ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【完全版】AGAが進行してからでは遅い!今できる対策まとめ

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【完全版】AGAが進行してからでは遅い!今できる対策まとめ



日本醫事新報の調査では、全国のAGA患者は成人男性の25%に上り、16%はそれについて悩んでいるといいます。

その悩みの多くはもちろんAGAになってしまったこと自体に対するものでしょう。

しかし中には「どのようにAGA対策を施せばよいのかわからない」という悩みもあるはずです。

なぜなら、世の中にはたくさんのAGA対策商品や、AGA対策のための情報があふれているからです。

そこでここでは、AGAのメカニズムとその発症要因、そして医療行為から生活習慣の改善に至る、すべてのAGA対策の方法を網羅的にご紹介して、今後のAGA対策の検討に役立てていただこうと思います。

AGAはなぜ発症するのか

スーツのおじさんの画像

AGAの対策を考えるためには、その発症のメカニズムと原因を知っておく必要があります。

髪の毛にはヘアサイクルがあります 。

詳しく説明すると、最初に髪の毛が生える2~6年の成長期から始まり、そのあとに毛根が縮小し毛の成長が止まってやがて抜けていく2週間の退行期、最後に毛根が休止する3~4か月の休止期があります。

この3つの期間を2年~7年で繰り返しているのです。

しかしAGAが発症すると、この2~6年の成長期が数か月~1年程度に短縮されてしまいます

それによって髪の毛が成長の途中でいきなり退行期に入り、抜けていってしまい、頭髪の「あるエリア」に集中して起こるために薄毛になるのです。

このヘアサイクルの乱れの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。

これは元々身体の中に存在するのではなく、男性ホルモンの1つであるテストステロンが5α還元酵素と言う酵素と結合すると変換して生まれます。

このDHTが毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させ、髪の毛周期を狂わせてしまうのです。

これがAGAのメカニズムです。

しかし、不思議なことに女性を含めたすべての人に男性ホルモンはあるはずでも、AGAを発症する人としない人がいます。

いったいなぜなのでしょうか。

それはAGAを発症しやすい人にはいくつかの共通点があるからです。

男性ホルモン自体は誰の身体でも分泌されますが、それがDHTに変換しやすい体質としにくい体質というものがあります。

もし、変換しやすい体質であるならば高い確率でDHTが生まれます。

この体質は持って生まれたものである場合と、20代後半以降に肉類や脂っこい食事を食べ続けることによって体質が変わってそのようになる場合があります。

「毛深い男性はハゲやすい」という俗説がありますが、これは反面正しく、反面間違っています。

DHTの原料は先に書いたように男性ホルモンです。

男性ホルモンは体毛を濃くする働きもありますので、そういう意味では毛深い人=男性ホルモンが多い人=DHTが生まれやすい人=ハゲやすい人ということは言えます。

しかし、男性ホルモン自体がAGAを発症させているのではありません。

男性ホルモンが5α活性酵素によってDHTになって初めてAGAは発症します。

したがって、正確に言えば、男性ホルモンが多く、かつ5α活性酵素が活性化しやすいという両方の要素がそろってDHTが生まれやすくなるのです。

半面正しく、反面間違っているというのはそういう意味です。

これも正確には、AGAは遺伝しません

遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」です。

それをさらに因数分解すれば、遺伝するのは男性ホルモンが多いという体質と、5α活性酵素が活性化しやすい体質の2つです。

そしてそれは別々の遺伝子情報ですので、その両者が偶然そろって遺伝することで、AGAの発症のしやすさが遺伝するのです。

加齢

AGAは10代でも発症しますが、しかし多く発症するのは加齢した40代後半以降です。

加齢によって男性ホルモンのテストステロンの分泌量は減ってきます。

EDが発症したり、中年以降うつ病が増えたりする原因の多くはこのためです。

したがって本来であればDHTへの変換量も減るのでAGAも減るはずですが、にもかかわらず増えてくる、というのは動脈硬化によって血行が悪くなる、ということが理由として挙げられます。

ただでさえDHTによって栄養失調になっている毛母細胞が、さらに動脈硬化による血行不良で栄養が減るために、薄毛を発症するのです。

参考:1分でできる!AGAセルフチェック

決定版!AGA対策一覧

本を読んで考える男性の画像

それではこのようなAGAになった場合、どのような改善方法があるのでしょうか。

AGAクリニックでの治療からから生活習慣の改善に至るまでのあらゆる方法を網羅的に紹介します。

現在医療行為として、薬剤を使ってAGA対策を施す方法の中で最も効果があるとされているのは、注射などで頭皮に直接薬剤を注入する方法です。

その方法にも2つあり、1つがHARG療法、もう1つが育毛メソセラピーです。

以下その2つをご紹介します。

まずHARG療法とは注射針で、頭皮にHARGカクテルを注入する治療法です。

HARGカクテルは、幹細胞から抽出したタンパクであるAAPEから生成したHARGパウダーとビタミンやアミノ酸等をブレンドしたもので、民間のライセンスを取得した病院でしか治療できません。

HARGパウダーは各種の成長因子、つまり毛母細胞の分裂を促す物質を含んでいるので、発毛が促されます。

そのほかの成分としては、毛髪の原料であるタンパクのケラチンを構成するアミノ酸、毛髪の成長を促進するビタミンBアミノ酸、ビタミンHアミノ酸などが含まれています。

効果が出るまでには、月1回の治療を6回程度受けるのが普通です。

もう1つの育毛メソセラピーとは、HARG療法のうちのHARGカクテルを除いた成分を頭皮に注入する治療法です。

こちらは効果が出るまでには、だいたい月1回の治療を12回かけて行うのが普通です。

この2つの治療法のうち、より効果が高いのは細胞成長因子を注入するHARG療法ですが、料金的にも高いのが難点です。

施術1回あたりの費用が2万円台の育毛メソセラピーであれば12回受けても24万円ですが、HARG療法は安いモニター料金でも1回10万円以上ですから6回受けて60万円は最低でもかかります。

この2つの治療に尽力しているのが全国展開をしているAGAスキンクリニックになります。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

参考:篠崎愛で有名なAGAスキンクリニックの評判

注射ではなく薬を塗る、または飲むなどによって投薬する治療法もあります。

これは現在アメリカの厚生労働省ともいえるFDAがAGAに効果があると認めている薬としては以下の2種類しかありません。

1つはフィナステリドという有効成分を配合したプロペシアという内用タイプの治療薬です。

これは5α還元酵素の活性化を阻害することによってDHTの発生を抑制し、AGAを改善するものです。

もう1つがミノキシジルという有効成分を配合したロゲインという治療薬です。

ミノキシジルは血管を拡張させる作用があり、それによって栄養失調に陥っている毛母細胞に再び血液を豊富に流れこませて栄養補給をし、活性化させてAGAを改善させるものです。

このプロペシア、ロゲインとも基本は病院で処方してもらわなければなりませんが、価格の安いジェネリック品も多数出ており、調剤薬局でそれを調剤してもらうことも、あるいはもっと安いジェネリック品を自己責任で個人輸入をして使うことも可能です。

以下に主なクリニックのプロペシア価格表を記載しました。

ざひ参考にしてみてください。

 クリニック名  価格

 AGAスキンクリニック

 4,200円

 新宿メディカルクリニック

 6,500円

 TOMクリニック

 6,500円

 ゴリラクリニック

 9,000円

植毛

植毛はその名の通り、頭皮に髪の毛を植え込む外科手術です。

これにも2種類あり、1つは合成繊維で作られた人工毛を植え込む「人工毛植毛」、もう1つが自分の毛髪を移植する「自毛植毛」です。

それぞれについて以下に詳しく説明します。

人工毛植毛は、ドナーと呼ばれる移植する髪の毛を自分の頭皮から切り取ってこなくて済みますので、その分の痛みがなく、また自毛植毛に比べてその点でも時間がかかりません。

ただし、合成繊維の人工毛を頭皮に植え込むので、身体の拒否反応が起こる可能性があり、そうなると植毛しても少しずつ抜け落ちてしまう点、そして人口毛ですから伸びることはなく、自毛部分が伸びた時に違和感が生じるのがネックです。

これに対して自毛植毛は、自分自身の髪の毛を移植しますから、それが定着すれば生涯にわたって生え続け、抜けても元からある髪の毛と同様にヘアサイクルで新しい髪の毛が生えてきます。

ただし、1度に採取できるドナーの量にも限界がある点、そのドナーを切り取る手術に痛みがある点、その切り取り手術の時間がかかる点がネックです。

また自毛の場合、またAGAが発症するのではという危惧がありますが、ドナーを切除する部位である後頭部に5α還元酵素が存在しないため、DHTは生まれず、AGAは再発症しません。

植毛を行っているクリニックの相場は以下のような価格になります。

 クリニック名  合計費用

 TOMクリニック

約40,000円

 AGAルネッサンスクリニック

 約490,000円

 AGAスキンクリニック

 約500,000円

 アイランドタワークリニック

 約800,000円

以上のような医療行為のほかに最もポピュラーなAGA対策は、育毛剤、発毛剤、発毛促進剤と言った、分類でいうと化粧品や医薬部外品に該当する商品によって、薬剤を頭皮に浸透させる方法です。

その中でもAGA解消へアプローチする方法によって以下のような分類ができます。

これらがAGA対策で用いられる育毛剤、発毛剤に含まれる主な成分 です。

具体的には以下の成分を配合しているものが多いです。

  • キャピキシル:男性ホルモンを抑える高濃度イソフラボンを含んでいます。
  • ノコギリヤシ:DHTの作用を抑制する成分です。
  • M-034:5α活性酵素の活性化を阻害し、DHTの生成を抑え毛母細胞を活性化させる成分です。
  • バイオポリリン酸:毛母細胞の中の毛乳頭の細胞分裂を活性化させる成長因子、つまりグロースファクターの作用を持った成分です。

    細胞分裂が盛んになることで、発毛が促進されます。

育毛剤と発毛剤の違いは今ある髪を育てるか新しく髪を生やすかにあります。

自分の理想に合わせて非医薬品を選びましょう。

商品名 1日分の値段 返金制度 成分数 特徴
チャップアップ 246円 永久 70 定番育毛剤!
ポリピュアEX 113円 45日 9 コスパや重視の人や
イクオス 199円 45日 61 業界最大級の成分数
BUBKA 325円 30日 59 コラーゲン配合により薄毛を抑制
リデン 228円 永久 54 再生医療の発想で
フィンジア 332円 30日 14 カプサイシンで
プランテルEX 323円 30日 390 リデンシルで

シャンプーはAGAを直接的には改善させませんが、発毛の環境である頭皮環境を整えることでその促進を行います。

具体的には、皮脂を適度に除去して潤いのある頭皮にすることです。

 

サプリメントの中にもAGA対策として有効な成分が含まれているものがあります。

副作用の心配が少ないため、安心して摂取できます。

具体的には以下のような成分を含有しているものです。

  • アミノ酸:髪の毛の原料であるタンパク質の元となる成分です。
  • L-リジン:タンパク質の生成を助けて、発毛を促します。
  • ビタミン:ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどは育毛効果があります。

    また、ビタミンB2とビタミンB6は毛母細胞の働きを活性化させます。

  • 亜鉛:髪の毛の成分の約9割を占めるケラチンというタンパク質の合成時に必須の成分です。
  • ノコギリヤシ:北米から中南米にかけて生息する植物ですが、DHTの生成を抑える作用があります。

増毛とは、自分自身の髪の毛に人毛や人工毛を数本ずつ結びつけたり、頭皮に特殊なシートを張り付けることによって髪の毛のボリュームを出したりする方法です。

このメリットとしては、

  • カツラより自然
  • 簡単かつ速い
  • 通常と変わらない生活ができる

があります。

一方デメリットとしては、

  • 手入れが大変
  • メンテナンス費がかかる
  • 頭皮や今ある髪へのダメージが心配
  • 地毛が残っていなければ増毛できない

が挙げられます。

また、持続性はありませんが、外出時だけなどに使用して、薄毛を目立たせなくする方法もあります。

具体的には、微粒子の黒いシリコンなどでできた増毛パウダーを髪の毛に振りかけたりスプレーで吹き付けたりして、髪の毛を繊維でコーティングし、見た目のボリュームをアップさせることで薄毛を目立たなくさせます。

気になる部分だけ、自分ででき作業できますので手軽ですし、費用も最も安いです。

ただし、増毛スプレーや増毛パウダーは水に弱いので、激しい運動で汗をかいたり、雨に濡れてしまったりすると落ちてしまいますし、当然シャンプーでも落ちますから、毎日外出する必要がある人の場合は、毎日使用することが必要になります。

薄毛隠しと言えばかつらですが、最近のかつらは、非常に進化を遂げ、自然なキューティクルや、見た目を追求した人工皮膚が使用されていますので、つけていることが極めて分かりにくくなっています。

また大手メーカーのオーダーメイドのものを購入すれば、自分の髪質や太さにあわせて作成されますから見た目がとても自然で、昔のように「あの人かつらだよね」などと噂されるようなこともほとんどありません

ただしかつらやウィッグにはデメリットが3つほどあります。

1つめはコストがかかる点です。

かつらは意外に高額で、大手メーカーのものの場合は、スペアと2個セットで5~60万円程度でし、しかも2~3年で人工毛が傷みますからその頻度での買い替えが必要です。

さらに、かつら専用シャンプーやコンディショナーも必要ですし、当然自毛部分は伸びてきますから、自然な見た目を維持するにはかつらメーカーの専用サロンでの1回4000~5000円の料金での定期的な散髪が必要となります。

かつらをローンで購入した場合は、これらの費用込みで、毎月2~3万円程度のコストがかかります。

2つめは、どれだけ進化したかつらで、見た目では全く分からなくても、入念にさわれば分かってしまう点です。

オーダーメイドのかつらは自分の頭に合わせて作成されますが、カツラと自分の頭皮の間にはどうしても多少の隙間ができてしまうため、さわると段差があることがわかるのです。

3つめはつけ始めるタイミングが難しいという点です。

薄毛の人がある日突然フサフサな髪の毛になるわけですから、それは一発でばれてしまいます。

ですから転勤や転職のタイミングで使い始める人が多いようです。

参考:芸能人も使ってる?薄毛対策にかつら/ウィッグ使用のメリット、デメリット

以上のような対策のほか、生活態度、生活習慣を改めることでもAGAは改善できます。

髪の毛は頭皮の表面に生えるものですが、毛根は身体の内部のものですから、栄養分やホルモンなどに多大な影響を受けます。

したがってそれに密接に関連する食生活や生活習慣の影響も大きいのです。

まず、偏った食生活は頭皮にも悪い影響を与えます。

タンパク質やアミノ酸が不足すれば髪の毛の原料がなくなりますから、髪の成長は阻害されます。

また、脂っこい食べものを多く摂れば、悪玉コレステロールが増加して血行が悪化し、毛母細胞が栄養失調になります。

さらには香辛料など刺激の強い食品は皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌を招いて頭皮環境を悪化させます。

アルコールの過剰摂取でも皮脂の過剰分泌は起こります。

さらに大量のアルコール摂取は、肝臓に負担をかけ、肝臓で生成されるはずのタンパク質が生成されなくなり、結果的に髪の毛の成長を阻害します。

喫煙は身体の毛細血管を収縮させるため、頭皮での血行を悪化させ、毛母細胞の栄養失調を招きます。

睡眠不足は、寝ている間に分泌されるはずの成長ホルモンが分泌されなくなり、髪の毛の成長を阻害します。

さらに自律神経のバランスが崩れることで、抗ストレスホルモンが分泌され、それが男性ホルモンの分泌を促します。

男性ホルモンは皮脂腺を刺激しますから、皮脂の過剰分泌が発生し、頭皮環境を悪化させます。

慢性的で過度のストレスも睡眠不足と同様に自律神経のバランスを乱し、結果的に頭皮環境を悪化させます。

以上のような悪い生活習慣が薄毛をもたらしますので、AGAへの直接的な改善対策と並行して以上の改善も行いましょう。

特にストレスはボディブローのように効いてきますから、ストレッサーからなるべく自分を離す、ウォーキングなどの有酸素運動などを行って自律神経を整える、お風呂にゆっくり入ったり趣味の時間をとったりしてストレスを発散させる、などを行いましょう。

頭皮マッサージは、頭皮のコリをほぐし血行を良くするため、毛母細胞への栄養供給を十分に行う助けとなります。

AGAの治療薬剤などの有効成分も、必要な細胞の隅々まで行き渡るようになります。

さらには、代謝機能も活発化されるので、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れが、押し出される効果も期待できます。

ただし一時期流行ったブラシや指先で頭皮をトントン叩くことは、返って頭皮によくない刺激を与え、薄毛の原因になるので控えましょう。

参考:頭皮マッサージの効果と正しいマッサージ方法

AGAを目立たなくさせるための対策

メスの画像

以上がAGAを改善させるための対策でしたが、AGAが改善するには時間がかかります。

その中で、AGAによる日常生活での引け目を感じないようにする対策として「見た目」でAGAの印象を薄くする、というものがあります。

それはヘアスタイルの工夫です。

具体的には以下の通りです。

AGAをめだたなくさせるためには思い切って短髪にしましょう。

多くの人は薄毛をごまかすために長髪にしたり、反対側の毛を薄毛の部分に持ってきたりしますが、長髪の方が髪の重さでトップがペッタリしてしまい、ボリューム感が出なくて薄毛が目立ちます

反対側から髪の毛を持ってくるのはあまりに不自然ですし、家ではうまく隠れていても外で活動するうちにそのヘアスタイルが乱れて薄毛が分かってしまいます。

その点意外かもしれませんが、思い切って短髪にしたほうが髪型として格好よくなり、またそれによって薄毛も目立たなくなるのです。

何よりその態度が潔いということで周りからも好感を持たれるでしょう。

その時に選択する短髪のポイントは、「サイドの髪は短くして、縦長のシルエットにする」ことです。

サイドを短くするとトップの髪にボリュームができ、おしゃれになると同時に、薄毛が目立たなくなります。

さらに明るい色のカラーリングなどをして、地肌の色を目立たなくすることでも薄毛が目立たなくなります。

まとめ

注意の画像

いかがでしたか。

男性ホルモンの影響下にあるAGAは、そのホルモンの分泌を抑制する、男性ホルモンからDHTになることを抑制する、DHTの活性を阻害する、DHTの影響に負けないように毛母細胞を活性化させるなど、AGAのメカニズムに直接アプローチする方法から、頭皮環境を整えて発毛しやすい状態にするという方法まで対策はさまざまにあります。

またそれも医療による治療から、化粧品や医薬部外品の使用、サプリメントの活用、生活環境の改善まで幅広い方策があります。

さらには、ヘアスタイルの工夫などによってAGAそのものを目立たなくさせるという方法もあります。

いずれにしてもどれか1つを行えばよい、ということではなく、自分に合った方策を複合的に実行することが重要です。

上で説明した内容を参考にぜひ自分なりのAGA対策を実践してください。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_