ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 抜け毛サイン!?頭皮のかさぶたの原因と治し方

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

抜け毛サイン!?頭皮のかさぶたの原因と治し方


カテゴリ

頭皮に触ったとき、凸凹があったり、フケのようなものが出てきたりしないでしょうか。

そんな頭皮のかさぶたは、お肌のトラブルや頭皮への刺激が原因で引き起こされているかもしれません。

こちらでは、頭皮にかさぶたができてしまう原因や、かさぶたがあるときの注意点、かさぶたと抜け毛との関係についてお伝えします。

頭皮にかさぶたができる原因は?

寝そべる女の人の画像

頭皮にかさぶたができてしまう原因として考えられるものをご紹介します。

心当たりのあるものが見つかったら、すみやかに対策ができるようにしておきましょう。

脂漏性皮膚炎とは、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、そこへマラセチア菌が繁殖したことにより炎症が起こってしまう皮膚の病気です。

脂漏性皮膚炎の症状には、フケや匂いがありますが、やがては炎症やかゆみが現れ、最終的にはかさぶたができるようになります。

脂漏性皮膚炎にかかりやすいのは、皮脂の分泌量が多い男性だと言われています。

しかし、不適切な洗髪などの生活習慣によって罹患してしまうこともありますから、注意が必要です。

通常、皮膚に傷を作ってしまうと、傷を治すためにかさぶたができます。

これと同じように、頭皮に何らかの理由で傷ができてしまい、そこがかさぶたになったというケースが考えられます。

どこかへ頭をぶつけたりしたわけではなくても、長い爪で頭皮を引っ掻いてしまうなど、些細なことでも頭皮に傷がついてしまうのです。

こうしてできたかさぶたは、無理にはがしてしまうことで、傷が悪化してしまうおそれがありますから、なるべく触らないようにしておきましょう。

毎日の習慣として髪を洗っていなかったり、あるいは髪の洗い方が不適切であったりすると、頭皮に皮脂による汚れが残ってしまいます。

このように汚れが残ったことで、髪の毛の成長が邪魔されて、薄毛や抜け毛につながることも少なくありません。

汚れが原因でフケやかゆみが生じ、最終的にはかさぶたができることもあります。

頭皮を健康的に保つためにも、適切な洗浄によっていつも清潔に保てるようにしておきたいですね。

ヘアカラーや白髪染めをしたり、あるいはシャンプーや整髪剤を変えたりしてから、かさぶたができるようになったという心当たりがないでしょうか。

カラーリング剤や白髪染めの刺激によって、頭皮に皮膚炎が生じ、それがかさぶたになったというケースがあります。

また、刺激の強いシャンプーや整髪剤にも注意しましょう。

自分の頭皮に合わない製品をお使いの方は、使用を控えるとともに、医療機関で医師に相談するとともにかさぶたの症状の改善を目指しましょう。

参考:頭皮環境のチェック方と2つの正常化・改善方法

頭皮にかさぶたができてしまったら

ネクタイの画像

もしも頭皮にかさぶたができてしまったら、その後はどのように対応すればよいのでしょうか。

今あるかさぶたをさらに悪化させることなく頭皮の状態を整えるために、これからできる対策をご紹介します。

頭皮にかさぶたが見つかったら、今あるかさぶたにはなるべく触らないようにしましょう。

かさぶたが生じるとともに、かゆみを感じることも少なくありません。

しかし、頭皮を掻いてしまうと爪で患部に傷をつけてしまい、さらに治療が長引いてしまうことがあります。

かさぶたをはがさないのはもちろんのこと、かゆみがあっても触らないように我慢して、医療機関で治療を受けましょう。

いつもシャンプーをするときに、洗い流しが足りないなどの問題がないでしょうか。

シャンプーを洗い流すときには、頭皮にシャンプー剤が残らないように、すすぎを念入りに行いましょう。

また、シャンプー時に爪を立てるなど、頭皮に傷をつけるような洗い方をしていないかどうかも、改めて見直してみてください。

頭皮を清潔に保つために、シャンプーの習慣を改善してみましょう。

また、普段お使いのシャンプーによる刺激が強すぎるというケースもあります。

シャンプーによりかゆみやフケが生じているときは、敏感肌用のシャンプーに切り替えるなど、対策をしておくと安心です。

また、シャンプーだけでなく、ヘアカラーや白髪染めによる刺激が、頭皮にダメージを与えていることもあります。

かさぶたができてしまったときは、しばらく頭皮に負担をかける薬剤の使用は控えておきましょう。

紫外線の強い季節は、頭皮への日焼けにもお気をつけください。

顔や体のお肌が日焼けをするのと同じように、頭皮も日焼けをしてしまいます。

紫外線によってお肌がダメージを受けるだけでなく、皮脂が酸化してしまうと、炎症が引き起こされることもあります。

紫外線の強いときに外出をするのであれば、帽子を被るなどの日焼け対策をするとともに、なるべく日焼けを避けて頭皮へのダメージを少なくしましょう。

 
 

頭皮のかさぶたと抜け毛の関係

考える人の画像

頭皮にできたかさぶたは、AGAをはじめとした薄毛とどのような関係にあるのでしょうか。

AGAの症状としてかゆみやかさぶたが現れることはありませんが、頭皮トラブルによって髪の毛が成長しにくくなることがあります。

頭皮のかさぶたを改善して、健康的な頭皮を保ちましょう。

AGA(男性型脱毛症)とは、髪の生え際や頭頂部に脱毛が生じるもので、多くは男性にみられます。

しかし、AGAの症状として直接かゆみやかさぶたが起こるわけではありません。

AGAの症状は、あくまで抜け毛や薄毛、そして髪の毛が短く細くなるというものです。

しかし、頭皮にかさぶたができるようなトラブルがあると、お肌のバリア機能が弱くなっていることが考えられます。

炎症によって湿疹が生じると、健康的な髪の毛の成長が妨げられてしまうおそれがあります。

頭皮のかさぶたの原因として、脂漏性皮膚炎が考えられることについて前述しました。

脂漏性皮膚炎をAGAと併発する方は少なくありません。

炎症によって頭皮の状態が悪化してしまうと、脱毛が進行してしまうこともありますから、なるべくすみやかに脂漏性皮膚炎の治療を受けましょう。

AGAだけが抜け毛の原因とは限りません。

ほかにも頭皮トラブルが考えられるときは、皮膚科の医療機関を受信することをおすすめします。

現在、頭皮にかさぶたができてしまっている方は、なるべく早い段階で治療を受けて、かさぶたができてしまう頭皮環境を改善しましょう。

AGAによる薄毛のほかにも、脱毛を進行させてしまう原因があるかもしれません。

そのように考えると、頭皮のかさぶたの改善は、抜け毛予防の第一歩とも言えます。

自分の頭皮のトラブルにいち早く気づいて、適切なケアをすれば、かさぶたや抜け毛が起こってしまう環境を改善できるかもしれません。

必要に応じて専門の医師に相談するとともに、日頃の生活習慣を変えて頭皮の環境を整えましょう。

 
 

まとめ

しおりの画像

頭皮のかさぶたと抜け毛についてお伝えしました。

頭皮にかさぶたができる原因としては、脂漏性皮膚炎・頭皮の傷・頭皮の汚れ・強い刺激による皮膚炎などが考えられます。

もしもかさぶたができてしまったら、今あるかさぶたには触らずに、頭皮への刺激をなるべく少なくするように、生活習慣を改善してみてください。

薄毛を防ぐためにも、良好な頭皮環境を整えていきましょう。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_