ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> キャピキシルの驚くべき育毛効果とは

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

キャピキシルの驚くべき育毛効果とは


カテゴリ

髪の毛の悩みは二つの点からアプローチするものです。

それは抜け毛の抑制と発毛促進です。

髪が抜けていく力と育つ力。

この両方からアプローチすることが頭髪の悩みの解決の近道なのです。

例えばAGA治療であればフィナステリドによる脱毛抑制とミノキシジルによる発毛促進が治療の肝ですが、ミノキジルよりも3倍の効果があり、さらには薬ではなく天然成分として注目を集めている成分があるのをご存知でしょうか?

まさに夢のような天然成分、「キャピキシル」に迫ってみるとしましょう。

キャピキシルとは

サプリメントの画像

キャピキシルとはカナダの製薬会社、「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した発毛成分です。

天然成分に由来した成分で、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスが組み合わさったものです。

キャピキシルがここまで大きな注目を集めている理由はやはり「ミノキシジルの3倍の効果がある」というキャッチフレーズです。

ミノキシジルとは冒頭でも出たように、AGA治療薬です。

天然成分由来のものではなく、薬になりますので効果が確かです。

元々ミノキシジルは血圧降下剤として開発された薬でした。

血圧を下げるために血管を拡張し、血流を増やすことによって血圧を低下させるための薬だったのですが、血流増大によって発毛効果が確認されたのです。

結果、近年の需要からミノキシジルは発毛効果が期待出来るAGA治療薬としての知名度が急上昇しているのですが、れっきとした薬です。

ちなみにミノキシジルを4か月使用することで、1平方センチメートルで髪の毛が22本増えたというデータがあります。

薬である以上、このような正確なデータもあるのですが、一方のキャピキシルは薬ではなく、天然成分なので、細かいデータはない…と言いたいところなのですが、キャピキシルにはデータが用意されているのです。

そのデータが信用出来るものだからこそ、ここまで大きな注目を集めているのです。

キャピキシルを語る際、「ミノキジルの3倍」という衝撃的なキャッチフレーズは避けて通れません。

発毛関連商品にありがちな誇大広告なのではないかと訝しがる人も多いかもしれませんが、LUCAS MEYER COSMETICS社はキャピキシルのデータを公表しているのです。

それによると、培養された細胞組織での実験に於いて、「hair gorowtd activity」がミノキシジルが52%であったのに対し、キャピキシルは156%を記録したのです。

この数字はまさに「ミノキシジルの3倍」に嘘はありませんので、宣伝文句もまた、決して誇大広告の類ではないことが分かります。

その他にもプラセボとの比較として、成長期の髪での使用はプラセボが2%減少したのに対し、キャピキシルは13%増加。

休止期の髪はプラセボが23%増加、つまりは抜け毛が増えたのに対し、キャピキシルは29%抜け毛が減ったとのデータもあります。

キャピキシルにはアセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスが含まれています。

アセチルテトラペプチド3は細胞修復作用があります。

実はこの成分は最先端の医療でも用いられています。

やけどで傷んでしまった皮膚の治療や切断された部分の修復に用いられている成分で、元通りになるケースもあるのです。

つまり、損なわれてしまった毛母細胞を修復する効果が期待されています。

そしてアカツメクサ花エキスは薬用ハーブとして活用されてきた過去があるのですが、近年になってビオカニンAという成分が含まれていることが分かりました。

このビオカニンAは、AGAの「元凶」と言っても決して過言ではない5αリダクターゼを阻害する成分が確認されています。

つまり、キャピキシルは一本でフィナステリドとミノキシジルの双方の効果を持っていることが分かるのです。

キャピキシルはフィナステリドとミノキシジルの効果を一つで実現していると言っても決して過言ではないのですが、懸念されるのが副作用です。

フィナステリドもミノキジルも薬になりますので、どうしても副作用の心配があります。

可能性としてはわずかではあるものの、フィナステリドには性欲減少。

ミノキシジルにはほてりや倦怠感といった副作用が確認されています。

「副作用」という言葉の響きが強いので、危険に感じるかもしれませんが薬である以上、副作用はつきものです。

風邪薬でさっても眠気誘因などの副作用があるものです。

また、フィナステリドを摂取すると献血が出来なくなるデメリットもあります。

体内のホルモンにアプローチするものなだけに、献血された側に何が起きるのか未知数な部分があるからです。

その点キャピキシルは副作用の心配はほとんどありません。

そもそも先にお伝えしたように、キャピキシルは天然成分です。

アセチルテトラペプチド3はアミノ酸ですし、アカツメクサ花エキスは多年生の植物なので、副作用の心配はほとんどありません。

キャピキシルは天然成分になりますので、アレルギー症状の懸念も薬と比べると低いです。

人間には体質の違いがありますので、薬の場合であっても効果に個人差があるものです。

副作用に関しても同様で、同じ物でも大きな副作用が出る人もいれば、大して出ない人もいます。

キャピキシルの場合、天然成分になりますので副作用のリスクが薬よりも低いだけではなく、考えられ得る副作用も薬と比べれば軽微なものなのです。

つまりはフィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬よりも「安心」と言って良いのではないでしょうか。

キャピキシルは育毛剤では使われていない?

画像名の画像

素晴らしい効果が期待出来るキャピキシルですが、キャピキシルは育毛剤には使われていません。

これだけ聞いても「?」と思う人が多いかもしれませんが、そこには国内の薬、化粧品等の認可の問題があるのです。

一般的に、育毛剤として販売されている製品は薬ではありません。

薬を販売する場合、薬剤師がいなければなりません。

例えばリアップ。

こちらはミノキシジルが含まれていることから、「医薬品」のカテゴリーに入ります。

リアップはドラッグストアでも販売されていますので、気軽に購入出来る一方、医薬品なので薬剤師がいない時間は購入出来ません。

例えばですが、薬剤師が一人しかいないドラッグストアの場合、薬剤師が休憩に入ってしまったり、その日休みともなれば残念ながらリアップは「薬」なので購入出来ません。

一方、世の中に多々ある育毛剤は「医薬部外品」のカテゴリーになります。

効果が期待出来るけど、決して薬ではない。

そのようなカテゴリーに多くの育毛剤が分類されています。

ですが、キャピキシルは薬でないのは明白として、実は医薬部外品でもないのです。

 

少々違和感があるかもしれませんが、キャピキシルは「化粧品」のカテゴリーになります。

これは医薬品、医薬部外品、そして化粧品というカテゴリーにて区分されているからです。

キャピキシルはまだまだ国内では医薬部外品としては認可されていませんので、化粧品というカテゴリーで販売しなければなりません。

これだけを聞くと、「化粧品なら医薬部外品として扱われている育毛剤の方が効果が高いのではないか」と疑問を抱く人も多いでしょう。

ですが、認可を受けるためには時間もお金もかかるのです。

もしもですが、キャピキシルを医薬部外品として認可してもらおうと思ったら、予算もかかります。

時間もかかります。

つまり、キャピキシルが含まれている製品はそこでかかったコストを回収すべく、値上げしなければならないでしょう。

それなら化粧品というカテゴリーでも良いから、今のままで販売する路線を取ったのです。

カテゴリーの違いは認可の違いでしかありませんので、キャピキシルの使い方は育毛剤と同じです。

頭皮に揉み込むだけですので、使っているだけでは認可の違いを感じるようなことはないでしょう。

カテゴリーの違いでしかありませんので、効果が低い訳ではありません。

むしろキャピキシルは成分に化学的な根拠があります。

天然成分の中にはここまで具体的なデータが出ていないものもあります。

また、キャピキシルを含んだ製品には、育毛剤でも用いられている有効成分も含まれています。

そのため、「化粧品というカテゴリーだから育毛剤より下」とは一概には言えないのです。

単純に安全性等の資料を出すか出さないかだけの話になりますので、

キャピキシルが使われている製品たち

キャピキシルが使われている製品は多数登場していますので、それらをいくつかご紹介するとしましょう。

フィンジア(FINJIA)

★独自の成分カプサイシン配合!
★毛穴を開き、髪本来の頭皮を実現!
★髪の奥までぐんぐん届く!

_

こちらは格闘家をイメージキャラクターとして使用するなど、知名度が急上昇しています。

キャピキシルだけではなく、独自理論などを謳って髪の毛にアプローチするだけではなく、実感出来なければ全額返金するなど強気な姿勢も見られますが、それだけ品質に自信があるからこそなのかもしれません。

フィンジアに含まれている成分で気になるのはキャピキシルとピディオキシジルです。

ピディオキシジルとは「ミノキシジル誘導体」と呼ばれているものでもあります。

ミノキシジルと言えば、先から何度か名前が挙がっているように、AGA治療薬として有名です。

そして、薬である以上効果も確かなものが期待出来るのですが、化学式を見ると分かるように瓜二つと言ってよいでしょう。

更にそこにはシアル酸などの成長因子を混入。

さらに、あくまでも「誘導体」になりますので、ミノキシジル程の副作用のリスクが高くはない点も特徴です。

実際、血圧に関しての薬を使用している人はミノキシジルに関しては慎重に判断しなければなりません。

ともすれば医師の判断を仰がなければならないでしょう。

ですがピディオキシジルは誘導体になりますので、薬ではありません。

副作用のリスクが低いなかで、ミノキシジルのような効果が期待出来るのです。

フィンジアの特徴はキャピキシルが用いられている点だけではなく、ゲートカプセル理論です。

フィンジアにはカプサイシンが含まれています。

こちらは唐辛子等に含まれているもので、血行促進だけではなく、毛穴を広げる効果も見込めます。

辛いものを食べていると汗が大量に出てきて驚いた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

体温の上昇とともに毛穴が広がっているからですが、この原理を応用し、毛穴を広げてキャピキシルやピディオキシジルの効果をより毛穴の奥にまで浸透させようとするものです。

フィンジアは育毛剤に見られる成分も含まれています。

ヒオウギエキス、センブリエキス、ビワ葉エキス、グリチルリチン酸2K。

これらは少し育毛剤に興味のある人であればすでにおなじみなのではないでしょうか。

これらも含まれていますので、より高い効果が期待出来るのです。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_

こちらにもキャピキシルが含まれています。

93%のリピート率を誇るDeeper3D。

何が特徴なのでしょうか?

Deeper3Dの特徴はキャピキシルが含まれているのはもちろんですが、リデンシル、さらには8種類の成長因子が含まれています。

成長因子とは成長を刺激してくれる因子です。

AGA治療でも成長因子を直接頭皮に注入するものもありますが、同じ原理が期待出来るのです。

細胞分裂を促すものや、発毛を促進するものなど、そこには様々な成長因子があるのです。

Deeper3Dの中でも注目すべきは成長因子やキャピキシルだけではありません。

リデンシルもまた、注目すべきものです。

リデンシルにはいくつかの働きがあります。

まず、幹細胞に働きかけることで毛母細胞を増やします。

ちなみにこちらは再生医療でも注目されている細胞になります。

髪の毛が薄くなってきていると言うことは、細胞の働きが鈍化しているとも言えます。

それらを刺激するのではなく、肝細胞に働きかけることによって、髪の毛が成長する細胞を再び作り出そうとするメカニズムです。

また、繊維芽細胞の代謝を活発にする働きもあります。

これにより、頭皮を健康にするのです。

いわば髪の毛の土台を頑丈なものとするのです。

そして頭皮の炎症を抑える働きもあります。

頭皮への刺激が時に負担となってしまう可能性もありますが、炎症抑制成分が頭皮への負担を軽減してくれるのです。

ちなみに実験結果によると、ミノキシジルの2倍の効果があると臨床データでも示されています。

こちらにもキャピキシルが含まれています。

2016年、楽天市場に於いて育毛剤ランキング1位を獲得したこともあります。

全額返金保証も心強いのですが、育毛剤と比べるとどうしても高くなってしまいがちなキャピキシルが含まれている製品の中で安さに挑戦している点が特徴です。

バイタルウェーブに含まれている有効成分を見ると、納得出来る人も多いのではないでしょうか。

まずはキャピキシル。

そして先に紹介したリデンシル。

さらには馬プラセンタやEGF、IGFといった成長因子。

更には精製能力を助けるIPS細胞とも言われているリンゴ幹細胞も配合。

ちなみにこちらは業界初の植物IPS細胞としても注目されています。

先にフィンジアやDeeper3Dを紹介しました。

これらは単品購入でそれぞれ12,800円と14,100円です。

育毛剤と比べるとやや高いかなといった所ですが、バイタルウェーブは11,880円です。

キャピキシルが含まれている製品の中では安い方です。

試してみたいけど、でも高いから躊躇しているという人にとっては、値段の安さ。

そして返金保証。

二つの安心があるので、試しやすいのではないでしょうか。

バイタルウェーブには「C.I.P設計」があります。

component、Infiltrate、Protectの頭文字です。

成果を追求した配合、そして浸透させることと守ること。

これらを成し遂げるべく理論、それが「C.I.P設計」です。

haru kurokamiスカルプ

【頭皮環境を整え、髪に美容成分を与える】
★フケ、かゆみ、頭皮の臭いをブロック
50秒に1本売れる大人気商品!
★定額3,110円とコスパが良い!
★30日間の返金保証に送料無料付き

_

haru黒髪スカルプ・プロは、女性用のエイジングケア・シャンプーです。

特徴は、髪の毛や頭皮を洗うだけでなく、頭皮環境を改善し、髪の毛や頭皮を着実に育むという点です。

38種類の育毛成分の中には、キャピキシルも配合されています。

100%天然由来なので、安心して使用できるのではないでしょうか。

アスロング

95%以上の方が大満足
厳選された高級成分をたっぷり配合
髪の毛の成長を協力サポート

_

株式会社 LIT INNOVATIONが開発したアスロング。

このシャンプーは、オーガニックオイルシャンプーでき、美髪、若髪を手に入れるというコンセプトで開発されました。

キャピキシル以外にも、10種類以上の天然系、オーガニックエキスを配合しています。

また、保湿力も高いので、肌が弱い方にもおすすめです。

参考:フィンジアは育毛剤じゃないの?効くの?徹底解説

まとめ

画像名の画像

キャピキシルが含まれている製品のおかげでキャピキシルそのものが注目されるようになりました。

成分を見れば高い効果が期待出来るだけではなく、そこにデータがあるからこそ、期待値も高まっているのです。

化粧品というカテゴリーではありますが、従来の育毛剤では満足出来なかったという人にとって、キャピキシル配合の製品は試す価値のあるものなのではないでしょうか。

既存の育毛剤にはない自由な発想が用いられているのもまた、キャピキシルが含まれている製品の特徴です。

aga_skin

POINT

★カウンセリング・初診・血液検査が無料

★全国に50院以上も展開しているクリニック

★患者の頭皮に合わしたオリジナル治療メニューを提案!

★6カ月以内に発毛実感率が99.4%!

月3,400円から治療を始めることができる