ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 一般的にハゲと呼ばれる原因には、AGAの他にもある!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

一般的にハゲと呼ばれる原因には、AGAの他にもある!



男性にみられる薄毛というと、AGA(男性型脱毛症)がその代表的なものとなります。

ただ、AGA以外にも、髪の毛や頭皮にとって好ましくない生活をしていると髪の毛が減ったり、遺伝などが原因で髪の毛が薄くなったりすることがあります。

今回は、AGAだけではない、ハゲになる原因やその対処法、またハゲは治るのか治らないのかについて解説していきたいと思います。

ハゲとは

画像名の画像

ハゲになる原因やその対象について紹介する前に、そもそもハゲとはどのような状態のことをいうのかについて説明しておきたいと思います。

また、ハゲと薄毛との違いについて見ていきたいと思います。

一口にハゲと言っても、いろいろな種類のハゲ方があります。

男性に特徴的なハゲ方があれば、女性に特徴的なハゲ方もあります。

また、男女共通のハゲもあります。

では、代表的なハゲ方について見ていきたいと思います。

男性に特徴的なハゲ方の1つに、「M字ハゲ」や「U字ハゲ」といった、髪の毛の生え際が後退していくタイプのハゲ方があります。

男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)によくみられるタイプのハゲ方で、局所が無毛状態に近づいたり、無毛状態になったりするタイプのハゲ方です。

M字ハゲやU字ハゲと並んでよく知られているハゲ方として、「O字ハゲ」といわれるハゲ方もあります。

O字ハゲは別名を「つむじハゲ」ということからも分かるように、つむじの周辺から徐々に髪の毛が薄くなっていくタイプのハゲ方を言います。

O字ハゲも男性型脱毛症を発症することでなることもあるのですが、どちらかというとM字ハゲやU字ハゲに比べた場合、生活習慣の大きく関与しているケースが多くみられるということです。

男性であっても女性であってもみられる共通のハゲとしては、円形脱毛症があげられます。

円形脱毛症は俗に「10円はげ」などと呼ばれることからも分かるように、頭部に10円玉大のハゲができてしまう疾患のことを言います。

円形脱毛症というと、一般的にはストレスが原因だと考えられていることが多いと思います。

ところが、実際にはストレス以外のことが関与しているということです。

実際に医療現場でも、円形脱毛症を治療しに来ている患者さんが、適応障害などを抱えていて、心療内科などで治療をしているケースはほとんどみられないということです。

また、抑うつ状態と円形脱毛症について、エビデンスのある報告はないということです。

参考:円形脱毛症に画期的な増毛アイテム!スーパーミリオンヘアー

女性に多くみられるタイプのハゲ方としては、「瀰漫性脱毛症」と呼ばれるタイプのハゲ方があげられます。

びまん性(瀰漫性)とは「広い範囲にみられること」という意味があり、髪の毛全体の量が減ったり、髪のボリュームが低下したりするタイプのハゲ方を指します。

女性に見られる薄毛は、男性に見られるM字ハゲやU字ハゲなどのように、局所がハゲ上がってしまうようなことはあまりありません。

どちらかというと、髪の毛全体のボリュームが低下して、地肌が透けて見えてしまうようなハゲ方をします。

ハゲ方にもいろいろな種類があることを説明してきましたが、文中で「ハゲ」という言葉と「薄毛」という言葉の両方があったことにお気づきの方もいらっしゃることと思います。

では、ハゲと薄毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

ハゲや薄毛について書かれている記事や解説を見ていても、ハゲと薄毛という言葉の使い方に、明確な定義があるわけではないようです。

どちらかというと、無毛の場所が多くみられるケースをハゲ、髪の毛が比較的残されているケースを薄毛と呼んでいるようです。

薄毛とハゲという言葉の使い方の違いを見ていると、その進行度合いによって使い分けられているケースも見受けられます。

要するに、髪の毛の量が減り始めて薄毛になり、それが進行してハゲにいたるという訳です。

ハゲになる原因

基礎知識の画像

ここまで見てきたように、ハゲ方にはいろいろな種類があり、また、ハゲ方によってハゲという言葉を使ったり、薄毛という言葉が使われたりすることが分かりました。

では、そもそもハゲてしまう原因とは何なのでしょうか。

ハゲというと、そのほとんどの原因を遺伝が占めていると思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、遺伝が原因でハゲるのは、ハゲ全体をみた場合、25%にすぎないということです。

25%という数字を高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、ハゲの原因の75%は、遺伝と関係ない所にあるということが可能なのです。

では、遺伝によってハゲやすい人は、どのような人なのでしょうか。

特に男性型脱毛症に多くみられるケースなのですが、5α-リダクターゼと呼ばれる分解酵素の分泌が遺伝的に活発な人の場合、男性型脱毛症を発症する確率が上がってしまうということです。

男性型脱毛症を発症すると抜け毛が増えますが、その原因として「ジヒドロテストステロン」の存在があげられています。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであり「テストステロン」がより強力になったものです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容器(アンドロゲンレセプターと言います)に反応することで、サイトカインの一種である「TGF-β」を産生します。

TGF-βは別名を「退行期誘導因子」といいます。

私たちは一般的に10万本の髪の毛をもっているとされますが、それらは一定の周期で生え換わっていきます。

その周期のことを「ヘアサイクル」と呼んでいます。

ヘアサイクルは一般的に1周あたり4年から6年かかるといわれていますが、そのほとんどが髪の毛の「成長期」となっています。

成長期を終えると退行期に入り、やがて休止期を迎えて、髪の毛は抜け落ちていきます。

ヘアサイクルが正常であれば、抜け落ちた髪の毛のあった毛根には、新しい髪の毛が生え始めています。

ある意味、新しく生えてきた髪の毛によって、成長期を終えた髪の毛が押し出されるとも言える訳です。

ところが、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと反応することによってTGF-βが産生されると、髪の毛の成長期が短くなってしまうのです。

そのような状態で髪の毛が抜けおちた場合、その髪の毛があった毛根部では、まだ新しい髪の毛の成長が始まっていないこととなります。

そのような毛根が増えることによって、男性型脱毛症が進行するという訳なのです。

そして、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの産生に、変換酵素である5α-リダクターゼが大きくかかわっているのです。

そのため、5α-リダクターゼを分泌する働きが遺伝的に活発である場合、男性型脱毛症による薄毛がみられやすくなるという訳なのです。

参考:AGAってなに??薄毛の原因を徹底解明

男性型脱毛症を発症するには、いくつかの条件があります。

まず、5α-リダクターゼの働きが活発で、男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化しやすいこと。

そして、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターに反応することです。

ただ、アンドロゲンレセプターの感受性は人によってまちまちです。

遺伝的に脱毛症を発症しやすい人は、アンドロゲンレセプターの感受性が敏感で、ジヒドロテストステロンに反応しやすいという特徴もあることが分かっています。

このように、遺伝的にハゲになりやすい人は、5α-リダクターゼを分泌する働きが活発で、しかもアンドロゲンレセプターの感受性が敏感だということがあげられます。

とは言うものの、先ほども述べたとおり、遺伝によってハゲる可能性は、ハゲ全体で見れば25%でしかありません。

「遺伝だから仕方がない」とあきらめる前に、その他の原因についても知っておきましょう。

ハゲになる原因としては、食生活もあげられています。

食事の時間がいつもバラバラだったり、夜遅くに食事をしたりすることで、自律神経のバランスが乱れると、薄毛やハゲになるリスクが高くなります。

自律神経に関しては、後ほどストレスの項で詳しく述べたいと思います。

食生活に関して言うと、現代人は糖質の摂取量が多いということもあげられます。

糖質の摂取量が多いと何が問題化というと、身体の糖化が進んでしまうのです。

糖化と酸化は、とりもなおさず身体の老化につながるとされています。

身体が老化すれば、当然のことながら薄毛やハゲのリスクが高くなることにもつながります。

また、身体の糖化が進行すれば、加齢によって引き起こされる疾患(糖尿病や高血圧、動脈硬化や骨粗しょう症など)のリスクも高くなってしまいます。

ご飯やパン、麺類などが好きな人は注意が必要です。

ハゲになる原因としては、生活習慣もあげられます。

たとえば、運動不足によって筋力が低下したり、全身の血液循環が悪くなったりすると、頭皮環境にも悪影響を与えることとなってしまいます。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血液の量が減少した場所には栄養状態の低下がみられることとなります。

頭皮に栄養状態の低下がみられた場合、髪の毛が成長するための「肥料や水」が足りないこととなってしまうのです。

また、髪の毛が生えるための「土壌」にも悪影響がでます。

その他にも、睡眠不足や疲労などによってストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れ、結果として薄毛やハゲになるリスクが高くなってしまいます

薄毛やハゲになる原因としては、ストレスも外すことができません。

「ストレスは万病のもと」などといわれますが、髪の毛の健全な成長にとってもストレスは大敵です。

ストレスというと、職場の人間関係や仕事上のトラブル、家庭内の不和など、精神的なストレスばかりを想像しがちですが、髪の毛や頭皮環境に悪影響を与えるのは、精神的なストレスだけではありません。

先にも出てきた睡眠不足や疲労などは身体的なストレスになります。

その他、暑さ寒さや花粉、タバコの煙や排気ガス、台風による気圧の変化なども身体にとってはストレスとなります。

ストレス状態が継続すると、自律神経のバランスが乱れることとなります。

自律神経は交感神経と副交感神経から成っており、私たちの生命活動を支えてくれている重要な存在です。

交感神経と副交感神経はよく、車のアクセルとブレーキの関係に例えられます。

活発に動くときにはアクセルを踏み(交感神経優位状態)、身体を休めるときにはブレーキを踏む(副交感神経優位状態)という訳です。

ところが、ストレス状態が長く続いてしまった場合、夜になってもアクセルを踏みっぱなし状態になってしまいます。

私たちが寝ている間、脳からは成長ホルモンが分泌され、損傷部位を修復したり、身体の成長を促したりします。

ところが、交感神経優位状態が継続すると、成長ホルモンの分泌が滞ってしまい、身体の回復が追い付かなくなってしまうのです。

また、毛母細胞の分裂も不活発になり、ヘアサイクルに悪影響を与える結果となります。

交感神経優位状態が続くことにはもう1つ問題があります。

それは、交感神経が優位になると、血管が収縮して血液の循環が悪くなってしまうということです。

先ほども述べたように、血液は全身に酸素と栄養を送り届けてくれています。

ところが、交感神経優位状態が続くことで血管が収縮すると、頭皮の栄養状態も悪化してしまうのです。

円形脱毛症のところで少しふれたのですが、円形脱毛症というとストレスが原因だと考えている人も多いことと思います。

ただ、実際の治療現場を見てみると、ストレスと円形脱毛症とには明確な因果関係がないようです。

もちろん、ストレスが全くの無関係という訳ではないのですが、主要な原因としては自己の免疫に異常があることがあげられています。

つまり、円形脱毛症は関節リウマチなどと同じく、自己免疫疾患だということなのです。

その証拠として、円形脱毛症になる人の多くが、花粉症はアトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患を併せ持っているということです。

髪の毛や頭皮の状態を良好に保つため、毎日のシャンプーやコンディショナーを欠かさない、という方もいらっしゃることと思います。

ところが、そのシャンプーによってハゲになるリスクが上昇するとしたらいかがでしょう?

市販のシャンプーには、界面活性剤など洗浄力を上げるための科学物質が多く含まれています。

そのようなシャンプーで髪の毛や頭皮を洗うと、髪が傷ついたり、頭皮を守る皮脂が根こそぎ洗い流されたりします。

それによって、頭皮に炎症を起こしたり湿疹を起こしたりして、脂漏性皮膚炎から脂漏性脱毛症に移行したり、粃糠性脱毛症を発症したりすることがあります。

薄毛やハゲになる原因として、誤ったドライヤーの使い方もあげられます。

熱風で頭皮を乾かすような使い方をしていると、頭皮が乾燥しすぎて炎症を起こしやすくなってしまいます。

逆に、短髪の男性などの場合、ドライヤーをまったく使わないことで薄毛やハゲになるリスクが高くなってしまいます。

なぜなら、高温で多湿な環境は細菌の好むところだからです。

ハゲを自力で治せる可能性は?

はてなの画像

ハゲは現在、病院やクリニックで治療できる時代となっています。

とは言うものの、病院やクリニックを受診することに抵抗があるという人もいらっしゃることと思います。

そのような場合、どのような改善法が考えられるでしょうか。

ハゲになる原因として、食生活や生活習慣があげられていました。

私たちの身体は食べものからできているのですから、ハゲを治すためには食習慣を見直すことが重要です。

髪の毛の成長や頭皮環境にとって好ましい食べ物としては、牡蠣やレバー、牛肉やチーズ、卵などの亜鉛を多く含む食品があげられています。

また、身体の調子を整えるビタミン類も積極的に摂るように心がけましょう。

疲労や睡眠不足が続いているような場合、仕事のペースを考えて身体を休めるようにしましょう。

睡眠の質を高めるのであれば、適度に身体を動かしたり、お風呂で温まったりするのが効果的です。

ストレスがたまっている自覚があるのであれば、自分なりのストレス改善法を見つけるとよいでしょう。

運動習慣がある人ならスポーツをしたり、ジョギングをしたりするとよいでしょう。

あまり運動が得意ではないという方は、身体への負担が少ないところでハイキングをしたり、ロープウェーを利用して登山をしたりするものよいでしょう。

もっとも簡単なストレス改善法としては、大きな声を出すということもあげられます。

普段あまり大きな声を出す機会がないような人は、たまにはカラオケにでも行って大声を出すとよいでしょう。

参考:ストレス抜け毛にありがちな毛根と治し方

ハゲを改善する方法としては、発毛剤を利用するという手もあります。

発毛剤とはその名の通り、発毛効果が得られる医薬品のことで、日本ではフィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルの3種類が厚生労働省によって認可されています。

そのうち、フィナステリドとデュタステリドは医療用医薬品であるため、原則としてハゲや薄毛を専門としている病院やクリニックで処方してもらう必要があります。

ミノキシジルは第1類医薬品なので、薬剤師の説明を受けることによって、薬局やドラッグストアで購入することが可能です。

また、必要書類を整えれば通信販売で購入することも可能となっています。

発毛剤を処方してくれる代表的なクリニックとしては、AGAスキンクリニックがあげられます。

AGAスキンクリニックは、それこそ北は北海道から南は沖縄まで、全国に49院を展開している、AGA治療の老舗です。

ハゲが気になっている人や、薄毛について相談したい人は、自分の住んでいる地域にあるAGAスキンクリニックを受診するとよいでしょう。

 
 
  有効成分 働き 期待できる効果 副作用
プロペシア フィナステリド 2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制 抜け毛予防、発毛促進 勃起不全、肝機能障害など
ザガーロ デュタステリド 1型・2型両方の5α-リダクターゼの分泌を抑制 抜け毛予防、プロペシアよりも高い発毛効果 勃起不全、精子量の減少など
リアップ ミノキシジル 血管拡張・血行促進 頭皮環境の改善、栄養状態の向上 頭皮の炎症、アレルギーなど

脂漏性皮膚炎によって頭皮に炎症を起こし、結果として抜け毛が増えているような場合には、まず皮膚科を受診して頭皮環境を改善するようにしましょう。

また、円形脱毛症の治療も、通常は皮膚科でおこなわれています。

ハゲは治らないもの?

チェスの画像

ハゲや薄毛は非常にデリケートな悩みであり、「もう治らないのか」と絶望的な気分になってしまうこともありますよね。

実際に、ハゲは治らないものなのでしょうか

また、治すためにはどのような治療が必要なのでしょうか。

それではまず、ハゲを治すためにはどのような方法があるのかについて見ていきましょう。

最善は病院やクリニックを受診することとなるのですが、その前段階でできることを見ていきたいと思います。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

まだそれほどハゲが進んでいない状態、すなわち薄毛が気になりだした状態であれば、育毛剤を利用することによって、薄毛の進行を抑制するという手があります 育毛剤はその名の通り、髪の毛を育むためのものであり、発毛剤とは違ってその多くが「医薬部外品」と呼ばれるものです。

育毛剤は天然由来の成分からできているため、医療用医薬品である発毛剤とは異なり、副作用のリスクが低いというメリットがあります。

では、男性におすすめの育毛剤と、女性におすすめの育毛剤を1つずつ紹介しておきたいと思います。

男性におすすめの育毛剤としては「チャップアップ」があげられます。

駅構内や街中で、ウルトラの父が描かれた広告を見たことのある人もいらっしゃることと思います。

チャップアップは育毛剤の中でも特によく知られている育毛剤で、使用したことのある人はもちろん、男性型脱毛症を専門としている医師からも高い評価を得ています。

その自信のほどは、「永久返金保証」に現れています。

効果をまったく感じられなかった場合、期間を限定せずに、購入代金を返金するというものです。

薄毛やハゲを予防・改善するためには、育毛サロンを利用するという手もあります。

病院やクリニックとは異なり、髪の毛や頭皮の悩みについて親身になって話を聞いてくれたり、時間をかけてヘアケアをおこなってくれたりします。

代表的な育毛サロンとしては、アデランスがあげられます。

アデランスでは、頭皮ケアをするだけでなく、独自の技術であるバイタルエクスマイクロリターンと呼ばれる手法で、増毛もおこなっています。

一度試してみるのもよいでしょう。

アデランス

アデランス増毛お試し体験!
最近、生え際が心配になってきた方に朗報!
今なら、100本増毛無料!
アデランスでいつまでも自分に自信を。

_

男性型脱毛症の治療をおこなうと、発毛効果の得られることがあります。

ただ、30歳で治療を始めて40歳で治療を終えた場合、髪の毛の量は治療を始めたときに戻るのではなく、40歳のレベルになってしまいます。

つまり、発毛治療をおこないながら、育毛も継続的におこなうことが重要となるのです。

そういった意味では、発毛治療をやめてしまうと、ハゲが再発するということも言えます。

まとめ

ノートの画像

ハゲというとAGA(男性型脱毛症)が有名ですが、その他にも食生活や生活習慣、ストレスや自己免疫疾患、そして遺伝によってハゲる可能性があるということでした。

ただ、遺伝によってハゲる可能性は意外と低く、ハゲ全体で見ると25%程度だということです。

だからこそ、その他の原因についてしっかりと知っておくことが重要です。

誤ったヘアケアが原因でハゲてしまうような場合、シャンプーを育毛用のものに変えたり、育毛サロンで正しいヘアケアを学んだりするとよいでしょう。

また、適度に身体を動かしたりストレスを発散させたりすることで、自律神経のバランスを整え、血行を促進するとよいでしょう。

身体の調子が悪いのに頭皮環境だけがよいということはあり得ませんし、その逆もまたしかりです。

薄毛やハゲにならないためには、身体全体のコンディションを整えるように心がけましょう。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_