ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【医師監修】はげは遺伝する!?果たして、はげと遺伝は関係あるの?

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
【医師監修】はげは遺伝する!?果たして、はげと遺伝は関係あるの?

カテゴリ
医師監修の画像

この記事の監修
アゲインメディカルクリニック院長:宮本先生
<<アゲインメディカルクリニックはこちら>>

「何だか薄くなってきたような…」


「家系に頭髪の問題を抱えた親戚がいるんだけど... 」


最近自分の髪の毛の事が気になりだしたあなた。ハゲについては様々な原因や要因があります。もちろんあなたの生活習慣や食生活などの後天的要因もあります。

 

そう、シャンプーが悪い!なんてことも。しかし、意外にもあまり知られていないのがハゲと遺伝の関係性です。父がハゲているから、とか父方が代々ハゲ家系だから自分も心配だ。なんていう話よく聞きませんか?

 

実は問題なのは父親からの遺伝ではないのです。ハゲと遺伝の関係について正しい知識を身につけましょう。全ては正しい知識を知るところから始まるのですから。

 

 

 ハゲと遺伝の関係。母方の遺伝子に原因が!?

AGA_母と子の画像

 

では、誰のどの遺伝子からハゲが遺伝してしまうのでしょうか?

 

実は母親の持つハゲ遺伝子があなたのハゲの原因なのかもしれません。この事は盲点だったかもしれませんね。まさか母親がハゲの遺伝子を持っているなんて。

 

しかし、考えてもみて下さい。あなたは父親と母親の遺伝子を半分ずつ受け継いで生まれてきています。母からハゲの遺伝子を受け継いでいても何の不思議もないのです。

 

ではその遺伝子について詳しく考察していく事にしましょう。

 

 母親がハゲの遺伝子を持つ

AGA_妊娠中の画像

 

遺伝子は親から受け継いだ変える事の出来ない体質を決定づける情報です。アンドロゲンレセプターとは体の中で男性ホルモンの遺伝情報を受け取り、細胞内で利用可能な状態に変換する受け取り装置の役割を果たします。

 

この受け取り装置の感受性が強いほど男性ホルモンの影響を受けやすくなるのです。平たく言うとハゲやすいという事なんですね。


そしてこのアンドロゲンレセプターは毛根にある毛乳頭細胞のX染色体に存在します。女性の遺伝子はXX、男性の遺伝子はXY。昔、習ったあの染色体です。

 

X染色体は母親から引き継がれる遺伝子です。ですから母親がハゲの遺伝子を持つというのは過言ではないのです。

 

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症のAGAの主な要因とされてきました。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが変換されてできたものです。

 

これがAGAを引き起こす原因とされています。男性ホルモンなら毛を濃くしてくれるんじゃないの?とお思いかもしれませんがそれは違います。

 

ジヒドロテストステロンは髪の毛の毛周期の成長時期を短くすることが分かっています。

 

成長期が短くなると十分に育てないまま休眠期、脱毛期に突入してしまい、髪は弱々しいままで薄毛状態になってしまうのです。

 

しかし単に男性ホルモンのテストステロンが多いからジヒドロテストステロンが多くなるという訳でもなさそうです。

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのは5αリダクターゼという還元酵素の働きなのですがこの酵素は生活の不摂生などで活性化されることもわかっています。この5aリアクターゼの生成されやすさが、遺伝によって受け継がれるのです。

 

AGA_遺伝子の画像

 

ではこの遺伝子検査はどのようなものがあるのでしょうか?遺伝子検査は病院や専門機関で行えるほかAGA遺伝子検査キットを使用して自宅で行えるものもあります。

 

まず病院での検査では毛髪の採取で検査を行います。検査結果までには約1か月かかります。費用が高く通院面などのデメリットもありますが検査結果に基づいた治療を迅速に行えるメリットもあります。

 

AGA遺伝子検査キットは口内の粘膜採取、同封書類とともに郵送します。2~3週間で検査結果が送られてきます。

 

費用が比較的安く気軽に検査できるメリットがありますがAGAなら病院に行って検査、治療と2度手間を踏むことになるデメリットもあります。

 

 遺伝子改善は無理でも生活習慣を改善しよう!

AGA_問いかけの画像

 

睡眠不足は薄毛の大敵です。髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌は質の良い睡眠から得られます。極端に短い睡眠時間とともに就寝時間、起床時間が日によってバラバラなどの不規則な生活習慣も質の良い睡眠を得ることができません。

 

 

禁煙

タバコも毛髪にとって百害あって一利なしです。タバコを吸う事により血行障害が起こりやすくなりますが、それは頭皮でも同じことが起こっています。

 

頭皮への血行障害は血行不良による脱毛を促進してしまう可能性があるのです。これを避けるためにもできるだけタバコは控えるようにしましょう。


吸っている方なら、まずはその1本減らしてみませんか?

 

栄養不足も髪には良くありません。良質なタンパク質をはじめバランスの良い食事を心がけましょう。

 

亜鉛不足も健康な毛髪の成長を妨げます。亜鉛不足には、貝類などを積極的に摂るなどの対策をしましょう。しかし、普段の生活で毎日貝類を食べるのはなかなかハードルが高いかもしれませんね。

 

そんな場合は毎日サプリメントで摂取する事をおすすめします。こういった日々の努力があなたの明日の薄毛の回避につながっていくのです!

 

参考:若ハゲ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

 確実にハゲを治すなら病院で治療を!

しかし、それでもうまくいかなかった場合はAGA治療をおすすめします。AGAの治療では内服薬と外用薬のセットになった生やすための治療が行われます。

 

何よりも病院でのAGA治療は、遺伝するハゲの2つの要因「アンドロゲンレセプター」と「ジヒドロテストステロン」に対して有効です。

病院の先生が1人1人のタイプや生活環境を把握し一番用方法を選び総合的にケアしてくれるというのもメリットです。

 

専門機関でのAGA治療では単なる内服治療とは違った効果が期待できるはずです。自分はどうなりたいのかといった明確なビジョンを持って自分に合った病院、専門機関を探す事が大切です。

 

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ              

 

 

AGAの治療には人工毛植毛と自毛を植毛するという方法もあります。自毛植毛は自毛での植毛ですので、人工毛植毛より拒絶反応が起こりにくく効果のある方法です。

 

なじみもウイッグなどとは比べ物にならない自然さです。しかし、そういったメリットもありますが傷口が残る、植毛本数に限りがあるなどのデメリットもあります。

 

この植毛治療法は薄毛、AGA治療を色々試した後の最終的な手段として考えておくくらいの方が良いのではないでしょうか。

 

参考:【必見】自毛植毛の失敗例と改善策

参考:M字ハゲ植毛の効果と費用はどれくらい?対策方法と各費用について解説

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

いかがでしたか?

 

薄毛、若ハゲなどと言われるAGAの原因が遺伝的要素、しかも母親の遺伝子からくるという事実を分かっていただけたでしょうか?

 

残念ながら遺伝子の遺伝情報を書き換えることはできませんが、その量をこれ以上増やさないことができるという事もわかりました。ですから日々の生活を正し薄毛対策に励みましょう。

 

そして自分でどうしようもない時には専門機関にてAGA治療をすることをおすすめします!きっと、あなたの期待に応えてくれるはずです。

 

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。

 

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

 

 

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ