ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 増毛と植毛はどちらがおすすめなのか?メリット・デメリット比較!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
増毛と植毛はどちらがおすすめなのか?メリット・デメリット比較!

カテゴリ

増毛や植毛などといった「人工的に髪の毛を増やす」方法がありますが、多くの人が、「増毛と植毛は何が違うのか」と聞かれても詳しく答えることができないと思います。もしかすると「ほとんど同じものだ」と考えている人もいるかもしれません。しかし、増毛と植毛は全くの別物であり、メリットもそれぞれ違います。

 

 

 増毛とは

鏡を持つ男性の画像

 

増毛とは、人工的に作り出した髪の毛を、何らかの方法を用いて頭皮に接着し、髪の毛のボリュームをアップする方法です。アートネイチャーやアデランス、スヴェンソンなどのサロンが有名ですね。植毛は手術が必要な医療行為ですが、増毛は皮膚に直接影響が出ない簡易的な作業で髪の毛を増やすことができるので、短期的にみればお手軽だと言えます。

 

若い方がイメージしやすい言葉で言えば、「エクステ」に近いものだと言えるかもしれません。 人工毛を頭皮に固定する方法にはいくつかの種類があります。

 

髪の毛の根元の部分に人工毛を結びつけて髪の毛を増やす方法です。何本かの人工毛がセットになっているので元となる髪の毛が1本であっても、それを3倍や4倍に増やすことができます。

 

スヴェンソンで使用される増毛法がこの編み込むタイプです。髪の毛の根元の部分に素材となる糸を何本か通し、その糸の上に人工毛を結び付けていくという方法です。

 

特殊な薄いシートの上に人工毛を植えつけておき、シートごと頭皮に貼り付けるという増毛方法です。シートを貼りつけなければいけないので、髪の毛を剃る必要があります。

 

増毛とは少し違いますが、人工的に作られた髪の毛を頭に取り付けるという意味では、一種の増毛です。「かつら」と言った方が分かりやすいかもしれません。最近はファッションアイテムとしても若い人が使用することもあるウィッグですが、増毛法の一種と考えることもできます。

 

 人工毛のメリット・デメリット

画像名の画像

 

人工的に作り出した髪の毛を増毛によって取り付けるという方法は、そのほかの育毛や植毛とは全く異なります。AGA治療薬などを使った育毛の場合は、基本的に「自分の髪の毛をどうやって回復させていくのか」という部分にスポットが当たりますし、植毛の場合は、自分の髪の毛を一旦採取して、それを再び植え直すという形になるので、使うのは自分の髪の毛だけです。

 

そういった意味で育毛や植毛は「自給自足」とも言えるかもしれません。増毛の場合は人工毛を使用することになるので、自給自足と比較するなら、「外国からの輸入」という形になります。これだけ特徴が違うのですから、当然メリットとデメリットもはっきりと分かれています。

 

人工毛を使用するメリットは大きく分けて2種類あります。その2種類とは、「髪の毛が少なくてもできる」ということと、「早く手軽に出来る」ということです。それぞれについて更に詳しく解説していきます。

人工毛を使用した増毛は、髪の毛が非常に少なくなっていたとしても、対応することができます。植毛のように自分の髪の毛を使うわけではないので、外部から増毛に使用できる髪の毛の本数は、理論上は無限大です。好きなように、思ったように増やす事が出来るのです。

 

特に、女性の薄毛の代表的なパターンである「びまん性脱毛症」の場合、頭部全体の髪の毛が均等に薄くなっていくので、「後頭部の髪の毛を前頭部に移植する」のような植毛手術を行ってしまうと、逆に髪の毛のバランスを崩して不自然にしてしまいます。こういった場合も、増毛であれば全体を均等に増やすことができるので、自然な状態でボリュームアップすることが可能なのです。

早いというのは、増毛の施術にかかる時間のことです。一部分だけの増毛であれば、20分から30分程度で終了し、頭部全体の増毛をする場合であっても、2時間あれば終わると言われています。増毛であれば施術を受けるための時間的負担は少ないといえるでしょう。 また、手軽というのは施術を受ける前の精神的なハードルのことです。

 

内服薬によるAGA治療の場合は、化学薬品を体内に取り入れることになるので副作用のリスクが伴います。植毛手術の場合は、医療行為ですので手術が必要になります。その意味では、増毛は、本人の体に与える影響が非常に少なく、気に入らなければすぐにやめることも可能なので、精神的ハードルが低いのです。

 

メリットがある分、人工毛にはデメリットも存在します。人工毛のデメリットとは「本質的に髪の毛が増えるわけではない」「定期的にメンテナンスをしなければいけない」「抜け毛の原因になることがある」という3種類のデメリットです。それぞれについて解説していきます。

増毛によって人工毛を取り付ける場合、最も大きなデメリットがこの部分になるのではないでしょうか。人工毛を使用することによって一時的に髪の毛が増えたとしても、それは結局自分の髪の毛ではありません。人工的に作り出された髪の毛です。

 

言葉が悪いかもしれませんが、増毛している間というのは、「薄毛をごまかしている」という状態であり、人工毛の裏側で薄毛はどんどん進行していくという可能性があります。薄毛がある一定以上進行してしまうと、結び付けるタイプの増毛や、編み込むタイプの増毛は不可能になってしまいます。

 

そこまでの状態になると「もっと早く内服薬などを使用した育毛治療をしておけばよかった」「費用はかかったとしても植毛手術をしておけばよかった」と後悔することになるでしょう。

増毛を行った時にどうしてもついて回るデメリットが、定期的なメンテナンスです。育毛にせよ植毛にせよ成功すればそれは自分の髪の毛ですので、メンテナンスを行う必要はありません。しかし、人工的に作り出された髪の毛は、いわば無理やり頭皮にくっつけている状態なので、時間がたてば綻びが生じます。

 

例えば、自分の髪の毛の根元に結び付ける方式で増毛を行った場合、髪の毛が成長するにしたがってその結び目は上にせり上がってきます。すると、どうしても見た目は不自然になってしまいます。その不自然さを解消するために定期的にメンテナンスを行わなければいけないのです。これは編み込み方式でも同じですし、シートで頭皮に貼り付ける場合でも同じです。

 

増毛を行ったサロンに定期的に足を運び、お金を払ってメンテナンスしなければいけません。 つまり、増毛している間は、常にお金がかかり続けるということになってしまうのです。そう考えると、初期費用は植毛手術よりも安いものの、長期的に見れば増毛の方がお金がかかるという結果になってしまいます。

エクステをつけたことがある人はわかると思いますが、元々生えている自分の髪の毛に人工的な髪の毛を取り付けるというのは、もともと生えている自分の髪の毛に対して、強い負担をかけます。場合によっては痛みを伴うケースもあるようです。一定以上の負荷が長期間にわたってかかり続けると、「牽引性脱毛症」という脱毛につながる可能性があります。

 

また、シート貼り付けるタイプの増毛を行った場合、シートが肌に合わなかったり、蒸れて頭皮の湿度が上がってしまったりすると、頭皮が炎症を起こしてしまいます。頭皮が炎症を起こすと今度は「炎症性脱毛症」という脱毛につながってしまう可能性があります。 これらは多くの人の薄毛の原因であるAGAとは少し違いますが、髪の毛を減らす要因です。

 

髪の毛の健康状態を悪化させる可能性があるという意味では、薄毛でナーバスになっている人の悩みの種を、さらに大きなものにしてしまう可能性もあるということです。

 

 植毛のメリット・デメリット

画像名の画像

 

短期間で髪の毛を増やす方法には、増毛と植毛がありますが、増毛には先ほどの項目でお伝えしたようなメリットとデメリットが存在します。では植毛にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?(植毛には人工毛植毛と自毛植毛の2種類がありますが、現在行われている植毛手術はほとんどが自毛植毛です。そのためこの記事では人工毛植毛に絞ってメリットとデメリットを記載していきます)

 

まずは植毛のメリットについてお話していきます。植毛のメリットは大きく分けると「自分の髪の毛になるので、メンテナンスの必要がない」「AGAへの影響受けない」という2種類があります。この2点について詳しく解説していきます。

自毛植毛手術は、毛根ごと後頭部の髪の毛を採取し、それを頭頂部や前頭部などの薄毛が進行している部位に直接植えつける医療行為です。そのため、手術が成功して、拒否反応を起こすことなく髪の毛が定着すれば、移植後の毛根は毛細血管から酸素や栄養素を受け取って、完全な自分の髪の毛として成長するようになります。

 

美容院へ行って、髪の毛をカットしてもらったとしても、他の髪の毛と同じように成長していくので、時間が経って不自然になるということもありません。若い頃と同じようにヘアスタイルをその時々に応じて楽しむことができます。

 

増毛のように定期的にサロンに通う必要はありませんし、維持費が必要になるということもありません。わかりやすく言えば、「自分が薄毛だった」という過去を忘れて生きていくことができるようになるのです。

「せっかく自毛植毛に成功したとしても、再びAGAが発症すれば、その髪の毛は抜けてしまうのではないか?」という不安を持つ方もいます。しかし、後頭部から前頭部や頭頂部に髪の毛を移植した場合、移植後の髪の毛がAGAの影響を受けて抜けてしまうという事はありません。

 

半永久的に移植した髪の毛は定着し、成長を続けてくれます。その理由は、少し専門的な話になるので時間の無い方が読み飛ばしてくれて構いませんが、気になる方は下記を読んでください。

AGAの原因となる悪玉ホルモン、ジヒドロテストステロンは、毛根に存在する「アンドロゲンレセプター」というホルモン受容体に受け取られることによってTGFβという脱毛促進因子を生み出します。しかし不思議なことに、AGAの発症箇所である前頭部や頭頂部の毛根はTGFβを生み出すのですが、後頭部や側頭部の髪の毛の毛根は、そのジヒドロテストステロンの影響をほとんど受けることがありません。

 

そのため極度に薄毛が進行した男性だったとしても、後頭部や側頭部の髪の毛は生え揃っているケースが多いのです。サザエさんでいう波平さんといえば、なんとなくイメージがつくのではないでしょうか。つまり「髪の毛が生えている場所」が問題なのではなく、「ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい毛根なのか、受けにくい毛根なのか」ということが問題なのです。

 

後頭部の毛根、つまりジヒドロテストステロンの影響を受けにくい毛根を移植することによって、移植先の場所が前頭部であったとしても頭頂部であったとしても、定着した後はジヒドロテストステロンの影響を受けないので、後頭部や側頭部の髪の毛と同じようにAGAの影響を受けて抜けてしまうという事が起きないのです。

 

メリットだけを見るといいことばかりのような植毛ですが、もちろん、いくつかのデメリットが存在します。植毛のデメリットは大きく分けると「最初にかかる費用が高い」「医者の腕が悪いと不自然になってしまう」というに2種類があります。それぞれについて詳しく解説していきます。

植毛手術を行っているほとんどのクリニックでは、グラフトごとに料金が設定されています。グラフトというのは、日本語で言うと株ということになります。株とは、何本かの髪の毛がひと塊になっているもののことをいいます。

 

1グラフトあたりの髪の毛の本数については、その人の後頭部における毛根の分布密度によって異なりますので、一概には言えない部分がありますが1グラフトの髪の毛は3本から4本程度だと考えておくと良いでしょう。 そして、移植するグラフトの数とは関係なく基本料金が必要になってきます。

 

例えば、基本料金が35万円で、1グラフトあたりの費用が500円だったとすると、3000グラフトの髪の毛を移植するのにかかる費用は35万円+150万円なので185万円ということになります。小規模の植毛手術であれば50万円程度、大規模の植毛手術であれば100万円から200万円程度だと考えておくと良いでしょう。これは増毛と比較するとかなり高い初期費用だと言えます。

髪の毛はランダムに生えているように見えて、実は規則正しく生えています。その規則性にのっとって上手に植毛しなければ、仕上がりが不自然になってしまいます。この規則性というのは、毛根のポジションはもちろんのこと、髪の毛の生えている角度なども該当します。全ての髪の毛が頭皮から垂直に立ち上がって生えているわけではありません。

 

むしろほとんどの髪の毛は斜めに生えています。場所によっては頭皮と平行(ほとんど寝ているような状態)という角度で生えている髪の毛もあります。その髪の毛の流れを無視して植えてしまうと髪形が不自然になります。 アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏も、過去に植毛手術で失敗しているという噂がありますが、この植毛失敗は髪の毛を植えるときの角度を間違えてしまったということが原因のようです。

 

そのため、あの複雑な髪の毛の流れが生まれるという説です。これは植毛手術を担当する医師の技術と経験によって仕上がりが変わってくるということなので、担当医のスキルによってはデメリットになってしまいます。しかし最近ではロボットがその規則性を見極めて植毛手術を行ってくれるというケースも増えてきましたので、こういった不安は少なくなってきています。

 

このように考えると、植毛手術のデメリットは2種類ありますが、1つ目の初期費用については、長期的に考えると増毛よりも安く済みますので、デメリットというデメリットではありません。それに2つ目の手術を担当する。

 

医師の技術についても、ロボットによる手術を行っているクリニックの場合は問題になりませんし、技術力の高いクリニックでも問題にはなりません。そのため、様々な角度から考えて、増毛よりも植毛の方がおすすめだと言えます。

 

参考:M字はげ植毛の効果と費用はどれくらい?対策方法

参考:必見!自毛植毛の失敗例と改善策

 植毛を行っている代表的なクリニック

ハゲ 親父の画像

 

では、植毛手術を行ってくれるクリニックにはどのようなところがあるのでしょうか。代表的な植毛を行っているクリニックを3種類ご紹介させていただきます。

 

TOMクリニックは、東京の新橋と池袋にある美容外科です。植毛手術と育毛治療の組み合わせで患者の薄毛を改善してくれます。

トムクリニックでは、植毛だけで治療したり、内服薬だけで治療したりといった特定の治療方法を患者に押し付けるようなことしません。患者さんの頭皮の状態や患者さん自身の希望に合わせて適切な治療を行ってくれます。場合によっては内服薬治療や育毛メソセラピー、そして植毛手術、全てを組み合わせて患者さんの頭皮を理想の状態に近づけてくれます。

TOMクリニックではARTAS(アルタス)植毛という、最先端医療ロボットを使用した、メスを使わない植毛手術を行います。ロボットが手術をするというと不安になる方もいるかもしれませんが、前述のように人間が行うよりもロボットが行った方が植毛手術は安定した仕上がりになります。

 

植毛手術の基本料金は30万円で、それに加えて移植するグラフト毎に植毛費用がかかってきます。当然移植するグラフトの数が多くなればなるほど費用は高くなります。ちなみに最低単位である500グラフトの場合は植毛費用が4万円、規模の大きな植毛になる3000グラフトの場合は植毛費用が156万円です。これに基本料金の30万円が追加されるという形になります。

公式サイトはこちらから

アイランドタワークリニックは、新宿、大阪、名古屋、福岡に展開する植毛手術専門のクリニックです。

アイランドタワークリニックは、日本国内の自毛植毛シェアナンバーワンのクリニックであり、古くから自毛植毛専門として薄毛治療と向き合ってきてクリニックでもあります。数多くの症例を経て培ってきた「i-Direct」という独自の植毛法を使って、移植した後の毛根の定着率を極限まで高めています。

アイランドタワークリニックには2種類の植毛方法があります。1つが「i-Direct」もう一つが「刈らないDirect」です。I-Directは、後頭部からグラフトを採取する際に、一部の髪の毛を短く刈り上げる必要があります。そのため、グラフトを採取した部分が多少目立ってしまう可能性があります。

 

刈らないDirectは、後頭部を刈り上げずにグラフトを採取することができるので、仕上がりがより自然となります。基本料金は20万円と、他のクリニックに比べて安いのですが、i-Directの場合は、1グラフトあたり1200円。刈らないDirectの場合は1グラフトあたり2000円と、グラフト単価はかなり高めの設定となっています。

アイランドタワークリニックの公式サイトはこちらです。 https://www.ilandtower-cl.com/

湘南美容外科クリニックは、全国展開している湘南美容外科が行うAGA治療を扱っている部門です。内服薬での治療もあれば、育毛メソセラピー、そして植毛手術も行ってくれます。もともとの母体が大きいので、全国にクリニックが展開しており、どの地域に住んでいたとしても通院することができるでしょう。

湘南美容外科クリニックはAGAに対してあらゆる角度からアプローチしてくれるという特徴があります。オーソドックスな内服薬による治療はもちろんのこと、毛髪再生メソテラピーや、ダブルマトリックス療法など、様々な方向から発毛を促進してくれます。植毛手術に関しては、ロボットを使用した「ARTAS植毛」と、毛根を傷つけずにグラフトを採取する、こだわりの「ドナーストリップ法」という自毛植毛の2種類があります。

湘南美容外科クリニックでは、他のクリニックのように、基本料金とグラフトあたりの単価が分かれているわけではなく、移植するグラフト数ごとに金額が決まっています。ARTAS植毛の場合、最低単位の500グラフトであれば49万円、最高単位の3000グラフトであれば186万円になります。

 

湘南美容外科クリニックオリジナルのドナーストリップ法を行う場合は、最低単位の500グラフトで49万8000円、最高単位の2000グラフトで146万円になります。

 

植毛手術の料金に関しては、クリニックごとに計算方式が異なり、移植するグラフト数によっても価格は変動するため、一概には言えませんが、今回ご紹介した3つのクリニックで、500グラフトのパターンと、1000グラフトのパターンと、2000グラフトのパターンと、3000グラフトのパターン、合計4つのパターンで料金を比較してみようと思います(アイランドタワークリニックはi-Directを、湘南美容外科クリニックはARTAS植毛を選択したとします)。

TOMクリニック → 34万円 アイランドタワークリニック → 80万円 湘南美容外科クリニック → 49万円

TOMクリニック → 60万円 アイランドタワークリニック → 140万円 湘南美容外科クリニック → 88万円

TOMクリニック → 126万円 アイランドタワークリニック → 260万円 湘南美容外科クリニック → 144万円

TOMクリニック → 186万円 アイランドタワークリニック → 380万円 湘南美容外科クリニック → 186万円

費用面だけで比較した結果、「TOMクリニックがどのプランであったとしても最も安い」という結果になりました。湘南美容外科と同じロボットを使用するARTAS植毛にもかかわらず、3000グラフト以下であればTOMクリニックの方が安いので、お得だと言えるでしょう。アイランドタワークリニックのi-Direct法も魅力的ですが、よほど経済的に余裕がなければ選ぶのは難しかもしれませんね。

 

 まとめ

ハゲ 男の画像

 

増毛と植毛の違いや、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えしました。将来に渡って髪の毛を増やした状態で継続させようと考えるのであれば、植毛手術がお勧めです。費用を抑えて植毛手術をしたいのであれば、TOMクリニックを、費用はかなり高くなりますが、実績のあるクリニックで植毛手術をするのであれば、アイランドタワークリニックを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

 

↓どこでも安心の全国展開!

AGAスキンクリニック ≪全国駅近徒歩3分以内≫

【業界No'1規模】無料カウンセリング実施中!

店舗数:全国展開50
費用:3,400円~/月
実績:発毛実感率99.4%
特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

公式サイトを見る→

 

↓遠隔診療するならココ↓

AGAヘアクリニック

かかる費用は治療薬の費用だけ
スマホ1台のみでOK!
自宅で治療ができる!
AGAヘアクリニック詳細記事はこちら

公式サイトを見る→