ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 植毛の値段や種類を徹底比較!おススメは自毛植毛!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

植毛の値段や種類を徹底比較!おススメは自毛植毛!


カテゴリ

男性にとって薄毛は深刻な悩みの1つですが、その治療法として注目されているのが植毛です。

ただ、ほかの治療法に比べると、植毛は値段が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃることとも思います。

そこで、今回は植毛の種類や値段について、徹底比較してみたいと思います。

植毛の種類

草原 男の画像

植毛の値段について紹介する前に、まずは植毛とはどのような治療法なのか、また、どんな種類の植毛法があるのかについて見ていきたいと思います。

植毛には大きく分けて、頭皮に人工毛を植えこむタイプの植毛法である人工植毛と、自分の頭皮の一部を切り取って薄毛の場所へと移植するタイプの植毛法である自毛植毛の2種類に分類されます。

人工植毛は、ポリエステル系の樹脂などからできた人工毛を、頭皮に痛みどめの麻酔を施したうえで、専用の器具を用いて頭皮に植えつけていく植毛法です。

人工植毛のメリットとしては、施術に要する時間が短いということがあげられます。

後に紹介する自毛植毛の場合、外科手術をおこなうこととなるため、かなりの時間や日数を要することとなります。

ところが、自毛植毛はそのような大掛かりな治療法ではないため、植毛する本数にもよりますが、数時間程度で終わることもあるということです。

だいたい1時間につき、300本から500本程度の植毛が可能だということです。

人工植毛のメリットとしては、ある程度進行してしまった薄毛にも対応できるということがあげられます。

自毛植毛やその他の薄毛治療は、ある程度進行してしまった薄毛に対しては「焼け石に水」といったことになりかねません。

その点、人工植毛は人工毛を頭皮に植えつける治療法なので、極端な話、まったく髪の毛がない人であっても施術をおこなって効果を上げることが可能となっているのです。

また、人工毛に使われるポリエステル系の高分子樹脂は、人工血管に用いられることもあることから、比較的安全性が高いとされています。

その他のメリットとしては、人工毛植毛は好きな場所に好きな本数だけ植えることができるため、誰にも気づかれないうちに、少しずつ増毛することが可能だということや、自分の髪の毛と同じように洗ったり、プールで運動したりすることも可能だということもあげられます。

あと、人工毛植毛は自毛植毛よりも価格が抑えられるというメリットもあります。

人工植毛の大手であるニドーでは、人工毛1本あたり260円程度で施術をおこなっています。

1000本なら260,000円になる計算です。

人工毛植毛のデメリットとしては、あたり前といえばあたり前ですが、人工毛が抜け落ちてしまった場合、あとから生えてくることはないということです。

そのため、定期的に植毛をおこなう必要が出てきます。

また、医療用の人工血管に用いられる素材で人工の毛髪を作るということでしたが、身体にとっては異物であることに変わりありません。

そのため、人によっては拒絶反応が起こる可能性もあります。

植毛には人工植毛のほかに、自毛植毛という方法もあります。

自毛植毛には人口も植毛にはないメリットがあります。

施術法とあわせて紹介していきたいと思います。

自毛植毛の種類はいろいろあります。

代表的な施術法としては、「ニードル法」「FUT法」「FUE法」「機械式植毛法」などがあげられています。

では、それぞれの施術法についてその特徴を見ていきたいと思います。

ニードル法は「choi式植毛法」ともよばれており、植毛専用の細い針を用いて、植毛をする場所への穴あけと毛髪の植え込みを同時におこなうという特徴があります。

後述するFUE法やFUT法と呼ばれる植毛の場合、グラフト(毛髪の生えている周囲の組織を含めた1株のこと、1グラフトにつき毛髪は2本から3本ほど)単位で植毛するのに対し、ニードル法の場合は1本1本植毛していきます。

ニードル法のメリットとしては、細い針を用いて施術をおこなうため、傷跡が残りにくいということがあげられます。

また、頭皮への穴あけと毛髪の植え込みを同時におこなうことが可能なため、施術工程を減らすことができるというメリットもあります。

ニードル法のデメリットとしては、1本1本毛髪を植えこんでいく治療法であるため、医師に熟練の技が要求されることと、値段が高くなるということがあげられます。

FUT法はストリップ法とか毛包単位植毛法などともよばれており、後頭部の頭皮を毛包ごと採取し、グラフト単位に切り分けていきます。

頭皮を切り取った後頭部の皮膚は、引っ張ったうえで縫い合わされます。

その後、移植する場所に小さなスリットを作って、ドナーをピンセットで差し込んでいくこととなります。

世界的に見ても、大半の国がFUT法を採用していることから、FUT法は植毛法として世界標準だともいわれています。

FUT法のメリットは、たくさんのドナーを一度に採取することができるため、施術に要する時間を大幅に短縮できるという点です。

そのため、1本1本髪の毛を植え付けるニードル法に比べると、値段を安く抑えることも可能となります。

FUT法のデメリットとしては、ドナーを採取する後頭部の頭皮を細長く切り取ることとなるため、後頭部に不自然な傷跡が残るということがあげられます。

また、治療後に麻酔が切れると、比較的強い痛みが出るというデメリットもあります。

FUE法は、FUT法のデメリットをカバーするべく開発された植毛法です。

直径1mm程度の小さなパンチを用いて、ドナーとなる表皮を採取し、移植する場所にホールを作成して、ドナーを植えこんでいくこととなります。

FUE法のメリットとしては、小さなパンチを用いてドナーを採取することから、FUT法のように、大きな傷跡を残さないということがあげられます。

また、大きな傷跡ができないので、施術後の痛みが少ないというメリットもあります。

また、毛穴がなくなってしまった場所にも植毛をすることが可能となっています。

FUE法のデメリットとしては、広範囲に広がってしまった薄毛に対しては、不向きではないということがあげられます。

FUT法のように一度に大量のドナーを採取することができないため、進行してしまった薄毛に対してはあまり効果的ではありません。

また、治療工程には繊細さを要求されるため、医師の経験や技量によって仕上がりが左右されるというデメリットもあります。

一般的には、狭い範囲でおこなう植毛に向いている植毛法だと言えます。

機械式植毛法はその名の通り、機械によってドナーの株分けをおこなったり、実際にドナーの植え込みをおこなったりする植毛法です。

国内では、「ARTAS(アルタス)」と呼ばれる最先端の医療用ロボットが有名です。

機械式植毛法のメリットとしては、良質のドナーを採取できるということがあげられます。

手でドナーを採取する場合、どうしても毛包部を傷つけてしまうリスクが出てきます。

その点、機械式植毛であれば、安定して良質のドナーを採取することが可能となります。

また、機械式植毛の場合、採取する頭皮への傷も最小限にとどめることができるため、施術後の回復が早いというメリットもあります。

あと、施術における人為的なミスが発生しないことも機械式植毛法のメリットとなっています。

機械式植毛法のデメリットとしては、やはり機械がおこなう植毛法であることから、人の手でおこなう場合に比べると、仕上がりにばらつきが出てしまうということもあげられます。

また、安定して平均的にドナー移植をするのには機械式植毛法が効果的ですが、移植密度を高くしたいときには、機械式植毛法では賄いきれないことがあります。

そのため、アメリカなどでは人の手でおこなう植毛法の方が評価されているということです。

その他の植毛法としては、FUE法を改良したSAFE(Surgically Advanced Follicular Extraction)と呼ばれる植毛法もあります。

狭い範囲の植毛に向いた植毛法であるということです。

SAFE法のメリットは、ドナーとなる毛根の切断率が低いということです。

FUE法の場合、どうしても毛根部の切断率が高くなってしまいます。

特に、日本人は欧米人に比べて毛根部が長いため、切断率がさらに高くなるという傾向があります。

SAFE法は熟練した医師によっておこなわれる植毛法であるため、ドナーの毛根部の切断率が低くなりますが、熟練した医師がまだそれほど多くないという問題点もあります。

自毛植毛のメリットとしては、人工毛植毛に比べて定着率が高いということがあげられます。

自分の毛包部を移植するわけですから、定着率が高いのもあたり前ということです。

自毛植毛のデメリットとしては、人工毛植毛に比べると費用が高額になるということがあげられます。

また、ある程度進行してしまった薄毛に対しては、自毛植毛では対処できないこともあります。

あと、どのような植毛法を選択するにしても、ドナーを採取する場所の皮膚を傷つけることに変わりはありません。

そのため、程度の差こそあれ、痛みが出るというデメリットもあります。

植毛するなら自毛植毛

老人の画像

ここまで、人工毛植毛と自毛植毛について、そのメリットやデメリットを紹介してきました。

「では、どちらの植毛法がおススメなの?」と聞かれるなら、ズバリ自毛植毛がおススメです。

以下にその理由を挙げていきたいと思います。

人工毛植毛よりも自毛植毛がおススメの理由は2つあります。

1つは、自毛植毛の方が、人工毛植毛よりも高い効果が期待できること、もう1つは、人工毛植毛があまりおススメできない植毛法であるということです。

では、それぞれの理由について見ていきたいと思います。

自毛植毛は、人工毛植毛と比べた場合、定着率の高いことが分かっています。

その理由として、自毛植毛をおこなった場合、拒絶反応の心配がないということがあげられます。

人工毛植毛をおこなう場合、ポリエステル系の高分子樹脂の使われることが多いというのは先ほども述べたとおりです。

ポリエステル系の高分子樹脂は人工血管にも用いられていることから、比較的安全な物質だとされています。

ただ、「比較的」安全なだけで、絶対に安全なわけではありません。

人によっては体質に合わず、拒絶反応を起こしてしまうこともあります。

その結果、周囲の頭皮環境がかえって悪化するリスクもあります。

その点、自毛植毛は自分の毛包部を移植する植毛法であることから、拒絶反応の心配がないというメリットがあります。

この点が、自毛植毛が推奨される理由となっています。

自毛植毛がおススメの理由としては、自毛植毛をおこなった場合、髪の毛が抜けおちてもまた生えてくるというメリットがあります。

なぜなら、自毛植毛をおこなう際には、髪の毛だけでなく、毛根も移植するからです。

人工植毛の場合は人工的に作られた毛髪を利用するため、当然のことながらいったん抜けおちると二度と生えてくることはありません。

日本皮膚科学会の策定する男性型脱毛症(AGA、後ほど詳しく解説します)治療のガイドラインによると、さまざまな治療法の推奨度がAからDにランク分けされています。

Aランクの治療法は「おこなうよう強く推奨される」ものであり、Bランクも「おこなうよう推奨される」治療法となっています。

自毛植毛はこのうちBランクにランクインしています。

Cランクの治療法はC1とC2に分かれていて、C1の方は「十分な医学的根拠がない」治療法であり、C2の方は「医学的根拠がないため推奨できない」治療法とされています。

人工毛植毛はC1にもC2にも含まれておらず、「推奨できない治療法」であるDランクに属しています。

アメリカなどでは法律で禁止しているケースもあるということです。

このことからも分かるように、人工毛植毛よりも自毛植毛の方がお勧めだということです。

自毛植毛の方が人工毛植毛よりもおススメだということは分かりましたが、それでは自毛植毛で薄毛を治療するためにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

自毛植毛の手術自体は日帰りでおこなうことが可能であり、その気になれば翌日から仕事に復帰することも可能です。

ただ、手術後には傷跡に腫れや痛みが出ることがあります。

また、手術後にすぐ仕事などをしてしまうと、植えた髪の毛の定着に悪影響を及ぼすこともあるそうです。

そのため、1週間程度は仕事を控えた方がよいとされています。

自毛植毛をおこなった場合、1ヶ月ほどすると植毛した部分の毛根から髪の毛が抜けおちてしまいます。

「せっかく植毛をしたのになぜ?」と思われるかもしれませんが、移植後の脱毛は自然な現象なので心配する必要はありません

その後からまた産毛が生えはじめ、半年ほどすると明らかに太く黒い髪の毛へと成長します。

一般的に髪の毛は1日に0.3mmから0.4mm伸びるとされています。

そのため、1年でおよそ12cm14cm伸びる計算となります。

ということは、自毛植毛をおこなって1年ほどすれば髪の毛が生えそろい、ある程度好きな髪型にすることが可能だと言えそうです。

自毛植毛はAGAの人にもおススメ

画像名の画像

自毛植毛は、特にAGAの人におススメの治療法となっています。

では、なぜ自毛植毛がAGAの人におススメなのでしょうか。

自毛植毛がなぜAGAの人におすすめなのか、その理由について説明する前に、まずはAGAとは何なのかについて見ていきたいと思います。

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとったもので、日本語にすると男性型脱毛症となります。

男性型脱毛症は思春期以降の男性にみられる、進行性の脱毛症のことを言います。

原因

男性型脱毛症の原因はさまざまですが、大きな要因として男性ホルモン5α-リダクターゼの存在があげられています。

男性ホルモンは、いわゆる男性らしさを形作るためのホルモンです。

男性が女性よりも筋肉質だったり、声が低かったり、身体ががっしりしていたりするのは、女性よりも男性ホルモンの分泌が盛んだからです(女性にもわずかですが男性ホルモンが分泌されています)。

ところが、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化すると、抜け毛のリスクが高くなってしまうのです。

そして、男性ホルモンであるテストステロンがより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化するときに、触媒として重要な働きをしているのが5α-リダクターゼなのです。

5α-リダクターゼには1型の5α-リダクターゼと2型の5α-リダクターゼとがあり、1型の5α-リダクターゼは側頭部や後頭部の皮脂線に多く分布しており、2型の5α-リダクターゼは頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く分布しています。

つまり、2型の5α-リダクターゼが多く分泌されることによって、頭頂部や前頭部の薄毛が進行し、いわゆるO字ハゲやM字ハゲになってしまうということなのです。

男性型脱毛症の治療法は、日本皮膚科学会によってランク分けされていましたよね。

そのうち、Aランクに該当する治療法は、フィナステリドやデュタステリドを配合した男性型脱毛症の治療薬を服用するというものです。

フィナステリドやデュタステリドには、2型の5α-リダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの再生を抑止し、抜け毛を予防したり、髪の毛の発育を促したりする働きがあります。

なぜなら、男性型脱毛症の特徴であるO字ハゲやM字ハゲは、2型の5α-リダクターゼが分泌されることで起こるからです。

自毛植毛をおこなう場合、一般的には後頭部の毛根を表皮ごと採取して、頭頂部や前頭部などの薄毛が目立つ部分に移植することとなります。

後頭部には1型の5α-リダクターゼが分布しており、頭部全体を見た場合、ハゲるのがもっとも遅いという特徴があります。

頭頂部がはげ上がっている人でも、側頭部や後頭部には髪の毛の残っている人を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

移植された毛根は、後頭部にあったときの性質をそのまま引き継いでいます。

そのため、後頭部の毛根を移植する自毛植毛をおこなうと、その部分の髪の毛は後頭部にあったときと同じ性質を有しているため、はげにくいというメリットがあるのです。

クリニックによって値段は違う

コインの画像

男性型脱毛症の治療法として有効な自毛植毛ですが、男性型脱毛症を専門としているクリニックによって、治療に要する値段は異なっています。

なぜなら、男性型脱毛症の治療には保険が適用されないため、クリニックによって自由に価格設定ができるからです。

そこで、自毛植毛をおこなっている大手の3院を比較して、どれくらいの本数の植毛おこなった場合、どの程度の値段になるのかを比較してみたいと思います。

自毛植毛をおこなっている代表的なクリニックとしては、アイランドタワークリニック、湘南美容クリニック、 TOMクリニック、親和クリニックなどがあげられます。

男性型脱毛症にもいろいろなタイプがありますが、代表的なハゲ方としてM字ハゲ、O字ハゲ、U字ハゲを参考に、どれくらいの本数が必要となるのかについて見ていきたいと思います。

まず、100万円以下で治療をおこなえるのは、前頭部からはげ上がっていくタイプのM字ハゲです。

M字ハゲを改善するためには、100グラフトから1000グラフト程度の植毛が必要だと考えられています。

1000グラフトの移植を100万円以下でおこなえるクリニックとしては、TOMクリニックと湘南美容クリニックがあげられます。

なぜなら、TOMクリニックと湘南美容クリニックでは機械式植毛法を採用しているため、コストを削減することが可能だからです。

TOMクリニックで1000グラフトの移植をおこなう場合、600,000円かかるということです。

湘南美容クリニックの場合は880,000円となっています。

O字ハゲを自毛植毛によって改善しようとした場合、500グラフトから1500グラフト程度の移植が必要だとされています。

では、どのクリニックで、100万円から200万円の範囲で自毛植毛をおこなうことができるのか見ていきましょう。

まず、機械式植毛法をおこなっているTOMクリニックと湘南美容クリニックについて見ていきたいと思います。

TOMクリニックで1500グラフトの自毛植毛をおこなった場合、900,000円かかるとされています。

おそらくこれが最安値ではないでしょうか。

湘南美容クリニックの場合は、1500グラフトで1,170,000円となっています。

アイランドタワークリニックの場合は200万円となっているため、150万円以上かかってしまいます。

親和クリニックにはいくつかの植毛法があるのですが、もっとも値段の安いMIRAI法の場合でも、1500グラフトを移植するのに1,700,000円かかるということなので、150万円をオーバーしてしまいます。

薄毛が進行してU字ハゲにいたってしまった場合、2000グラフトから3000グラフト程度の移植が必要だとされています。

仮に3000グラフト移植した場合、どの程度の値段になるのでしょうか。

TOMクリニックでは、3000グラフトの移植に1,860,000円かかるとされており、湘南美容クリニックの場合は同じく1,860,000円となっています。

アイランドタワークリニックの場合は、3000グラフトの移植に3,800,000円、親和クリニックの場合、もっともリーズナブルなMIRAI法で2,700,000円、髪の毛を借り上げずにおこなう高度な技術であるNC-MIRAI法で6,300,000円となっています。

■厳選AGA調べ■
クリニック名 1000グラフト 1500グラフト 3000グラフト
TOMクリニック 600,000円 900,000円 1,860,000円
湘南美容クリニック 800,000円 1,170,000円 1,860,000円
アイランドタワークリニック 1,400,000円 2,000,000円 3,800,000円
親和クリニック 1,500,000円 1,700,000円 2,700,000円
※親和クリニックの料金は、MIRAI法での料金

まとめ

画像名の画像

植毛法の種類や値段について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

日本皮膚科学会のガイドラインから見ても、植毛の効果から見ても、人工毛植毛よりは自毛植毛の方が安全で、効果の高いことが分かって頂けたことと思います。

自毛植毛はその他の治療法に比べると値段が高いというデメリットこそあるものの、いったん植毛してしまえば、その場所の髪の毛が抜けたとしても、また生えてくるというメリットがあります。

特に、男性型脱毛症の改善に効果を発揮しますので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

aga_skin

POINT

★カウンセリング・初診・血液検査が無料

★全国に50院以上も展開しているクリニック

★患者の頭皮に合わしたオリジナル治療メニューを提案!

★6カ月以内に発毛実感率が99.4%!

月3,400円から治療を始めることができる