ホーム >> AGAコラム >> 頭皮 >> 薄毛はAGA対策だけでは治らない!頭皮環境整備で相乗効果を!

AGAコラム

公開日 2017.12.2
更新日 2017.12.2
薄毛はAGA対策だけでは治らない!頭皮環境整備で相乗効果を!
Say-goodbye-2890801_640

※ 2017.12.2 一部内容更新

日本醫事新報によればAGAの人は全国で約1,260万人、そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人といわれています。つまり、20歳以上の25%はAGAで、17%は自分のAGAに悩んでいるということです。

 

その徳に悩んでいる16%の人は、主にAGA対策として挙げられてる対策を施していると思われますが、実はそれだけでは十分ではありません。「荒れた畑に実は生らない」という言葉があるように、頭皮環境が悪い中でAGA対策を行っても、薄毛を十分に解決することは難しいのです。 そこでここではAGA対策を合わせて行いたい、頭皮環境の改善の方法をご紹介します。

 

 

 AGAが発症する原因は?

画像名の画像

 

 

人間に一生があるのと同じく、髪の毛にも生まれてから抜けていく過程があり、これをヘアサイクルと言います。それぞれの段階は、発毛して伸びていく2~6年の成長期、毛根が縮小し髪の毛の成長が止まり、やがて抜けていく2週間の退行期、毛根の活動が停止する3~4か月の休止期です。

 

AGAはこのヘアサイクルが乱れたことが原因で発症する場合が多いのです。 まずその説明の前にAGAのメカニズムに触れましょう。 男性が多く分泌している男性ホルモンは性欲を増進させる、筋肉や精子を作るなどの働きがありますが、ここに5α活性酵素という毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素が結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモン、別名脱毛ホルモンに変換します。

 

これは身体のメカニズムの「脱毛スイッチ」をオンにしてしまうため、脳が毛母細胞への血流を減らしてしまいます。すると本来血液に乗って送られていた栄養が毛母細胞に届かなくなるので、結果として2~6年あるはずの成長期が1年程度に短縮され、髪の毛が十分に育たないうちに退行期に入って抜けていってしまうのです。

 

このようなヘアサイクルの乱れがAGAの発症の原因です。 つまり、今薄毛の対策をしないと夏に間に合わないのです!!

 

 AGA発症と頭皮環境の関係

ボールの画像

 

ですから、AGAになる根幹は男性ホルモンと5α活性酵素の問題なのですが、しかし単純にそれだけではなく、それをもたらすものとして頭皮環境も無視できません。

 

そもそも頭皮環境は薄毛にどのような影響を与えているのでしょうか。 頭皮環境とは、簡単にいえば頭皮を覆っている皮脂とそこに付着している汚れ、およびそれによって発現している頭皮下の状況の問題のことです。このうち皮脂は、頭皮の潤いを保ち、外部から細菌などが皮膚の中に入り込むことを防いでいる重要な役割を果たしている大切な存在です。

 

しかし皮脂の分泌量が多過ぎると、汚れや整髪料と一緒になって頭皮にある毛穴に詰まってしまいます。すると、分泌された皮脂は排出されず毛穴に充満し、やがて細菌がそこで繁殖し、炎症を起こし、毛根にダメージを与えるようになります。このダメージが蓄積すると、毛根は力を失い、ついには脱毛してしまうわけです。

 

したがって皮脂分泌が過剰になるという頭皮環境の悪化はAGAの発症メカニズムとは異なりますが、同じく薄毛の原因なのです。したがって、AGAだからと言ってその治療ばかりしていても、頭皮環境が劣悪であれば、相変わらず抜け毛は直らないということになります。

 

またAGAが発症することと頭皮環境の悪化は、実は無関係ではなくむしろ連動しています。それは以下のようなことです。

 

AGAの根本原因であるDHTは、男性ホルモンが多ければ当然増えますので、AGAの発症リスクが高まります。そしてその男性ホルモンは皮脂腺を刺激しますので、それが多いと同時に皮脂の分泌量も多くなるのです。 したがってAGAの人は頭皮ケアで皮脂を適切に除去しておかないとさらに薄毛が進行しやすい体質なのだと言えます。

 

またAGA改善のために薬剤を使ったり、栄養バランスに気をつけたとしても、頭皮環境に対するケアがなければその効果は得られません。なぜなら、皮脂分泌が多いということは毛穴が詰まるだけではなく、頭皮全体を皮脂が厚く覆ってしまうことですから、薬剤の有効成分が十分に頭皮を通って内部に浸透しなくなるからです。また頭皮の血行も悪くなっているため、食事で摂った栄養も毛母細胞に十分届きません。

 

参考:頭皮に湿疹ができたらシャンプーを見直そう!おすすめと正しい洗い方

 

 頭皮環境悪化の原因

ネクタイの画像

 

では頭皮環境はなぜ悪化するのでしょうか。主には以下の4点が挙げられます。

 

脂質が多い肉類や高コレステロールの食品、香辛料などの刺激物ばかり摂取すると、皮脂の分泌が過剰になります。すると上で説明したように頭皮環境が悪化します。

 

タバコを吸うと含有されているニコチンが頭皮も含め身体中の毛細血管を収縮させます。それによって血流が悪化し、栄養が毛母細胞に行きわたらなくなりますから、頭皮環境は悪化し薄毛になります。またタバコに含まれる一酸化炭素も血液の酸素運搬を妨げますのでこれも薄毛の原因になります。

 

市販のシャンプーの中に、香りが強い、ツヤが出る、という特徴を持ったものがありますが、これは毛根を痛めて頭皮環境を悪化させ、薄毛をもたらします。 同時にシャンプーに入っている、泡を出すために界面活性剤や、洗浄力の高い油性成分は皮脂を必要以上に落としてしまいます。皮脂は上で書いたように本来は頭皮を守る働きをしていますので、これがなくなって頭皮が乾燥すると脳が危機を感じ皮脂の急激な分泌を指令します

 

それが逆に皮脂の過剰分泌につながり、頭皮環境を悪化させるのです。 それはシャンプーだけの問題だけではなく、洗髪の頻度が多かったり、強い刺激でごしごし洗ったりしても皮脂が奪われますから、それも頭皮環境を悪化させる要因になります。

 

洗髪の後に、濡れた髪を十分に乾かさないと、頭皮が蒸れてしまいます。皮脂という栄養分と蒸れているという環境は菌にとって最適な生存条件ですから、大量に繁殖し毛穴での炎症をもたらし、頭皮環境を悪化させます。 頭皮の蒸れは洗髪後だけではなく、帽子やヘルメットを長時間かぶることによっても発生します。

 

参考:「かゆい」が薄毛の始まり?頭皮のかゆみの原因とは

 

 頭皮環境改善ができるおすすめAGA対策育毛剤

日光の画像

 

では頭皮環境の改善とAGA対策が同時にできる育毛剤にはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめの3品をご紹介します。

 

チャップアップの画像

チャップアップ(CHAP UP)

無添加・無香料・永久返金保証書付き!
安心・安全が第一の方におすすめです。


公式サイトを見る→



 

 

特徴

チャップアップは皮脂分泌を抑制して頭皮環境を整え、同時に毛母細胞を活性化することでAGAを改善させるタイプの育毛剤です。 それをもたらしている成分は、皮脂抑制がドクダミエキス、毛母細胞の活性化が海藻由来成分のM-034です。特にM-034は乱れたヘアサイクルを正常化させるため、ミノキシジルと同等のAGA改善効果があるとされています。

 

その効果のほどは「育毛剤使用者ランキング」の「顧客満足度」「おすすめ育毛剤」「最も期待できる育毛剤」の分野ですべて1位をとった、つまり3冠獲得であることで明らかです。さらには同時に「AGA関連医師アンケート」というAGAの専門家である医師の「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がないまたは少ない育毛剤」に関するアンケートでも1位を獲得し、ここでも3冠を達成したことでも証明されています。

 

つまりユーザーからも施術者からも評価が高いのがチャップアップなのです。 さらにはモンドセレクションの2017年金賞も受賞していますから、国際的な権威によってもその品質と効果は保証されているといってよいでしょう。 それでもやはり育毛剤は効果があるかどうかわからない、という人のためにチャップアップは永久保証の全額返品制度を設けています。

 

他社でも返金保証制度はありますが多くは有期限のものです。しかしチャップアップは、使って効果が出ない場合は返品すれば永久的に全額返金してくれるのです。これは安心して使ってもらうための会社の姿勢であり、同時にチャップアップに対する自信の表れでもあります。

 

価格

そのようなチャップアップは以下の価格で購入可能です。

  • 即定期便:ローションとサプリで20760円が9090円(11670円オフ)
  • 超即定期便:ローション2本とサプリで35560円が13840円(21720円オフ)
  • ローション2本セット便:29600円が12000円(17600円オフ)
  • ローション1本定期便:14800円が7400円(7400円オフ)

 

 
チャップアップの詳細を見る
 

 

薬用ポリピュアの画像

ポリピュア

何よりもコスパ重視の方におすすめ!


公式サイトを見る→






 

 

特徴

ポリピュアは主に毛母細胞を活性化させることで薄毛を改善させる育毛剤です。 その効果の秘密は、バイオポリリン酸という国際特許成分にあります。人間の身体の全ての細胞にはFGFという「線維芽細胞増殖因子」があり、それが「細胞の成長を命令するスイッチ」の役割を果たして細胞分裂をコントロールしています。

 

これがDHTによってオフになってしまうと、AGAが発症し毛が抜けていくのですが、バイオポリリン酸はそれを再びオンにする働きがあるのです。したがってこれによって毛母細胞は再び細胞分裂を始め、発毛が始まり、AGAが改善されるわけです。 このようなメカニズムによるAGA改善の育毛剤は非常に少ないため、自ずからポリピュアの評価は高まっています。

 

その結果が、累計350万本突破という空前の大ヒットであり、かつ楽天市場の育毛養毛剤ランキング、ヘアケアスタイリングランキング、美容コスメ香水ランキングなどのヘアケア部門でトータル20個の1位を獲得した、つまり20冠を達成した、ということになって現れています。また商品の品質も、6年連続モンドセレクション金賞ですから優秀性への国際的な評価も確かです。

 

価格

このポリピュアは、1本に2か月分入って7800円という価格です。つまり1か月分3900円ということですから、その育毛効果と相まってこの価格の安さも魅力の1つです。

 

 
ポリピュアの詳細を見る
 

 

イクオスの画像

イクオス

すぐに効果を実感したい方におすすめ!


公式サイトを見る→



 

 

特徴

イクオスは頭皮の保湿効果の高めて頭皮環境を改善し、同時にヘアサイクルを正常化させることで、薄毛対策を行う育毛剤です。 その効果をもたらす成分は北海道日高沖で採れる天然のミツイシコンブから抽出したM-034と、フランスブルターニュ地方で採れる同じく海藻由来成分のペルベチアカナリクラタを独自の配合率で調合したAlgas-2です。

 

M-034はチャップアップのところで説明したように、ヘアサイクルの正常化を実現する成分ですが、もう1つのペルベチアカナリクラはイクオス独自の成分です。ペルベチアカナリクラは奇跡の海藻と言われているもので、少量の水分でもしっかり内部に取り込む強力な保水力を持っているため、どのような水分が少ない苛酷な環境でも生き残れます。

 

したがって、これを頭皮に塗ることで、頭皮は保湿され柔らかくなり、それによって血行が改善して毛母細胞に栄養が行きわたるために発毛が促進されるのです。 さらにはイクオスもモンドセレクション2017年の金賞を受賞していますから、優秀性は折り紙付きです。

 

なおかつ無添加、無香料、無着色ですから皮膚の弱い人でも安心して使えます。また、45日間全額返金保証制度もありますから、仮に効果が出ないのではという心配があっても思い切って使うことができるのです。

 

価格

イクオスはいろいろな買い方ができますが、1番お得なのは公式サイト定期購入をすることです。以下、購入経路別の価格を挙げます。

 

  • 公式サイト【定価】12800円
  • 公式サイト【キャンペーン】9350円
  • 公式サイト【定期購入】6980円
  • Amazon 9714円
  • 楽天 9714円

 

 
イクオスの詳細を見る
 

 

参考:【厳選AGA】育毛剤の人気ランキングTOP5!

参考:女性用育毛剤選びの注意点とおすすめ育毛剤6選!

 

 頭皮環境を整える育毛成分

目の画像

 

以上が頭皮環境を整え、AGAを改善するおすすめの育毛剤でしたが、それ以外にも効果が期待できる商品はあります。その判別をするために、頭皮環境を改善しAGAを治す効果のある成分を挙げておきます。これらの成分が入っていれば、その薄毛の治る可能性のある育毛剤だということです。

 

ドグダミから抽出した、消炎効果や皮脂分泌を抑える効果がある成分です。発毛促進だけではなく、頭皮のかゆみや、フケ、炎症、頭皮の臭い対策の効果もあります。

 

シャクヤクエキスは皮脂バランスを整えて頭皮環境を整える効果のほか、血行促進によって毛母細胞を活性化させる効果もあります。さらには消炎、抗炎症効果によってフケやかゆみも抑制し、これによっても頭皮環境を改善させます。

 

オドリコソウから抽出したエキスで皮脂腺の活動を抑えて、皮脂分泌を抑制する効果があります。

 

ヒアルロン酸は化粧品にも保湿効果を期待してよく配合されている成分です。1gで6000mlもの水分を保持できる能力があり、これを頭皮に塗ること頭皮下が潤い、それによって頭皮全体の保湿効果がアップします。

 

アロエベラの葉や葉汁から抽出されたエキスで、頭皮の新陳代謝を促進することで保湿効果をもたらします。また抗炎効果もあるので、火傷治療にも使われる成分です。

 

ヒオウギの主成分は女性ホルモンと似た働きのあるイソフラボンで、ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進させます。頭皮でそれが作用することで、頭皮下が潤い、保湿効果がもたらされます。

 

イチョウの葉から抽出したフラボノイドやギンコライドなどが主成分です。乾燥している頭皮に潤いを与え、血行を促進して頭皮環境を改善させます。

 

化粧品にも用いられている成分で保湿効果が高く、肌荒れ防止効果があります。

 

ミノキシジルは育毛効果のある医薬品として認められている2つの成分のうちの1つで、非常にポピュラーでかつ有効性が高いものです。もともとはか血管を広げて、血流を改善させ、血圧を下げる効果があるため、高血圧の治療薬として用いられていました。

 

それが頭皮においても、血管を広げて血行を促進させるので、毛母細胞に栄養が行きわたり発毛が促進される、という効果が確認されたため、現在ではむしろ育毛剤や、医療でのAGA治療に使われています。

 

千振というウリンドウ科の植物のエキスです。スウェルチアマリンなど血行促進効果がある成分が含まれています。

 

M-034

これは上でも説明したように、天然の海藻であるミツイシコンブから抽出した成分です。作用としてはヘアサイクルの正常化が注目されますが、同時に血行促進の効果もあります。

 

タマサキツヅラフジというツヅラフジ科の植物のエキスです。血管を拡張させるため、血行が促進され、毛母細胞が活性化されて発毛効果がもたらされます。

 

ミノキシジル誘導体とも呼ばれる成分です。ミノキシジルは分子量が大きいため頭皮から浸透しにくい、という欠点がありましたが、その分子量を小さくして浸透しやすくした成分です。当然血管を拡張させる効果は保持しています。

 

参考:効果的な育毛成分【おすすめ育毛剤】

 

 まとめ

折り紙の画像

 

いかがでしたか。 AGA発症のメカニズムと、頭皮環境悪化による薄毛発症のメカニズムが実は異なるという点、しかしそれでありながら両社は密接な関係で連動している点についてお分かりいただけたでしょうか。仮にそれが同時い発生している場合は片方だけへのアプローチでは薄毛を本当に改善させることは難しいのです。

 

したがって、AGAになったからと言ってその改善のアプローチをするだけではなく、同時に頭皮環境も改善させることがより薄毛対策に効果をもたらすわけです。そのためには上で挙げた育毛剤を使用してもよいでしょうし、ご紹介した成分の配合されている育毛剤を自分で探して購入してもよいでしょう。

 

いずれにしても、AGA対策そのものと頭皮環境のケアが、フサフサとした髪の毛の復活のためには重要なのです。 今、薄毛の対策をして来年の夏にフサフサとした髪を手に入れましょう!!

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

【12月25日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※  

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ