AGAコラム

公開日 2015.6.16
若はげ対策として今すぐできる3つの方法
カテゴリ AGA・薄毛の対策
8046d418af4aceca5188cec74886b44c_s

「若はげ対策を行いたい」年齢的には若いにも関わらず、若い世代にも薄毛で悩んでる方が多くいらっしゃいます。薄毛の主な要因は、今まで遺伝によるところが大きいとされてきましたが、最近では生活環境や仕事環境の変化によるストレスや偏った食生活が原因で薄毛になってしまうケースも考えられています。若い世代の薄毛は若年性脱毛症(若はげ)と呼ばれており、最近では決して珍しいケースではありません。ここでは若はげになってしまった場合の効果的な対策や、そもそもの原因について解説を行います。

 

 

 今すぐできる若はげ対策


まず最も身近な薄毛の要因として挙げられるのが、生活習慣です。不規則な生活を送っていると頭皮に悪影響を与え、薄毛が進行してしまう可能性が高まってしまいます。特に若いときは無理な食生活や睡眠不足に陥りがちです。そういったことがボディーブローのように頭皮にダメージを徐々に与えていくというわけですね。

 

「睡眠時間が短い」「睡眠時間が不規則」だと髪に悪影響を与えてしまいます。成長ホルモンの分泌は夜10時から深夜2時ぐらいが一番活発と言われており、この時間に就寝できなかったり、就寝できたとしても睡眠時間が不足していると副交感神経がしっかりと休まらず、血管の活性化がされずに毛乳頭までしっかりと血液が送り込まれないという悪循環が生まれてしまいます。

 

さすがに忙しい社会人が夜10時に就寝というのは無理かもしれませんが、それに近い時間帯に出来るだけ就寝するよう心がけると良いでしょう。

 

食生活

食べ物の画像

 

次に、頭皮への影響がある生活習慣として、食生活が挙げられます。食事は頭皮の毛細血管や血流、栄養素の生成に大きく関わってくるため非常に重要です。

 

血管が詰まりがちなコレステロールの高い食材を毎日食べていると、血管が詰まって頭皮までしっかりと栄養が送られないということになってしまいます。それを避けるためにも、抗酸化作用と血流促進作用のある、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ果物や野菜をとることが大切です。

 

特にビタミンCを豊富に含んだ食材は血液の循環に大いに役立ちます。ピーマン、ブロッコリー、ゆず、パセリ、レモンなどは非常に多くの含有量を誇っています。ピーマンやブロッコリーは調理次第でいろいろな食べ方ができますから、意識的に摂取したいところですね。

 

薬の画像

養毛剤

養毛剤は現在生えている髪の毛に対して、脱毛を阻止したり、髪の毛のツヤやコシを守るということを目的とした商品です。どちらかというと、薄毛に悩んでいる方が使用する商品ではなく、今の髪の毛の元気を取り戻したいというときに使うのが養毛剤といえるでしょう。養毛剤は男性のみならず女性用の商品として多く流通しています。成分的にも副作用が現れるものが入っているケースはほとんどなく、分類としては医薬部外品となります。

 

育毛剤

育毛剤は現在生えている髪の毛の維持、脱毛防止、細い髪の毛や産毛の強化といったことを目的とした商品です。養毛剤より強い作用を求めていて、髪の毛の質を変えたいと考えている方が使用する商品といえるでしょう。こちらは薄毛に悩んでいる男性が主に使用している商品ですが、男女兼用のものや、女性用のものもあり、近年増えている女性の薄毛にも対応した商品といえます。成分的には医療用として使われるものはなく、ほとんどが医薬部外品に該当します。ただし一部の育毛剤には医療現場でも使われているカルプロニウム塩化物水和物が配合された育毛剤もあり、こちらは第2類医薬品、又は第3類医薬品に該当します。

 

発毛促進剤は養毛剤や育毛剤とは違い、今生えている髪の毛だけでなく、新たな毛髪を生みだそうという作用がある商品です。薄毛の進行が激しい方は、発毛促進剤を使用した方が良いでしょう。ただ、現在日本では発毛促進剤と呼ばれる商品は多くはありません。発毛促進剤と認定されているものはミノキシジルなど数種類のみです。発毛促進剤は第1類医薬品に該当する商品が多いです。第1塁医薬品の場合、薬剤師から商品について使用上の注意など、説明を受ける必要がある商品です。作用が高まる反面、かゆみやかぶれなどの副作用が出る確率もあります。

 

 

男性ホルモンの画像

AGAは別名、「男性型脱毛症」と呼ばれています。男性に特化した薄毛の進行を表すもので、頭頂部が薄くなったり、生え際のM字部分が薄くなるなどの兆候が出た場合は、AGAの発症が疑われます。生え際が薄くなる症状は女性には見られず、男性特有のものです。その要因としては男性ホルモンと還元酵素の5αリダクターゼが影響しています。男性ホルモンはもともと若いうちから、どなたでも持ち合わせているものです。しかし中高年になってくると、この男性ホルモンと5αリダクターゼが結合する可能性が高まってしまうのが薄毛の最大の要因です。すなわち、男性ホルモンを抑制するということよりも、5αリダクターゼを阻害するということを意識した薄毛改善の取り組みが必要になってくるわけです。

 

AGAの進行が始まってしまったら、普段の生活の中で改善するのは非常に難しいです。生活習慣を見直したり、食生活を見直しても薄毛の進行を食い止めるのは難しいでしょう。そこで大切になってくるのが育毛ケア!
具体的には、サプリメントや育毛シャンプー、育毛剤、内服薬などでの対応が効果的です。特に薄毛の進行が激しい場合は、内服薬は欠かせません。日本の病院やクリニックでもプロペシアを処方しているところがほとんどです。
プロペシアは公的に薄毛治療薬として認可さてており、日本で使用できるものの中では最もメジャーな薬の一つに挙がる内服薬です。しかし保険が適用されないため、純正品は毎月8000円程の負担となることもネックです・・・。
そういった状況もあって、海外からプロペシアと同じような作用を兼ね備えているフィンペシアやエフペシア、デュタスなどを個人輸入して使用している方も多くいらっしゃいます。値段がプロペシアより圧倒的に安いということが人気の理由です。

 

しかし、個人輸入でAGAのジェネリック医薬品を購入することは安いとはいえ、リスクも考えられます。取り扱いには気を付けなければならないものもあり、個人の判断では安心できない一面もあります。

 

そういったリスクが怖いという方はAGA治療の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。実績のある専門家のアドバイスなら安心して治療を進められるでしょう。ちなみに、相談無料です。下で紹介するクリニックの公式サイトをどうぞご覧ください。

 

>>関東の方は:新宿メディカルクリニック<<

>>関東以外の方は:AGAスキンクリニック<<

 

 そもそも若はげって何?

若はげってなにの画像


 

若ハついて、「何歳から何歳まで」を指すという特別な定義はありません。だいたい30代中盤以降はAGAと呼んでいるケースが多いため、10代から30代前半ぐらいまでを若はげと呼ぶケースが多くなっています。
この世代はまだまだ男性ホルモンが活性化され、毛根も元気な方が多いです。治療次第では自力で発毛を促すレベルまで改善することが可能なので諦める必要はないでしょう。

 

若はげ(若年性脱毛症)と診断された場合、できるだけ早めの治療が必要となります。一過性のストレスが要因であれば、自力で回復する可能性もありますが、基本的には育毛剤や発毛剤、内服薬などを使った治療が一般的です。特に内服薬を使用することで、1年で6割程度、3年で8割近い方に薄毛改善効果が表れたというデータもあるため、若はげになってしまった場合は思い切って早めに治療を始めてみてはいかがでしょうか。

 

今では内服薬と外用薬を併用することで薄毛改善を図っている方も増えてきています。薄毛治療は効果を実感できるまでに長い時間がかかります。中には改善しているのかわからず、すぐに諦めてしまう方もいますが、半年~1年ほど辛抱強く治療を続けることをおすすめします。継続的な治療が薄毛改善には欠かせません。

 

 まとめ


上記、若はげについて治療法や対策、商品についてご紹介してきました。何かひとつ改善すれば良いというわけではなく、食生活や生活習慣、そして育毛剤と内服薬の使用などのあらゆる治療や対策を講じることで、若はげは改善されていきます。「育毛剤を使って効果が出ないからもうダメだ・・・。」とか、「食生活に気を使っているのに改善されない・・・。」、と決め付けるのではなく、ひとつひとつ対策を講じていけば、おのずと若はげの改善効果が出てくるはずです。

 

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。病院検索はこちら

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。また、以下の病院は当サイトおすすめのAGA治療専門のクリニックです。ぜひご覧ください。まずは行動することが大事です!画像をクリックするとサイトに飛べます!

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト

 

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト