ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 八重洲でAGA治療をするならここ!AGAの原因と治療法!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
八重洲でAGA治療をするならここ!AGAの原因と治療法!


多くの男性を悩ませるAGAですが、そもそもなぜになってしまうのでしょう。今回の記事では、AGAになってしまう原因や治療法について解説するとともに、八重洲にあるAGAを専門としているクリニックを厳選して3院紹介したいと思います。

 

 

 AGAとは

AGAの画像

 

AGAは、日本語でいうと「男性型脱毛症」となります。AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとったもので、「Androgenetic 」には、男性ホルモン性という意味があり。「Alopecia」には、脱毛症という意味があります。

 

つまり、男性ホルモンに起因する脱毛症がAGAだということです。 日本皮膚科学会の発行する「男性型脱毛症診療のガイドライン」によると、男性型脱毛症は「思春期以降に発症し、徐々に進行していく」脱毛症であると定義されています。

 

 

AGAの特徴としては、進行性であることがあげられます。そのため、いったん発症してしまった場合、放置してしまうと、AGAはどんどん進行していってしまいます。

 

AGAの特徴としては、不可逆性であるということもあげられます。不可逆性とは少し難しい方ですが、簡単に言うと、時間をさかのぼることはできないということを意味します。

 

「時間をさかのぼることができないなんて、なにをあたり前のことを」と思われるかもしれませんが、AGAの治療をおこなう際には重要なことなので、ぜひ覚えておいてください。

 

たとえば、AGAの治療を30歳のときに開始したとします。そして、ある程度効果が現れたので、35歳でAGAの治療をやめたとします。すると、また抜け毛の量が増えてきます。

 

ここで重要なのが、AGAの治療をやめて抜け毛が増えた場合、30歳のときの毛髪の状態に戻る訳ではないということです。治療をやめた時点の、35歳のときの毛髪の状態になるのです。

 

ちょっと分かりにくいかもしれないのでもう少し噛み砕いていうなら、AGAの治療をやめた場合、そもそもAGAの治療をおこなっていなかったときの35歳の毛髪の状態にいずれはなってしまうということです。つまり、治療した分が「チャラ」になってしまうという訳なのです。

 

AGAの治療はあくまでも、その年齢における理想的な毛髪の状態にすることです。魔法のように髪の毛が無尽蔵に生えてくるわけではありませんし、治療をやめるとまた抜け毛が増え始めます。

 

AGAの特徴としては、局所がはげあがっていくということもあげられます。これは、女性にはあまりみられない現象です。女性の場合、髪の毛全体のボリュームが低下したり、地肌が目立ったりという抜け毛の仕方をします。

 

一方、男性の方はいわゆる「M字ハゲ」や「O字ハゲ」「U字ハゲ」といった、局所がはげあがるといった抜け毛の仕方をします(ただし、円形脱毛症の場合は女性であってもはげあがることがあります)。

 

なぜ局所がはげあがるといった抜け毛の仕方をするのかについては、後述するAGAの原因の項で詳しく説明したいと思います。  AGAの特徴についてはご理解頂けたことと思います。では、なぜAGAになってしまうのでしょうか。原因としては、以下のようなことがあげられています。

 

遺伝

AGAになる原因としては、遺伝的要因がその1つにあげられています。中でも、5αリダクターゼの分泌に関する遺伝子と、アンドロゲンレセプターの感受性に関する遺伝子が重要視されています。

 

5αリダクターゼは5α還元酵素ともいわれており、男性ホルモンである「テストステロン」が、より強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」へと変化する際に、触媒としての働きをすることで知られています。

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの受容器であるアンドロゲンレセプターと結びつくことで、有害なサイトカインの一種である「TGF-β」を産生します。 TGF-βは「退行期誘発因子」とも呼ばれており、髪の毛の正常な成長を阻害し、髪の毛が抜けおちる時期を早めてしまいます。これに関しては、後ほど詳しく説明したいと思います。

 

5αリダクターゼには、1型の5αリダクターゼと2型の5αリダクターゼの2種類があり、1型の5αリダクターゼは、皮膚の内部にある皮脂腺に多く存在することが分かっています。そのため、1型の5αリダクターゼの分泌量が多い場合、皮脂がたくさん分泌されて、脂ぎった肌になってしまうのです。

 

一方、2型の5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在しているとされています。特に、前頭部や頭頂部といった場所に2型の5αリダクターゼは多く存在するため、2型の5αリダクターゼの分泌量が多い場合、いわゆるM字ハゲやO字ハゲになるリスクが高くなるのです。

 

そして、遺伝的に5αリダクターゼが活発に働くタイプの遺伝子を持っている人がおり、そのような人は、AGAを発症するリスクが高くなってしまうのです。

 

遺伝によるAGAのもう1つのリスクファクターとして、アンドロゲンレセプターの感受性が高いということもあげられています。アンドロゲンレセプターとは、男性ホルモンであるアンドロゲンを受け取る器のことを言います。

 

アンドロゲンレセプターが、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを受け取ると、先にも述べたように有害なサイトカインであるTGF-βを産生します。それが抜け毛の原因となってしまうのです。 アンドロゲンレセプターの感受性も遺伝によって受け継がれると考えられています。

 

特に母親が、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子を持っていた場合、子供がAGAを発症しやすくなると考えられています。 男の子は父親からY染色体を、母親からX染色体を受け取って生まれてきますが、アンドロゲンレセプターの感受性をつかさどる染色体はX染色体であるとされているからです。

 

そのため、母方にAGAの人がいる場合、隔世遺伝でAGAになってしまう可能性が高くなるのです。 とは言うものの、父親や祖父がAGAであるからと言って、自分が必ずAGAになる訳ではありません。

 

薄毛全体で見た場合、遺伝によってAGAになる確率はおよそ25%程度とされています。 この確率に関して高いと思うか低いと思うかは人それぞれだと思いますが、AGAになる人のうち、4人に3人は遺伝以外が原因となっているということです。

 

AGAになる原因としては、ヘアサイクルの乱れもあげられています。ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの期間のことを言います。 一般的にヘアサイクルは4年から6年周期で繰り返されるとされており、ヘアサイクルの大部分(85%から90%)を髪の毛の「成長期」が占めているとされます。

 

成長期を終えると次に髪の毛の「退行期」を迎え、抜け落ちるまでの「休止期」を迎えることとなります。ヘアサイクルが正常にめぐっていれば、髪の毛が抜けおちる頃には、すでに新しい髪の毛が生えてきています。 そして、新しい髪の毛に押し出されるようにして、休止期を迎えた髪の毛が抜けおちるのです。

 

このサイクルが守られていれば、AGAになるリスクは低いといえます。 ところが、何らかの原因によってヘアサイクルが乱れることで、AGAになるリスクが高くなります。たとえば、先に紹介したTGF-βによってヘアサイクルが乱れると、AGAを発症する可能性が高くなります。

 

TGF-βが「退行期誘発因子」であるということは先述したとおりです。TGF-βはその名の通り、髪の毛の退行期を早く迎えさせる働きを持っているのです。 退行期を早く迎えてしまうと、新しい髪の毛がまだ生えてきていないのに休止期を迎え、抜け落ちてしまうこととなります。

 

そのような毛根が増えることによって、AGAが徐々に、かつ、確実に進行していってしまうのです。

 

AGAを発生する原因については分かりましたが、実際にAGAを発症してしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか。また、おすすめの治療法についても紹介したいと思います。

 

AGAの治療は、一般的にAGA治療薬を用いておこなうのが一般的です。AGAの治療をおこなう際、一般的にはフィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルを配合した医薬品を用いるのが一般的です。 フィナステリドとデュタステリド、ミノキシジルは厚生労働省によって発毛効果があると認可されている医薬品です。

 

現在のところ、日本ではこの3つのみが正式に認可されています。 フィナステリドとデュタステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあります。それによって、ヘアサイクルを正常化させ、髪の毛が生えてくる環境を整えてくれるのです。

 

ミノキシジルには血管を拡張する働きがあるため、頭皮に塗布することで頭皮の血行を良くし、頭皮環境を改善することが可能となるのです。言ってみれば、畑に肥料を蒔くようなものです。

 

AGAを発症すると基本的に、AGA治療薬を服用したり、塗布したりすることで改善を目指します。ただ、医薬品には必ず副作用があります。そのため、専門医の指導下で治療をおこなうことが重要です。 安価なAGA治療薬をネットで購入することも可能ですが、副作用が起こったとしても自己責任となってしまいます。

 

また、薬が自分の体質に合っているかどうかも分かりません。安全面を考慮すると、やはりAGAクリニックを受診するのが賢明だといえそうです。

 

 

 八重洲でAGA治療するならここ

AGAの画像

 

AGAの治療は、やはりAGAを専門とする医師の常駐している、AGAクリニックでおこなうのが一番だということでした。では、八重洲でAGA治療をおこなう場合、どのようなAGAクリニックがあるのでしょう。特におすすめの3院を紹介しておきたいと思います。

 

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ              

 

AGAINメディカルクリニックは、JR私鉄各路線の東京駅八重洲北口からわずか徒歩1分のところにある、とてもアクセスのよいAGA治療院です。では、AGAINメディカルクリニックには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

特徴

AGAINメディカルクリニックでは、オリジナルのオーダーメイド治療をおこなっています。なぜなら、AGAになってしまう原因は人によってさまざまなので、その人その人に合った治療法を選択する必要があるからです。 AGAは、先にも説明したように、思春期以降に発症する脱毛症です。

 

そのため、若い人でもAGAになってしまう恐れがあるのです。そこで、AGAINメディカルクリニックでは、特に20代から30代の人を重点的に、AGAの治療をおこなっています。 AGAの治療は原則として保険が利かないため、自由診療(全額自己負担)となります。

 

しかも、AGAの治療には時間がかかるものです。そのため、費用面で心配だという方もいらっしゃることと思います。 その点でも、AGAINメディカルクリニックはクライアントさんへの配慮を忘れていません。AGAINメディカルクリニックでは、治療に必要な行為以外、一切の無駄なことをおこなっていません。

 

物品の販売もおこなっていませんし、頭皮のマッサージ行為もおこなっていません。そのため、AGAの治療以外でお金がかかる心配をしなくてよいのです。

 

AGAINメディカルクリニックでは、一般的なAGA治療薬による発毛促進おこなっていますが、最先端かつ、AGAINメディカルクリニック独自の毛髪再生メソセラピーもおこなっています。 毛髪再生メソセラピーとは、グロースファクターと呼ばれる「毛髪成長因子」を、頭皮の皮下に注入する治療法です。

 

特別な極細針を用いた上で、頭皮を冷却して注入するため、ほとんど痛みを感じることがありません。 AGAINメソセラピーに用いられるグロースファクターには、厚生労働省によって発毛効果の認められているミノキシジルが配合されており、血管を拡張して頭皮環境を改善する働きが期待されています。

 

また、インスリン様成長因子や線維芽細胞成長因子、血管内皮成長因子も配合されており、毛髪を強く育て、毛包を活性化させ、毛母細胞の分裂を促進することが可能となっています。

 

他にも、頭皮環境を整えたり髪の毛を成長させたりする際に有効なヒアルロン酸や、コエンザイムQ10、網ペプチドやさまざまなビタミンを配合しています。 あと、AGAINメディカルクリニックでは、AGA治療薬によるAGAの治療もおこなっています。

 

AGA治療薬の先駆けであるプロペシアのほか、AGAINメディカルクリニックオリジナルの治療薬もあります。

 

費用

AGAINメディカルクリニック独自の治療法である、「AGAINメソセラピー」は、1回につき60,000円となっています。また、AGAINメディカルクリニックでは、一般的なAGA治療薬による治療もおこなっています。

 

代表的なAGA治療薬であるプロペシアに関しては、業界内でも最安値の4,200円(1ヶ月当たり)で処方をおこなっています(初回のみ、2回目以降は7,000円)。

 

また、AGAINメディカルクリニックオリジナルの治療薬もあり(ミノキシジル+フィナステリド+ビタミン類)、そちらの方は1ヶ月当たり20,000円となっています。 カウンセリングは無料となっており、初診料は5,000円です。

 

また、AGA治療薬を用いる際には、身体の状況をチェックしておく必要があるため、初回に血液検査をおこないます。血液検査料は10,000円となっています。 ただし、20代の人と30代の人に関しては、初診料も無料なら、血液検査料も無料となっています。

 

AGAINメディカルクリニックの詳細はこちら

 

八重洲のぞみクリニックは、東京駅の八重洲中央口から八重洲通りに向かった徒歩2分の場所にあります。地下鉄銀座線の「日本橋駅」や「京橋駅」からも徒歩3分という好立地にあります。

 

特徴

八重洲のぞみクリニックでは、AGAのほか、EDや男性の更年期障害の治療もおこなっています。その目的は、男性のQ・O・L(Quality of Life)、すなわち生活の質を上げることにあります。 日本では高齢化が進んでおり、中高年以降の健康に対する関心が高くなっています。

 

EDや更年期障害はともかく、AGAは病気ではないというものの、髪の毛が薄くなると、精神面に悪影響を及ぼすものです。 八重洲のぞみクリニックでは、21世紀の医療ともいえる「アンチエイジング医療」に力を入れています。

 

また、八重洲のぞみクリニックは、ドクターもスタッフも全員男性の、男性専門のクリニックです。そのため、女性の目を気にせずに治療を受けることが可能となっています。

 

八重洲のぞみクリニックでは、特に予約をする必要がありません。診療時間内に行けば、順番にみてもらうことが可能です。AGAの治療は自由診療なので、保険証を持っていく必要もありませんし、身分証明書なども必要ありません。

 

AGAの治療に関しては、基本的にAGA治療薬を用いた治療がおこなわれています。主力となるのは、AGA治療薬の先駆けでもあるプロペシアです。純正のプロペシアのほか、プロペシアのジェネリックも用いられています。

 

その他の医薬品としては、ザガーロや、塩化カルプロニウムが5%配合されたアロビックス、5%のミノキシジル液が用いられるほか、抗真菌剤を配合したケトコナゾールシャンプーなどを用いることもあります。

 

ケトコナゾールシャンプーは、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチアという真菌(カビの一種)が頭皮に求められる場合、頭皮環境を改善する目的で用いられます。 ちなみに、塩化カルプロニウムは、市販の育毛剤である「カロヤン」にも2%配合されています。

 

また、ミノキシジルは大正製薬が販売しているリアップX5にも5%配合されています。

 

費用

八重洲のぞみクリニックでAGAの治療をおこなう場合、初診料や再診療はかかりません。治療費については不明ですが、MSD社純正のプロペシアが処方される場合、1ヶ月につき6,000円から6,500円となっています。

 

プロペシアのジェネリックを用いる場合1ヶ月当たり4,000円から4,900円、ザガーロを用いて治療する場合には、1ヶ月当たり9,000円から9,500円かかります。

 

5%塩化カルプロニウム配合のアロビックスは、30ml入りで1,500円、5%ミノキシジル液は60ml入りで4,900円、ケトコナゾールメディカルシャンプーは、100mlで3,240円となっています。

 

東京AGAクリニック八重洲院は、東京駅の八重洲中北口をでて、徒歩3分の距離にあります。また、地下鉄銀座線の「日本橋駅」からも徒歩3分というアクセスのよい場所にあります。

 

特徴

東京AGAクリニック八重洲院の特徴としては、オリジナルのオーダーメイド処方薬を用いているということがあげられます。それによって、顧客満足度99%を実現しています。

 

また、東京AGAクリニック八重洲院では、AGA治療薬だけでなく、AGAメソセラピーという手段も用いて、AGAの改善に取り組んでいます。

 

東京AGAクリニック八重洲院におけるAGAの治療方法は、オリジナルの治療薬を用いた治療と、AGAメソセラピーの2本立てです。その人に合った治療法が選択されることとなります。 AGAは日本人だけでなく、外国人にとっても大きな悩みとなっており、世界中でさまざまな研究がおこなわれています。

 

その結果、発毛効果にもっともすぐれている成分として、フィナステリドとミノキシジルがあげられているのです。 日本のAGA診療ガイドラインを策定している日本皮膚科学会も、フィナステリドとミノキシジルに関して、治療効果がもっとも高いとされるAランクに分類しています。

 

東京AGAクリニック八重洲院では、フィナステリドとミノキシジルを独自に配合したオリジナルの治療薬を用いて、AGAの治療にあたっています。 さらに、東京AGAクリニック八重洲院のオリジナルの治療薬には、フィナステリドとミノキシジルだけでなく、髪の毛の成長にとって欠かせない亜鉛やビタミンも含まれています。

 

また、東京AGAクリニック八重洲院では、頭皮に直接グロースファクターを注入するAGAメソセラピーという治療法も採用しています。 先に紹介したフィナステリドに関しては、男性ホルモンに関与する医薬品であるため、女性は服用することができません。

 

その点、AGAメソセラピーは女性でも安心して受けられるというメリットがあります。

 

費用

東京AGAクリニック八重洲院では、初診料および、カウンセリング料が無料となっています。国内で承認されているプロペシアを用いて治療をおこなう場合、1ヶ月につき薬代が7,000円となっていますが、プロペシアのジェネリックを用いる場合、1ヶ月当たり6,000円(初回のみ4,500円)となっています。

 

また、フィナステリドとミノキシジル、亜鉛とビタミンを配合したオリジナルの治療薬を用いてAGA治療をおこなう場合、1ヶ月当たり25,000円となっています。AGAメソセラピーは1回あたり60,000円となっています。

 

 

 結局どこがおすすめ?

AGAの画像

 

八重洲にあるAGAを専門としているクリニックを3つ紹介しましたが、結局のところ、どこがおススメなのでしょう。料金などを表にしてみましたので、確認していきましょう。

 

オリジナル治療薬25,000円 AGAINメディカルクリニックと、東京AGAクリニック八重洲院では治療薬を用いてAGAの改善に取り組んでいるほか、メソセラピーという手段でもAGAの改善を図っています。これは、この2院がAGAの治療を専門としておこなっていることに由来しています。

 

その意味では、AGAINメディカルクリニックか、東京AGAクリニック八重洲院の二者択一といえそうですが、AGAの治療は基本的に長期間に及ぶものです。発毛効果を実感するためにも、最低でも3ヶ月から6ヶ月程度の治療薬の服用、通院が推奨されています。

 

そういった点から考えると、オリジナル治療薬が5,000円安価であり、しかも血液検査をおこなう旨をちゃんとホームページに記載しているAGAINメディカルクリニックがおススメといえそうです。

 

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ              

 

 

 まとめ

AGAの画像

 

今回の記事では、AGAの特徴や原因について、また、どのようにして治療をおこなえばよいのかについて見てきました。AGAの原因は遺伝を除けば、ヘアサイクルが乱れることです。そのため、治療する際にはヘアサイクルを正常化させることが重要となります。

 

そのためにはAGA治療薬を用いることとなるのですが、医薬品には必ず副作用があるので、必ずAGAクリニックを受診して、自分に合った薬を適量処方してもらうようにしましょう。

 

八重洲でAGAクリニックをお探しなら、AGAINメディカルクリニックがおススメですよ。

mensPCの画像

アゲインメディカルクリニック

【20代・30代発毛専門クリニック】
★生えなかったら全額返金
無料でカウンセリング!
20代・30代の方は限定で・・・
   初診料・血液検査が無料

            公式サイトへ