AGAコラム

公開日 2017.8.22
更新日 2017.9.27
フィナステリドと飲み合わせが良くないのはどのような薬なのか?
Nkj56_okusurij500

※ 2017.9.27 一部内容更新

薄毛を対策するために、フィナステリドを飲んでいる人や飲みたいと思っている人もいるのではないでしょうか。 しかし、薄毛を対策するためにフィナステリドを飲む場合は、飲み合わせに注意する必要があります。 では、フィナステリドと飲み合わせが良くないのはどのような薬なのでしょうか? ここでは、フィナステリドと飲み合わせが良くない薬についてご紹介しましょう。

 

 

 フィナステリドは飲み合わせが心配

考える男の画像

 

代謝がフィナステリドなどの薬は肝臓で行われるため、副作用として肝機能が下がるものがあるとされています。 このため、専門のAGAクリニックの場合は、肝機能の障害が起きるかどうかを確認するために、フィナステリドを処方する時に血液検査を必ず行います。

 

フィナステリドは、継続して毎日服用することが大事です。 しかし、風邪薬を風邪をひいた際には服用するし、この他にもいつも薬を服用している場合もあるでしょう。 また、フィナステリドとミノキシジルを多くの人が一緒に服用しています。 このようなことから、飲み合わせが心配になるでしょう。 これ以外にも、同時にいくつもの薬を飲むことによって、影響が体にあるのではないかと心配している人は多くいます。

 

 

 フィナステリドと別の薬の飲み合わせ

AGA_注射と薬の画像

 

薬の飲み合わせというのは、医薬品を併用することによってトラブルが発生するかどうかを示すものです。 薬に添付されている説明書には、注意書きとして「併用禁忌」というものがあります。 飲み合わせが良くない薬は、一緒に飲まないようにしましょう。 フィナステリドの場合は、使用禁忌としてメーカーが確認しているものはないようです。

 

つまり、フィナステリドは、どのような薬と一緒に飲んでもトラブルないでしょう。 併用禁忌については、フィナステリドに添付されている説明書にも書かれていないようです。 風邪薬を病院で処方してもらう場合などに、ミノキシジルとフィナステリドを一緒に飲んでいると医師に伝えても、このような併用はトラブルはない、と言ってくれるでしょう。

 

フィナステリドは、メルク社というアメリカの会社で開発されて、1992年からプロスカーという名称で販売されています。 現在は、薄毛の治療薬として世界中で取り扱われるまでになっています。 フィナステリドは、このように普及していますが、併用によるトラブルは認可されてから現在まで発生していないようです。 このことのみでも、フィナステリドと飲み合わせが良くない薬はない、ということが事実であることが窺えるでしょう。

 

 

薬としてフィナステリドと飲み合わせが良くないものはありませんが、併用しても意味がないものがあります。 ザガーロは、フィナステリドと併用しても意味がありません。 では、ザガーロとはどのようなものでしょうか? ザガーロというのは、成分としてデュタステリドと言われるものが含まれており、「第2のAGA治療薬」であるとフィナステリドとともに言われているものです。

 

日本においては、本社がイギリスにあるグラクソ・スミスクライン株式会社が、2016年に販売を始めました。 ザガーロは、フィナステリドと同様に、AGAの一つの要因である5αリダクターゼの働きを阻害する効果が期待できます。

 

フィナステリドの場合は、2型の5α-リダクターゼのみを対象にしています。 しかし、ザガーロの場合は、1型も2型も効果が期待でき、考えているような効果がフィナステリドで期待できなかった人の場合でも、効果が期待できることがあります。

 

フィナステリドの併用禁忌薬に、ザガーロがなっているということではありません。 しかし、両方とも5α-リダクターゼの働きを阻害する薬であり、効果がダブルになるため一般的には併用しません。 併用禁忌ではありませんが、医薬品を飲み過ぎると負担を肝臓に与えるため、このような併用は止めましょう。

 

体質によって、ザガーロとフィナステリドのいずれが効果が期待できるかは違ってきます。 遺伝子検査によって、高い効果が期待できる方を処方してくれるクリニックもあります。

 

参考:ザガーロの費用とその副作用を徹底調査!

 

 

フィナステリドは、AGAの別の治療薬と一緒に使用される場合があります。 目的としては、AGA治療に成功する確率をアップするためです。 フィナステリドの効果は、基本的に、AGAが進むのを遅らせることで、発毛を促すことではありません。 そのため、発毛を促すことが期待できる薬を、髪の毛を多くしたい場合は併用するようになります。 ミノキシジルが代表的な薬です。

 

また、育毛剤の場合は、ノコギリヤシが配合されているものも多くあります。 つまり、フィナステリドとノコギリヤシやミノキシジルの飲み合わせは問題ないでしょう。 専門のAGAクリニックでも、薄毛が進んでいると、同時にこのような薬を処方する場合があります。

 

 

AGA治療をしている場合には、病気に新しくなることもあり得ます。 このような場合は、AGA治療薬との飲み合わせを考えることが必要です。 AGA治療のためにフィナステリドをいつも飲んでいる場合は、体調が良くない時は困るでしょう。 市販の胃腸薬や風邪薬などと、フィナステリドが併用できるのか悩みます。 しかし、薬局で売られている医薬品は、あまり強い効果はありません。

 

そのため、市販の医薬品とフィナステリドを併用する場合は、神経質にそれほどなることはないでしょう。 体調が良くない時は、医薬品を病院で処方してくれる場合があります。 病院で処方してくれる医薬品は、市販の薬よりも医者の許可が必要である分強力です。 そして、処方される医薬品とフィナステリドの併用による影響がない場合でも、処方される医薬品が良くない影響を受ける恐れがあります。

 

医薬品を処方してもらう場合は、医師に相談するのがいいでしょう。 必ず問診票も書きましょう。 医師に相談したり、問診票に書いたりする場合は、医薬品の商品名ではなく、成分名を伝えるのがおすすめです。

 

 

フィナステリドは、先にご紹介したように、あまり飲み合わせについては注意する必要がありませんが、フィナステリドを飲む際には注意することもあります。 ここでは、フィナステリドを飲む際に注意することについてご紹介しましょう。

 

フィナステリドは、併用禁忌がありませんが、副作用として肝機能がさがった、性機能が下がったりするというようなものがあります。 そのため、フィナステリドを処方してもらう場合は、血液検査などを必ず受けましょう。 専門のAGAクリニックの場合は、検査をフィナステリドを処方する前に行って、副作用があるかどうかを定期的に確認してくれるため安心です。

 

フィナステリドは、医師が処方してくれる薬であるため、ドラッグストアや薬局で買うことはできません。 しかし、ネットで国外のフィナステリド錠を売っている個人輸入代行業者があります。 当然ですが、検査などがないため飲むのは自己責任になるので、大きなリスクが健康上にあります。 また、個人輸入代行業者が売っている薬は、効果が全く期待できない可能性が大きく、国としても注意を喚起しています。

 

薬が単なる偽のものであればいいでしょうが、深刻な悪影響を体に与える恐れもあります。 そのため、個人輸入代行業者から薬を買うのは絶対に止めましょう。

 

髪の毛を早く回復したい場合は、効果を焦って期待するあまり、用量と用法を守らない場合があります。 フィナステリドは、1日に1回、上限が1mgの服用であると添付されている説明書にも書かれています。 そのため、用量・容法は必ず守りましょう。

 

フィナステリドなどのAGA治療薬は、毎日、長期間飲み続けるものです。 そのため、普段の習慣になりやすいため、無意識に飲む場合があります。 この際に注意する必要があるのは、飲んだか忘れた場合です。 飲んだことが分からなくなった場合は、当日は飲まないようにしましょう。 また、昨日飲むのを忘れたので今日昨日の分も飲む、ということも止めましょう。

 

女性に対して、フィナステリドは処方される場合はありません。 というのは、男性器が赤ちゃんにおいて成長するのを、フィナステリドが阻害するからです。 特に授乳中や妊婦の場合は、フィナステリドを飲むだけでなく、皮膚から吸収されないように触るのも絶対に止めましょう。

 

フィナステリドを服用している際は、献血を止めましょう。 というのは、献血したものが女性に使われないようにするためです。 先にご紹介したように、フィナステリドは男性器が赤ちゃんにおいて成長するのを阻みます。 フィナステリドを服用している場合は、十分に注意しましょう。 なお、フィナステリドを飲むのを止めて1ヶ月以上経つと、フィナステリドの成分が身体の中から無くなるので献血ができるようです。 当然ですが、フィナステリドだけでなく、主成分がフィナステリドなどの薬の場合も同じです。

 

前立腺がんを検査する場合は、指標にPSA値がなります。 フィナステリドを飲んでいる場合は、半分くらいにPSA値が下がります。 フィナステリドを飲んでいることを申告しなかったために、前立腺がんが見つかるのが遅くなれば、健康被害が大きなものになる恐れがあります。 そのため、前立腺がんを検査する場合は、フィナステリドを飲んでいることを必ず申告しましょう。

 

 

 フィナステリドの特徴や効果

AGA_外人顔の女性の画像

 

では、AGA治療薬であるフィナステリドはどのよう成分で、どのような効果が期待できのでしょうか? ここでは、フィナステリドの成分、フィナステリドの効果、フィナステリドの注意点についてご紹介しましょう。

 

 

主成分がフィナステリドの薬は、前立腺肥大を改善するためにもともと開発されました。 アメリカのメルク社より「プロスカー」という前立腺肥大症を治療するための薬として、主成分がフィナステリドの薬は発売されました。 しかし、この薬を服用した人で、髪の毛が多くなったという副作用がありました。 その後AGA治療薬としてフィナステリドは開発され、現在のMSD社である万有製薬というメルク社の日本法人から「プロペシア」という商品名で発売されました。

 

プロペシアというのは、AGA治療薬として厚生労働省に認められているものです。 AGAというのは、脱毛症で男性の日本人の約3分の1が発症すると言われています。 早い場合は、薄毛が10代や20代から気になる場合もありますが、主として30代~50代に発症して、40代が特にピークになります。 薄毛は遺伝するとよく言われていますが、2種類の脱毛遺伝子が知られています。

 

2種類の脱毛遺伝子としては、活発に毛根にある酵素をする5αリダクターゼと言われるものと、毛根にある毛乳頭の受容体というレセプターの感受性が良くなるものがあります。 両方の遺伝子とも、DHTという男性ホルモンと関係して、発毛を阻む要因になります。 薄毛を治療薬によって改善するためには、髪の毛の成長を促進するために脱毛を促する酵素の作用を抑制する必要があります。

 

薄毛を治療する場合には、よく主成分がフィナステリドの薬とミノキシジルが使われます。もともとミノキシジルは血圧を下げるために開発されたもので、血管を拡げる働きがあることによって頭皮の血液の流れが改善され、発毛を促進する効果が分かったので、内用薬や外用薬として使われています。

 

なお、ミノキシジルが含まれている発毛剤や育毛剤もあります。 ミノキシジルが含まれている女性用の育毛剤もあります。 主成分がフィナステリドの薬とミノキシジルを一緒に使用することによって、薄毛を改善する効果がより期待できることが分かっています。

 

薄毛の程度が軽い場合は、主成分がフィナステリドの薬だけで、中度以上の薄毛の場合は主成分がフィナステリドの薬とミノキシジルを一緒に使用する場合が多いようです。 主成分がフィナステリドの薬の場合は、1錠を1日に服用します。 服用するのは、食事の前でも後でも問題ありません。 また、服用する時間帯としても、特に朝がいいか夜がいいか、決まっていません。 服用する場合は水を飲んで、毎日服用するようにしましょう。

 

主成分がフィナステリドの薬を服用した結果について調べた臨床データによれば、1年間で薬の効果が半分以上の人に見られたそうです。 薬の効果が見られた人の写真を見てみると、分け目が改善したり、毛量が増えたりすることが明らかに分かかる場合もあるそうです。

 

また、服用してから1年経った時と3年経った時の前頭部や頭頂部の写真を比べてみると、1年経った時は改善されたのが58%でしたが、3年経った時は改善されたのが78%で、3年経った時は毛量がさらに増えているそうです。AGAは脱毛症の進行性のものですが、AGAの進行が主成分がフィナステリドの薬を3年間服用し続けた98%の人は、臨床データによると認められないそうです。

 

AGAに自分がなっているのか、自分に主成分がフィナステリドの薬が効果が期待できるのか、ということについては、服用する前に遺伝子検査が病院やクリニックで受けられます。 AGAの場合は、受容体という毛根の中の毛乳頭細胞にあるものが、DHTという男性ホルモンと結合することによって脱毛が発症します。

 

この受容体について詳しく調査すれば、よくAGAになるか、主成分がフィナステリドの薬の効果が期待できるかかが分かるそうです。 主成分がフィナステリドの薬は効果が期待できない場合もあるため、この場合は他の治療法や治療薬を探すようになります。 AGAの治療法としては、主成分がフィナステリドの薬やミノキシジルを服用する以外にも、HARG療法や外用薬によるものもあります。

 

対応は病院の皮膚科でも行っていますが、治療薬を処方する方法がメインになるようです。専門のAGAクリニックの場合は、クリックによっても違っていますが、治療薬とは違って別の治療法も採用しているようです。 無料カウンセリングを専門のAGAクリニックの中には行っているところもあるため、このようなところで治療法や分からないことについては相談してみましょう。

 

 

では、どのようにフィナステリドは働いて、AGAを防ぐのでしょうか? フィナステリドは、前立腺肥大症を治療するための薬としてもともとは開発されました。 前立腺肥大症の場合は、毛乳頭や前立腺、皮脂腺にある酵素である5αリダクターゼと言われるものが深く関係しています。 そして、髪の毛の成長を5αリダクターゼは阻む働きもあります。 フィナステリドは、5αリダクターゼを抑える作用があるので、脱毛症が進むのを抑制する効果が期待できます。

 

90%以上の男性ホルモンは、性ホルモンのテストステロンというものです。 テストステロンは、性格が闘争的になる、筋肉が発達する、濃い体毛になるなど、男性的な性格・外観と関係するホルモンです。 このテストステロンが酵素の5αリダクターゼというものと結合することで、DHTというジヒドロテストステロンという男性ホルモンの強力なものになります。

 

ジヒドロテストステロンの役目は、性機能を構成するものがありますが、これ以外に前立腺肥大、髪の毛の成長の阻害、濃い体毛の作用もあります。 5αリダクターゼは、還元酵素として全身、頭頂部、側頭部、前立腺にあるものです。 1型と2型が5αリダクターゼにはあり、1型は全身にありますが主として皮脂腺にあり、2型は生え際や前立腺、頭頂部、毛乳頭などにあります。

 

フィナステリドは5αリダクターゼの2型を抑えるために効果が期待でき、ジヒドロテストステロンというAGAの要因になるものを生成することが阻害されるので、薄毛が進まなくなります。 優性遺伝子は活発に5αリダクターゼがなる遺伝子であるため、薄毛は遺伝するということも本当であるようです。 しかし、遺伝子を受け継いだということでも、早く薄毛になるということでも必ずしもないようです。

 

髪の毛は、毛周期として成長期・休止期・退行期というものがあります。 成長期は、基本的に、2年~6年あり、髪の毛がこの間に長く太く成長しますが、毛母細胞という髪の毛の元になるものをジヒドロテストロンがアタックして、成長期が非常に半年~1年と短くなる場合があります。 短い成長期になったことによって、よく髪の毛が育成されない状態で休止期、退行期になってしまって、抜け毛になります。

 

 

フィナステリドは、先にご紹介したようにAGAの改善に対して効果が期待できますが、一方、副作用もあるようです。 では、フィナステリドの副作用はどのようなものがあるのでしょうか? ここでは、フィナステリドの副作用についてご紹介しましょう。

 

肝機能の障害が、重大なフィナステリドの副作用として挙げられます。 体の解毒能力が肝機能が下がれば低下し、朝の目覚めが悪くなったり、慢性疲労で休んだとしても疲れがなかなかなくならなかったりする場合があります。

 

フィナステリドだけではありませんが、薄毛治療の場合は、毛周期が育毛剤、治療薬によって改善される初めの段階において、初期脱毛になる場合があります。 AGA治療薬によって毛根に健康な髪の毛が育成し、この髪の毛が乱れた毛周期で生えた弱い髪の毛を押し出すことによって、初期脱毛は起きます。

 

抜け落ちた髪の毛は、乱れた毛周期によって生えた弱くて細い髪の毛であるため、薬の服用は初期脱毛が起きても止めないようにしましょう。 初期脱毛は、1ヶ月~3ヶ月程度で無くなるそうですが、これ以上長く継続したり、不安になったりした場合は医師に相談しましょう。

 

フィナステリドを服用していた場合は、副作用として男性の性機能が下がったり、性欲が減退したりするというデータもあります。 フィナステリドを服用すると、前立腺の分泌液が前立腺が縮んで少なくなる恐れがあります。 フィナステリドについては、多くの人が副作用として男性の性機能が下がることを相当心配しているようですが、発生する確率は低いようです。

 

これ以外のフィナステリドの副作用としては、発疹、かゆみなどの過敏症、めまい、抑うつなどもあります。 フィナステリドを服用しているため、やる気が出ない、だるいというようなこともあります。 また、フィナステリドは女性が使用しては駄目ですが、女性が男の赤ちゃんを妊娠している場合に使用すれば、お腹の中の男の赤ちゃんの生殖器に異常が発生すると言われています。

 

女性は、触れるのみでもリスクがあると言われているため注意しましょう。

 

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

 

AGA治療にフィナステリドは効果が期待できる治療薬ですが、注意点が服用する際にあるのでしょうか? ここでは、フィナステリドの注意点についてご紹介しましょう。

 

フィナステリドは、食前あるいは食後に、1日1錠を水と一緒に服用しましょう。 女性や子供、アレルギーが薬の成分にある人は、フィナステリドは服用できません。 また、病気の人は医師に相談しましょう。 妊娠の可能性がある、あるいは妊娠している人は触っても駄目です。 半年程度は、薬の効果が期待できるまでにかかると言われているため、効果がすぐに現れない場合でも続けて服用するようにしましょう。

 

フィナステリドは、未成年、女性、肝臓に異常がある人、献血する人は服用できないため注意しましょう。 フィナステリドはDHTという男性ホルモンに働く治療薬であるため、女性のように男性ホルモンが多くない人が服用しても効果は期待できません。

 

また、未成年、妊娠している女性の赤ちゃんの男性器に、良くない影響を与える恐れがあります。 献血する人も、女性に血液を輸血することがあるため避けましょう。 フィナステリドを服用することによって、副作用として肝臓機能の障害もあります。 そのため、肝臓が心配な人は服用を止めましょう。

 

フィナステリドは医師に処方してもらう必要があります。 個人輸入でもフィナステリドは入手できますが、安全性の点で不安があります。 まれに、先にご紹介したような副作用が出る場合もあります。 また、自分ではAGAではないかと考えていても、別の脱毛症の場合もあります。 医療機関の専門のAGAクリニックなどに診てもらって、フィナステリドは入手しましょう。

 

薄毛の場合でも、フィナステリドの効果が期待できない人もいます。 まず、女性の場合は効果が期待できないため、治療薬として女性のびまん性脱毛症の場合には使用できません。 牽引性脱毛症、円形脱毛症の場合も、フィナステリドは効果が期待できません。 また、AGAの場合でも薄毛があまり進んでいると、薬の効果が期待できにくくなるそうです。 そのため、AGAの対策は早めに行う必要があります。

 

 

 効果的にフィナステリドを飲む方法

AGA_スーツの女の人の画像

 

フィナステリドを服用し始めてから数ヶ月が経つが、薄毛が思っていたよりも改善されないと感じている人もいるのではないでしょうか。 結論から言えば、フィナステリドはAGAが進むのを遅らせるための薬で、発毛することは期待できません。

 

基本的に、髪の毛を多くしたいと思っている場合は、発毛の効果が期待できるミノキシジルと一緒に使用することを検討することが必要でしょう。 しかし、ミノキシジルを一緒に使用する場合はお金もかかります。 ここでは、フィナステリドの効果が期待できないという場合に、ミノキシジルを一緒に使用する前に、効果的にフィナステリドを飲む方法についてご紹介しましょう。

 

 

AGA治療薬としては、フィナステリドが間違いなく最も優れています。 しかし、効果として期待できるものは基本的に現状維持であり、フィナステリドが含まれている薬に添付されている説明書の効果・効能についてもはっきり「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と記載されています。 つまり、薬としては発毛が期待できるものではありません。 フィナステリドは、5α-リダクターゼの2型のものの働きを阻害する薬です。

 

これによって、男性ホルモンのテストステロンがAGAの要因にであるDHTに変わるのを抑えます。 薄毛の仕組みは、毛周期がDHTによって乱れ、基本的に成長期として2年~6年あるものが、大幅に短い数ヶ月~1年になり、十分に髪の毛が育成する前に抜けるものです。 フィナステリドは正常に毛周期を戻す作用がありますが、発毛することまでは期待できません。

 

 

先にご紹介したように、フィナステリドはAGAが進むのを遅らせるための薬ですが、AGA治療中のほとんどの男性は、髪の毛を多くしたいと思っています。 そのため、ミノキシジルがフィナステリドと一緒に使用されます。 ミノキシジルというのは、血管を拡げる働きがある薬です。 血管が拡がって血液の流れが改善されることによって、毛乳頭まで髪の毛が成長するための栄養素がよく行き届くようにして発毛を促進します。

 

ミノキシジルは、高血圧を治療する薬としてもともとは使用されていた薬ですが、発毛の効果が期待できることがその後分かって、発毛薬として多くの国で現在では使用されています。 フィナステリドはAGA治療で現状を維持するものですが、ミノキシジルは髪の毛を多くするものです。 AGA治療によって髪の毛を多くするために最もいい方法は、フィナステリドとミノキシジルを一緒に服用することです。

 

ほとんど全ての専門のAGAクリニックが、この2つの薬をAGA治療として処方しています。 つまり、効果がその分期待でき、別の方法より優れているということです。 そして、AGAクリニックに通っているほとんどの患者が、発毛を体感しているようです。 クリニックの中で処方する資格があるところも多く、処方をオリジナルのAGA治療薬として行っていますが、実際にはフィナステリドとミノキシジルです。

 

フィナステリドの場合は内服薬だけですが、ミノキシジルの場合は内服薬と塗り薬の外用薬があります。効果がより期待できるのは、内服薬です。 頭皮に塗る外用薬は、成分が毛乳頭まで行き届きにくいので効果もあまり期待できなく、また体温や皮脂の影響があると効果が非常に下がる場合があります。

 

一方、内服薬の場合は、代謝が肝臓で行われて、成分は体の中に血液を通じて運ばれるため、毛乳頭に確実に作用します。 また、外用薬の場合は1日に2回塗る必要がありますが、内服薬の場合は1日に1錠を1回を飲むのみです。

 

 

フィナステリドは、飲む時期によって効果がより期待できます。 AGA治療の内服薬の場合は、飲む時期を決めましょう。 飲んだ内服薬は、全身に肝臓を通して行き届いて身体に働きます。 この流れが終了しないうちにまた内服薬を飲めば、重複して無駄になります。

 

無駄なく内服薬の効果を期待するためにも、毎日飲むのは決まった時間にしましょう。 また、飲み忘れを防ぐためにも効果が期待できます。 肝臓の解毒作用が、飲酒した場合は働きます。そして、AGA治療の内服薬も、同様に負担を肝臓にかけます。

 

AGA治療薬を飲酒の前後に飲めば、肝臓に過剰に負担がかかります。 負担を肝臓にかけないように、内服薬を飲む時間と飲酒の時間を離しましょう。 よく晩酌する場合は、朝食後に毎日服用するといいでしょう。

 

 

フィナステリドを飲んでから3ヶ月以上経っても効果に満足できない場合は、食生活を改善しましょう。 筋肉などと同様に、材料が髪の毛が成長するためには必要になります。 食事によって髪の毛にいい栄養素を摂ることは、AGA予防のためには効果が期待できます。 外食でサービスされるメニューの場合は、追求するのは美味しさです。 というのは、リピーターを多くして、儲けをより大きくするためです。

 

しかし、お店側のこのような姿勢は、利用する人の健康については気配りしていません。 簡単に言うと、メニューとしては多く脂質が含まれているものが多くあります。 栄養がアンバランスになるのを防ぐためには、外食を控えて自炊をメインにしましょう。 積極的に自炊を行うと、摂る栄養を容易にコントロールできるようになります。 しかし、自炊に変更した場合でも、自分が得意な料理や好きなメニューがメインになると、意味があまりありません。

 

栄養バランスを考えて、髪の毛にいい栄養素を摂ることが大切です。 実は、髪の毛にいい、3つのタンパク質とビタミンと亜鉛の栄養素があります。 髪の毛は、タンパク質でほとんどが構成されています。 亜鉛は、毛母細胞を活発にしたり、分裂させたり、髪の毛の周りのキューティクルに関係するものです。 ビタミンは、頭皮の状態が良くなる効果が期待できます。 AGAを解消したい場合は、積極的にこのような栄養素を摂りましょう。

 

 

生活習慣を見直すことは、AGAを予防するために効果が期待できます。

 

午後10時~次の日の午前2時が、最も髪の毛が成長します。 この時間帯に睡眠していると、よく成長ホルモンが分泌されるため、育毛が促進されます。 そのため、早く寝るようにしましょう。 しかし、早く寝るようにしても、なかなか眠ることはできないでしょう。

 

そのため、同時に早く起きるようにして、このことが習慣になると、これにつれて睡眠する時間も早くなります。 フィナステリドを正しく飲むようにするとともに、ぜひ習慣として取り入れましょう。

 

年をとってくれば、身体を動かすことが面倒になります。 このようなことが薄毛が進む要因になっている場合もあり得ます。 というのは、運動をしなければ血液の流れが悪くなるためです。 血液の流れが悪くなると、薄毛の1つの要因になります。

 

休みの日などに運動を適度に行うのみで、このようなリスクは非常に少なくなります。 そして、運動を適度に行うと、ストレスが無くなる効果が期待できます。 ストレスが身体を動かすと無くなるため、正常に自律神経がなり、AGAが改善されることが期待できます。 つまり、効果的にフィナステリドを飲む方法としては、

 

  • ミノキシジルが発毛に効果が期待できる薬であり、特にフィナステリドと一緒に使用すると効果が期待できる
  • フィナステリドは同じ時間に毎日飲んで、飲酒の前後に飲むのは止める
  • 外食は止めて、積極的に食事で髪の毛に必要な栄養素を摂る
  • AGAの要因になるストレスや喫煙は改善する
  • 運動を適度に行う

 

などが挙げられます。

 

 

 まとめ

AGA_ノートの画像

 

ここでは、フィナステリドと別の薬の飲み合わせ、フィナステリドの特徴や効果、効果的にフィナステリドを飲む方法、についてご紹介しました。 フィナステリドを飲む場合は、ここでご紹介したザガーロ、AGAの別の治療薬、AGA治療薬以外の飲み合わせについて注意しましょう。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【期間限定キャンペーン!10月31日まで!!】
今なら、
初診料 5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円


AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


新宿メディカルPC公式サイト