ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> ヘアトニックグロウジェルMONOVO!育毛剤の厳選された成分も詳しく!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

ヘアトニックグロウジェルMONOVO!育毛剤の厳選された成分も詳しく!


カテゴリ

育毛剤といっても様々なものがあり、選ぶのに悩まれる方も多いと思います。

選ぶときのポイントとして最も大切なのはその製品に含まれている成分です。

「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は使用者アンケート調査で実感満足度が驚異の95 %という数字をだしています。

今回はその「MONOVOヘアトニックジェル」について、髪にどのような効果を与え、髪の毛を増やしていくのかを成分とともにみていきたいと思います。

MONOVOヘアトニックグロウジェルとは?

MONOVO

 

 

 

★安全面・健康面が気になる方へ!
★厳選された有効成分!

_

「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は植物由来成分配合の育毛ジェルです。

薬用育毛剤で、様々な有用成分が含まれている指定医薬部外品です。

特徴としては和漢といわれる安全性の非常に高い生薬を使用しているところにあります。

和漢とは、中国でいう草薬のことで、日本で開発された生薬のことを言います。

日本の生薬市場ではその効能の高さから取引される和漢の種類は300種以上に達し、広く常用されています。

その中から髪を増やすのに効果があるものを厳選し、配合しているということになります。

 冒頭でも述べたように「MONONVO」には和漢を中心とした、自然由来の多くの有効成分が含まれておりそのいくつかをご紹介して行きたいと思います。

センブリエキスというセンブリという草から抽出したエキスのことで、センブリに含まれるウェルチアマリンのなどの成分が流れを頭皮に浸透し、血の良くしてくれることで知られています。

血行が良くなると、栄養分をめぐりよく体内に運ぶことで毛髪を成長させ、余計な脱毛を防ぎ、それに比例して髪の毛の生産活動も増えることを助けます。

さらにセンブリエキスには保湿作用もあり、頭皮環境のトラブル予防にもいいといわれています。

健康植として人気の「カンゾウ」には抗炎症効果のあるグリチルリチン酸抗炎症ジカリウムという有効成分が含まれています。

皮脂はほかの頭皮に比べ、雑菌が増えやすいといわれており、このグリチルリチン酸抗炎症ジカリウムは皮脂の詰まり・炎症をふせぐことで髪の成長に必要な酸素が充分に届く状態を整え、頭皮の環境美化を担っているといわれています。

リンドウ科植物のゲンチアナの根や根茎からとれるエキスで、現在では漢方や薬酒などにも使われていることで有名な成分です。

アロマロゲンチンを多く含み、頭皮に潤いを与え、有効成分を吸収しやすく柔らかい土壌にさせる効能を持ちます。

イリドイド配糖体などの髪の生成のアミノ酸類を多く含み、健康なかみの成長をサポートします。

タンニンやフラボノイド、ビタミンなどが多く含まれ、キメを整え有効成分が浸透しやすいよう髪の成長・健康をサポートします。

サボニン、タンニンを多く含み、皮膚を引き締めることで有効成分を逃がさず頭皮の奥まで浸透させ、皮脂の過剰分泌の原因となる頭皮の荒れも防ぐといわれています。

上記のものだけではなく、「MONOVOヘアトニックグロウジェル」には、多くの成分がぎっしり配合されています。

 どんなにたくさん成分が詰まっていても頭皮が吸収してくれなければいみがないですよね。

しかし吸収させ、定着率を上げるための多くの工夫がされています。

 

今までの育毛剤の問題点は液だれ、蒸発があり、定着率が低いものが多かったですが、 「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は定着率がとても高い密着浸透ジェルをつかっています。

液だれをしがちなローションタイプ、吹き付けると蒸発してしまいがちなミストタイプとは違い、ジェルタイプは栄養を深くまで浸透させる事ができるのです。

また、ジェルタイプなので、頭皮への浸透が早いだけではなく、ベトつきがなく髪へのまとわりつきがすくないです。

さらにはヘアスタイルへの影響もでないため、朝の洗髪後でも気軽に使用できます。

育毛剤で使われている「リン脂質」は油分で構成されており水との親和性が低くはじかれてしまうというの欠点があるのですが、「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は水ではなく「濃グリセリン」を採用しています。

「濃グリセリン」は「リン脂質」との親和性が高く、頭皮の奥深くまでの浸透を可能にしています。

 医薬部外品の育毛剤で心配な「成分が安全なのかどうか?」ということですが、「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は安全面・健康面に関して様々な配慮がされています。

 パラベンとは、化粧品によく配合されている防腐剤の一種で、主にメチルパラベン、プロピルパラベンなどがあり、種類によって抗菌力と刺激性が異なります。

敏感肌の方には皮膚が刺激されて炎症を起こすことがあります。

さらに肌荒れなどに塗布した際にアレルギー反応を起こしてしまう「パラベンパラドックス」なども問題視されています。

その成分を使用していないので心配が不要だといえます。

 シリコンとはSi(ケイ素)が科学的に合成された樹脂のことで、髪の表面をコーティングし、なめらかにカバーするものです。

よく市販されているシャンプーに使われているのですが、同時に毛穴つまりなど頭皮環境を悪化させるリスクを持っているといわれています。

シリコンを使用していないのでその点で心配がいりません。

 鉱物油は石油や石炭などの地下資源に由来する油でワセリンなどがこれにあたります。

かつては鉱物油の抽出が現代ほど丁寧に行われていなかったので不純物が含まれていたことも多く、肌に不調をきたす人も多かったようです。

現在では精製技術の進歩でより安全な鉱物油を作ることも可能になりましたが、植物由来の成分を使用しているのでその心配はないといえます。

さらに植物由来の油のほうが体に浸透しやすい、油そのものの栄養価は高いといえるので鉱物油にくらべ優れているといえます。

 化粧品に配合される成分のなかでも気にされる方の多い界面活性剤です。

その中でも石油系合成界面活性剤は肌のバリア機能を持つ角質層を壊してしまうことから影響が多いと考えられています。

この肌のバリア機能が破壊されると水分の保湿、外部からの異物のブロック、外部の刺激からの保護などの機能が失われてしまうので髪には大きなダメージといえます。

これをふくんでいないことは育毛剤として非常に大切なことだといえます。

紫外線吸収剤はt-ブリルトキシジンベンゾイルメタンヤメトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどが含まれている吸収剤です。

紫外線を防げるというメリットがありますが、その防御力ゆえに肌の負担の大きさが問題です。

有機化合物であるため、人によっては刺激を感じることもあります。

紫外線吸収剤をしようしていないのは肌に優しい育毛剤だといえます。

手に入れるには

 「MONOVOヘアトニックグロウジェル」を購入するにはどうすればよいのでしょうか。

サポート体制がしっかりしているので公式サイトがおススメです。

定期購入していただくと、全国一律で送料が無料となるのでお得に購入できます。

また万が一不良品、欠品などのトラブルがあってもきちんと対応してもらえるので公式サイトで詳細をみてみてください。

「MONOVOヘアトニックグロウジェル」には「MONOVOヘアトニックブラックシャンプー」という髪に潤いをあたえ保湿サポートするコンディショナー不要の弱酸性スカルプシャンプーも発売されており、セットで購入すると最大で4200円もお得になるのでまとめ買いがお得です。

個別にも購入できるので検討してみるといいかもしれません。

まとめ

様々な育毛剤がありますが成分分析などをしていくと「MONOVOヘアトニックグロウジェル」には様々な有用成分が配合されていることがわかりました。

特に和漢を中心とした植物由来の成分など非常に安全性が高い育毛剤といえます。

育毛剤を買いたいけど育毛作用だけではなく安全性・健康面が気になる、という方には「MONOVOヘアトニックグロウジェル」はおすすめです。

MONOVO

 

 

 

★安全面・健康面が気になる方へ!
★厳選された有効成分!

_