ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 最先端毛髪再生治療HARG療法とは?受けられるクリニックはココ

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

最先端毛髪再生治療HARG療法とは?受けられるクリニックはココ


カテゴリ

額や頭頂部の髪の毛の変化を感じている方にとって、薄毛は非常に気になる恐ろしい問題です。

薄毛の症状が怖いのは、放置しておけば確実に症状が進行していくこと。

また、できるだけ早く原因に合った対処法や治療を受けなければならないという焦りや不安などのストレスでさらに薄毛が進行してしまうということです。

そんな薄毛の症状に対して既に様々な治療法が確立されていますが、最先端の薄毛治療として注目さ れているのが毛髪再生治療のHARG療法というもの。

今回はHARG療法のご説明とHARG療法を受けられるクリニックについてご紹介していきましょう。

HARG療法とは?

画像名の画像

話題を集めるHARG療法(「Hair Re-generative tderaphy」 の頭文字をとったもの)とは、頭皮に直接髪を再生させるために必要な成分を注入することで、薄毛やAGA(男性型脱毛症)を根本から解消する毛髪再生治療です。

 

HARG療法は、髪の毛が生えるヘアサイクル(毛周期)に着目して行われる治療です。

人の髪の毛は、髪の毛が伸びる成長期から、細胞分裂が止まる退行期、そして毛母細胞が活動を行わなくなる休止期というサイクルを繰り返して生え代わっています。

しかし、なんらかの事情でこのヘアサイクルが乱れると大変。

正常に髪の毛が作られ、生え、成長することができなくなり薄毛の症状があらわれます。

HARG療法は、この乱れたヘアサイクルを整えることで発毛・育毛を促す治療法です。

髪の毛の量だけでなく髪の毛の勢いが失われてペタンとしてしまうのも薄毛気になる症状の一つ。

そこで、HARG療法で使われる薬剤の成分がダイレクトに成長期の育毛細胞活動を刺激することで、コシやハリのなくなった弱弱しい毛を強く太くしっかりとした毛に導くことができます。

そして抜け毛を防ぎ、しっかりと髪の毛の寿命までもつように働きかけてくれます。

従来の治療法とHARG療法が大きく異なるのは、髪の毛の成長期をサポートするだけでなく、活動を行わなくなった休止期にある毛母細胞に働きかけることができる点です。

成長因子を注入して刺激して細胞分裂を促しつつ、毛母細胞への栄養供給もサポートすることで、生えなくなっていた部分の発毛も期待できます。

HARG療法は活動が鈍っていた毛母細胞を刺激し、新たな髪の毛を生み出せるようにダイレクトにバックアップを行うため、今まで他の治療法では変化を実感できなかった方も発毛・育毛を実感できる最後の可能性です。

 

薬剤に配合された成長因子が毛母細胞に直接働きかけて活性化させ、髪の毛の健やかな成長のスイッチを入れる再生医療HARG療法の具体的な内容についてみていきましょう。

薄毛が気になる部分にHARGカクテルを頭皮に注入します。

一般的に、注入サイクルは1カ月に1度。

クリニックによって異なりますが、注入自体は約10~20分ほど。

消毒などの準備等もあるので、1回あたり40分~1時間程度の短時間の治療です。

6回1クールとし 、発毛状態を見て継続もしくは終了となります。

ダウンタイムも必要ないため、仕事の合間になどにHARG療法を受ける方もいらっしゃるようです。

具体的にHARG療法で使われるHARGカクテルの成分をご説明します。

  • PDGF(血小板由来成長因子)
    血管を作る働きがある。

     

    またダメージを受けた部分の修復を促す働きもあり、損傷した頭皮や毛包の修復を促し、発毛促進・脱毛予防の効果が期待できる。

     

  • Basic FGF(線維芽細胞成長因子)
    毛母細胞の増殖を促す働きがあり、発毛を促進の効果が期待できる。

     

     

  • KGF(ケラチノサイト成長因子)
    髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチン生成細胞を活性化し発毛環境を整える。

     

    毛包の成長を活発(発毛促進)にするとともに毛包を保護(脱毛予防)する。

     

  • TGF beta1(トランスフォーミング成長因子)
    抜け毛を促進する働きがある。

     

    毛周期を制御する。

     

  • HGF(生体細胞成長因子)
    休止期の毛包を成長期へと誘導し、毛髪の強化を促進する。

     

     

  • VEGF(血管内皮細胞成長因子)
    毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進し、育毛の促進や毛髪の増量に働きかける。

     

     

これら成長因子の他、活性酸素を除去するSOD(活性酸素除去成分) など150種類以上の成分が配合されています。

同じように頭皮下に直接注入するAGA治療方法にメソセラピーというものがあります。

メソセラピーとの違いは、HARG療法の薬剤には成長因子を含むAAPEが含まれている点です。

その結果、ヘアサイクルを正常化させ、他の部分の髪の毛のように繰り返し髪の毛が生えてくるようにアプローチすることができます。

それに対し、メソセラピーはミノキシジルやフィナステリドなどAGA治療効果が実証されている成分やビタミンやミネラル、アミノ酸などを配合した薬剤を用いて発毛を促す治療法ですが、これだけではヘアサイクルを整えるまでには至りません。

そのため、効果を持続させるためには継続して行うことが必要と言われています。

しかし、最近ではメソセラピーでも成長因子をプラスしたオリジナル薬剤を使用しているクリニックもあるため、一概にメソセラピーだと効果が持続しないとは言い切れません。

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会で「HARG療法施設」と認定を受けた医療機関が行う再生治療を指します。

つまり、この認定を受けていなければHARG療法を行うことができません。

HARG療法をお望みなら、「HARG療法施設」認定を受けたクリニックをお選びください。

しかし、HARG療法ではありませんが、メソセラピーカクテルにクリニック独自に選別した成長因子をプラスしてHARG療法と同等の効果が得られるメソセラピーを行っているクリニックもあります。

では、最先端の薄毛治療法であるHARG療法のメリットをご紹介します。

他の治療法に比べまだ歴史の浅いHARG療法ですが、今まで様々な薄毛治療を行ってきても変化がなかった方が発毛・育毛できたという声が数多く上がっています。

 

気になる部分に直接HARGカクテルを注入するので、ピンポイントで薄毛が気になる部分の治療ができます。

また、AGA治療薬のミノキシジルなどは発毛・育毛以外に副作用の報告が上がっていますが、HARG療法はダイレクトに頭皮に働きかけるので、そのほかの部位への副作用のおそれが少ないというメリットもあります。

 

AGAから重度の薄毛まで、幅広い薄毛症状に働きかけることができます。

今まで病気や副作用でAGA治療薬を使うことができなかった方、他の治療方法で変化を実感出来なかった方なども安心してお使いいただけます。

HARG療法は、1カ月に1回行えばよいだけなので、忙しい方も続けられます。

人から作られた、というHARGカクテルの成分について気になる方もいらっしゃるでしょうが、その安全性は高く、副作用も現在のところ報告されていません。

脂肪幹細胞抽出に使われる脂肪組織は、生化学検査を行いウイルス感染が無く、既往歴や家族病歴など問題無い20歳前後のドナーからの脂肪組織を用いています。

現在までに170施設にて3万例(うち2.1万例がHARG®療法・0.9万例がMesoSkin療法として報告)を越えるメソ注入治療が検証されていますが、1例の副作用・アレルギー報告も無い事が証明されています。

世界における総数は10万例を越えています。

メリットの多いHARG療法ですが、デメリットももちろんあります。

一般的にHARG療法の1クールにかかる治療費は数十万円~100万円といわれています。

1クール分前払いで途中解約できないなどクリニックによって支払いについても異なるので、その点は事前にしっかり確認をしておきましょう。

直接HARGカクテルを頭皮下に注入するので、方法によっては痛みがあり、また痛みの感じ方も個人差があります。

HARG療法には治療法にもいくつか種類があるので、自分に合った治療法を採用したクリニックを選びましょう。

HARG療法は、毛母細胞に直接働きかけて乱れたヘアサイクルを整える治療法です。

そのため、毛乳頭や毛包ががすでに死滅している部分に行っても効果はありません。

髪の毛のない部分の頭皮が固くなり、顔の皮膚と同じような状態になっている箇所にHARG療法を行っても変化は期待できないでしょう。

HARG療法を行うなら早めがよいといわれるのはそのためです。

HARG療法は、口コミをみても「効果があった!」という方もいれば「全く変化なし」という方もいらっしゃる治療法です。

またすぐに発毛を実感した方もいれば、1クールでは済まなかったという方も。

他の治療法と同じように、HARG療法で治療すれば必ずだれでもすぐに発毛を実感できると思い込まないようにしましょう。

HARG療法の種類

画像名の画像

AAPEを含んだHARGカクテルでヘアサイクルを正常化させるHARG療法には、6つの治療方法があります。

HARG療法ができるクリニック

画像名の画像

では、実際にHARG療法ができる「HARG療法施設」認定を受けたクリニック、オリジナルカクテルを使った成長因子注入治療やAGA幹細胞再生治療を受けられるクリニックをご紹介しましょう。

"

ウィルAGAクリニック

ウィルAGAクリニック

【完全オーダーメイド治療するクリニック】
★発毛実感率99.6%達成
★月4,000円からの治療
★6カ月間全金保証制度を実施中

_

オーダーメイド治療を行っているウィルAGAクリニックでは、治療薬やメソセラピーなど様々な薄毛治療を患者様の薄毛の原因や症状に合わせて治療を行っています。

公式HPにはHARG®療法認定施設との記載は見当たりませんが、こちらのクリニックオリジナルの治療法に採用しています。

ウィルAGAクリニックオリジナルの治療法「LHDV頭皮注入法」は、高輝力赤色LEDとHARG療法、DNA/KGF高濃度発毛促進因子、VITAMIN&BENEV療法を組み合わせた治療法です。

毛母細胞の活性を高めて発毛を促す高輝力赤色LEDを頭皮にあてながら、HARG療法やその他の発毛・育毛に働きかける薬剤を頭皮に与えることで、より効果的に薄毛治療を行うことができます。

気になる注入方法ですが、冷却麻酔を用いつつ最新の31G(ゲージ) =0.27mmという極細針用いて注入するため、ほとんど痛みはありません。

ストレスを感じることなく薬剤を頭皮下に注入することができます。

最速AGA治療コースのウィルメソセラピーHair Direct Metdod 40,000円/ 回〜となります。

合わせて内服薬も利用します。

ウィルAGAクリニックでは、6か月間の返金保証が付いているのも安心。

治療によってヘアサイクルが正常化しても、毛髪の成長速度は1カ月で1㎝程度。

そしてすべての髪の毛が成長期に移行するには3~4か月程度かかるため、半年という長期の返金保証が付いているのは嬉しいですね。

新宿メディカルクリニック

*30日間全額返金保証
*初診料・再診料・カウンセリング料すべて無料
16,000円/月で発毛治療

_

AGA専門クリニックの新宿メディカルクリニックは日本医療毛髪再生研究会のHARG認定クリニックではありません。

そのためHARG療法を受けることはできませんが、そのかわり新宿メディカルクリニックオリジナルカクテルを直接頭皮に注入する成長因子注入治療を行っています。

 

新宿メディカルクリニックの成長因子注入カクテルは、ジェットスプレー注入法を採用しています。

痛みを感じるおそれのある針を使わずに直接頭皮に注入するので、痛みはかなり軽減されています。

この方法はエアーショットHARG療法と同じものです。

成長因子注入治療は注入を受ける部位のサイズによって治療費が異なります。

500円玉1個程度なら1カ月2回で16,000円/月(1回8,000円)、ハガキ大程度なら1カ月2回で160,000円/月(1回80,000円)となります。

治療(契約)期間が長くなると割安になりますが、決して安い費用ではないので、事前に確認をしておきましょう。

変化にご満足いただけない場合は30日間の返金保証がついています。

ヘアサイクルを考えると少々短期間ではありますが、自分との相性などを考えてお試しするには短くても返金保証がついているほうがやはり安心ですね。

GACKTさんが出演するCMでも人気と知名度の高いAGAスキンクリニックも、日本医療毛髪再生研究会のHARG認定クリニックではありませんのでHARG療法を受けることはできません。

しかし、幹細胞成長因子に更に発毛効果の高い成分を当院独自の調合で散布するAGA幹細胞再生治療を受けることができます。

AGAスキンクリニックで使われるオリジナルカクテルは、

・KGF/FGF-7(毛母細胞成長因子):髪の毛や皮膚が形成されるのに必要なケラスチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を生成する毛母細胞(ケラチノサイト)の増加を促進させる働きがあり、発毛環境を最適の状態に整えてくれます。


・HGF(肝細胞増殖因子):毛包・毛髪強化因子の発達を促進します。

休止期の毛包を成長期へと導く効果があります。


・bFGF(塩基性繊維芽細胞成長因子):血管、皮膚、筋肉などの増殖に影響し、血管や皮膚を再生したり、強力な新生血管を形成します。

頭皮の血流を良くし、毛包を活性化させる働きがあります。


・IGF-I(インスリン様成長因子) 髪の毛の他、体内の破損している細胞再生をサポートし、細胞成長を促します。

毛包内の毛母細胞を細胞分裂させ、発毛を促進させます。

・PDGF(血小板由来成長因子):細胞繊維芽細胞の増殖を促し、発毛を促進するたんぱく質(成長因子)となります。

毛の成長期を保持する役割があります。

・VEGF(血管内皮細胞因子):bFGFと同様、新生血管を形成する効果があり、頭皮の血流促進と毛包ないの栄養補給に役立ちます。


・TGF-β(トランスフォーミング成長因子):抗炎症効果改善
・aFGF(線維芽細胞増殖因子):コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増産され創傷治癒、シワ改善、美肌効果が期待できる ・EGF(表皮細胞成長因子):お肌のターンオーバー促進、しみ・くすみの改善

上記の9つの成長因子を配合することで、毛周期を正常な状態に促すお手伝いをしてくれます。

AGA幹細胞再生治療は2cc で60,000円/1回、4cc で80,000円/1回となります。

HARG療法の注意点

画像名の画像

薄毛を早く確実になんとかしたい!という方が利用しているHARG療法は、日本医療毛髪再生研究会で「HARG療法施設」と認定を受けた医療機関が行う独自のメソッドに基づいた毛髪再生治療です。

活動が衰えた毛母細胞など、髪の毛を作り育てる部分に成長因子をはじめ必要な栄養をダイレクトに届けることで、ヘアサイクルを正常化させ、より効果的に発毛・育毛にアプローチすることができる魅力的な方法ですが、そんなHARG療法にも注意点がいくつかあります。

!"

事前にしっかり相談を

ヘアサイクルを整えて元気な髪の毛が生え育つように促すHARG療法は確かに画期的です。

そのため、他の治療の前にこの治療を受けたくなるのも当然。

しかし、薄毛の原因はさまざまです。

そのため、まずはきちんとクリニックでカウンセリングや血液検査、診察を受けましょう。

生活習慣や食生活や運動不足などの改善、ヘアケア方法の改善、AGA治療薬など薄毛治療には様々な選択肢があり、最初からHARG療法を選ばなくても別の方法で薄毛が改善されたというケースも少なくありません。

信頼できる医者・クリニックを選び、HARG療法に選択肢を限定せず、もっとも自分に合った治療法を検討しましょう。

カウンセリングや診断の結果、やはりHARG療法が一番良いとなったら次は安全性を確認するようにしましょう。

HARG療法で使われるHARGカクテルは、厳しい品質管理やチェックがなされた安全・安心なものです。

現在まで副作用などの心配なケースの報告はあがっていません。

しかし、まだ歴史が浅い治療法なので今後も絶対に副作用の報告がないとは言い切れません。

また、HARGカクテルに独自の成分をプラスするクリニックもあるため、HARG療法を受ける際は、使われる薬剤の安全性や成分について尋ねて説明を受けるようにしましょう。

HARG療法は決して安い治療費ではありません。

1回数万円~を月に1回受け、薄毛の範囲が広ければ広いほど治療する部分も増えて治療費が高額になります。

また、半年の1クールであまり効果が感じられなければ、さらに治療を続けるとなると、想像以上に治療費がかかることでしょう。

薄毛がなんとかなるのなら、いくらでも治療費を払ってもいいという方なら問題はありません。

ただHARG療法を受け始めたのは良いものの、治療費の関係で途中で断念をせざるを得なくなったというケースも少なくないようです。

メディカルローンなどを使えるクリニックも多いのですが、それでもトータルで考えるとかなりの金額になってしまうため、事前にトータルの治療費の説明と内訳を聞いておきましょう。

また、1クールの途中でHARG療法をやめる場合、残りの分の返金についてトラブルになるケースもあります。

受けていない治療の返金システムについてもクリニックに尋ねておくとよいですよ。

ちなみに、日本医療毛髪再生研究会では施術料金の目安が決められています。

一般的に、HARG療法の料金相場は、頭の2/3で10万円~15万円、1/3で8万円~12万円ほどとなっているので、この料金を参考にクリニックをお選びになると良いでしょう。

HARG療法は、HARGカクテルを直接頭皮下や頭皮に注入する治療法です。

その注入方法はいくつかあり、クリニックによって採用している方法は異なるので最初に尋ねておきましょう。

痛みに弱いという方は、直接頭皮下に注入する パピュール法を採用しているクリニックを選ぶのは控えた方がよいです。

細い注射針を使うといってもやはり直接注射針を刺すには多少の痛みを感じるものですし、その感じ方は個人によって大きく異なります。

「チクっとした程度で全然気にならなかった」という方もいれば、「激痛だった」という方も。

もちろん施術する医師のスキルによっても痛みの感じ方は違ってきます。

毎月1回といえどHARG療法に恐怖心を抱くようになっては元も子もありませんし、そのストレスがさらに薄毛を加速させることになっては意味がありません。

痛みのないHARG療法の注入方法を採用しているクリニックを選ぶようにしましょう。

額や頭頂部の髪の毛の変化を感じている方にとって、薄毛は非常に気になる恐ろしい問題です。

薄毛の症状が怖いのは、放置しておけば確実に症状が進行していくこと。

また、できるだけ早く原因に合った対処法や治療を受けなければならないという焦りや不安などのストレスでさらに薄毛が進行してしまうということです。

そんな薄毛の症状に対して既に様々な治療法が確立されていますが、最先端の薄毛治療として注目さ れているのが毛髪再生治療のHARG療法というもの。

今回はHARG療法のご説明とHARG療法を受けられるクリニックについてご紹介していきましょう。

HARG療法とは?

画像名の画像

話題を集めるHARG療法(「Hair Re-generative tderaphy」 の頭文字をとったもの)とは、頭皮に直接髪を再生させるために必要な成分を注入することで、薄毛やAGA(男性型脱毛症)を根本から解消する毛髪再生治療です。

 

HARG療法は、髪の毛が生えるヘアサイクル(毛周期)に着目して行われる治療です。

人の髪の毛は、髪の毛が伸びる成長期から、細胞分裂が止まる退行期、そして毛母細胞が活動を行わなくなる休止期というサイクルを繰り返して生え代わっています。

しかし、なんらかの事情でこのヘアサイクルが乱れると大変。

正常に髪の毛が作られ、生え、成長することができなくなり薄毛の症状があらわれます。

HARG療法は、この乱れたヘアサイクルを整えることで発毛・育毛を促す治療法です。

髪の毛の量だけでなく髪の毛の勢いが失われてペタンとしてしまうのも薄毛気になる症状の一つ。

そこで、HARG療法で使われる薬剤の成分がダイレクトに成長期の育毛細胞活動を刺激することで、コシやハリのなくなった弱弱しい毛を強く太くしっかりとした毛に導くことができます。

そして抜け毛を防ぎ、しっかりと髪の毛の寿命までもつように働きかけてくれます。

従来の治療法とHARG療法が大きく異なるのは、髪の毛の成長期をサポートするだけでなく、活動を行わなくなった休止期にある毛母細胞に働きかけることができる点です。

成長因子を注入して刺激して細胞分裂を促しつつ、毛母細胞への栄養供給もサポートすることで、生えなくなっていた部分の発毛も期待できます。

HARG療法は活動が鈍っていた毛母細胞を刺激し、新たな髪の毛を生み出せるようにダイレクトにバックアップを行うため、今まで他の治療法では変化を実感できなかった方も発毛・育毛を実感できる最後の可能性です。

 

薬剤に配合された成長因子が毛母細胞に直接働きかけて活性化させ、髪の毛の健やかな成長のスイッチを入れる再生医療HARG療法の具体的な内容についてみていきましょう。

薄毛が気になる部分にHARGカクテルを頭皮に注入します。

一般的に、注入サイクルは1カ月に1度。

クリニックによって異なりますが、注入自体は約10~20分ほど。

消毒などの準備等もあるので、1回あたり40分~1時間程度の短時間の治療です。

6回1クールとし 、発毛状態を見て継続もしくは終了となります。

ダウンタイムも必要ないため、仕事の合間になどにHARG療法を受ける方もいらっしゃるようです。

具体的にHARG療法で使われるHARGカクテルの成分をご説明します。

  • PDGF(血小板由来成長因子)
    血管を作る働きがある。

     

    またダメージを受けた部分の修復を促す働きもあり、損傷した頭皮や毛包の修復を促し、発毛促進・脱毛予防の効果が期待できる。

     

  • Basic FGF(線維芽細胞成長因子)
    毛母細胞の増殖を促す働きがあり、発毛を促進の効果が期待できる。

     

     

  • KGF(ケラチノサイト成長因子)
    髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチン生成細胞を活性化し発毛環境を整える。

     

    毛包の成長を活発(発毛促進)にするとともに毛包を保護(脱毛予防)する。

     

  • TGF beta1(トランスフォーミング成長因子)
    抜け毛を促進する働きがある。

     

    毛周期を制御する。

     

  • HGF(生体細胞成長因子)
    休止期の毛包を成長期へと誘導し、毛髪の強化を促進する。

     

     

  • VEGF(血管内皮細胞成長因子)
    毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進し、育毛の促進や毛髪の増量に働きかける。

     

     

これら成長因子の他、活性酸素を除去するSOD(活性酸素除去成分) など150種類以上の成分が配合されています。

同じように頭皮下に直接注入するAGA治療方法にメソセラピーというものがあります。

メソセラピーとの違いは、HARG療法の薬剤には成長因子を含むAAPEが含まれている点です。

その結果、ヘアサイクルを正常化させ、他の部分の髪の毛のように繰り返し髪の毛が生えてくるようにアプローチすることができます。

それに対し、メソセラピーはミノキシジルやフィナステリドなどAGA治療効果が実証されている成分やビタミンやミネラル、アミノ酸などを配合した薬剤を用いて発毛を促す治療法ですが、これだけではヘアサイクルを整えるまでには至りません。

そのため、効果を持続させるためには継続して行うことが必要と言われています。

しかし、最近ではメソセラピーでも成長因子をプラスしたオリジナル薬剤を使用しているクリニックもあるため、一概にメソセラピーだと効果が持続しないとは言い切れません。

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会で「HARG療法施設」と認定を受けた医療機関が行う再生治療を指します。

つまり、この認定を受けていなければHARG療法を行うことができません。

HARG療法をお望みなら、「HARG療法施設」認定を受けたクリニックをお選びください。

しかし、HARG療法ではありませんが、メソセラピーカクテルにクリニック独自に選別した成長因子をプラスしてHARG療法と同等の効果が得られるメソセラピーを行っているクリニックもあります。

では、最先端の薄毛治療法であるHARG療法のメリットをご紹介します。

他の治療法に比べまだ歴史の浅いHARG療法ですが、今まで様々な薄毛治療を行ってきても変化がなかった方が発毛・育毛できたという声が数多く上がっています。

 

気になる部分に直接HARGカクテルを注入するので、ピンポイントで薄毛が気になる部分の治療ができます。

また、AGA治療薬のミノキシジルなどは発毛・育毛以外に副作用の報告が上がっていますが、HARG療法はダイレクトに頭皮に働きかけるので、そのほかの部位への副作用のおそれが少ないというメリットもあります。

 

AGAから重度の薄毛まで、幅広い薄毛症状に働きかけることができます。

今まで病気や副作用でAGA治療薬を使うことができなかった方、他の治療方法で変化を実感出来なかった方なども安心してお使いいただけます。

HARG療法は、1カ月に1回行えばよいだけなので、忙しい方も続けられます。

人から作られた、というHARGカクテルの成分について気になる方もいらっしゃるでしょうが、その安全性は高く、副作用も現在のところ報告されていません。

脂肪幹細胞抽出に使われる脂肪組織は、生化学検査を行いウイルス感染が無く、既往歴や家族病歴など問題無い20歳前後のドナーからの脂肪組織を用いています。

現在までに170施設にて3万例(うち2.1万例がHARG®療法・0.9万例がMesoSkin療法として報告)を越えるメソ注入治療が検証されていますが、1例の副作用・アレルギー報告も無い事が証明されています。

世界における総数は10万例を越えています。

メリットの多いHARG療法ですが、デメリットももちろんあります。

一般的にHARG療法の1クールにかかる治療費は数十万円~100万円といわれています。

1クール分前払いで途中解約できないなどクリニックによって支払いについても異なるので、その点は事前にしっかり確認をしておきましょう。

直接HARGカクテルを頭皮下に注入するので、方法によっては痛みがあり、また痛みの感じ方も個人差があります。

HARG療法には治療法にもいくつか種類があるので、自分に合った治療法を採用したクリニックを選びましょう。

HARG療法は、毛母細胞に直接働きかけて乱れたヘアサイクルを整える治療法です。

そのため、毛乳頭や毛包ががすでに死滅している部分に行っても効果はありません。

髪の毛のない部分の頭皮が固くなり、顔の皮膚と同じような状態になっている箇所にHARG療法を行っても変化は期待できないでしょう。

HARG療法を行うなら早めがよいといわれるのはそのためです。

HARG療法は、口コミをみても「効果があった!」という方もいれば「全く変化なし」という方もいらっしゃる治療法です。

またすぐに発毛を実感した方もいれば、1クールでは済まなかったという方も。

他の治療法と同じように、HARG療法で治療すれば必ずだれでもすぐに発毛を実感できると思い込まないようにしましょう。

HARG療法の種類

画像名の画像

AAPEを含んだHARGカクテルでヘアサイクルを正常化させるHARG療法には、6つの治療方法があります。

HARG療法ができるクリニック

画像名の画像

では、実際にHARG療法ができる「HARG療法施設」認定を受けたクリニック、オリジナルカクテルを使った成長因子注入治療やAGA幹細胞再生治療を受けられるクリニックをご紹介しましょう。

"

ウィルAGAクリニック

ウィルAGAクリニック

【完全オーダーメイド治療するクリニック】
★発毛実感率99.6%達成
★月4,000円からの治療
★6カ月間全金保証制度を実施中

_

オーダーメイド治療を行っているウィルAGAクリニックでは、治療薬やメソセラピーなど様々な薄毛治療を患者様の薄毛の原因や症状に合わせて治療を行っています。

公式HPにはHARG®療法認定施設との記載は見当たりませんが、こちらのクリニックオリジナルの治療法に採用しています。

ウィルAGAクリニックオリジナルの治療法「LHDV頭皮注入法」は、高輝力赤色LEDとHARG療法、DNA/KGF高濃度発毛促進因子、VITAMIN&BENEV療法を組み合わせた治療法です。

毛母細胞の活性を高めて発毛を促す高輝力赤色LEDを頭皮にあてながら、HARG療法やその他の発毛・育毛に働きかける薬剤を頭皮に与えることで、より効果的に薄毛治療を行うことができます。

気になる注入方法ですが、冷却麻酔を用いつつ最新の31G(ゲージ) =0.27mmという極細針用いて注入するため、ほとんど痛みはありません。

ストレスを感じることなく薬剤を頭皮下に注入することができます。

最速AGA治療コースのウィルメソセラピーHair Direct Metdod 40,000円/ 回〜となります。

合わせて内服薬も利用します。

ウィルAGAクリニックでは、6か月間の返金保証が付いているのも安心。

治療によってヘアサイクルが正常化しても、毛髪の成長速度は1カ月で1㎝程度。

そしてすべての髪の毛が成長期に移行するには3~4か月程度かかるため、半年という長期の返金保証が付いているのは嬉しいですね。

新宿メディカルクリニック

*30日間全額返金保証
*初診料・再診料・カウンセリング料すべて無料
16,000円/月で発毛治療

_

AGA専門クリニックの新宿メディカルクリニックは日本医療毛髪再生研究会のHARG認定クリニックではありません。

そのためHARG療法を受けることはできませんが、そのかわり新宿メディカルクリニックオリジナルカクテルを直接頭皮に注入する成長因子注入治療を行っています。

 

新宿メディカルクリニックの成長因子注入カクテルは、ジェットスプレー注入法を採用しています。

痛みを感じるおそれのある針を使わずに直接頭皮に注入するので、痛みはかなり軽減されています。

この方法はエアーショットHARG療法と同じものです。

成長因子注入治療は注入を受ける部位のサイズによって治療費が異なります。

500円玉1個程度なら1カ月2回で16,000円/月(1回8,000円)、ハガキ大程度なら1カ月2回で160,000円/月(1回80,000円)となります。

治療(契約)期間が長くなると割安になりますが、決して安い費用ではないので、事前に確認をしておきましょう。

変化にご満足いただけない場合は30日間の返金保証がついています。

ヘアサイクルを考えると少々短期間ではありますが、自分との相性などを考えてお試しするには短くても返金保証がついているほうがやはり安心ですね。

GACKTさんが出演するCMでも人気と知名度の高いAGAスキンクリニックも、日本医療毛髪再生研究会のHARG認定クリニックではありませんのでHARG療法を受けることはできません。

しかし、幹細胞成長因子に更に発毛効果の高い成分を当院独自の調合で散布するAGA幹細胞再生治療を受けることができます。

AGAスキンクリニックで使われるオリジナルカクテルは、

・KGF/FGF-7(毛母細胞成長因子):髪の毛や皮膚が形成されるのに必要なケラスチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を生成する毛母細胞(ケラチノサイト)の増加を促進させる働きがあり、発毛環境を最適の状態に整えてくれます。


・HGF(肝細胞増殖因子):毛包・毛髪強化因子の発達を促進します。

休止期の毛包を成長期へと導く効果があります。


・bFGF(塩基性繊維芽細胞成長因子):血管、皮膚、筋肉などの増殖に影響し、血管や皮膚を再生したり、強力な新生血管を形成します。

頭皮の血流を良くし、毛包を活性化させる働きがあります。


・IGF-I(インスリン様成長因子) 髪の毛の他、体内の破損している細胞再生をサポートし、細胞成長を促します。

毛包内の毛母細胞を細胞分裂させ、発毛を促進させます。

・PDGF(血小板由来成長因子):細胞繊維芽細胞の増殖を促し、発毛を促進するたんぱく質(成長因子)となります。

毛の成長期を保持する役割があります。

・VEGF(血管内皮細胞因子):bFGFと同様、新生血管を形成する効果があり、頭皮の血流促進と毛包ないの栄養補給に役立ちます。


・TGF-β(トランスフォーミング成長因子):抗炎症効果改善
・aFGF(線維芽細胞増殖因子):コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増産され創傷治癒、シワ改善、美肌効果が期待できる ・EGF(表皮細胞成長因子):お肌のターンオーバー促進、しみ・くすみの改善

上記の9つの成長因子を配合することで、毛周期を正常な状態に促すお手伝いをしてくれます。

AGA幹細胞再生治療は2cc で60,000円/1回、4cc で80,000円/1回となります。

HARG療法の注意点

画像名の画像

薄毛を早く確実になんとかしたい!という方が利用しているHARG療法は、日本医療毛髪再生研究会で「HARG療法施設」と認定を受けた医療機関が行う独自のメソッドに基づいた毛髪再生治療です。

活動が衰えた毛母細胞など、髪の毛を作り育てる部分に成長因子をはじめ必要な栄養をダイレクトに届けることで、ヘアサイクルを正常化させ、より効果的に発毛・育毛にアプローチすることができる魅力的な方法ですが、そんなHARG療法にも注意点がいくつかあります。

!"

事前にしっかり相談を

ヘアサイクルを整えて元気な髪の毛が生え育つように促すHARG療法は確かに画期的です。

そのため、他の治療の前にこの治療を受けたくなるのも当然。

しかし、薄毛の原因はさまざまです。

そのため、まずはきちんとクリニックでカウンセリングや血液検査、診察を受けましょう。

生活習慣や食生活や運動不足などの改善、ヘアケア方法の改善、AGA治療薬など薄毛治療には様々な選択肢があり、最初からHARG療法を選ばなくても別の方法で薄毛が改善されたというケースも少なくありません。

信頼できる医者・クリニックを選び、HARG療法に選択肢を限定せず、もっとも自分に合った治療法を検討しましょう。

カウンセリングや診断の結果、やはりHARG療法が一番良いとなったら次は安全性を確認するようにしましょう。

HARG療法で使われるHARGカクテルは、厳しい品質管理やチェックがなされた安全・安心なものです。

現在まで副作用などの心配なケースの報告はあがっていません。

しかし、まだ歴史が浅い治療法なので今後も絶対に副作用の報告がないとは言い切れません。

また、HARGカクテルに独自の成分をプラスするクリニックもあるため、HARG療法を受ける際は、使われる薬剤の安全性や成分について尋ねて説明を受けるようにしましょう。

HARG療法は決して安い治療費ではありません。

1回数万円~を月に1回受け、薄毛の範囲が広ければ広いほど治療する部分も増えて治療費が高額になります。

また、半年の1クールであまり効果が感じられなければ、さらに治療を続けるとなると、想像以上に治療費がかかることでしょう。

薄毛がなんとかなるのなら、いくらでも治療費を払ってもいいという方なら問題はありません。

ただHARG療法を受け始めたのは良いものの、治療費の関係で途中で断念をせざるを得なくなったというケースも少なくないようです。

メディカルローンなどを使えるクリニックも多いのですが、それでもトータルで考えるとかなりの金額になってしまうため、事前にトータルの治療費の説明と内訳を聞いておきましょう。

また、1クールの途中でHARG療法をやめる場合、残りの分の返金についてトラブルになるケースもあります。

受けていない治療の返金システムについてもクリニックに尋ねておくとよいですよ。

ちなみに、日本医療毛髪再生研究会では施術料金の目安が決められています。

一般的に、HARG療法の料金相場は、頭の2/3で10万円~15万円、1/3で8万円~12万円ほどとなっているので、この料金を参考にクリニックをお選びになると良いでしょう。

HARG療法は、HARGカクテルを直接頭皮下や頭皮に注入する治療法です。

その注入方法はいくつかあり、クリニックによって採用している方法は異なるので最初に尋ねておきましょう。

痛みに弱いという方は、直接頭皮下に注入する パピュール法を採用しているクリニックを選ぶのは控えた方がよいです。

細い注射針を使うといってもやはり直接注射針を刺すには多少の痛みを感じるものですし、その感じ方は個人によって大きく異なります。

「チクっとした程度で全然気にならなかった」という方もいれば、「激痛だった」という方も。

もちろん施術する医師のスキルによっても痛みの感じ方は違ってきます。

毎月1回といえどHARG療法に恐怖心を抱くようになっては元も子もありませんし、そのストレスがさらに薄毛を加速させることになっては意味がありません。

痛みのないHARG療法の注入方法を採用しているクリニックを選ぶようにしましょう。