ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> どれぐらいで効果が実感できる?植毛の治療の経過をご紹介!

AGAコラム

公開日 2017.8.8
更新日 2017.9.27
どれぐらいで効果が実感できる?植毛の治療の経過をご紹介!
Surgeon-1993031_640

※ 2017.9.27 一部内容更新

AGAなどの脱毛症が原因で薄毛になってしまったのであれば、自毛植毛を受けるとよいでしょう。毛根ごと植え替えるため、薬の注入などと違ってほぼ確実な効果が実感できるといわれています。

 

人工の毛を移植する方法もありますが、定期的なメンテナンスが必要であるため、通院に手間と費用がかかります。ここでは、自毛植毛を受けてからどのぐらいで髪が生えてくるのか、治療後の経過をご紹介します。

 

 

 

 そもそも植毛とは? 

AGA_画像名の画像

 

植毛はAGAの優れた治療法とされていますが、どのような方法で行われるのか知らない方が多いのではないでしょうか。ここでは、植毛とはどのような治療法なのか詳しく解説します。

 

 

植毛は、文字通り「毛を植える」ことで薄毛を隠す治療法です。人工毛を使った方法と、自分の毛を使った方法があります。なお、自毛植毛はAGAを根本から解決するものではありません。AGAは、髪の成長期を短縮させることで薄毛を引き起こす脱毛症です。

 

自毛植毛は、AGAを起こしている部分の髪の成長を諦めて、AGAになっていない部分の頭皮を移植する方法なので、厳密には治療ではなく対策となります。

 

AGAの治療には、内服薬や有効成分を注入するメソセラピー、成長因子を注入して発毛力を取り戻すHARG療法などがあります。自毛植毛は、唯一メスを使用する治療法です。

 

自毛植毛は、AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪を毛包ごと採取し、薄毛の部分に植える治療法です。毛包ごと移植するため、自らの力で発毛させることができます。何らかの原因で脱毛しない限り、髪が生え続けます。

 

移植の方法は大きく2つに分けられます。 1つは、頭皮を帯状に切り抜いて、毛包単位で株分けしてから薄毛の部分に植える方法です。もう1つは、吸引パンチで毛包ごと頭皮を採取して、そのまま薄毛の部分に植え込む方法です。

 

自毛植毛は外科手術であるため、クリニックでしか受けることができません。 育毛サロンなど、医療機関ではない施設では受けられないので注意しましょう。

 

 

自毛植毛のメリットは次のとおりです。

 

内服薬やメソセラピーなどとは違い、自毛植毛の効果は一生続きます。健康な頭皮ごと移植するので、その頭皮の発毛力はそのままです。

 

つまり、移植した頭皮になんらかの脱毛症が起こらない限りは、髪が生え続けることになります。内服薬やメソセラピーは継続的に治療を受ける必要がありますが、自毛植毛であれば1回の治療で完了します

 

カツラや増毛ケアなどは、メンテナンスのために定期的な通院が必要です。自毛植毛は、定着さえすればメンテナンスが不要であるため、通院をする必要もありません。

 

また、頭皮が定着すれば、シャンプーをしたり、ワックスでスタイリングをしたりすることも可能です。

 

カツラを被る場合、激しい運動をするときに、カツラがずれないか心配になるでしょう。自毛植毛をすれば、そのような心配をすることなく、思い通りに身体を動かすことができます

 

 

自毛植毛には、次のようなデメリットがあります。

 

自毛植毛の方法のうち、メスで頭皮を採取する方法の場合、採取した部分の頭皮が失われます。失われたところは、周りの頭皮を縫い合わせることで塞ぎます。このような方法で採取するため、広範囲の頭皮を採取することはできません。

 

メスを使うため、採取した部分には傷跡が残ります。吸引パンチを使った方法であっても、小さな点状の傷跡が残るので注意が必要です。

 

移植した部分は、髪が抜け落ちます。そして、約3ヶ月で産毛が生えてきて、生えそろうまでには半年以上かかります。そのため、すぐにでも薄毛を隠したいという人には向きません

 

頭皮やまぶたが腫れたり、一時的に脱毛したりすることがあります。いずれも一時的なものであるため心配はいりませんが、仕事柄このような症状が問題となる場合もあるでしょう。

 

 

この時期になれば、多くの方が自毛植毛の効果を実感します。また、6ヶ月と12ヶ月には、定期健診を受けるよう指導されることがあります。移植した部分の状態を確認し、頭皮がしっかりと定着しているか、何かトラブルは起きていないかを調べます。

 

通院を面倒に感じて定期健診を受けないでいると、トラブルに気づくことができず、自毛植毛に失敗する可能性があります。 経過について不安なことがあれば、定期健診の際に医師に質問しましょう

 

自毛植毛をして、本当に髪が生えてくるのか、不安になりながら過ごすことになれば、ストレスが溜まります。ストレスは髪にとっても良くないので、不安ではなく希望を持って過ごせるようにしましょう。

 

 

 自毛植毛のダウンタイム

AGA_瀰漫性の症状の画像

 

メスを使用した手術やレーザーの照射などを受けた後には、腫れや赤みなどの症状が現れることがあります。このように、施術後になんらかの症状が現れて、それが消失するまでの期間のことを「ダウンタイム」といいます。

 

 

このダウンタイムから復帰するまでに、問題となる行動をしてしまうと、様々なトラブルが起こる可能性があるのです。

 

ダウンタイムの内容によっては、生活に支障をきたす場合があるため、自毛植毛を含め、外科手術を受ける際には確認しておくことが大切です。一般的には、自毛植毛のダウンタイムは比較的軽度なものと言えます。

 

 

自毛植毛ではメスを使用するため、採取した頭皮の部分やまぶたが腫れる場合があります。腫れが目立つことで、生活や仕事に支障をきたす場合があります。腫れがひくまでは、ガーゼをあてておくとよいでしょう。

 

もちろん、腫れている部分が気になるからと言って、手で触れてはいけません。 このような行為は感染症の原因となるので注意が必要です。感染症を起こすと患部が化膿して、頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。

 

 

自毛植毛を受けた後は、移植した頭皮に十分な血液が行き渡るようにすることが大切です。血流が多すぎても少なすぎても頭皮の定着が悪くなる恐れがあります。アルコールの摂取や過度な運動などは、血流を促進させます。

 

実際に、どの程度血流が促進されているのか自分で知ることはできないので、医師の許可が降りるまでは控えることが大切です。また、喫煙は血流を低下させるため、できるだけ控えるようにしましょう。

 

喫煙は薄毛の原因の一つともいわれているので、できればそのまま禁煙することが大切です。 また、移植した頭皮に直射日光を受けると、傷口の状態が悪くなり、頭皮が生着しにくくなるとの意見があります。外出時は帽子を被るようにしましょう。

 

自毛植毛を受けた後は、採取した部分と移植した頭皮が傷つかないように注意が必要です。頭皮は、洗髪の際に触れることになるため、間違った方法で洗髪していると頭皮が傷つく恐れがあります。

 

洗髪は毎日するものであるため、それだけ頭皮への影響が強いのです。 傷つくことを恐れて洗髪を行わないでいると、頭皮で雑菌が増殖し、頭皮環境が悪くなるので、必ず毎日洗髪しましょう。 まず、頭皮への刺激が弱いシャンプーを選んでください。

 

移植した頭皮にはシャワーを当てないようにし、頭頂部や後頭部などにシャワーを当てて、流れてくる湯で洗うようにしましょう。洗髪後は、吸水性に優れたタオルで押し当てるようにタオルドライします。

 

そして、移植部位に、遠くからドライヤーを当てるようにしましょう。 クリニックによっては、自毛植毛を受けた次の日に洗髪の指導を受けることができます。その際に、洗髪の方法をしっかりと確認しておきましょう

 

 

食事から摂取した栄養は、毛細血管を通って毛乳頭に行き渡ります。毛乳頭が毛母細胞へと栄養を送ると、細胞分裂が促されて髪の毛が作られるのです。 栄養が不足していると、健康な髪の成長に悪影響が及びます。

 

髪は、生命維持において不要なものであるため、栄養が不足している場合には、髪への栄養の供給が後回しになるのです。

 

様々な栄養を食事からバランスよく摂取することが大切ですが、特に次のような栄養は髪の形成に必要であるため、意識的に摂るようにしてください

 

18種類のアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質が髪を形成しています。そのため、タンパク質が不足すると髪の成長に悪影響が及ぶ可能性があるのです。

 

タンパク質は、肉類や魚類、乳製品、大豆などに含まれており、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質に分類されます。

 

亜鉛

ケラチンの合成に必要なミネラルです。亜鉛が不足していると、どれだけタンパク質を摂っていても、健康な髪を育てることはできません。亜鉛は、牡蠣や豚肉、牛肉、卵などに含まれています。

 

ビタミンB群には、亜鉛の働きをサポートして健康な髪を育てる働きがあります。また、皮脂の分泌を抑えることで頭皮の環境を整えたり、頭皮の新陳代謝を促したりするともいわれています。

 

ビタミンB群は、各種レバーやかつお、まぐろ、緑黄色野菜などに多く含まれています。 タンパク質は髪の原料となり、亜鉛によってケラチンが作られます。そして、亜鉛をサポートしているのがビタミンB群なので、どれか1つでも不足すると髪の成長に悪影響が及ぶ可能性があります。

 

ライフスタイルによっては、これらの栄養を十分に摂ることができない場合があります。そのような場合は、サプリメントで補うとよいでしょう。ただし、サプリメントは1粒あたりの栄養の含有量が多いので、過剰摂取にならないように注意が必要です。

 

 

自毛植毛を受けた後は、翌日から働ける場合もあります。しかし、移植した株数や移植した箇所によっては、一定期間の休養がすすめられます

 

自毛植毛後に仕事を休む理由は次のとおりです。

 

・腫れや赤みなどが目立つ

・採取および移植した部分が痛む

・かさぶたができる

 

生え際や前頭部に自毛植毛をした場合は、術後3日~1週間にかけてまぶたが腫れる場合があるため、接客業など見た目が問題となる職業の方は腫れがひくまで休んだ方がよいでしょう。

 

個々の考え方や会社の方針など、様々なことが関係するので、あらかじめ会社に確認しておくことをおすすめします。 また、身体を激しく動かす職業の方は、術後1週間は休養した方がよいとされています。

 

自毛植毛のために1週間の休養をとることは、難しいでしょう。そのため、GWなど大型連休を利用して自毛植毛を受けることをおすすめします。また、建築現場で働いている場合は、ヘルメットをかぶるため、頭皮が蒸れて感染症のリスクが高まります。

 

そのような意味でも、肉体労働系の仕事の方は仕事を休んだ方がよいと考えられます。 頭皮ごと採取するFUT法は、術後当日から翌日にかけて痛みを感じることがあります。痛みには個人差があるため、場合によっては仕事をすることが困難になるでしょう。

 

しかしながら、痛み止めが処方されるので、多くの方は痛みに悩むことなく過ごせます。 また、術後すぐは頭に包帯を巻きます。自毛植毛したことを人に知られたくないのであれば、仕事を休んだ方がよいかもしれませ。

 

また、メスを使う術式では、移植した頭皮の部分の傷が治るときにかさぶたができます。術後すぐには髪が生えそろわないので、かさぶたが目立つ場合があります。

 

包帯を取ることができても、かさぶたが気になるのであれば、仕事を休んだ方がよいかもしれません

 

 

 自毛植毛が失敗することはある? 

AGA_画像名の画像

 

自毛植毛を受けるうえで心配なのが、治療の失敗ではないでしょうか。自毛植毛は失敗に終わることがあるのか、あるとすればどのような理由で失敗するのか解説します。

 

 

自毛植毛に限らず、治療後に起こり得るトラブルで多いのが「医師と患者の認識の相違」です。患者が「薄毛を改善することができなかった」と感じており、医師は「十分に薄毛を改善できた」と考えている場合に起こります。

 

このようなトラブルは、事前に医師と患者が話し合うことで防げます。具体的に図解や資料などを提示して、患者にわかりやすく治療の効果を伝えることが大切です。

 

患者としても、医師が「○○の状態にまで改善する」と伝えてきても、それは具体的にどのような状態なのか、より詳しい説明を求める姿勢が大切です。全て医師に任せきりだと、このようなトラブルが起こる可能性があります。

 

 

自毛植毛は、採取する頭皮の選び方や採取の精度、移植の精度など所々で医師の技量が求められます。そのため、医師の技術によって治療結果に差がでやすい治療法 といえます。たとえば、医師の技量が高ければ、小さな傷跡で大きな効果が期待できます。

 

逆に、十分な技量を持たない医師による施術では、余計な傷跡ができたり、発毛したときの見た目のバランスが悪くなったりすることが考えられます。 医師の技量を測ることは難しいですが、ホームページなどを参照して、医師の症例数などを確認しましょう。

 

より症例数が多い医師や、自毛植毛に特化している医師を選ぶことをおすすめします。

 

 

移植した頭皮の髪は、一度抜け落ちてから生えてきます。そのため、髪が生えてくるタイミングで頭皮に強い刺激を与えたり、髪の成長に必要な栄養が不足していたりすると、満足いく結果を得られない場合があります。

 

施術後の頭皮のケアについては、事前に医師から説明を受けることになるので、指導の内容を守って過ごすことが大切です。これは、医師ではなく患者の行動次第で防げることです。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーを使って爪を立てて洗ったり、カラーやパーマを何度も行ったりすることは避けてください。 また、少しでも異常を感じた場合は、医師に相談することが大切です。

 

そのときに間違ったケアをしていることに気づくことができれば、自毛植毛の失敗を免れられるかもしれません。 自毛植毛は、株数や術式によって費用が異なります。株数が多い場合は、100万円以上もの費用がかかることもあります。

 

手術が成功したとしても、患者が医師に指導された内容を守らないでいると、頭皮が生着しなかったり、十分な効果を得られなかったりする可能性があるのです。自毛植毛に失敗しないためにも、日常生活の注意点を守りましょう。

 

 

参考:【必見】自毛植毛の失敗例と改善策

参考:M字はげ植毛の効果と費用はどれくらい?対策方法と各費用について解説

 

 

 まずはカウンセリングを受けよう

AGA_画像名の画像

 

自毛植毛を受けたいけれど、どのような治療か今一つわからない、術後に起こり得る問題など不安なことがあるという場合には、まずはカウンセリングを受けましょう。医師によるカウンセリングを受けて自毛植毛に関する情報を得ましょう。

 

無料カウンセリングを行っているクリニックを選べば、費用をかけずに自毛植毛に関する情報を得ることができます。 カウンセリングでは、次のようなことを質問しましょう。

 

そもそも、自毛植毛を受けることができるか確認することが大切です。AGAになりにくい後頭部などの毛包を利用するため、その部分の発毛力がすでに失われている場合には、自毛植毛を受けることができません。

 

このような場合は、人工毛を用いた人工毛植毛を利用することになります。人工毛植毛を受けるにあたって様々なリスクがあるので、できれば自毛植毛を選ぶことをおすすめします

 

移植が必要な株数は、薄毛の進行具合によって異なります。自分の場合、何株の移植が必要か確認しましょう。株数が多ければ多いほどに費用が高くなるため、場合によっては費用との折り合いがつかず、自毛植毛を諦めることになることもあります。

 

また、移植する株数が多いということは、傷跡も大きいということです。仕事柄、傷跡が見えてはならないような場合、移植する株数によっては自毛植毛を断念することになるでしょう。

 

自毛植毛を受けるかどうかの判断のためにも、必ず移植に必要な株数は確認しておきましょう

 

カウンセリングでは、自分のライフスタイルを医師に伝えましょう。そして、移植する株数も踏まえて、仕事を休む必要があるのかを確認することが大切です。仕事を休む必要があるということを後から知った場合、会社に伝えても認めてもらえない場合があります。

 

今後の関係にも支障をきたすことになるので、必ず事前に確認しておきましょう。 また、自毛植毛を受けるにあたり、日常生活のどのようなところを改善すべきか尋ねておくことをおすすめします。

 

日常生活の注意点については、自毛植毛を受けた後に医師から指導されることがほとんどですが、自毛植毛を受ける前から注意しておくことで、成功率が高まる可能性があります。 自毛植毛に限らず、治療を受ける前に不安な点や疑問点を解決しておくことが大切です。

 

医師と患者で治療方針や成功の基準の認識に相違があると、自毛植毛を受けたことを後悔する可能性があります。必ず、カウンセリングの際に不安な点や疑問点について尋ね、自毛植毛の治療の流れ、日常生活の注意点などを確認しておきましょう。

 

 

 まとめ 

AGA_画像名の画像

 

ここでは、薄毛の治療法の一つ「自毛植毛」を受けた後の経過や日常生活の注意点などについてご紹介しました。薄毛はコンプレックスの原因となるため、それがストレスになり、薄毛の悪化を招く恐れがあります。

 

そのため、薄毛に悩んでいるのであれば、できるだけ早く治療を開始することが大切です。 治療法には、内服薬やメソセラピー、対処法にはカツラを被ることなどがありますが、いずれも根本的な対策にはなりません。

 

内服薬は飲み続けなければならず、メソセラピーは痛みをともないます。そして、カツラは運動したときにずれる可能性があるのです。 自毛植毛は、自分の髪を頭皮ごと、あるいは毛包だけを移植する方法であるため、長く通院する必要もありません。

 

そして、約半年~12ヶ月程度で発毛を実感できることが多いです。自毛植毛を受けた後の注意点を以下にまとめました。

 

  • 喫煙を控える
  • 十分な栄養を摂る
  • 正しいヘアケアを心がける
  • 頭皮に刺激を与えない

 

自毛植毛を受けた後は、以上の注意点を守って過ごしましょう。経過には個人差があるので、髪が生えてくるのが遅くても心配はいりません。心配はストレスとなり、血流を悪化させます。不安なことがあれば、早めに医師に相談しましょう

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

【12月25日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※  

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ