ホーム >> AGAコラム >> 女性の薄毛 >> 【女性の薄毛】6つの症状と治療法

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【女性の薄毛】6つの症状と治療法



艶やかな髪の毛は女性としての自信とさらに自分らしく生きる活力を与えてくれるものです。

髪の毛の健康を常に保っていて、いくつになっても自信を持って輝いている人はとっても素敵ですよね。

今回、悩める女性の薄毛治療というテーマにフォーカスして症状別にくわしく解説し、原因や治療法を紹介していきたいと思います

瀰漫(びまん)性脱毛症

AGA_まとめの画像

女性に一番多く見られる脱毛症であり頭髪全体が薄くなるのが特徴です。

徐々に進行していくため、初期の段階で気づきにくく、症状が進行してから薄毛を自覚することが多いようです。

進行するにつれて、髪の毛の分け目や頭頂部にかけて透けて見えてしまったり、髪の毛のボリュームが極端に少なくなってしまうといった症状が見受けられます。

食事のバランスが乱れることによって薄毛になってしまうケースが多々あります。

髪の毛は血液の流れに乗った栄養分を利用し、育っていくので、その栄養分が偏っていたり、欠如しているとうまく育たないのは想像できますよね。

そのため、食事のバランスは髪の毛の成長に非常に大事で、それを怠ると薄毛になります。

特に女性に多いのはダイエットによって食事制限をした結果、必要な栄養分まで制限してしまうことです。

また、ファストフードが大好きでよく食べる方も要注意で、脂分の多い食べ物を摂取することにより、脂肪分が増え、それが引き金となって血行不良を起こす可能性があります。

血液の循環が悪くなると、栄養分が髪へ運ばれにくくなってしまうため、薄毛につながってしまうのです。

ヘアケアが原因で瀰漫性脱毛症になることもあります。

具体的には、洗浄力の強いシャンプーをずっと使い続けることなどが原因です。

シャンプーの成分が、頭皮にダメージを与えることで皮膚のトラブルを招きやすくなってしまいます。

また、シャンプーの洗い残しも薄毛につながる要因の一つです。

シャンプーには界面活性剤が含まれているものが多く、それが寝ている間も頭皮に付着したままだと、ダメージがかかり続けることになるのです。

そして、ドライヤーも扱いに注意しましょう。

ドライヤーの熱風を頭皮に当てすぎると頭皮がダメージを受けますよね。

少し頭皮から離して熱風だけでなく、冷風も使いながら、髪にも頭皮にもダメージを与えすぎないように乾かしていきましょう。

ストレスがかかると自律神経が乱れ、血管が収縮します。

それより、髪の毛へ栄養が行かなくなるので薄毛となる可能性が増してしまいます。

出産

出産によっても瀰漫性脱毛用となります。

分娩(ぶんべん)後脱毛症という病気を紹介するので、そこで詳しくご紹介します。

加齢

女性ホルモンが歳を重ねるごとに減減り、男性ホルモンの比率が高まることによってホルモンバランスが崩れ、薄毛が引き起こされます

また、皮脂等の頭皮を守ってくれるものも減少してくるために、皮膚が乾燥し、抜け毛が増えやすくなります。

AGA_パントガールの画像

パントガールとは女性用の飲む内服薬です。

パントガールの効果としては、抜け毛の改善をサポートし、発毛を促すといった作用があります。

昔は内服薬と言えば、プロペシアやミノキシジルタブレットといった男性向けの治療薬しかなかったのですが、このパントガールが登場したことにより、女性にとっても薄毛の治療や身近になりました。

パントガールの存在は薄毛の女性にとって救世主のようなものと言われています。

もともとは外用薬や頭皮に直接注入する治療方法のみでしたが、パントガールにより、より手軽に治療できるようになっています。

また、他社製品と比べてもその効果は大きく、実験による成功例の多さと失敗例の少なさでは明確に差をつけています。

具体的な使用方法は、成人の場合、1日3錠で、食後に少量の水で飲みます。

3ヶ月間は服用し続けるよう推奨されていて、効果を維持するならば、6ヶ月から1年の長期服用をする必要があります。

症例は出ていないのでどのようなお子さんにどのような影響があるかは未知数ですが、あくまで「医薬品」なので危険が伴います。

必ず事前に医師に相談するのが良いでしょう。

気になるお値段ですが、パントガール1ヶ月分で、

クリニック名 料金
東京ビューティクリニック 5000円
聖心美容クリニック 12000円

となっています。

クリニックによってはこれだけ差があります。

東京ビューティクリニックは初回限定で5000円という設定にしてあります。

通常は8000円だそうです。

AGA_パントスチンの画像

お次はパントスチンという医薬品です。

パントスチンは「アルファトラジオール」という有効成分を含んでおり、このアルファトラジオールは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくのを邪魔してくれて、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を防いでくれます。

このパントスチンは、男性が使用することのできるプロペシアとおおまかに同じ作用を持っています。

ただし、プロペシアは男性ホルモンに与える影響が大きいために、副作用の可能性が比較的高いため女性が使用できなかったのに対し、パントスチンは、女性でも使用することができます。

使い方としては、塗り薬なので、薄毛の部分に、指先で塗りこみます。

パントスチンは、パントガールとは異なり、髪の毛を「生やす」という効果はありません。

その代わり、薄毛が進行するのを抑えてくれるという効果があります。

そのため、パントガールの発毛促進作用と、パントスチンの薄毛進行抑制作用を組み合わせることによって、薄毛治療の効果を上げるといった手法が取られています。

パントスチン1本(100ml)の気になる価格はこちらです。

クリニック名 料金
聖心美容クリニック 11000円
青山エルクリニック 10500円

続いてはHARG療法というものです。

こちらはハーグと読みます。

「頭皮に直接成長因子を注入する」治療なのがHARG療法です。

KGFといった毛母細胞の増加を促進するものや,PDGFといった毛髪の成長期を維持するもの,VEGFといった頭皮の血管の新生の作用があるものといったように、発毛の有効成分を多分に含んだAAPEという薬剤を頭皮に注入します。

このことにより、細胞を活性化させ、髪の毛の発毛を促進させることが期待できるのです。

例えば、ヘアサイクルでいうと、薄毛、脱毛症のときは休止期が数カ月~数年だったところをHARG療法によって2~3ヶ月に短くします。

このHARG療法なのですが、とても画期的な最先端の治療で、副作用がなく、女性でも安心して治療を受けることができるところが特徴です。

治療期間は、半年から1年ほどで、その間に数回クリニックへ行き、複数回に分けて注射をするイメージです。

また、女性にとって朗報なのが、このHARG療法は男性よりも女性のほうが効果を得やすいという結果が出ています。

理由として、女性の場合は男性ホルモンによる影響を受けにくく、男性に比べ発毛した毛が早い段階で成長するとされているからです。

せっかくの機会なので、利用することをおススメしますが、なによりも費用がちょっと手を出しづらいのが現状です。

6~10回1コースが基本とされていておおよそ月一回の通院をします。

これを半年行うので合計費用はたいだい120万円ほどかかります。

心理的ハードルもあると思うのでご自身のお財布と相談する意味も込めて一度医師の方と相談してみてはいかがでしょうか。

分娩(ぶんべん)後脱毛症

AGA_妊娠中の画像

女性に特有の薄毛の症状の一つであり、出産に伴う女性ホルモンの変化が原因で起こる脱毛症です。

妊娠中は髪の毛の成長に関わる女性ホルモンが増加し頭髪の成長を促しますが、出産後に女性ホルモンの働きが弱まってしまうと髪の毛の成長が止まり一斉に休止期という髪の毛が抜ける期間に入るために薄毛を発症してしまうのです。

しかし、この分娩(ぶんべん)後脱毛症はこうした出産に伴う女性ホルモンの変化によって起こる脱毛症のため、一過性のもので出産後から半年から一年で多くの人が自然に元に戻ると言われています。

一方で症状には個人差があり回復に至るまでに長い期間がかかったり、高齢で体力の回復が遅い場合には完治しないこともあるそうです。

そのような場合は専門のクリニックに相談してみるとよいでしょう。

また、産後のストレスなどにより、他の脱毛症を発症する恐れもあるため注意が必要です。

特に女性にとって産後に抱える問題はたくさんあり、つらい時期もあるでしょう。

周囲の理解と協力を得て、助けてもらいながら、子供はもちろんのことご自身の健康管理にも十分気を付けて育児を行っていきましょう。

それでも不安だという方は、皮膚科や産婦人科、薄毛専門のクリニックに相談することをおススメします。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性脱毛は頭皮で分泌される皮脂の分泌過剰による脱毛症です。

頭皮のトラブルによる脱毛症も気をつけなければなりません。

本来、脂漏性皮膚炎という、頭皮だけでなく、顔のTゾーンなどにも発症する皮膚炎が原因で、それがひどくなって脱毛するといった背景があります。

この脂漏性皮膚炎は過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症をおこしてしまうことで発症に至るというものです。

マラセチア菌というカビの一種が繁殖し皮膚炎や湿疹を引き起こすというものです。

マラセチア菌にとって皮脂は餌なので、これを放っておくとどんどん繁殖してしまいます。

どのような状態になるかというと、頭皮が赤くカサカサし、かゆくなってしまいます。

フケも出てきたりするので、注意が必要です。

基本的に、食生活の乱れや不適切な洗髪の方法に起因すると言われており、生活習慣全般の見直しが必要となるでしょう。

皮膚炎を治療する必要があるので、ステロイドによる消炎や抗真菌剤によるマラセチアの除去を行う必要があります。

また、刺激の少ないシャンプー等で丁寧に皮脂を落としましょう。

炎症を抑え、溜まっている皮脂を取り除くのが先決です。

しかし、ただ溜まっている皮脂を取り除くだけでは根本的な解決にはなりません。

そのため、普段からの生活を見直しましょう。

適度な運動は薄毛にも効果があります。

なぜかというと、血行がよくなることで、髪の毛に栄養分が回りやすくなるからです。

ヨガだったり、いつもエスカレーターを使っているところを階段で登ってみたり、ハイキングをしたりするなど、あまりきつすぎず、嫌にならない程度の運動がおススメです。

ダイエットにもなるし、健康な体作りの基本ですので、すぐにでも実践しましょう。

脂肪分の摂りすぎはダイエットを意識するような方にはもう聞き飽きたと言われそうですが、スナックやナッツ類などの脂肪を含むものは頭皮に悪影響なので、なるべく避けましょう。

アルコールやたばこ、辛い物やコーヒーなど、撮りすぎるとよくないものもあります。

できるだけ避けることをおススメします。

あまりにもかゆい、痛いという症状が治らない場合は皮膚科に診てもらいましょう。

皮膚科で外用抗真菌剤や抗ヒスタミン剤の処方をしてくれます。

粃糠性(ひとうせい)脱毛症

粃糠性(ひとうせい)脱毛症は、フケが大量に出ることで毛穴を塞ぎ栄養が行き届かなくなることで発症する脱毛症です。

ただフケがよく出るなあくらいのレベルではないようです。

次元が違うらしく、軽く触っただけでボロボロとフケが落ちるようです。

原因としては、脂漏性(しろうせい)脱毛症と似ていて、フケが毛穴を塞いでしまうことによってマラセチア菌が大量に増殖してしまうことによってかゆみと炎症がひどくなってしまいます。

頭皮の脂を気にするあまり過剰に洗い過ぎたり頭皮を痛めるような誤った洗髪方法や日々の生活習慣が原因と考えられており、こちらも合わせて気を付けたいところではあります。

円形脱毛症

ストレスや自己免疫疾患が原因で発症すると言われていますが、突然抜け毛が増加したと思ったら、円形脱毛症を疑ってみたほうが良いかもしれません。

円形脱毛症には単発型、多発型、蛇行型や汎発型などさまざまな円形脱毛症の型があり、多発型の場合には脱毛範囲が大きくなることがあり、早期に医師による診察、治療が重要となります。

具体的に円形脱毛症の原因としては、自己免疫疾患が主な原因として捉えることが多いようです。

自己免疫疾患とは、簡単に言うと、免疫の働きが異常を起こすことを表します。

免疫とは本来、一度かかった病気にはもうかからないように体を守ってくれるものですが、この免疫が、正常な細胞を勘違いして攻撃してしまうといった異常を起こすことがあります。

ただ、正確にこれが原因ですと断言しているわけではないため、さまざまな要因を探りつつ改善していく必要があります。

治癒しても繰り返し発症することがあるため、一度回復しても様子を見ながら付き合っていく必要があるようです。

円形脱毛症が重度になってくると、汎発性脱毛症という、全身の体毛が抜け落ちてしまうという症状が表れます。

ここまでなってくると非常に怖いもので、治療法も明確に定まっていないのが現状です。

そのような症状が見受けられたら早めに皮膚科を受診し、対処しましょう。

牽引性脱毛

AGA_黒髪の画像

物理的な要因で脱毛症に至るケースです。

ポニーテールなど、強く髪の毛を引っ張られるような髪型を長時間続けていると頭皮に負担がかかり、薄毛抜け毛になってしまいます。

強く引っ張られている部分に目立って抜け毛が進行するのが特徴で、一般的には頭皮に負担のかからない髪型にすることで回復に向かうといわれています。

ショートカットの髪型にしてみたり、ロングでも流した髪型にしてみたりといろいろとアレンジしてみるといいかもしれません。

といったように女性の薄毛に限っても様々な症状とそれに至る原因があります。

思っていたよりもたくさんあって、自分がどの症状を抱えているのかわからなかった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

誤った対処をしてしまったり、なかなか改善しないことを思い悩んでストレスになってしまうと悪循環なので早めに医師に相談することがなんといっても大切です。

最近では女性に配慮した専門のクリニックがたくさんあるのでぜひ早めに相談にいってみてはいかがでしょうか。

女性の薄毛対策

AGA_白い服の女の人の画像

女性の薄毛の要因は多種多様かつ複合的です。

原因が自分で判断できない場合は、髪の毛のプロである専門家に相談して見ることが最善な方法だと思います。

以下では、無料カウンセリングを行うクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料

_

東京ビューティクリニックは女性の髪の毛専門のクリニックで、全国に展開している大手のクリニックです。

東京ビューティクリニックの治療実績は非常に多くの事例があり、その豊富な事例から患者に適合した治療の提案ができるという優れたクリニックです。

東京ビューティクリニックでは以下のような治療ができます。

Rebirth Ladyは女性用の発毛薬で、ホルモンバランスの乱れを正して、薄毛を改善する効果と身体の内側と外側から髪の健康を整えるという働きをします。

内服薬と外用薬の2種類があり、両方を使用することで、身体の内と外から効果を発揮してくれるのですね。

Rebirth Ladyはこのような人におススメだとされています。

髪のボリュームが無くなってきた 最近、毛髪が全体的に薄くなってきた シャンプー・育毛剤を使用しても効果がない 発毛サロンやエステに通ったけど発毛しない 髪が細くなってコシがない 抜け毛が多くなってきた 頭皮が脂っぽくなってきた 地肌が目立ってきた 髪に艶がなくなってきた 毛が細くなってきた

次はFAGAメソセラピーという治療法です。

発毛促進効果のあるミノキシジルと発毛成長因子を含んでおり、頭皮に直接注入します。

FAGAはヘアサイクルが正常に機能しておらず、髪の毛が十分に育っていないことから発症します。

この乱れたヘアサイクルの頭皮に成長因子を注入してあげることで、元気な正常なヘアサイクルを取り戻してくれます。

こうすることで髪の毛はもとの成長サイクルで発育されるので、フサフサした髪の毛が戻ってくるのです。

細胞を生み出す細胞として、近年注目されている「幹細胞」の成長因子を利用した治療法です。

そもそも幹細胞とは、新たな細胞を生み出すときに必要な細胞で、この幹細胞が分裂し、筋肉や骨などあらゆる細胞に変化する、細胞の元となるような細胞です。

そのため、人間の治癒力の源だとして医学の世界で目を付けられています。

これを薄毛治療でも活用し、髪の毛を再生しようという考えなんですね。

東京ビューティクリニックでは幹細胞成長因子以外にもミノキシジルなどの育毛効果のある成分を配合したカクテルを調合し頭皮に浸透させることができます。

自毛植毛の新しいタイプのものです。

通常の自毛植毛は針で頭皮に穴をあけ、採取していき、1本ずつ毛根をくり抜いて採取しますが、このHair Moving 植毛法では、比較的広範囲でメスを入れ、採取部分を縫合します。

メスを入れるので、傷はつきますが、毛包を傷つけることがないので、(1本1本採取すると、毛根が痛む可能性がある)髪の毛を無駄にすることがなく植毛できます。

元気な髪の毛はできるだけ犠牲にしたくありませんよね。

東京ビューティクリニックではパントガールの処方を行っております。

体の内側から発毛を促進することができます。

基本治療料金
医師の問診 無料
カウンセリング 無料
マイクロスコープ頭髪診断 無料
初診料 無料
血液検査 無料
治療薬料金
パントガール 5,000円(初回)
オリジナル発毛薬 内服薬14,000円~21,000円
外用薬14,000円~
メソセラピー 50,000円~
幹細胞再生治療 60,000円~

まとめ

AGA_まとめの画像

今回は女性薄毛の症状と原因、そして病院での治療について紹介しました。

女性の社会進出などにより体力的、精神的に負担をかけるあまり薄毛に悩み始める方が増え、そしてそれに応える情報も玉石混交です。

自身の症状と向き合った上で、一人で思い悩む前に医師に相談して対処することで心も体も楽になることでしょう。

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料
★初診料&血液検査費無料

_

ヘアメディカル

★たった2分で予約完了
★最寄りから徒歩5分
★カウンセリング無料<

_