ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> AGA治療の注目の新薬!「ザガーロ」の特徴も副作用もまるごとご紹介!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

AGA治療の注目の新薬!「ザガーロ」の特徴も副作用もまるごとご紹介!


カテゴリ

AGA治療薬といえば真っ先に思い付くのは「プロペシア(フィナステリド)」ではないでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)はジェネリック医薬品も販売されている有名な薬です。

長きに渡って多くの方に飲まれてきたプロペシア(フィナステリド)に続いて、2015年から新しいAGA治療薬「ザガーロ」が登場しました。

今回はザガーロについて徹底的に、そしてプロペシア(フィナステリド)との違いも含めて確認していきたいと思います。

まずはチェック!AGAについて

の画像

薄毛にもいくつか種類があるといわれていますが、現代を生きる多くの成人男性の悩みの種となっている薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」です

どうしてAGAになってしまうのか、ザガーロについて確認する前に、AGAの詳細についてみていきたいと思います。

AGAの原因として確認されているのは「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素です。

5αリダクターゼ自体は決して悪いものではないのですが、男性ホルモンの一種「テストステロン」と結びつくことで「ジビドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンに変換していきます。

ジビドロテストステロンは頭皮の細胞に影響を与えて、毛周期と呼ばれる髪の毛の成長サイクルを乱す働きをすることが確認されています。

このジビドロテストステロンによって、正常なサイクルで髪の毛が育たなくなったり、本来抜ける時期ではないタイミングで髪が急に抜け落ちてしまったりして、AGAに繋がっていくのです。

テストステロンをどれくらい持っているかというのは各男性、あまり個人差がないようですが、ジビドロテストステロンの量については5αリダクターゼを持っている量が左右するそうです。

つまり、5αリダクターゼの量がAGAを発症する可能性を左右するといっても過言ではないのです。

この5αリダクターゼは2種類に分類することができます。

頭の後ろ側の皮脂腺に多く存在しています。

普段から「何だか頭がべたべたする・・・」といったような症状に悩まされている方はⅠ型5αリダクターゼの分泌が過剰状態になっている可能性があります。

仮にまだべた付き以外の症状には悩まされておらず、AGAは確認されていない場合でも、早めの対策がおすすめです。

AGAの症状が出る前から対策用のシャンプーを使用したり、育毛剤について検討してみたりしても良いかもしれません。

髪の生え際あたりから頭のてっぺんまでの範囲にある毛乳頭(頭皮の内側、毛根の根本に存在し、髪を育てるための栄養や酸素を送り込む働きをします)に多く存在しています。

Ⅱ型5αリダクターゼがテストステロンと結びつき、ジビドロテストステロンに変換されると、Ⅱ型5αリダクターゼが展開している範囲に影響が出ます。

つまり、M字型の薄毛に悩まされている方は、Ⅱ型5αリダクターゼが原因になっている可能性が高いのです。

ちなみにⅠ型、Ⅱ型どちらの5αリダクターゼも外部から侵入するものではありません。

元々体に存在している成分なのです。

この5αリダクターゼの量によって、AGAで悩む、悩まないが決まっていることが多いのです。

5αリダクターゼの量については遺伝で最初から決まっていると考えられています。

 

5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつかなければAGAのリスクを下げることができるということで、AGA対策(予防)はその点を重視して行います。

普段から育毛剤を使用したり、シャンプーにこだわったり、運動をしたりと様々な方法が対策として知られています。

POINT

✔多くの成人男性の薄毛はAGAである

✔AGAの原因は「5αリダクターゼ」が男性ホルモンのテストステロンと結びつくことである

✔AGA対策として育毛剤やシャンプーの使用、運動などである

AGA治療期待の新星「ザガーロ」って何?

の画像

ここからは、今回注目してご紹介する「ザガーロ」について触れていきたいと思います。

先ほど、AGAの原因と特徴、そして予防のための対策についてご紹介しましたが、以下は実際にAGAになってしまった場合についての対策です。

ザガーロはAGA治療の期待の新星として登場した「薬」です。

その成分、特徴、効果、注意点、口コミまで詳しくみていきたいと思います。

「ザガーロ」はイギリスのグラクソ・スミスクライン株式会社が開発したデュタステリドという成分を配合している飲むAGA治療薬です。

ザガーロの成分となっているデュタステリドは、元々AGAの治療で注目されていた成分ではなく、前立腺肥大症の治療に用いられてきた成分でした。

前立腺肥大症の治療薬として2009年に厚生労働省の認可を受けて「アボルブ」という名称で、日本国内で流通しています。

前立腺肥大症には男性ホルモンであるジビドロテストステロンが大きく関与していると考えられています。

デュタステリドにはこちらを抑制して前立腺を小さくする働きがあるため、治療のために活躍してきました。

AGAの原因も5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結び付き、ジビドロテストステロンに変換することでした。

つまり、AGAも前立腺肥大症も共に5αリダクターゼが変換するジビドロテストステロンが原因になっているということです。

デュタステリドは本来、前立腺肥大症の治療のためにジビドロテストステロンへの変換を抑制するとして注目されていた成分でした。

目的は違っていましたが、AGAの原因と同じものに対して働きかけるということで、AGAの治療薬としても注目されるようになり、アボルブの登場後、2015年9月にAGA治療薬として承認が下りました。

流通している薬品名が違うので、わかりづらいですが、アボルブもザガーロも同じデュタステリドを配合している薬です。

AGAの治療のために医療機関に行ってAGA治療薬として購入する場合はザガーロが処方されます。

先ほど、5αリダクターゼは2種類あるとご紹介しましたが、ザガーロはⅠ型、Ⅱ型どちらの5αリダクターゼも抑制して、テストステロンと結び付くのを防ぎ、ジビドロテストステロンへの変換をさせないように働きかけます。

AGAの根本の原因を防ぐので、毛周期のサイクルも乱れず発毛効果に期待できるのです。

効果

だいたい6ヵ月程度継続して服用すると効果を実感する方が多いようですが、早い方だと3ヵ月程で効果を実感した例もあります。

前立腺肥大症の治療のために用いられてきた実績のあるデュタステリドを配合した薬ということで、安心感はありますが、それでも服用前には以下の内容に注意するようにしてください。

ザガーロの服用を希望する方は、必ずAGA治療を行っている医療機関を受診して医師に相談してから購入するようにしてください。

医師を通さずインターネット等で英文表記(日本語表記のないもの)のもののほうが安く購入できる場合もありますが、個人の体質に合ったAGA治療を効率良く進めるためにも、安全性のためにも、日本の医師に処方してもらいましょう。

ザガーロの臨床試験による安全性の確認は20歳以上の成人男性が服用した場合で行われています。

もともと前立腺肥大のために作られた薬ですので20歳以下の男性、そして女性については何歳であっても服用しないように注意してください。

特に妊婦の女性の場合は男性児の成長に影響する恐れがありますので、絶対に服用しないでください。

ザガーロの服用を開始してすぐに効果が感じられなかったとしても継続して6ヵ月は服用が推奨されていますが、6ヵ月服用を続けてもまったく変化を感じないということであれば、医師に相談するようにしてください。

また、元々肝臓に疾患がある方にはザガーロは向いていません。

血中濃度が上昇するため服用しないようにしてください。

それ以外の何かしら疾患をお持ちの方も服用前に医師への相談が必要です。

これから注目してきたいAGA治療薬ザガーロは、実際に巷で受け入れられているのかどうか。

口コミを調べてみました。

「ザガーロ3回目処方して頂きました。

丸二ヶ月使用してみて、少し薄くなってきた部分も順調に回復しております♫今では殆ど気にならないレベルです。

やはりAGA治療薬は病院で処方してもらうのが1番です!」

ザガーロに関連する口コミ情報が多数ありました。

飲んでみた感想から、ザガーロという薬の特徴や副作用についてまで大量に情報があり、ザガーロへの関心度が高いことが伺えます。

口コミ評価が高いものも多数見受けられますが、ただし、ザガーロは薬なので相性には個人差が出る可能性もあります。

服用を検討している方も、まずは医師への相談が第一です。

ザガーロに副作用はあります。

副作用が出るか、それとも出ないかは個人差があります。

必ずしも服用した全ての方に副作用が出るわけではありませんが、代表的なものについて以下の通りです。

サガーロの服用により肝機能異常の副作用が表れる可能性があります。

元々肝機能に疾患がある方は必ず服用前に医師に相談してください。

ザガーロの副作用では乳房が肥大することもあるようです。

勃起不全については、ザガーロの服用を止めることで改善します。

ザガーロを継続したまま勃起不全の改善を目指すためにED薬を服用する際には、自己判断では行わず、念のため医療機関を受診するようにしてください。

勃起不全と同様、男性の生理的な部分に現れる副作用です。

これらの副作用は基本的には危険なものではありませんが、万が一辛いなどと感じた際はすぐに医療機関を受診してください。

ちなみに、これらの副作用はプロペシア(フィナステリド)を服用した際にも現れることがあります。

ザガーロとプロペシア(フィナステリド)は副作用の傾向が近いです。

ただし、どちらかというとザガーロを服用した場合のほうが発生率は高いようです。

薬である以上副作用の可能性は避けては通れないものではありますが、ザガーロは口コミの評判も良く、プロペシア(フィナステリド)より発毛効果が高いことが確認されているので、興味があるという方もいるかと思います。

まずは、副作用の可能性をよく確認したうえで、服用の検討をするようにしましょう。

AGAの治療薬と聞くと「プロペシア(フィナステリド)」をイメージするという方も多いのではないでしょうか。

ちなみにプロペシアと、フィナステリド、それぞれ単体でAGA治療薬として表記されることがありますが、別のものではなく基本的に同じ薬です。

プロペシアが先に登場した薬で、フィナステリドはプロペシアの特許が切れた後に同じ成分を配合して登場しました。

フィナステリドは、プロペシアのいわゆるジェネリック医薬品に該当します。

どちらもAGA治療薬ですが、ジェネリック医薬品のほうがリーズナブルな傾向があるので、現在ではフィナステリドを選択する方が多いようです。

ザガーロはまだ登場して間もない薬ですが、プロペシアはジェネリック医薬品が登場するくらい、認可から時間が経過している薬ということでAGA治療のために用いられてきた実績も豊富で、必然的に知名度は高くなっています。

ザガーロとプロペシアの選択は、医師に相談して行うようにしましょう。

ザガーロとプロペシア(フィナステリド)はどちらもAGAの原因、5αリダクターゼがテストステロンと結びつきジビドロテストステロンに変換されるのを抑制する働きをします。

ですが、それぞれには大きな違いがあります。

プロペシアはⅡ型5αリダクターゼしか抑制できません。

それに対し、ザガーロはⅠ型5αリダクターゼ、Ⅱ型5αリダクターゼ、どちらも抑制できるのです。

Ⅰ型5αリダクターゼ、Ⅱ型5αリダクターゼは、先ほどもご紹介した通り、頭皮の影響を与える範囲に違いがあります。

Ⅰ型5αリダクターゼは頭の後ろ側に多く存在し、Ⅱ型5αリダクターゼは髪の生え際から頭頂部の範囲に多く存在しています。

Ⅱ型5αリダクターゼに対してしか働きかけないプロペシア(フィナステリド)と、Ⅰ型5αリダクターゼ、Ⅱ型5αリダクターゼどちらに対しても働きかけるザガーロなら、ザガーロのほうがAGAに対する範囲の広さに期待できるといえます。

これまでプロペシア(フィナステリド)では難しかった、後頭部の薄毛の対策としてもザガーロは使うことができるのです。

実際の臨床試験においてもザガーロはプロペシア(フィナステリド)の約1.6倍の発毛効果に期待できるという結果になりました。

ザガーロとプロペシア(フィナステリド)、どちらを処方するかの最終判断は医師が下しますが、ザガーロに注目してみるのも良いのではないでしょうか。

AGA治療薬のプロペシアの特許が切れた後、フィナステリドというジェネリック医薬品の販売が開始されました。

現在では海外の製薬会社、日本の製薬会社から、いくつもプロペシアのジェネリック医薬品が販売されています。

ジェネリック医薬品は先に登場した薬よりリーズナブルな料金で販売されるので、薬の選択肢として非常に人気があります。

ザガーロについてもジェネリック医薬品が販売されたほうがリーズナブルな料金で購入することが可能になりますが、ただし、ザガーロは2015年に認可されているので、ジェネリック医薬品の登場はまだまだ先になります。

ザガーロの成分デュタステリドを同様に配合していると先ほどご紹介した前立腺肥大症の治療薬アボルブについても、2009年に登場した薬なので、ジェネリック医薬品が登場するのはまだまだ先になります。

現在のところは、デュタステリドという成分でAGA治療を進めるならザガーロを購入するしかありません。

ジェネリック医薬品を作るためには、先に登場した薬の特許が切れる必要がありますが、そちらについては出願から20年後になります。

アボルブもザガーロも新しめの薬なので、時間はまだかかりますが、ジェネリック医薬品がなくても新薬だからこそ、これまでよりも効果に期待できる部分があるといえるのではないでしょうか。

POINT

✔ザガーロとはデュタステリドという成分を配合している飲むAGA治療薬である

✔ザガーロは毛周期のサイクルを乱さず発毛効果が期待できる

✔ザガーロとプロペシアは似たような副作用がある

ザガーロとプロペシア(フィナステリド)ならどちらを選ぶべき?

の画像

ザガーロとプロペシア(フィナステリド)は同じAGA治療薬ですが、ザガーロのほうがプロペシア(フィナステリド)よりも効果に期待できると確認されています。

とはいえ、薬である以上、体質等の相性もあるかとは思います。

AGA治療を行っている医療機関では、ザガーロを取り扱っているところも増えていますが、同時にプロペシア(フィナステリド)についてもまだ取り扱いをしていることがほとんどです。

どちらを選ぶこともできるとしたら、実際どちらを選ぶべきなのでしょうか。

ザガーロ、プロペシア(フィナステリド)、それぞれの相性について確認していきたいと思います。

ザガーロはAGA新薬で、プロペシア(フィナステリド)よりも強力な効果が認められているので、これからAGAの治療を本格的に開始したいという方には向いているといえます。

Ⅰ型、Ⅱ型どちらの5αリダクターゼにも作用するので、頭皮のどの箇所にAGAの症状が現れていたとしても、効果に期待することが可能です。

これまでプロペシア(フィナステリド)では改善が難しいといわれていた範囲にAGAの症状が出ている方にも、ザガーロは向いているといえます。

これまでプロペシア(フィナステリド)を服用してきたけど、効果が出なかったという方にも服用を検討していただきたい薬です。

プロペシアはジェネリック医薬品が登場するくらいの期間、AGA治療薬として活躍してきた実績を持ちます。

AGAに悩む多くの男性に服用されてきたので「以前から服用されている薬」という安心感はザガーロよりは強いといえます。

また、プロペシアのジェネリック医薬品のフィナステリドは、ジェネリック医薬品の特徴としてリーズナブルな料金で購入することが可能です。

AGA治療の費用を抑えたい方には合っているといえます。

そして、プロペシア(フィナステリド)はⅡ型5αリダクターゼがテストステロンと結びつきジビドロテストステロンに変換されるのを抑制するので、生え際から頭頂部にかけて集中している場合にはプロペシア(フィナステリド)でも充分効果に期待しやすいと思います。

先ほどご紹介した向き不向きはあくまでも2つの薬の特徴を加味したうえでの内容なので、どちらを選択するべきか迷うという方は、医師の判断を優先するのがいいでしょう。

ザガーロはAGA治療薬としては新薬、プロペシア(フィナステリド)は昔からあるということで、名前に対する安心感、信頼感のようなものは一般的にプロペシア(フィナステリド)のほうが上かもしれません。

どちらも魅力的な薬です。

どちらを希望するとしても必ず医療機関で処方してもらうようにしてください。

ちなみに、ザガーロ、プロペシア(フィナステリド)共に服用後の献血に一定の期間制限があります。

どちらも服用期間中には献血ができないので、献血を呼びかけられてもいかないようにしてください。

献血が可能になるのは服用中止後です。

ザガーロの場合は服用中止後6ヶ月後から献血が可能。

プロペシア(フィナステリド)の場合は服用中止後Ⅰヵ月後から献血が可能です。

副作用については傾向が似ていますが、発生率が高めといわれているのはザガーロのほうです。

献血について、それから副作用について、こちらも加味したうえで選択の参考にしてみてくださいね。

POINT

✔ザガーロはプロペシアより強力な効果が認められている

✔安心感を求めるならザガーロより以前から服用されているプロペシア

ザガーロの購入方法

の画像

ここまで、ザガーロの特徴について詳しくご紹介してきました。

続いては実際にザガーロを購入する際にどうしたら良いかについて、それから購入にあたっての注意点について触れていきたいと思います。

ザガーロの購入は医療機関で行いましょう。

ザガーロの販売価格については、各医療機関次第の部分もあり、価格に差が出やすいですが30錠で9,000円前後といった設定になっているところが多いようです。

各クリニックのザガーロの価格比較

AGAスキンクリニック:4,800円(初回限定)

AGAヘアクリニック :9,000円

親和クリニック :9,250円

AGA治療は保険適用外です。

そのため医療機関によって診察料金等にもばらつきがあります。

ザガーロの販売価格についても上記の限りではない可能性があるので、まずは、インターネットで医療機関の情報を調べたうえで通院する先を選択するのが賢い方法だと思われます。

再受診についても診察料が必要なところから、診察料不要でザガーロだけ処方してくれるところまであるようです。

AGA治療をリーズナブルに進めるには、下調べが重要になります。

クリニック名 料金
AGAスキンクリニック 4,800円
AGAヘアクリニック 9,000円
親和クリニック 9,250円

AGA治療は保険適用外のため、継続すればするほど費用がかさむ傾向にあるのは事実です。

AGA治療を希望する方の中には、診察ではなく薬の処方だけを求めている方もいます。

診察を受けると、その分費用がかさみやすいので、そのような方の中には費用面の対策として個人輸入という方法を選択する方もいます。

しかし、個人輸入についてはあまりおすすめできません。

認可されているAGA治療薬であれば病院を通さなくても、臨床検査も終わっているし決められた期間服用をするだけで良いと思われやすいですが、万が一何かトラブルがあった際に、個人輸入の薬を服用していた場合は不利になる可能性があります。

個人輸入は絶対にダメというわけではありませんが、安全にAGA治療を進めていきたい場合は、個人輸入ではなく医療機関にて、医師の処方のもと購入するようにしましょう。

POINT

✔ザガーロの購入は医療機関で行うべき

✔ザガーロ個人輸入についてはあまりおすすめできない

まとめ

の画像

今回はAGA治療の新薬ザガーロについて、特徴等を詳しくご紹介しました。

ザガーロは、これまでプロペシア(フィナステリド)が定番だったAGA治療の新しい方法として注目を集めています。

I 型Ⅱ型どちらの5αリダクターゼにも働きかけるということで、AGA治療の効果への期待値は高く、プロペシア(フィナステリド)を服用していたけど効果が出なかった方にもぜひ、試していただきたいAGA治療薬です。

購入の際は、AGA治療をしている医療機関へ足を運ぶようにしましょう。

ジェネリック医薬品はまだ登場していないので、定価で購入する必要がありますが、継続して服用後6ヵ月は様子を見るようにしてください。

新しいAGA治療薬ザガーロに興味がある方は、ぜひ検討してみてくださいね。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_