ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> AGAの治療中でも併用して他の頭皮異常を起こすことがあるって本当?

AGAコラム

公開日 2017.12.3
更新日 2017.12.3
AGAの治療中でも併用して他の頭皮異常を起こすことがあるって本当?
Laboratory-2815641_640

※ 2017.12.3 一部内容更新

AGAの治療薬を半年以上続けていて、発毛や毛髪の成長はあるものの均等に生え揃わないことに疑問を感じることがあります。 頭皮をよく見ると、頭皮の色が悪かったり赤みかかっていたり、ある日にはデキモノのようなものを確認することもあります。 本当にAGA治療薬だけで回復するのだろうか!と不安になったりします。

 

頭皮に起こる症状は、AGAばかりではありません。 AGAと併用して皮膚炎や頭皮乾燥を起こすことや、精神的、身体的から悪影響を受けたことで頭皮に何らかの異常を起こすこともあるのです。 今回は、毛髪の成長を見ていると「AGAだけが原因ではないかも知れない」と思う人に、AGAと併用して起こる可能性が高い症状を解説したいと思います。

 

 

 AGAと他の頭皮異常!毛髪の成長が遅いわけ

疑問の画像

 

 

AGA治療をしているのに、毛髪の成長が遅いと感じる時は必ず何か理由があります。 生活習慣や食生活から起きている、栄養素不足であったり睡眠不足であったりしても毛髪の成長を遅くする理由にありますが、それを改善することが可能な方法は多くありますから、栄養素や睡眠時間を補えば自然に回復する問題でもあるのです。

 

通常、よくある頭皮異常が起こる場合、シャンプーや頭皮ケアをした時に強くマッサージをしたことが原因で赤みやデキモノを作ることで毛髪の成長の妨げになっていることが生え揃わない理由の一つにあります。 その一方で、AGA治療を開始してから1年経過しても生え揃わない人もいます。

 

また、再生治療が必要になるくらい毛母細胞の活性が遅い人もいるので、毛髪が生え揃わないのは「全てが他の原因と併用した症状がある」とも言い切れないのです。 そこで、上記以外の症状で毛髪の発毛や成長状態がおかしいと思うことがあることです

 

自然に回復すると書かれていても、「いつ頃まで続けていると回復するの?」と期間を明記してくれないと目標が立てにくいしどうもしっくりこないですよね。 自然に回復する期間とは、2~3ヶ月経過する頃には回復の兆しが見えてくることを指しています。 つまり、3ヶ月を目途に続けてみても回復しなければ、何らかの異常が他にもあると考えた方が良いので「医師に診てもらいましょう」という意味でもあるのです。

 

頭皮異常を起こしている原因には、身体的な影響からきているものもあります。                   

        

  身体的に起こる症状から頭皮に異常を起こすことがある
原因 肝機能が弱っている時、アレルギーを持った時、ストレスが重なった時
症状 抜け毛、頭皮乾燥、湿疹、デキモノ、赤み、腫れなど

 

上記の原因が、頭皮や毛髪の症状に現れる症状です。

 

全ての症状は、日常的に起こりやすいものですから、一時的に起きたものであれば市販の治療薬を使用すれば自然に治ることもあります。 しかし、上記の原因には、身体的な原因から慢性的になっていてわからない症状や突発的に起こる症状もあります。

 

下記のような毛髪が抜けていく症状は正常範囲だと言える症状です。

 

*AGA治療を始めてから半年くらい順調に毛髪は成長してきたのに、毛髪サイクルによるものなのか夏場を過ぎたことによる季節的な抜け毛なのかわからない抜け毛が多くなる時があります。

 

*薄毛を取り巻いている健康な毛髪でも、冷たいものを飲み続けていたり食べ続けていたりすると、夏場を過ぎたあたりから抜け毛が多くなる時期もあるので、全体的に毛量が減ってしまい余計に薄毛が目立ってしまう場合もあります。

 

*毛髪を生やすために毎日AGA治療薬を服用しているのに、抜け毛が多くなることは残酷な光景を体験してしまうこともあるのです。

 

*AGA治療薬や発毛剤を服用しているのに抜け毛が起こることもあるのです。

 

*日頃から頭皮ケアをあまりしない人 頭皮乾燥や他の原因で上記のような症状を出すこともありますが、頭皮ローションなどで保湿してあげると予防につながります。 逆に頭皮ケアをしていて起こることであれば、他に何らかの原因があるといえます。

 

例えば毎日のように赤みが消えない症状が続いているのは、何らか他の原因による炎症が赤みの原因につながっている可能性が出てきているのです。 頭皮に現れやすい症状 赤みの範囲が広い 色が悪い(茶色っぽい・黄色っぽい) デキモノができる などがあります。

 

頭皮に炎症が起きている場合や血行不良や菌によるものが原因で起こる症状です。 日常使用するシャンプーであったり、強くマッサージをしていたりすると考えられる原因になりますが、シャンプーを変更したりマッサージを止めたりすることで対処ができます。 しかし、頭皮ローションやオイルなどで対処しても一時的だけ効果が出る場合は、何らかの異常が起きていると考えた方が良いのです。

 

AGA治療をしている人の体験で、頭皮に異常が起きてしまったので、皮膚科を探して診てもらった時の話ですが、下記のような皮膚科の医師の例もあるのです。

 

とりあえず、皮膚科へ行って医師から言われた言葉は「外用薬を塗っておけばすぐに治る、それよりも日頃からしっかり洗髪してケアしているの?」と不摂生な生活習慣をしているのではないかと疑う言葉を言いながら、頭皮を見ただけであっさり診察が終了し外用薬と炎症止めを処方された。という話があるのです。

 

確かに外用薬や炎症止めの薬を使用していると数日で治ってきますが、一向に毛髪が生えてこない日が続くので、再び同じ皮膚科の医師に問い合わせると「炎症が治まっているのであれば、問題ないから自然に生えてきますよ」というだけで原因がわからなかったのです。

 

*AGA治療をしていることを医師は知った上での話だそうです。

 

「外用薬を塗って炎症止めを服用していれば毛髪は問題なく生えてくる」と言い切る医師に限って、一向に毛髪の回復の兆しが見えないままになることも少なくないのです。

 

やはり、診察が雑に感じていたので治療薬を疑っていたところ、再び頭皮に赤みが出てきたそうです。 外用薬を塗り続けようとしましたが、これでは治りそうもないと思い別の皮膚科の医師に診てもらうことにすると、医師から「鼻か身体的に何かアレルギーを持っていないですか?」と聞かれたと言います。

 

確かに、「鼻にアレルギーを持っていて歯茎が腫れる原因になっていたことがあります」 と答えると、そのアレルギーは頭皮にあるリンパ球に異常を起こす可能性があり「頭皮の赤みや抜け毛・毛髪の成長を妨げている可能性がある」と言われたそうです。

 

「リンパ球と言えば円形脱毛症の症状と同じ状態なのでしょうか?」と聞くと、確かに同じシステムで起こるのですが、鼻などからくるアレルギーが影響して頭皮にきたものは円形になるとは限らない症状でもあるのだそうです。 AGAの人は、O型やM型の人が多くいるのですが、さらに前頭部や後頭部の抜け毛が多くなることがあるそうで、その症状が一致する場合はアレルギーが原因になる可能性が高いということです。

 

AGA治療薬を半年以上服用しているのに、なぜかコメカミのあたりや前頭部中心から抜け毛が起こってしまい、抜け毛の後は中々生えてこない状態が続いていたのだそうです。

 

*皮膚科の医師にも、鼻に関するアレルギーに詳しい医師がいます。

 

通常、皮膚科の医師は、アトピーや皮膚炎などに詳しいのでアレルギー性の症状を診るのは得意なはずなのですが、中にはしっかり診ない医師もいるので患者は迷惑を被ることが少なくないのです。 以前の医師は、背中や腕や肩などを診ずに患者から言われた頭皮だけを確認しただけなのに、新たに変更した医師は、患者から聞いたこと以外の背中や腕や肩や足など体中に湿疹がないか確認したのだそうです。

 

つまり、医師を変えたことで赤みになる原因の確認方法も全然違ったわけです。 診断結果は、アレルギー性による炎症が考えられると診断されたので、抗炎症薬と抗生物質を処方してもらい以降は耳鼻科での治療を勧められたそうです。 結果的に、頭皮の赤みの問題は解決したそうですが、それでも耳鼻科の治療は長引くようでまだ順調とは言えないのだそうです。

 

下記にある睡眠に関することは、一般的にも起こることがあるAGAと併用している要因です。AGA治療薬を服用していても毛髪の成長を遅らせることが多い症状です。

 

参考:プロペシアには恐ろしい副作用がある?!プロペシアの効果と副作用

 

毎日の睡眠時間が足りていない時間の積み重ねで起きていることを言います。 睡眠負債の解消は、専門家に相談して解決する方が早い回復が期待できるものですが、専門家の扉を叩くまでの時間が持てない人が多くいるのも事実です。   ほとんどの人は、少なからず睡眠負債を抱え込んだまま生活していると言って良いでしょう。毎日眠りにくい人は睡眠負債が関係していることがあります。

 

軽い運動をして体をほどよく疲れさせて入浴すると入眠しやすくなりますが、慢性的に眠りにくくなっている人では、一時的に睡眠薬を利用するか抗不安薬(安定剤)などを服用することで眠りやすい環境を作ることができます。 但し、過剰に使用し過ぎると睡眠薬の効果が聞かなくなってきますから、一定の期間を決めて服用するか医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

睡眠時間についても誤りとなる内容が、いまだに多く書かれていますので、ここで正しい情報として修正させて頂きたいと思います。 毛髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌は「夜10時から深夜2時までのゴールデンタイムが最も多い」と書かれているサイトを見たことがある人も多いかと思います。 医師が書いた多くの著作本やTVまで言っている医師がいますが、それは誤りなのです。

 

毛髪を成長させるために必要な成長ホルモンの分泌時間はゴールデンタイム10時から2時までの時間帯で分泌量が多くなるのではないのです。 睡眠は、眠り始めてから眠りが深くなったり浅くなったり4回から5回ほど規則正しく繰り返し行われた後、やがて眼が覚めてくるシステムになっています。

 

毛髪に欠かせない成長ホルモンの分泌は「睡眠の深さが深ければ深いほど成長ホルモンの分泌量は多くなる」と科学的に解明されたことで「ゴールデンタイムなどの時間帯ではない」ことが証明されたのです。

 

人の眠りをわかりやすく言い換えると「夢を見ない眠り」と「夢を見る眠り」を互いに繰り返して朝を迎えて目覚めています。 夢を見ない眠りに「ノンレム睡眠」があり、夢を見る眠りには「レム睡眠」があります。 夢を見ない眠りは、熟睡している時を指します。情報の整理を行っていると言った方が正しいのかも知れませんが、一般的には「脳の活動を停止している時」という方がわかりやすいでしょう。

 

夢を見る睡眠は、脳が活動している時に見る睡眠状態を指しています。 「浅い眠り」とよく言われているものですが、人は眠っていても脳の活動の仕方で夢を見るといいます。 朝起きた時に、スッキリした寝起きができた人は熟睡したノンレム睡眠が深く入っていたことが影響したことになりますが、体がスッキリせずに夢ばかり記憶に残っている場合は、ノンレム睡眠の深さは浅くレム睡眠に影響されていたことになるのです。

 

つまり、睡眠の質が大きく違うところが「ノンレム」「レム」睡眠に分けられているのです。 眠りの深さが浅いと夢ばかり見ているような状況になります。 浅い眠りは眠っている間も脳が活動していますから、十分寝たつもりでもスッキリしない原因と言われているものなのです。 入眠時間にしても誰もが同じだとは限りませんよね。

 

入眠時間が20時の人もいれば21時や24時・深夜1時になる人もいると思いますし、夜勤の人は朝に眠りに入ることになりますよね。 もしも、ゴールデンタイムが存在するのであれば、夜勤の人は毛髪が成長しにくく細く成長することになりますが、実際そんな人はいませんからね。 成長ホルモンが一番分泌する時は、入眠してから1時間後最も深い睡眠をとった時が一番多くの成長ホルモンを分泌することが研究結果から分かったことなのです。

 

この問題は、間違えた研究結果を出した著作本があったことから、ゴールデンタイムが出る発端になっているのですが、それを連鎖的に間違えて記載するサイトやライターが多くいたことで、現在のサイトや著作本までも毛髪の成長に良い時間は10時から2時までと言った間違いを拡散させているのです。 みなさんの中にも、信じていた人がいたのではないしょうか? みなさんの毛髪も成長をさせるには熟睡することが大切だということです。

 

浅い眠りでも成長ホルモンは分泌されていますが、成長ホルモンの分泌量が違うため熟睡した方が毛髪の為にも体の為にも良いのです。 熟睡しなければいけないとは言っても、自分でコントロールができる睡眠ではありませんから、質の良い睡眠をとるためには、次の方法で行うと良いでしょう。

  • 適度な運動をして体を適度に疲れさせる
  • 入浴をして体をほぐし体内の温度を温める(熱すぎる風呂は逆効果になります)
  • 遅くても入眠する30分前にはTVやスマホを見ない

 

心地よい睡眠を得ることができます。 毛髪を作る成長ホルモンの分泌量は、決して入眠時間が決まっているわけではないことを覚えておきましょう。

 

飲酒量が多い人は、頭皮や顔や体全体までむくみや乾燥しやすくさせます。 大量の飲酒によって脂肪、糖質、タンパク質の代謝に関わるビオチン(ビタミンH) が多く消費されることが、頭皮乾燥から白髪や抜け毛の原因になります。 つまり、肝臓機能がアルコールを分解することを優先するので毛髪を作るたんぱく質が作れなくなることが抜け毛や頭皮乾燥の原因になることもあるのです。

 

若者にも中高年の人にも深酒をする人は多くいますよね。 ビール・焼酎・酎ハイ・日本酒・ハイボールと、毎日飲んでいる人も少なくないでしょう。適度の飲酒であれば血行もよくしますから体にも良いと言えるのですが、飲みすぎるとアルコールが体の機能から乾燥やむくみ・頭皮や毛髪まで悪影響を及ぼすことになるので、飲酒は適量に控えるようにしましょう。

 

血流が悪くなる一番の原因は運動不足です。 体中の血液循環を良くするには、体を動かしてこそ血流の流れが体中に運ばれているのですから、運動の中でも有酸素運動は欠かせないことなのです。

 

*有酸素運動とは? 息をはずませる動きかたをすることができれば、有酸素運動をしたことになります。 リズム体操でも早歩きを繰り返すだけでも息をはずませる効果があります。できれば運動する前に体幹を鍛えるストレッチをするとより効果があるでしょう。

 

さまざまな菌やアレルギー性による症状は、身体的にも大きく影響してくる原因です。 冬場や季節の変わり目に体中がかゆくなる時は、体が乾燥しているせいもあるのですが、アレルギーが原因でカユミや湿疹が消えない時もあるのです。

 

春先から始まるスギ花粉からヒノキ花粉などが原因で、鼻水やくしゃみ・目がかゆくなることがあります。 日頃から、鼻炎症の人で花粉症にかかると1日中ティッシュが手放せなくなる程、鼻水やくしゃみに悩まされます。 鼻水から早く解放されたくて薬を服用すると眠気が取れなかったり、頭が重く感じたりして、毎日憂鬱な日々を送ることが毎年の悩みになっている人も少なくないでしょう。

 

こうした花粉によるものからカビ菌などのアレルギーも、鼻の症状が原因で頭皮にカユミや湿疹を引き起こすこともあるのです。 頭皮に影響を与えているのであれば、アレルギーを治さなければいけませんよね。 頭皮にカユミや湿疹が起こると、頭皮にダメージを与え炎症を悪化させることが良くあります。毛根の収縮作用が弱くなりますから毛髪が抜けやすくなるのです。

 

頭皮のカユミや湿疹は症状に応じて外用薬の強さで対処することができます。 また、鼻の炎症を止めるには、耳鼻科で鼻吸入による殺菌や炎症止めや抗生物質などを服用して治すことができますが、慢性化していると再発することが何度もあるので、頭皮の炎症は抑えられても、慢性化している鼻の症状は、すぐに対処したからといっても治りが遅くなります。

 

しばらくは耳鼻科の薬とAGA治療薬を併用して治療しなければ毛髪の成長も期待できない可能性もあるのです。

 

*鼻に炎症がよく起こる人 医師から部屋の掃除や空気の入れ替えはまめにするように言われます。 鼻に入る菌は、部屋のカビ菌やダニの死骸やダニのフンやホコリに含まれる菌が空気中に舞い上がることから鼻に入り込んで炎症を引き起こす原因になるそうなので、布団や毛布類の掃除は小まめに行い部屋の隅々までホコリを取ることが大切なのだそうです。

 

*カビ菌・ニキビ菌・マラセチア菌などが原因 頭皮のカユミにも頭皮にある常在菌(マラセチア菌)が繁殖することで、脂漏性皮膚炎を起こすこともありますが、他のカビ菌やニキビ菌が原因の炎症やデキモノもあります。 AGA治療をしている時に、そのような症状が現れることもあるのです。 ほとんど皮膚科の治療薬で治せますから、これが治らないうちは毛髪の成長も遅くなります。

 

つまり、AGAの他に起きている症状があれば、その症状から一緒に治す必要があるのです。 カユミが多い時や湿疹が出る時が増えてきたなどの症状が現れた時は、AGAクリニックの医師や皮膚科の医師に診てもらいましょう。 日常起こるような頭皮症状が、AGA治療薬を服用していても起こる場合もあるのです。

 

下記の表にある毛髪の状態は、AGAの初期症状と重なる所がありますが、AGA治療薬を半年続けて服用していても精神的なことから起きている場合があるのです。 毛髪の状態 毛髪が以前よりも細くなっている毛髪にハリやコシがなくなっている 毛髪がパサパサしてかたい感じがする気がつけば抜け毛が多くなっている などの状態を、何気なく毛髪をケアしていた時に気づくことがあります。

 

仕事やコミュニケーション・さまざまな悩みによる不安からくること。 新任・転任先 転勤・転職 新たなプロジェクトリーダー・役職 コミュニケーション(人との付き合いが苦手・団体行動が苦手) などの他にも「不安や緊張を余儀なくされる場所や立場」で起こることがあります。

*円形脱毛症の症状は、ストレスからくるリンパ球による異常が原因とされています。

 

頭皮に起こるリンパ球の異常は、アレルギーや睡眠負債の影響もあるかもしれませんが、ストレスがリンパ球の異常を起こす一番多い症状ともいえるのです。 リンパ球の異常は、ストレスに影響されたホルモンが自分自身の細胞を外敵と思ってしまい攻撃の的にして間違った信号をリンパ球に与えてしまうことが原因とされているものです。

 

このように、AGA治療を行っていても毛髪が思うように成長してこないと感じるのは、ストレスが原因になっている場合も少なくないと言えるのです。 リンパ球を正常な状態に戻すには、皮膚科や精神科の治療も必要になるでしょうが、ストレスの解消法を日頃から持てるようにすることが大切です。

 

AGA以外の何かが原因になっているのはわかっていても、何が原因なのかわからない人も多いので、アレルギーやストレスがないか確認することも必要だと言えるのです。 ストレスの解消方法に「笑う」ことがあります。 人は誰でも、毎日心から笑える「笑い」を意識していればストレスが溜まりにくいという研究結果も出ているくらい「笑うこと」は長生きの秘訣とも言われています。

 

逆にストレスを溜め込むと、病気を発症させやすくし寿命を縮ませる原因とまで言われているものなのです。 現代社会は、ストレス社会と言われているほど、ストレスから逃れられる方法を見つけられないまま毎日を過ごしている人が多くいる社会になっているのが現状なのでしょう。

 

AGAと併用してストレスが影響している場合、とにかくストレスを改善しなければ毛髪の発毛や成長に影響がでてしまうので、ストレスの改善本やストレス科の医師に相談してみると良いでしょう。

 

参考:ストレス抜け毛にありがちな毛根と治し方

 

AGA治療薬は肝臓に負担をかけてしまう薬なので、AGA治療を続けている時にもアレルギーの薬や花粉症の薬・鼻炎薬などを服用することがあるかもしれませんよね。 色々な薬を服用していると、肝臓の負担が多くなることから飲酒をした時に顔や頭皮が赤くなることや疲れやすいと感じることがあります。 お酒や焼酎を2杯程度しか飲んでいないのに、酔っているわけでもなく赤くなるのです。

 

これも、日頃から治療薬や他の薬を服用している影響で、肝機能が弱っていることが考えられる症状です。

*お酒に強い人でも元々アルコールに弱い体質で肝機能に関係なく赤くなることもあります。

 

このような症状が出た時には、生ものやアルコール類は出来るだけ避けて消化の良いものを食べるようにしましょう。 その他にも、寝不足以外の疲れで1日中寝ていても体の疲れが取れない時も、肝機能が低下している可能性があります。日常生活でも仕事をしている時でも、知らない間に疲れやストレスが肝臓にたまって肝機能が弱ってしまうこともあるのです。

 

肝機能が弱ると、体がこれまでにないくらいとても疲れやすく体が重くだるい感じになるのが身体的に出る症状の特徴でもあります。 風邪の症状と間違う人もいますが、そのまま放置してしまうと食欲がなくなり酒に酔いやすくなるばかりか、日増しに疲れが取れなくなり肝炎を起こすこともあるのです。 AGAの治療中に、このような症状が現れると症状を悪化させてしまうので、AGA治療薬はすぐ止めて医師に相談してください。

 

肝臓に炎症を起こすと、頭皮や毛髪にも影響を及ぼしてきます。 頭皮乾燥、毛髪のハリやコシ、毛髪の成長異常(毛髪が折れながら成長してくる)などが起こることがあります。 糖尿病を患っている人にも、頭皮や毛髪に異常をだすのですから、肝臓以外の臓器にも異常が出ると頭皮に悪影響を及ぼす可能性はないとは言い切れないのです。

 

肝臓が弱っている時や悪い時の飲酒は、頭皮や顔から身体まで顕著に現れます。

  • 1杯のお湯割りや熱燗だけで顔や頭皮が真っ赤になる
  • いつもより肝臓のあたりのお腹が膨らんでいる
  • 体がだるくて眠気が治まらない

 

 頭皮異常はAGAと一緒に治療できる?

ノートの画像

 

 

AGA以外の他の症状で治療を受けたい時でも、AGA専門のクリニック(AGA治療薬専門に取り扱うクリニック)では治療ができない可能性もあります。 皮膚科や併用しているAGAクリニックであれば治療することができる可能性があります。 *AGA以外の治療をしていない場合もありますから、メールやTELで問い合わせると良いでしょう。

 

頭皮異常を見つけ出すのは、頭皮だけのものであれば簡単なものもありますが、身体的な影響から出ていれば難しくなることもあります。 まず、異常を起こした原因を探り出すことが肝心です。 AGA治療薬は、他の薬に影響されにくい薬とされていますので、他の症状が出てしまったとしても併用して治療を行うことができますが、症状によっては一時中止することもある薬なので、必ず医師の指示に従って治療するようにしましょう

 

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

 

 AGAと頭皮異常が併用!専門科や治療費は?

電球の画像

 

 

専門科でAGAと併用して治療を受ける時には、事前にAGA治療を行っていることを医師に伝える必要があります。 処方薬によっては、AGA治療薬と一緒に服用できない薬があるかも知れないので、必ず医師にAGA治療薬を服用していることを伝えてください。 但し、肝臓などの異常がある場合はAGA治療薬の服用は一旦中止になります。

 

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

 

AGA以外の頭皮異常の治療費は、ほとんどが健康保険の適用がありますので、費用は安く済むことが多いです。 AGA以外の症状で、保険適用が受けられない症状は今まで解説してきた原因にはないと言えるでしょう。

 

ただ、心配になるのは皮膚科で治療するものや耳鼻科で治療する症状など、複数の病院で治療を受けるとなると通院の問題が出てきますから、出来るだけ一つの病院で済ませるようにするには、専門家が多い病院を選ぶことも有効な方法と言えるでしょう。

 

*精神科だけで睡眠科やストレス科がない病院もあります。 耳鼻科も病院にありますが、流れ作業的な診察が多いので、どちらかというと開業医の方が丁寧に診察する所が多いです。

 

*但し、個人的な見解ですが、開業医の医師にも色々いることは確かです。 また、今までに多くの症例を見てきた信頼のできる医師を見つけることも重要になるでしょう。業界最大手とも呼ばれるAGAスキンクリニックなどが有名です。

 

【医療で髪が生える時代が来た】

AGAスキンクリニック

「今なら12/25日まで初診料&血液検査0円
初診料が  5,000円 → 0円
血液検査が 30,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※ 

            公式サイトへ          

 

 

 まとめ

まとめの画像

 

 

抜け毛の原因はAGAだけだと思って治療を続けていたら、他の症状が出てきた人や知らずに他の症状を持っていた人がいる場合もあります。 AGAと他の異常が原因でAGAの治療効果がうまくいかない人もいます。 頭皮や毛髪は、精神的や身体的な影響をとても受けやすいです。

 

AGA治療をしていても他の異常が発症すると頭皮や毛髪にも悪影響を起こすことがあるので、AGAばかりではないことを知っておくと毛髪の発毛や成長がおかしいと感じた時の対処ができると思います。

 

今回、自分の症状が当てはまる人もいたかも知れませんし、諦めかけていた人にも改めて原因を探ることができたかも知れません。 特に、AGA治療を半年以上続けている人で毛髪や頭皮の状態が良くないと思っている人には、少しだけでも参考になればと思っております。

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

【12月25日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※  

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ