ホーム >> AGAコラム >> 頭皮 >> 頭皮湿疹の原因と予防法とは?どう対処する?自己判断のリスクとは?

AGAコラム

公開日 2017.5.16
更新日 2017.11.17
頭皮湿疹の原因と予防法とは?どう対処する?自己判断のリスクとは?
Kankei0117

※ 2017.11.17 一部内容更新

ただでさえデリケートな問題を抱える頭皮。薄毛、抜け毛……。

 

様々な問題の土台がいわば頭皮にありますが、湿疹で悩まされている人も多いのではないでしょうか?

 

やたらと痒い。更にかゆみが収まらない……。そんな頭皮の湿疹の原因や対策等を見てみましょう。

 

 

 

 なぜ頭皮に湿疹が出来るのか

AGA_画像名の画像

 

頭皮の湿疹は大きく4種類に分類出来ます。

  • 接触性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 乾皮症/皮脂欠乏症湿疹

上記の4種類です。

 

それぞれ微妙に異なる特徴を持っているのですが、素朴な疑問として、なぜ頭皮に湿疹が出来るのか。興味もあれば、原因を理解しておけば対策も講じられるものです。腕など他の部分であれば湿疹が出来ても「痒くて困る」だけで良いのですが、頭皮の湿疹の場合、その先に薄毛・抜け毛の問題が潜んでいるだけに、なるべくなら湿疹になりたくない。

 

そして、湿疹が出来てしまったらなるべく早くなんとかしたい。 本コラムではなぜ頭皮に湿疹が出来るのかからご紹介します。

 

こちらは接触性皮膚炎の主な原因です。簡単に言えば「頭皮への外的刺激」でもあります。頭皮は普段は髪の毛で覆われていますので髪の毛がいわばバリアーとなっているのですがそれでも頭皮に対してどうしても刺激が与えられる場合があります。

 

例えばですが、何かを頭皮にこぼしてしまう。液体が頭皮にかかれば、頭皮が拒否反応を起こして湿疹へと変化するのです。液体に限らず、頭皮が良いと思わないものが触れた時、かぶれとなってしまうのです。かぶれの厄介な点は体質によって原因が異なる点です。

 

例えば何らかの理由で塗料が頭皮にかかってしまったとします。頭皮がかゆくてかゆくて仕方がない人もいれば、特に何も感じない人もいます。この差がいわば体質の違いでもあるのです。 つまり、人によって何が反応するのか分からないのです。他人が大丈夫だからといって自分自身も大丈夫である保証などありません。

 

金属アレルギーの方はカチューシャの金属部分に反応して気付いたらかぶれになっていたりなど…… 頭皮はちょっとしたことでかぶれになる可能性があるのです。

 

かぶれは自己判断がとても難しい症状です。金属アレルギーの方の例の様に自分自身では意識しない要因がかぶれの原因となるケースも十分に考えられるのです。ですが現実問題、アクセサリーだけではなく頭部に何か知らの刺激が与えられ、そこから気になって痒くなってかぶれに発展してしまうケースもあります。

 

帽子、かつら、ヘッドフォン、カチューシャ。金属のアクセサリーが付いている帽子をかぶっていたらかぶれたといった話もあります。体質によって変わる部分なだけに、自分自身はどのようなものでかぶれてしまうのかを把握することが大切です。

 

 

突き詰めると、湿疹の原因の多くが「乾燥」に行きつきます。頭皮に限らず、肌にとって乾燥はデメリットしかありません。乾燥することによってシミやシワが出来てしまいますし、肌の水分が足りていない状態ですのでダメージをダイレクトに受けてしまうのです。 潤いのある肌であれば多少のダメージは跳ね返せますが、潤いのない肌はダメージの影響をモロに受けてしまいます。

 

これは頭皮でも同様です。頭皮が乾燥していると、フケがふえて痒くなる。潤いが無い状態なので少し掻いたら頭皮がボロボロになって湿疹に発展してしまうケースもあります。 また、頭皮の乾燥がかえって皮脂の過剰分泌を招き、脂漏性の湿疹へと発展するケースもあります

 

しかも頭皮は髪の毛が生えているおかげで頭皮そのものだけを見ることが出来ませんので、乾燥しているのかさえ分からないのではないでしょうか。髪の毛が短ければ頭皮も見えやすいのですが、少し長いと頭皮の状態の把握さえ難しいのです。結果、乾燥しているのに何もしないので湿疹を招く事態になってしまうのです。

 

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シャンプーが乾燥の原因となっている可能性もあります。特に安価で石油系界面活性剤が多く含まれているシャンプーの場合、過剰な洗浄効果で頭皮が乾燥するケースが多いです。

 

石油系界面活性剤が用いられているシャンプーは洗浄力は申し分ありません。頭皮の汚れをしっかり落としてくれるでしょう。ですがこれがいけないのです。洗浄力の高さのおかげで汚れを落とし過ぎてしまうのです。「皮脂」と聞けば「汚い」「落とすもの」と思うかもしれませんが、皮脂は人間であればある程度は自然に分泌するものなのです。皮膚のバリアーと考えると分かりやすいでしょう。

 

ですが石油系界面活性剤入りのシャンプーの場合、洗浄力が強力な為本来は残しておくべき皮脂まで取り除いてしまいますので乾燥を招くのです。また、乾燥すると頭皮としても「もっと皮脂を出さなければ」という指令を出しますので、皮脂が過剰分泌されるおそれがあるのです。 さらに、それによって過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、雑菌が繁殖して湿疹を招くケースもあります。

 

この場合、自分自身はしっかりシャンプーで頭皮を洗っているとの自覚がありますので、まさか原因がシャンプーにあるとは思わないでしょう。むしろ汚れが落ちていないのではないかとの勘違いから、更にシャンプーを激しく行い、湿疹を悪化させることになりかねないのです。

 

 

頭皮はとてもデリケートです。そのため、他の皮膚であれば問題ないようなことでも頭皮の場合、傷がついてしまうケースもあります。例えばシャンプー時の洗い方。先に界面活性剤のお話をしましたが、界面活性剤の使用だけではなく、シャンプー時の洗い方によっては頭皮に悪影響を及ぼす場合があります

 

例えばシャンプーの際に爪を立てて激しく頭皮を洗う人もいます。確かに、爪を立てて洗うと爽快感があります。ですがそのおかげで頭皮が傷ついてしまうケースも十分に考えられるのです。デリケートな部分なだけに、自分自身が想像していないことで傷が付き、結果、雑菌や皮脂が傷に入り込んで湿疹を招くケースも多々あるのです。

 

「自分なら大丈夫だ」と思う方も多いかもしれません。ですが頭皮はデリケートです。自分としては少し痒いなと思ったのでちょっと掻いてみる。頭皮以外の皮膚であれば特に問題はないでしょう。ですが頭皮はデリケートなので、軽く掻いていたつもりが傷をつけることになってしまい、結果、湿疹を招くこともあるのです。

 

同じ理屈でブラッシングも頭皮を傷付けてしまう可能性がとても高い行為です。力を入れずに髪の毛だけに対してブラッシングするのであれば問題ないのですが、頭皮にも当たるくらいブラッシングする。特に男性の場合髪の毛が短いので自然とブラッシングすると頭皮にも触れてしまうこともあるでしょう。

 

力加減やブラシの形状によってはこれもまた、結局は頭皮に傷をつける行為となってしまうのです。ブラッシングは毎日のように行うものです。知らないうちに頭皮へのダメージが蓄積され、気づいたら頭皮環境が……というケースもあるのです。

 

今では市販の頭皮マッサージの器具も多数販売されています。マッサージはリフレッシュ効果があるので愛用している方も多いかもしれませんが、それらとて決して頭皮を傷付けないとは断言出来ません。気持ち良いからと必要以上に力を入れてマッサージを行ってしまったがために頭皮が傷ついてしまうケースもあるのです。頭皮のマッサージを行うのであれば力加減に気を付けて「程々に」行いましょう。

 

 

頭皮の不衛生も湿疹を招く原因の一つです。汗をかいてそのままにしておけば汗が頭皮に張り付いたままになります。放置しておけば他の部分でさえ汗は痒くなるものです。頭皮とて例外ではありません。

 

特に頭皮は汗をかきやすい部分です。髪の毛のおかげで熱がこもるので汗をかきやすいですし、髪の毛のおかげで汗をかいてもそのまま放置する人が多いです。他の部位であれば汗をかくと気になってすぐに拭き取るものの、頭皮の場合見えないのでそのまま放置する人も多いのでは?

 

その結果、たまった汗に雑菌が繁殖し頭皮環境が悪化するだけでなく、かゆみからかいてしまい頭皮を傷付けて湿疹をもたらすケースもあります。 また、不衛生なのは汗だけではありません。例えば雨。雨とて残念ながら決して清潔とは言い切れません。天候によっては雨に水分以外のものも混ざりますし、風が強ければ雨の中に土砂などが微量に混じっているケースとてあります。

 

また、傘をさしているから大丈夫だと思っても、そもそも傘そのものが汚れているので傘に降った雨が汚れと一緒になって頭部に滴る。これもまた、残念ながら不衛生であり、結果的に頭皮の湿疹を招くことになります。

 

ただ単に頭皮に不衛生な物が降り注ぐ。これだけでも面倒ですが、更に厄介な問題として汚れが毛穴に入るとより問題を複雑にしてしまいます。なぜなら紅斑や丘疹だけではなく、水泡まで出来る場合があるからです。水泡とは水を含んだ湿疹のことですが、汚れが混入するとどす黒い水泡となるのです。考えただけでもおぞましいですね。ですがこれも不衛生によって招くものです。頭皮を清潔に保つことによって防げるので気を付けましょう。

 

 

頭皮の湿疹は世代を問わずに悩まされるものですが、比較的若い層に多いのがこちらです。頭髪は美容に於いてとても大切な部分なだけに、いろいろなことを行うのではないでしょうか。毛染めやパーマ。整髪料も多々使うことでしょう。それらもまた、湿疹の原因になります。

 

毛染めやパーマに関しては、美容院で行う分には湿疹を招くケースはレアケースです。なぜなら美容師は髪の毛「だけ」にパーマ液や染料を着けますので、頭皮には影響を与えません。上手な美容師であればあるほど、髪の毛「だけ」に塗れますので美容院で髪を染めたりパーマをかけても頭皮の湿疹を招く可能性は低いです。

 

問題は自分での毛染めやパーマ液です。近年はドラッグストアでも毛染めやパーマ液が多々販売されていますので自分で毛染めやパーマをかけることは可能です。美容院に行くよりも安上がりで毛を染められるとあって、自分で行っている人も多いのではないでしょうか。 ですがこれこそ頭皮の湿疹を招くリスクがあるのです。なぜなら、自分での毛染めの場合、髪の毛「だけ」に塗るのは難しいでしょう。どうしても頭皮にも付着してしまいます。毛染め液は刺激がとても強いので頭皮に対しては大きなダメージを与えてしまいます

 

更に厄介なのが、洗い流した後に毛染め液が頭皮に残ってしまうケースです。美容院であれば頭皮に付着しないだけではなく、毛についている染料もすべて洗い流してくれます。ですが自分での毛染めの場合、染料をしっかりと洗い落とせず、頭皮に残してしまうケースが多いのです。

 

刺激のある染料を頭皮に残したままにしておけば、肌も荒れてしまいかゆみが生まれます。やがては湿疹となりますので自らで毛を染めるのであればしっかりと洗い流すようにしましょう

 

整髪料

整髪料は染料ほど刺激が強いものではないのですが、こちらもやはり完全に洗い落とさないがために、頭皮に整髪料が残り、かゆみを生んだり汚れとなって毛穴に入ったりと、頭皮湿疹を生む土壌となってしまうのです。毛染めに関してはそうそう頻繁に行うものではないでしょう。

 

ですが整髪料は毎日のように付着するのではないでしょうか。 整髪料は毎日しっかりと落とさなければ、頭皮に蓄積されていき、湿疹となるリスクを高めてしまいます。特に厄介なのはワックスよりも細かな整髪スプレーです。髪の毛だけではなく、どうしても頭皮にも付着してしまいますので入浴時にしっかりと洗い落としましょう。

 

 

こちらは体質の問題になりますが、アレルギーを持っていると、アレルギーに反応して頭皮に負担を与えることになり、湿疹となってしまいます。先に外的な要因の所で触れたように、頭皮は外からの刺激に対して敏感です。些細なことでも負担となってしまうのですが、アレルギーが絡むと更に厄介なものです。

 

アレルギーを持っていると、アレルギーの対象に触れるだけで皮膚が反応してしまいます。もちろんこれは頭皮とて例外ではありません。 先ほども例に出しましたが、金属アレルギーの人の頭皮に金属が触れてしまったらいろいろと悪影響が出ます。金属に限らず、アレルギーをお持ちの場合、自分のアレルギーを把握した上でそれらが頭皮に触れないよう気を付けましょう。

 

アレルギーで悩まされている場合、シャンプーも含めて自分自身が使って良いものなのかの判断が難しいかと思いますが、自己判断するのではなく、医師に相談してみましょう。 パッチテストや血液検査を行えば様々なことがわかります。 自分の体にアレルギーがあるのか否かの判断は自分だけでは難しいものです。

 

参考:「頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法」

参考:「頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法」

 

 

 頭皮の湿疹にならないためには

AGA_画像名の画像

 

頭皮の湿疹の理由を知れば、頭皮の湿疹にならないためのケアも見えてきます。そこで、頭皮の湿疹を抑えるために覚えておくべきことをいくつか挙げてみるとしましょう。

 

 

まずは頭皮の清潔です。毎日シャンプーをすることも大切ですが、日常生活の中で頭皮の清潔を意識しましょう。例えば汗をかいたと思ったら、汗拭きシート等で頭皮を軽く拭うだけでも頭皮への影響は大きく変わります。常にハンカチを持ち歩き、汗をかいたら拭う。暑い季節にはハンカチだけでは物足りないのでハンドタオルも携行する。これだけでも頭皮環境の悪化は避けられます。

 

頭皮環境を考えた時、髪型も真剣に考えるべきです。短髪であれば特に問題ないのですが、長髪の場合、頭皮環境や髪の毛のケアなど、向き合わなければならない問題が蓄積されていると言っても過言ではありません。 また、髪が長いとシャンプーをしても頭皮の洗浄が甘くなってしまいます。

 

髪が長いということは、頭皮への防御機能が高いことを意味していますので、髪が短い人と比べても頭皮洗浄が難しいのです。髪が短い人よりも洗浄に時間がかかりますし、気も使わなければなりません。それが面倒であれば髪の毛を短くした方が良いでしょう。

 

髪の毛が長いとシャンプーが甘くなり、頭皮が綺麗にならないのでフケが溜まってかゆみを生んだり……と、頭皮環境に悪循環をもたらしかねません。 特に髪型にこだわりがないけど髪が長く、更にはシャンプーも面倒だと感じているくらいであれば、頭皮環境保護の観点からは髪の毛を短くした方が良いでしょう。

 

 

先から頭皮はとてもデリケートだとお話してきましたが、その点を徹底することも大切です。頭皮は他の皮膚と比べてもとてもデリケートです。腕や足であれば特に何も問題ないような刺激であっても頭皮の場合、大きな傷になってしまうのです。

 

普段は髪の毛で隠れている部分なだけに、他の皮膚と比べて刺激への免疫が低いため、想像以上の衝撃となるケースとてあるのです。そのため、頭部はデリケートだと自覚しておきましょう。

 

特に気を付けたいのがかゆみです。頭皮に限らず、体が痒い時はついつい掻いてしまうものです。頭で考えるよりも先に痒い所を掻いてしまうという人、多いのではないでしょうか。無意識と言っても良いでしょう。痒みを我慢するのは簡単ではありません。我慢できないからこそ、ついつい掻いてしまい、結果、悪化してしまって湿疹に発展することもあります。

 

他の部分であれば掻いていたら自然と痒みも収まるでしょう。 ですが頭皮の場合痒いからとちょっと掻いたがために傷を付けてしまうことにもなりかねません。痒いのであればなるべく我慢するか、あるいは「掻く」という手法以外で痒みにアプローチしましょう。軽く叩いてみたり撫でてみたり。痒いからと力任せに掻くとどうしても頭皮にダメージを与えてしまうのです。

 

ブラッシングも丁寧に行いましょう。力任せに行った方が爽快感があります。

 

頭皮へのマッサージ効果もあると思い、結構な力でブラッシングする人もいるのですが、そもそもブラッシングは頭皮のためのものではなく、髪の毛をセットするための行為であって、頭皮に良い影響を与えるためのものではないのです。

 

頭皮をマッサージしたいのであればブラッシング以外の方法で行えば良いのです。力任せにブラッシングをしても頭皮が傷つくだけです。

 

 

自分自身の体質を知っておくことも大切です。特にアレルギーを持っている人は、自分がどのようなものに反応してしまうのかを知っておくことで頭皮への負担を軽減出来ます。また、アレルギーだけではありません。皮脂が多いのか、あるいは乾燥しがちなのか自分の体調が分からなければ対策の施しようがありませんが、体質を自覚しておけばどうすれば良いのかも分かります。

 

皮脂が多い人は、皮脂はこまめに拭き取った方が良いのですが、ふき取り過ぎると過剰分泌を促進することにもなりません。ある程度皮脂があるのは人間であれば当然ですので、あまり気にしなくても良いのですが、どうしても気になるのであればこまめに皮脂を拭くシート等で取り除くと良いでしょう。

 

あまり頻繁に行うのではなく、指で頭皮を触れた際、自分でも脂っぽいなと思った時だけで良いでしょう。生物の体から自然に分泌される以上、皮脂にも意味があります。本来必要なものを除去すれば人間の持つ防衛機能が働いて「足りていないから出さなければ」と皮脂を過剰分泌してしまいます。気を付けましょう。

 

乾燥肌の場合、常日頃から潤いに気を付けましょう。乾燥は頭皮だけではなく、肌全体にとって良いものではありません。後述するシャンプーはもちろんですが、ヘアトニックなど、乾燥を防ぐものを使うと良いでしょう。

 

乾燥を防ぐことで湿疹だけではなく、フケも改善出来ますので常日頃からフケに悩まされている人もトニックなどを活用して頭皮の潤いを意識してみると良いでしょう。但し、ここでも利用するのは化学製品ではなく、オーガニックなど体に負担を与えないものが理想です。

 

 

頭皮を洗うシャンプーもまた、湿疹と無関係ではないだけにしっかりと意識しておいた方が良いのですが、シャンプーでは二つほど意識すべき点があります。

 

使用するシャンプー選びはとても大切です。体質に合ったものが一番なのですが、やはり出来る限り石油系界面活性剤は控えた方が良いでしょう。石油系界面活性剤は洗浄力が高く、更には開発メーカーにとっては安価に製造出来ますので、世の中に多く出回っています。ですが洗浄力の高さが仇となってしまい、本来であれば残しておくべき皮脂まで洗い落としてしまいますので乾燥や皮脂の過剰促進を生む原因です。

 

近年ではオーガニック系やアミノ酸系など、石油系界面活性剤を含んでいないシャンプーも増えつつあります。石油系界面活性剤が使われているシャンプーと比べると少々値段は張りますが、安いシャンプーを選んで頭皮環境が悪化するよりかは、少し高いシャンプーを選んで頭皮の健康を取った方が良いでしょう。

 

シャンプーに関しては使用して試してみなければ肌に合うのかや使い心地が分かりませんが、含まれている成分を見ればある程度自分に合うものなのかどうかが分かるはずですよ。

 

使用するシャンプーだけではなく、シャンプーの方法も大切です。先に少し触れましたが、爪を立てるとまでは言いませんが、力任せに頭皮を洗っている人、多いのではないでしょうか?

 

確かにこの方法でシャンプーを行うと爽快感はあります。満足度も高いでしょう。「洗った感」があるので、この手法でシャンプーしている人は多いのですが、これは頭皮に負担を与えるだけでしかありません。ましてや力任せに洗うので本来落とさなくて良い皮脂まで落としてしまうでしょう。

 

正しいシャンプー方法は力任せに行うのではなく、シャンプー本来の洗浄力を活かし、泡で汚れを落とすような感覚で洗います。決して力任せに洗うのではなく、泡を髪の毛に、頭皮に揉み込むかのように洗うのです。その際も爪を立てるのではなく、指の腹でもみ込みましょう。力ではなく、シャンプー本来の洗浄力で汚れを落とすのです。 その際に頭皮マッサージも同時に行うとより良いですね。

 

盲点とも言えるのがこちらです。使用するシャンプー、方法。どちら共に大切ですが、すすぎも同じくらい大切です。すすぎを行わないとシャンプーが頭皮に残ってしまいます。いくら頭皮に良いシャンプーであってもしっかりと洗い流さず、頭皮に残っていたら決して良いとは言えません

 

ましてやシャンプーの後は自分の皮脂・汚れも混入しているでしょう。その状態を残したままにする……。頭皮に良くない理由が良く分かるのではないでしょうか。デリケートな頭皮に汚れや皮脂などが混ざった物が残っている……。頭皮環境悪化、湿疹のリスクが高まるのは当然です

 

↓AGAの専門家に相談する↓

>>関東の方は:新宿メディカルクリニック<<

>>関東以外の方は:AGAスキンクリニック<<

 

参考:「頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法」

参考:「頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法」

 

 

 頭皮の湿疹は自分で改善出来るのか

AGA_画像名の画像

 

頭皮の湿疹で悩まされているのであれば、気になるのが治療方法です。予防ではなく、既に湿疹で悩まされている場合、治療方法が気になるのではないでしょうか。クリニックに行けば良いのは誰もが分かっているかと思いますが、自分で治療することはできないものなのかと模索している人もいるかもしれません。

 

ですが結論を言うと頭皮の湿疹を自力で治療するのは出来る限り控えた方が良いでしょう。その理由をいくつか挙げてみたいと思います。

 

 

頭皮の湿疹になってしまったら、ドラッグストアで湿疹に良い薬を購入して使用すれば良いと思っている人もいるかもしれませんが、使用する前にそもそも湿疹に対する知識がどれくらいあるのか一旦考えてみましょう。勝手な判断で間違った対処法を行うと症状を悪化させることにもなりかねません。 湿疹は様々な種類があると先にお話ししましたが、それらはあくまでも一例です。それぞれに応じて正しい対処法も違ってきます。

 

例えば薬を塗った後どうするのか、どれくらいの期間治療をするべきなのか、薬を使った後入浴して良いのか、日常生活の中で何か気を付けるべきことはないのか……などなど。 頭皮の湿疹だけではなく、何かを治療するのであれば薬を塗ったら終わり、ではなく薬を塗りつつ原因の改善に当たらなければ一回治ったとしても再発しては意味がありません。

 

ですが自分でとなると、そこまで理解できない人が多いでしょう。 そもそも湿疹がどのようなものなのか良く分かっていない人が自分だけで治療しようと思っても難しいのです。こう考えてみると自分だけで治療するのは決して簡単ではありませんね。

 

とは言ったもののドラッグストアにも薬剤師がいますので薬の購入の相談は出来るでしょう。ですが薬剤師はどの症状にはどの薬が良いのかの判断は出来ても、残念ながら医師とは違って、患者がどのような症状なのかを診断することは出来ません。

 

あくまで薬剤師は治療のエキスパートではなく、薬品のエキスパートです。あくまでも軽い相談程度しか出来ませんので結局は自己判断・自己責任での治療となるのです。果たしてそれで湿疹を根本的に改善することが出来るでしょうか?

 

 

これが何よりのリスクです。ドラッグストア等で自分で薬を買って使用する。こちら自己責任・判断になりますが、うまく改善すれば万々歳でしょう。ですが前述の通り湿疹にも様々な種類があります。

 

また、湿疹だと思っていたものの違う症状の可能性もあります。自己責任だけではどうしても判断しきれない部分も出てくるのではないでしょうか。 極端な例ですが、湿疹だと思って湿疹に良いとされる薬を購入して使用してみたものの、実は湿疹ではなかった場合、効果がないだけではなく、自分自身に悪影響を及ぼしかねません。症状そのものを悪化させてしまう可能性もあるでしょう。

 

先にもお伝えしたように、湿疹の正しい知識がなければ間違った知識で薬を購入・使用となりますので、結果として体に大きな負担を与えてしまうかもしれません。湿疹を悪化させてしまうリスクがあるのです。

 

 

もしかしたら自分で購入した薬を使っての治療ではあっても、効果的な薬だったおかげで改善することが出来るかもしれませんが、仮に治療出来たとしても、そもそもなぜ治ったのかさえ分からないのではないでしょうか。治療出来た理由も分からなければ、そもそもなぜ湿疹になってしまったのかや、自分がどのようなタイプの湿疹に悩まされていたのか。すべてよく分からないままなので、再発するリスクもあるでしょう。

 

また、再発したとして同じように治療を行っても、そもそもなぜ改善出来たのか根本的な部分が分かっていないだけに、同じことが出来るのかといえば難しいでしょう。いわば「偶然治った」だけの可能性が高いのです。

 

頭皮の湿疹は同じ場所に出来たからといって前回とは違う理由で起きている可能性とてあるのです。同じ人間の同じ場所に湿疹が出来たら前回と同じ理由だろうと考えるのも良く分かるのですが、原因が異なるケースとて十分に考えられるのです。

 

参考:「頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法」

参考:「頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法」

 

 

 頭皮の湿疹はクリニックで治療しよう

AGA_画像名の画像

 

頭皮の湿疹で悩んでいるのであれば、治療はクリニックに任せた方が良いでしょう。クリニックであれば自力では出来ないことも問題なく治療出来ます。メリットも数多いだけに、いくつか挙げてみるとしましょう。

 

 

クリニックでの治療であれば、自分に合った治療を行ってくれます。クリニックにとって頭皮の湿疹治療は決して珍しいものではありません。症例もたくさんありますし、湿疹の知識も豊富です。頭皮の状態を見てどのような湿疹なのか。

 

更には頭皮に負担をかけず、体質に合った治療を行ってくれます。 湿疹にも様々な種類とその原因がありますが、加えて患者の体質もまた、様々ですので頭皮の湿疹の治療は人によって異なるものなのです。

 

クリニックであれば湿疹を治療してくれるのは当たり前ですが、他の症状に対しても何かあればすぐ手を打ってくれます。このような事実を考えた時、自力で治療に励むよりもクリニックに頼った方がリスクがないのは火を見るよりも明らかです。

 

頭皮の湿疹は保険適用治療になりますので自己負担額はそこまで大きなものにはなりません。ドラッグストアで効くのか効かないのか分からない薬を購入するよりも、専門医に診察してもらい、更には保健診療で自己負担も少ないのです。こちらの疑問等にも応えてくれることを考えたら、クリニックに足を運ぶことこそ「無難」です。

 

 

クリニックで診察してもらうことで、頭皮の湿疹についての理解が深まります。なぜ湿疹が起きるのか。自分の肌はどのような体質なのかまで詳しく説明してくれますので、頭皮の湿疹への理解が深まります

 

今後の予防法や対策法までレクチャーしてくれますので、ただ単に治療をしてくれるだけではなく、湿疹そのものを理解することが出来るのです。湿疹はもちろんですが生活環境へのアドバイスや改善策など一歩踏み込んだ内容も話してくれます。

 

湿疹について様々なことをレクチャーしてくれますので、再発の可能性を低くしてくれるのも特徴です。再び頭皮環境が悪くなったり、先に挙げたような条件に合致する場合、再発することもあるでしょう。特に自分だけで治療した場合、なぜ湿疹になったのかが分からないので再発リスクも高いのですがクリニックで治療してもらえれば湿疹に関しての知識も深まりますので、再発防止にも役立つのです。

 

治療だけではなく、どうすれば湿疹にならない頭皮環境やライフスタイルにすべきなのかまでレクチャーしてくれるのでクリニックに通うことで再び湿疹で悩まされるリスクは軽減します。

 

湿疹で悩んでいるだけではなく、湿疹のおかげで更に他の症状への懸念も生まれるのではないでしょうか。そうです。薄毛や抜け毛などもあるでしょう。頭髪に関する悩みは多々ありますが、湿疹のおかげで薄毛や抜け毛を併発してしまうのではないか……という悩みを抱いている人もいるのではないでしょうか。

 

確かに同じ頭皮で起きていることですし、湿疹の特性を考えた時、頭皮に悪影響を及ぼすものもありますので頭髪に対する懸念点もあることでしょう。この問題もクリニックであれば真正面から向き合ってくれます。薄毛や抜け毛にならないための対策や、治療法まで用意しているクリニックもあります

 

参考:新宿メディカルクリニック【徹底取材】(前編)

参考:AGAスキンクリニックは高い?費用と評判のまとめ

 

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

本コラムでは頭皮の湿疹について様々な角度からお話をさせて頂きましたが、やはり頭皮の湿疹はクリニックで治療した方が無難です。特に頭皮はデリケートです。自分で適当に薬を付けただけで放置したがために、後々湿疹以外のことで悩まされる可能性もあるのです。

 

そのようなリスクを考えたら、初めからクリニックに足を運んだ方が良いでしょう。本サイト厳選AGAでは全国の病院を検索できます。気になった方は是非活用してみてくださいね。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【診料&おためしDr'sメソ無料キャンペーン】
【11月30日まで!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
おためしDr'sメソ 30,000円 → 0円

            公式サイトへ          

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


            公式サイトへ              

 

 
<<厳選AGA殿堂入りコラム>>

【育毛剤の人気ランキングTOP5!】

【プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用】

【AGA治療は保険適用外?費用相場と安く抑える方法まとめ】

【薄毛の女性も安心!薄毛でも似合う髪型・ヘアスタイルを長さ別にご紹介】

【頭皮マッサージの効果と正しいマッサージ方法】

【薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用】

【チャップアップの効果と口コミから徹底検証】

【イクオスの口コミから徹底検証!】

【BUBKAの評判がすごい!】

【ポリピュアの効果を徹底検証】

【プランテルの効果と口コミ大特集!】