ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 困った頭皮の臭いの原因と対策は?

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

困った頭皮の臭いの原因と対策は?


カテゴリ

頭皮の臭い。

なかなか自分では気づかないものではありますが、だからこそ尚更自分自身で気にした方が良い部分でもあります。

人間は自分の臭いには慣れてしまうので自分の臭いに対して違和感は覚えません。

ですが他人にとっては不快感極まりないもの。

臭いもまた、エチケットの一つと言われる現代社会に於いて、臭いを気にするのは当然のマナーですが、なぜ頭皮が臭うのか。

その原因、そして対策をチェックしておきましょう。

頭皮の臭いに気付く方法はないのか

AGA_ヨガの画像

頭皮が臭い。

とにかく早く対策を…と思うでしょう。

ですが頭皮が臭いとことで何よりも厄介な点は、自分自身が気付かない点にあります。

気付けば対策が取れます。

ですが自分の臭いはなかなか気づかないものです。

更には周囲としても臭いと指摘するのが難しいものです。

つまりは頭皮の臭いを改善するためには、まずは「臭いと気付く」ことが大切なのですが、人間は自分の臭いに慣れてしまうものです。

そこで、どうすれば自分の頭皮の臭さに気付けるのでしょうか。

枕は睡眠中、頭部を置いているものです。

睡眠中は頭部をずっと枕に押し当てているとも解釈出来ます。

そのため、枕は臭いがこもりますので、枕の臭いを嗅いでみて臭いと思ったら自分の頭皮が臭い可能性があります。

他ならない自分自身の頭皮を置いていたのです。

他に臭いの原因となるものはありませんので、受け入れるのはつらいかもしれませんが、枕が臭いのは自分の頭皮の臭さです。

但し、何日も枕カバーを変えていない場合には臭いが蓄積されていますので、この方法を試すのであれば枕カバーを洗った次の日に試しましょう。

むしろそのタイミングでなければ気付けないものです。

枕カバーが黄色く変色している人もいるかもしれませんが、これだけでは臭いかどうかを判断するのは難しいです。

なぜなら人間は睡眠中にも汗をかきます。

もちろん頭皮も多少は汗ばみますので、枕カバーが黄色くなるのは汗の影響もあるでしょう。

もちろんマクラが黄色いから頭皮が臭いとは言い切れません。

ただ、臭いは目に見えませんのでなかなか気づけません。

ですが色は目に見えます。

そのため、枕カバーが黄色くなっていたらショックではありますが、汗をかきやすい体質だと自覚をもって、臭いに関しても普段から気を付けるべきです。

汗の分泌量には個人差がありますので心配な方は医師に相談してみると良いでしょう

但し、洗っているのにすぐに黄色くなる場合、汗の分泌量が多いとも言えますので、こまめに頭皮を洗浄するなど気を付けていなければ、臭くなりやすい頭皮とも言えます。

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

指、あるいはタオルなどで自分の頭皮をこすって臭いを嗅いでみると良いでしょう。

特にオススメは夕方です。

入浴後はまだまだ誰もが清潔なので臭いを感じないでしょう。

ですが仕事後ともなれば長時間何もしていなかった状態なのです。

やはりそれなりに臭いは出ています。

これが一番確実とも言われています。

また、この方法はいつでも気軽に出来ます。

それこそ今すぐにでも出来ますので、自分の頭皮が臭いのではないかと不安に思っている人はすぐにでも確かめてみると良いでしょう

整髪料をつけている場合、臭いが上手く誤魔化されてしまうので分かり辛いかもしれませんが、ツンとした独特の臭いが感じられるはずです。

頭の後ろからドライヤーを当てた際、後ろから妙な臭いが流れてくれば残念ながら自分の臭いです。

基本的にドライヤーは臭いはありません。

熱の臭いはあるかもしれませんが、無臭と考えてよいでしょう。

ですが基本的にドライヤーを当てる際、いつも自分の鼻から遠くに向けてドライヤーを当てる形になりますので、いわば臭いとしても遠くに追いやっている形になります。

そのため、普通にドライヤーをかけているだけでは気付けないのですが、後ろから風を当てることによって自分の前に臭いがやってきます

そこで臭いと感じたら残念ながらその臭いは自分から発せられているものです。

ドライヤーの勢いが強いと臭いが流れてしまいますので、弱めの風を当てるくらいが良いでしょう。

それにより、臭いを見極めることが出来ますので、自分の頭皮が臭いのかよく分かります。

自分だけで気付けるわけではないのですが、ある意味確実な手法でもあります。

人間は臭いに対して慣れてしまいます。

自分の体臭に違和感を覚えないのはそのためです。

いつも嗅いでいるので慣れてしまい、「臭い」とは感じなくなってしまうのです。

つまり、他人から「あの人の頭皮は臭い」と思われている人の近くに行って臭いを嗅いだ際、臭いと感じなければ自分も同じ臭いを発していることになります

臭いに慣れているから臭いと感じないのであって、慣れていなければ臭いと感じるでしょう。

ある意味最も確実ではありますが、周囲からの視線には配慮して行動しましょう。

余談ですが、こちらは頭皮だけではなく、ワキガにも通ずる方法です。

ワキガもまた、周囲にとっては不愉快極まりない臭いではありますが、当の本人は毎日のように自分のワキガの臭いを嗅いでいますので、臭いと感じないのです。

そのため、ワキガかどうか判断するためにはワキガとされている人に近付き、臭いと感じるかどうかで判断出来るのです。

>>関東の方は:新宿メディカルクリニック<<

>>関東以外の方は:AGAスキンクリニック<<

頭皮が臭いの原因

AGA_スーツの女の人の画像

なぜ頭皮が臭いのか。

臭い人もいれば臭わない人がいるのは体質だけの問題ではありません。

そこには様々な原因が隠されています。

逆に言えば、自分の頭皮は臭くないだろうと思っている人でも、これから挙げる原因に当てはまっている人は自分自身が気付いていないだけで頭皮から臭いを発している可能性もあります。

まずはこれが挙げられます。

頭皮も皮膚であることは間違いありません。

そのため、頭皮とて汗をかきます。

暑い時はもちろんですが、寒い季節であっても暖房の強い部屋や、ちょっとした緊張状態の時にはどうしても汗ばむものです。

夏場であれば衛生面への関心も高いのですぐにシャワーを浴びるなど気を使うものの、冬場は少し時間が経つと乾くので何もしない人も多いのではないでしょうか。

ですがこれこそが頭皮が臭い理由でもあります。

頭皮だからと思って油断してしまいがちですが、そもそも汗は良い臭いではありません。

それを放置しておけば臭くなるのは当然です。

汗の臭さに夏も冬も関係ありません。

夏の場合はすぐにでもシャワーをと思うものの、冬場はすぐに乾くとの思いから放置しておく人は、自覚していないだけで臭い可能性がとても高いのです。

また、生活の中だけではなく、しっかりと頭皮を洗っていなければ臭いが籠るのは当然です。

何日も頭皮を洗っていない人は当然として、汗ばんだものの何もしなければ頭皮という「皮膚」に汗の成分が残るのです。

ましてや頭皮は髪の毛のおかげで肉眼で確認出来ないのでそのままにしてしまう人も多いのですが、目に見えなくても臭いものは臭いのです。

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

こちらは体臭では良く囁かれていますので聞いたことがある人も多いかと思いますが、頭皮とて体の一部です。

コレステロールの高い物ばかりを食べている人は基本的に体臭全般がきつくなってしまいます。

日本の食生活が西欧化して既に長い年月が経過していますが、高コレステロールの食事も増えています。

それらはグルメという点では良いのですが、体調面に関しては決して良いとは言い切れません。

適量や、あるいは野菜とのバランスを考えた食事であれば良いのですが、外食ばかりとなるとどうしても栄養バランスも乱れてしまいがちです。

外食ではお肉しか食べないという方、お気を付けください。

頭皮が臭い可能性がとても高いです。

シビアに言えば頭皮だけではなく体臭そのものが臭くなっている可能性もあります。

食生活は人間の栄養の基本ですが、高コレステロールの物ばかりを食べていると、血液によって全身に高コレステロールが運ばれることになってしまいますので臭くなるのです。

忙しい現代人や一人暮らしの場合、外食が多くなるかとは思いますが、栄養バランスを考えなければ頭皮も臭くなります

人間の体は自分の食べたものから出来ています。

忘れないようにしましょう。

シャンプーで洗っているから自分の頭皮は臭くはない。

多くの人がこのような気持ちを抱いているかと思いますが、残念ながら間違ったシャンプーではむしろ頭皮を臭くしてしまっている可能性もあります

シャンプーは本来は髪の毛の汚れを落とすためのものなのですが、頭皮も無関係ではありません。

その際、シャンプーに使われている成分によっては頭皮に刺激をもたらしてしまうでしょう。

また、シャンプーの際に爪を立てるなど間違った洗い方をしている場合、シャンプーの原材料が傷に入って傷に悪影響を与える可能性もあります。

そして何気に多いのがすすぎ不足です。

シャンプーで洗った後、しっかりと洗い流さないためにシャンプーの原材料が頭皮に残ってしまうのです。

香り付きシャンプーであれば臭くないと思うかもしれませんが、原材料が残ることによって皮脂を過剰に分泌させたり、あるいは残った原材料が汗などと結託して異臭になるのです。

当の本人はしっかりとシャンプーをしているとの自負があるだけに、まさか自分の頭皮が臭いとは夢にも思わないでしょう。

ですが間違ったシャンプーによって頭皮が臭くなることもあるのです。

疲労が蓄積されると、肝臓機能の低下を招きます。

肝臓機能が低下すると本来であれば肝臓で分解されるはずのアンモニアが分解されず、毛穴を通して汗と共に放出されるのです。

頭皮にも毛穴がありますので、頭皮もまた、アンモニアの臭いが生じるのですが、この症状に関しては頭皮だけが臭いのではなく、全身が臭くなります。

疲れている時に何となく自分の体臭が臭いと感じたことがある人もいるかもしれませんが、それは決して気のせいではないのです。

但しこちらはあくまでも疲労による一時的なものですので、疲労が改善され、肝臓機能が元通りになればアンモニアが分解されるようになるので異臭も落ち着きます。

同じ理屈で飲酒した時にも同様のケースがあります。

飲酒もまた、肝臓機能を低下させてしまいますのでアンモニアが分解されなくなるのですが、こちらも一時的なものです。

あまり気にする必要はないかもしれませんが、なかなか疲労が抜けない人や、常日頃からお酒を楽しんでいる人は少々注意が必要です

頭皮とて皮膚です。

乾燥したり、あるいは傷ついたりすれば臭くなります。

切り傷を思い出してみて下さい。

血液と混ざって良い臭いではないかと思いますが、頭皮とて傷ついて血液と皮脂が混ざれば良い臭いはしません。

臭くなるのは道理です。

ですが頭皮がそうそう傷つくようなことはないので自分には関係ないと思っている人が多い点が厄介な点です。

確かに目立つような傷であれば自分自身でも気を付けるでしょう。

ですが、例えば爪を立ててのシャンプーであれば知らず知らずのうちに頭皮を傷付けています。

その傷がかゆくなり、ついついかいていたら傷が広がって異臭になるケースもあります

シャンプーだけではありません。

頭皮の乾燥が続き、やたら痒くなる。

痒いと思ってかいていたら皮脂まで出てきてベトベトしだす…。

ともすれば血液まで付着しているようでは、頭皮環境が良い訳がありません。

このように、ちょっとしたことで頭皮環境は変わりますし、臭くもなるのです。

なまじ髪の毛のおかげで頭皮そのものが見えないため、どうなっているのか分からないので放置してしまう人も多いのですが頭皮環境の悪化は臭いに直結するものです。

皮脂や乾燥、傷。

これらは言い換えればすべて臭いの原因になるのです。

整髪剤を多く使う人の場合、それらが臭くなっている可能性もあります。

お洒落のためのアイテムなのに臭くなってしまうのは本末転倒ですが、整髪剤そのものが臭いのではなく、先のシャンプー同様整髪剤をしっかりと洗い落とさないと臭くなるのです。

整髪剤を髪の毛だけにつけて、更には毎日綺麗に洗い落としているのであれば問題はありません。

ですが毎日整髪剤を使用していれば、シャンプーで落とし切れない時もあるかもしれません。

また、整髪剤だけであればそこまで匂う訳ではないものの、汗などと混ざることによって臭くなるのです。

例えばですが、軽く汗ばんだ状態で、更には不幸にも整髪剤の残りが頭皮に残っていた場合、汗と整髪剤が混ざったなんとも言えない臭いが充満することになるでしょう。

整髪剤だけであれば基本的には臭くはありませんが、元々臭いがそれなりにある人は、整髪剤の臭いと混ざって周囲に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

結局は正しいシャンプーで洗い流すことが大切になるのですが、常日頃から整髪剤を使用している人で、上手く洗い流せていないのではと不安に思った人は今一度、しっかりと自分の頭皮を洗い流しましょう。

臭いとは言わば気体です。

目に見えるものではありません。

だからこそ自分ではなかなか気づけないものなのですが、目に見えないだけで実際にはあるのです。

例えばですが、喫煙者の場合、タバコの臭いが髪の毛や衣服に付着して臭くなるのは多くの方がご存知かと思いますが、それらの臭いと、上記の案件が混ざることによってより異臭となってしまうケースも考えられるでしょう。

自分自身では気を使っているものの、タバコの煙が汗と結託して何とも言えない臭いを出してしまう可能性もあります。

先にお伝えした食生活同様、ライフスタイルはどうしても臭いにも影響を及ぼします。

例えば常日頃からあまり運動しない人は体の中に老廃物が溜まっていますので、たまに汗ばんだ際、それらの臭いまで加わってしまうのでとても臭く感じるのです。

更に頭皮には髪の毛が生えている分、臭いがこもりやすいので、尚更臭く感じるのです。

喫煙者はもちろんですが、常日頃から運動を行う習慣がない人は、たまに汗ばんだ際、やたらと臭い可能性があります

いわば体の中側が臭い状態なのです。

頭皮が臭いのも不思議ではありません。

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

男女を問わず、年齢によって体はいろいろと変化していくものです。

例えば女性の場合、皮脂が酸化を始めます。

ただでさえ女性は年齢と共に血液の循環やリンパの流れの悪化に代謝機能の低下など体にマイナスな事が増え始めます。

それらを気にして余計にシャンプーに力を入れると、本来落とさなくても良い常在菌までいなくなり、皮脂の分解が出来なくなります。

結果、皮脂が酸化してしまい、悪臭となってしまうのです。

男性の場合はいわゆる加齢臭の問題があります。

加齢臭の臭いの正体はノネナールと呼ばれているものです。

脂質が活性酸素によって酸化され、髪や肌に潤いを与えるヘキサデセン酸が分解されれうとノネナールになります。

簡単に言えば酸化した脂ですが、近年では男性だけではなく、女性も加齢臭を発することが分かってきました

女性ホルモンにはノネナールをはじめとするニオイを抑える働きがあるので、女性ホルモンが減少すればノネナールを抑える成分が無くなることを意味していますので、結果的に臭いが目立つようになるのです。

加齢臭の場合、一時的なアクシデントではなく恒常的なものである点も厄介です。

頭皮が臭いのを何とかしたい!

AGA_ストレスの画像

頭皮が臭いの原因が分れば次は対策です。

こちらでいくつか方法を挙げてみますが、基本的には継続力が大切になります。

一度だけで臭いを消すのではなく、継続することによって徐々に臭さを薄めていくと考えると分かりやすいでしょう。

臭いは自分自身の体から出ているのです。

究極的には体そのものを変えていくしかありませんが、体を変えるのはそれなりに時間がかかるのです

食生活が体臭の原因であるならば、食生活を見直す。

理屈としては当たり前のことですが、食生活は栄養バランスも考慮しなければならないのでなかなか難しいところ。

高コレステロールの物が悪いならと思って野菜だけ食べていれば良い訳でもありません。

食事は栄養バランスがとても大切になります。

コレストロールの高いものは控えるのではなく、コレステロールを抑える野菜も一緒に摂取したり、毎日ではなく、摂取する頻度を抑えるなどバランスが大切になるのです。

食生活は娯楽の面もあれば栄養補給でもあります。

何をどのように摂取するかによって体の作られ方が決まるのです。

臭いの原因になるような高コレステロールの物ばかりを食べていれば臭いだけではなく、健康面にも悪影響を及ぼします。

そもそも臭いことそのものが不健康のシグナルと言っても良いのです。

野菜だけではなく、バランスの良い食事を心がけることによって体の中から綺麗になりましょう

食事は栄養バランスも大切なのですがよく噛むことも大切です。

たくさん噛むことで唾液の分泌量も増えますし、胃の中でも消化されやすくなります。

ゆっくりとよく噛むことを心がけるだけで体質は変わりますので、栄養バランスと共に、よく噛むことも心掛けると良いでしょう。

何から先に食べるのかなど関係ないと思うかもしれません。

ですが野菜から先にたべることで、栄養の吸収の観点から血糖値の上昇を抑えられると言われています。

肥満防止策としても知られているだけに、体質改善の方法の一つです。

こちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

運動を行わないと新陳代謝が悪化して老廃物が体外に出る機会が減ります。

結果、臭いの原因物質を体に溜め込んでいるかのような状態となってしまいますので、適度に運動を行い、汗をかきましょう。

新陳代謝を促進させることによって臭いの原因も体の外に出ますので、食事同様、体の中から改善出来るでしょう。

気を付ける点としては、運動は運動でもハードな運動ではなく、有酸素運動など軽い負荷で長時間続けられる運動が理想です。

ハードなトレーニングではなく、例えばウォーキングなど、軽く汗ばむ程度で十分です。

たまにハードな運動を行うよりも、日常的に運動を行った方が何度も何度も汗と一緒に体外に臭いの原因が排出されますので、適度な運動を継続した方が効果的です。

いわゆる「ながら運動」でも問題ありません。

音楽を聴きながら、家でテレビを見ながら…等、運動だけに全神経を集中させるのではなく、何かを行いながらの運動でも問題ありません。

臭いを解消するための運動の目的は代謝の促進と発汗による老廃物の排出です。

アスリートとしての能力向上ではありませんので、軽く汗ばむことが出来る運動であれば「ながら運動」でも問題ありません

頭皮に注意を向けるよう心掛けると良いでしょう。

先にも挙げたように、頭皮が乾燥していたり傷ついていれば血液やかきすぎてあふれ出てきた皮脂が混ざって異臭になります。

原理は分かっていても、そもそも頭皮に注意が向かないからこそ頭皮の状態が悪化してしまうのです。

もしもですが、顔にニキビが出来ればすぐにでも気付くでしょう。

ですが頭皮の場合、鏡でなければ見れないだけではなく、頭髪によって隠れています。

そのため、意識が向かない人や、そもそも意識していない人が多いのです。

頭皮が臭いということは、頭皮の異常でもあります。

頭皮をチェックするのは当たり前なのですが、髪の毛があるからかなぜか放置したり、目に入らないのであまり気にしない人が多いです。

そして異臭をはじめ、異変があってから初めて気を使うようになる人が多いのですが、常日頃から髪の毛でよく見えないと自分に言い訳をするのではなく、髪の毛の根本でもある頭皮の状態に敏感になるのことこそ、臭い対策の基本と言っても過言ではありません。

頭皮の状態に注意することで臭い問題だけではなく、薄毛など他の問題にも気付けるかもしれませんので、常日頃からチェックしておくと良いでしょう。

この言葉には二つの意味が含まれていますので、それぞれ覚えておきましょう。

シャンプーといえば爪を立てて思い切り力任せに…という人、多いのではないでしょうか。

確かにこの方法ですと、シャンプー後に爽快感があります。

「がっつりやった」という達成感もあるでしょう。

ですがこれ、間違ったシャンプー方法なのです。

正しいシャンプーの方法は、力で汚れを落とすのではなく、シャンプー本来の洗浄力で汚れを落とすのです。

指の先で爪を立てるのではなく、指の腹でマッサージするかのように頭皮をもみ込む

指の力で汚れを落とすのではなく、汚れをシャンプーの泡で一緒に拭うかのように洗うのが正しいシャンプー方法です。

力任せに洗うと自分自身の気持ちは晴れるかもしれませんが、頭皮に細かい傷がついてしまいます。

結果、かゆみの原因ともなりますし、少し頭皮に異常がある場合、その異常を悪化させることにもなりかねません。

そしてすすぎです。

すすぎもまた、とても大切なのです。

すすぎが足りないとシャンプーの成分が頭皮に残ってしまいます。

残ったシャンプーが悪影響を及ぼし、結果的に臭さの原因となっている可能性もありますので、すすぎもしっかりと行いましょう。

使っているシャンプーそのものもまた、見直すべきです。

頭皮が臭い。

つまり、使用しているシャンプーで汚れを落とせていないか、あるいはシャンプーが体質に合っていないので頭皮に異常をきたしている可能性があります。

例えば石油系界面活性剤という成分配合シャンプーがあります。

このタイプのシャンプーは洗浄力が高すぎます。

洗浄力が高くて困ることはないだろうと思うかもしれませんが、洗浄力の高さのおかげで本来落とす必要のない皮脂まで落としてしまうのです。

皮脂にも役割があります。

皮脂の出すぎは良くないのですが、皮脂にも皮脂の役割があります。

例えば保湿です。

皮脂があった方が頭皮は潤いを損ねないのですが、皮脂がなくなれば乾燥を招きます。

石油系界面活性剤のシャンプーを使っている人がフケで悩まされるのは、高い洗浄力のおかげでかえって乾燥を招くからでもあるのです。

乾燥がかゆみを招き、頭皮環境の悪化をも招いて臭くなる…。

このような悪循環となるのです。

自力で解決出来ない、あるいは面倒だと思ったら皮膚科に足を運ぶと良いでしょう。

臭いと告げるのは恥ずかしいかもしれませんが、病院はそのような悩みも親身に対応してくれるでしょう。

そもそもなぜ臭いのかといえば、頭皮に異常がある可能性も高いので、頭皮の異常に起因している臭いであれば病院にて改善出来るケースもありますので、病院を頼るのも良いでしょう。

特に近年は皮膚科だけではなく、薄毛専門クリニックなどのヘアクリニックも充実しています。

ヘアクリニックであれば臭いだけではなく、髪の毛全般の悩みを解決出来るチャンスです。

わざわざ病院まで足を運ぶのは面倒かもしれませんが、専門家の医学的見地からの声は原因の追究だけではんかう、自分自身に安心感をも与えてくれます。

仮にですが、頭皮に異常がないと診断されれば、臭さの原因は他にあることも分かりますので、専門家の声に耳を傾けることもまた、とても大切なことなのです。

頭皮が臭い人が病院に行く理由

AGA_臭いの画像

頭皮が臭いからと言ってもさすがに病院に行く程じゃないだろうと思っている人もいるかもしれません。

確かに、臭いで病院に行くのは…とは誰もが思うでしょう。

ですが病院に行って改善する可能性もあります。

なぜなら、頭皮の臭いの原因が病気の可能性もあるからです。

病気によって頭皮が臭くなることもあるのです。

むしろそのような場合、病院こそ臭い改善の最善の方法になります。

湿疹の一つでもある脂漏性皮膚炎。

皮脂腺が多い頭皮でも起こりやすい症状です。

かゆみを伴うだけではなく、赤くなったり皮膚があれます。

更にははがれてくるケースも。

頭皮に出来るとはがれてくるという点から、フケと勘違いして何もしない人も多いのですが、放置しておくと皮脂が酸化されて異臭を放つ原因となってしまうのです。

しかも成人の場合、脂漏性皮膚炎の原因はマラセチアと呼ばれるカビの影響です。

マラセチアは常に人の肌に存在しているのですが、皮脂を好むため、皮脂が増えると異常増殖するのです。

結果、代謝物が肌に炎症を引き起こします。

脂漏性皮膚炎の場合、ステロイド外用薬や抗真菌薬が必要になります。

頭皮環境の改善だけではなく、薬の力も必要になりますので、仮に頭皮が臭いの原因が脂漏性皮膚炎の場合、病院に行った方が良いのです。

頭皮だけでなく鼻や頬、耳の中や後ろなど皮脂の分泌が活発な部位出現することが多く、時には胸部や腋(わき)・背部中央にもできる人も居ます。痒みは無いこともありますが、頭皮からフケがポロポロ、鼻や頬に赤い発疹がポツポツ出現・症状が持続します。 (出典:たての皮膚科クリニック

まるで腐った魚かのような臭いが出る病気です。

体臭だけではなく、口臭がこの症状になるケースもあります。

この症状はトリメチルアミンという物質によるものです。

トリメチルアミンが腐った魚のような臭いになるためから、魚臭症とも呼ばれています。

原因としては食べたものを消化する際に発生するトリメチルアミンが分解されないため、汗や尿、呼吸によって発散されてしまうのです。

肝機能障害等によって生じるとも言われている一方、まだまだ解明には至っていないのですが、食事療法によって改善出来ることも分かっています。

こちらも病院で診断されないかぎり、そもそも名前さえ知らない方が多いかと思いますので自力での改善は難しいでしょう。

トリメチルアミン尿症(TMAU)は、摂取した食物を体内で消化分解した際に発生したトリメチルアミンが分解されず、汗や尿、呼気の中に排出されてしまう疾患で、患者の体からは腐りかけた魚のような臭いが発生する。原発性 TMAU はフラビン含有モノオキシゲナーゼ (FMO3) の機能低下によるもので、FMO3 遺伝子変異が原因となっており常染色体劣性遺伝形式を示す。 (出典:KEGG

こちらは先に挙げたトリメチルアミン尿症と比べれば知名度は高いでしょう。

ですが臭いとは関係ないと思っている人も多いでしょう。

糖尿病とは血液中の当分が増えた状態です。

血液の病気でもあるのですが、糖尿病になると血糖値がコントロール出来ず、ケトン体成分が生成されるのです。

このケトン体は血液中でアセトンに変化するのですが、アセトンもまた、少々臭く、体臭が甘酸っぱい臭いになるのです。

また、糖尿病は腎臓機能を低下させることも確認されています

腎臓機能が低下すると体臭はアンモニアのような臭いを発するようになるのです。

つまり、体臭が安定していない場合、糖尿病の可能性もあると言えるのですが、頭皮とて肌です。

これらの症状とは無縁ではないので、頭皮がおかしいのでは…と思って病院まで足を運んだら糖尿病だったという可能性はゼロではありません。

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。 (出典:糖尿病情報センター

病院に行けば臭いが改善するのか。

疑問かとは思いますが、病気に起因したものであれば改善されるでしょう。

薬を必要とするものもありますし、時間をかけて改善しなければならないものもあります。

治療法に関しては症状次第ではありますが、専門家が医学的見地から診断してくれますので確実です。

むしろ脂漏性皮膚炎の場合、自分自身でどれだけ気を使っても改善出来ません

医学の力を借りなければならないので、すぐにでも病院に足を運ぶべきでしょう

基本的には皮膚科を運ぶと良いでしょう。

頭皮もまた、皮膚の一部ですので皮膚科で診断してもらえば病気なのか、あるいは他の原因なのか分かりますが、皮膚科でも原因が特定出来ないものの、病気の疑いがある場合は総合病院等を紹介してもらい、改めて足を運ぶと良いでしょう。

病院に行けばお金もかかります。

お金の面で心配している人もいるかもしれませんが、皮膚科の診療であれば基本的には保険適用診療になりますので、保険証があれば自己負担率は軽減されます。

自由診療の場合、全額自己負担になりますのでそれなりにお金もかかるのですが、脂漏性皮膚炎であれば保険適用診療になりますので費用の面ではそこまで心配する必要もないでしょう。

病院の力を借りず、自力で改善したいと思っている人もいるかもしれません。

確かに自力であれば「病院に行く」という手間はかかりませんが、一方では原因の特定が出来ませんので、病院に足を運ぶ以上の手間がかかります

そもそも臭いの原因を特定出来なければ改善方法さえ分からないのです。

原因が分かってこそ、原因に合った方法で治療なり改善を行えば良いのですが、原因が分からなければ結局は自分自身でいろいろと試すしかありません。

手間を惜しんだつもりがかえって手間がかかることになります。

病院が近くにない場合もあるかもしれませんが、医師の専門的な診察は素人の判断よりも確かであることは間違いありません。

くれぐれも自身の判断で間違った対策法を行うことは避けるようにしてください。

よけいに症状を悪化させることにもなりかねません。

医師の判断を仰ぐことが症状改善の一番の近道です。

もちろん自力で改善させることも不可能ではありませんが、先に挙げたような脂漏性皮膚炎のような薬が必要な症状の場合、自力での改善は難しいので、手間を考えるならむしろいち早く病院に足を運んだ方が良いでしょう。

まとめ

AGA_男性の髪型の画像

頭皮が臭い。

その事実に気付くのも難しいかもしれませんが、気付いたとしてもどのように改善すべきかで迷う人も多いことでしょう。

特に「なぜ臭いのか」が分からなければ対策の施しようがありません。

生活習慣によってある程度改善出来る部分もありますが、専門家の判断が必要なケースとてあるのです。

臭いからと病院に行くのは面倒かもしれませんが、「確実に」治療をと考えるのであれば病院に足を運ぶべきでしょう

ここまで様々な角度から頭皮が臭いことのお話をしてきたのですが、努力で改善出来るケースもあれば、努力で改善出来ないものもあります。

いずれにせよ、何より「頭皮に注意する」ことが大切です。

髪の毛のおかげで見えにくいだけに、何となく気にかけていなかったリ、あまり気にしていない人が多いのですが、頭皮とて肌、ひいては自分自身の肌であることは間違いないのです。

臭いもエチケットと言われている現代社会。

頭皮の臭いによって周囲に迷惑をかけてしまうことにもなりかねないだけに、臭いかどうかも含めてまずは自分自身の頭皮に注意を払うよう心掛けると良いでしょう。

まずは、無料カウンセリングで頭皮の状態を医師に診てもらうことをおすすめします。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料

_