ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> ハゲは遠隔治療で治せる?遠隔治療の仕組みとハゲの原因!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
ハゲは遠隔治療で治せる?遠隔治療の仕組みとハゲの原因!

カテゴリ

薄毛に悩まされている男性は多いと思いますが、薄毛る原因がさまざまなら、治療法もいろいろです。一般的には、薄毛を専門としている病院やクリニックを受診することとなりますが、離島など僻地に住んでいるとなかなか通うことが出来ません。

 

そのような方のために、最近では遠隔治療という方法がとられることもあります。では、薄毛の遠隔治療とはどのようにしておこなわれるのでしょう。

 

 

 遠隔治療とは

考える男の画像

 

遠隔治療とはその名の通り、遠隔地から病院やクリニックに通うことなく治療を行うことを意味します。なぜそのようなことを行うおこなうかというと、薄毛の治療には時間がかかるからです。

 

東京や大阪、名古屋や福岡など、都市部にすんでいる人であれば、薄毛を専門とした病院やクリニックがたくさんあるので、通院に困るようなことはありません。一方で、薄毛を専門とした病院やクリニックがあまりない場所に住んでいる人や、離島などの僻地に住んでいる人にとって、通院するのはなかなか大変なものです。

 

基本的に、薄毛の治療は男性型脱毛症用の治療薬を服用することとなるのですが、最低でも半年以上は服用を継続することが重要だとされています。ところが、通院しなければ治療薬がもらえないのであれば、離島など僻地に住んでいる人は、治療薬を継続して服用することが困難となってしまいます。

 

私たちはだれでも平等に医療を受ける権利がありますが、僻地に住んでいる人にとって、必ずしも平等に医療が受けられるという状況でないことがあります。そこで、遠隔治療という方法発想が生まれた訳です。

 

そもそも治療とはどのようなことを言うのでしょうか。それを理解するにあたって、医師法の第20条を参考にしたいと思います。医師法の第20条には以下の文言があります。

 

「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。」

重要なのは、医師は、自ら診察しないで治療をしたり、診断書や処方箋を交付したりしてはいけないという点です。そこで、「診察」という行為が焦点となります。通常、診察というと、医師が患者と対面しておこなう行為のことを意味します。 ところが、末期のがん患者など、在宅での治療を望むような場合、病院に通うことが困難となります。

 

お医者さんの方もたくさんの患者さんを抱えていて忙しいですから、患者さんが来て欲しいときにすぐ往診に行ける訳ではありません。 そこで、1997年になって旧厚生省が、対面しての診察行為ではなくても、患者の症状を把握できているのであれば、医師法に反することはないという見解を出したのです。

 

とはいうものの、積極的に遠隔治療を認めるというものではなく、どちらかというと「仕方がない」というような場合に「やむを得なく」選択する治療法という位置づけでした。 ところが、2015年になって風向きが変わってきます。

 

これまでは、がんの在宅治療などにのみ、暗黙の了解としておこなわれていた遠隔治療の適用範囲が、他の分野にも広がることとなったのです。

 

2015年に、がんの在宅治療などだけではなく、さまざまな分野での遠隔治療が、事実上解禁ということになりました。それには、時代背景も大きく関わっています。いまではあたりまえのように使われている携帯電話ですが、1997年頃はまだそれほど普及しておらず、テレビ電話などは夢のまた夢のようなものでした。

 

ところが、テクノロジーの進歩はすさまじいスピードで進み、いまやだれもが携帯電話を手にし、テレビ電話もあたりまえのように出来るようになっています。つまり、実際には対面していなくても、オンライン上で対面することが出来るようになった訳です。 このことから、診察に対する概念が変化してきましたたという訳なのです。

 

特に、男性の薄毛やはげというのはデリケートな問題です。悩みを抱えながらも、実際に病院やクリニックの門をくぐるのには勇気が必要となります。そこで、遠隔治療の出番です。 遠隔治療であれば、自宅に居ながらにして、薄毛や薄毛の治療をおこなうことが可能となります。

 

また、仕事が忙しくて病院やクリニックの診療時間内に通院することが出来ないという人であっても、休み時間などを利用して治療が受けられますることとなります。

 

 遠隔治療の手順

しおりの画像

 

 

それでは、薄毛に対する遠隔治療の手順について見ていきたいと思います。薄毛に対する遠隔治療はオンライン上でおこなわれるため、原則として予約を取ることが必要です。いきなり電話をして「治療してください」と言っても、お医者さんの方にも都合があります。 まずは、予約のメールをして、双方に都合のよい時間を決定しましょう。

 

遠隔治療の予約をする際には、必要事項を入力することとなります。遠隔治療をおこなっている病院やクリニックには専用フォームがあるので、遺漏なく入力しましょう。

 

一定の時間が経過すると、病院側から連絡が来ることとなります。病院やクリニックによって、どのようにして通信をおこなうのが異なっています。スカイプを用いて連絡を取り合うようなところもあるようですが、たいていの病院やクリニックでは、専用の遠隔治療用アプリを導入しているようです。

 

スマホにアプリをダウンロードしたら、一般的な病院やクリニックでの治療と同様、問診票の入力を行うおこなうこととなります。

 

予約を取った時間になると、病院やクリニックから連絡が入ります。その上で、テレビ電話などを通して診察が行われおこなわれることとなります。頭部の映像や、問診票に入力した内容に沿って、薄毛の原因を探り、適切な治療法が提案されることとなります。

 

薄毛てしまう原因は実にさまざまであり、その人その人に合った治療法が必要となります。病院やクリニックでの治療と同様、遠隔治療であっても細やかなサポートが受けられることとなります。

 

問診をおこなった上で治療方針が決定されると、次に、診察料や薬代の支払い方法を決定することとなります。一般的には、カード払いか銀行振り込みを選択することとなりますが、病院やクリニックによって異なるので確認が必要です。決済が完了すると、病院やクリニックから男性型脱毛症の治療薬が発送されます。

 

2回目以降は問診票に入力する必要がないので、スムーズに診察を受けることが可能となります。

 

 遠隔治療のメリット・デメリット

橋と男の画像

 

薄毛に対する遠隔治療について、基本的なことは理解して頂けたのではないでしょうか。では次に、薄毛の治療法として遠隔治療を選択することのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

 

病院やクリニックに通院して薄毛の治療をおこなう場合と比べて、遠隔治療にはさまざまなメリットがあります。では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

遠隔治療の最大のメリットは、あたりまえと言えばあたりまえですが、実際に病院やクリニックに通う必要がないということです。都市部にすんでいる人には想像もつかないかもしれませんが、地方や僻地に住んでいる人にとっては、病院やクリニックに通うということ自体が大変な労力となります。

 

特に、薄毛の治療をおこなっている病院やクリニックは、都市部に偏っています。ところが、遠隔治療であれば、どこに住んでいても気軽に治療を受けることが可能となります。

 

薄毛や痔などは、なかなかデリケートな問題です。薄毛や痔を専門としている病院やクリニックに入るのは、結構な勇気が必要となるものです。その点、遠隔治療であれば、だれにも知られることなく、ひそかに治療を受けることが可能となります。プライバシーの観点からすると、これほど安全な治療法はないと言えます。

 

薄毛はや病気やけがという訳ではないので、原則として保険が適用されません。病気やけがの場合、一般的には3割負担ということが多いのですが、薄毛の治療の場合は、治療費は全額自己負担となります。 しかし遠隔治療の場合、対面診療に比べて基本的な診察料が安くなります。

 

つまり、薄毛の治療費や処方箋、手数料などは、病院やクリニック側の言い値ということになります。 そして、薄毛の治療費や薬代などは、病院やクリニックによってかなりの差があります。なぜそのようなことが起こるのかというと、病院やクリニックの立地条件や、ライバル院の有無、病院やクリニックの家賃などが関わってくるからです。

 

都市部にはたくさんの病院やクリニックがあるので、価格競争が起こることとなります。そのため、治療費や薬代もやすいところがあります。また、病院やクリニックの家賃が高ければ、治療費や薬代が上乗せされることとなります。ところが、遠隔治療であれば、家賃や立地条件は関係ありません。

 

待合室もいらなければ、診療スペースも必要ありません。その分、治療費を抑えることが可能となるのです。さらに、また遠隔治療であれば、病院やクリニックに通うための交通費も必要ありません。時代や医療の進歩とともに、医療費が安やすくなるのはありがたいことです。

 

遠隔治療にはいいところがたくさんありますが、メリットがあれば必ずデメリットもあるものです。では、遠隔治療のデメリットとしては、どのようなことがあげられるのでしょうか。

 

遠隔治療はスマホなどを用いて行うおこなうのが一般的ですが、スマホの機種によっては、画像が見づらいこともあります。実際に目で確認した場合に比べると、髪の毛の量やボリューム感が伝わらないことがあります。

 

遠隔治療はオンライン上でおこなわれる治療法なので、あたりまえと言えばあたりまえですが、髪の毛や頭皮の状態を触って確認することが出来ません。髪の毛はもちろんのこと、頭皮の状態も薄毛と大きく関わっています。頭皮が乾燥しているのか、それとも脂ぎっているのか、画像だけでは判断しづらいということが問題となります。

 

遠隔治療は、基本的に患者の話を聞いたうえで、頭皮や毛髪の状態を画像で確認し、治療薬を用いて改善していくという流れになります。ところが、実際の薄毛を専門とした病院やクリニックでは、投薬以外にもさまざまな治療法がおこなわれています。

 

投薬とあわせることによって効果を増すことが可能となるのですが、オンライン上でおこなう遠隔治療では、そのようなことが出来ません。

 

 遠隔治療できるクリニック

ここまでの説明で、遠隔治療のやり方や、遠隔治療のメリットとデメリットについて理解して頂けたことと思います。では、実際に薄毛の遠隔治療をおこなっているクリニックを紹介したいと思います。

 

↓遠隔診療するならココ↓

AGAヘアクリニック

かかる費用は治療薬の費用だけ
スマホ1台のみでOK!
自宅で治療ができる!
AGAヘアクリニック詳細記事はこちら

公式サイトを見る→

遠隔治療で薄毛の改善に取り組んでいるクリニックとしては、AGAヘアクリニックがあげられます。では、AGAヘアクリニックにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

特徴

AGAヘアクリニックの特徴としては、医師だけでなく、経験豊富なカウンセラーや看護師、コンシェルジュなどが在籍しており、患者さんの悩みに丁寧に答えてくれるということがあげられます。また、完全予約制となっており、他の患者さんと顔を合わせるようなことがなく、クリニック自体も、プライバシーに配慮した設計となっています。

 

費用

AGAヘアクリニックに通院して治療をする場合、だいたい1ヶ月につき31,000円程度かかるようですが、遠隔治療の場合、半額の15,500円で治療が可能ということです。

 

↓どこでも安心の全国展開!&全国駅近徒歩3分以内↓

AGAスキンクリニック

【業界No'1規模】無料カウンセリング実施中!

店舗数:全国展開50
費用:3,400円~/月
実績:発毛実感率99.4%
特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

          公式サイトへ          
 

AGAスキンクリニックは、全国に50院ある大手の男性型脱毛症専門のクリニックです。では、AGAスキンクリニックにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

特徴

AGAスキンクリニックの特徴は、多くの患者さんが治療を受けたことによって、発毛効果を実感しているということです。AGAスキンクリニックで3ヶ月から4ヶ月に渡って治療をおこなった人の78%が、4ヶ月から半年に渡って治療をおこなった人の99.4%が、発毛効果を実感しているということです。

 

また、男性型脱毛症の治療薬の先駆けであるプロペシアを業界でも最再安価格で購入することが可能である他、オリジナルの治療薬も開発しています。

 

費用

AGAスキンクリニックに通院して治療をおこなう場合、1ヶ月にかかる費用は25,000円とされています。遠隔治療にかかる費用に関しては、ホームページ上に記載がありませんでした。

 

 薄毛に対する遠隔治療に用いられる治療薬

遠隔治療には様々なメリットがあるので、興味をもたれた方もいらっしゃることと思います。では、遠隔治療をおこなっているクリニックでは、どのような治療薬を用いて薄毛の改善に取り組んでいるのでしょうか。

 

薄毛に対する治療薬としてまずあげられるのが「プロペシア」です。プロペシアは、国内では薄毛治療薬のパイオニア的位置づけにあります。プロペシアの有効成分はフィナステリドで、厚生労働省によって発毛効果があると認可されている成分の1つです。 その他の成分としては、デュタステリドとミノキシジルがあります。

 

男性にみられる薄毛の多くが「男性型脱毛症」と呼ばれるものですが、その原因として、5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素の存在があげられています。5α-リダクターゼには、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化させる、触媒としての働きがあります。

 

ジヒドロテストステロンは、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容器と結びついて、有害なサイトカインの一種である「TGF-β」を産生します。TGF-βは別名を「退行期誘発因子」と呼ばれており、髪の毛の成長をストップさせ、抜ける時期を早める働きがあります。

 

そこで、フィナステリドの出番です。 フィナステリドには、5α-リダクターゼの分泌を抑える働きがあるので、抜け毛を根本から予防することが可能となるのです。

 

■厳選AGA調べ■
  地域   クリニック名   価格

  全国展開

  AGAスキンクリニック

  4,200円(初回)

  東京

  新宿メディカルクリニック

  6,500円

  東京

  ウィルAGAクリニック

  4,000円(初回)

  東京

  TOMクリニック

  6,600円

  関東

  AGAヘアクリニック

  7,500円

 

 

ザガーロには、厚生労働省によって発毛効果の認められた成分であるデュタステリドが配合されています。フィナステリドと同様、5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きがあります。ただ、フィナステリドには2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きしかないのに対して、デュタステリドには2型だけではなく、1型の5α-リダクターゼの分泌を抑制する働きもあります。

 

また、2型の5α-リダクターゼの分泌を抑制する効果についても、フィナステリドの3倍あるとされており、男性型脱毛症の方にとっては強い味方となっています。ただ、プロペシアは国内での特許期間が終わっているため、後発医薬品(いわゆるジェネリック)がたくさん開発されており、薬価を抑えることが可能となっています。

 

一方、ザガーロの方は2016年になって発売された比較的新しい医薬品であることから、プロペシアと比べた場合、薬代が高くなるというデメリットがあります。フィナステリドとデュタステリドはともに、男性ホルモンにアプローチする医薬品です。 そのため、女性の服用は禁止されています。

 

医師によっては、触っただけでも皮膚から有効成分が吸収されるため、女性が触れることさえも禁止されることがあります。また、男児を身ごもっている女性が誤飲してしまうと、胎児の男性器の成長に異常をきたすことがあります。 間違って服用することがないよう、気をつけるようにしましょう。

 

また、フィナステリドとデュタステリドには、男性機能の低下や、肝機能障害を起こす可能性がわずかながらあるということです。

 

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  価格

 AGAスキンクリニック

 4,800円

 親和クリニック

 9,250円

 AGAヘアクリニック

 9,000円

 

ミノキシジルも、厚生労働省によって発毛効果の認められている成分の1つです。フィナステリドとデュタステリドが内服タイプであるのに対し、ミノキシジルは塗り薬タイプのもののみが認可されています。タブレットタイプのミノキシジル(通称ミノタブ)もあるのですが、副作用の影響を考慮して、日本では正式な使用が認められていません。

 

では、認められていないから使われないのかというとそんなことはなく、男性型脱毛症を専門とする病院やクリニックでは、むしろ積極的に用いられることがあります。というのも、塗り薬タイプのミノキシジルよりも、内服タイプのミノキシジルの方が、高い発毛効果が期待できるからです。

 

ただし、医師の指導に基づいて服用することが重要となります。塗り薬タイプのミノキシジルには副作用があまりないというメリットがありますが、人によってはアレルギー反応が見られたり、かゆみが見られたりすることがあるということです。

 

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  治療薬名  料金/月
 ウィルAGAクリニック  オリジナル内服薬
 (ミノキシジル含む)
 15,000円(税抜)
 新宿メディカルクリニック  ミノキシジル外用  5,500円(税抜)
 AGAヘアクリニック  MINOX
 (ミノキシジル配合内服薬)
 10,000円(税込)

 

■厳選AGA調べ■
 治療薬  商品名  使い方  効果  副作用
 フィナステリド  プロペシアなど  内服  5α-リダクターゼの
 分泌を抑制
 男性機能の
 低下など
 デュタステリド  ザガーロなど  内服  プロペシアよりも
 高い発毛効果
 男性機能の
 低下など
 ミノキシジル  リアップなど  頭皮に塗布  血行を促進、
 頭皮環境を改善
 かゆみなど

 

 まとめ

ハゲ 親父の画像

 

薄毛に対する遠隔治療の実態について見てきましたが、いかがだったでしょうか。遠隔治療には、わざわざ病院やクリニックに足を運ぶ必要がないため、時間を短縮できるメリットや、治療費を抑えられるといったメリットがあります。

 

デメリットとしては実際に目の前で診察する見る訳ではないので、頭皮環境の細かい確認が出来ないということがあげられています。 対策としては、初回はやはり病院やクリニックでしっかりと見てもらい、その後、遠隔治療に移行するという方法があります。

 

男性型脱毛症の治療は基本的に長期間にわたって行われるおこなわれることとなるので、出来れば治療費を抑えたいものです。興味のある方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

↓遠隔診療するならココ↓

AGAヘアクリニック

かかる費用は治療薬の費用だけ
スマホ1台のみでOK!
自宅で治療ができる!
AGAヘアクリニック詳細記事はこちら

公式サイトを見る→