AGAコラム

公開日 2017.10.3
更新日 2017.10.3
本当に薄毛対策正しくできていますか?
カテゴリ
Man-1252993_640

※ 2017.10.3 一部内容更新

抜け毛が増えている。思うようにセットが決まらない。何となく髪の毛にボリュームがない。 そのような時には薄毛対策をすべきですが、一口に「薄毛対策」と言っても何をすべきなのか。

 

そもそも、髪の毛で悩み始めると何が正しいのかよく分からなくなり、冷静に考えればあまり効果が出ないであろう物に手を出し、効果が出ないだけではなくお金と時間を無駄にしてさらに精神的に追い詰められる人が多いです。 そこて、薄毛対策は何をすべきなのか。いつ始めるべきなのか。考えてみましょう。

 

 

 

 薄毛対策を始める時期

汗の画像

 

薄毛対策をいつ始めるべきなのかと言えば、極論すれば「今すぐにでも」です。 別に髪の毛に不安がないと思っていても、早く始めれば、今のふさふさのボリュームを保つことが出来ます。

 

薄毛対策の厄介な点は、抜け毛が増えているとか、明らかに頭髪が薄いと自覚するころには既にそれなりに症状が進行している点にあります。

 

自覚出来ない段階でも薄毛は着々と進行しますので、薄毛対策は髪の毛に不安があるなしに関わらず、今すぐにでも始めるべきなのですが、「これがあったら危険信号」ともいうべきものをいくつか挙げてみるとしましょう。

 

 

人間の体は新陳代謝が行われますので、健康な人間であれば髪の毛が抜けるのはおかしくはありません。 ですが、寝起き等に枕元を見て、明らかに「多い」「おかしい」と感じているのであれば、抜け毛が進行しつつあります。

 

朝起きたらどうしても支度を整えなければならないので、枕元を見る機会がない人もいるかもしれません。 また、嫌な現実を見たくないという思いから、枕元を見ないようにしている人もいるかもしれませんが、枕元を見てみましょう。

 

自分でも「多いんじゃないか?」と思ったら薄毛対策を始めるべきです。

 

枕元の抜け毛が多いかどうかだけではなく、抜け毛にも注意してみましょう。 自分が思っているよりも抜け毛が細いような気がする…となれば、少々注意が必要です。

 

太い抜け毛であれば安心ということでもないですが、抜け毛が他の毛よりも細いなと思ったら、AGAの可能性も浮上します。

 

参考:毛根から抜け毛の原因を分析!今すぐできる抜け毛・薄毛診断

参考:ストレス抜け毛にありがちな毛根と治療法

 

いつも通りにヘアスタイルをスタイリングしているつもりでも、なぜか「そうじゃない」「もっとボリューム」「なんか決まらない」と思うことが増えている場合、こちらも薄毛対策を始めるべきでしょう。

 

髪型が決まらないのはたまたま…と思うかもしれません。確かに、一日くらいはそのような日があっても不思議ではありません。

 

寝ぐせや自分の気分や、その日のスタイリングへのモチベーションによってスタイリングが変わるのは不思議ではありません。 ですがそのような状況が何日も続く場合、それはもはや「調子が悪い」ではなく、髪の毛そのものに異変が起きている可能性が高いのです。

 

スタイリングが決まらない日が続く。 これだけで「自分は薄毛なのかも」と勘付くのは難しいかもしれませんが、抜け毛が増えていること、そして毛が細くなっていることにより、それまでとは頭髪の質量が違いますので、以前のスタイリングではどうしても違和感を覚えるのです。

 

ですが、スタイリングが決まらない日は髪の状態如何に関わらずにありますので、スタイリングだけで薄毛対策をと言う発想に至ることは難しいかもしれませんが、何日も続くようであれば、薄毛対策すべきなのです。

 

 

それまでは直毛だったものの、天パのように髪の毛が丸まっている日が増えているなと感じるなら、それもまた薄毛対策をすべきです。 これはAGAの可能性が高いです。

 

なぜなら、「軟毛化」が始まっています。髪の毛が柔らかくなっており、さらには細くもなっているので、髪が丸まりやすいのです。

 

これも、「今日は寝癖がひどいな」くらいにしか思わない人が多いので、まさか自分が薄毛が進行していて、薄毛対策をしなければならないような状況になっているとは思わないでしょう。 ですがこれもまた、すぐにでも薄毛対策を始めた方が良いのです。

 

 

 薄毛対策の種類

コーヒーの画像

 

「薄毛対策」といってもそこには様々な方法があります。 そこで、どのような薄毛対策があるのか。さらにはその薄毛対策はどのような症状の人が良いのかを見てみましょう。

 

 

クリニック等で行われているAGA治療はまさに薄毛対策そのものです。 AGA治療は近年、知名度も急上昇しており、頭皮に対して何らかの関心を持っている人であれば「AGA」という名前くらいは効いたことがあるのではないでしょうか。

 

AGAとはAndrogenetic Alopecia、「男性型脱毛症」を指す言葉で、男性特有の脱毛症状になります。

 

「脱毛症状」と聞くと大変なものを連想する人も多いかもしれませんが、AGAは治療法が確立されていますので、むしろAGAの方が治療しやすいと言っても過言ではありません。

 

そもそもAGAとは何か。 AGAとは男性ホルモンの影響によるものです。 5αリダクターゼという酵素が体内の男性ホルモンとも言うべきテストステロンと結合し、ジヒドロテストステロンに変化します。

 

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱す働きを持っていますので、抜け毛が増えたり細くなったりするのです。

 

人間は頭髪だけではなく、体に毛がありますが、どの毛にも「ヘアサイクル」があります。 成長期、休止期、退行期の三つに分類されるのですが、AGAの場合、ジヒドロテストステロンの影響によってヘアサイクルが乱れます。

 

本来であればまだまだ成長しなければならない段階で休止期や退行期に突入してしまいますので、毛が十分に育たないのです。

 

AGA治療はフィナステリドによってヘアサイクルを正常化させることによる脱毛症状の鈍化。 ミノキシジルによって発毛促進を行う二段構えの治療です。

 

特に ヘアサイクルを正常にすべく、フィナステリドの力によって5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害。 これにより、ヘアサイクルを乱す「元凶」を体の中に作りません。

 

結果、ジヒドロテストステロンによって乱れていてヘアサイクルを正常化することにより、髪の毛も中途半端な状態で休止期や退行期に突入するのではなく、自然の状態となるのです。

 

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

AGA治療はいわば「医療」と言っても良いでしょう。 フィナステリド、ミノキシジル。これらは医薬品です。医薬品だからこそ確かなものなのですが、一方では医療になりますので、気軽に受けられない環境の人もいるのではないでしょうか。

 

AGA治療そのものには興味があるものの、そもそもAGA治療を提供している医療機関が自宅周辺にない場合、浮受けたくても受けられません。 そのような人には育毛剤です。

 

近年は育毛剤の種類も増えています。それに伴い、育毛剤のレベルも高まっていますので、より高い効果を期待出来るのです。

 

育毛剤による薄毛対策のメリットは、何よりとても気楽に始められる点にあります。 インターネットで育毛剤を選んで購入し、届いたら使用を始める。これだけで良いのです。

 

AGA治療の場合、どうしても自分の足で病院やクリニックまで足を運ばなければなりませんでした。 ですが育毛剤であれば購入すればすぐにでも使用出来ます。

 

AGA治療のクリニックが近くにない人や、足を運ぶ時間がない人でも、さすがにインターネット上での通販であれば可能なのではないでしょうか。 また、医薬品ではないので副作用もありません。

 

育毛剤には天然成分が多いので、副作用の可能性が低いです。 この点もまた、育毛剤による薄毛対策の大きなメリットです。

 

 

抜け毛で悩んでいるという事実は、言い換えれば髪の毛の不健康でもあります。 そこで、ライフスタイルそのものを見直すのもまた、立派な薄毛対策です。

 

睡眠、栄養、適度な運動。薄毛対策というよりも、健康そのものと言っても良いかもしれませんが、薄毛対策とは「髪の毛の不健康を改善する」ことでもあります。

 

睡眠時間を確保し、栄養バランスの良い食事。そしてストレスをため込まず、適度に運動することによって血行促進やストレス解消など、まさに健康のための行動も薄毛対策になります。

 

髪の毛とて栄養で出来ているのは言うまでもありません。 その栄養がどのようにして体に行き届くのかと言えば血液によって全身に流れるのです。

 

髪の毛に良い栄養を摂取するだけではなく、血行促進効果を高めることによって、摂取した栄養を頭皮にまで運ぶことにより、頭皮環境改善や発毛促進をと考えるのです。

 

お酒に関しては適量であれば良いのですが、飲みすぎは肝臓に負担を与えるだけではなく、アルコール量の摂取によって肝臓を酷使し、本来であれば頭皮に回るであろう栄養をアルコールの分解に使用しなければならないので栄養が少なくなります。

 

喫煙は全身の血行不良を促進してしまいます。 先にAGA治療の際、ミノキシジルを使用するとお話ししましたが、ミノキシジルは血管拡張剤です。 医薬品の力によって血管を広げ、血流を増やす目的があります。

 

喫煙による血行不良は、ミノキシジルとは真逆の行為になりますので、頭皮によくないのは言うまでもありません。 つまりはこれらを控えるだけでもまた、立派な「薄毛対策」となるのです。

 

 

 目的別の薄毛対策

3つのフルーツの画像

 

薄毛対策は多々ありますが、どのようにして薄毛対策を行いたいのかは、人それぞれ異なるのではないでしょうか。 そこで、それぞれの目的別にどのような薄毛対策が良いのかを考えてみましょう。

 

 

とにかく「効果」を重視したいのであればAGA治療がお勧めです。 AGAであればAGA治療は効果が期待出来ます。ここで問題となるのは自分がAGAなのかどうかです。

 

これはあやふやなものではなく、血液検査を行うことによって結果が出るのです。 つまり、AGAだと判断されれば、AGA治療は大きな効果をもたらしてくれますので、お金や時間云々ではなく、とにかく結果を求めるのであればAGAを視野に入れるべきです。

 

血液検査を受けなければ自分自身がAGAなのかどうかは分かりませんが、体質を見ればある程度は見える部分もあります。 まずは全身の体毛です。 髭が濃い人、胸毛や腹部に毛が生えていて、さらには濃い人はAGAの可能性が高いです。

 

「髭が濃いとハゲる」「胸毛が生えている人はハゲる」といった都市伝説もありますが、それらは強ち「ただの噂」と断罪することが出来ないものなのです。

 

また、頭髪の側頭部だけ癖毛の人もまた、AGAになる可能性が高いです。 頭部は実はとても細かく分けられており、頭頂部に関しては女性ホルモンの影響力が強いのですが側頭部は男性ホルモンの影響力が強いのです。

 

AGAになって頭頂部が薄くなるのは、男性ホルモンを抑える働きを担う女性ホルモンが減り、毛に対しての影響力が強い男性ホルモンだけが残るからです。

 

側頭部に関しては元から男性ホルモンの影響が強い部分なのですが、あまりにも強いと癖毛や縮れ毛になってしまうのです。 側頭部だけ癖毛が強い男性は、AGAの可能性が高いと言わざるを得ないのはそのためです。

 

もちろんこれらの特徴に当てはまるからと言って、「確実にAGA」だと判断することは出来ないのですが、AGAの可能性は非常に高いです。

 

とにかく確かな効果を得たい。 お金なんていくらかかっても良いというのであれば、植毛も選択肢の一つです。 植毛と聞くと、大がかりなものだったり、あるいは自分の頭皮を傷つけることになってしまうので危険なもの。

 

あるいはデメリットの多いものだと考える人も多いようですが、近年の植毛は技術料も高まっています。 そのためお金はかかります。ですがかけたお金分の効果は期待出来るでしょう。

 

参考:【必見】自毛植毛の失敗例と改善策

参考:M字はげ植毛の効果と費用はどれくらい?対策方法と各費用について解説

 

効果が出るに越したことはないものの、出来ればお金をあまりかけずに薄毛対策を行いたいと考えているのであれば、何よりライフスタイルの改善です。 ライフスタイルを改善するだけであれば、お金を掛けずとも出来ます。

 

忙しい現代人にとってはライフスタイルの改善は難しいかもしれませんが、お金をかけたくないのであれば自分で手間をかけるしかありません。そのためにはラフスタイルの改善が大切です。

 

ライフスタイルの改善により、薄毛対策が可能かもしれません。 ですが、もしもAGAの場合はどれだけライフスタイルを改善しても、ジヒドロテストステロンという、体内にある男性ホルモンが働くことによって脱毛を促進しますので、AGAの場合、どれだけライフスタイルを見直したところで毛は抜けてしまいます。 そのため、お金を掛けたくないとは思っても、薄毛対策はAGA一択になってしまいます。

 

 

体に負担を掛けずに薄毛対策をと思ったら、育毛剤が良いでしょう。 育毛剤に含まれている有効成分は天然成分が多いです。

 

また、育毛剤の製造メーカーも頭皮に負担を与える人工的な成分は極力入れないよう、勤めています。 そのため、体調はおろか頭皮にさえ負担を掛けない育毛剤はとても多いです。 一方で、有効成分たちが体に浸透し、徐々に体質を改善することによって抜け毛や薄毛も改善していきます。

 

AGAであっても、育毛剤の中にはオウゴンエキスやセンブリエキスのように、5αリダクターゼの働きを抑える成分を含んでいるものもあります。

 

効果に関しては医薬品と比べたら落ちるとはいえ、体に負担を掛けずにAGAに対してもアプローチ出来ますので、体の安全、頭皮への負担。いろいろな面で「自分に負担を掛けずに薄毛対策を」と思った時、近年の質の高い育毛剤は候補に入れても良いでしょう。

 

 

とにかくすぐにでも効果をと思ったら、かつらや植毛が良いでしょう。 AGA治療にせよ育毛剤、ライフスタイルの改善に言えるのは、時間をかけて自分の体質を徐々に変化させていくという趣旨です。

 

人間は摂取した栄養等によって体が作られます。さらに、新陳代謝も行いますので、体の外に出ていくものがあります。

 

これを活用し、頭皮の成長に必要なものを摂取し、頭皮の成長を阻害するものを体外に排出する。これを繰り返すことによって、徐々に逃避環境を改善していこうというものです。

 

そのため、AGA治療にせよ育毛剤の使用にせよ、新陳代謝によって細胞がすべて入れ替わる期間である三か月は続けるべきとも言われています。三か月未満では体に浸透しきれないのです。

 

それでも「すぐに結果を」と思ったら、徐々に体質を変えていく手法ではなく、かつらや植毛といった、すぐに変わるものを選択した方が良いでしょう。

 

かつては薄毛対策の定番として人気を集めていたかつらですが、近年もかつらは一定のニーズを持っています。 かつらそのものも技術が高まっているのはもちろんですが、やはり「すぐにでも変わりたい」というニーズがあるからです。

 

AGA治療や育毛剤のように、三か月と悠長なことは言っていられない。そもそも、三か月でふさふさになるわけではないなら、一瞬で生まれ変われるかつらの方が良いと考えるのも不思議ではありません。

 

ですが、かつらは言うまでもなく自分の髪の毛ではありません。 日常生活の中で、どうしてもかつらであることを意識しなければならないので、即時性はあるものの、「自分の髪の毛ではない」という点をどのように考えるからです。

 

自分の毛を植えるということで、植毛もまた、かつら同様すぐにでも生まれ変わるのではないかと思っている人も多いようですが、近年の植毛は「毛を植える」というよりも「毛の成長細胞を植える」と考えると分かりやすいでしょう。

 

後頭部のように、男性ホルモンの影響が少ない部分の頭髪は成長細胞がまだまだ活発です。 その成長細胞を、M字部分だったり頭頂部と言った、薄毛になってしまっている部分に移植するのです。

 

つまり、植えて終わりではありません。 成長細胞を植えますので、以降、自分の髪の毛として生えて伸びるのです。 自分の髪の毛の「元」を飢え、そこから成長を促進させるのが今の植毛になります。

 

そのため、髪の毛を植えて終わりなのではなく、むしろAGA治療や育毛剤同様、すぐに結果が表れるものではなく、時間をかけて髪が伸びていきますので、とにかく「すぐに」と考えるのであれば、自分の毛ではないですし、薄毛対策とは言えないですがかつらが何よりも有効でしょう。

 

 

 薄毛対策と年齢

水の画像

 

薄毛対策に年齢は関係あるのか。やはりこれは誰もが気になるのではないでしょうか。 都市伝説を含め、いろいろな角度から見ていきましょう。

 

 

結論から言えば、薄毛対策は若い方が有利なのは事実です。 なるべく早く始めた方が良いのは間違いありません。 例えばAGA治療を例にとると、フィナステリドによって脱毛を呼ぼうし、ミノキシジルによって発毛を促進します。

 

ですが、若くてまだまだ新陳代謝が活発ですと、フィナステリドを摂取することによって抜け毛を防止するだけで、本来生えてくるはずの毛が生えますので、ミノキシジルがなくても育毛剤を使ったかのように毛が生えてくると錯覚するケースもあります。

 

これは、毛が生えたというよりは、それまでAGAのおかげで抜けてしまっていた毛が抜けなくなったので、まるで生えたかのように錯覚するのです。 この事実からも分かるように、毛の抜ける力と生える力は同じではないのです。

 

そして、若い方のほうが新陳代謝が活発ですので、生える力もまた、まだまだ残っているケースもあるのです。 そのため、薄毛対策は若いうちに初めておいた方が良いのです。

 

ですが、年齢を重ねたら不可能なのかと言えばそれも違います。ライフスタイルや栄養摂取等、若い世代より気を付けるべきことは多々あるとはいえ、発毛力を取り戻すことも十分に可能です。

 

 

ツルツル頭。いわゆる「満月」とか「つるっぱげ」と言われるような見事なツルツルの場合、発毛力そのものも損なわれている可能性が高いです。

 

この点は年齢よりもAGAの可能性が高いのですが、ツルツルになってしまうと育毛剤では少々難しいです。 育毛剤は「今ある髪の毛の保全と成長」であって、「無いものを生やす」のは苦手です。

 

この場合はミノキシジルが含まれている発毛剤を活用するしかありませんが、それでもこちらも自分の努力や意識次第なので、年齢を諦める理由にする必要はありません。

 

ミノキシジルはAGA治療にも用いられているものです。 医薬部外品ではないので、薄毛治療に大きな効果が期待出来るのです。

 

元々ミノキシジルは血圧降下剤として使われていた医薬品なのですが、血圧を低下させるために血管を広げ、血流を増やす

 

これがミノキシジルのメカニズムになるのですが、血流を増やすことによって発毛効果が確認されたことにより、薄毛治療でも使われるAGA治療薬薬となりました。

 

医薬品である以上、効果はかなり大きなものを期待出来るのですが、一方では医薬品であるがために副作用があるのも事実です。 血圧が低下したり、頭部に使用すれば頭部の血流が増大しますので頭部が温まってぼんやりしたり。

 

また、飲むタイプのミノキシジルもありますが、こちらの場合は特定部位だけの発毛促進が難しいので、全身の体毛が濃くなったという事例も報告されています。

 

但し、ツルツルの場合、改善には時間がかかることも覚悟しておかなければなりません。

 

少し薄いかなといった程度ですと、育毛剤やミノキシジルを活用すると、数か月も定期的に利用していれば案外すぐに元通りになってっくれるのですが、ツルツルの場合は0からのスタートになりますので、いくらミノキシジルなどを活用してもどうしても時間がかかります。

 

 

 まとめ

本の画像

 

薄毛対策に関して様々な角度からお話しさせていただきましたが、どのような方法であれ、やはりある程度は長期的なビジョンが必要になるのは言うまでもありません。

 

かつらのような「ごまかす方法」ではなく、自分の毛を生やしたいと思ったら、どのような方法であれコツコツと続けることが薄毛対策の基本です。

 

そして、コツコツと続けることによって結果が出るのもまた、薄毛対策の特徴です。 自分に合った方法を見つけて、すぐに諦めるのではなく、毎日の生活の中で地道に続けていくことが薄毛対策をより効果的なものにするのです。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【期間限定キャンペーン!10月31日まで!!】
今なら、
初診料 5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円


AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


新宿メディカルPC公式サイト