ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> あなたの頭皮のかゆみの原因はどれ?それぞれの原因にあった対策をしよう‼

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

あなたの頭皮のかゆみの原因はどれ?それぞれの原因にあった対策をしよう‼


カテゴリ

頭皮の悩みは多々あると思いますが、かゆみで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

かゆみの原因は多々あるのですが、フケが大きな原因になっている人も多いです。

清潔に保っているつもりでもなぜかスーツの背中がフケだらけ…。

そんな悩みを持つ人もいるくらい、フケの問題はデリケートです。

そこて、頭皮のかゆみを生むフケについて、掘り下げてみるとしましょう。

フケの原因

フケが発生するのもまた、いくつかの原因があります。

フケで悩んでいる方は、自分がどのような原因のフケなのかもチェックすべきです。

肌にとって乾燥は敵でしかありません。

文字通り、「百害あって一利なし」です。

年齢とともにセラミド

頭皮の悩みは多々あると思いますが、かゆみで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

かゆみの原因は多々あるのですが、フケが大きな原因になっている人も多いです。

清潔に保っているつもりでもなぜかスーツの背中がフケだらけ…。

そんな悩みを持つ人もいるくらい、フケの問題はデリケートです。

そこて、頭皮のかゆみを生むフケについて、掘り下げてみるとしましょう。

フケの原因

フケが発生するのもまた、いくつかの原因があります。

フケで悩んでいる方は、自分がどのような原因のフケなのかもチェックすべきです。

肌にとって乾燥は敵でしかありません。

文字通り、「百害あって一利なし」です。

年齢とともにセラミド、天然保湿因子、そしてコラーゲンといった美容で大切なものが低下していきます。

そのため、乾燥しやすい肌になるので、頭皮もまた、乾燥していくのです。

このような体質的な問題だけではなく、気候や環境の問題もありますし、紫外線も悪影響です。

乾燥することによって、頭皮の水分が減ります。

水分の減少は頭皮の表面のバリアとも言うべき角質層を剥がすのですが、これがフケの正体です。

完全に剥がれてどこかに消えてくれれば良いのですが、かさぶたのようにかゆみを生じるものなのです。

また、角質層がはがれることによって、それまで角質層によって守られていた神経が露出。

結果、神経が敏感になってかゆみを生みやすくなるのです。

つまりは乾燥対策こそフケ対策であり、かゆみ対策と言っても決して過言ではないのですが、乾燥にも様々な原因があります。

気候

自分自身の過失だとかではなく、天候や気候も乾燥の原因です。

そもそも、空気が乾燥していれば人間は自然と乾燥していくものです。

冬場はもちろんですが、季節の変わり目は湿度の変化によって乾燥していると錯覚してしまいがちです。

また、紫外線も乾燥の原因になります。

気候ばかりは自分の努力で何とかなるものではないだけに、知ったところでどうにもならないと思うかもしれませんが、原因の一つとして知っておくべきです。

これもまた、乾燥の原因です。

栄養バランスの取れた食事を摂っているのかや睡眠時間も肌の栄養成分に影響しますので、乾燥を生み出します。

また、職場環境とて関係します。

例えば一日冷房のかかったオフィスにいる場合もやはり乾燥します。

特にオフィスの場合、自分の一存で環境を変えられないため、自分でも知らない間に乾燥に悩まされている人は多いですし、逆に一日外に出ていなければならない人は、一日頭皮に紫外線を浴び続けることになりますので乾燥してしまいます。

体質

乾燥肌の人にとっては、フケ、そしてかゆみは誰かのせいではなく、自分自身の体質の問題になります。

遺伝によって左右されるのですが、決して「お手上げ」ではありません。

意外に多いと言われているのがこちらです。

シャンプーは頭皮や頭髪の洗浄です。

そのため、毎日のようにしっかりと行っている人の方が多いというよりも、むしろシャンプーをしないことが不潔と言われる時代と言っても過言ではありません。

ではシャンプーの何が乾燥を生むのか。

それはシャンプーの成分です。

シャンプーも多種多様です。

様々なメーカーがそれぞれ特徴を持ったシャンプーを販売しているのですが、石油系界面活性剤が含まれているシャンプーがかゆみの原因になっているケースは多いです。

石油系界面活性剤は洗浄力が強いです。

そのため、汚れを落としてくれるのですが、頭皮には最低限必要な皮脂もあります。

石油系界面活性剤は、高い洗浄力のおかげで本来必要な頭皮の皮脂まで落としてしまうのです。

しかも石油系界面活性剤はドラッグストアで販売されているシャンプーに含まれていますので、我々の生活の中ではとても身近な存在なのです。

開発メーカーサイドにとっては、石油系界面活性剤は安価に高い洗浄力を持つシャンプーを生み出せるからです。

その高い洗浄力によって頭皮から皮脂が損なわれれば当然乾燥してしまいます。

逆に、これが原因で頭皮の皮脂が過剰分泌してしまうケースもあります。

いずれにせよ乾燥がフケやかゆみを生むのです。

しかしさてそんな乾燥から引きおこるフケやかゆみを防ぐために保湿をしよう!と思っても具体的にどんな対処をとればいいのか分かりませんよね?そんな人には厳選AGAオススメのシャンプーを一度ご使用ください!

■厳選AGAおすすめシャンプー■

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

保湿力の高い植物由来の成分が豊富に配合されているため、頭皮に潤いを与えることができます

 

さらに市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎるため保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうと前述してきましたが、このチャップアップシャンプーはアミノ酸系洗浄成分・ノンシリコン・無添加なので、頭皮に余計な負担をかけず洗えます!

「菌」と聞くと病気を連想するかもしれませんが、人間の体や肌には無数の菌があります。

菌も良い影響をもたらしてくれるものもあれば、体に負担を与える菌もあります。

頭皮の痒みの原因としてはマラセチア菌です。

アクネ菌同様、ニキビの原因菌としても知られている菌で端的に言えばカビの一種です。

この菌は湿度と皮脂が大好物です。

つまり、マラセチア菌が繁殖すればするほど、頭皮から潤いを奪っていくので乾燥するのです。

マラセチア菌が増えると、頭皮の新陳代謝が早まります。

本来であればまだまだ成長段階にある皮膚も、フケとして剥がれてしまうのです。

そのため、バリア機能が低下するのでかゆみを感じやすくなるのです。

ではなぜマラセチア菌が増えるのでしょうか。

マラセチア菌は先にもお伝えしたように、皮脂が大好きです。

そのため、皮脂を過剰に分泌させてしまう食生活を送っている人は、マラセチア菌が増えやすい環境でもあります。

甘いものや動物性脂肪を多く摂取している場合、自覚していないだけで皮脂の量が増えています。

結果、マラセチア菌を増殖させてしまうのです。

湿度と皮脂を好むマラセチア菌。

つまりは高温多湿を好みますので、そのような気候の時には繁殖します。

特に梅雨や夏です。

この時期はマラセチア菌にとってはまたとない季節になります。

ストレスそのものもまた、フケの原因になります。

ストレスが増えると体に悪影響が増えます。

肌荒れや免疫力の低下など、体の機能そのものを低下させてしまいます。

通常時であれば問題ない事でも、体の免疫が衰えているので、例えばいつも通りにシャンプーをしただけでも、いつもよりも頭皮の皮膚の免疫が低下しているので、傷になってしまい、結果としてフケになってしまったり。

ストレス社会と呼ばれている現代において、ストレスを感じない生活は簡単ではありませんので、結局は様々な症状が「発生しやすい状況」になっているのです。

こちらは割合としては低いとは思いますが、シラミ等感染症によってフケが発生している人もいます。

乾燥肌でもないし、ライフスタイルもそこまで悪い訳ではない。

なのに頭がかゆい。

気付くとフケが落ちている…。

このような人は、感染症の可能性が高いです。

例えばアタマジラミ。

実はこのアタマジラミ、増加傾向にあるのです。

日本は世界的にも衛生の良い国ですが、海外旅行者や、海外からの旅行者が増えているので、どこかでもらってしまったり、あるいは入って来たり。

そしてお風呂やサウナと言った強要の場所で移ってしまうケースもあるのです。

アタマジラミだけではなく、トリコフィントントンズランス菌など、新型の水虫も登場。

これらは虫なので、頭皮を動いたり、頭皮に刺激を与えたり。

それがかゆみやフケに繋がるのです。

感染症の怖い所は、自覚していないけど感染してしまう可能性がある点です。

例えばですが、シラミに感染している人が被っていた帽子を自分も被ってしまう。

注意していたとしても、例えば公共のサービスでヘルメットをかぶらなければならない時、うっかり同じヘルメットを被ってしまうかもしれません。

スーパー銭湯や温泉など、温浴施設に行ったらたまたま水虫の人がいて、同じ足ふきマットを使ったがために結局感染してしまうケースもあります。

このような場合、自覚しろと言う方が無理ですが、それでも感染症で悩まされるのは自分です。

意外な原因でフケに悩まされるケースも

先に挙げただけではなく、思わぬ形でフケに悩まされるケースもあります。

レアケースではありますが、だからといって「自分は絶対にならない」と断言出来るものではありません。

それらもまた、いくつかチェックしてみるとしましょう。

体質的な因果関係はないのですが、長髪だとどうしてもシャンプーが疎かになってしまいがちです。

髪の毛が長いということは、それだけ頭皮をガードするものが多いことになりますので、髪の短い人よりもしっかりと洗わなければなりません。

つまり、シャンプーそのものがとても面倒だと感じるのです。

結果、シャンプーが疎かになっていくと、結局は乾燥を招きます。

逆に長髪だと髪の毛が長いので、髪の毛そのものの洗浄には気を使うものの、頭皮のことをあまり意識しなくなり、疎かになるので結局は乾燥を招くケースもあります。

長髪はお洒落で格好良いのですが、一方ではこれらのリスクもありますので、長髪の人は面倒だとは思いますが、人一倍シャンプーには気を使うべきです

長髪の場合、先にもお話したように「頭皮をガードしているものが多い」状態です。

そのため、肉眼で自分の頭皮が見えなくなります。

髪の毛が短ければ、鏡越しにいつでも自分の頭皮を確認出来ますので、少し異常があるなと感じたらすぐにでも対策が取れます。

その点長髪の場合、鏡を見ても自分の頭皮の状態をすぐには把握出来ないのではないでしょうか。

そのため、フケになっていても気付かず、フケが大量に出てしまったり、あるいはかゆみが出て来てようやく気付かされるという人も多いのです。

先に石油系界面活性剤が含まれているシャンプーだとフケを生みやすいとお話しましたが、シャンプーの成分ではなく、シャンプーの手法によってもまた、フケが発生してしまします。

特に多い二つが以下になります。

有名芸能人が取り入れていることからちょっとしたブームの兆しを見せたのが「湯シャン」です。

シャンプーを使うのではなく、お湯だけですすぐというものです。

シャンプーの余計な成分に頼るのではなく、お湯だけで洗い流すのです。

皮脂など油は高温には弱いので、お湯で洗い流せるし、余計なものを付けない方が健康的だという理屈なのですが、湯シャンはフケを生む可能性が高いです。

 

湯シャンそのものが悪いというよりも、湯シャンした後のケアです。

例えば話題のスカルプシャンプーや育毛シャンプーを見ると、保湿成分が含まれていることが分かります。

お湯や水だけでは乾燥してしまいますので、保湿成分を含めることにより、シャンプーの後も保湿をと考えられているのですが、湯シャンの場合、保湿はありません。

そのため、お湯で洗い流した後はローションやトニック等で頭皮の乾燥を防止しなければなりません。

ですが湯シャンを「洗い流すだけ良い」と思っている人は、その後のケアのことまで考えていないので、結局は乾燥を生み出すのです。

湯シャンそのものは好みかと思いますが、湯シャンした後の保湿。

そこは気を付けましょう。

シャンプーで頭皮や髪の毛を洗ったら、そのあとはすすぎます。

すすぐことによってシャンプーが「終了」となるのですが、すすぎをしっかりと行わないことによってフケが生じる人もいます。

シャンプーと言えば現役で頭皮や髪の毛を洗う行為ですが、それだけではありません。

すすぎもまた、とても大切なのです。

洗濯を思い出してください。

しっかりとすすがないと、洗剤が付着したままの状態で干します。

頭皮も同じ状況になるのです。

シャンプーでしっかりとすすがないと、シャンプーが残ってしまいます。

しかも残ったシャンプーの成分は水分が飛べば乾いてしまいますので、頭皮にとっては「乾いた異物」が付着している状態になるのです。

頭皮にダメージを与えているのは言うまでもなく、結果、フケとなってしまうのです。

実はこのような人は珍しくありません。

「しっかりシャンプーで頭皮を洗っているのフケが減らない」「いつもかゆみがある」と感じている人は、すすぎが足りていない可能性が非常に高いです。

育毛剤を使っている人も珍しくないのではないでしょうか。

育毛剤も多種多様ですが、頭皮に塗るタイプが多いです。

頭皮に揉み込むことで、育毛剤に含まれている有効成分を頭皮に浸透させるものです。

頭皮に優しいものではありますが、こちらも時にフケの原因となるのです。

なぜなら、揉み込みが甘かったり、あるいは大量に使いすぎると、有効成分が上手くなじまずに固まったままだったり、有効成分そのものが乾いて乾燥してしまい、それが頭皮に負担を与えてフケとなるケースもあります。

■厳選AGA調べ■
地域 クリニック名 価格/1カ月
全国展開 AGAスキンクリニック 14,000円~
東京 新宿メディカルクリニック 5,500円
大阪 HAIR GENIUS 25,000円~
福岡 親和クリニック 8,500円
遠隔 AGAヘアクリニック 10,000円
*ミノキシジル配合薬の価格
*1・・外用薬

AGA治療でも有名なミノキシジル。

元々は血管拡張剤として登場したものの、血管拡張による血流増大に発毛効果が認められ、AGA治療薬として普及しているのですが、ミノキシジルはフケになりやすいと言われています。

これはミノキシジルが頭皮に悪いのではなく、ミノキシジルをつけすぎると、結局頭皮で妙な形で乾燥して残ってしまい、それが負担となってかゆみ、そしてフケの原因になるのです。

また、ミノキシジルは血管拡張によって血流促進を人工的に行いますので、血流増大によって新陳代謝が加速してしまいます。

そのため、頭皮の新陳代謝も活発になるので、フケを生じやすくなるのです。

今では美容院に行かなくとも、ドラッグストアにカラーリング剤やパーマ剤が販売されていますので自分でも簡単に毛を染めたりパーマをかけたりとオシャレを楽しめます。

ですがこれもまた、フケの原因になっている可能性があります。

「髪を染めるとハゲる」などという都市伝説もありますが、髪を弄ることによって、フケのリスクは高ります。

体質的な問題を除けば、美容院でカラーリングやパーマをかけてもフケで悩まされることはほとんどないでしょう。

ですが自分で行うとフケになる可能性が高いのは、溶剤の問題よりもむしろ手法です。

美容院で行う場合、プロでもある美容師が行ってくれます。

溶剤が頭皮にかからないよう、注意しながら行ってくれるのですが、セルフで行う場合、頭皮の状態を確認することが出来ません。

いくら慣れていても、自分で自分の髪の毛を弄るのは鏡越しになりますので、なかなか上手くいかないのです。

結果、溶剤が頭皮に付着してしまうのです。

しかもしっかりと洗い落さないため、溶剤が頭皮に残ったままになってしまうので頭皮を傷つけ、肌が乾燥してフケとなり、かゆみを生むのです。

オシャレを楽しむことは悪い事ではありませんが、セルフではどうしても限界があるのも事実ですので、毛を染めたりパーマを充てるなら美容院に行くべきでしょう。

フケによるかゆみの改善と対策

画像名の画像

なぜフケによるかゆみが生じるのか。

様々な原因を見てみましたが、もちろん対策もあります。

そこで、フケからうまれるかゆみの対策もチェックしてみましょう。

これは最も簡単に効果が期待出来ます。

シャンプーを使ってフケが出るのであれば、シャンプーを変える。

ただそれだけの話です。

スカルプ系のオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなど、近年は石油系界面活性剤のみならず、鉱物油やシリコンなど、頭皮に負担を与える成分を一切含んでいないシャンプーも登場しています。

低刺激を売りにしたものもありますので、頭皮に優しいシャンプーに変えてみるのも手です。

そのようなシャンプーは保湿にも優れていますので、乾燥を防いでくれるのもメリットです。

理想を言えば自分の体質にあったシャンプーですが、使ってみないと分からないのも事実です。

口コミをチェックしたり、返品可能なシャンプー等を試してみるなど、自分に合う一本を見つけると良いでしょう。

■厳選AGAおすすめシャンプー■

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

洗い方もまた、気を付けるべきです。

力任せに洗うのではなく、シャンプーを泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落とすような感覚こそ、正しいシャンプーです。

力任せに爪を立てて頭皮を洗うと爽快感はあります。

ですが、それによって頭皮を傷つけてしまったり、せっかく良いシャンプーを使っても、自分の力のおかげで角質に傷をつけてしまうことにもなりかねません。

泡の力で汚れを包み込み、指の腹で泡を頭皮全体にまぶすかのように揉み込む。

これが理想のシャンプーです。

シャンプーの際、すすぎもしっかりと行いましょう。

すすぎ不足がフケ、そしてかゆみの原因になるのです。

これはどのようなシャンプーを使っていても同様です。

オーガニックシャンプー、スカルプシャンプーだからすすぎをしなくても問題ないということはありません。

すすぎこそ、シャンプーのメインと言っても決して過言ではないのです。

フケによるかゆみで悩まされていると、どうしても「頭皮の問題」として考えてしまいがちなのですが、決して頭部だけの問題ではありません。

栄養バランスが悪ければ、当然ですが肌に悪影響を与えてしまうので感想をもたらすでしょう。

睡眠時間が短ければ、頭皮のみならず体の休息期間が短いのでストレスの緩和も出来ませんので、肌に対しての負担が強まってしまいます。

このように、フケによるかゆみを「頭皮の問題」として考えるのではなく、「体の問題」として考え、ライフスタイルの改善を行いましょう。

栄養バランスはもちろんですが、ストレスの発散など、体に悪影響を及ぼすものを体の外に抜きましょう。

体質やオフィスのエアコンの問題など、自分でどうすることも出来ない問題もあります。

それらの問題も、細かい視点を持てば「解決」とまでは言いませんが、緩和することは出来ます。

例えば乾燥肌の人であれば頭皮ローションなど、頭皮に常に潤いをもたらしてくれるアイテムを使ったり、あるいは日頃はニット帽を被るだけでも頭部の乾燥具合は大きく変わります。

また、オフィス環境であればUSB接続出来るコンパクトな加湿器など、自分のデスク周りの周辺だけでも多少環境を改善してくれるものもありますので、工夫すれば改善は出来ます。

「大げさな」と思うかもしれませんが、フケが止まらず、かゆみが続くようであれば一度病院に足を運んで診察してもらうべきです。

医師の診断によって、自分がいったいどのような状況に陥っているのかが分かります。

自分だけでは分からないことでも、医師の診断によって細かい部分までチェックしてもらえるだけではなく、仮に問題がないと診断されれば精神的にも安心出来るはずです。

病院に行く目的は治療だけではありません。

「自分を知る」ためでもありますので、なぜかゆみやフケで悩まされているのか分からないのであれば、素直に病院に足を運ぶべきです。

もしもですが、フケやかゆみの原因が感染症の場合、残念ながら自分の努力だけで改善させるのは厳しいです。

病院に足を運び、薬の力によって体の中からアプローチし、改善しなければなりません。

つまり、仮にフケの原因が感染症であれば、どれだけ自分自身で頑張っても効果は出ません。

そして、効果が出ないからこそかえって焦ってしまうことにもなりかねませんので、自分の症状を確定するためにも一度病院にいくべきです。

まとめ

画像名の画像

フケがなぜ生じるのかや、なぜかゆみになるのかなど、頭皮では様々なことが繰り広げられていることが分かっていただけたかと思いますが、フケの問題は原因の特定です。

原因によって対策も異なりますし、極論ですが違う原因の対策を行っていても思うような効果は得られません。

また、フケの対策は長期的なビジョンで行うべきです。

数日程度いつもと違うことを行ったからと言って、いきなり劇的に変化するのは稀です。

即時性のあるものもありますが、じっくりと時間をかけて体質の改善を図りますので、長期的なビジョンで取り組みましょう。

そのためにもまずは原因を特定し、原因に見合った対策を行うことで、頭皮からフケ、そしてかゆみを取り除くことが出来るでしょう。

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

、天然保湿因子、そしてコラーゲンといった美容で大切なものが低下していきます。

 

そのため、乾燥しやすい肌になるので、頭皮もまた、乾燥していくのです。

このような体質的な問題だけではなく、気候や環境の問題もありますし、紫外線も悪影響です。

乾燥することによって、頭皮の水分が減ります。

水分の減少は頭皮の表面のバリアとも言うべき角質層を剥がすのですが、これがフケの正体です。

完全に剥がれてどこかに消えてくれれば良いのですが、かさぶたのようにかゆみを生じるものなのです。

また、角質層がはがれることによって、それまで角質層によって守られていた神経が露出。

結果、神経が敏感になってかゆみを生みやすくなるのです。

つまりは乾燥対策こそフケ対策であり、かゆみ対策と言っても決して過言ではないのですが、乾燥にも様々な原因があります。

気候

自分自身の過失だとかではなく、天候や気候も乾燥の原因です。

そもそも、空気が乾燥していれば人間は自然と乾燥していくものです。

冬場はもちろんですが、季節の変わり目は湿度の変化によって乾燥していると錯覚してしまいがちです。

また、紫外線も乾燥の原因になります。

気候ばかりは自分の努力で何とかなるものではないだけに、知ったところでどうにもならないと思うかもしれませんが、原因の一つとして知っておくべきです。

これもまた、乾燥の原因です。

栄養バランスの取れた食事を摂っているのかや睡眠時間も肌の栄養成分に影響しますので、乾燥を生み出します。

また、職場環境とて関係します。

例えば一日冷房のかかったオフィスにいる場合もやはり乾燥します。

特にオフィスの場合、自分の一存で環境を変えられないため、自分でも知らない間に乾燥に悩まされている人は多いですし、逆に一日外に出ていなければならない人は、一日頭皮に紫外線を浴び続けることになりますので乾燥してしまいます。

体質

乾燥肌の人にとっては、フケ、そしてかゆみは誰かのせいではなく、自分自身の体質の問題になります。

遺伝によって左右されるのですが、決して「お手上げ」ではありません。

意外に多いと言われているのがこちらです。

シャンプーは頭皮や頭髪の洗浄です。

そのため、毎日のようにしっかりと行っている人の方が多いというよりも、むしろシャンプーをしないことが不潔と言われる時代と言っても過言ではありません。

ではシャンプーの何が乾燥を生むのか。

それはシャンプーの成分です。

シャンプーも多種多様です。

様々なメーカーがそれぞれ特徴を持ったシャンプーを販売しているのですが、石油系界面活性剤が含まれているシャンプーがかゆみの原因になっているケースは多いです。

石油系界面活性剤は洗浄力が強いです。

そのため、汚れを落としてくれるのですが、頭皮には最低限必要な皮脂もあります。

石油系界面活性剤は、高い洗浄力のおかげで本来必要な頭皮の皮脂まで落としてしまうのです。

しかも石油系界面活性剤はドラッグストアで販売されているシャンプーに含まれていますので、我々の生活の中ではとても身近な存在なのです。

開発メーカーサイドにとっては、石油系界面活性剤は安価に高い洗浄力を持つシャンプーを生み出せるからです。

その高い洗浄力によって頭皮から皮脂が損なわれれば当然乾燥してしまいます。

逆に、これが原因で頭皮の皮脂が過剰分泌してしまうケースもあります。

いずれにせよ乾燥がフケやかゆみを生むのです。

しかしさてそんな乾燥から引きおこるフケやかゆみを防ぐために保湿をしよう!と思っても具体的にどんな対処をとればいいのか分かりませんよね?そんな人には厳選AGAオススメのシャンプーを一度ご使用ください!

■厳選AGAおすすめシャンプー■

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

保湿力の高い植物由来の成分が豊富に配合されているため、頭皮に潤いを与えることができます

 

さらに市販のシャンプーでは洗浄力が強すぎるため保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうと前述してきましたが、このチャップアップシャンプーはアミノ酸系洗浄成分・ノンシリコン・無添加なので、頭皮に余計な負担をかけず洗えます!

「菌」と聞くと病気を連想するかもしれませんが、人間の体や肌には無数の菌があります。

菌も良い影響をもたらしてくれるものもあれば、体に負担を与える菌もあります。

頭皮の痒みの原因としてはマラセチア菌です。

アクネ菌同様、ニキビの原因菌としても知られている菌で端的に言えばカビの一種です。

この菌は湿度と皮脂が大好物です。

つまり、マラセチア菌が繁殖すればするほど、頭皮から潤いを奪っていくので乾燥するのです。

マラセチア菌が増えると、頭皮の新陳代謝が早まります。

本来であればまだまだ成長段階にある皮膚も、フケとして剥がれてしまうのです。

そのため、バリア機能が低下するのでかゆみを感じやすくなるのです。

ではなぜマラセチア菌が増えるのでしょうか。

マラセチア菌は先にもお伝えしたように、皮脂が大好きです。

そのため、皮脂を過剰に分泌させてしまう食生活を送っている人は、マラセチア菌が増えやすい環境でもあります。

甘いものや動物性脂肪を多く摂取している場合、自覚していないだけで皮脂の量が増えています。

結果、マラセチア菌を増殖させてしまうのです。

湿度と皮脂を好むマラセチア菌。

つまりは高温多湿を好みますので、そのような気候の時には繁殖します。

特に梅雨や夏です。

この時期はマラセチア菌にとってはまたとない季節になります。

ストレスそのものもまた、フケの原因になります。

ストレスが増えると体に悪影響が増えます。

肌荒れや免疫力の低下など、体の機能そのものを低下させてしまいます。

通常時であれば問題ない事でも、体の免疫が衰えているので、例えばいつも通りにシャンプーをしただけでも、いつもよりも頭皮の皮膚の免疫が低下しているので、傷になってしまい、結果としてフケになってしまったり。

ストレス社会と呼ばれている現代において、ストレスを感じない生活は簡単ではありませんので、結局は様々な症状が「発生しやすい状況」になっているのです。

こちらは割合としては低いとは思いますが、シラミ等感染症によってフケが発生している人もいます。

乾燥肌でもないし、ライフスタイルもそこまで悪い訳ではない。

なのに頭がかゆい。

気付くとフケが落ちている…。

このような人は、感染症の可能性が高いです。

例えばアタマジラミ。

実はこのアタマジラミ、増加傾向にあるのです。

日本は世界的にも衛生の良い国ですが、海外旅行者や、海外からの旅行者が増えているので、どこかでもらってしまったり、あるいは入って来たり。

そしてお風呂やサウナと言った強要の場所で移ってしまうケースもあるのです。

アタマジラミだけではなく、トリコフィントントンズランス菌など、新型の水虫も登場。

これらは虫なので、頭皮を動いたり、頭皮に刺激を与えたり。

それがかゆみやフケに繋がるのです。

感染症の怖い所は、自覚していないけど感染してしまう可能性がある点です。

例えばですが、シラミに感染している人が被っていた帽子を自分も被ってしまう。

注意していたとしても、例えば公共のサービスでヘルメットをかぶらなければならない時、うっかり同じヘルメットを被ってしまうかもしれません。

スーパー銭湯や温泉など、温浴施設に行ったらたまたま水虫の人がいて、同じ足ふきマットを使ったがために結局感染してしまうケースもあります。

このような場合、自覚しろと言う方が無理ですが、それでも感染症で悩まされるのは自分です。

意外な原因でフケに悩まされるケースも

先に挙げただけではなく、思わぬ形でフケに悩まされるケースもあります。

レアケースではありますが、だからといって「自分は絶対にならない」と断言出来るものではありません。

それらもまた、いくつかチェックしてみるとしましょう。

体質的な因果関係はないのですが、長髪だとどうしてもシャンプーが疎かになってしまいがちです。

髪の毛が長いということは、それだけ頭皮をガードするものが多いことになりますので、髪の短い人よりもしっかりと洗わなければなりません。

つまり、シャンプーそのものがとても面倒だと感じるのです。

結果、シャンプーが疎かになっていくと、結局は乾燥を招きます。

逆に長髪だと髪の毛が長いので、髪の毛そのものの洗浄には気を使うものの、頭皮のことをあまり意識しなくなり、疎かになるので結局は乾燥を招くケースもあります。

長髪はお洒落で格好良いのですが、一方ではこれらのリスクもありますので、長髪の人は面倒だとは思いますが、人一倍シャンプーには気を使うべきです

長髪の場合、先にもお話したように「頭皮をガードしているものが多い」状態です。

そのため、肉眼で自分の頭皮が見えなくなります。

髪の毛が短ければ、鏡越しにいつでも自分の頭皮を確認出来ますので、少し異常があるなと感じたらすぐにでも対策が取れます。

その点長髪の場合、鏡を見ても自分の頭皮の状態をすぐには把握出来ないのではないでしょうか。

そのため、フケになっていても気付かず、フケが大量に出てしまったり、あるいはかゆみが出て来てようやく気付かされるという人も多いのです。

先に石油系界面活性剤が含まれているシャンプーだとフケを生みやすいとお話しましたが、シャンプーの成分ではなく、シャンプーの手法によってもまた、フケが発生してしまします。

特に多い二つが以下になります。

有名芸能人が取り入れていることからちょっとしたブームの兆しを見せたのが「湯シャン」です。

シャンプーを使うのではなく、お湯だけですすぐというものです。

シャンプーの余計な成分に頼るのではなく、お湯だけで洗い流すのです。

皮脂など油は高温には弱いので、お湯で洗い流せるし、余計なものを付けない方が健康的だという理屈なのですが、湯シャンはフケを生む可能性が高いです。

 

湯シャンそのものが悪いというよりも、湯シャンした後のケアです。

例えば話題のスカルプシャンプーや育毛シャンプーを見ると、保湿成分が含まれていることが分かります。

お湯や水だけでは乾燥してしまいますので、保湿成分を含めることにより、シャンプーの後も保湿をと考えられているのですが、湯シャンの場合、保湿はありません。

そのため、お湯で洗い流した後はローションやトニック等で頭皮の乾燥を防止しなければなりません。

ですが湯シャンを「洗い流すだけ良い」と思っている人は、その後のケアのことまで考えていないので、結局は乾燥を生み出すのです。

湯シャンそのものは好みかと思いますが、湯シャンした後の保湿。

そこは気を付けましょう。

シャンプーで頭皮や髪の毛を洗ったら、そのあとはすすぎます。

すすぐことによってシャンプーが「終了」となるのですが、すすぎをしっかりと行わないことによってフケが生じる人もいます。

シャンプーと言えば現役で頭皮や髪の毛を洗う行為ですが、それだけではありません。

すすぎもまた、とても大切なのです。

洗濯を思い出してください。

しっかりとすすがないと、洗剤が付着したままの状態で干します。

頭皮も同じ状況になるのです。

シャンプーでしっかりとすすがないと、シャンプーが残ってしまいます。

しかも残ったシャンプーの成分は水分が飛べば乾いてしまいますので、頭皮にとっては「乾いた異物」が付着している状態になるのです。

頭皮にダメージを与えているのは言うまでもなく、結果、フケとなってしまうのです。

実はこのような人は珍しくありません。

「しっかりシャンプーで頭皮を洗っているのフケが減らない」「いつもかゆみがある」と感じている人は、すすぎが足りていない可能性が非常に高いです。

育毛剤を使っている人も珍しくないのではないでしょうか。

育毛剤も多種多様ですが、頭皮に塗るタイプが多いです。

頭皮に揉み込むことで、育毛剤に含まれている有効成分を頭皮に浸透させるものです。

頭皮に優しいものではありますが、こちらも時にフケの原因となるのです。

なぜなら、揉み込みが甘かったり、あるいは大量に使いすぎると、有効成分が上手くなじまずに固まったままだったり、有効成分そのものが乾いて乾燥してしまい、それが頭皮に負担を与えてフケとなるケースもあります。

ミノキシジルが有名です

■厳選AGA調べ■
 地域  クリニック名  価格/1カ月
 全国展開  AGAスキンクリニック  14,000円~
 東京  新宿メディカルクリニック  5,500円
 大阪  HAIR GENIUS  25,000円~
 福岡  親和クリニック  8,500円
 遠隔  AGAヘアクリニック  10,000円
*ミノキシジル配合薬の価格
*1・・外用薬

AGA治療でも有名なミノキシジル。 元々は血管拡張剤として登場したものの、血管拡張による血流増大に発毛効果が認められ、AGA治療薬として普及しているのですが、ミノキシジルはフケになりやすいと言われています。 これはミノキシジルが頭皮に悪いのではなく、ミノキシジルをつけすぎると、結局頭皮で妙な形で乾燥して残ってしまい、それが負担となってかゆみ、そしてフケの原因になるのです。

 

また、ミノキシジルは血管拡張によって血流促進を人工的に行いますので、血流増大によって新陳代謝が加速してしまいます。 そのため、頭皮の新陳代謝も活発になるので、フケを生じやすくなるのです。

今では美容院に行かなくとも、ドラッグストアにカラーリング剤やパーマ剤が販売されていますので自分でも簡単に毛を染めたりパーマをかけたりとオシャレを楽しめます。 ですがこれもまた、フケの原因になっている可能性があります。 「髪を染めるとハゲる」などという都市伝説もありますが、髪を弄ることによって、フケのリスクは高ります。

自分で」が原因です

体質的な問題を除けば、美容院でカラーリングやパーマをかけてもフケで悩まされることはほとんどないでしょう。

ですが自分で行うとフケになる可能性が高いのは、溶剤の問題よりもむしろ手法です。

美容院で行う場合、プロでもある美容師が行ってくれます。

溶剤が頭皮にかからないよう、注意しながら行ってくれるのですが、セルフで行う場合、頭皮の状態を確認することが出来ません。

いくら慣れていても、自分で自分の髪の毛を弄るのは鏡越しになりますので、なかなか上手くいかないのです。 結果、溶剤が頭皮に付着してしまうのです。

しかもしっかりと洗い落さないため、溶剤が頭皮に残ったままになってしまうので頭皮を傷つけ、肌が乾燥してフケとなり、かゆみを生むのです。

オシャレを楽しむことは悪い事ではありませんが、セルフではどうしても限界があるのも事実ですので、毛を染めたりパーマを充てるなら美容院に行くべきでしょう。

 フケによるかゆみの改善と対策

画像名の画像

 

なぜフケによるかゆみが生じるのか。 様々な原因を見てみましたが、もちろん対策もあります。 そこで、フケからうまれるかゆみの対策もチェックしてみましょう。

これは最も簡単に効果が期待出来ます。 シャンプーを使ってフケが出るのであれば、シャンプーを変える。ただそれだけの話です。 スカルプ系のオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーなど、近年は石油系界面活性剤のみならず、鉱物油やシリコンなど、頭皮に負担を与える成分を一切含んでいないシャンプーも登場しています。

 

低刺激を売りにしたものもありますので、頭皮に優しいシャンプーに変えてみるのも手です。 そのようなシャンプーは保湿にも優れていますので、乾燥を防いでくれるのもメリットです。 理想を言えば自分の体質にあったシャンプーですが、使ってみないと分からないのも事実です。 口コミをチェックしたり、返品可能なシャンプー等を試してみるなど、自分に合う一本を見つけると良いでしょう。

■厳選AGAおすすめシャンプー■

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

洗い方も気を使おう

洗い方もまた、気を付けるべきです。 力任せに洗うのではなく、シャンプーを泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落とすような感覚こそ、正しいシャンプーです。 力任せに爪を立てて頭皮を洗うと爽快感はあります。

ですが、それによって頭皮を傷つけてしまったり、せっかく良いシャンプーを使っても、自分の力のおかげで角質に傷をつけてしまうことにもなりかねません。

 

泡の力で汚れを包み込み、指の腹で泡を頭皮全体にまぶすかのように揉み込む。これが理想のシャンプーです。

すすぎもしっかりと行いましょう

シャンプーの際、すすぎもしっかりと行いましょう。 すすぎ不足がフケ、そしてかゆみの原因になるのです。

これはどのようなシャンプーを使っていても同様です。 オーガニックシャンプー、スカルプシャンプーだからすすぎをしなくても問題ないということはありません。

すすぎこそ、シャンプーのメインと言っても決して過言ではないのです。

フケによるかゆみで悩まされていると、どうしても「頭皮の問題」として考えてしまいがちなのですが、決して頭部だけの問題ではありません。

栄養バランスが悪ければ、当然ですが肌に悪影響を与えてしまうので感想をもたらすでしょう。

睡眠時間が短ければ、頭皮のみならず体の休息期間が短いのでストレスの緩和も出来ませんので、肌に対しての負担が強まってしまいます。

 

このように、フケによるかゆみを「頭皮の問題」として考えるのではなく、「体の問題」として考え、ライフスタイルの改善を行いましょう。 栄養バランスはもちろんですが、ストレスの発散など、体に悪影響を及ぼすものを体の外に抜きましょう。

自分の力でどうにもならないことは?

体質やオフィスのエアコンの問題など、自分でどうすることも出来ない問題もあります。 それらの問題も、細かい視点を持てば「解決」とまでは言いませんが、緩和することは出来ます。 例えば乾燥肌の人であれば頭皮ローションなど、頭皮に常に潤いをもたらしてくれるアイテムを使ったり、あるいは日頃はニット帽を被るだけでも頭部の乾燥具合は大きく変わります。

 

また、オフィス環境であればUSB接続出来るコンパクトな加湿器など、自分のデスク周りの周辺だけでも多少環境を改善してくれるものもありますので、工夫すれば改善は出来ます。

「大げさな」と思うかもしれませんが、フケが止まらず、かゆみが続くようであれば一度病院に足を運んで診察してもらうべきです。 医師の診断によって、自分がいったいどのような状況に陥っているのかが分かります。 自分だけでは分からないことでも、医師の診断によって細かい部分までチェックしてもらえるだけではなく、仮に問題がないと診断されれば精神的にも安心出来るはずです。

病院に行く目的は治療だけではありません。「自分を知る」ためでもありますので、なぜかゆみやフケで悩まされているのか分からないのであれば、素直に病院に足を運ぶべきです。

感染症の場合は病院が必須

もしもですが、フケやかゆみの原因が感染症の場合、残念ながら自分の努力だけで改善させるのは厳しいです。 病院に足を運び、薬の力によって体の中からアプローチし、改善しなければなりません。 つまり、仮にフケの原因が感染症であれば、どれだけ自分自身で頑張っても効果は出ません。

 

そして、効果が出ないからこそかえって焦ってしまうことにもなりかねませんので、自分の症状を確定するためにも一度病院にいくべきです。

 まとめ

画像名の画像

 

フケがなぜ生じるのかや、なぜかゆみになるのかなど、頭皮では様々なことが繰り広げられていることが分かっていただけたかと思いますが、フケの問題は原因の特定です。 原因によって対策も異なりますし、極論ですが違う原因の対策を行っていても思うような効果は得られません。 また、フケの対策は長期的なビジョンで行うべきです。

 

数日程度いつもと違うことを行ったからと言って、いきなり劇的に変化するのは稀です。 即時性のあるものもありますが、じっくりと時間をかけて体質の改善を図りますので、長期的なビジョンで取り組みましょう。 そのためにもまずは原因を特定し、原因に見合った対策を行うことで、頭皮からフケ、そしてかゆみを取り除くことが出来るでしょう。

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_