AGAコラム

公開日 2016.2.1
あなたの頭皮に乾燥警報!?知っておきたい原因と対策とは?
カテゴリ AGA・薄毛の対策
Top

あなたの頭皮、最近乾燥していませんか?ちゃんとシャンプーしているのに、なんだか頭皮がかゆい…。気になるその症状、ズバリ、砂漠化した頭皮が引き起こしているのかもしれません。

頭皮のベタベタやニオイには念入りに気を配っている人でも、乾燥には意外と無頓着な傾向があります。もちろんベタつきやニオイも気になりますが、こぼれ落ちる白いフケや頭をかく仕草も同様に、いや、それ以上の不潔な印象を与えますよね。

徐々に進行して皮膚環境を悪化させ、時には抜け毛を加速させる原因ともなる 「乾燥」は、あらゆる頭皮トラブルを呼び込む入り口。 髪と地肌にとっての、意外な伏兵です。今回のコラムでは、実は怖い頭皮の乾燥に打ち勝つ、正しい知識とケアをご紹介します。

 

【目次】

その症状、頭皮の乾燥が原因かも?

なぜ頭皮は乾燥するのか?

頭皮の乾燥"外的要因"

頭皮の乾燥"内的要因"

うるおう頭皮をキープする!対策5選

正しいシャンプーとヘアドライ

シャンプー後、髪を乾かす時にも重要なポイントが!

使っているシャンプーやリンスをチェック!

LaSanaラサーナ

uruotte ウルオッテ

ハイビスカス・ヘアシャンプー

ブラッシングはあくまでもソフトに

頭皮にも紫外線対策を

ローションやオイルで保湿ケア

大島椿 ヘアスプレー

ユースキンS

NOVノブスカルプローション

食生活の見直し

ひどい場合は早めの皮膚科受診がベター!

まとめ

 

 その症状、頭皮の乾燥が原因かも?

頭皮の乾燥はよく注意しないと気づかないような、 小さな初期症状から始まります。

しかも頭皮は普段目にしないですから、体の中でも無頓着になりがちな場所。かなり悪化してから発覚!という事態を招きやすいのです。何事もトラブルは早期発見、早期対策が最良の方法。定期的なセルフチェックを行い、気になる症状を見逃さないよう心がけましょう。

頭皮の赤みといえば血行不良をイメージしますが、実は乾燥が引き起こしている場合もあります。シャンプーの刺激や洗いすぎ、紫外線ダメージなどを受けて乾燥した地肌は、徐々に赤みをおびてきます。自分の目で確かめるのはなかなか難しいですから、家族や親しい人に時々チェックしてもらえると良いですね。もしくは、マイクロファイバースコープを入手するのもオススメ!いつでも気軽に頭皮の状態を確認できますよ。

Image1

 

 

画像参照元:https://www.amazon.co.jp/

 

乾燥がひきおこすかゆみの場合、頭皮の一部でなく広範囲にかゆくなるのが特徴。両手を髪に突っ込んでボリボリかきたくなる感じです。冬場に手足などの皮膚が乾燥するとかゆくなりますよね?それと同じ状態が頭皮に起こっていると考えてください。

乾燥によって皮膚表面のバリア機能が弱くなっていると、頭髪やホコリ、皮脂などのちょっとした刺激にも反応してかゆみを感じます。

頭皮の乾燥が進行すると、皮膚表面の乾いた角質層がめくれ上がり、剥がれてきます。

初期ならよく見ると頭皮が粉っぽい?くらいの症状ですが、放っておくと粉がパラパラと肩に落ちてくるようになり、明らかにフケと思われる大粒の角質も発生します。頭をかくとますます角質の剥がれを促進し、症状がひどくなります。

脱毛

乾燥した頭皮は角質層の剥がれによってバリア機能が失われ、ウィルスや細菌がはいりこみやすくなります。ちょっとした外部刺激にも反応するようになり、ますます頭皮環境が悪化してゆきます。 正常な毛根を維持できなくなると、抜け毛や薄毛の原因にもなります。

参考:毛根から抜け毛の原因を分析!今すぐできる抜け毛・薄毛診断

 

 なぜ頭皮は乾燥するのか?

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」ということわざがありますね。
頭皮の乾燥に打ち勝つには、外部からもたらされる要因(外的要因)と、自分の体が持つ要因(内的要因)の両方を知り、主となる原因を見極めて対処する必要があります。「頭皮の乾燥」と一口に言っても、その原因はさまざま。複数の要因が絡まりあって引き起こされるケースも珍しくありません。 何があなたの頭皮を乾燥させているのか? その理由を探っていきましょう。

 

秋冬は空気が乾燥しやすい季節です。冷たく乾いた外気やエアコンの暖気にさらされ、顔や体もカサカサしてきたら?そんな時はクリームやローションで保湿し、皮膚を保護します。

毛髪に多少守られているとはいえ、頭皮にとっても条件は同じなのですが、洗髪はしても頭皮を保湿ケアする人は非常にまれですよね。乾燥して当然なのかもしれません。秋冬だけではなく、 夏場の乾燥にも油断は禁物。

ベタつきが気になって洗髪回数も増えるシーズンですし、エアコンの冷気が紫外線ダメージを受けた頭皮を直撃します。密かに進行した乾燥が、秋になったとたん急激に症状を悪化させることもあります。

春から夏にかけて気になる紫外線。真夏やレジャーシーンでの紫外線対策の必要性は、もはや常識ですね。しかし、頭皮への紫外線対策を意識している人はまだまだ少数派ではないでしょうか。日焼けによるサンバーンが頭皮に起こると、乾燥どころではなくヒリヒリと痛みます。火傷状態の炎症は体や顔と同様につらいもの。言われなくても避けようと思いますね。

しかし本当に注意すべきは、 自覚症状のないままに進行する「光老化」です。 目には見えない紫外線が頭皮の細胞をじわじわと破壊。年齢とは無関係に老化させます。顔や体の皮膚は日々目にしますから、「乾燥している」「しわやシミができた」などの異変を早期発見できますが、頭皮はそうはいきません。それにも関わらず、太陽の光を真上から受ける最も過酷な環境にあるのです。その紫外線量は顔と比較して3~5倍。紫外線によって老化した頭皮は水分保持機能が低下し、自らうるおう力を失ってゆきます。

間違ったヘアケアは頭皮のターンオーバーを加速させ、バリア機能を破壊します。清潔、無臭を意識するあまり、シャンプーをしすぎていませんか?頭皮とつながっている顔の皮膚でイメージしてください。頭皮と同じようにシャンプーして、なにも保湿しなければ?おそらく翌日には、ガサガサに乾燥することでしょう。

頭皮は顔より皮脂腺が多いのは事実ですが、 1日2回以上のシャンプーをしている人は、明らかに「洗いすぎ」です。 夏場でも洗髪は1日1回まで。どうしても気になる時はぬるま湯で流す程度にとどめましょう。洗髪ブラシでゴシゴシこする、爪をたてて洗うなどの行為も頭皮を痛めます。洗浄力が強すぎるなど、合わないケア製品を使っている可能性もありますよ。ブラッシングのしすぎにもご注意!

優しくホコリを取り除く適度なブラッシングなら頭皮の血行を促進する効果もありますが、髪を無理に引っ張って強引にとかす、地肌をひっかくなどのブラッシングは頭皮にダメージを与えます。ソフトなブラッシングでも刺激を感じる状態なら、当分は最低限に控えておきましょう。

海外を訪れた際に、髪を洗ったらなんだかゴワゴワした…そんな経験はありませんか?アルカリ度の高い硬水を使用している地域が多いため、軟水に慣れている日本人には違和感があり、乾燥やかぶれなどの肌トラブルも珍しくありません。それでは日本国内なら大丈夫なのか?というと、そうとは言いきれないのです。

水の硬度いうのは、県単位ではもちろん、浄水場が変わるだけでもけっこう違います。なかには驚くほど硬度が高い地域もあります。転居してから肌や頭皮の不調が続いているという人は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

水道水質データベース :http://www.jwwa.or.jp/mizu/.html

 

すべての人の頭皮に存在する常在菌、マラセチア菌ですが、皮脂とのバランスがくずれ、大量に増殖してしまう場合があります。マラセチア菌が生成する過剰な脂肪酸は頭皮への刺激となり、さまざまなトラブルが発生します。フケ、かゆみ、乾燥と併せて、べたつきの症状も多くみられます。

もともとアトピー体質であるとか、シャンプーや育毛剤を変えたら頭皮が乾燥してきた…という人は、何らかのアレルギーが原因かもしれません。皮膚の強い乾燥をまねく疾患として有名なのが、アトピー性皮膚炎です。

乾燥してバリア機能の低下した肌がアレルギー反応を起こし、さらに皮膚状態を悪化させます。激しいかゆみや炎症を伴うことも。特定の原因物質に対してアレルギーを起こす、接触性皮膚炎の可能性もあります。こちらは原因を特定し、取り除くことで治まります。

若い頃にはオイリーだった肌質が徐々に変化して乾燥しやすくなるように、 頭皮も年齢を重ねるごとに保水能力が衰えます。 体質や生活習慣、紫外線などにも影響を受けるため、老化の速度には大きな個人差があります。

甲状腺機能低下症や糖尿病は、汗や皮脂の減少、皮膚の乾燥といった症状のある疾患です。このような病気の影響によって、頭皮が乾燥する場合もあります。

エストロゲンは肌や髪の潤いを保つ効果のあるホルモンですが、20代後半をピークに徐々に減少。特に閉経を迎える更年期にはホルモンバランスが乱れ、体の不調を感じる女性が多くなります。いわゆる更年期障害ですね。その症状のひとつとして、頭皮の乾燥や脱毛がみられます。生活リズムの変化やストレス、疲労などによっても、女性ホルモンは乱れやすいもの。20代以下の女性でも油断は禁物です。

細胞分裂を正常に行う作用を持つビタミンA、コラーゲンの生成や鉄分の吸収に関わるビタミンC、代謝を高め毛細血管を拡張するビタミンE。他にもタンパク質、ミネラル、亜鉛、セラミドなどの各種栄養素が不足すれば、頭皮の健康状態も悪化します。

偏った食生活が体に良くないのは常識ですが、その影響が真っ先に現れるのは髪、爪、皮膚。生命を維持するうえで重要性の低い部分です。頭皮の乾燥が気になる時、それは体が注意信号を発しているのかもしれません。

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト

 

 

 うるおう頭皮をキープする!対策5選

頭皮に負担をかけないシャンプーのポイントは3つ。まずはこのルールを守りましょう。

Image2

 

 

シャンプーをいきなり頭にふりかけて泡立てようとしていませんか?

濃いシャンプー液がそのまま地肌に触れるのは刺激が強すぎます。手のひらで充分に泡立てて使いましょう。

Image3

 

 

かゆいから、さっぱりしたいから… 思わず爪を立ててゴシゴシバリバリ!は絶対にやめましょう。

濡れた皮膚を毎日のように掻きむしれば、荒れるのは当然。トラブル頭皮へ一直線です。指の腹が地肌に触れるよう、ソフトタッチで洗ってくださいね。

Image4

 

 

熱いお湯は皮脂を溶かす力が強すぎて、必要な分まで取り去ってしまいます。 38℃くらいのぬるめのお湯で、すすぎ残しのないように流しましょう。 リンスやトリートメントは髪の仕上がりを良くするため軽めにすすぐ・・・という人もいますが、残留成分は頭皮への刺激となり良くありません。きちんと洗い流すことをオススメします。

 

ドライヤーを髪に近づけすぎないで!熱風を頭皮に当てないように、 最低でも20㎝は離して使いましょう。 ドライヤーの前に、洗髪後はタオルで包み込むように押さえながら水分をふき取りましょう。タオルドライを充分に行うことで、ドライヤーの使用時間を短くすることができます。ここでもゴシゴシは厳禁ですよ。

 

 

 

画像参照元http://www.nikkei.com/article/

もしかしたら、あなたの頭皮にとって洗浄力の強すぎるシャンプーを使っているのかもしれません。特に高級アルコール系シャンプーは要注意。ラウリル硫酸、ラウレス硫酸は頭皮や育毛ケアを意識する人にはマイナス要素となる成分です。石鹸シャンプーは頭皮に良いイメージですが、 実はかなり洗浄力が高い のでこちらも要注意。

選びたいのはアミノ酸を始めとする、脂肪酸系のシャンプーです。乾燥した頭皮なら、オイル成分が配合されている商品もいいですね。オススメをいくつか挙げておきましょう。

 

Image7

 

 

フランスのブルターニュ地方で取れるきめ細かでミネラル豊富な海泥が、頭皮の汚れを吸着して洗い上げます。

たっぷりの海藻エキスとコラーゲン配合の、髪にも地肌にも優しいアミノ酸系シャンプーです。

公式サイト:http://www.lasana.co.jp/

 

Image8

 

 

東急ハンズで10年以上も売れ続けているノンシリコン、アミノ酸シャンプーのベストセラーです。オーガニックの和洋漢植物成分とシアバター配合。リンスを使わないオールインワンタイプでありながら、しっとりとうるおいます。

公式サイト:http://uruotte.com/

 

Image9

 

 

古来より琉球女性の美しい髪を守ってきたのは、植物系ヒアルロン酸といわれるハイビスカス葉エキス。

この成分をたっぷりと含んだノンシリコン、アミノ酸シャンプー。頭皮への優しさと保湿に特化した、こだわりの配合成分が特長です。

公式サイト:http://www.yumejin.jp/

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

正しいブラッシングは髪の汚れやホコリを取り除くと同時に、頭皮の血行を高めてくれる効果があります。しかし、 やり方次第では逆に髪や頭皮を傷めてしまう諸刃の剣。 頭皮が弱っている時には、特に注意が必要です。いきなり根本から引っ張るようにとかしたり、頭皮を引っかいたりしないこと。いたわりながらソフトに、少しでも刺激を感じる場合はやめておいたほうが無難でしょう。ブラッシングは髪が乾いた状態の時に行います。汚れを浮き上がらせて落ちやすくしてくれるので、シャンプーの前などが良いですね。

毛先からそっとからまりをほぐし、徐々に根元へと…あくまでも優しくとかしてください。豚毛など天然素材のブラシは静電気が起こりにくく、頭皮への当たりも柔らかいのでオススメです。

 

紫外線による光老化から頭皮を守りましょう。真夏の直射日光には特に注意し、帽子や日傘を使用する、炎天下では木陰に入るなど意識的にガード。春から夏にかけての紫外線対策の有無が、秋冬の頭皮を大きく左右します。

 

顔や体の皮膚と同様に、乾燥した頭皮にも水分や油分を補う保湿ケアが有効です。

基本的に自分の肌に合ったものなら大丈夫。顔に使っている化粧水をつけてもOKですし、頭皮用の保湿ケア製品も発売されています。使いやすさで選ぶなら、直接頭皮に吹きつけやすいミストタイプがオススメです。

Image13

 

 

髪を艶やかに美しく仕上げることで人気の高い、超ロングセラーの大島椿油。

こちらは地肌につけやすいスプレータイプです。天然オイル100%だから、髪はもちろん頭皮にも安心して使えます。

公式サイト:http://www.oshimatsubaki.co.jp/

 

Image14

 

 

頭皮を含め、全身使える敏感肌用保湿ローション。

シンプルな配合成分でアトピー肌にも安心して使えるのが魅力。コストパフォーマンスの高い人気アイテムです。

公式サイト:http://http://www.yuskin.co.jp/products/.html

 

Image15

 

 

敏感肌用化粧品ブランド、NOVから発売されているスカルプローション。

無香料、無着色、低刺激で、配合成分ヒノキチオールがフケやかゆみを抑えてくれます。

公式サイト:http://noevirgroup.jp/nov/g/g57405/

 

髪や頭皮を始め、「体を作るための栄養素が充分に摂取できているか」を見直す必要もあります。食生活に偏りがある場合は、意識してバランスを整えるように努力しましょう。忙しくてなかなか食事に気を配れない時は、サプリメントで補うのもいいですね。髪や頭皮に良いとされる成分はいろいろありますが、最も大切なのはバランス。

各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸は、協力して働くことによって相乗効果を生み出します。何かひとつを集中的に摂るよりも、トータルで欠けている成分の無い状態を保つのがポイント。

まずはマルチビタミン&ミネラルなどの、ベースサプリメントから取りいれてみてはいかがでしょうか。

 

 

画像参照元:http://item.rakuten.co.jp/

 

 ひどい場合は早めの皮膚科受診がベター!

明らかに頭皮が炎症を起こしている、激しいかゆみがある、大量のフケが出るなど、症状がひどい時にはすみやかに皮膚科を受診しましょう。 特に脂漏性皮膚炎やアトピーを自分で治療するのは非常に困難。かえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。医師の診断を受けて、適切な治療を行ってくださいね。

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

 

 まとめ

自分が不快なだけでなく、周囲に不潔感を与えてしまう可能性もある頭皮の乾燥。この冬は上手にケアして、プルプルのうるおい頭皮を目指しましょう!健康な地肌をキープすることで、美髪や育毛にも良い影響が期待できますよ。

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト