AGAコラム

公開日 2017.5.16
ヘアマックスの効果は?低出力レーザー育毛を徹底チェック!
カテゴリ AGA・薄毛の対策
Laserband3

育毛に関するサービスは多々登場しています。それだけ髪の毛で悩みを抱いている方が多いとも言えるのですが、皆さんは「ヘアマックス」をご存知でしょうか?

 

近年話題を集めているヘアマックス。育毛剤でもなければAGA治療のように薬に頼る治療法でもなく、いわば「全く新しいタイプの育毛」と言えるものですが、まだまだ知らない方も多いことでしょう。

 

そこでヘアマックスがどのようなものなのか、メリットやデメリット等、様々な形で検証してみるとします。

 

 

 

 ヘアマックスとは

へアマックスの画像

 

 

ヘアマックスとは低出力のレーザーを頭皮に当てることによって発毛を促進するための機器です。詳しくは後述しますが、基本的に低出力レーザーを出す点はハンディタイプ、ヘアバンドタイプ双方とも変わりません。

 

へアマックスは650nm(ナノメートル)の低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

 

「レーザー」と聞くと、多くの方が脱毛のためのレーザー治療を想像するかと思いますが、脱毛のレーザーは高出力です。

 

出力を高め、毛の再生する力を徐々に弱めていくことて毛が生えなくなる治療法ですが、逆にヘアマックスは高出力ではなく、低出力のレーザーになります。

 

レーザーの力で毛を抜くのではなく、頭皮を程よく刺激する事によって血行を促進させ、育毛効果が期待出来るのです。

 

ヘアマックスはFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可も受けています。FDAは日本で言うところの厚生労働省に相当する機関。その信頼性も分かるのではないでしょうか?

 

ちなみに育毛関連に於いてFDAから認可を受けているのはプロペシアやザガーロ等のフィナステリド系の薬、ミノキシジル、植毛、そしてヘアマックスと、日本でもメジャーな薄毛治療と肩を並べるへアマックスのすごさがわかりますね。

 

他の3つの治療方法の信憑性を考えた時、ヘアマックスの実力も分かるのではないでしょうか。

 

 

 

 ヘアマックスの原理

AGA_医者の画像

 

なぜ低出力のレーザーは育毛になるのか。

 

広義では「血行促進作用」になるのですが、詳しく言うと、低出力レーザーは体のミトコンドリアを活性化させます。ミトコンドリアが活性化されると、ATP(アデノシン3リン酸」が増えていくのです。

 

こちらは細胞の成長に不可欠な栄養成分なのですが、増殖することによって毛母細胞が活性化され、育毛効果が得られるのです。

 

ちなみに低出力レーザーは育毛だけではなく、肩こり、捻挫、リウマチなどの治療にも用いられているのですが、どれも血流がポイントになるものだと分かるのではないでしょうか。

 

高出力では痛めてしてしまいますが、低出力レーザーであれば程よい刺激を与えることが出来るのです。

 

ハンガリーのとある研究にて、ネズミに低出力レーザーを照射することによって毛が生えてきたことで、低出力レーザーの存在に注目が集まるようになり、FDAに認可される程に質を高めたものがへアマックスなのです。

 

ヘアマックスは臨床実験も行われています。薄毛に悩む男性128人、女性141人が、レーザー育毛機もしくはダミー機を頭皮全体に週3回の頻度で26週間、継続して使用。

 

その際、被験者の思い込みで実験に影響が出ないように、被験者はレーザー育毛器なのか、ダミー機なのか?知らずに使用しています。(ダブルブラインドテスト)

 

するとその結果、男性103名、女性122名にレーザー育毛機とダミー機を使用した場合の効果に明らかな違いが出ました。

 

(※残りの男性25名、女性19名は試験途中で連絡がつかなくなったなどで効果対象から除外)

 

結果、実に93%の被験者から育毛効果が確認されたのです。また、聞かれるでもなく、被験者側から「薄毛が改善されたかも」と報告してきたケースもある程。

 

このような具体的な数字があるからこそ、ヘアマックスは世界で年間5万台、通算でおよそ60万台以上も売れているのです。

 

「レーザー」と聞くとやはり安全面に不安がある人も多いのではないでしょうか。

 

先にもお伝えした通り、へアマックスは脱毛に使用するレーザーとは根本的に方向性が異なる「低出力レーザー」を使用していますが、ヘアマックスの商品達はどれも安全性を考慮して作られています。

 

例えば使用時間。レーザー育毛器はヘアマックス以外にもいくつか登場しているのですが、平均して照射時間が長いです。15分、20分の使用を推奨している物もある中で、ヘアマックスの照射時間は90秒です。

 

他の機器と比較して短いので不安に思うかもしれませんが、緻密な設計によって90秒の照射でも効果が出るよう計算されているのです。

 

更にへアマックスには照射終了の合図も用意されています。他の育毛レーザーは終了の合図がありませんので、自分で時間を計算しておかなければなりません。

 

ですがヘアマックスには終了のバイブ、ビープ音がありますので「知らないうちに照射し過ぎていた」ことがまず起こりません。

 

いくら低出力レーザーではあっても照射のし過ぎは体によくはありませんが、ヘアマックスは照射時間を知らせてくれますので、「気付いたら長時間照射してしまっていた」を防ぐ設計になっているのです。

 

FDAとは

先からFDAという言葉がしきりと登場しますが、FDAとはアメリカ食品医薬品局。医療品だけではなく、食の安全面も考えています。

 

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や違反品の取り締まりを行っています。複数の官庁にまたがる日本とは異なり、アメリカではFDAが一元管理していますので、その影響力の大きさ存在感は我々日本人の想像以上に大きなものがあります。

 

そのFDAが認めている。これだけでもヘアマックスの安全性が想像できますね。つまりヘアマックスの安全性はFDAが保証していると言っても過言ではないのです。

 

 

 ヘアマックスのラインナップ

へアマックスへアマックスラインナップの画像

 

 

ヘアマックスは先にも少し触れたように、いくつかの製品がラインナップされています。低出力のレーザーを頭皮に当てることによって育毛促進とする点はどれも同じなのですが、微妙に異なる点があるのでそれらをご紹介するとしましょう。

 

 

 

へアマックス82の画像

 

ヘアマックスの中で一番売れているのがこちらになります。いわゆるヘアバンドタイプになりますので、頭に装着するだけで良いのです。照射時間は90秒で良いので時間も手間もかかりませんが、その90秒の間も手が空くのでながら育毛が出来ます。

 

レーザー数は82と他の製品と比べて圧倒的に多く、一週間に3回の照射が推奨されています。

 

ちなみにお値段は108,900円となっていますが、公式ホームページでは時折キャンペーンも行われていますので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみると良いでしょう。

 

レザーバンド82の詳細はこちら

 

 

ウルティマの画像

 

 

先に紹介したプロフェッショナル12をリニューアルしたのがこちらです。スペックそのものは変わらず、一週間に三度、一度の照射推奨時間は8分、レーザー数は12となっています。

 

プロフェッショナル12が184gであったのに対し、こちらは170gと少々軽くなっている点が特徴です。お値段は71,400円です。

 

ウルティマ12の詳細はこちら

 

 

ヘアマックスの中で最も安いのがこちらのタイプになります。

 

レーザー数は7、一週間に三度、一度に15分の照射が推奨されています。バッテリー内臓ではないため乾電池の使用となりますが、その分ヘアマックスの商品の中で一番安いのが特徴です。

 

お値段は32,900円からとなっています。こちらもプロフェッショナル12同様、ハンディタイプです。

アドバンス7の詳細はこちら

 

プリマの画像

 

 

こちらは基本的なスペックはアドバンス7と同じなのですが、バッテリーが内臓されていますので、繰り返し充電することによって使用出来ます。

 

また、アドバンス7よりもおよそ55g軽くなっていますので女性でも使いやすいと評判を集めています。

 

価格は38,400円からです。

 

プリマ7の詳細はこちら

 

それぞれの種類と値段を表にまとめてみました。

 商品名  値段
 レーザーバンド82  108,900円
 ウルティマ12  71,400円
 アドバンス7  32,900円
 プリマ7  38,400円

商品の詳細はこちら

 

ヘアマックスのラインナップは以上になるのですが、それらの商品はすべて公式ホームページにて購入出来ます。

 

公式ホームページではヘアマックスを購入出来るだけではなく、ヘアマックスのより詳しい解説や利用者の意見、症例写真や臨床研究など様々なコンテンツが用意されています。

 

気になった方は一度公式ホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 ヘアマックスのメリット

AGA_画像名の画像

 

ヘアマックスはどのような商品なのか、どのような育毛メカニズムなのかご理解頂けたかと思いますが、ではヘアマックスにはどのようなメリットがあるのかも見てみるとしましょう。

 

 

ヘアマックスは副作用もありませんし、頭皮を傷付けることもありません。育毛と言えば近年ではAGA治療が知名度を高めていますが、AGA治療はプロペシアやザガーロといったフィナステリド薬を使用することになりますので、数字の上では僅かなものではありますが副作用のリスクもあります。

 

また、薬である以上、体内の臓器への負担とて考慮しなければなりません。

 

また近年では自毛植毛も注目を集めていますが、植毛の場合は自分自身の後頭部の毛を移植することになりますので、メスを入れることにもなりますし、メスを入れないタイプであれ後頭部から毛を含んだ皮膚を採取することになりますので、さすがに「無傷」とは言えません。

 

ですがヘアマックスであれば低出力レーザーを当てるのみですので、頭皮を傷付けることにはなりませんし、そもそも体の中に影響を及ぼすものではありませんので副作用の心配もありません。

 

体へ与えるダメージは0。この点はヘアマックスならではのメリットと言ってよいでしょう。

 

AGA治療にせよ植毛にせよ、基本的に残っている髪の毛次第で治療が大きく変わります。既にツルツル、つまりはハゲとなっている場合、AGA治療はプロペシアを飲むだけでは効果は見込めません。

 

プロペシアに加えてHARG治療や、毛髪メソセラピー等によって栄養を注入して発毛力を高めなければ現実的に難しいでしょう。

 

また、植毛の場合、後頭部に髪の毛がなければ移植出来ません。後頭部は男性ホルモンの影響が少ない部分なので後頭部の髪の毛がなくなることは可能性としては低いのですが、現実的に後頭部の髪の毛よりも広範囲がハゲてしまっている場合、さすがに植毛にも限界があります。

 

しかしながら、ヘアマックスであればレーザーを照射するのみです。完全なハゲであれば治療はかなり骨が折れることでしょうが、AGA治療のように長期的な治療薬服用で追加料金がかかることもありませんし、植毛のように根本的に移植出来ない…といったこともありません。

 

 

ヘアマックスは購入すれば自宅で育毛活動を行えます。どの商品も照射時間は様々ですが一週間に3回程度の使用頻度です。長い物でも15分程度で済みます。どれだけ忙しい人でも一日に15分の時間が確保出来ないという方はあまりいないのではないでしょうか。

 

AGA治療の場合、月に一度程度は通院しなければなりません。植毛の場合は施術前はカウンセリングが必要ですし、施術後も定期的に検診を求められます。

 

近くに施設がある人であれば良いでしょう。ですが通うことが困難な人にとっては、例え月に一度程度であっても大きな負担になるのではないでしょうか。

 

また、人気のAGAクリニックともなると多くの患者を抱えていますので、なかなか自分の都合に合う診察日が見つけられず、結局後回しになってしまってAGA治療そのものを始められない可能性もあるかもしれません。

 

しかし、ヘアマックスであれば自分のペースで育毛が出来ます。一度購入すればあとは自分で時間を見つけて装着するだけです。

 

何処かに足を運ぶ必要もありませんし、当然病院の予約を取る必要もありません。

 

自分のペースで育毛が出来る。そこには「誰にもバレない」という意味も含まれています。

 

AGA治療にせよ植毛にせよ、クリニックに足を運ばなければならない物はクリニックに出入りしている姿を誰かに見られてしまう可能性もあれば、受付や担当医にはどうしても薄毛がバレてしまいます。

 

やはり患者側としては周りの人の目は気になるのではないでしょうか。

 

ハゲは何とかしたい。でも自分のハゲをあれこれ言われたり見られたりすることにどうしても抵抗があり、結局治療出来ずにいる人も居るかもしれません。

 

ヘアマックスであればそのような心配も無用です。精神的な意味でも自分のペースでの育毛を可能にしてくれているのです。

 

 

値段に関してもメリットと言って良いでしょう。

 

先にヘアマックスの商品を紹介しましたが、一番人気のレーザーバンド82に関しては定価は108,900円。値段だけ見るとお世辞にも安いとは言えません。

 

確かにいきなり「108,900円です」と言われて安いなと思う人は少数派かもしれませんが、ヘアマックスはです。購入した後、追加で継続的な費用がかかるわけではないのです。

 

細かい話をすれば充電の際は電気代がかかりますが、それくらいです。108,900円と聞けば高く感じるかもしれませんが、維持費はほとんどかからないので、長期的に使用すると考えれば、高い買い物ではないと気付くのではないでしょうか。

 

例えばAGA治療の場合、プロペシアは毎日飲むことが求められます。しかもプロペシアは薄毛の原因を消し去るものではなく、あくまでも抑えるだけですので、摂取を辞めれば時間の経過とともに再び抜け毛に悩まされることになります。

 

極論ですが「もう抜け毛が出ても良いかな」と思うまで飲み続けなければなりません。何十年と飲み続けても、摂取を控えれば薄毛の原因物質が活性化して薄毛が進行してしまうのです。

 

仮にですが、プロペシアの料金が毎月5,000円かかるとすると年間で60,000円かかります。2年間で12万円かかる計算になりますが、ヘアマックスは2年間使用しても購入代金と電気代のみです。

 

植毛に関しては移植する皮膚の量で料金が変わるのですが、基本手術料200,000円と、量によって加算される方式のクリニックが多いです。

 

これらと比較してみると、確かにいきなり「109,800円です」と言われれば高いと感じてしまうかもしれませんが、長い目で見れば他の治療や方法より安いことに気付かされるのではないでしょうか。

 

ましてやその上で、先に挙げたように副作用もなければ体に傷をつけるようなこともないのです。

 

 

こちらはAGA治療と比べてのメリットになりますが、ヘアマックスは女性でも問題なく使用出来ますので、髪が薄くなってきたのではないかと悩む女性でも問題なく使用することが可能です。

 

AGA治療は男性にとっては有意義が治療かと思いますが、女性はフィナステリドの摂取が忌避されています。AGA治療の主役はフィナステリドと言っても過言ではありません。まずはフィナステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするジヒドロテストステロンへと変化することを阻害します。

 

医学的見地からもAGA治療は確立されている一方で、女性は抜け毛の原因がAGAとは異なりますので、AGA治療はあくまでも男性専用の治療なのです。

 

女性の薄毛は様々な原因がある中で、FAGAと呼ばれている症状があります。

 

FAGAにも様々な原因があるためFAGA治療は投薬だけではなく、生活環境の見直しなど、様々な見地から治療を行うことになるのですが、ヘアマックスであれば低出力レーザーを当てるだけで問題なく育毛が期待出来ます。

 

男性であれ女性であれヘアマックスの育毛原理は変わりません。低出力のレーザーによって頭皮を刺激することによる発毛促進になります。つまり、ホルモンの問題ではないのです。

 

つまり、男女が関係ないだけではなく、例えば女性であれば生理中であっても問題ありません。但し、妊娠中の場合のみ通常よりも効果が感じられにくくなるらしい点は気を付ける必要があるでしょう。

 

ヘアマックスは育毛促進のための商品ですので、原因を問いません。例えば先から何度も名前が挙がっているAGA治療。医学的見地から見ても確かなもので、ハゲで悩んでいる男性に大きな希望を与えました。

 

ですがAGA治療は、AGAに起因する薄毛を治療するものであって、AGAではない患者にはAGA治療薬のプロペシアは何も改善効果が期待できません。つまり、AGA治療は患者を選ぶのですが、ヘアマックスは患者を選びません。

 

どのような理由の抜け毛であっても育毛効果が期待できますので、AGAでもAGAではない人でも育毛が可能です。先に女性でも可能だとお話しましたが、女性のみならず、誰でも可能な点はヘアマックスならではなメリットと言えるでしょう。

 

 

この点もまた、大きなメリットなのではないでしょうか。

 

ヘアマックスはレーザーバンド82であれば被るだけで使えますし、ハンディタイプであれば頭皮に当てるだけです。難しい技術を必要とするものではありません。

 

仮にですが、自宅で出来るとはいえ高度な知識を持っていなければ出来なかったリ、ある程度コツが必要で購入したばかりでは性能の100%を発揮出来ないようなものであれば、ヘアマックスの魅力は半減してしまったでしょう。

 

ですがヘアマックスは誰でも簡単に使用出来ます。取扱説明書は読んでおくべきですが、感覚的に利用出来ることでしょう。

 

 

持ち運びが可能な点もヘアマックスのメリットでしょう。

 

「自宅で出来る」だけではなく、どこでも使用出来るのもヘアマックスの利点です。

 

AGA治療を行っていて通勤日が出勤日と重なったので悩んだり、転勤が決まって転勤先にAGAクリニックがあるのか分からない…といった不安もへアマックスには一切関係ありません。

 

コンセントさえあればどこででも充電出来ますし、充電されていれば場所を問わずにどこででも使用出来るのがヘアマックスです。

 

 

ヘアマックスは入手も簡単です。公式ホームページに販売ページが用意されており、また現在送料無料のキャンペーン実施中(2017年5月16日現在)のため、より安く手に入れることができます。

 

まだまだへアマックスを耳慣れない方も多いかと思いますが、実際にはとても簡単に入手出来る製品なのです。

 

 

 ヘアマックスのデメリット

AGA_医者の画像

 

メリットをいくつかご紹介してきましたが、ではヘアマックスにはデメリットはないのでしょうか。メリットがあればデメリットがあるのは当たり前ですが、ヘアマックスのデメリットを幾つか挙げてみるとしましょう。

 

 

ヘアマックスはFDAからも認可を受けているなど、効果に関しては期待できますが、まだまだ情報が少ない点をデメリットに感じてしまう人もいるでしょう。

 

特に昨今は、何かを購入する際、インターネットで口コミを確認してからという人も多いかと思いでしょう。ヘアマックスに関しては日本で扱われるようになってまだまだ間もないため、口コミ等も含めて公式ホームページ以外ではなかなか情報を集めるのが難しいです。

 

この問題は時間が解決する問題ではありますが、まだまだ情報が集まっていないため、「口コミを見なければ信用出来ない」「公式ホームページだけではまだまだ分からない」と思っている人にとってはデメリットでしょう。

 

口コミの問題に関しては現状ではデメリットかもしれませんが、時間が解決してくれるとも言えます。

 

なぜならヘアマックスは発売から5年間で60万台も売れているそうです。今後は口コミもより増えていくことが予想されていますので、まだまだ手を出せないと思っている人にとってはこの点に関しては時間が解決してくれるでしょう。

 

 

先にメリットの項でトータルで見れば高い買い物ではないとお話しましたが、それでもやはりいきなり高額を出せるかという問題もあるでしょう。

 

先述したように、まだまだ情報が少ないだけに、尚更「購入して大丈夫なのか」という心理も働くでしょう。もしもですが、口コミも豊富で効果が出ると自分自身の目で確かめることが出来れば、レーザーバンド82の109,800円も「全然問題ない」と思う人も出てくるでしょう。

 

ですが、まだまだ情報が少ないだけに、本当に効果が出るのかよく分からないものに、いきなりその値段を支払うのは抵抗がある…と思う人がいても決して不思議ではありません。

 

この問題も、利用者が増え、口コミが出揃うことによって「それだけ効果があるなら購入しても良いだろう」と思えるようになる問題なので時間が解決するとは思いますが、今すぐにでも頭皮を何とかしたいと思っている人にとっては、どうしてもデメリットと感じてしまう部分でしょう。

 

ヘアマックスの公式ホームページでは時折キャンペーンを行っており、定価よりも大幅に割安で入手することが出来る可能性もありますので、こちらは上手く活用してみると良いでしょう。

 

 

ヘアマックスは自分で購入して自分で好きな時に行えるものです。その点がメリットではあるのですが、一方ではすべてが自己責任になります。製品そのものには2年保証が用意されていますので故障すれば面倒を見てもらえるのですが、頭髪の状態に関しては自己責任です。

 

AGA治療や植毛の場合、医師が面倒を見てくれます。治療に対して効果が出ていないと思ったら代わりの方法を提案してくれるでしょう。不安、愚痴、不信感。医師はなんでも聞いてもくれますし、励ましてもくれることでしょう。

 

ですがヘアマックスは製品そのものに関しては保証がありますが、頭髪の状態に関してまでは保証していません。利用しているもののなかなか効果が出ない…と思っても、自分で何とかするしかないのです。

 

性質上どうしてもすべて自己責任になりますので、医師がアドバイスしてくれる治療と比べるとデメリットではあります。

 

一方で自己責任ではありますが、効果に関してはFDAが認可をしているものですし、使い方そのものも難しいものではないだけに、そもそも医師を頼らなければならないようなシチュエーションにはならないだろうとの声もあります。

 

AGA治療の場合、薬を扱いますので自分自身では分からない点や不安な点。更には薬を摂取するので体への影響など、医師に相談したくなることもあるでしょう。

 

また、植毛であれば自分の頭皮から移植するなど、不安にならない訳がありません。その入浴や術後経過など、分からないこと、相談したいことは多々あるでしょう。

 

ですがヘアマックスは当てれば良いだけです。日常生活に於いて、ヘアマックスを当てるがために意識しなければならないようなことはありませんので、そもそも相談しなければならないようなことが出てくるのかという声もあります。

 

 

 ヘアマックスの口コミ

へアマックス口コミの画像

 

 

ヘアマックスのホームページには口コミが多数掲載されています。ここでは一部抜粋して引用しています。

 

今後ヘアマックスの利用を考えている方は参考にしてみてください。

 

 

仕事が夜勤に変わり1年ほどで頭頂部の地肌がほぼ見えるようになりました。 使用機種はAdvanced 7。

 

2015年購入後約10か月、1日から2日置きに洗髪後10分ほど使用しています。 頭頂部の分け目がシャワー時に気になりますが、だいぶ回復しました。 本体は500mlのペットボトル大でそれほど重くもなく、 疲れることは少ないと思います。

  

一回の照射で約4秒なのですが、4秒ごとにピープ音が鳴るのでいちいち数える手間はありません。 Advanced 7は単3電池使用可能ですが、購入以来まだ交換してませんので電池持ちはいい方だと思います。

  

また専用のスタンドが付属します。縦置きですので日常時の保管も省スペースで手間取らないと思います。 デメリットがあるとすれば価格面かなと思いますが、私はヘアサロン等へ通うコストを考えると、長期的には 非常にコスパが高いと思います。買って正解でした。

 

 

ヘアマックスを使用して半年が経ちます。悩んでいたM字部と頭頂部の髪の毛が生えてきたと実感しています。

 

M字部は太さ的にはまだ産毛程度ですが、明らかに境界線が下がってきているのがわかります。 頭頂部は目立っていた地肌が上から見てもほぼ気にならない程度に回復しています。

 

私はヘアーマックスの他に、フィナステリドや各種ビタミン剤・アミノ酸系のサプリの服用もしております。

  

また、相性がよいと記載のあるミノキシジルの育毛剤を併用しております。これらの併用もあり、確かな効果が出ています。 このままヘアーマックスを使い続け、更に復活を目指していきたいと思います。

 

 

薄毛ではありませんが、加齢による髪質の悪化が気になっていました。 HairMaxの効果が頭皮の血行改善を目的としている点に注目しました。

 

頭皮の血行を良くするという事は、発毛だけでなく髪質の改善にも繋がるはずと考えました。

 

実際に使ってみて、根元の新しく生えてきた髪の毛の質が変わり、うねりが少なくなって来たと実感しています。 また、頭皮の血行促進の副次効果として、顔の美容効果もあったらいいなと思っています。 引き続き使用を続けるつもりです。

 

 

昨年の夏、更年期か、ストレスか、尋常でない抜け毛に悩まされ前髪やオデコ、つむじのあたりがスカスカになってしまいました。

 

そんな時、ヘアマックス知って一か八かの気持ちでを始めて半年ですが抜け毛が減り、新しい髪がだんだん増えて来ました。 簡単に操作でき、開いた時間にできるのでとても楽に続けられました。

 

 

 ヘアマックスは他の治療と併用出来る

AGA_手と薬の画像

 

ヘアマックスは薬を飲む訳ではありませんし、頭皮に傷をつける訳ではありません。そのため、他の治療と併用することが出来ます。

 

これまでAGA治療や植毛と比較しましたが、それらの治療と併用することも問題ないでしょう。

 

 

相性は良いでしょう。AGA治療はフィナステリドによって抜け毛を減らし、ミノキシジルやメソセラピーなどで育毛をする二段構えの治療になります。

 

ヘアマックスは男性ホルモンに対して直接働きかけるものではありませんが、育毛効果は見込めますので、フィナステリドを摂取して抜け毛を減らし、ヘアマックスにて育毛促進することも出来ます。

 

これにより、AGA治療はより加速することになるでしょう。もちろんミノキシジルと併用しても何ら問題ありません。その点ではヘアマックスはAGA治療とは相性が良いのです。

 

 

育毛剤を使用しつつヘアマックスも使用する。だからといって効果が倍々になるようなものではありません。

 

リアップのような血管拡張作用のある育毛剤であれば血管拡張した上でヘアマックスの血流促進で相乗効果が期待出来ますが、頭皮の血行促進だけの育毛剤の場合は効果は似たものになるでしょう。

 

また、育毛剤の使用直後は頭皮に育毛剤が残っていますので、場合によっては完全に乾くまでは使用を控えた方が良いかもしれません。

 

 

こちらは少々注意が必要です。併用出来ないという意味ではなく、施術直後は頭皮がデリケートになっていますので扱いに注意しなければなりません。

 

植毛直後は入浴とて回避する方が良い場合もありますので、施術直後やその後数日程度はヘアマックスを使用するのは控えた方が良いでしょう。

 

しばらく様子を見て頭皮の違和感等がすべて消えればヘアマックスも問題なく使用出来ます。植毛と併用するのであれば術後直後の使用は控えた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

へアマックスまとめの画像

 

 

本コラムではヘアマックスに関して様々な角度から紹介してきました。

 

まとめると頭皮に低出力のレーザーを当てることによって刺激を与えて育毛を促進するのがヘアマックスです。

 

もちろんヘアマックスだけで使用するのも効果的ですが他の治療との併用も可能なだけに、様々な形で育毛に寄与してくれるアイテムです。

 

AGA治療や植毛と比べると国内での知名度はどうしても劣るかもしれませんが、FDAでは同じカテゴリーで認可を受けている以上、それらに劣る育毛方法とは言い切れません。

 

育毛方法としては副作用もなければ痛みもありませんし、自分のペースで出来るなどメリットも数多く存在するだけに、薄毛対策の方法として候補に入れるのもありではないでしょうか。

 

気になった方は一度公式ホームページをご覧になることをおすすめします。

 

公式サイトはこちら