ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは


カテゴリ

育毛剤に医薬品から医薬部外品まで色々あります。

自宅と病院での薄毛治療の選択肢を検討しましょう。

育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは

男性のシャンプーの画像

育毛剤のなかには医薬品と医薬部外品の2種類があります。

医薬品と医薬部外品はどちらの方が自分の悩みにあっているのかは、この分類についての正しい知識を前提にして初めて可能になります。

そこで分かっているようで分かっていないこの分類についての認識を通じて、育毛剤を活用した薄毛治療について考えていきましょう。

医薬品とは、人の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、人の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具でないものを意味します。

これに対して医薬部外品は人体に対する作用が緩和されており、吐き気や口臭、体臭の防止、脱毛の防止や育毛のために使用されるものであって、厚生労働大臣が指定する物(機械器具を除く)を言います。

医薬品は治療等を目的に身体の構造に変化を及ぼす成分を含んでいるので、医師の処方箋が必要であったり、薬局でのみ販売が許されているなどの強い法律上の制限を受けています。

これに対して医薬部外品は人体への影響が緩和されているのでドラッグストアなどで気軽に購入できるように規制は緩められています。

育毛剤において医薬品として取り扱われているものは極めて限られており、日本国内では原則として医師の処方箋が無い限り入手することは出来ません

これは医薬品の育毛剤は薄毛症状改善をもたらすことが科学的に立証されている一方で、適正な管理の下で使用しないと副作用のリスクがあるからです。

医薬部外品の育毛剤は、あくまでも頭皮の細胞や血管に間接的に働きかけることで、脱毛症状の改善を指向するもので、直接的な効果を目的としたものではありません。

このように効果について特徴があるので、どちらを選ぶのが妥当なのかは、育毛剤にどのような効果を求めるのかに左右されます。

医薬品に認められる為には厳しい審査基準をパスしなければならないので、当然育毛に効果の高い成分を配合しているということが出来ます。

そのため薄毛をきっちり改善したい方には医薬品がおすすめです。

これに対して医薬品は副作用が心配と言う方には医薬部外品を選択するのがおすすめです。

積極的に治療を目指すべきか、副作用の心配の無いものを選ぶのかは、抜け毛の進行具合やライフスタイルによっても異なってくるでしょう。

正確な情報を見極めて自分にとってのベストな選択を行うように心がけましょう。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

育毛、抜け毛予防、ふけかゆみの抑制の効果が認められている。

医薬部外品で作用は緩やかなため人体への影響は抑えられている。

値段は安いほうではないが、平均的な育毛剤の値段といえる。

すべての人に有効というわけではなく、人により効果を感じづらかったり、効果を感じられない人もいる。

しかしこれはチャップアップだけのデメリットというわけではなく、どの育毛剤にもいえることです。

成分

有効成分70種類以上配合 天然由来成分で体に影響を及ぼすような余計なものは入っていない。

チャップアップが気に入らなかった場合、いつでも返金に対応してくれる。

永久保証で安心度が高く、これが決め手になる人が多い。

  • 育毛剤三冠受賞(顧客満足度、おすすめ育毛剤、もっとも期待できる育毛剤)
  • 楽天ランキング連続一位
  • モンドセレクション受賞

薄毛の原因と育毛ケア方法について

牛の画像

薄毛といっても原因は様々です、男性か女性かの性別によっても原因が異なります。

しかし薄毛は身近な美容上の悩みであって、日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるとも言われています。

社会進出が進み強いストレスに日常的にさらされることにより、薄毛に悩む女性も増加の一途を辿っています。

しかし薄毛や脱毛にはいくつかの種類があり、特徴ごとに想定される原因も異なります。

自分の薄毛がどの種類なのかをチェックして、ケアすべき原因を突き止めるようにしましょう。

M型O型は、額の左右からM字状に生え際が後退していったり、頭頂部が円状に毛が薄くなっていく脱毛症状です。

男性に多く見られる脱毛症状です。

びまん型脱毛は、特定の部位が薄くなるというわけではなく、髪全体の量が減少しボリュームが無くなっていく脱毛症です。

女性に多い脱毛症状です。

薄毛の原因には様々な原因が関与していますが、一番多いのは男性ホルモンによる影響です。

体質が遺伝しやすい点では遺伝要因も大きく関与しています。

ストレスも見逃せません。

強いストレスにさらされると、それに順応しようとして男性ホルモンが盛んに分泌されます。

女性でも男性ホルモンが微量ながらも分泌されているので、ストレスは男女共に薄毛の原因になっています。

それ以外には偏った食生活や、睡眠不足、喫煙習慣なども頭皮に悪影響を与えることは確かです。

薄毛対策を講じる際には育毛剤選びだけでなく、生活習慣の見直しも必要と言えるでしょう。

それでは育毛剤はどのようなメカニズムによって、抜け毛や薄毛を改善するのでしょうか。

脱毛改善については、頭皮の血行促進、男性ホルモンの毛母細胞への影響を阻害する作用、発毛のための栄養成分補給の3方向のアプローチで薄毛症状の改善をめざすことになります。

このような特徴を把握してタイプ別におすすめの育毛剤を考えて見ましょう

薄毛の家系の方では、男性ホルモンを抑制するタイプが効果的です。

喫煙習慣のある人や運動不足の方は頭皮の血行が不足しがちなので、頭皮の血行促進効果の高いものがおすすめです。

食生活に偏りがある方には頭皮や毛根に栄養を与えるタイプがベターでしょう。

頭皮の皮脂が過剰気味な方は、過剰な皮脂で炎症が抜け毛を悪化させていることがあります。

そこで皮脂が気になるときには、頭皮の皮脂を抑制し、毛穴汚れを除去し消炎効果の高いものがおすすめです。

薄毛の改善をはかる上での食事内容の重要性も軽視出来ない要素です。

人の髪の毛はタンパク質が変化して形成されますが、髪の毛を正常に成長させるためにはたんぱく質を初めとした各種の栄養素が関係してきます。

そのような栄養バランスのカギは食事にあります。

そのために育毛や薄毛対策を検討するにあたっては、食事の再確認は避けて通れない課題です。

まず毛髪の9割を占めているのはケラチンと言うたんぱく質です。

体内に取り入れられたたんぱく質は肝臓で代謝されてアミノ酸として利用されます。

アミノ酸のなかでも必須アミノ酸は食事を通じて摂取しない限り、体内で生成することが出来ません。

この必須アミノ酸をバランスよく摂取することが、髪の毛の成長や健康な頭皮環境の実現に不可欠なのです。

とりわけ男性ホルモンの活性を抑制して抜け毛を防いでくれる必須アミノ酸である、L-リジンは育毛対策を検討する上で重要なアミノ酸であるといえるでしょう。

アミノ酸以外にも育毛に大きな影響を与える栄養素は存在します。

頭皮が血行不良をきたすと、毛母細胞に酸素や栄養素が行き渡らず髪の毛の満足な成長も覚束きません。

血管の柔軟性を維持する効果を持つビタミンEは、血行を促進し頭皮の健康を維持する作用があります。

たんぱく質の代謝を円滑に行ううえで重要な役割を担っているミネラルであるも欠かせません。

亜鉛不足では満足な薄毛ケアは見込めません。

牡蠣やアサリ、いわしなどの魚介類に豊富に含まれています。

髪の毛は毛母細胞において活発な細胞分裂を通じて、増殖することで成長していきます。

そのためには毛母細胞を含む毛根への活発な血液循環が不可欠です

育毛剤の効果を一層高めるためにも、頭皮の血行のケアも欠かせません。

頭皮の血流を活性化するためにおすすめできるのは、頭皮を指圧でして血流促進させる育毛マッサージです。

ポイントは親指を除く4本の指先を使って、指を滑らさずに円を描くイメージで優しくマッサージすることです。

決して爪を立てることなく、全身の血液循環を意識して、額際から頭頂部の方向にマッサージを行い、東部全体のマッサージを行ってください。

時間的には1日1回5分程度で十分です

セルフケアで育毛剤に出会うためのポイント

筋肉の画像

薄毛は男性だけの悩みではなく、女性にとっても深刻な美容上の問題を提起します。

女性向けの効能を謳った育毛剤もいくつか販売されるようになって来ました。

それでは男性型脱毛に女性用の育毛剤を使用することは出きるのでしょうか。

確かに頭髪が抜けるという点で共通しているので兼用しても問題はなさそうですが、実際のところどうなのでしょうか。

結論的に言えば女性向けの育毛剤を男性が使用することはおすすめできません

これは男性と女性とでは脱毛が生じるメカニズムに違いがあるからです。

男性の薄毛症状の原因の大半は男性型脱毛症(AGA)です。

これは男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素により変化を受けてジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

DHTは毛根の男性ホルモン受容体に結合し、DHTが毛髪の発毛サイクルに悪影響を及ぼし、成長期が終わる前の細く短い毛髪が抜け落ちてしまうというのが、AGAの原因となっています。

さらに男性ホルモンには血管を収縮させる作用もあるので、頭皮の毛細血管の血行不良をきたしやすい状態になっています。

そのためAGA治療においては、男性ホルモンの影響を阻害するだけでなく、頭皮の血行改善成分も含まれていることが必要になります。

これに対して女性の脱毛症状は、頭皮の栄養状態が悪化することと女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が加齢に伴い減少することが原因で発症することが多いようです。

このような特徴を持つことから、頭皮への栄養補給を行い、女性ホルモンに類似した作用を持つ成分が女性向けの育毛剤の成分配合の特徴になっています。

それでは男性女性兼用の育毛剤が存在しないのか、といえばそういうわけではありません。

男女兼用の育毛剤も開発販売されています。

男性の脱毛に効果的な成分と女性の脱毛に効果的な成分をバランスよく配合した育毛剤も発売されています。

男性ホルモンの影響をを抑制しつつ、血行を改善して頭皮の栄養状態を向上させるセンブリエキスやオウゴンエキス、女性ホルモンであるエストロゲンにに類似した働きをするヒオウギエキスなどの生薬を用いた育毛剤は、男性女性問わずに効果を期待できるアイテムが多いようです。

男性向け育毛剤を使用することは禁忌とされているものとしてプロペシアがあげられます。

特に妊婦や授乳中の方は絶対に使用を行わないようにしてください

プロペシアは男性ホルモンの活性を抑制する作用を持っているので、胎児や乳幼児の生殖器の正常な形成に悪影響を与えるリスクがあるからです。

また同様の理由から、妊婦や授乳中の女性にプロペシアの成分が輸血を通じて移行しないように、プロペシアを服用中では献血を行うことも行わないようにします。

脱毛症状に悩む方の中には乾燥肌や敏感肌の問題を抱えていることが少なくありません。

頭皮も皮膚の一部なので、身体の他の部分が乾燥肌や敏感肌の傾向が見られるときには、頭皮でも同様のトラブルが生じていることはしばしば経験されています。

この敏感肌も乾燥肌も基本的には同一の理由で生じる問題です。

これは表皮の一番外側にある角質層が水分を喪失することが出発点になります。

水分が失われると皮膚の細胞同士を結合させる作用のあるセラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子などにより構成される肌に備わっているバリア機能が低下し、外部からの紫外線や常在菌などの刺激に脆弱な皮膚環境が醸成されてしまいます。

一般に角質層には健康な状態では10-30%程度の水分を含んでいますが、これが10%を切ると乾燥肌の状態になります。

乾燥肌により肌のバリア機能が弱体化し、皮膚トラブルをきたしやすくなった状態を敏感肌と言います。

この状態では紫外線刺激や化粧品や育毛剤の刺激にも敏感な状態に変化しています。

このような状態で一般の育毛剤を使用すると発赤やかゆみといった副反応が生じやすくなります。

場合によっては、脂漏性皮膚炎の悪化などの炎症の悪化につながることもあります。

このような乾燥肌や敏感肌のの傾向がある場合には、育毛剤のケアによりかぶれなどの肌トラブルの懸念があるので、普通の人よりも一層丁寧なケアを行うことが必要です。

乾燥肌や敏感肌に心当たりのある方は、育毛剤を使用するときに限らず初めて肌に塗る場合には、パッチテストでかぶれなどが出てこないのかを確認することが必要です

二の腕の内側など目立たない箇所でテストをしてみて、確認するようにしてください。

敏感肌の原因は乾燥なので、敏感肌の頭皮に潤いをもたらす保湿成分を豊富に含んだ育毛剤を使用し、角質層の水分量を増やすことが敏感肌の育毛ケアの基本になります。

育毛においては血行を改善して毛乳頭に栄養を供給することも大切です。

そこで敏感肌の育毛ケアでは保湿成分と血行促進する成分を含むことが一つのポイントになります。

さらに敏感肌の方では頭皮でも炎症を起こしていることが良くあります。

そこで頭皮の炎症を抑える抗炎症成分も配合されていることも育毛剤選びの際の確認事項になるといえるでしょう。

このように薄毛に悩む方の頭皮は敏感肌などの肌トラブルを伴っていることが多いので刺激になりえる成分を配合されているのは回避すべきでしょう。

特に育毛剤においても添付されているアルコール成分には注意が必要です。

アルコールは成分の溶解のため、消毒目的、清涼感添加の目的で使用されています。

敏感肌などの肌トラブルの方は、ノンアルコール、無香料、無添加、防腐剤不使用などの低刺激性の育毛剤を選ぶのが賢明でしょう。

また気をつけるべき添加物としては石油系の界面活性剤にも注意が必要です。

洗浄効果を持つ成分ですが、石鹸に比較しても洗浄力が強力すぎて皮膚の保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまい、敏感肌の更なる悪化を招くリスクがあります。

それでは育毛剤選びの際に気になる、主な成分の特徴などについて考えていきましょう。

センブリとは日本全国に自生する2年草で、生薬としても知られており漢方においても古来から使用されてきました。

胃痛や下痢などの消化器症状の治療に使用されてきましたが、近年では育毛成分を持つことが明らかとなり育毛剤の有効成分に配合されることが多くなっています。

そのエキスであるセンブリエキスには多彩な育毛作用を有することが分かっています。

センブリに含まれるキサントンには抗炎症作用があり、頭皮の炎症を沈静化し健康な髪の毛が生えやすい環境を整えます。

さらにセンブリエキスに含有されているアマロスウェリン、アマロゲンチンといった成分には、毛乳頭を活性化させる作用があるので発毛効果も期待できます

グリチルリチン酸には抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つ成分です。

甘草という生薬を原料に抽出される成分で、漢方においても古くから炎症を鎮める処方薬として使われてきました。

育毛との関連で重要なのは高い抗炎症作用を持っていることです。

頭皮に炎症が生じているとヘアサイクルが乱れてしまい、薄毛の進行を早めてしまいます。

グリチルリチン酸は炎症をおさめることにより育毛環境を整え、間接的に発毛をサポートします。

さらに抗アレルギー作用も持っているので、敏感肌でも肌荒れレの心配がなく安心して使用することができます。

アレルギーに起因する頭皮の炎症を緩和する作用もあるので頭皮の健康を保つ上では有益な作用をもっています。

ノコギリヤシは前立腺肥大の治療に使用されていますが、最近の研究では男性型脱毛症にも一定の効果を期待できることが分かっています。

ノコギリヤシはアメリカ中西部に自生するノコギリ様の尖った葉を持つのが特徴です。

ノコギリヤシがAGAとの関係で薄毛改善作用を持つのは、テストステロンの還元酵素である5αリダクターゼの生成を阻害することで、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生が抑えられ、男性ホルモンによる毛根への悪影響を阻害する作用を持つことが知られています。

またノコギリヤシには頭皮の過剰な皮脂を押さえる作用があります。

雑菌は過剰な皮脂をエサにして増殖するので、ノコギリヤシが持つ皮脂をコントロールする働きにより頭皮環境を整え、健康な髪の毛が生えやすいようにする作用も期待できます。

ホップと言うのは、ビールの原料として知られるクワ科の植物です。

一般的にはビールの原料としての認識されているホップですが、最近では育毛剤や化粧品の原料に使用されることが増えてきています。

ホップにはエストラジオールという成分が含まれていますが、この成分は女性ホルモンに類似した作用を持つことが知られており、男性ホルモンを原料に生成されるジヒドロテストステロン(DHT)の作用を抑制することが期待されます。

同時にホップエキスには滅菌作用も持っているので、頭皮の雑菌の増殖を抑制することで健康な頭皮環境を実現することをサポートします。

病院で処方される医薬品での薄毛治療

手と薬の画像

市販の育毛剤にも男性型脱毛症(AGA)にも有用な成分を各種配合したものが、発売されていますが、最近では病院においてAGA治療を受けることが出来るようになりました

人の毛髪には2-5年の成長期を経て、その後の退行期を迎えて抜け落ちていきます。

3-4月の休止期をはさんで新しい髪の毛が生えてくるということを繰り返すことで、髪の毛が抜けても全体の毛髪量は一定数に維持されています。

しかしAGAになるとこの成長期が極端に短くなり、太く長く成長する前に細く短い段階で髪の毛が抜け落ちてしまいます。

抜けた後からは、また毛が生えてくるもののヘアサイクルに異常をきたしているので、短い毛の段階で次々に抜け落ちてしまいます。

その結果頭皮がすけたり、額が禿げ上がるなどの症状が観察されるようになります。

このような状態はさらに進行を続け、抜ける髪の毛の量の増加と抜け落ちて頭皮が暴露される面積は拡大を続けます。

その意味でAGAは進行性の病気であることは確かです。

そこでこの悪循環を食い止めるための治療を行わないと、やがては髪の毛自体が生えてこなくなります

それではヘアサイクルの乱れはどのようなメカニズムで生じるのでしょうか。

これは男性ホルモンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞の受容体に結合することで、ヘアサイクルの異常が起こります。

ところでDHTは5αリダクターゼと言う還元酵素の働きによって、男性ホルモンから生成された物質です。

従ってこの5αリダクターゼの働きを阻害できれば、ヘアサイクルも正常化しAGAの改善を期待できるでしょう。

このようなAGAのメカニズムに着目した治療薬は医療機関を受診して処方してもらう必要があります。

一般的には皮膚科や美容皮膚科、美容外科等を受診して治療を開始することになります。

このように皮膚科等でAGA治療を受けることのメリットは、AGAの改善効果があることが科学的臨床検査において実証されている治療薬の投与をうけることが出来る点にあります。

皮膚科等でAGA治療を受けるときの中心的な役割を果たすのは、有効成分フィナステリドを含んだプロペシア服用療法です。

プロペシアには髪の毛の成長に有害な作用を持つDHTを生成する働きを持つ5α-リダクターゼという酵素の働きを阻害する作用があります。

プロペシアの持つ効果は基本的には薄毛の進行を抑えるところにあると考えられていますが、進行を押さえるといった消極的な作用に止まらず、毛髪重量が増えるという積極的な効果も期待されます。

このような効果を持つことから、日本皮膚科学会の男性型脱毛診療ガイドラインにおいてもAGA治療への使用が強く推奨されています。

病院で用意されている選択肢(育毛や発毛を目指すAGAの治療法は?)

病院ではプロペシアを初めとして、様々な治療の選択肢が用意されています。

代表的な治療法の特徴について考察していきましょう。

ミノキシジルの外用療法。

プロペシアは飲み薬の代表格ですが、塗り薬で使用される治療薬も処方されます。

中でもプロペシアは頭皮や毛乳頭への血行促進作用が高く、毛母細胞に酸素や栄養分が行き渡るように血行を促進します。

プロペシアとの併用が行われることがあります。

内服療法。

プロペシアを初めとしてAGA治療薬を服用する治療法です。

植毛術。

薬物療法が奏功せず毛包細胞の活性も消失した頭皮に直接人口毛や自分の毛を毛根ごと移植する治療法です。

人口毛は拒絶反応や定着率の悪さから、日本皮膚科学会のガイドラインでは推奨されていません。

また後頭部の毛を植える自家移植手術は、自分の細胞なので定着率が高く拒絶反応の心配もなく、最終的には自然な仕上がりに落ち着くというメリットがあります。

しかし植えた毛がすぐにふさふさになるわけではなく、移植部分は数週間にわたってシャンプーできないなどのデメリットもあります。

これら以外でもAGA専門クリニックではHARG療法やAGA幹細胞再生治療などの先端的な治療を実践している施設もあります。

医療機関ならではの強い効果を持つ薬を処方してもらえるメリットはありますが、薬である以上は副作用の問題も常に注意しなければなりません。

特にプロペシアについては性機能の低下、射精機能の低下などの副作用のあることが報告されています。

さらにプロペシアを服用中は前立腺がんの検査指標に用いられる血中PSA濃度が50%に低下するため、そのままの数値で検査を行った場合、前立腺がんのリスクを過小評価することになりかねません。

そのためプロペシアを服用している場合には、前立腺がん検査の際にその旨を告げる必要があります。

AGA治療に使用される医薬品育毛剤

画像名の画像

日本初のAGA治療薬であるプロペシアが厚生労働省の認可を受けて治療現場で使用されてきましたが、プロペシアが効果を発揮しない状態でもAGA治療効果を期待することが出来るのが、ザガーロです。

ザガーロの有効成分はデュタステリドと言うものです。

プロペシア同様、AGA発症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きがあり、プロペシアについで日本で認可を受けたAGA治療薬です。

DHTを生成する5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類あることが知られています。

プロペシアはこのうちⅡ型にのみ阻害作用を発揮しますが、ザガーロは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方の働きを阻害する作用をもっています。

従来は5αリダクターゼⅡ型がAGAの発症への関与を持つと考えられていましたが、プロペシアで効果の見られなかった症例でもザガーロを吹く尾要することでAGAの症状の改善が見られたことから、注目を集めています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、従来は前立腺肥大の治療薬として使用されてきましたが、2015年にはAGA治療薬としても厚生労働省より認可を受けました。

ザガーロのもう一つの特徴は、プロペシアに比較して治療効果が高いことです

ザガーロとプロペシアの投与群を比較して、頭頂部の毛髪数、毛髪の太さ、硬毛数においてザガーロが1.6倍上回るという結果が得られています。

AGAの治療においてプロペシア同様によく使用されるのがミノキシジルです。

元来は高血圧治療に用いられていましたが、服用患者に多毛症などが見られたことから、血管拡張作用による発毛効果を有していることが発見された薬です。

従来から薄毛治療に使用されてきた実績もあり、ミノキシジルを配合した市販薬も販売されています。

病院でのAGA治療の現場ではプロペシアとの併用療法が実施されています。

これはプロペシアがDHTの生成に関与する5αリダクターゼの働きを阻害することでヘアサイクルの正常化を期待できる一方で、ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで毛根の血行を盛んにして発毛を促すなど、両者の薬の作用機序が異なるため、互いの成分の長所と短所を補い合うことが期待されるからです。

AGA治療に使用されることの多いミノキシジルですが、副作用の心配もあります。

特に多いのが、頭皮のかゆみを感じることです。

かゆみが生じるメカニズムは、ミノキシジルに含まれるアルコール溶剤であるプロピレングリコールが肌に合わないことが考えられます。

かゆみがあるのに無理して使用を継続すると炎症を悪化させ、さらに強いかゆみなどにつながりかねないので、かゆみが出たら私用を中止して主治医の診察を受ける必要があります。

ミノキシジルは元来高血圧治療などの循環器疾患患者に降圧剤として使用されてきたことから、低血圧の副作用が見られることがあります。

特に狭心症などの循環器疾患を持病にお持ちの方は、医師に事前に相談するのが賢明でしょう。

ミノキシジルは主に外用薬として使用されてきましたが、最近では飲み薬のミノキシジルタブレットも発売されています。

飲み薬のため副作用も外用薬に比較して強く出る可能性があるので、医師の指導の下で的確に服用する必要があります。

これまでは代表的なAGA治療薬を投与する治療法について考えてきましたが、最近では各クリニックにおいてAGA治療薬を数種類組み合わせて、それにアミノ酸や発毛に有用なビタミン類やミネラルを独自の割合で配合した治療薬で、AGA治療を実施しているクリニックもあるようです。

さらに積極的なAGA治療の方法として、AGAメソセラピーなどの治療法も専門クリニックにおいては実施されています。

一般的なプロペシアやザガーロなどの内服療法では肝臓で有効成分が代謝を受けて血流に乗って、患部に有効成分を届けることが前提とされています。

しかしこの方法には、代謝や血流にのって運搬される過程で、体内の各組織に拡散してしまい、高濃度で薄毛の患部に集中して浸透させることが困難であるとの問題点を抱えていました。

これは外用薬のミノキシジルも同様です。

皮膚に満遍なく有効成分が浸透させるのは、困難です。

そこで登場したのが患部に直接薄毛治療薬を注射するという方法です。

この方法はプロペシアの効果をさらにたかめるために併用されることもある治療法です。

その際には特別な各種の薄毛治療に有効な成分を配合したカクテルを、皮下注射します。

そのカクテルには脱毛部位で不足しがちな各種の発毛成長因子を添加することで、一層高い効果を目指した治療が行われています。

これは最近飛躍的に研究が進んでいる幹細胞の知見を取り入れた最新の、AGA治療法です。

AGA治療を専門に行っている一部のクリニックで実施されています。

これは人間の幹細胞を培養する際に、幹細胞から排出される幹細胞成長因子を用いた先進的な発毛治療です。

幹細胞そのものを治療の現場で使用するにはまだまだ効果ですが、幹細胞成長因子を用いた治療は比較的コストが安く、AGA治療の現場でも使用することが可能になってきています。

この治療法の概略を考える前に、幹細胞についての基礎知識をおさえて起きましょう。

人間は60兆個もの細胞で出来ています。

その細胞を生み出す原初の細胞が幹細胞です。

幹細胞は新たな細胞を生み出す際に、分身となる幹細胞の他に別組織に分化していく細胞も同時に生み出します。

この分裂を繰り返しながら、その他の細胞に変化する細胞が骨や筋肉、血管、各臓器へと分化を遂げていきます。

そこで幹細胞を体内に取り入れれば、あらゆるダメージも修復させうる可能性を秘めているといえます。

このように細胞修復に高いポテンシャルを有する幹細胞から、排出された成長因子を脱毛治療に活用したのが、AGA幹細胞再生治療です。

それでは幹細胞成長因子の効果とは、どのようなものが期待できるのでしょうか。

幹細胞を培養する際には、上澄み液の中に数多くの幹細胞成長因子が存在しています。

これらの幹細胞成長因子は脱毛治療との関係の深い作用としては、発毛増毛促進、新生血管の生成、毛髪環境の最適化、毛髪細胞の修復、毛髪周期の活性化、成長期の保持など多彩な効果を有しているのが特徴です。

治療期間は1月に1回程度個人差はありますが半年から1年前後で発毛効果を実感される方が多いようです。

育毛剤には薬局やドラッグストアで購入できる医薬部外品と、医師の処方箋によって入手できる医薬品の2種類のタイプに分けられます。

医薬部外品ではだれでも気軽に入手でき、すぐに薄毛ケアを始めることができます。

育毛剤には各種の薄毛改善のための育毛成分が各社で各種配合されています。

選択肢が広まった言う意味で、新商品も開発されており市販の育毛剤もバラエティが豊富です。

抜け毛のタイプに応じて商品を選ぶことも可能になっているのは、薄毛に悩む方にとって男女問わず嬉しい傾向です。

しかしながら医薬部外品である以上、配合される成分の薬効には限界があるのも事実です。

特に男性型脱毛症(AGA)が薄毛の原因の脱毛症治療においては、医薬品を使用するのが効果的です。

代表的な医薬品のAGA治療薬であるプロペシアは、AGAの脱毛を生じるメカニズムの根本に作用する点で薄毛治療に新基軸を持ち込んだといっても過言ではないでしょう。

最近ではザガーロなどの新薬が登場したり、頭皮への育毛成分のカクテルを注射するHARG療法や、幹細胞研究の知見を取り入れた先進的な治療法などを実施するクリニックも登場し、薄毛治療は長足の進歩を遂げつつあります。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_