ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【医師監修】もう笑わせない!若ハゲの原因と改善のための対策徹底公開!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
【医師監修】もう笑わせない!若ハゲの原因と改善のための対策徹底公開!

医師監修の画像

この記事の監修
アゲインメディカルクリニック院長:宮本先生
<<アゲインメディカルクリニックはこちら>>

初対面の時に、こちらの顔を見て、頭を見て、そしてくすっと笑ったり微妙な顔をされたりして嫌な思いになることはありませんか。普通のルックスであればそのような体験は少ないですが、若くして頭の毛が薄い、つまり若ハゲの場合、往々にして遭遇することです。特に顔はそれなりに若いのに、頭髪だけ薄いと、顔とのギャップで余計に頭髪の薄さが目立ってしまいます。

 

本当は、笑っても微妙な顔もしていないのかもしれませんが、若ハゲの場合は自分が気にしているのでそのような被害妄想的な気分になる場合も多いのです。 そんな悩める人のために、若ハゲの原因を明らかにし、それを改善させるための対策をご紹介します。

 

 

 若ハゲの種類と原因

筋肉の画像

 

そもそも「ハゲ」とは何でしょうか?言ってみれば、単純に頭髪が薄いことですが、実はその種類は1つではありません。そのハゲを導いている病気の種類や、あるいはその病気をもたらした原因によって、いくつにも分かれます。当然、対策もそれによって、変わってきます。まずその点について、整理してみましょう。

 

 

ハゲの原因を理解するためには、「ハゲていない」健康でふさふさの頭髪がなぜ維持されているか、ということについてまず知る必要があります。髪が健康でいられるのは一言で言って、毛髪の成長サイクル、つまり「ヘアサイクル」が正常に回っているからです。 ヘアサイクルは、3つの時期に分かれます。

 

1つめの段階が休止期といわれるもので、これはだいたい2~4ヶ月続きます。すでに生えている成熟しきった「硬毛」が脱毛し始めると同時に、そのあとからすぐに次の新しい髪の毛が生まれ始める時期です。

 

2つめの段階が、成長期と言われるもので、これが1番長く、正常であれば2~6年続きます。この時期には、毛乳頭の活動が活発で、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、髪の毛が成長し続けて伸びていく時期です。

 

そして3つめの段階が、退行期と言われるもので、2~3週間続きます。毛母細胞が細胞分裂を停止し、毛母と毛乳頭が分離して髪の毛の成長がとまります。そして毛の根元である毛根が頭皮の方へ昇っていき、抜けやすくなり、抜けていく時期です。 つまり、このように1本の頭髪はおおよそ6年近くの周期で、生まれ、伸び続け、そして抜けていくのです。これが正常なヘアサイクルで、これが回っている間は次々に髪の毛が生まれては伸びていくので、髪の毛は全体としてはふさふさの状態になっているのです。

 

ところが、さまざまな理由によって、増殖が抑制され成長期が短くなってしまう現象が起こります。特に問題なのは、2~6年続くはずの成長期が、1年程度になってしまうことです。こうなると、頭髪は十分に成長する前に退行期を迎えて抜けていってしまうので、それが頭頂部で起これば頭頂部がハゲますし、生え際で起こればM字ハゲになるわけです。

 

その証拠に、ハゲている人は、自分の抜け毛を1度じっくり見てください。おそらく、その抜け毛はどれも短くて細いはずです。それはその頭髪が、十分に成長しきれないまま抜けてしまった、ということなのです。 そのような若ハゲで悩む人が1度は聞いたことのある言葉が、AGAではないでしょうか?これは日本語で言うと「男性型脱毛症」というもので、ざっくり言うと主に男性ホルモンが原因で発症するハゲです。

 

そのメカニズムを簡単に説明すると以下のようになります。 男性らしさを生み出す男性ホルモンに、頭部の生え際と頭頂部の毛根に存在する5α還元酵素という酵素が結合すると、その男性ホルモンが変質しDHTと呼ばれる「脱毛ホルモン」にしてなってしまいます。これが生え際と頭頂部のヘアサイクルを狂わせ、M字ハゲやO字ハゲを発症させるのです。

 

このような原因で起こるAGAですが、その原因のさらに根幹原因には以下の2つがあります。 1つは5α還元酵素が活性化しやすい体質の人やDHTが男性ホルモン受容体と結合しやすい体質の人の場合です。男性ホルモンは誰にでも分泌していますが、それがDHTに変換するためは5α還元酵素が活動するかどうかに左右されます。この5α還元酵素が活性化しやすい体質の人の場合はDHTが生まれやすいのです。

 

この体質は生来的に持って生まれている場合と、20代以降に偏った食生活をとることでそのような体質に変わっていく場合があります。

 

2つめは遺伝の場合です。ただし正確にいうと、AGAは遺伝しません。遺伝するのは「AGAになりやすい体質」、5α還元酵素が活性化しやすい体質や、男性ホルモン受容体と結合しやすい体質です。それは全く別の遺伝子情報ですから、この両方をたまたま一緒に持っていると、AGAの発症のしやすい体質となって遺伝してしまいます。

 

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ              

 

若ハゲの方も診療できるクリニックは、AGAINメディカルクリニックです。AGAINメディカルクリニックは、20~30代の方は、初診料・血液検査無料と若ハゲの方におすすめのクリニックです。また、AGAINオリジナル治療薬では、発毛実感99%以上ととても高い数字があります。

 

 

もう1つAGAと並んで若ハゲを発症させるものに神経性脱毛症があります。この特徴は、脱毛の仕方がいきなり多量に発生するのではなく、徐々に起こることです。それも円形脱毛症のように境目がくっきりしているわけでもなく、AGAのM字ハゲやO字ハゲのようにハゲ方に特徴があるわけでもなく、規則性なくまだらに発生します。 さらに状態が悪化していくと範囲が広がり、全身にまで及ぶ場合もあります。

 

神経性脱毛症は、最初は円形脱毛症のように一部が脱毛することによって始まりますが、進行のスピードはゆっくりしています。そのため、症状が発見しづらく治療のスタートも遅れることが多いです。にもかかわらず進行すればするほど治療が難しくなるので、治りにくい病気でもあるのです。

 

神経性脱毛症の原因はいまだ明らかではありません。おそらくストレスだろうということで、「神経性」という名前が付けられていますが、これもあくまで仮説であって、もしかすると何ら可の病原菌が存在するのかもしれません。しかし詳細は全く不明です。その点でも発症すると非常に治療にてこずるハゲなのです。

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症と粃糠性(ひこうせい)脱毛症の2つはフケがたくさん出るのと同時に抜け毛が増える症状です。過剰な皮脂の分泌と真菌の繁殖で炎症を起こしたり、皮脂の分泌はなくても、真菌の異常な増殖で炎症が起こり、過剰なフケと同時に脱毛が見られます。

 

円形脱毛症は俗に10円ハゲなどと呼ばれる、頭髪の中に直径2cm程度の円形のハゲができるものです。ハゲとそうでない部分の境界がくっきりと分かれていることが特徴です。 この原因もAGAのようには明確にはなっておりませんが自己免疫疾患の説があり、遺伝やストレスの関連もあるということが示唆されています。

 

また以上のような病気ではなく、日常生活が頭皮や毛根に与える悪影響によって若ハゲが発症する場合もあります。

 

髪の毛を成長させる成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されます。したがって、睡眠時間が十分にななかったり睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌が減り、若ハゲの原因になる可能性があります。

 

同時に食生活の中で亜鉛の摂取が少ないと、亜鉛は髪の主成分であるケラチンの合成に関与しているため、丈夫な髪が作れなくなる可能性があります。

 

タバコを吸うとその成分であるニコチンが頭皮の毛細血管を収縮させます。それは血流の悪化につながり、血液によって運ばれる栄養が毛母細胞に届かなくなるため、発毛が衰え薄毛に繋がる可能性が大きくなります。またさらにタバコの一酸化炭素も血液のヘモグロビンの酸素運搬を阻害するので、これによっても毛母細胞は酸欠になり、ハゲの原因となる恐れがあります。

 

 若ハゲの原因別対策

ノートの画像

 

ではこのような若ハゲに対してはどのように対策を施せばよいのでしょうか。それを原因別にご紹介します。

 

まず若ハゲがAGAによるものだった場合です。それには以下のような対策があります。

 

■厳選AGA調べ■

↓どこでも安心の全国展開!&全国駅近徒歩3分以内↓

AGAスキンクリニック

【業界No'1規模】無料カウンセリング実施中!

店舗数:全国展開50
費用:3,400円~/月
実績:発毛実感率99.4%
特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

          公式サイトへ          
 

若ハゲにおすすめのクリニックは、AGAスキンクリニックです。AGAスキンクリニックの特徴は、日本最大級のAGA専門クリニックである点です。また、AGAスキンクリニックは、患者の頭皮の状態と要望を考慮したオリジナル治療をしてくれます。自分にあった治療なので、効果も期待できるのではないでしょうか。

 

 

最後に、AGAスキンクリニックは、全国に50院もあるのでとても通いやすい環境にあります。各院の場所は最寄から徒歩3分圏内に存在したり、駐車場を完備していたりと患者のアクセスに配慮したクリニックになっています。

 

AGAスキンクリニックの詳細はこちら

 

AGAは病気ですからやはり医療で治療することが最も効果的です。その1つが注射によって頭皮に直接発毛薬剤を注入する方法です。それにはHARG療法と育毛メソセラピーという方法があります。 HARG療法は頭皮にHARGカクテルを注入する方法です。HARGカクテルには各種の成長因子、つまり毛母細胞の分裂を促す物質を含んでいるので、発毛が促されます。ただし、この治療法はライセンス制なので、それを取得しているクリニックのみでの施術が可能です。

 

治療期間は月1回の注入施術を6回から12回行います。治療費用は1回10万円程度ですが、高い発毛効果が得られます。 育毛メソセラピーは、成長因子や、発毛を促すビタミンや亜鉛、あるいはミノキシジルなどの医薬品を頭皮に注入する方法です。効果はHARG療法ほどではありませんが、薬の飲用や塗布よりは高い発毛効果が得られます。

 

注射ではなく薬の塗布や飲用による治療法もあります。これには2種類の薬を用います。 1つはフィナステリドという有効成分を配合したプロペシアという内服タイプの治療薬です。これは5α還元酵素の活性化を阻害してDHTの発生を抑えAGAを改善させます。

 

もう1つがミノキシジルという有効成分を配合した治療薬で、これは塗布するものと内服するものがあります。効果は毛乳頭細胞の種々の増殖因子を産生し、AGAが改善するものです。

 

植毛手術は言葉通り、頭皮に髪の毛を植える外科手術です。その方法は合成繊維の人工毛を植え込む「人工毛植毛」と自分の毛髪を移植する「自毛植毛」があります。 人工毛植毛のメリットは、痛みが少なく手術時間がかからない点です。しかし合成繊維の人工毛の植毛なので、定着率は悪く、せっかく植毛しても抜け落ちてしまう可能性があります。さらに種々の有害事象も報告されております。

 

さらにその植毛部分は伸びませんから、周囲の自毛部分が伸びた時に違和感が生じます。 自毛植毛のメリットは、自分自身の毛髪を移植するため定着率が高く、生涯にわたって伸び続け、抜けても本来の毛髪と同様にヘアサイクルの中で新しい毛髪が生えてくることです。ただし、植毛する毛は自分の頭部から切り取りますので、その手術が痛い点と、切除できる毛髪量に限界がある点がデメリットです。

 

なお、自毛植毛の場合は、またAGAが発症するのではないかという懸念がありますが、自毛をを切除する部位には5α還元酵素が少ないためDHTは生まれず、したがってAGAの再発は低いと考えられます。

 

医療行為ではなくAGAを治療する場合は、育毛剤、発毛促進剤、発毛剤などが用いられます。その成分は各社さまざまですが、主なものは以下のようになります。

  • キャピキシル:イソフラボンが配合されており男性ホルモンの分泌を抑制します。
  • ノコギリヤシ:DHTの働きを抑制します。
  • M-034:5α還元酵素の活性化を抑え、DHTの生成を阻害します。
  • バイオポリリン酸:毛母細胞の細胞分裂を活性化させ、発毛を促進させるる成長因子の作用がある成分です。

 

■厳選AGAオススメ育毛剤■

↓早く効果を実感したい方におすすめ↓

イクオス(IQOS)

★使用者の78%が3ヶ月以内に効果を実感
【お得な購入方法】
・定期コース→5,980円
・育毛剤+サプリ付き→6,980円

イクオスの公式サイトを見る→  

また発毛に必要な栄養成分を、サプリメントの形で体内に摂取する方法もあります。主には以下のような成分です。

  • アミノ酸:髪の毛の原料であるタンパク質を生成する成分です。
  • リジン:タンパク質が生成することを促進します。
  • 各種ビタミン:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどには育毛効果があり、ビタミンB2とビタミンB6は新陳代謝を活性化させ、毛母細胞を活性化させます。
  • 亜鉛:タンパク質の合成を促進する成分です。
  • ノコギリヤシ:DHTの働きを抑制します。

 

■厳選AGAオススメサプリ■

イクオスの画像

イクオスサプリ

配合成分数が業界最大級の44種類!
髪の毛の原料「必須アミノ酸9種類」を全配合!

公式サイトを見る→

増毛

増毛とは、植毛ではなく、自毛に人の毛や人工毛を数本ずつ結びつけたり、あるいは毛の生えた特殊なシートを頭皮に張り付けてハゲを解消させる方法です。 このメリットには、

  • かつらよりも自然に見える
  • 施術は簡単で速い
  • 洗髪などができる

があります。一方デメリットとしては、

  • 劣化するので買い替えが必要
  • メンテナンス費がかかる
  • 頭皮が蒸れるので逆にハゲを誘発する可能性がある
  • 自毛がない部分には増毛できない

が挙げられます。

 

また、その場だけの対症方法になりますが、微粒子の黒い増毛パウダーを髪の毛に振りかけたりスプレーしたりして、髪の毛をコーティングし、見た目のボリュームをアップさせる方法もあります。外出時に気になる部分だけ、自分で作業できますから手軽ですし、費用も安いです。

 

ただし、一過性である点、パウダーは水に弱く、汗をかいたり雨に濡れると落ちてしまう点、外出の頻度が高い人はその都度使用する必要がある点はデメリットです。当然社内旅行などで人と一緒に温泉に入浴するとバレてしまいます。

 

古来からハゲ隠しに用いられているかつらや最近の言い方のウィッグは、非常に進化しており、見た目にも自然なキューティクルがあり、さらには人工皮膚を使っていますから、外見上バレる気険性は非常に低くなっています。特にオーダーメイドのものを作れば、自毛の髪質や太さと違和感がありませんから、より一層自然に見えます。 ただしデメリットもあります。

 

1つはコストです。かつらは意外に高く、オーダーメイドで作ると1個20~30万円程度します。なおかつスペアが必要ですから、費用はその倍です。さたに2~3年で人工毛が劣化しますからその都度買い替えが必要です。さらに、専用シャンプーやコンディショナーも必要ですし、伸びて来る自毛部分に合わせてかつらメーカーの専用サロンで1回4000~5000円の散髪が必要です。これらの費用を合計すると、毎月2~3万円程度のコストがかかります。

 

2つめは、一見かつらだとはわかりにくくなっているものの、入念に見られたり、あるいは触られてしまうと、バレてしまう点です。特にオーダーメイドであっても、かつらと自分の頭皮の間にはどうしても多少の隙間ができるので、触ると段差が分かってしまいます。

 

3つめはつけ始めるタイミングの難しさです、ハゲている人が日突然フサフサな髪の毛になれば当然かつらだとバレます。ですから、転勤や転職のタイミングを狙うしかありません。

 

4つめはかつらによって頭皮が蒸れ、ハゲが進行してしまう危険性がある点です。最近のかつらは通気性も優れていますが、やはり蒸れることは事実なので、このリスクは完全には解消されません。

 

神経性脱毛症は原因が明確にはわかっていませんから、対策も非常に立てにくいのが実情です。しかしおそらくストレスも起因要素の1つしているとされていますから、その対策を行うことが最善の方法です。

 

ストレス解消の最も効果的な対策は、ストレスの原因になっているストレッサーを自分の周囲から排除することです。それは特定の仕事の場合のあれば、ある人物の場合もあります。もちろん、仕事関連でそれらの排除ができない場合も多いですが、できるだけそのような局面に自分を置かないことです。

 

たとえば、行きたくない催しや会合には出ない、苦手な人とはなるべく接点を持たない、避けられる仕事はできるだけ避ける、などです。家庭でも、育児、家事、家庭内の問題などがストレッサーだと思われる場合は、考え方を変える、できるだけそれらをしないようにする、などを考えましょう。

 

美肌成分として有名なビタミンCにはストレス緩和の効果もあります。なぜかというと以下の通りです。 人間はストレスを感じると、副腎からアドレナリンを分泌して血圧や血糖を上昇させ、身体の活力を上げて自分を守ろうとします。それによって不足したアドレナリンは追加生成されますが、その時にビタミンCが材料として大量に使われ、ストレスによってビタミンCも非常に不足してしまいます。

 

したがって、ストレスを受けた時にはまずはビタミンCの補充が必要なのです。 加えてビタミンCは抗ストレスホルモンであり、人間のストレス耐性を上げる副腎皮質ホルモンや、これが不足するとうつ病になると言われている神経伝達物質のドーパミンなどの合成にも大きな役割を持っています。ですので、ビタミンCを摂取することで、ストレスに強くなり、同時に気持ちが憂うつにならないようにできるわけです。

 

睡眠不足、質の悪い睡眠はストレスのもとであり、自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩します。それを避けるには、毎日最低7時間以上の睡眠時間を確保すること、できるだけ規則正しい就寝と起床をすること、それも遅寝遅起きではなく早寝早起きにすることです。さらに、朝起きた時に十分に日光を浴びるとその16時間後に睡眠をつかさどるセロトニンが大量に生成されることが分かっていますので、朝の散歩などが質の良い睡眠をもたらしてくれます。

 

忙しいと毎日シャワーで済ませがちになりますが、可能な時にはバスタブに38℃から40℃くらいのぬるめのお湯を、座った時の腰の位置まで張って、ゆっくりと浸かる半身浴をしましょう。それによって副交感神経優位になり、ストレスが解消されます。毎日のが難しいのであれば、週末だけでも効果があります。

 

好きな音楽を聞いたり、DVDを鑑賞したり、あるいはプラモデルを作ったり、オンラインゲームをしたり、マンガ喫茶で好きなマンガを全巻読破したり、というような1人でできる趣味から、仲の良い人と長電話をしたり、ペットの相手をしてみたり、と人によっていろいろな方法がありますが、いずれにしても自分の意識をストレッサーから離すことは非常にストレス解消になります。ですからあえてでも時間を作って、そのような趣味に没頭してみましょう。

 

人間のストレスの半分は、「認知」に由来しています。つまり他人にとっては特に問題ないことを、自分の固定的な考え方の枠組みに当てはめてしまって、それに振り回されることがストレスになっていることが多いのです。たとえば、ある同僚の口癖が自分にとっては自分をバカにしているような気がして非常にストレスになっても周りの人は何とも思っていないことも多いのです。

 

そのような考え方の枠組みに自分で気づいて、その足枷から自由になることが、実はストレス解消の1番の特効薬です。 その中でも多いのが「べき」論です。人間はこうでなければならない、仕事はこのようにすべきである、女性はこうあるべきである、ということを自分に課してしまうと、それができない場合に非常に強いストレスを感じてしまいます。

 

ですからできるだけ「べき」論で考えずに「たい」論、つまりなにを「したい」のかで考えること、そしてできていないことではなく、できていることに目を向けることが大切です。

 

なかなか自分のストレスの話は、人に分かってもらえないのではないか、人に話べきことではないのではないか、話したら人として軽蔑されるのではないか、などと考えて誰にも相談できない事が多いのが事実です。しかし誰かに話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になったり、話すことで内容を客観的にとらえられ解決策が見つかったりすることもあるのです。

 

ですから友人、家族、同僚、地域や趣味の仲間などの中で、心の中を話せる人を1人は作っておきましょう。 そういう人がいない場合は、心療内科や精神科の医師、カウンセラーなどの専門家、、地域の精神保健福祉センター、保健所、職場の健康管理センター、自治体の相談所などの担当者に相談してみてもよいでしょう。

 

また、病気のメカニズムやストレスではなく、悪い生活習慣からくる若ハゲを治すには、ズバリその生活習慣をやめることが最も早くて確実な対策です。具体的には以下のようなことです。

 

禁煙

タバコはニコチンに依存性があるためなかなか止められませんが、しかしこれは若ハゲだけではなく健康全般にとって百害あって一利なしですから、止めることが最善手です。ただし健康のための禁煙であれば、ニコチンパッチなどでニコチン依存はそのままにしながら、それ以外の有害物質を排除していく方法もありますが、若ハゲの場合はニコチンそのものが根幹原因の1つですから、禁煙の方法としてはハードルが高いのもの事実です。

 

しかし若ハゲとして人から笑われるほうがよいのか、タバコを吸い続けたほうがよいのか、ということを自分でしっかり比べて判断したほうがよいでしょう。

 

脂肪分の多い食品、刺激物などは控えましょう。同時に、毛髪の原料である良質のたんぱく質を含む赤身の肉類や魚類、あるいはDHT生成を抑制し毛髪の生成を助ける亜鉛が多く含まれる牡蠣なども積極的に食べましょう。またそのほかに、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を含むほうれん草やカボチャなどの緑黄色野菜、 海藻、 鶏卵、牛乳などをバランスよく摂ることも重要です。

 

洗髪の仕方も見直しましょう。まずゴシゴシ洗いはやめること。洗髪は1日1回までにすること。そして頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使用することなどです。

 

洗髪後はできるだけ早く乾かしましょう。しかし高熱ドライヤーはNGです。まずタオルで十分に水分をぬぐい、冷風のドライヤーで根元からしっかり乾かしましょう。また頭皮が蒸れる帽子をやめる、仕事でヘルメットをかぶっている人はできるだけ短いインターバルで脱ぎ、蒸れを解消することなどを心がけることです。

 

日差しの強い時に、屋外で長時間活動をすることは避けましょう。また頭が蒸れることも避ける必要がありますが、それを考えつつも、帽子を効果的に使うことも重要です。

 

 まとめ

秘密の画像

 

いかがでしたか。 一言で若ハゲと言ってもその原因は非常に多様で、したがって対策も多様です。したがって、まずは自分の若ハゲの原因が何なのかを突き止めたうえで、適切な対策を行うことが大切です。

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ