【朗報】つむじはげでお辞儀ができない人へ!原因と対策徹底解説!|厳選 AGA

ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【朗報】つむじはげでお辞儀ができない人へ!原因と対策徹底解説!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【朗報】つむじはげでお辞儀ができない人へ!原因と対策徹底解説!



世の中には「頭を下げてお辞儀をすること」に抵抗を感じる人がいるのをご存知ですか。

顔自体は人がうらやむイケメンなのですが、お辞儀をすると相手の人は、特に女性の場合は、とてもがっかりした顔を見せるのです。

あるいは何かの催しで壇上に立ちお辞儀をすると会場から失笑が漏れるのです。

それはなぜかというと、前から見た時には髪の毛がフサフサなのですが、その頭頂部、つまりつむじのあたりが見事にハゲているのです。

有体に言えば頭頂部にお皿を載せた河童のようなものです。

これではどのようにイケメンでも、イケメンであることとのギャップがあまりに激しいからこそ、お辞儀をして頭頂部を見せたとたん、がっかりされたり失笑されたりしてしまうのもやむを得ません。

本人もそれをよくわかっているので、お辞儀ををすることに非常に抵抗を感じているのです。

もしかするとこの記事を読んでいる人もそうかもしれません。

とても気の毒なことです。

しかし安心して下さい。

この記事では、そのようなつむじはげの原因と対策を徹底的に解説しますので、それを実行すれば悩みは解決するはずです。

ぜひしっかりと読んでみてください。

【目次】

つむじはげとは

はげにはいろいろなハゲ方のタイプがあります。

額の左右のこめかみあたりの生え際が後方に後退していくハゲ方は、上から見るとちょうど髪の毛がMの字で残っているので、M字ハゲといいます。

あるいはこめかみではなく前頭部全体の生え際が後退していハゲ方をU字ハゲ、あるいはA字ハゲと言います。

そしてそのタイプの1つにO字ハゲというものがあります。

「これは頭頂部のちょうどつむじのあたりがだんだんと薄毛になっていくハゲ方で、薄毛の部分が上から見るとOの字なのでO字ハゲと言います。

このOの字は最初はつむじと見分けがつかない大きさですがどんどん広がって、「河童のお皿」になってしまいます。

今回テーマにしているつむじはげは、分類でいえばこのO字ハゲに該当します。

またM字とO字が同時に発症する場合もあり、それを複合ハゲと言います。

ヘアサポート会社のアデランスが平成27年に実施した薄毛に悩む男性1000人に行ったアンケートではそのうち全体の23.8%と、4人に1人が自分を「つむじはげ」つまりO字ハゲだと自覚していました。

年代的には主に40~70代に多いということでした。

2013年にリーブ21が15歳以上の男女4800人を対象に行った「頭髪悩み度」調査調査では、ハゲを気にしている人は約38%でしたから、この2つを総合すると、成人男性の約9%、つまり10人に1人はつむじはげに悩んでいると推定されます。

それで安心してはいけませんが、かなりの数の人がつむじはげで悩んでいるということがわかります。

つむじはげの1番の特徴は「自覚しにくい」という点にあります。

その理由の1つは、何より鏡を見ても自分の正面しかわかりませんので、頭頂部が薄毛が進行していることに気づかないからという点です。

そしてもう1つは、合わせ鏡などで自己チェックをしたとしても、ちょうどハゲになって薄くなっていく部分がそもそも髪の毛の密度が薄い「つむじ」なので、ハゲが進行しているのか、つむじなのかがわかりにくいからという点です。

ですからつむじがハゲてしまったと自覚したときには、つむじはげはかなり進行してしまっているケースが多いのです。

つむじはげの原因

このつむじはげは、男性脱毛症であるAGAによる場合と、それ以外の場合に分類できます。

それぞれの分類に沿って、原因をご説明します。

ミノキシジルの公式サイトによると、15歳から96歳の男性におけるAGAの発症率は32%です。

これを上でご提示したハゲを気にしているの割合である38%と比較をすると、38%に対して32%ですから、パーセンテージ同士の比較にはなってしまいますが、ハゲの人のうち84%はAGAだということがこれも推定されます。

したがって、つむじはげのうちでもやはり8割以上はAGAが原因だと言っても過言ではないでしょう。

ではそのAGAとはどういう症状なのでしょうか。

最初に理解したいのは髪の毛の「ヘアサイクル」です。

これは言ってみれば髪の毛の「一生」のことです。

それはまさに人間の少年期、壮年期、老年期と同様に3つの時期に分かれます。

1つめは休止期で、古い髪の毛が抜けたあと次の新しい髪の毛を生む準備のために毛母細胞が休憩している段階で2~3ヶ月続きます。

2つめが成長期で、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、それによって髪の毛が生え、どんどん伸びていく段階で2~6年続きます。

3つめが退行期で、毛母細胞が停止し髪の毛が次々と抜けていく段階で2~3週間続きます。

この約6年間にわたる「髪の一生」が正常に回っていると、頭のある部分は休止期、ある部分は成長期、というように全体でバランスが取れて、髪の毛は頭部にまんべんなく生え、常に髪の毛がフサフサしている状態になるわけです。

しかし、そのヘアサイクルが乱れるトラブルが発生すると、バランスが壊れてしまいます。

それがAGAといわれる現象です。

その根幹の要因は男性ホルモンです。

男性ホルモン自体の働きでハゲるということはありませんが、これと5α活性酵素という酵素が結合するとジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。

このDHTが2年から6年の成長期を一気に数か月から1年に短縮させてしまうため、成長期の髪の毛は十分に成長しきれない段階で退行期に突入し、抜けて行ってしまうのです。

人間の一生で言えば、少年期からいきなり老年期に入って老衰で死んでしまうようなものです。

これが頭頂部の髪の毛に集中して発生するので、つむじがはげるのです。

ただし以上のメカニズムであれば男性ホルモンを持っている男性全員がAGAを発症してもおかしくはありませんが、しかしつむじはげやM字ハゲになって悩む人と、いつまでもふさふさした髪の毛を維持する人がいます。

これはなぜでしょうか。

それこそが、AGAの発症の原因です。

それは主に3点あります。

1つは生まれながらにして5α活性酵素が活性化しやすい体質を持っている場合です。

だれでも5α活性酵素は持っていますが、しかし活性化しにくければ男性ホルモンと結合しないのでAGAは発症しませんし、活性化しやすければ人よりも早く、人よりも頭部の広い範囲でAGAが発症するのです。

2つめは男性ホルモンの分泌量が多い体質を持っている場合です。

これは生まれながらに多いケースと食生活などの影響によって多くなるケースがあります。

脱毛を起こすDHTの原料である男性ホルモンが多ければ当然その産生量も多くなり、結果AGAを発症する確率が上がるわけです。

「毛深い男性はハゲる」という都市伝説がありますが、男性ホルモンは体毛の生育もつかさどっていますから、これは関連していると考えられ、ある意味正しいウワサだと言えます。

3つめは遺伝です。

しかしAGAが遺伝するというのは正しい表現ではありません。

遺伝するのは、1つは5α活性酵素が活性化しやすい体質で、これは父方、母方両方の遺伝子に刻まれています。

もう1つは男性ホルモンが多いという体質で、これは父方から遺伝します。

ですからこの2つのAGAが発症しやすい体質が遺伝するわけで、AGAそのものの遺伝ではないのです。

したがって父方でも母方でもハゲている先祖がいたら、その場合自分にはAGA発症リスクが高い体質が遺伝していると考えたほうがよいでしょう。

またAGAではない場合にもつむじはげになる可能性があります。

その大きな原因の1つがストレスです。

慢性的なストレスは自律神経のバランスを乱します。

すると、血圧が高くなり、その血圧から自分を守るために血管は緊張し収縮します。

それは頭皮の毛細血管でも起こることなので、頭皮下の血流が悪化します。

血液は酸素や栄養素を各細胞に運ぶ働きを持ってますから、血流の悪化は各細胞の栄養不足につながります。

これが毛母細胞で起こると、栄養不足のために細胞分裂活動が不活発になり、その結果抜け毛が増えてハゲてしまうのです。

また日常の生活の仕方によって、つむじがハゲる可能性もあります。

その悪い生活習慣とは以下で挙げるようなものです。

髪の毛が伸びるのは、身体の各部位と同じく成長ホルモンの働きです。

この成長ホルモンは寝ている間、特に午後10時から午前2時の間に最も多く分泌されます。

したがって、その時間帯に睡眠をとっていないと十分な成長ホルモンが分泌されず、身体全体が成長ホルモン不足になります。

当然、髪の毛も成長がとまり、ハゲてしまいます。

さらには浅い睡眠など質の悪い睡眠の場合は、身体はストレスを感じている状態と同じように自律神経のバランスが乱れてしまっていますから、ストレスの項目で挙げたのと同じ血圧の上昇、血管の収縮、毛母細胞の栄養失調の現象が起こってハゲの原因になります

偏食

油っこい肉類や、コレステロールの高い乳製品、あるいは香辛料などが利いた刺激の強い料理ばかり食べていると、頭皮における皮脂分泌が過剰になります。

すると頭皮の毛穴に皮脂が詰まり、その皮脂を養分にして雑菌が繁殖し炎症を起こします。

すれによって毛母細胞は機能不全に陥るために、ハゲてしまいます。

また逆に髪の毛が伸びるために必要な、タンパク質、ビタミンAやビタミンE、亜鉛などが不足してもハゲてしまいます。

タバコに含まれるニコチンによって毛細血管は収縮します。

すると身体はストレス感じた時と同じ環境になるため、ハゲてしまいます。

さらにそれだけではなく、同じくタバコに含まれる一酸化炭素は血液の酸素運搬活動を邪魔しますので、毛母細胞は酸欠になって機能不全に陥り、やはりハゲてしまいます。

市販のシャンプーの多くは洗浄力を高めるために「高級アルコール洗剤」を配合しています。

それは汚れも落としますが、頭皮の皮脂も必要以上に落としてしまいます

それによって乾燥しすぎた頭皮の状態を脳が察知すると、それを解消するために皮脂の分泌を増やす指令を出します。

その分泌は適度なレベルで止まらないため、返って皮脂の過剰分泌を招き、余った皮脂が毛穴に詰まって、毛母細胞の機能不全を起こし、ハゲを生み出すのです。

また香りが強いシャンプーや、洗い上がりに髪のツヤが増すような特徴のシャンプーは、それだけ強い成分が入っていますから、それが毛根を傷めて、これもハゲの原因になります。

頭皮を清潔にしようとして、強い力でゴシゴシ洗いをするとが頭皮の血管が炎症を起こし、血行が悪化して、結果的に毛母細胞が栄養失調になり、ハゲてしまいます。

また日に何回も洗うような頻度の多い洗髪によっても、頭皮の皮脂が奪われるため、皮脂の過剰分泌を招いてハゲてしまいます。

洗髪の後に、髪の毛を十分に乾かさないと、頭皮が蒸れてしまい菌の格好の温床になります。

その菌は毛穴の中で繁殖し、炎症を起こし、毛母細胞を機能不全にしてハゲさせてしまいます。

また逆に早く乾かそうと高温のドライヤーを当てても、頭皮が乾燥しすぎて皮脂の過剰分泌を招き、それもやはりハゲの原因になります。

適度なヘッドマッサージは血行促進になりますが、強い力でもんだり、あるいは一時期流行ったようにブラシでトントンと頭皮をたたくようなマッサージは、毛細血管を傷つけ血行不良をもたらします

さらには皮膚が傷つきそれを修復するためにできた表皮細胞がフケとなって毛穴に詰まることもあるので、毛穴が炎症を起こし、毛母細胞が機能不全になり、ハゲの原因となります。

ポニーテール、ひっつめ髪、強く髪の毛を引っ張るオールバックなどの髪型は、その引っ張られている部分の毛根を傷めるのでハゲの原因になります

基本は引っ張られている部分がハゲるのでつむじはげにはなりませんが、しかし引っ張っていない部分も含めてハゲてしまう場合も多いのです。

帽子やヘルメットを長時間着用し続けると、頭皮が蒸れてきます。

すると洗髪後にぬれた髪のままでいるのと同じように、雑菌が繁殖してハゲてしまいます。

さらに、おしゃれのためにわざと小さいサイズの帽子をかぶっていると、頭皮の血行を悪化させるのでこれもハゲの原因になります。

だからと言って帽子をかぶらないで外出し、直射日光を頭皮に長い間浴び続けると、その中の紫外線が表皮を通り抜けて毛母細胞などを傷つけ、それによってハゲてしまいます。

さらには、紫外線の刺激から表皮を守ろうとする作用が生じ、表皮が分厚くなり、それが大きな欠片のフケになって毛穴に詰まり、炎症を起こしてハゲになるケースもあります。

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

つむじとハゲの違い

以上のようにさまざまな原因でつむじはハゲる危険性にさらされています。

ですので何とか予防したいところですが、問題は冒頭でも書いたようにつむじとハゲの区別がつきにくい点です。

それについて、見分け方とつむじはげの兆候の察し方をご紹介します。

まずつむじが普通の状態で、ハゲではない場合は以下のような点で見分けられます。

  • つむじ周りの髪のボリュームがほかの部分と同じで頭皮が透けていない
  • 髪の毛の太さは以前と変わっていない
  • 髪の毛にしっかりとしたハリやコシがある
  • 抜け毛が増えていない
  • 頭皮は脂っこくない。

     

    逆に乾燥したり、フケが大量にできたりすることもない。

     

一方でつむじだと思っていてもそれが実はハゲの場合は、以下のような点で見分けられます。

  • つむじ周りの髪のボリュームが以前と比べて少なく、周辺の頭皮が透けて見える
  • 髪の毛が以前と比べて細い
  • 髪の毛にハリやコシがなく、いわゆる「ネコっ毛」のように柔らかい
  • 抜け毛の量が以前と比べて増えた
  • 頭皮がべたつく。

     

    あるいは逆に乾燥してフケが出る

さらに上で示したつむじはげの兆候をセルフチェックできるように、ポイントを詳しくご説明します。

ヘアスタイルを整える時に、うまく頭頂部の髪が立ち上がらなかったり、出かける時や整髪した時には立っていても途中でいつの間にかペタンとなっている場合は髪の毛のボリュームが減っています。

健康な髪の毛でも毎日50~100本程度は抜け毛があります。

しかし、ブラシにつく髪の量や、シャンプーをして風呂から上がるときに排水口にたまる髪の量、あるいは枕カバーにつく髪の毛の量が増えたと感じたら、危ない兆候です。

抜け毛の毛根を確認したときにマッチ棒のように丸く膨らんでいれば正常です。

逆に毛根に向かって細くなっていたり、丸みがあっても形がいびつの場合はAGAの初期症状です。

男性ホルモンがDHTに変化すると、それには皮脂腺を刺激する作用もあるため皮脂の分泌が増えます。

すると、その皮脂を栄養に雑菌が増えるため頭皮がかゆくなります。

それはAGAの兆候です。

また逆に乾燥によって頭頂部赤湯くなる場合もあります。

それもその解消するために皮脂の過剰分泌が起こりますから、いずれハゲてしまう前段階だと言えます。

以上のセルフチェックを行い、該当するようであれば早急につむじはげの防止、あるいは進行を止める対策をとったほうがよいでしょう。

そのための良い対策が、育毛効果の高い育毛剤を使用することです。

具体的なおすすめ育毛剤を以下にご紹介します。

おすすめ育毛剤

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

チャップアップは「育毛剤使用者ランキング」の中の「顧客満足度」「おすすめ育毛剤」「最も期待できる育毛剤」の各部門で1位をとっています。

さらに「AGA関連医師アンケート」という医師による調査でも「満足度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がないまたは少ない育毛剤」の各部門で1位を獲得しています。

つまり、実際に使っているユーザーとAGAの専門家の両方によって3冠に選ばれる、という非常に高い評価を受けている育毛剤です。

さらに、チャップアップは2017年のモンドセレションで金賞を受賞しています。

モンドセレクションとは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康などの分野の商品を、厳正中立な専門家の評価と化学分析、細菌分析、味覚テスト、使用感テストなどを行って、高いレベルだったものを「賞」の形で認証する国際制度です。

ですからそこで金賞を受賞しているということは、世界的にも品質と効果を評価されているということなのです。

チャップアップの製品的な特徴は以下の通りです。

1つは、厚生労働省が定めた「アレルギーなどを引き起こす可能性のある成分102種類を添加していない」という条件をクリアした無添加、無香料の育毛剤だということです。

したがって安全性が非常に高く、皮膚の薄くて弱い頭皮につける育毛剤として安心して使用できます。

肌に合わないことはあり得ますが、薬剤的な副作用はほとんど考えられません。

2つめは「永久保証制度」があるということです。

育毛剤でも化粧品でも、実際には使ってみないと効果はわかりませんし、肌に合わない可能性もあります。

したがって新しい商品を使う場合は躊躇してしまうものですが、チャップアップの場合は、使ってみて効果が出ない時は返品すれば永久的に全額返金してくれます。

なおかつ商品にはその旨を記載した「返金保証書」も添付されます。

したがって、初めての場合でも安心して使えるのです。

このように、チャップアップは安心して使える商品ですが、実際に育毛効果はどうなのかという点について、成分面から検証します。

チャップアップには多くの育毛成分が配合されています。

主なものは以下の通りです。

1つはAGAの根幹原因である乱れたヘアサイクルを正常化させる成分です。

その最も代表的な成分は天然の海藻由来成分のM-034です。

これは5α活性酵素の働きを阻害してDHTが生成されないようにすることで、ヘアサイクルを正常化させます。

またM-034以外でも以下のヘアサイクル正常化成分が配合されています。

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • チョウジエキス
  • ビワ葉エキス

2つめは毛母細胞を活性化させ発毛を促進する成分です。

1つはセンブリエキスです。

センブリエキスには細胞の酸化還元活動を活発化させる作用があります。

酸化還元とは、まさにエネルギー生成のことですから、つまりは「細胞の生命維持活動」です。

したがって、センブリエキスの働きで毛母細胞の生命力が向上し、細胞増殖が活発になり、発毛が促進されるのです。

もう1つはグリチルリチン酸ジカリウムです。

これには「抗糖化」作用というものがあります。

「抗糖化」とは「糖化」を抑制することですが、糖化は糖がタンパク質を固形化する現象です。

砂糖に熱を加え続けるとやがて硬くて黒い固形物になりますが、あれが糖化です。

これは全身の細胞に対して発生しますが、それが起こると生命維持活動が衰えて老化します。

したがって頭部で糖化現象が起こり老化すると、頭皮が固くなってその下の血管が押しつぶされ、血行不良が起こります。

するとここまで何度も説明してきたように、毛母細胞は栄養失調状態になって機能不全に陥るのでハゲにつながります。

グリチルリチン酸ジカリウムの「抗糖化」作用はそれを防ぐのです。

3つめは血流を改善する成分です。

血行不良はハゲの原因ですから、それを防ぐための成分がチャップアップにはさまざま配合されています。

具体的には以下のものです。

  • ジフェンヒドラミンHC
  • ニンジンエキス
  • チンピエキス
  • ゴボウエキス
  • ローズマリーエキス

4つめは頭皮環境を整える成分です。

畑によい球根を植えても、畑自体が乾いた養分の少ない土地の場合、植物は十分に生育しません。

髪の毛も同様に、毛母細胞への栄養補給だけではなく、頭皮環境を整えることが発毛促進には重要なのです。

そのための成分として以下が配合されています。

  • 頭皮の柔軟化:ウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキス
  • 頭皮の保湿:サクラ葉抽出液、マツエキス、イチョウエキスなど17種類
  • 皮脂の適性分泌:ダイズエキス、オドリコソウエキス、ドクダミエキス
  • 頭皮環境を整備:オレンジ、スターフルーツ、キウイなどスーパーフルーツ成分が11種類
  • 頭皮下血管の血行促進:冬虫夏草、ヘマチン、トマト

プランテルEX

★なんと13,800円→9,700円!!
★最高濃度のリデンシルが5%も配合!
★特許出願成分のペブプロミンaを配合!

_

O字ハゲユーザーではなくM字ハゲユーザーに対するメーカー調査ですが、リニューアルされる前のプランテルはM字ハゲの改善実感率が99%でした。

つまり使用したほとんどの人がM字ハゲが改善したと回答しているのです。

M字ハゲもO字ハゲ、つまりつむじはげも根幹原因は同じですですから、したがってつむじはげにおいても同等の効果があると判断できます。

その効果によって、プランテルはM字ハゲユーザーからNO1の支持率を獲得してます。

そんなプランテルからプランテルEXにリニューアルしました。

プランテルEXは医薬部外品です。

化粧品でも「薬用」と書かれた商品がありますが、あれも医薬部外品のことです。

医薬部外品は、成分的に特に高い効果のものが配合されているということを厚生労働省が認可した育毛剤を含んだ化粧品のことです。

ですからプランテルEXの育毛効果が高いことは国のお墨付きなのです。

またやはりプランテルEXも無香料、防腐剤のパラペンの不使用、皮膚に負担のある鉱物油と合成着色料の不使用というように無添加、無香料の育毛剤です。

したがって肌トラブルを心配せずに使えます。

さらにはプランテルEXには「30日全額返金保証」がついています。

ですからこちらも初めて使用する場合でも安心して選択することができます。

プランテルEXにもチャップアップと同じ育毛成分が配合されています。

以下がその成分です。

  • ヘアサイクルを正常化させるM-034
  • DHT生成抑制によってヘアサイクルを正常化させるヒオウギエキス
  • 毛母細胞の活動を活発化させるセンブリエキス
  • 頭皮の老化を「抗糖化」作用で抑制するグリチルリチン酸ジカリウム

このほかにプランテルEX独自の成分も多数配合されています。

1つは血行を促進するセファランチンという成分です。

これは末梢血管を拡張する働きがあるので、血行が促進され、栄養十分になった毛母細胞が活発に発毛することを促進する成分です。

2つめは冬菩提樹から抽出されるシナノキエキスです。

これには優れた保湿効果があり、頭皮を柔軟にしてくれます。

それによってここでも血行が促進され、育毛効果がアップします。

3つめは皮脂の過剰分泌を抑制するビタミンB5です。

この働きで毛穴に皮脂が詰まって炎症は起こることとそれによる毛母細胞の機能不全を防げます。

4つめには頭皮で雑菌を繁殖させない抗菌作用に優れたヒキオコシエキスも配合されています。

以上のような成分の総合的な作用でプランテルEXでは高い育毛効果が実現されているのです。

イクオス(IQOS)

★使用者の78%が3ヶ月以内に効果を実感
【お得な購入方法】
・定期コース→5,980円
・育毛剤+サプリ付き→6,980円

_

イクオスも2017年度のモンドセレクションで、特に優秀な製品に贈られる金賞を受賞しています。

これも国際的な権威によって優秀性を保証された、ということです。

イクオスの最大の特徴は非常に即効性があることです。

一般的な育毛剤は、効果が高い商品でも実感が得られるのには最短で3ヶ月、平均で6ヶ月以上連用する必要があります。

しかしイクオスの場合は、第3者機関による公平な発毛促進実験で「78%の被験者が3ヶ月以内に発毛促進を実感した」という結果が出ています。

3ヶ月「以内」でということはそれよりも短期間で育毛効果を実感している被験者もいたはずですから、まさに医薬品並みの破格の即効性です。

またイクオスも厚生労働省によって高い効果を認証されている医薬部外品であり、なおかつ安心して使用できる無添加、無香料、無着色の商品です。

さらには「45日間返金保証」という通常よりは長期間の返金保証がありますから、この点でも新規ユーザーでも安心して使用することができます。

イクオスの特徴は即効性だけではなく、それを担保する独自成分が配合されている点です。

その代表的な成分はAlgas-2といって、先ほど説明したM-034と、フランスブルターニュ地方で採れる海藻由来成分のペルベチアカナリクラタの調合成分です。

M-034は他社でも使用しているヘアサイクル正常化成分ですが、ペルベチアカナリクラタはイクオス独自の新規成分です。

それは、フランスのブレア諸島沿岸の波の荒い岩場のやっと波しぶきが飛んでくるような場所で生育する海藻です。

過酷な環境でもしっかり育つ生命力があるので奇跡の海藻と呼ばれています。

その生命力はわずかな波しぶきから水分や養分を残らず吸収できるために具現化されていて、それは非常に高い保水力という形で現れています。

したがって、これを頭皮に塗ると頭皮は潤い、柔軟化され、それによって血行が促進されて、毛母細胞の活動が活性化されて発毛が促進されるのです。

このダブルの効果があるAlgas-2によって、破格の即効性が実現されていると言えるでしょう。

またペルベチアカナリクラタにはイソフラボンも豊富に含まれています。

イソフラボンには強い抗酸化力、つまり細胞の老化を食い止める作用があるので、毛母細胞を元気にし発毛効果をさらに高めるのです。

さらに独自成分としては、頭皮の環境を整えるジフェンヒドラミンHCIも配合されています。

これは皮膚の炎症の原因であるヒスタミンの分泌を抑えるので、頭皮環境が整い、発毛しやすい状態にします。

ほかにも、他社でも使用している以下の成分を同じく配合し、トータルでの育毛効果を高めています。

  • 毛根を活性化させるセンブリエキス
  • 抗糖化効果のあるグリチルリチン酸ジカリウム

まとめ

いかがでしたか。

つむじのはげは非常に自覚がしにくく、早期の対応が難しい抜け毛現象です。

気づいた時には、かなり悪化していて、人前でお辞儀ができないといったような頭髪状態になってしまっていることも多々あります。

この8割はAGA原因のO字ハゲだと言っていいでしょうか。

そのような状態になることを防ぐためには、まずつむじはげの兆候に注意を払って見逃さないことと、それを察知したらすぐに悪い生活環境などのつむじはげの原因となることをすべ取り除くこと、そして効果的な育毛剤を用いて発毛作用を回復させることです。

以上のご紹介はそのための徹底解説でしたから、これをしっかり実行すれば、いつでも堂々とお辞儀ができる頭髪を維持することができるはずです。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_