ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> AGAはオーダーメイド治療で改善できる?AGAの原因と治療法!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

AGAはオーダーメイド治療で改善できる?AGAの原因と治療法!



AGAはオーダーメイド治療で改善できる?AGAの原因と治療法!世の多くの男性を悩ませているAGA(男性型脱毛症)ですが、AGAを専門としているクリニックでは、最近オーダーメイド治療を取り入れているところが増えてきています。

では、AGA治療の際におこなわれるオーダーメイド治療には、どのような特徴があるのでしょうか。

抜け毛の原因などとあわせて紹介していきたいと思います。

オーダーメイド治療とは

頭チェックの画像

AGAに対して、どのようにオーダーメイド治療がおこなわれるのかについて解説する前に、そもそもオーダーメイド治療とはどのようなものなのかについて知っておきましょう。

オーダーメイド治療とは、その名前からも分かるように個別化医療のことをいいます。

個別化医療とは、その人その人に合った医療を提供する、といったことを意味します。

オーダーメイド治療は、その他にもカスタムメイド医療や、テーラーメイド医療などと呼ばれることがあります。

これまでの医療現場では、患者さん個々人を見るというよりは、病変や症状を見るということがおこなわれてきました。

ところが、同じような治療を施しても、症状が改善する人と改善しない人がいます。

なぜそのようなことが起こるのかというと、人によって遺伝子情報 は異なっており、同じ医薬品を用いたとしても、身体がどのように反応するかが異なるからです。

そのことから、患者さん個々人に合った治療法を提供することが重要だと考えられるようになってきているのです。

では、AGAに対するオーダーメイド治療はどのようにおこなわれるのでしょうか。

AGAについて解説した上で紹介したいと思います。

AGAとは、英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、日本語にすると「男性型脱毛症」ということになります。

男性型脱毛症というと、壮年期や中年期以降に見られるというイメージを持っていらっしゃる方もいると思いますが、実際には20代の人にも見られます。

日本皮膚科学会の策定する「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症は「思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛症」と定義されています。

このことからも分かるように、10代後半や20代の人であっても、男性型脱毛症を発症する可能性があるのです。

男性型脱毛症の原因については、後ほど詳しく紹介したいと思います。

最近は、AGAを専門としているクリニックの中で、オーダーメイド治療を始めているところもあります。

では、AGA治療の現場では、どのようなオーダーメイド治療がおこなわれるのでしょうか。

AGAに対するオーダーメイド治療は、基本的にどのような医薬品が患者さんに合っているのか、変化を見守りながら投与するといったことがおこなわれます。

内服タイプの医薬品を服用することもあれば、毛髪再生メソセラピーと言って、髪の毛の成長に必要な成分を、頭皮に直接注射するような方法もあります。

オーダーメイド治療のメリット

頭チェックの画像

それでは次に、オーダーメイド治療にはどのようなメリットがあるのかについて見ていきたいと思います。

これまでの医療とはどんな違いがあるのでしょうか。

オーダーメイド治療のメリットとしては、その人その人に合った医療を提供することが可能だということがあげられます。

例えばうつ病の治療を例にあげると、これまでの医療では、その人に合った医薬品が見つかるまで、何度も何度も処方箋を書きかえるということがおこなわれてきました。

実際、うつ病の治療にあたって抗うつ薬を処方した場合、効果があるのは3人に1人程度だということです。

そのため何度も薬を変える必要がある訳です。

そこでオーダーメイド治療をおこなうことにより効果的な治療ができるのです。

ではなぜ人によって治療薬に対する反応が異なるのでしょうか。

それは人によって遺伝子の特性が異なるからです。

実際に、うつ病の治療現場では、「ファーマコゲノミクス」といって、遺伝子の特性に応じた薬の作用の違いが研究されています。

AGAの現場でも、遺伝子情報に基づいた治療をおこなっているところがあります。

実際、AGAの原因として遺伝があげられることもあります。

今後の医学の発展にともなって、より効果的にAGAを改善できる時代が来るのかもしれません。

人間の身体はその人その人によって遺伝子情報が異なっており、代謝によってどのような分子が早く産生されるのか、もしくは遅く産生されるのかが異なっています。

また、細胞と細胞との間を取り持つタンパク質に関しても、個々人で異なっています。

オーダーメイド治療ではその点に注目し、どのような治療法がもっとも効果的なのかをシミュレーションすることが可能となるのです。

オーダーメイド治療のメリットとしては、病変の管理が可能だということがあげられます。

どういうことかというと、症状変化が目に見えて現れていなくても、医薬品の効果があるかどうかが分かるということです。

病気の進行が遅いタイプの疾患に用いられる医薬品は、その効果を確証するのにも時間がかかります。

病変が現れるのに時間がかかるため、薬が効いているかどうかが分からない訳です。

ところが、細胞と細胞との間を取り持つタンパク質の変化を見ることによって、その医薬品が効いているのかどうかが分かるようになるのです。

オーダーメイド治療可能なクリニック

オーダーメイド治療にはさまざまなメリットがあり、これからいろんな分野でおこなわれることとなるでしょう。

まさに最先端の医療と言えますが、AGAに関してはどこでオーダーメイド治療をおこなっているのでしょうか。

代表的な2院を紹介したいと思います。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

AGAスキンクリニックは、全国50院を展開している、AGAクリニック最大手の1つです。

その豊富な臨床経験から、個々人に合ったさまざまな治療法を提案しています。

特徴

AGAスキンクリニックでは、オリジナルのAGA治療薬である「Rebirtd(リバース)」を用いて、AGAのオーダーメイド治療をおこなっています。

Rebirtdには、日本皮膚科学会お墨付きのフィナステリドとミノキシジルがバランスよく配合されており、また髪の毛の成長や頭皮環境の改善効果のあるアミノ酸も含有されています。

AGAスキンクリニックでは、その人その人の髪の毛の状態や頭皮環境に合った治療法がおこなわれるため、半年以上治療をおこなった人のなんと99.4%が、発毛効果を実感しているということです。

AGAに対するオーダーメイド治療をおこなっているクリニックとしては、最近になって人気が上昇中のウィルAGAクリニックもあります。

では、ウィルAGAクリニックにはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴

ウィルAGAクリニックは、2017年の4月にオープンしたばかりの、とてもきれいで、患者さんのプライバシーに配慮したAGAクリニックです。

発毛満足度が99%という、顧客満足度がとても高いAGAクリニックでもあります。

AGAだけでなく、女性の薄毛(FAGA:女性男性型脱毛症)の治療も行っており、99.6%の発毛実績があるということです。

発毛満足度が99.6%と、とても高いのには理由があります。

それは、ウィルAGAクリニックならではのオーダーメイド治療をおこなっているからです。

ウィルAGAクリニックでは、日本皮膚科学会が推奨している最高ランクのAGA治療薬であるフィナステリドとミノキシジルを、その人その人に合ったバランスで配合し、処方しています。

また、フィナステリドやミノキシジルだけでなく、髪の毛の成長や頭皮環境の改善にとって重要な役割を果たす、亜鉛やビタミンなども、オーダーメイド治療薬に配合されているということです。

さらに、ウィルAGAクリニックでは、半年以上治療しても何ら効果が実感できなかった場合、治療費を全額返還しています。

治療効果によほど自信があるから、このようなことが可能なのですね。

■厳選AGA調べ■
  特徴 治療法 値段
AGAスキンクリニック ・豊富な臨床例 ・オリジナル発毛薬 基本治療25,000円
ウィルAGAクリニック ・プライバシーに配慮 ・オーダーメイド治療薬 基本治療25,000円

AGAの原因

男の悩みの画像

AGAに対するオーダーメイド治療に関しては、おおよそのことが分かって頂けたのではないでしょうか。

では、そもそもなぜAGAを発症してしまうのでしょう。

オーダーメイド治療も重要ですが、AGAの原因を知ることも同じく重要ですよ。

AGAの原因としては、遺伝があげられています。

親御さんが薄毛の場合、自分も薄毛になってしまうのではないかと心配な人もいらっしゃることと思います。

ただ、薄毛というと遺伝というイメージが先行しがちですが、実際に遺伝が原因となってハゲてしまうのは、全体の4分の1程度だということです。

遺伝によって薄毛になってしまう理由としては、5α-リダクターゼの分泌量と、アンドロゲンレセプターの感受性があげられています。

では、それぞれについて見ていきたいと思います。

5α-リダクターゼは、男性型脱毛症を語る上で外せないファクターです。

男性型脱毛症が起こるのは、男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変わることが要因となっています。

ジヒドロテストステロンは、アンドロゲンレセプターと結びつくことによって、有害なサイトカインの一種である「TGF-β」を産生します。

TGF-βは「退行期誘発因子」と呼ばれており、健全な毛髪の成長を阻害し、抜け落ちる時期を早めてしまうのです。

髪の毛にはヘアサイクルと言って、毛髪が生えてから抜け落ちるまでの周期があります。

一般的には、4年から7年サイクルで、髪の毛が生えたり抜けたりするといわれています。

ヘアサイクルは髪の毛1本1本異なっているため、一斉に髪の毛が抜けおちるようなことはありません。

また、ヘアサイクルが正常に回っていれば、薄毛が目立つようなこともありません。

ヘアサイクルの85%から90%は髪の毛の「成長期」にあたっており、その後、「退行期」を経て「休止期」を迎え、やがて抜け落ちることとなります。

ただ、ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛が抜けおちた毛根からは、すでに新しい髪の毛が生えてきています。

ところが、TGF-βが産生されると、髪の毛の成長期が短くなり、早い段階で抜け落ちてしまうのです。

そのため、毛根からは新しい髪の毛がまだ生えてこないこととなります。

そのような毛根が増えることによって、徐々に薄毛が進行していくという訳なのです。

5α-リダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化する際の触媒としての働きをします。

遺伝的に5α-リダクターゼの分泌が活発な人は、薄毛になる可能性が高くなるという訳なのです。

また、5α-リダクターゼには、1型の5α-リダクターゼと2型の5α-リダクターゼの2種類があるということです。

中でも2型の5α-リダクターゼは、前頭部や頭頂部の毛包に多く分布しているとされています。

つまり、2型の5α-リダクターゼがM字ハゲやO字ハゲの原因となっているのです。

そのため、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドやデュタステリドを用いて、2型の5α-リダクターゼの働きを阻害するという治療がおこなわれるのです。

テストステロンがより強力になった男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と結びつくことによって、有害なサイトカインの一種であるTGF-βを産生するということでした。

そして、アンドロゲンレセプターは、人によって感受性が異なるということです。

アンドロゲンレセプターの感受性がよい人ほど、ジヒドロテストステロンに反応しやすくなり、AGAになるリスクが高まるのです。

生物の授業で習った方もいらっしゃると思いますが、男性は父親からY染色体を受け継ぎ、母親からX染色体を受け継いで生まれてきます。

そして、アンドロゲンレセプターの感受性を決定づけるのは、X染色体だということです。

そのため、アンドロゲンレセプターの感受性が高いことによって薄毛になるのは、母方の血だと言えるのです。

AGAの原因としては、生活習慣もあげられます。

髪の毛や頭皮にとって好ましくない生活習慣を送っていると、AGAになるリスクが高くなってしまいます。

先ほども紹介したように、遺伝が原因となってAGAを発症するのは、薄毛全体の4分の1程度だということでした。

つまり、4人に3人は、遺伝以外の要因でAGAを発症することとなるのです。

AGAのリスクを高める生活習慣としては、疲労や睡眠不足、栄養バランスの偏った食事や運動習慣など、さまざまなことが考えられます。

ストレスは万病の元といわれますが、AGAにとってもストレスは大敵です。

では、ストレスがたまることによって、身体や頭皮にどのような影響が現れるのでしょうか。

ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れるとされています。

自律神経とは、私たちが特に意識をしなくても、勝手に働いてくれる神経のことをいいます。

たとえば、「5秒だけでいいから心臓を止めてみてください」といわれてもできませんよね。

なぜなら、心臓をはじめとする内臓諸器官は、自律神経によって制御されているからです。

血液を全身に送ったり血圧を調整したり、食べたものの消化や吸収をおこなったり、細胞分裂を促したりといったことは、すべて自律神経の働きによっておこなわれているのです。

いわば、私たちの生命活動が自律神経によって律されていることとなります。

その自律神経のバランスが乱れると、心身にさまざまな悪影響を及ぼすこととなるのです。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つで成り立っており、その両者がバランスを取ることで、安定した生命活動が維持されることとなります。

ところが、ストレス状態が継続すると、交感神経優位の状態が続いてしまいます。

例えるなら、車のアクセルを踏みっぱなしにしているような状態です。

交感神経が優位になると、血管が収縮して血行が悪くなります。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血行が悪くなった場所には、栄養状態の低下がみられることとなります。

仮に頭皮への血行が悪くなったとすると、頭皮の栄養状態が低下することとなります。

頭皮の栄養状態が低下するとヘアサイクルに異常をきたし、結果としてAGAを発症するリスクが高くなります。

また、交感神経優位状態が継続すると、夜になってもアクセルを踏みっぱなしの状態になってしまいます。

そうなると、睡眠の質が低下することとなります。

私たちの体内では、夜寝ている間に細胞分裂が活発になり、修復や再生が進んでいます。

髪の毛の成長も毛母細胞の分裂によって起こるので、睡眠不足になると頭皮環境も悪化することとなります。

現代はストレス社会といわれており、多くの人がストレスによって心身に不調を抱えています。

自律神経失調症の人やうつ病の人が、年々増えているのがその証拠といえます。

生きている以上、ストレスと全く無縁でいることはできませんし、まじめな人や几帳面な人、完璧主義な人ほどストレスの影響を受けやすくなってしまいます。

そのような人は、なるべくリラックスすることを心がけましょう。

好きなことに没頭するのもいいですし、お風呂にゆっくりと浸かってリラックスするのもよいでしょう。

交感神経優位状態が続くと、脳内の神経伝達物質の一種であるセロトニンの分泌量が減少するとされています。

セロトニンには、簡単に言うと神経を鎮静化させる働きがあります。

つまり、セロトニンの分泌量が増えれば、リラックスすることが可能になるという訳です、そのためには、早寝早起きをするといいそうですよ。

普段、寝不足が続いているからと言って、休みの日寝坊するというのは逆効果です。

休みの日こそ早く起きて、早く寝るようにするとよいでしょう。

AGAを発症する原因としては、誤った洗髪習慣もあげられます。

たとえば、シャンプーが自分の肌に合っていなかったり、必要以上にシャンプーで髪の毛を洗ったりといったことがあげられます。

また、男性の場合に多いのが、ドライヤーを使わないことによってAGAになるリスクが高くなるというケースです。

髪の毛を自然乾燥させていると、髪の毛自体も切れやすくなりますし、頭皮の雑菌が繁殖しやすくなります。

可能であれば、シャンプーは天然由来のものや育毛用のシャンプーにしましょう。

その上で、頭皮をやさしく洗って、洗髪後はドライヤーで乾かすようにしましょう。

まとめ

サングラスの男の画像

AGAに対するオーダーメイド治療について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

AGAに限らず、さまざまな医療分野で、オーダーメイド治療は新たな治療法として期待されています。

AGAに関して言うと、その人に合った治療薬や治療法が提案されることとなります。

AGAになる原因は実にさまざまで、遺伝が原因のこともあれば、生活習慣が原因のこともあります。

また、ストレスによってAGAになることもあれば、誤った洗髪習慣によってAGAになることもあります。

つまり、最初にすべきことは、AGAになってしまう原因を究明することです。

そのためには、オーダーメイド治療をおこなっているAGAクリニックを受診し、なぜAGAになっているのかを調べてもらうことが重要です。

その上で、自分に合ったAGA治療法を提案してもらうとよいでしょう。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_