AGAコラム

公開日 2017.9.29
更新日 2017.10.4
ブブカに副作用の可能性はあるの?
カテゴリ
Photo_bubka21

※ 2017.10.4 一部内容更新

みなさんブブカという育毛剤をご存知ですか?インターネットでブブカの情報を集めてみても、メリットしか書いていなくて副作用の情報はなかなか見つかりません。

 

しかし、あくまでも育毛剤。何かしらの副作用が起きてもおかしくありません。今回はブブカの効果の実態に詳細に迫り、副作用はあるのかを調査してみようと思います。

 

 

 

 ブブカとは

ブブカ

 

ブブカはTSコーポレーションが2011年から発売している育毛剤です。医薬部外品として厚生労働相に認可されている育毛剤であり、信頼性が高い商品です。

 

成分を変えたり、増加したりするなどの複数回の改善を繰り返して、現在も育毛剤で人気の商品になっています。ドラッグストアなどでの店頭販売は行っておらず、インターネットの公式サイトだけの販売になっています。

 

 

ブブカの1番の特徴といえば、アルコールがほとんど入っていないことです。公式サイトによると0.02パーセンしかアルコールが入っていないようです。

 

育毛剤には殺菌や防腐剤目的でアルコールが入っていますが、炎症などの副作用の原因になる時がありますので、入っていない方が頭皮に安全です。

 

次にコラーゲンを配合していることです。毛穴の奥にある毛包幹細胞にはコラーゲンがあります。そしてこのコラーゲンが少なくなると、薄毛に繋がることが実験で判明しました。

 

育毛剤でコラーゲンを配合しているものはまだ少ないですが、ブブカはコラーゲンを配合している育毛剤です。 さらに育毛成分をミセル化していることも特徴の1つです。

 

ミセル化とはナノ化よりも小さい超極小という意味です。 いくら良い成分が配合されていても、それが毛根に浸透しなければ効果を発揮しません。ブブカは育毛成分のミセル化に成功し、浸透力を格段に増加させました。

 

 

ブブカはM-34を配合しており、M-34は育毛実験においてミノキシジルと同等の育毛効果があった事が報告されています。さらに、ブブカはこの成分に注目して、今までの量よりも200%濃度を増加させております。

 

次に保湿力が圧倒的に高い点です。頭皮は乾燥してしまうと、血行不良やフケなどが発生してしまい育毛環境の悪化につながります。

 

ブブカは保湿力に力を入れており、他の育毛剤との1時間の実験においても水分保湿量が2倍以上多いという結果を出しました。 またブブカは頭皮の弾力性を増加させる効果があります。

 

他の育毛剤が103%の弾力性増加のところ、ブブカは弾力性が116パーセント造花で、弾力性があがりやすいという実験結果があります。頭皮は硬いよりも柔らかい方が血行がよく、育毛に向いています。

 

ブブカ

BUBKA(ブブカ)

【期間限定キャンペーン 10月31日まで!!】
<定期コース>
・初回限定価格:22,680円 → 5,980円!
(BUBKA育毛剤に、シャンプー+サプリメントプレゼント)

※30日間全額返金保証制度あり!

公式サイトを見る→

 

 ブブカに副作用はあるの?

考える人の画像

 

育毛剤に挑戦する人にとって副作用はとても気になるところです。ブブカは天然由来の成分がほとんどですので、基本的に副作用の可能性は低いです。なぜ基本的になのかを説明します。

 

 

ブブカの主要成分はM-34、オウゴンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸dl-αトコフェロール、クジン抽出液、フェノキシエタノールなどです。これらの成分を適量で使っていれば副作用の心配は少ないです。

 

他の育毛剤にも含まれていて安全が確立されている成分です。 口コミとしてはどのようなものがあったのかを紹介します。

 

口コミとしては、1つ目に毛が抜けた、2つ目に赤くなった、かゆみが出た、かぶれた、3つ目にフケが出たというのがありました。

 

脱毛が多くなった場合に関しては初期脱毛が考えられます。初期脱毛とは髪が発毛する成長期の段階に入ったときに、一時的に古くなった髪が抜けてくる症状です。

 

これはAGAで薬を飲む場合だけでなく、育毛剤を使った場合にも起こりえる症状です。期間としては約1ヶ月くらいと言われていますが、個人差があり正確な日数などは分かっていません。

 

この症状が起きると育毛剤が逆効果になっていると考えてしまい、やめてしまう人がいますが、頭皮が健康に向かっている証拠ですので怖がってやめないほうがいいでしょう。

 

体質に合わなかったと考えたほうがいいでしょう。どんなに安全な商品であったとしても、すべての人に合うのは不可能です。

 

ブブカは危険な成分は入ってはいませんが敏感肌の人やアレルギー体質の人で、使用してみて違和感を感じることが絶対にないとは言い切れません。もし違和感を感じたら使用を中止したほうがいいでしょう。

 

フケが多くなってしまった原因を先に言ってしまうと、使用量を間違えていることが考えられます。フケというものがどんなものか皆さんご存知ですか?

 

フケは古くなった頭皮の細胞であり、フケが多くなったということは新陳代謝が良いということもできます。しかし、使い過ぎてフケが多くなった場合は頭皮が荒れてしまい、頭皮が過剰に剥がれてしまっている可能性があります。

 

もちろん育毛には逆効果ですので気をつけなければいけません。 また、髪が薄くなってきている場所に集中して使っている人もいるかもしれませんが、これもフケを引き起こしやすいです。

 

使用量は頭全体に対しての量であって、一部分での使用量ではありませんので気をつけましょう。 ブブカは刺激のある成分が入っていませんので、フケが多くなった場合は使用の仕方が間違っている可能性の方が高いです。

 

 

 入っている成分

AGA_UFOの画像

 

小さな副作用が出た場合があるようですが、それは育毛剤のせいではない可能性の方が高いことが分かったと思います。 ほとんどの使用者が安全に使用できていますので、副作用の心配はないと思って構いません。

 

ですが、ブブカは全く副作用の心配がないかというとそうとはいい切れません。成分を確認してみて、今までに副作用が起こった成分が入っていないか調べてみます。

 

 

入っている成分について確認してみます。

 

M-34

M-34とは昆布などの海藻類からぬめり成分を抽出したエキスです。 ブブカでは最後のリニューアルでM-34の量を初期の商品と比べて200パーセントも増量しています。

 

他の育毛剤でもM-34を使ったものがありますが、これほどまでに濃密に海藻パワーを配合した育毛剤はありません。 具体的な効果としては、外毛根鞘細胞を増やし抜け毛を防ぐ効果があります。

 

また血管を拡張させて、血流の流れを良くする効果があります。 M-34は海藻のエキスから作られており、副作用はほとんど発生しないといえます。

 

一つだけ注意点としましては、海藻はヨウ素(ヨード)という成分を持っており、ヨウ素を大量に取り入れると甲状腺の病気を引き起こす可能性があることです。

 

育毛剤は飲むわけではないので大量にとりすぎることはないとは思いますが、頭皮に怪我をしている場合は気をつける必要があります。傷口から成分が入ってしまうのは避けましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは頭皮の炎症を抑える効果があります。 天然成分なので副作用の問題はあまりないのですが、使用するときの量には気をつけた方がいいです。

 

実はグリチルリチン酸ジカリウムは40mg以上飲んでしまうと、偽アルドステロン症を発症することがあります。

 

これは飲む場合の量ですので育毛剤に関しては心配しなくてもよさそうですが、低い確率ではありますが皮膚に塗った場合にも偽アルドステロン症が起きてしまうことがあるそうです。

 

この症状になると、低カリウム血症や高血圧を引き起こします。 グリチルリチン酸ジカリウムの配合量は5g以下と法律で決められています。ですので、適量を使って入れば副作用は殆ど発生いたしません。

 

さらにグリチルリチン酸ジカリウムを長期間使用してたり、免疫疾患がある人は血液の流れが悪くなることもあります。体調が悪くなった場合は使用するのを中止しましょう。

 

センブリの草の花や、茎から採取したエキスを使用して作ったのがセンブリエキスです。 育毛効果としては血行を良くしたり、頭皮が炎症するのを防いだりします。

 

センブリエキスは適切な量を使用していれば、妊婦さんやアレルギー体質の方でも安全に使用できます。 例外として、過剰にセンブリエキスを取った場合に血圧増加やむくみの症状が出ることがあるそうです。

 

センブリエキスの中に入っているスエルチアマリンという成分が、副交感神経に影響して症状が起こります。心臓病、腎臓病、高血圧を持つ方は慎重に使用しましょう。

 

コガネバナの根から採取したエキスで作られた成分をオウゴンエキスといいます。 育毛効果としては頭皮の保湿効果、抗炎症効果、コラーゲンの分解の防止、活性酸素を防ぐ効果などがあります。

 

この成分は天然成分ですので、安全性はかなり高いです。しかし、オウゴンエキスを使用したことによりホルモンバランスが崩れる可能性はあります。

 

オウゴンエキスは男性ホルモンのジヒドステロンに作用して、髪が抜けるのを防止するからです。さらに、かぶれや痒みが生じる人もいるそうですので、体質に合わないと感じたら使用しないようにしましょう。

 

クジン抽出液はクララの根から抽出されるエキスのことです。日本全国に生えている雑草ですが、根を含めて全ての葉に毒を持ちます。しかしこの毒は抗がん作用もあるので、薬にもなります。

 

育毛効果としては、毛根の細胞活性化、血行即身、殺菌効果などです。 副作用に関して、皮膚に使った場合は問題ないとも言われています。

 

しかし、弱っている人や皮膚が弱い人は、アレルギー反応や皮膚炎を引き起こす可能性があるので気をつけたほうがいいでしょう。

 

酢酸dl-αトコフェロールは人工的に作られたビタミンEのことです。 酢酸dl-αトコフェロールの育毛効果としては、血行促進、抗炎症作用、代謝の向上の効果があります。

 

副作用としては、過剰に摂取した場合には頭痛、便秘、目のかすみなどの症状が起こるそうです。また人によってはアレルギー症状を引き起こす人もいるらしいので、何かしら異変を感じたら使用を中止しましょう。

 

育毛剤の中でフェノキシエタノールは防腐剤の役目を果たしています。 防腐剤目的で使われる成分は他にもありますが、フェノキシエタノールは刺激が少ないため様々な商品に配合されています。

 

しかし、全く副作用の症状がないわけではなく、小さな痛みや頭痛を感じる人もいます。さらに喘息の人にも影響がある人にも作用があるので注意が必要です。

 

フェノキシエタノールは強い成分ではないので、過度な心配はしなくても大丈夫ですが、何か異常が出たらすぐに使用を中止しましょう。

 

 

 ブブカが向いている人、向いていない人

AGA_3人の男性の画像

 

ブブカの育毛剤に向いている人と向いていない人を、それぞれみてみましょう。

 

 

ブブカが向いている人について説明します。

 

ブブカは他の育毛剤同様に薄毛がかなり進んでいる人には効果がない可能性が高いです。薄毛の初期段階の人は効果があったという口コミが多いです。 薄毛がかなり進んでいる人はAGAの専門の医療機関に相談をした方がいいでしょう。

 

ブブカは頻繁に肌に副作用を起こすような成分は含まれていません。市販のシャンプーや化粧品を使用していて肌に問題が起こらない人は、安全に使用できます。強い肌でなくても安心して使える育毛剤です。

 

敏感肌の人にこそブブカはオススメの育毛剤です。ブブカはアルコールが、0.02パーセントしか入っていないので、ほぼアルコールフリーの育毛剤です。今まで他の育毛剤で刺激が強くて使えなかった人にオススメの育毛剤だと思います。

 

ブブカが向いていない人について説明します。

 

若くして髪の毛が抜けてきている人にも効かない可能性があります。ブブカは医薬品ではないので、急激な増毛は期待できません。若年性AGAの場合はAGA専門の医者に行くほうがいいでしょう。

 

頭皮に炎症や傷などがある人はブブカを使用することに適していません。ブブカは副作用がないとしても、頭皮環境が悪化している状態では副作用を起こしやすくしてしまいます。これは他の育毛剤と同様です。

 

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

ブブカは育毛剤では珍しくアルコールがほとんど入っていないということで、かなり安全性が高い育毛剤です。現在発売されている育毛剤ではトップクラスの安全性といえるでしょう。

 

しかし、成分的には副作用の可能性が全くないとは言えません。体質は人それぞれ違うので、体に合わないと感じたら使用を中止しましょう。

 

ブブカ

BUBKA(ブブカ)

【期間限定キャンペーン 10月31日まで!!】
<定期コース>
・初回限定価格:22,680円 → 5,980円!
(BUBKA育毛剤に、シャンプー+サプリメントプレゼント)

※30日間全額返金保証制度あり!

公式サイトを見る→