ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【ジェネリック医薬品って安全なの?】薄毛治療における治療薬を一挙紹介

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【ジェネリック医薬品って安全なの?】薄毛治療における治療薬を一挙紹介


カテゴリ

薄毛や抜け毛を改善には、病院に通い薬で治療を行います。

今回は薬の種類やフィンペシアのご紹介をします。

薄毛とは

牛の画像

薄毛とは、髪のボリュームがなくなってしまう状態をいいます。

頭にある髪の毛は、代謝によって抜けていくのが普通であり、抜け毛は病気ではありません。

しかし、異常に抜け毛が多くなったり、髪の毛が細く、ハリやコシがなったりすると、全体的に髪の毛のボリュームが少なくなるのです。

薄毛の原因は生活習慣が影響している場合や病期によって、脱毛症を発症していることがあります。

脱毛症はいくつか種類があり、それぞれ髪が抜ける原因が違います。

根本原因を改善しなければ、抜け毛や薄毛は抑制されず、髪はどんどん失われてしまうのです。

脱毛症には、どのような種類があるのかご紹介しましょう。

AGAはAndrogenetic Alopeciaといい、男性ホルモンの影響で薄毛が進行する脱毛症です。

薄毛の進行にも特徴があり、頭頂部や前髪の生え際から薄くなっていきます。

原因となるホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種です。

男性にのみ発生する病気で、髪の毛が成長するヘアサイクルを乱して抜け毛を促進させます。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと、酵素である5α-リダクターゼが反応して生成されます。

生成されたDHTは、毛髪の育成に関わる毛母細胞の働きを低下させます。

また、AGAの患者は脱毛部にDHTという男性ホルモンが多くみられるのもあり、AGAの原因はDHTだと考えられているのです。

そのため、AGAを改善させるにはDHTの生成を抑制する必要があります。

AGAの改善方法は薬による治療が一般的です。

薬の作用により、5α-リダクターゼの作用を阻害し、DHTの生成を抑制します。

薬の治療と同時に、生活改善をして抜け毛の要因を無くすことで、効率よい薄毛予防ができると考えられています。

女性型AGA(FAGA)ともいわれている「びまん性脱毛症」は、女性に発生する脱毛症です。

しかし、AGAと違い、薄毛の進行は全体が薄くなるのが特徴です。

抜け毛が多くなるというよりは、髪の毛が全体的に細くなり、髪のボリュームがなくなってしまいます。

AGAが、DHT生成が増える影響で薄毛になるのに対し、びまん性脱毛症は女性ホルモンが少なくなることで発生します。

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪を育てたり、髪の成長を維持する作用があります。

しかし、ストレスや生活習慣の悪化、年齢の影響を受け女性ホルモンの生成が抑制されると、男性ホルモンが優位になります。

男性ホルモンの影響が強くなると、DHTの影響が強くなり、AGAのように薄毛が進行してしまうのです。

びまん性脱毛症の原因は女性ホルモンの減少なので、AGAとは対策方法が違います。

AGAの治療薬を使っても効果は期待できなく、体質改善やホルモンバランスを整えることが薄毛を改善させます。

脂漏性脱毛症は皮脂の分泌が過剰におこなわれ、脂漏性皮膚炎を引き起こし、抜け毛や薄毛が促進されると考えられています。

原因は皮脂の過剰分泌と、マセラチア菌という頭皮の常在菌が異常増殖を起こし、発症するといわれています。

皮脂が増えると毛穴をふさいでしまいます。

また、炎症によってフケが多く発生してしまうのです。

悪化をすると、頭皮に赤みが発生したり、かゆみが生じたりします。

皮脂の分泌は、ホルモンバランスが崩れてしまうことで引き起ります。

女性の場合は、男性ホルモンが優位になっていると考えられるでしょう。

改善ほうほうは、生活習慣の改善や抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を使い、炎症を抑えます。

医療機関にかかり、時間を掛けて改善させるようにしましょう。

ひこう性脱毛症は、フケ症と脱毛が合併した脱毛症で、フケが毛根を防いでしまうことで、薄毛や抜け毛になります。

脂漏性脱毛症と似た部分もありますが、ひこう性脱毛症の場合、乾燥肌がフケの原因になることがあります。

フケ症を発生するのは、シャンプーのし過ぎが考えられます。

過剰な染髪は、頭皮の保湿に必要な皮脂まで洗い流し、フケの過剰発生につながります。

改善には脂漏性脱毛症と同じ治療方法が行われることが多いです。

また、生活改善や洗髪方法を改善することで、頭皮環境を整えることが期待できます。

男性にも女性にも発生する脱毛症なので、日頃の生活を見直して改善するように心がけましょう。

円形脱毛症は、髪の毛の一部が円形や楕円形に抜け落ちてしまう症状です。

原因はストレスや疲労などで自律神経が乱れによって、免疫機能に異常が発生するからと考えられています。

原因の一つに、リンパ球という免疫機能が毛包組織を攻撃して、脱毛が起こるといわれているのです。

円形脱毛症は、髪の毛に限らず、体毛が脱毛する可能性があります。

また、一カ所にかぎらず、多発する場合(広汎円形脱毛症)もあります。

円形脱毛症は一時的に発症し、自然に治ることがあります。

しかし、症状が慢性化した場合は病院で治療をすることが最善策です。

治療方法は、抗アレルギー作用や抗炎症作用がある薬などで治療を行います。

体や心にストレスがかかっている場合は、疲れを癒しストレスを開放してあげることが大切です。

薬によって抜ける脱毛症には、がん治療薬や肝炎の治療薬による副作用があります。

薬を止めなければ、薄毛や抜け毛の改善は難しいでしょう。

物理的に抜ける脱毛症には、機械性脱毛症と抜毛症(トリコチロマニア)があります。

機械性脱毛症は、髪を結わくなど髪を強く引っ張ることで、生え際に負担がかかり髪が後退してしまいます。

あまり髪に負担を掛けないことが大切です。

抜毛症は情緒不安定な人が、ストレスにより自分で髪の毛を抜いてしまう病気です。

抜毛症が長い間続くと、抜かれた部分から新しい髪が生えてこなくなる可能性があります。

女性や子供に多いのが特徴です。

物理的に抜ける脱毛症の場合は、癖や物理的な力を緩和することが求められます。

抜毛症の場合は、精神科を受診する必要もでてくるでしょう。

また、自分で判断のつかない方はクリニックへ行ってみるのもいいでしょう。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

脱毛症は徐々に起こるものから、急に抜け毛が発生することもあります。

生活環境や体質など、自分では気が付きにくい面もありますが、髪質を把握することで「脱毛症ではないか?」と疑うことができます。

髪の毛や頭皮が健康で正常な場合、1日に抜ける髪の毛の量は50本程度といわれています。

また、ストレスや生活環境の影響で、100本から200本抜ける場合もあります。

抜け毛には個人差があり、200本程度では薄毛になる可能性は少ないと考えられるのです。

もし1日に抜ける本数が過剰だと感じる場合は、脱毛症の可能性が考えられるので、病院で診断してもらうのが良いでしょう。

薄毛は髪の毛が抜けるだけが原因ではありません。

髪の毛のハリやコシがなくなると、全体のボリュームがなくなってしまいます。

健康で上部な髪の毛は、正常なヘアサイクルが整っていなければ育ちません。

正常なヘアサイクルは、髪の毛が太くなる成長期が4年間から8年間続きます。

そして、1週間から2週間の退行期で髪の毛は退化し、休止期が3カ月から4カ月ほど訪れます。

休止期が終わった後は、また成長期に入るというサイクルが、ヘアサイクルの流れです。

しかし、脱毛症の傾向がある髪の毛は、成長期が数カ月から1年間ほどで終わってしまいます。

十分に成長できない髪の毛は、太くなる時間がありません。

やせ細ってしまい、抜けやすくなってしまうのです。

自分の抜け毛や頭髪全体を確認し、髪の毛がやせ細っている場合は、脱毛症を疑うのが良いでしょう。

 

脱毛症の兆候を知るためとはいえ、抜け毛の本数を1本ずつ数えるのは不可能に近いでしょう。

しかし、薄毛を見極める方法には、抜け毛に異常がないかを確認する方法があります。

抜け毛には種類があり、髪の毛の形によって脱毛症を知ることができる可能性があるのです。

正常に抜けた髪の毛は、毛根がラグビーボールのように、楕円形に膨らんだ形をしています。

また、毛根から毛先まで、髪の太さはほとんど変わりません。

それでは脱毛症の可能性がある抜け毛には、どのような種類があるのでしょうか。

短く、毛先がとがっている抜け毛を短小毛といいます。

髪を短くしている男性は見分けがつきにくいですが、目安として10cm未満の抜け毛に毛根がついていると短小毛である可能性があります。

3cm未満になると産毛に分類されます。

短小毛が抜け落ちると、次に生えてくる髪の毛がやせ細ってしまうのです。

短小毛が続くと産毛になり、髪の毛は回復しにくくなってしまいます。

根元は太いが毛先が細い髪の毛も注意が必要です。

「!」に似た形から感嘆詞毛といいます。

円形脱毛症を発症した人に良くみられる抜け毛の形です。

また、無理なダイエットや過度なストレスを受けたときにも見られる形です。

症状が現れる前に感嘆詞毛を見つけた場合は、早急に原因を取り除かなければいけません。

広汎(こうはん)性脱毛症に良くみられる抜け毛の形です。

しっぽタイプは毛根の先っぽに、しっぽのような細い毛がついています。

ウェットタイプは、毛根が水でにじんだようにみえます。

この2つの抜け毛がみられたときは、育毛剤は効果を発揮しません。

それぞれ改善方法が違い、専門家に相談して適切な対処を行わないと、薄毛は改善しないでしょう。

薄毛や抜け毛の病院とは

液体 グラスの画像

薄毛や抜け毛に悩んだとき、どういう病院のなに科に行けばいいのか、とっさには思いつかないでしょう。

原因が頭皮や髪の毛以外にもあるので、内科にいけばいいのか、皮膚科がいいのか…それとも他の科が良いのか判断が難しいのです。

しかし、薄毛の知識がある病院や医師に診てもらい、適切な診断をしてもらわないと、薄毛が改善しないでしょう。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

AGAスキンクリニックではAGA治療を専門とするクリニックで日本国内でもトップレベルのシェア率を誇ります。

AGAスキンクリニックでは「ファイザー」というジェネリック医薬品の処方を行っております。

国から認可されたジェネリック医薬品で、プロペシア同様、フィナステリドが入っている薬で、効果はほぼ同じものです。

2015年4月には、ファイザー株式会社がフィナステリド錠「ファイザー」を発売し、他の製薬会社もそれに続きました。

有効成分、効き目、品質を下げることなくコストを3割減に成功した医薬品です。

形や色、味などの変化はありますが、国から代替可能と認可されているので安全性に問題はないでしょう。

!
■厳選AGA調べ■
✔【基本治療料】
カウンセリング 無料
初診料 無料
血液検査 無料
✔【治療薬】
ファイザー(フィナステリド錠1mg) 3,400円(初回)
プロペシア 4,200円(初回)
ザガーロ 4,800円(初回)
✔【発毛薬Rebirtd】
内服薬 14,000円~
外用薬 14,000円
✔【AGAメソセラピー】
2cc 50,000円/1回
4cc 70,000円/1回
※初診料&血液検査(25,000円)が無料キャンペーン中

薄毛や抜け毛は基本的にどの科にいけばよいのでしょうか。

基本的に「皮膚科」や「薄毛専門クリニック」で相談をするところから薄毛治療は始まります。

もし身体の他に原因があれば、別の治療方法や専門の科を紹介してくれるでしょう。

髪の毛は、皮膚の一部が変化したものといわれています。

そのため、薄毛の悩みも皮膚科に相談することをおすすめします。

脱毛症の中には、頭皮が問題であるひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症もあります。

頭皮のトラブルなので、皮膚科に相談するのが良いでしょう。

皮膚科の中には、薄毛治療を率先して行っているところもあります。

事前に電話をして、薄毛治療が行えるか確認しておきましょう。

病院やクリニックのなかには、薄毛を専門に扱っているところもあります。

薄毛専門の病院では、他の病院にはない薄毛知識をもった専門医が在籍しています。

また、クリニック独自のデータを元に、適切な治療を行います。

薄毛専門なので、薬の知識も幅広くしっており、独自の薬や頭皮や髪に良いとされるシャンプーを取り扱っているクリニックもあります。

薄毛専門クリニックを受けるメリットとはなんでしょうか。

また、デメリットもあれば、先に知ることで安心して利用することができます。

最近は、インターネット上にも情報があふれており、自己判断で治療を行う人がいます。

しかし、なかには誤った情報や専門医でないと判断が難しい症状もあるのです。

例えば、DHTが原因であるAGAは、問題となっているDHTの生成を抑えなければ、薄毛を改善することは難しいです。

市販の育毛剤や生活改善だけでは薄毛や抜け毛を止められない可能性があるのです。

いつまでも治らない治療を続けていると、心身ともに疲弊してしまい、薄毛を促進してしまうでしょう。

薄毛専門クリニックは、医学知識に基づき治療を行います。

クリニックで専門の医師と一緒に治療することで、薄毛に悩んでいる人は安心感を得られるでしょう。

自分の疑問や悩みを相談できるのもで、精神的なストレスも解消できます。

ストレスをためることは、薄毛や抜け毛の原因にもなるので注意が必要です。

薄毛専門のクリニックを受診するメリットは他にもあります。

薄毛対策の薬には、医師にしか処方できないものがあります。

発毛効果が確認されており、国が認めた市販薬は1種類だけです。

しかし、その薬だけで薄毛が治療できるほど、脱毛症は甘くありません。

AGAは医師が処方する、フィナステリドやディタステリドを含む薬での治療が効果的と考えられています。

また、AGA以外の脱毛症では、他の治療方法や薬が必要になるでしょう。

適切な医薬品を処方してもらうには、専門のクリニックに診察してもらうのが賢明です。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

薄毛専門クリニックで治療を受けるときのデメリットは、お金がかかることです。

頭皮の病気が原因の脱毛症の場合、健康保険が適用されますが、基本的に薄毛治療では保険が適用されません。

治療は中長期的に行う必要があるので、出費がかさんでしまうでしょう。

治療以外に、カツラなどの購入を考えている人は、さらに出費が高くなってしまいます。

例えば、治療費は1カ月で1万円以上かかることもあります。

できるかぎり治療費が抑えられるよう工夫しているクリニックもあるので、治療前に費用について相談をするのが良いでしょう。

クリニックでは、事前カウンセリングを無料でおこなっている場所が多くあります。

事前カウンセリングで、薄毛に関する相談や治療方法、費用について聞くことができるので、治療の不安を解消できるのです。

カウンセリングでは、相談以外にも薄毛のアドバイスを聞くこともできるでしょう。

薄毛の悩みがある人は、気軽に相談にいくのが良いでしょう。

治療を決心すれば、初診を行います。

クリニックによって初診の内容は違いますが、触診や問診、検査を行い治療ができる情報を集めるのが目的です。

治療がはじまれば、検査結果を元に薬による治療などがはじまります。

その後、定期的な通院を繰り返し、薄毛治療を行っていくのです。

経過を見ながら治療方法を検討していき、薄毛の改善を図ります。

薄毛治療で気になるのは、費用面でしょう。

デメリットにもありましたが、治療費が高すぎては治療を行うのは難しくなってしまいます。

クリニックによっては治療費を公開している場所も多くあります。

基本的に治療費に法的な決まりはなく、数百万と治療費を高額に設定しているクリニックもあります。

相場は、普通の治療の場合、月々1万円から3万円前後かかります。

最先端治療を使ったコースや、クリニック専門の薬を使う場合は金額が高額になる可能性があるので、よく考えてから治療に臨みましょう。

病気による脱毛症の場合は、健康保険が適用される場合もあります。

薄毛治療薬の種類

手と薬の画像

薄毛治療薬は世界各地で開発されています。

国内で使用されている薬と同じ成分のものや、効果や副作用がわからないものなど豊富にあるのです。

しかし、安心して使うには独立行政法人 医薬品医療機器総合機構の審査を通り、市区町村の知事や厚生労働大臣からの認可を得られた薬を使用したほうが良いでしょう。

発毛成分が含まれる市販薬は、2017年10月時点で国内には1種類しかありません。

大正製薬から販売されているリアップは、発毛作用がある「ミノキシジル」を含んでいます。

発毛成分である「ミノキシジル」は、元々高血圧の薬である「ロテニン」に含まれていた成分でした。

ロテニンの副作用で、発毛や多毛があり、ミノキシジルの発見に至ったといわれています。

リアップは第1類医薬品として分類されており、薬剤師の説明を受ければドラッグストアや薬局で購入ができる外用薬です。

リアップに含まれるミノキシジルが、毛包細胞に作用して血液循環を促進。

髪の毛に十分な栄養が供給されるようになり、強く健康な髪の育成が期待できます。

デメリットとしては、壮年性脱毛症にしか作用しません。

想定されている使用者も、30代以上の男性で、20代以下の男性や、女性は対象外です。

また、女性用の製品も販売されていますが、ミノキシジルが多く含まれるモノは使用できないなどの制限があります。

価格コムによると、リアップシリーズは約3,300円から約6,500円で購入することができます。

市販薬ではなく、医師に処方してもらえる薬があります。

審査を通り国の認可がもらえている成分は、2017年10月時点で2種類あります。

どちらもAGAの原因となる、DHTの生成を抑制する作用がある薬で、「プロペシア」と「サガーロ」といいます。

この2種類は、ミノキシジルが含まれるリアップとは、薄毛へのアプローチが違うので併用も可能です。

また、リアップと違い、どちらも内服薬という特徴があります。

それではどのような作用があるのかご紹介しましょう。

プロペシアはMSD株式会社が2005年12月から販売した薄毛薬です。

フィナステリドという有効成分が入っており、5α-リダクターゼを阻害してDHTの生成を妨げます。

国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間の投与で58%、3年間で78%の改善効果が認められました。

現状維持を含めると、プロペシア1mgを服用した人は、最大98%以上の人に効果があるというデータがあります。

データの対象は20歳以上50歳以下の健康的な中度のAGA患者です。

プロペシアの副作用には過敏症や生殖障害、肝機能障害が起こると考えられます。

相場は1カ月辺り6,000円から8,000円程度です。

サガーロはグラクソ・スミスクライン株式会社が2016年6月から販売した薄毛薬です。

ディタステリドという有効成分が入っており、プロペシア同様5α-リダクターゼを阻害する作用があります。

プロペシアとの違いは、5αリダクターゼの阻害作用がプロペシアより強いといわれているのです。

サガーロもプロペシア同様、20歳以上50歳以下のAGA患者にのみ検証を行っているので、女性や20歳未満50歳を超える男性に効果があるかは実証されていません。

サガーロはプロペシア同様の副作用が見られる可能性があります。

相場は1カ月辺り8,000円から1万円程度となっています。

日本での認可はされていませんが、海外で認められている薄毛薬もあります。

その中には、日本で使用できる3つの薄毛薬の元となった製品や、ジェネリック医薬品もあります。

海外で使用されている薬は、インターネットの個人輸入業者が販売している場合や、薄毛専門クリニックで医師の判断を元に処方されることがあります。

しかし、海外輸入の薬は副作用が起きた場合でも、副作用被害救済保険は使えません。

また、他人に販売すると捕まる可能性もあるので、注意が必要です。

ロゲインは、ジョンソンエンドジョンソン傘下のマクニール社が販売しています。

市販されているリアップとの大きな違いはなく、ミノキシジルの濃度も同程度の薬があります。

リアップとの違いは価格です。

1本辺りの価格は約2,300円で、リアップに比べると半額以下で購入することができます。

フィンペシアはインドに拠点をおく、シプラ社が製造販売している薄毛治療薬です。

フィンペシアに含まれている有効成分は、プロペシアと同じフィナステリドで、効果もプロペシアと同様といわれています。

フィンペシアはプロペシアに比べ圧倒的に安く、1ヶ月分2,000円以下で購入が可能で、まとめ買いをすると1ヶ月分が1,000円程度の価格で取引されています。

フィナロはインドに拠点をおく、インタス社が製造販売している薄毛治療薬です。

フィナロはプロペシア同様、フィナステリドを含有しており、効果もプロペシアと同様といわれています。

フィナロの相場はフィンペンシアよりもさらに安く、1カ月分で1,700円程度、まとめ買いでは700円以下で販売されています。

エフぺシアはインドに拠点をおく、シプラ社が製造販売を行っている製品です。

フィンペシアのキノリンイエローという着色料に、毒素が含まれているのではないかと問題になったときに、キノリンイエローフリーの薬として販売されました。

フィンペシア、フィナロ同様、フィナステリド含有の薬です。

エフぺシアの相場は1カ月辺り1,000円以下で販売されています。

クリニックによっては、大学と研究開発を行ったり、フィナステリドとミノキシジルが配合した飲み薬を独自販売したりしているところがあります。

薬の相場は、国内で認められている薬よりも高いですが、2つ以上の薬を併用するよりは安くすむ場合があります。

クリニックオリジナルの薬のため、保険適用外になります。

国内外やクリニック専門など総合した場合、最も安いのが、個人輸入で手に入る海外製の薬です。

次に国の認可を受けた薬が安く、比較的高いのがクリニック専門の薬となります。

安い上に、国内で認可されている商品と同等の効果が認められるという、海外の薄毛薬は魅力的に映るでしょう。

しかし、自分で使用するにはいくつか注意をしなければいけないことがあります。

もし知らずに使用すると、損をするだけでなく、薄毛が改善しない可能性もあるのです。

2017年10月時点で、厚生労働省は、自分が使う目的で薬を輸入することは、自己責任の範囲で認めています。

個人輸入をするときは、地方厚生局で必要書類を提出し、薬事法に違反していない証明を受けなければいけません。

また、自分で手に入れた薬は、販売や受け渡しは認められていません。

個人輸入代行業者は、この面倒な手続きを省き、購入の仲介をしている業者です。

あくまで個人輸入の代行であり、薬事法違反スレスレの商売といえるでしょう。

厚生労働省では、悪質な業者も多く、トラブルがあっても責任は購入者が全て負わなければいけなくなる可能性があるため、利用の推奨をしていません。

!