AGAコラム

公開日 2017.10.8
更新日 2017.10.10
AGAは整髪料NG?整髪料が原因で薄毛になるという噂を徹底解明
Shampooikumou

※ 2017.10.10 一部内容更新

よく薄毛にワックスや整髪料はよくないと聞くけれども、身だしなみは大切なので困っている…という人は多いと思います。

 

はげで困っている人は整髪料を使わないほうがいいとよく言いますが、本当に髪の毛にとって悪影響なのでしょうか?

 

今回、整髪料ははげの大敵という噂の真相について徹底的に解説します。

 

 

 

 整髪料ではげるって本当?

男性のシャンプーの画像

 

「整髪料を使うとはげる」という噂を聞いたことはありませんか?ワックスなどの整髪料は、日頃の身だしなみに欠かせないアイテムですよね。もしもこの噂が本当なら、男性にとって非常にショッキングなニュースです。

 

真相はズバリ、直接的にはげにつながりませんが、原因になることはあります。要するに、100%正しいわけではないが、少なくとも関係性はあるということです。もし整髪料を使う=はげ、なら男性の大多数が薄毛になっていることになります。整髪料をつける人の割合とはげる人の割合は必ずしも比例しません。

 

ここからは、なぜ整髪料がはげる原因になるのかについて詳しく解説します。

 

 

整髪料は髪の毛につけるものなので、何らかの影響はあるのではと思っている人は多いでしょう。では、具体的にどのような影響があるのでしょうか?

 

まずは、髪の毛は何から構成されているのかについて知っておく必要があります。髪の毛の80%以上が三大栄養素の「たんぱく質」によって作られており、髪の毛の成長にはたんぱく質は欠かせないのです。

 

整髪料=はげる を生み出す最も大きな要因が、整髪料に含まれる「合成界面活性剤」という成分です。

 

界面活性剤は、整髪料のみならず普段の生活で使うシャンプーやコンディショナーにも入っており、「膜たんぱく可溶化剤」という髪の毛の元になるたんぱく質を破壊する成分が入っています。 頭皮に合成界面活性剤を着ける頭皮乾燥の原因となり、フケやかゆみを引き起こして頭皮環境を悪化させます。

 

その他にも、シリコン油、アルコール、酸化防止剤、紫外線吸収剤、鉱物油などの油分が含まれており、これだけ多くの成分があれば髪の毛にとっては負担です。特に男性用の整髪料は、女性に比べて短く太い髪の毛をセットするため、強い成分が含まれています。

 

髪の毛の生成に重要なたんぱく質が破壊されれば、髪の毛は育たない。というのが整髪料=はげる の噂を生み出した最も大きな要因なのです。 ちなみに、この界面活性剤はすべての整髪料に含まれているということではなく、含まれていないものも存在します。

 

頭皮に整髪料が付着すると、毛穴の詰まりの原因になります。毛穴が塞がれば皮脂が頭皮の中に溜まり、本来新しく生えてくる髪の毛の成長を妨害するため、薄毛の原因になります。

 

また、細菌やホコリが繁殖しやすくなるので、頭皮の炎症を引き起こす恐れがあります。毛穴が詰まることで薄毛だけじゃなく、男性に多く見られるニキビや吹き出物もできやすくなるのでしっかりとしたケアが必要です。

 

一日中髪の毛をセットする整髪料は、軽くシャワーを浴びただけでは100%落ちません。だからといって、何度も洗浄すると頭皮に強い刺激を与えるので悪影響です。過剰な洗浄により、髪の毛に必要な皮脂を落としてしまい、かゆみが出ることがあります。

 

皮脂はあり過ぎてもよくありませんが、落としすぎも頭皮への紫外線など外部の刺激から保護する役割があるのでよくありません。 ただでさえ整髪料は薄毛の原因になるのに、その原因となる整髪料をちゃんと落とそうと洗浄しすぎるのもよくない、となんだか複雑ですね。

 

ただ、ポイントは整髪料をつけたその日のうちにしっかりと洗い落とすことだけです。

 

直接的な影響ではないですが、ヘアセットによって髪の毛が薄く見えることもあります。

 

例えば、おでこ全体を出すようなヘアスタイルは、多少の額の後退でもはげが目立ちます。頭頂部も同様で、頭皮が透けて見えるヘアスタイルならどうしても薄毛っぽくなります。

 

 

いくつかありますが、代表的なのはこの2つでしょう。

 

整髪料をつけている時に汗をかくと、汗と整髪料が混ざりかゆみを引き起こすことがあります。特に暑い夏の季節には避けられないトラブルでしょう。かゆみがひどい場合は、整髪料の使用を考え直したほうがいいかもしれません。

 

特にムースヤジェル系の整髪料では、かゆみの原因として湿疹などがよく挙げられます。たんぱく質を変性する合成界面活性剤が、頭皮の細胞を弱体化させて湿疹を引き起こすのです。 一度のシャンプーでなかなか落ちない強度の高い整髪料を使っている人でも、洗いすぎでかゆみを生み出している可能性があるので、力を入れてゴシゴシ洗うのは控えましょう。

 

また、頭皮のかゆみは炎症が起こる前兆とも考えられます。炎症が出てからでは遅いので、かゆみが出たら再度頭皮ケアを改める機会にしましょう。 頭皮湿疹には、あらゆる種類があります。以下の症状が出た場合は、気をつけるようにしましょう。

 

 

  • 炎症による赤み
  • 乾燥しフケが出る
  • 頭皮の異常なベタつき
  • 整髪料がしみる

 

 

1:接触性皮膚炎 整髪料やシャンプーなどの物質が頭皮に接触し、その刺激がアレルギーになり伴う湿疹です。かぶれとも言われます。初期段階ではかゆみなどですが、悪化すると腫れたり、小水疱が出ることもあります。

 

2:脂漏性湿疹 頭皮炎症として最も多いのが、この脂漏性湿疹です。皮脂が多くなりフケが増えるのが初期の症状で、皮脂が酸化することで匂いの原因にもなります。悪化するとかゆみがひどくなり、かさぶたができることがあるので、早めの対処が必要です。放置すると慢性化する恐れがあるので、不安な人は専門的な医療機関に相談することが望ましいでしょう。

 

3:皮脂欠乏性皮膚炎 洗浄力の強いシャンプーにより、頭皮が乾燥してしまい、皮膚のバリア機能が損なわれることで角質が剥がれてしまいます。頭皮が乾燥します。バリア機能の低下により、頭皮は非常に繊細になるので、ちょっとした刺激でもかゆみを感じることがあります。 皮脂欠乏性皮膚炎を発症しやすい人の特徴として、アトピー性皮膚炎の素因がある人や潔癖症で何度も髪の毛を洗う人が挙げられます。

 

また銀行員などの紙を扱う人は、手が乾燥するので発症しやすいです。他には、加齢や偏った食生活なども原因になります。 この3つがよくある湿疹です。

 

頭皮に炎症が出ると、フケやかゆみの原因になりはげを引き起こす要因になることがあるので、注意が必要です。また、頭皮にかさぶたができることもあります。

 

過剰な洗髪は乾燥の原因です。一見、整髪料をつけるので、乾燥とは無縁のように感じますが、上記で述べたように整髪料を洗い流すため何度もシャンプーすることがありますよね。乾燥はフケや皮脂欠乏性皮膚炎の原因になります。頭皮を執拗に洗浄しないためにも、まずは整髪料を頭皮に直接つけないようにすることが重要です。

 

 

はげを防ぐには、整髪料の正しいつけ方をマスターすることです。ここでは、いくつかある方法から、とりわけ重要度の高いものをピックアップしました。

 

これは基本で絶対にしてはいけないことです。直接つけると毛穴は閉じてしまい、髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなるので、はげの原因になります。整髪料は髪の毛の半分から毛先を中心につけるよう工夫が必要です。髪の毛が短い人は、なるべく頭皮に触れないように意識しながらセットしてください。

 

どんなにヘアスタイルを一日中キープしたいからと、整髪料のつけすぎは頭皮にはマイナイス要素です。つける量が多ければ多いほど、頭皮や髪の毛に与える負担が増えるため、できるだけ少なめにしましょう。また、一日に何度も整髪料をつける人は危険ですね。髪型が崩れたからと何度もつける人がいますが、はげの原因になるので気をつけましょう。

 

コツは、1円玉くらいの量を指で取って両手のひら全体によく伸ばします。髪の毛全体につけるのではなく、必要な箇所だけつけるようにしましょう。また最近の整髪料は非常に伸びがいいので、少量でもしっかり全体まで行き届くようになっていますよ。

 

毎日、しっかりと整髪料を洗い流すように心がけます。適当な刺激のシャンプーをチョイスしましょう。 低刺激のシャンプーでも刺激はゼロではないので、爪や硬いブラシで洗わないように注意してください。ここでオススメしたいのが整髪料を落とすための「専用シャンプー」というものです。

 

通常のシャンプーにはない油分洗浄成分が入っているため、1回の洗浄でしっかり落とせます。整髪料専用と言ってもある程度の洗浄力があるので、髪の毛の乾燥は避けられません。そんな時にトリートメント効果のあるリンスなどを併用します。 街中の薬局で購入できるギャツビー「パーフェクトクリアシャンプー」がオススメです。

 

メントール配合なので洗浄後のスッキリ感がとても気持ちいいですよ。男性だけに限らず、女性にも愛用されているようです。

 

美容学校時代にバリバリに固めたヘアスタイルを洗う用にかなりリピートしていました よく落ちますよ! キシキシ感は少し感じますが落ちている感がすごいあります(^^) メンズは良いかも(^

 

どろっとした質感で、もこもこと泡立ちます。 他のシャンプーより濃度が濃いと思います。 香りは確かに青リンゴ。 洗い上がりは良いです。 しっかり洗えます。毛穴の汚れもすっきり。 リンスとかつけるまで爽快感があります。 さすがに二日目は頭皮が臭いです。 薬局のワゴンで特価でした。 また見つけたら買いたいです。

 

キュキュッとした洗い上がりのシャンプーが好きなので自分用に買ったのですが、最近はもっぱら主人が使っています。 主人は毎日整髪料を使うので、頭皮の為にも良いかもです。 ★香り★ さわやかな林檎の香り ギャツビーのワックスと同じ香りです 強すぎないのも好印象 ★洗い心地・仕上がり★ 透明なジェル状シャンプー 泡立ちも良く、整髪料も一度ですっきり キュキュッとした洗い上がり 乾かした後はさらさら軽い仕上がり 私も主人もサクセスが好きで以前使っていたのですが、こちらの方がサクセスより安価(近所のDS)だし詰め替えもあるので、しばらくはこっちをリピートしようと思っています。

 

界面活性剤がはげの原因になるのなら、それが入っていないものを選べば頭皮に与える影響は少なくなります。また、現在ではアミノ酸シャンプーや天然素材を使用した低刺激シャンプーが数多く発売されているので、必要な人はぜひ使ってみましょう。

 

低刺激シャンプーを選ぶポイントは、刺激が少ないけれど、一度でしっかり整髪料を落とせるものです。天然素材をベースに整髪料自体にトリートメント効果があれば理想的です。刺激の少ないものなら、髪の毛だけじゃなく体全体に使えるので重宝しますよ。

 

会社や学校など、本当に必要な場合のみつけるようにしましょう。仕事上身だしなみは大切だと思うので、ヘアードライヤーである程度セットの形を作ってつける回数を減らすなど工夫が必要です。プライベートなら帽子をかぶるのもいいですね。 その他に整髪料をつけずにヘアスタイルを作る方法があります。簡単にできるので、ぜひ覚えておいてください。

 

動画も参考に。

  • アイロンで毛束を作る アイロンは女性で愛用している人は多いですね。男性の外ハネスタイルなど長い髪の毛に重宝します。まずはアイロンで小さな束感を作ります。ある程度できたら、まとめてアイロンして全体的にクセを作っていきます。
  • ブラッシング クシで髪の毛をとかしていきます。
  • 手で形を作っていく 全体のヘアスタイルを作っていきます。アイロンである程度毛束をまとめているので、両手だけで結構ボリュームがつきますよ。
  • スプレーで固定する 作ったヘアスタイルをキープします。つけすぎず、ほどほどにしましょう。

 

動画はこちら

 

 

 整髪料の種類について知る

美人の髪型の画像

 

整髪料は何も1種類だけではありません。ヘアスタイルや使用目的によって使い分けることができます。

 

 

全体で10種類ほどある整髪料、ここではひとまず7つ紹介します。今使っている整髪料がいまひとつ物足りないという人は、ぜひ参考にしてください。

 

毛束を作って、毛先に動きを出すのが特徴のファイバーワックス。ファイバーと呼ぶだけあって、「繊維」が含まれています。非常に伸びがいいので、少量でしっかりとセットできますよ。髪にツヤ感が出るタイプなので、つけすぎは髪のボリュームをなくしてしまうことがあります。

 

マット

ドライタイプとも呼ばれる「マット」は、ふんわりとした動きのあるスタイルを作ることができます。つけていてもわからないほど非常に軽い質感なので、かる〜くセットしたい長い髪の人や軟毛の人に最適です。しっかりと固定するタイプではないので、あくまでもクセ毛風など動きをプラスしたい人向けです。

 

「クリーム」は、ファイバーとマットのちょうど中間に位置し、最も使われているタイプです。普段あまり整髪料を使わない人でも、非常に使い勝手がいいので安心して使えます。ショートからロングまで幅広くカバーできるのも、このクリームタイプの特徴です。

 

「ジェル」というだけあって濡れた質感で髪の毛をしっかりと固定します。基本的に整髪料は乾いた髪の毛に使いますが、ジェルタイプは濡れていても問題ないので、朝セットに時間があまり取れないという人に愛用されるタイプです。

 

つけた当初はヌルッとしますが、時間が経てば固定され結構キープ力があります。濡れた質感でツヤを出すのが特徴なので、ボリュームを出したい人には不向きです。

 

髪の毛に吹きかけるだけの手軽さが売りの「スプレータイプ」。整髪料でセットした髪の毛にパーっと吹きかけることでより高いキープ力が持続します。また、最近のスプレータイプでは、ヘアースタイルを固めるだけじゃなく、整髪料としても使えるものがたくさん発売されています。

 

オイルが入っていないので、髪のベタつきが気になりません。パウダーワックスは、ガッチリと固定するタイプではなく、ふんわりとしたボリューム感を出すタイプです。

 

髪をセットしながらヘアカラーとしても使えるタイプです。ただ普通の染色とは若干異なり、シャンプーで落とせます。その日の気分によってちょっと髪色を変えてみたいなっという時にいいでしょう。これからやってくるハロウィーンや各種イベント時に、ぜひオススメです。またメッシュのような特定箇所のカラーリングにも向いていますね。

 

 

筆者のオススメを一挙ご紹介します。

 

ナカノ

10代から30代くらいの若い男性の間でとても人気のある「ナカノ」。最大の特徴は、なんといっても種類の多さでしょう。メンズヘアスタイルなら、ナカノで全てカバーできます。 また、男性の整髪料はセット力や持続力が優先されがちですが、ナカノワックスのほのかな香りは女性にも大人気です。ただし、匂いが強くなるのでつけすぎには注意しましょう。

公式サイトはこちら

 

Amazonで非常に評価の高いスプレータイプの整髪料です。高いキープ力があるのにベタつき感ほとんどがないとユーザーから高い支持を集めています。一度の洗浄でしっかりと落とせるのも人気の理由です。

公式サイトはこちら

 

ブロックのような形が特徴の「ウェーボ/デザインキューブ・ドライワックス」。髪の毛のクセが強い人でも、長い髪の人でも、しっかりセットできる整髪料です。使っているものに別の種類のデザインキューブを混ぜると、より高いセット力やキープ力を実現できます。

公式サイトはこちら

 

 

整髪料のタイプだけじゃなく、髪質もしっかり考慮しましょう。

 

細い髪

髪が細いということはボリューム感が出にくいです。フワッとなるものがベストです。また、髪の毛が細い人は柔らかいことが多いので、一日中セットが崩れない高いキープ力も欠かせないでしょう。

 

太い髪

剛毛タイプの人には、セット力が高く伸びがいいが理想です。整髪料だけでは物足りない場合は、スプレーでしっかりと固めてあげましょう。

 

くせ毛

セット力の強すぎるものだとギシギシ感が出るので、柔らかい滑らかな仕上がりになるタイプがいいですね。キープするためにスプレーの併用もOKです。

 

 

 整髪料以外ではげる人の共通点

画像名の画像

 

薄毛やはげの原因は、何も整髪料が全てではありません。正しい整髪料を選び、使うことはとても大切ですが、それと同時に健康的な生活を送ることがはげを未然に防いでくれます。

 

 

髪の毛も体の一部、ファーストフードなど肉ばかり食べていると髪の毛は健康的に育ちません。普段の生活では髪の毛を生成するたんぱく質やアミノ酸を中心に、バランスのいい食生活を送りましょう。「コンビニ弁当にはバランスよく食材があるので大丈夫」と思っている人でも、弁当には食品を長持ちさせるために、たくさんの添加物が含まれているので注意が必要です。

 

また、お酒の飲み過ぎも髪の毛には悪影響なのでほどほどにしましょう。体内でアルコールを分解しようと肝臓が働き、髪の毛の成長に必要なアミノ酸を消費してしまいます。いくら普段の食事でアミノ酸を摂るように心がけていても、ちょっとした量のお酒で消費してしまうのはもったいないですね。

 

ただ、適量であれば血行促進やリラックス効果などメリットもあります。必ずしも体に悪影響ではないので、上手にお酒とつき合っていきたいものです。 現代人に多くみられる睡眠不足もAGAの天敵です。「3〜4時間寝れば疲れが取れるから十分だ」と思っている人は、しっかり見直す必要があります。たとえ、感覚的に疲れが取れても体の休息にはあまりにも短すぎます。

 

睡眠不足により、成長ホルモンの分泌が減り髪の毛の成長を妨害します。体の成長や疲労回復などが行われる時間帯の夜10時から2時の間は、しっかり睡眠を取っておきましょう。 個人差により理想的な睡眠時間は異なりますが、一般的に6時間から8時間と言われています。少なすぎても、多すぎてもよくありません。起床時にスッキリしていても睡眠不足の可能性はあります。

 

そんな時は、日中の眠気に注目してみます。ちょっとした眠気ならだれでもありますが、毎日眠気に悩まされているという人は睡眠習慣を見直すようにしましょう。

 

 

有酸素運動など適度な運動は、ホルモンバランスを整えて毛母細胞を活性化する役割があります。直接的にはげに結びつくわけではありませんが、はげを引き起こす要因になったり、悪化させる場合があるので注意したいです。

 

定期的な有酸素運動で血液の循環をアップさせ、頭皮や髪の毛までしっかりと栄養を行き届けます。軽く汗をかいたことで毛穴に使った老廃物を取り出しくれます。

 

 

すでに紹介した過度な洗浄や頭皮に刺激の強いヘアトニックなど、頭皮ケアのためにしているものでも、実は頭皮にとって悪影響なものがあります。あくまでもシャンプーは、頭皮の汚れをしっかりと取り除くことが目的です。

 

 

 はげに悩んだらしっかりと治療しよう

画像名の画像

 

薄毛は放置していて治るものではありません。処置を施さなければ徐々に進行していきます。髪の毛が細くなった、抜け毛が増えたと感じたら、早めに対処しましょう。そのために、まずは生活習慣を見直すこと、そして薄毛の治療を行うことがポイントですね。

 

 

AGAを発症したばかりの人は、これ以上状態を悪化させないために早めの対処がカギを握ります。早期発見により、お金のかかるAGAの薬やクリニックに通うことなく、改善が期待できます。

 

洗浄力の強いシャンプーから、育毛シャンプーに変えるだけでかなり違います。育毛剤より安く使えるので、AGA初期の人に非常にオススメです。 たくさんある育毛シャンプーの中から、植物系22種類の成分を配合した頭皮に優しい「チャップアップシャンプー」が評判が高いです。

 

最短1ヶ月で解約できる定期便なら、通常4,840円に対して送料込みで3,280円で購入可能です。シャンプーだけでは物足りないという人には、チャップアップの育毛剤とのセット便もあるので、ぜひ検討してみてください。圧倒的なコストパフォーマンスとユーザーからの高い評価が最大の推奨理由です。

まだ使いだして間もないですが、使い心地は本当にいい感じ。私は髪の毛が油っぽくてすぐべたべたしてくるのですが、洗髪後のサラサラ感が長く続いている感じです! 匂いも優しいにおいで、ボトルのデザインもおしゃれなので育毛シャンプーという感じがしないのがまた気に入っています。

 

以前使っていた育毛シャンプーは薬草っぽいにおいがして苦手でしたが、チャップアップシャンプーはほんのり甘い香りがして好きです。 チャップアップローションも併用で使っていますが、じわじわ髪の毛に効果が表れてる感じはあります。 まだ3か月なのでこれからですが。

 

妻に髪の毛について指摘されるようになってきたので(自分でもきづいてましたけどね…)、前々から気になっていたチャップアップのシャンプーを使っています。 使い心地はいいです!油ぎっしゅでべたべたしそうってっよく言われる髪質なんですが(泣)、洗った後はさっぱりしてサラサラ感が続くようになりました。髪について人から言われなくなったので確実です。 半年近く使っていますが、頭皮環境は確実によくなってきていると思います。毛量が増えたというような目に見える効果が出ていないのでわかりずらいですが。毛が太くなってコシが出てきているのは、触って実感できてます。 シャンプーにしては値段が高いですが、これくらいの効き目があれば安いものだと思ったし、妻からもいいじゃん!と言われるので(妻も私がハゲるよりマシだと思ったのでしょうね(笑))、これからも続けていきます。

 

育毛シャンプーだけではちょっと心配な人には、育毛剤で対処しましょう。頭皮環境を整えて、抜け毛も予防できます。発毛促進効果のある育毛剤があるので、目的に合わせて最適なものを選びましょう。

 

育毛メソセラピーとは、頭皮に直接たんぱく質成分を注入して、毛母細胞を活性化させる治療法です。薬物治療とは違って頭皮に直接育毛成分を注入するので高い効果が期待できます。また男性型脱毛症だけに限らず、女性の「円形脱毛症」や「びまん性脱毛症」にも効果がある治療法です。AGA専門クリニックにて行います。

 

 

頭頂部の髪の毛が薄くなってきた人は、かなりAGAが進行していると考えられます。ここまできたら薬やクリニックなど専門的な治療が必要になります。しっかり治療をすれば改善することがほとんどなので問題ありません。

 

AGA軽度の人同様に、ミノキシジルをはじめとする薬物治療は非常に効果的です。AGAの進行をストップさせるために「プロペシア」、発毛促進なら「ミノキシジル」です。どちらか片方を使ってもいいですが、2つをうまく併用するとより効果が高いです。

 

もともとミノキシジルは、高血圧の人向けに開発された薬で正式には薄毛用の薬ではないですが、実際に使った高血圧の人に多毛症という副作用が報告されたことから、発毛剤として使われるようになりました。また、AGAの進行度合いによりミノキシジルの配合量を選べます。基本は5%ですが、中には3倍の15%配合もあります。

 

専門的な医療機関での治療は、皮膚科の病院とAGA専門クリニックの2つです。皮膚科の病院をAGAクリニックと呼ぶかは微妙なところで、病院では基本的に進行を止めるためのプロペシアのみの処方だからです。それに対して、AGA専門クリニックでは育毛や発毛など、それぞれの症状に合わせて最適の治療法を施してくれます。 具体的な治療内容は以下の通り、

 

 

  • 内外服薬
  • 植毛
  • HARG治療法・セラピーなど注入

 

 

多くのAGA専門クリニックでは、無料のカウンセリングを実施しているので、気になる人はぜひ行ってみましょう。無料なので一切費用はかかりません。可能であれば家の近くにあるクリニックを2つほど行って比較検討しましょう。

 

一点注意したいのは、AGA治療は保険適用外になるので、全て実費になることです。そのため、どのクリニックを選び、どの施術を行うかによって料金は異なります。少なくとも自分で育毛剤を購入するより割高になるでしょう。

 

例えば内外服薬の場合(月)、 5,000円〜10,000円 発毛注射の場合(月)、 8,000円〜50,000円 料金にかなり差があるので、自分の目的に合ったクリニックを見つけるためにしっかりと無料カウンセリングを受けて吟味しましょう。

 

ちなみに、HARG治療法は人間の細胞の元である「成長因子」を頭皮に直接注入する医療方法です。一度注入すれば、成長分子が自ら分泌するので、しばらく発毛効果が持続します。育毛メソセラピーと同様、女性でも受けられる安全な薄毛治療方法です。というのも育毛メソセラピーとHARG治療法の違いは、HARGパウダーがあるかないかというだけで非常に似ています。

 

昔からある対処法ですね。値段はピンキリで、安いものなら数千円で購入できます。一番手軽にできて、即効性のある対処法といえます。

 

ウィッグもかつらの一種で、一般的に知られている化学繊維などで作られた人工毛ウィッグの他に、人間の髪の毛で作られた「人毛ウィッグ」が最近人気です。ヘアカラーやパーマなど地毛と同じような感覚でヘアスタイルを楽しめるのが大きな特徴です。また、人間の髪の毛なので人工毛ウィッグよりもより自然です。

 

植毛

縮毛には、「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2種類あります。 人工毛植毛は、名前の通り人工的な毛を使います。

 

人工毛植毛は、自分の好みに髪の毛の長さや量を調整でき、一度の施術で済みます。ただし、人工の髪の毛を使うため一度抜けてしまうと、二度と生えてこない点、頭皮にダメージがあること点は覚えておきたいですね。人間には、自分のものでない人工毛を拒絶しようとする免疫反応があり、頭皮トラブルを引き起こす要因になります。

 

一方で自毛植毛は、側頭部や後頭部部分など自分自身の髪の毛を使って移植します。AGAの原因となる5αリダクターゼの影響を受けにくい部分の髪の毛を使うので、安心です。95%と高い効果、年齢を重ねるごとに他の髪の毛と同様白髪になったりと自然な仕上がりになるのが大きな違いです。

 

クリニックによって値段は異なりますが、一本あたり300円〜1,000円ほどが一般的です。仮に500本植毛する場合なら、150,000〜500,000円かかりますね。本数はイメージしにくいかもしれませんが、広範囲必要の人は3,000本くらいと言われています。3,000本なら、1,500,000円になります。

 

 

 AGAの人でも正しいやり方をすれば整髪料を使ってもよい

画像名の画像

 

読者の皆さん、いかがでしたか?整髪料=はげるではないものの、薄毛の原因になるということがわかりました。整髪料に含まれる成分が頭皮環境に悪影響を及ぼし、薄毛を誘発する可能性があります。 日常的によく使う整髪料は、正しい使い方とヘアケアで上手につき合っていきましょう。ワックス専用シャンプーなど、整髪料による薄毛の原因を未然に防いでくれるアイテムも多く発売されているので、必要に応じて取り入れたいです。

 

整髪料だけじゃなく、薄毛には不健康な食生活や睡眠不足など日常生活で気をつけたいことがたくさんあります。AGAの症状に気がついたら、生活習慣の改善や育毛シャンプーを取り入れるなど、できるだけ早めの対策が重要になってきます。

 

たとえかなり進行が進んでいる人でも、AGA専用クリニックなど最適の対処法を施せば、ちゃんと改善するものなので諦めないでケアしていきましょう。

 

では、この記事が読者の皆様の役に立てば幸いです。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【期間限定キャンペーン!10月31日まで!!】
今なら、
初診料 5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円


AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


新宿メディカルPC公式サイト