プロペシアの飲み合わせや使用上の留意点まとめ|厳選 AGA

ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> プロペシアの飲み合わせや使用上の留意点まとめ

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

プロペシアの飲み合わせや使用上の留意点まとめ


カテゴリ

プロペシアは処方箋が必要な医薬品です。

効果が絶大なだけに副作用にはどのようなものがあるのか気になるところです。

この記事で飲み合わせや、他の薬との併用や副作用・注意点を検討し、正しい方法でコシ・ハリのある髪を育てていきましょう!。

プロペシアの飲み合わせでの注意点

問いかけの画像

AGA治療薬として知名度の高いプロペシアですが、基本的に毎日飲み続けることが必要な薬です

一度のみはじめれば日常生活の一部になるといっても過言ではありません。

身近な存在になるだけに、プロペシアの服用にあたっては飲み合わせには十分注意をはらう必要があります。

薬の飲み合わせとは、医薬品の併用による問題の有無を意味する言葉です。

特に飲み合わせの悪い場合には安全面を考慮して同時に使用するべきではないとされています。

薬の説明書にあたる添付文書には「併用禁忌」として記載されています。

この問題についてプロペシアには併用禁忌の薬はないとされています。

プロペシアの添付文書にも併用禁忌は記載されていません。

そのためどのような薬を服用しても問題はないと言うことができます。

現にプロペシアは1992年のアメリカでの発売以来、世界各国でAGA治療薬として広く試用されており薄毛治療の特効薬としての地位を築いていますが、認可を受けて以来併用による問題は発生していません。

世界各国で非常に多数の症例に使用されているにも関わらず、大きな問題が生じていない事実からも併用禁忌の薬がないことは裏付けられていると評価できます。

併用禁忌の薬は無いとはいっても、国内では医師の処方箋を前提とした医薬品であることはたしかです。

持病の薬や風邪薬などの大衆薬と併用しても全く問題はないものかは、べつに検討すべき問題と言えます。

併用禁忌薬はないプロペシアですが、服用の際には注意が必要なのは確かです。

服用する際に留意すべき事項や注意点についての理解を深めておきましょう。

薄毛治療でプロペシアを服用中に体調を崩したときには風邪薬や胃腸薬などの市販薬の使用を検討することが多くなります。

しかし薬局やドラッグストアで購入できる大衆薬はそれほど強力な成分は含まれていないので、併用しても特に問題はないと考えられるでしょう。

しかし体調不良の場合には医療機関を受診して、病院で医薬品を処方してもらうことになります。

病院で提供される医薬品は市販薬には配合されていない成分が配合されていたり、市販薬では想定できないほどの有効成分が豊富に配合されていることがあります。

その分効果が高い反面、副作用のリスクも大きくなります

確かにプロペシアには併用による影響が無くても、処方される薬の効果が発揮されなかったり、効果の発現が妨害を受ける可能性が存在します。

そのため医療機関を受診し薬を処方してもらう際には、プロペシアを服用している事実は必ず申告するようにしてください。

初診時の問診表にもその旨を忘れずに記入するようにしましょう。

問診表への記入については、プロペシアと記入しても問題ありませんが、ジェネリックを服用している事態も想定されるので有効成分名である「フィナステリド」と記入しておくのがベターです。

プロペシアは肝臓で代謝されて有効成分が体内に取り込まれます。

肝臓での代謝の過程では肝臓に負担になるので、短期間の服用であれば全く問題が無い場合でも、長期間服用することにより思わぬ肝機能障害に見舞われるリスクも無いわけではありません。

そこでプロペシアを処方してもらうときには血液検査などで、肝機能の状態をモニターしておいてもらうことが必要です。

特に普段の健康面では問題を抱えていない場合でも、大量の飲酒習慣のある方などは日常的に肝臓を酷使しているので注意が必要です。

アルコールにプラスしてプロペシアを日常的に服用することで肝機能障害が生じてくることも考えられます。

この点、AGA専門のクリニックであれば処方する前に検査を行い、服用中も定期的に検査を実施してくれるので安心感が高いでしょう。

一刻も早く発毛効果をもたらすために規定量を超えて、プロペシアの服用量を増加することは賢明ではありません。

AGA治療は継続が不可欠な治療なので、規定量以上の服用を行っても副作用のリスクが高まるばかりでなく、服用量に比例して発毛効果が高まるというわけでもありません

髪の毛にはヘアサイクルがあり、発毛効果得られるまでにはある程度の時間が必要だからです。

当然のことではありますが1日あたりの規定量を超えて服用することは厳に謹んで下さい。

1日1回1mgを上原料とする規定遵守して服用しましょう。

プロペシアは服用していると日常的な行為になってしまうので、その日飲んだかどうかの記憶が曖昧になってしまい、服用した事実を確認できなくなることも十分あり得ます。

毎日の習慣のために無意識で飲んでしまっていることもあります。

「飲んだかどうか忘れてしまった」場合にはどうすべきでしょうか。

発毛効果を急ぐあまり、忘れたので念のために服用するというのは回避すべきです。

これは規定量を超えて服用するリスクと、1日1回程度の飲み忘れのリスクを天秤にかけた場合には、服用しないほうが安全と考えられるからです。

同様に機能の見忘れたから、今日は2日分服用するというのも回避すべきです。

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。

薄毛治療薬の中には男性女性いずれが服用しても問題のない種類も存在しますが、プロペシアは女性が服用することは禁忌とされています

これは有効成分フィナステリドには乳幼児の男性期の成長を阻害する作用を有することが確認されているからです。

特に妊婦や授乳中の女性はプロペシアを服用することはもちろん、皮膚に接触することも避けるようにしてください。

有効成分が皮膚を通じて体内に吸収され、胎盤を通じて胎児の体内に吸収されたり、母乳を通じて乳幼児の体内に移行するリスクが懸念されるからです。

持病の治療薬とプロペシアを併用する場合に注意すべきなのは、フィナステリドと類似した成分が配合されている場合です。

特に前立腺肥大治療で服用する薬の中には、フィナステリドと類似した成分が含まれていることがあります。

これは前立腺肥大とAGAは男性ホルモンであるテストストロンから生成される物質が原因になる点で、発症のメカニズムが類似しているためです。

この点からも持病をお持ちの方は、処方を受ける際には医師や薬剤師に相談することが大切です。

プロペシアの効果的な使用のために大事なこと

血液の画像

薄毛治療はプロペシアの登場により飛躍的な進歩をとげ、治療薬や治療方法についてのエポックメイキングとなりました。

プロペシアを活用してAGAを効果的に治療するために、プロペシアの有効成分であるフィナステリドやAGAの基礎知識のポイントをおさえておきましょう。

髪の毛は一定のサイクルで発毛と成長、そして脱毛を繰り返しています。

これをヘアサイクルといいます。

髪の毛は2-6年の時期をへて成長し、2週間の退行期、3-4箇月の休止期を経て抜け落ちます。

もちろん髪の毛が抜け落ちても、新しい髪の毛が生えてくるので健康な頭皮では、髪の毛の全体量は一定量で維持されています。

これに対してAGAでは、成長期が短縮されてしまい、十分に太く長い毛に成長する前に抜け落ちてしまいます。

髪の毛が生えてきても、成長するまえに抜け落ちてしまうので。

全体のボリュームが失われ地肌などが露呈してくることになります。

このようなヘアサイクルに異常をもたらすのが男性ホルモンから生成されるジヒドロテストステロン(DHT)です。

男性ホルモンであるテストステロンは、5α-リダクターゼという酵素の働きによりジヒドロテストステロンが大量に生成されます。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞に受容体と結合することにより正常なヘアサイクルに悪影響を与え、十分な髪の毛の成長を阻害する作用を持っています。

実際に薄毛の生じている皮膚細胞からは、ジヒドロテストステロンが大量に分布していることが研究により明らかになっています。

男性ホルモンは健康な男性であれば体内に一定量が必ず存在するものであるだけに、男性であれば誰でも男性型脱毛症(AGA)を発症する可能性があります。

プロペシアが革新的なAGA治療薬として認知されるにいたったのは、毛根の毛母細胞へのジヒドロテストステロン(DHT)の影響そのものを抑制する作用を持っているからです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)を作りだす還元酵素5αリダクターゼの活性を阻害する作用があります。

これによりAGAの脱毛の進行を抑制する作用が期待できます。

フィナステリドは、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」においてもAGA治療の推奨度Aランクに格付けされており、男性脱毛症例の第一選択の治療薬とされています。

実際の投与した結果においても科学的に効果が認められている点で、効果の確実性が高いのが最大のメリットです。

治療効果の研究結果では、1年間の投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の患者で改善効果が認められたとされています。

このようにAGA発症する過程そのものに作用する点で活気的な治療薬ですが、デメリットもあります。

それはプロペシアでは毛根再生や直接的な発毛を期待することが難しいということです。

有効成分フィナステリドはAGAの進行は食い止めることが出来たとしても、発毛が完全に止まってしまった毛穴から発毛させることは出来ないということです。

フィナステリドの効果は、AGAの影響によって早く抜け落ちるはずだった毛髪のヘアサイクルを整え、髪の毛の成長期を長くすることによって今残っている髪の毛を太く長くするという点にあります。

また見た目にも効果を実感できるようになるのは、最低6ヶ月程度の服用が不可欠な点もデメリットと言うことができます。

それではある程度の期間服用を続けると、プロペシアによる効果はどのような過程を経て現れてくるのでしょうか。

治療開始から3ヶ月程度経過すると髪の毛のコシやハリに改善が見られるようになります。

同時に抜け毛が減り、産毛が目立つようになります。

これはヘアサイクルが正常化に向かい、成長期が長くなりつつある変化を意味しています。

さらに服用を継続して治療開始から6か月後くらいになると産毛が太くなって伸び、見た目に変化が現れるようになります。

治療開始から1年以上も経過する頃には脱毛の改善傾向が広範囲に及び外見的にも髪の毛のボリューム改善等が見られるようになります。

もっとも治療の効果や満足度には個人差があるので、効果が見られる場合の一つの目安程度に考えておいてください。

ところで正しい治療のためには正確な診断が不可欠です。

抜け毛や薄げにはAGA以外にも原因が関与している場合も少なくないので、AGAと自己診断していては的確な治療を受ける機会を逸する可能性があります。

そこでAGA治療を行うクリニックにおいて診断を受ける必要があります。

それではどのような検査によりAGAは診断されるのでしょうか。

AGAが疑われる場合には、まず他の円形脱毛症や薬物脱毛症などの病気が隠れていないのかを判断するための除外診断が行われます。

AGAとその他の脱毛症とは原因も治療法も全く異なるので、この診断はとても大きな意味を持ちます。

他の脱毛症の可能性が排除されたら頭皮や脱毛の様子を確認し、AGAの特徴が観察されるのかを判断することになります。

AGAだとおおよその診断がつけば、血液検査を行い今後使用するAGA治療薬が身体にどのような影響を与えるのかを判断します。

プロペシアは体質によっては投与しても奏功しない場合があります。

そこで有効成分フィナステリドが効かない体質であれば別の治療薬を検討することになります。

さらに遺伝子検査も実施します。

遺伝子検査では男性ホルモンの感受性を検査してAGAを発症しやすい体質であるかどうかを判定します。

遺伝子検査で男性ホルモンが薄毛の原因であることが確定すればAGAと最終診断されることになります。

遺伝子検査では頬の粘膜を採取するので肉体的名負担はありませんが、検査結果が出るまでは1ヶ月程度の時間が必要になります

このように血液検査と遺伝子検査を総合的に判断してAGAの状態を診断することになります。

プロペシアには高い薄毛改善効果が認められていますが、どの程度の期間継続することが必要なのでしょうか。

この点は長期的に見れば経済的負担総額に直結する問題であるだけに、気になるところです。

既述したようにAGA改善を実感できる程度に改善するまでには最低でも6ヶ月、場合によっては1年程度必要です。

プロペシアの働きで薄毛が改善した場合でもやはり治療は継続する必要があります。

薄毛や抜け毛の改善はあくまでも有効成分フィナステリドを投与されたことによるものであって、体質そのものが改善したり変化したりしているわけではないからです。

治療効果の継続期間は3-6ヶ月程度と考えられています。

これ以上の期間をあけると再び抜け毛は増加し始め、1年ほどの経過により治療前の状態に戻ってしまうと考えられています。

治療により改善された抜け毛や薄毛は治療の中断により再発してしまい、元の木阿弥になります。

その意味で計画的な治療の継続が必須と考えられます。

そこでAGA治療を継続するためには工夫も必要です。

特に大切なのは月に1回程度の通院は欠かさず、毎日一定時間に服用するなどの根気の良さが求められます。

継続する自信が無い人は別の治療法を検討する必要が出てくるでしょう。

プロペシア服用療法が自分の価値観やライフスタイルにあっているかどうか、医師と相談のうえで判断することが必要です。

服用治療は中断すれば、短期間で元の状態にもどってしまうため、月々の経済的負担はある程度覚悟する必要があります。

休薬期間をとって、抜けガが目立つようになった段階で、治療を再開するという考えもありますが、結局治療効果を得るためには、同じことを繰り返すことになるので、推奨できる方法とは言えません。

プロペシア治療は即効性がなく治療効果が発現するまでに時間がかかります。

と同時に少しでも効率的に治療効果を発揮し、日常生活面も見直しをすることが必要です。

特に髪の毛はタンパク質が積み重なって出来ているので良質なたんぱく質を食事から摂取する必要があります。

肉だけでなく魚や大豆製品などの植物由来のたんぱく質も摂取することが必要です。

また発毛には頭皮周辺の毛細血管の血流が豊富に確保されていることも重要です。

その観点からすると、喫煙習慣は見直し禁煙することが重要です。

とりわけ煙草に含まれるニコチン成分は血管の強い収縮をもたらす作用があるので、頭皮の血流を不足させる原因にもなっています。

また血管の収縮との関連で言えば良質な睡眠を臭感づけることも不可欠です。

人間はストレスを被ると自律神経の中でも交感神経の活動が活発になり、血管の収縮作用が強まります。

その結果血圧は上昇し、頭皮などの末梢組織への血流が不足し育毛環境の悪化を招きます

強い血管の収縮を防ぐうえでは十分な睡眠時間を確保して自律神経のなかでも副交感神経の働きを活性化させる必要があります。

十分な睡眠時間をとり良質な睡眠をとることは、身体の緊張をほぐし、血流を促進させることにもなります。

睡眠によるリラックス効果と同等に意味があるのは、自分なりの趣味を楽しむ時間を確保するなどすることも有効です。

趣味のなかにスポーツを取り入れれば、有酸素運動により頭皮への血行を促進することと、筋肉の緊張もほぐれるのでリラックス効果の両面で育毛に有用な好影響を期待することができます。

ザガーロとはデュタステリドと呼ばれる成分が含まれており、2015年に日本で認可され、プロペシアと並んで「第2のAGA治療薬」と呼ばれる薬です。

ザガーロは、プロペシアと同じくAGAの原因の1つである5αリダクターゼの作用を妨げる効果をもっていますが作用機序が異なります。

プロペシアが対象としているのはⅡ型の5α-リダクターゼだけですが、ザガーロはⅠ型とⅡ型の両方に効果があるてんで異なります。

このように5α-リダクターゼにたいしての抑制機序を有する点では代わりが無いので、AGA改善効果を見込んで併用しても作用が重複するだけでなく、肝臓にも負担をもたらすのでプロペシアとザカーロを併用することは無意味です。

たしかにザガーロがプロペシアの併用禁忌薬ではありませんが、肝臓に負担を与えることは確かなので併用する事は避けるようにしましょう。

プロペシアは男性ホルモンであるテストストロンが5α-リダクターゼの還元作用により活性化し、DHTの生成を抑制するのに対して、ミノキシジルには血管を拡張する作用があり頭皮への血流促進や、毛入頭の活性化などの作用をもたらし発毛をサポートする成分です。

このようにプロペシアとはAGA改善のための作用機序が異なるので、脱毛に対する相乗効果を期待することができます。

なおミノキシジルは外用薬として1日2回頭皮の患部に塗布する外用薬が基本的な使用法です。

内服薬タイプのミノキシジルタブレットも施設によっては処方されているようです。

プロペシアは単独でもAGAの進行抑制に効果を発揮しますが、病菌やクリニックによっては独自配合のオリジナルな配合の治療薬を使用していこともあるようです。

AGAの方の頭皮では5αリダクターゼ(還元酵素)が男性ホルモンを活性化させヘアサイクルに異常をきたす物質であるDHTが生成され、孟母細胞に存在する受容体と結びつくことで、十分な成長を見ないままに髪が抜け落ちるといった状態になっています。

と同時に頭皮の血流不足状態も併発していることが多いのが特徴です。

髪の毛は毛包と呼ばれる部分でつくられます。

毛包の深いところには毛球があり、毛球は毛母細胞と毛乳頭からできていますが、毛母細胞は毛細血管の血流を経由して酸素や栄養分を受け取り毛髪を育てています

そのため頭皮の血流の状態によっても抜け毛が増加する要因になります。

そこでプロペシアとミノキシジルを組み合わせて違った方向から同時にAGAの脱毛症状にアプローチ使用と言うのが、これらのオリジナル薬の根底にある理念です。

これらの育毛成分を主成分にビタミンEや亜鉛、アミノ酸の吸収を高めるビタミン類などを独自の比率でブレンドすることで、多方向から抜け毛症状の改善を目指しているのが特徴です。

プロペシアは薬を内服して肝臓で代謝された有効成分が血流に乗って頭皮に届くことで、AGA改善効果を目指す治療法です。

そのため有効成分をAGA患部に高濃度で行き渡らせることは困難であるという事情を抱えています。

このような内服薬の欠点を補い、プロペシアの薬効を一層高めたり妥当もう症状が進行しておりプロペシア単独では十分な治療効果を見込めない状況に対応して、AGAメソセラピー治療が選択されることがあります。

子の治療法は患部へ注射器を使って頭皮に直接、オリジナルの発毛カクテルを注入することで有効成分を高濃度に行き届かせることを目的にしています。

特に子の治療法では先進的な取り組みとして体内で不足しがちな成長因子をカクテルに配合されていることがあります。

ここに成長因子とは、人成長ホルモンの活性を維持する上で不可欠な役割を担っている物質のことを指しています。

人成長ホルモンは成長期が完了して以降も体内で日々分泌されています。

主に脳下垂体で作られており人が生きていくうえでは不可欠な役割を担っているものですが、加齢に伴い生成量は減少をみせていき、20代後半からは分泌量は急速に減少していきます。

この年齢を境に人の老化が進行する事実からも明らかなように成長ホルモンは人の老化に密接に関与しています。

そこで髪の毛をふくめて老化を食いとめる上では成長ホルモンの活性を維持することが大きな意味を持ちます。

そこで大きな影響を持っているのが成長因子です。

成長因子には幾つかの種類があることが知られていますが、AGAメソセラピーに使用されているのは、インスリン様成長因子(IGF)、線維芽細胞成長因子(FGF)、VEGF(血管内皮増殖因子)などが多いようです。

これらの成長因子の働きは、インスリン様成長因子(IGF)が壊れた細胞の再生を助ける作用により、新しい細胞を生み出してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やす作用を持っており、毛髪を強化し、毛包を刺激して健康な髪を育てます。

線維芽細胞成長因子(FGF)は、線維芽細胞を活性化し増殖を促す成長因子で、頭皮の血流を促進し毛包を活性化させる作用が期待できます。

VEGF(血管内皮増殖因子)は毛包に栄養を与える新生血管の形成を促すことにより、頭皮への栄養や酸素を豊富に供給できる環境を整備し、発毛を促します。

メソセラピーではこのような成長因子に加えて血行促進成分であるミノキシジル、発毛に有用なヒアルロン酸や総合ビタミン、ミネラル類などをクリニックや施設で独自に配合することで治療成果をあげている施設があるようです。

プロペシア以外の治療法やケア方法

ノートの画像

AGAではもちろんプロペシアなどの薬の服用が治療のメインになりますが、日々のヘアケアの重要性も忘れてはならない視点です。

特に頭皮環境の改善の上では毎日のシャンプーがとても重要になります。

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせて細菌増殖による皮膚炎などの炎症状態を招き、一層抜け毛が増え易い環境を醸成します。

しかしだからといって市販のシャンプーを使用すると強力な海面活性座を配合していることも多く、保湿や皮膚バリア維持のために必要な皮脂まですべて洗い流してしまうといった弊害も指摘されています。

このような問題点が意識されてか、AGA治療を専門的に手がけているクリニックでは独自開発したシャンプーなどのヘアケア商品を販売しているところもあるようです。

例えばケトコナゾールといったAGA治療に有用な成分を配合したシャンプーを販売しているクリニックもあります。

このケトコナゾールとは、AGAの原因物質である男性ホルモンを阻害することで、抜け毛を減少させる効果を期待できる成分です。

抗男性ホルモン作用以外にも、フケやかゆみ抑え、脂漏性皮膚炎対策に効果的で、抗菌作用も有しています。

しかしながらAGAがさらに進行し、毛包細胞も存在せず毛髪が生えてくるべき組織が無い場合には、薬物療法もメソセラピー療法も有効な選択肢にはなりません。

ここまで状況が悪化した場合には植毛治療を検討する必要性に遭遇する可能性もあります。

植毛には人口毛と自家移植の2つの方法がありますが、定着率の悪さや異物を植え込むことによる拒絶反応のリスクの点から、自分の毛髪細胞を移植する自毛植毛が一般的な植毛の手段になっています。

自毛植毛のメリットはなんと言っても定着率が高いことがあげられます。

自分の細胞なので拒絶反応のリスクが無く、定着率も95%以上とされています。

一度定着すれば普通の髪の毛と変わらずに成長を続けるので、最終的なしあがりも自然な印象になります。

また人口毛では移植後のメンテナンスが必須になりますが、自毛植毛はそのような手間隙もかからず、費用面でも人口毛ほど嵩みません。

しかし他方でデメリットがあることも事実です。

自毛植毛は後頭部などから移植するための細胞を採取するために、切開を加えて手術を行う必要があり、相応の肉体的負担を伴うということです。

手術法によってはダウンタイム(回復期間)が長期化し、数週間程度は先発できない可能性があります。

さらに今生えている髪の毛を採取するので、移植できる量には限界があるので思うがままに、増良好化を得られないこと少なくありません。

また人口毛とは異なってヘアサイクルのある髪の毛を移植するので、移植直後はふさふさにならず思ったような発毛が実現するまでにはある程度の時間が必要な点もデメリットといえるでしょう。

プロペシア等のAGA治療の費用について

電球の画像

このようにプロペシア治療を含めて継続することが前提の治療になることも多いので、費用面でも懸念を有して、治療に踏み切れない方も少なくありません。

そこで費用の問題について検討してみましょう。

AGAはそのまま放置すれば必ず、抜け毛が広がる進行性の病気であることは明らかです。

しかしながらAGA治療をクリニックや病院で受けるとなると健康保険などの対象にはならず、全額自己負担での治療になります。

このような仕組みになっているのは、病気とはいえAGAを放置したところで、美容上の問題はともかくとして生命や身体への悪影響はないと考えられているからです。

従って医療費控除の対象になることは原則としてありません。

例外的に突破ってきな事故や精神的な疾病などをきっかけにしてAGAの治療が必要と判断された場合に、例外的に税務署の判断で医療費控除の対象になる程度です。

プロペシア治療を受けると月額殿程度の出費が必要なのでしょうか。

この点については自由診療のため確定的な額はいえませんが、相場的には1万円程度と言われています。

この金額を高いとみるか安いと取るかは個人差がありますが、長期間継続することが前提の治療補になるのでできれば、少しでも費用を抑える対策を講じたいものです。

それではプロペシア等のAGA治療に置いて少しでも費用負担を抑制する方法はないものでしょうか。

まずは遺伝子検査を受けてプロペシアに効果を期待できる体質であるかいなかを、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

遺伝子検査により治療効果の見込みが低いと判断されれば別の選択肢を検討することが可能になり、時間も費用も節約できます。

またAGAを含めてどの病気にも妥当することですが、早期の段階で治療に踏み切ることも重要です。

家族に薄毛の人が居たら、額が上がってきたら等AGAを疑わせる症状に心当たりがある場合には速やかにAGA治療を手がけるクリニックや病院に受診することが賢明です。

早期に治療を開始していればプロペシアの服用だけでAGAの進行を阻止できたはずが、治療の機会を逸したために別の治療法も併用することが必要になり費用負担も大きくなることもしばしばあることです。

以下に代表的なクリニックのプロペシア価格を比べました。

ぜひ参考にしてみてください。

 クリニック名  価格
 AGAスキンクリニック  約4,200円
 新宿メディカルクリニック  約6,500円
 TOMクリニック  約6,500円
 ゴリラクリニック  約9,000円

まとめ

本を読んで考える男性の画像

プロペシアの登場により、AGA治療は革命的な変化を遂げたと評されるほどの変化を、薄毛治療の臨床現場にもたらしたとされています。

市販の育毛剤に望みをかけるほか無かったAGAも、進行性の病気としてクリニックや病院で受けることが出来る時代が到来しています。

他方で、プロペシアは医薬品として副作用や飲み合わせについても注意が必要な事実は、他の病気の治療薬と同様です。

服用を開始するに当たっては、自己判断で個人輸入などの手段を取ることは避け、AGA治療を実践している医療機関でプロペシアを投与しても問題はないのかをきちんと検査することが不可欠です。

クリニックで治療していくと先進的な治療法や手術を伴う植毛などの治療法が提案されることもあります。

その点ではどこまで費用を負担できるのか、経済事情との兼ね合いでベストな治療を実践する姿勢が求められるでしょう。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_