まる可能性もありますが、頭皮湿疹に関しては時間が経過すればするほど、かゆく、酷くなっていくでしょう。

髪の毛があると頭皮が見えにくいだけに、自分自身で頭皮に何かしらの違和感があればすぐにでも病院に行くべきです。

こちらもいつでも病院に行って良い症状です。

炎症は時間の経過とともにある程度は収まるのですが、病院に足を運ぶことで原因を特定できます。

一体なぜ皮膚炎で悩まされているのか。

原因を特定出来なければ一時的に収まったとしても再び皮膚炎で悩まされる可能性もあります。

せっかく治っても再発しては意味がありませんので、かゆいなと思ったらかゆみ程度で大げさだと思わず、すぐにでも病院に行くべきです。

特に二日以上続くようであれば頭皮に何かしらの影響があるでしょう。

菌の繁殖は肉眼で分からないものの、頭皮にかゆみをもたらしますので、すぐにでも病院に行くべきです。

かゆみは時間と共に収まる可能性もありますが、菌の繁殖に関しては時間と共に悪化していくだけです。

何もないと思っても自分自身で気付いていないだけで、実際には菌の繁殖は行われています。

自分で「もしかしたらおかしいのでは」と気付く頃には既にかなりの菌が繁殖している状態ですので、少しでも違和感を覚えたら病院に行った方が良い症状です。

フケ

フケに関しては判断が難しいでしょう。

乾燥肌の人であれば普段から比較的よく見かけるものだからです。

そのため、多少フケが出ても「わざわざ病院に行く必要はない」と思うのも分からない話ではありませんが、そもそも日常的にフケが出るようであれば病院で診てもらうべきですし、いつもより多いなと思った時でも病院に行くべきです。

病院で診察してもらうことで症状の改善のために何よりも必要な「原因」が分かります。

頭皮の状態も含め、細かい部分までチェック出来るはずです。

頭皮のかゆみの治療は薬もあります。

なかなか改善しないようであれば薬に頼るしかありませんが、大きく分けるとステロイド系と抗生物質があります。

ステロイドは体の炎症を抑えたり免疫力を抑制するなど良い部分もあるのですが、一方では副作用もありますので使用には注意が必要です。

頭皮のみならず、炎症・かゆみを抑えるステロイド薬は多々ありますので、どうしてもかゆみが我慢出来ないようであればステロイドを頼るのも良いでしょう。

但し、副作用の懸念からまずは医師に診断してもらう方が良いでしょう。

ドラッグストアに足を運べばかゆみを抑えるステロイドも多数登場していますが、それらはあくまでも炎症を抑えるものであって、髪の毛にはどのような影響が及ぶのかは未知数です。

ちなみにステロイド系の副作用は骨粗鬆や糖尿病、高血圧症や動脈硬化など、少々厄介なものが多いです。

自己判断でドラッグストアで購入して使用するのではなく、医師の診断を受けてから使用した方が良いとされるのはそのためです。

特に頭皮の場合は頭部の皮膚です。

ステロイド系の治療薬は効果の方は良いものが見込めるのも確かですが、頭部の他の部分への影響も懸念されます。

使用すべきなのかを決めるのは結局は自分自身次第ではありますが、かゆみの原因によってはステロイドが必ずしも有用とは限りませんので、いずれにせよ一度皮膚科等で相談すべきです。

抗生物質とは細菌感染症に効果のある薬になりますので、かゆみの原因が菌であれば効果が期待出来るでしょう。

抗生物質はかゆみなど、病気の原因となる菌を殺したり増殖を抑える役割を持っているのですが、残念ながら先にもお話したように、あくまでも「菌」に対してのみ効果が見込めますので、かゆみの原因が菌ではなければどれだけ抗生物質を飲んだとしても効果は出ません。

さらに抗生物質はあまり使用しすぎると耐性菌を生む恐れがあると懸念されています。

普段の使用で問題になることはあまりないでしょうが、一応気を付けておいた方が良いでしょう。

そのため、抗生物質に関しては服用する前に医師に相談した方が良いのは言うまでもありません。

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:ザガーロの費用とその副作用を徹底調査!

いろいろと聞くと、結局何が良いのかよく分からなくなったという人も多いでしょう。

そのためにも、やはり一度医師に診察してもらうと良いでしょう。

医師に診察してもらうことで原因の解明も可能です。

かゆみの治療だけではなく、そもそも「なぜかゆいのか」まで分かります。

原因が分ればケアも行えますが、自分だけで解決しようと思うと原因が分かっていない以上、なぜかゆいのか、なぜかゆみが消えたのかが分からないので再び悩まされる可能性もあります。

まさにいたちごっこにしかなりませんので、一度診察してもらうことで、「なぜ」かゆいのかを診察してもらいましょう。

まとめ

AGA_画像名の画像

頭皮のかゆみに関して様々な角度からお話してきたのですが、何より大切なことは頭皮に対して気を配ることに尽きるでしょう。

頭皮は髪の毛が生えてくる場所です。

頭皮に何かあれば髪の毛にも影響が出る部分なのですが、一方で髪の毛で隠れているため、どうしても「自分の頭皮がどうなっているのか」まで良く分かっていない人も多いのです。

頭皮の状態を把握するのは簡単ではありませんが、ある程度気を配れば「昨日と違う」「なんかおかしい」といったことに気付けるのではないでしょうか。

異変とは前と違うことです。

前の状態が分からなければ異変なのかさえ分かりません。

異変に気付いてから、ではどうすべきなのか。

どのような治療が良いのか、何をすべきなのかは、まずはすべて自分自身の頭皮の状態を知ってからです。

頭皮のかゆみだけではなく、体の異変は気付くのが早ければ早い程、治療が早ければ早いほど改善も簡単です。

症状によっては文字通り手遅れとなってしまう可能性もあありますので、まずは自分の頭皮に興味を持つことからはじめましょう。

興味を持てばかゆみだけではなく、頭皮に関する様々な異変にすぐにでも気付けるはずですよ。

ご自分の頭皮環境について不安な方は一度医師に相談してみることをおすすめします。

最近では無料カウンセリングを行っている医療機関も多くありますので、探してみてはいかがでしょうか。

本サイト厳選AGA上でも日本全国の病院検索が出来ます。

お近くの医療機関までご相談ください。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_