ホーム >> AGAコラム >> 副作用 >> プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用

AGAコラム

公開日 2017.6.14
更新日 2017.12.8
プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用
N934_tenjyouwomiagekangaerudr_tp_v1

※ 2017.12.8 一部内容更新

AGA治療薬のプロペシアには恐ろしい副作用がある?!AGAの認知度がテレビCMなどで上がるにつれて、その治療薬のプロペシアもだんだん知られるようになってきました。 日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた、数少ないAGAの正式な治療薬プロペシア。

 

プロペシアは、AGA治療に有効な薬ではありますが、薬には副作用がつきものです。プロペシアを使用する前に副作用を知っておきましょう。こちらのコラムではプロペシアの効果と副作用についてお伝えしたいと思います。

 

 

 プロペシアとは

プロペシアとは、今巷で良く聞くAGAを治療するための薬です。AGAとはどんな症状か、プロペシアはAGAをどう治療するのでしょうか。まずは、AGAとは何かを要点をまとめてみていきましょう。

 

AGAとは、アンドロジェニックアロペシア、「男性型脱毛症」のことです。 症状が出始めるのは主に20代から30代くらいの男性で、おでこの生え際や頭のてっぺんの薄毛を自覚したり、毎朝起きるたびに、枕についた抜け毛の多さに驚いたりすることから始まります。AGAはとくに治療をしないとそのまま徐々に進行し続け、だいたい60代ぐらいで抜け止まる人が多いようです。 AGAは男性ホルモンが関係した脱毛症です。

 

男性ホルモンは本来、骨を丈夫にしたり、筋肉を付けたりと、男性らしい身体を作るのに必要なホルモンです。けれど、AGAが起こりやすいおでこの生え際や頭のてっぺんに関しては、違います。 身体の組織にはそれぞれ、ホルモンなどの物質を受け取るための「受容体」というものがあります。

 

男性ホルモンであれば、筋肉の細胞の受容体が男性ホルモンを「筋骨隆々にする作用のあるもの」として受け止めることで、男性ホルモンは正しく作用することができるのです。 AGAの場合、おでこの生え際や頭のてっぺんの受容体が、男性ホルモンを「元気な髪の毛を作らせないもの」として認識してしまうため、AGAの症状が起こってしまうのです。

 

 プロペシアの効果

AGA_カウンセリングの画像

 

プロペシアにはどんな効果があるのか。そもそもプロペシアとはなんなのか詳しく見ていきたいと思います。

 

プロペシアは内服することで、AGAで毛穴を刺激する男性ホルモンの産生を抑えることができます。 AGAで悪さをしている男性ホルモンは、もともとテストステロンというものです。それが、より力を持った男性ホルモンである、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わって、このジヒドロテストステロンが直接、毛穴に悪さをします。

 

プロペシアは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを止めてくれるのです。それによって、毛穴に悪さをする男性ホルモンが少なくなることで、AGAの進行を食い止められるわけです。

 

 

プロペシアを内服するのに一番適しているは、20歳以上、50歳以下の男性です。とくに、プロペシアは抜け毛を予防する効果を中心に認められている薬なので、飲むことを決めたら早めに飲み始める方が、効果を実感できます。 プロペシアは、日本国内では20歳以上の人のために研究・開発された薬です。そのため、20歳以下にはプロペシアの有効性は認められていません。

 

かえって、20歳以下の男の子がプロペシアを内服することは、男性ホルモンを抑えることで思わぬ副作用が出る可能性もあり、危険です。20歳以下で薄毛が気になる人は、AGAとはちがう原因も考えられるので、安易にプロペシアに手を出すことはやめて、大きな病院の皮膚科を受診することをおすすめします。

 

ちなみに、プロペシアの効果について臨床研究を行っているMSDのホームページによると、研究は20歳以上、50歳以下の男性を対象に研究を行っています。そのためそれ以上の年齢の方々は、色々なところに出てくるプロペシアの効果についてのデータを見ても参考になりません。 50歳以上の人が、プロペシアを飲んではいけない、ということではありません。

 

ただ、年齢を重ねるにつれて代謝の機能は落ちてくるため、薬の作用が思ったように感じられないことがあったり、副作用が強く出てしまったりする可能性があります。 また、ほかの持病で薬を飲むことも多くなる年代なので、他の薬との飲み合わせが影響して、思わぬ副作用が現れることもあります。

 

大切なのは、どこの病院に行っても「プロペシアを内服していることを伝える」ことです。口に出して言いにくいときには、お薬手帳を持っていくのも良いですね。

 

 プロペシアの有効成分

AGA_美人の髪型の画像

 

プロペシアはMSDという日本の製薬会社(もと万有製薬)が開発した薬で、2005年に発売されています。薬の名前のややこしいところなのですが、プロペシアという名前は商品名に当たるもので、とくに意味はありません。しいて言えば、脱毛症の英語「アロペシア」に似せた言葉になっているぐらいで、効果を表す言葉ではありません。

 

プロペシアの中で本当にAGAに効く成分の名前は、「フィナステリド」という成分です。この成分が入っていることによって、プロペシアはAGAの薬になっているのです。

 

プロペシアを処方してくれる各クリニックの価格を比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

  クリニック名   価格

  AGAスキンクリニック

  4,200円

  新宿メディカルクリニック

  6,500円

  AGAヘアクリニック

  7,500円

  ゴリラクリニック

  9,000円

 

 プロペシアの副作用

AGA_ノートの画像

 

プロペシアを使うにあたって、副作用について心配ですよね。プロペシアにはどんな副作用があるのか。危険なのか危険ではないのかしっかり知っておきたいところです。まずは、副作用に関しては、薬の添付文書をよめば知ることができますが、私たちは日ごろ、そういう薬の副作用について考えることもないですし、実際にその薬の効果が実感できていれば、問題ない程度の副作用だと無意識に判断しています。

 

次に挙げるプロペシアの副作用も、必ずしもたくさんの人に起こる、というものではありません。むしろ副作用が起こる確率は、数%と低いです。ただ、最悪の事態を想定したり、自分の体質等と合うか考えたりするためにも薬を内服する前には副作用について知っておく必要があります。

 

プロペシアの副作用で最もこわいのが、肝機能障害です。肝機能の障害は血液検査で知ることができるので、クリニックによっては内服開始前後で調べてくれることもあります。 肝機能障害の怖いところは、はじめのうちは何の症状も出ないことです。血液検査をしてみなければ自分では無症状なので、プロペシアの副作用で肝機能障害が起こっていることに気が付きません。

 

そして、なんとなくだるさや疲れやすさを感じるようになり、黄疸といって肝臓で処理できなくなった黄色い色素が白目の部分や皮膚に出てくるようになると、自分でも「なにかおかしいな?」と感じるようになります。しかし、そのころには肝臓はもう元に戻らないほど傷ついてしまっていることが多いのです。

 

肝機能障害をほおっておくと、肝不全(肝臓がしっかり機能していない病的な状態)から肝硬変(肝臓の一部が死んでしまっている状態)を経て、肝臓のがんにもなりやすくなります。 AGAは気になる問題ですが、副作用で肝臓を傷めてまで内服を続けるかといえば、たいていの医師は内服中止にするところです。

 

もちろん、この副作用も誰にでも起こるわけでなく、あるクリニックのお医者さんは1万人診たうちに1人いた、とおっしゃっていました。 プロペシアは長い期間、飲み続ける薬なので、肝機能障害の副作用には特に注意する必要があります。肝機能の検査自体は、職場や市町村で行われる健康診断の血液検査にもたいてい含まれている項目です。

 

クリニックで検査がなくても、プロペシアを飲んでいる間に徐々に数値が上がっていないか、を自分でも注意してみましょう。

 

プロペシアは男性ホルモンを抑える薬なので、血液検査の結果でも男性ホルモンの数値は低く出ます。実際にホルモンが少ないのでそれは当然なのですが、前立腺癌のマーカー(がんがあるかどうか、判断する基準)の数値まで下げてしまうのです。これもある意味、プロペシアの副作用といえます。 PSAというその数値は、高ければ高いほど前立腺肥大である可能性、前立腺がんである可能性が高くなります。

 

それがただの肥大なのか、がんなのかは検査をしてみないとわかりませんが、前立腺がんに気付くきっかけの多くは、健康診断でのPSAの値です。 プロペシアを内服していると、その副作用でPSAの値がだいたい半分になってしまうのです。それは肥大やがんの可能性が低いわけでなく、見た目の数値だけが下がってしまっている状態なんですね。

 

ですので、健康診断を受けるとき、血液検査を受けるときには、かならずプロペシアを内服していることを伝えるようにしましょう。

 

また副作用と正式に認められていない、本当に稀な事例では、プロペシアを飲んでいてとても悪性度の高い前立腺がんになってしまった患者さんがいることがわかっています。本来、前立腺がんで人が亡くなることはほとんどありませんが、悪性度の高い前立腺癌では、進行が速く、転移もしやすい特徴があることが多く、それが原因で亡くなってしまうこともあります。

 

これもプロペシアの副作用である、という因果関係は証明されていませんが、プロペシアを長く内服し続けていて乳がんになってしまった男性がいることがわかっています。 プロペシアの副作用として認められているおっぱい(乳房)の症状としては、乳房が大きくなってしまったり、大きくならないまでも乳房が張ることで、押したりぶつかったりしたときに痛みを感じたりすることがあります。

 

プロペシアは男性ホルモンを抑える薬なので、副作用として体つきが女性に近づくような症状が出てくることは考えられますね。ザガーロなどほかの男性ホルモンを抑える薬の副作用では、体型がふっくらと女性らしくなったり、女性の更年期のように動悸がしたり、火照ったりする症状が出たりすることもあるようです。

 

プロペシアの副作用で一番長引きやすいのが、この症状です。プロペシアは内服をやめると、AGAへの効果も止まってしまう薬ですが、この副作用に関しては、内服をやめても良くならなかったという報告があります。 性欲減退の副作用が起こる頻度は1~5%程度ですが、頻度が1%未満の副作用には勃起が思うようにできなくなったり、射精が以前のようにできなくなったり、という症状もあります。

 

プロペシアは男性ホルモンを抑える薬なので、こういう副作用も起こりうるんですね。それでも、内服をやめても副作用は続いてしまう、というのは困ったものです。性欲の問題や射精の問題は、心の問題でもあるので、内服をやめたからといって副作用もパッと元通り、というものでもないようです。 性欲や射精時の快感が減ることはプロペシアの副作用として認められていますが、頻度はそう高くありません。

 

「プロペシアを飲むことで、EDになってしまうかも…」と気にしすぎることはかえってストレスになり、それが原因でEDになってしまうこともあります。プロペシアを飲むと決めたら、あまり気にしすぎないようにすることも大切です。

 

プロペシアのもう一つの大きな副作用は、精液の問題です。プロペシアの副作用には精液に関して次のような副作用があることがわかっているのです。

  • 精液の量が減る。
  • 精液の濃度が下がる
  • 精子がまったく出なくなる。
  • 精子の運動が鈍くなる
  • 精子の形が異常になる

これらの副作用は、添付文書によると内服をやめたら元に戻ったとのことです。ほかにも睾丸が痛くなったり、男性不妊症になったり、というような副作用が添付文書には記載されています。

 

プロペシアの副作用の一つに過敏症があります。過敏症とは、薬に対するアレルギー反応が副作用として表れることです。 プロペシアには有効成分であるフィナステリドのほかにも、いろいろな添加物が含まれているので、その中のなんらかの成分が体質に合わないと、アレルギー反応として様々な症状が出ます。

 

副作用として表れる症状は、身体が痒くなったり、ぽつぽつと赤くなる蕁麻疹(じんましん)がでたり、というものが主なものですが、重症になると血管浮腫といって、浮腫み(むくみ)が起こることもあります。 副作用でむくみが出やすいのは、顔面や口の中、ノドなどです。のどのむくみがひどくなると、呼吸がしにくくなり、本当に重度のアレルギー症状では呼吸困難になってしまいます。

 

プロペシアの副作用でそこまでの症状が出ることはごく稀ですが、とくにアレルギー体質の人が新しい薬を内服するときは、初めの数回は注意して様子をみましょう。

 

プロペシアの副作用にはウツも考えられます。ウツと診断されなくても、体がだるい感じがしたり、なんとなく気分が重かったり、という気分の変化が起こる可能性はあります。 ただし、プロペシアの内服に直接関係があるとは言えないことも多く、逆に副作用を気にしすぎることで気分が重くなってしまうことも考えられます。頻度の高いものではないので、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

 

ポストフィナステリド症候群とは、プロペシアなどフィナステリドを含む薬の内服をやめた「あと」まで、さまざまな副作用が残ってしまうことです。 ポストフィナステリド症候群は日本ではあまり知られていませんが、海外では注目されつつあり、プロペシアやそのジェネリック医薬品の副作用で長く悩む人たちのために財団が作られ、集団訴訟などの手助けをしているのです。

 

ポストフィナステリド症候群の症状は、プロペシアやそのジェネリック医薬品の副作用とほぼ同じです。ポストフィナステリド症候群財団のホームページでは、次のようなものが挙げられています。

 

 性欲減退/  射精障害/  男性不妊症/  乳房が大きくなる/  疲れやすくなる/  筋肉が弱くなる/  皮膚にツヤや張りがなくなる/  耳鳴り/  肥満になる/  感情の起伏が乏しくなる/  思考や判断が鈍くなる/  自殺したくなる

 

本来のプロペシアの副作用にも含まれていないものもあって、ここに挙げた以外にも本当にさまざまな症状が挙げられています。医学的に正式な調査をされたものではないので、中にはプロペシアが明らかな原因と言えないものも含まれていそうです。 ポストフィナステリド症候群では、このような副作用が、プロペシアやそのジェネリック医薬品を飲むことをやめた後まで「ずっと残ってしまう」可能性があるのです。

 

さらに残念なことに、ポストフィナステリド症候群にはいまのところ治療薬がなく、起こっているそれぞれの症状に対して治療を行っても、とても効果が表れにくいことがわかっています。

 

ポストフィナステリド症候群になってしまう人は多くありませんし、性欲減退などはこころの問題でもあるので、簡単に因果関係を証明することはできませんが、プロペシアやそのジェネリックを内服するときは、そういう可能性があるということを知っておいた方が良さそうです。

 

 症状

 発症率

 性欲減退

 1.8%

 勃起機能の低下

 1.3%

 肝機能障害

 不明(もともとの肝臓機能による)

 うつ

 1.0%

 精子減少

 1.1%

 

 女性にとってプロペシアは危険

AGA_画像名の画像

 

そもそもプロペシアは、男性のAGA治療のために使われている薬ですので、女性が使用しても全く効果はありません。効果がないだけでなく、危険ですので絶対に触らないようにしてください。

 

プロペシアの有効成分フィナステリドには男性ホルモンを抑える働きがあるので、女性、特に妊婦が内服することは絶対にいけません。それは、口から内服することももちろんですが、砕けた錠剤を触ってしまったりしても、皮膚から吸収されてしまうので、触ることすら危険なので、細心の注意が必要です。ただ、外装から出して錠剤だけを放置する、ということは危険なのでやめましょう。

 

万が一、妊婦の体内にプロペシアの成分が入ってしまうと、胎児が男の子だった場合に、生殖器が奇形になる、という副作用が起こる恐れがあります。人間としてのすべての基礎が作られる胎児の時期は、ホルモンのバランスに非常に敏感ですし、少しでも崩れるとその後には修復不可能です。なので、ごくわずかな量に妊婦が触れることも危険なんですね。

 

また、同じ理由で、授乳中の女性も絶対に触らないようにしてください。とはいっても、妊娠中や授乳中は、抜け毛が急に多くなったり、ストレスや疲れ、出産時の消耗で髪の毛が薄くなったりと、普段から薄毛が気になる女性には髪の毛のこともとても気になる時期だと思います。

 

ただ、この時期はホルモンバランスも大きく変わるので、髪の毛の状態も大きく変わりやすい時期でもあります。数か月様子を見て、授乳を終えて落ち着いてからでも、薄毛への対策は遅くないでしょう。どうしても気になるという方は、病院に相談しに行くか、育毛剤を使ってみるといいでしょう。

 

そして、最近ようやく一般的になってきた「ジェネリック医薬品」て、どんなものかご存知ですか?ある薬品が発売から一定期間が過ぎると、同じ有効成分を使って他の製薬会社が安く開発できる後発品のことで、海外ではもう薬全体の70%を占めるほど普及しています。 ジェネリック医薬品が安く開発できるのは、先発品と同じ有効成分を使っているからです。

 

先発品で認められている有効成分はもう、効果があるとわかっているので、あとはそれを使って先発品と同じ効果と安全性が保てているかを研究すればいいのです。そのためジェネリック医薬品は、大幅に安く、短期間で開発できるのですね。 プロペシアにも、フィナステリドを有効成分としたジェネリック医薬品がたくさん発売されています。

 

その中には、日本の厚生労働省にきちんと認可されたものもあれば、海外から輸入される、日本では未認可なものまで、さまざまな品質のものがあります。 そしてどのジェネリック医薬品の添付文書にも、次のような記載があります。

 

副作用: 肝機能障害 過敏症(掻痒感、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(むくみのこと) 生殖器(リビドー減退(性欲減退のこと)、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下(精液濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常など) その他:乳房圧痛、乳房肥大、抑ウツ症状、めまい

 

これはプロペシアの添付文書にあるものと同じです。フィナステリドという同じ有効成分を使っているので、副作用や注意するべきことも、同じになってくるのですね。

 

ジェネリック医薬品は、同じ有効成分を使って同じ効能と安全性が保障されれば、色や形、味は違ってもいいことになっています。けれどプロペシアのジェネリック医薬品は、どの会社のものもほとんど同じ、薄い赤色に統一されています。

 

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

 

 プロペシアの副作用が怖い人のAGA治療

AGA_さいころの画像

 

プロペシアには、頻度は少ないものの、なるべく避けたい副作用がいくつもあることがわかりました。頻度は少ないから大丈夫、と飲み始めても実際に副作用が起こってしまったあとに後悔しても、もう遅いのです。 ポストフィナステリド症候群のように、治らなかったり、非常に治りが遅かったりする副作用がでてしまったら、と思うとプロペシアの内服をしない、というのもひとつの選択肢です。

 

それでは、プロペシアの内服をしないAGA治療には、どんなものがあるでしょうか?

 

  • プロペシアの副作用が心配な方
  • プロペシアは合わない方
  • 女性の方
  • 病院は金額が高くて通えない方

これらにあてはまる方には育毛剤の使用をおすすめします。

チャップアップ(CHAP UP)

天然由来の成分で刺激の少ない、
無添加・無香料の育毛剤。


公式サイトを見る→



 

チャップアップ以外にも、男女別に厳選AGAおすすめの育毛剤はこちら

 

画像

 

 

こちらのクリニックは、AGA治療薬の副作用の危険性を大きくとらえ、極力それに頼らないAGA治療を提供しています。

 

AGAスキンクリニックは、全ての患者さまに月ごとの治療アンケートをお願いしたところ、発毛実感率99.4%という驚異の数字を記録しました。

 

AGAスキンクリニックの治療はプロペシアだけではないのです。 厳選AGAおすすめする治療はメソセラピーです。

 

この治療法は注射器を使って頭皮に直接、オリジナルの発毛カクテルを注入することで有効成分を浸透させる治療法です。 是非、メソセラピーで頭皮の改善を図ってみてはいかがですか?

 

 
AGAスキンクリニックの詳細を見る
 

 

バイオテックの画像

バイオテック

「頭皮チェック」と「抜け毛防止ケア」のW無料体験受付中!

期間限定
育毛コース【70%OFFキャンペーン】
50,200円→15,000円
 

公式サイトを見る
 

 

こちらは、頭皮の角栓様物質を独自の技術で揉み出し洗いをして、きれいになったところで発毛促進剤を浸透させる、というケアを主にしているサロンです。 プロペシアなどのAGA治療薬をいっさい使うことなく、髪の毛のボリュームアップと頭皮の状態を改善をしています。刺激の強い薬類はいっさい使わないので、副作用の心配なく利用することができます。

 

へアマックスの画像

 

 

へアマックスは低出力レーザーを頭皮に照射することによって発毛を促進するものです。 レーザーの力で毛を抜くのではなく、頭皮を程よく刺激する事によって血行を促進させ、育毛効果が期待出来るのです。

 

ヘアマックスの主な利点は、体に与えるダメージがない点や,自分のペースで治療が出来る点、維持費はほとんどかからない点です。プロペシアの副作用に心配されている方はおすすめです。

 

参考:ヘアマックスの効果は?低出力レーザー育毛を徹底チェック!

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

以上が、プロペシアとその副作用について、です。どんな薬にも副作用があって、それが誰に、どのぐらい出るのか、ということは飲んでみるまでは誰にも言えません。 プロペシアを飲んで違和感があったり、飲み始めたころから明らかに体調の変化を感じたりしたときは、すぐに内服をやめましょう。プロペシアは長く飲み続けなければ効果の実感できない薬ですが、長く飲み続けるほど、副作用が出る可能性も高くなります。

 

そして、長く飲み続けるとポストフィナステリド症候群のように、治らない副作用が出てくる可能性も上がってしまいます。AGAや薄毛の治療は、プロペシア以外にも選択肢がたくさんあります。プロペシアに執着するあまり、副作用で後悔することのないようにしたいですね。

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

【12月25日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※  

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ