ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 植毛とAGA治療の違いについて徹底解説!おすすめの植毛クリニックも紹介

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
植毛とAGA治療の違いについて徹底解説!おすすめの植毛クリニックも紹介

カテゴリ

どこかでなんとなく聞いたことがあるような植毛。字をみてもなんとなく想像できそうですが、実はAGAへの対策として奥が深い施術なのです。増毛と何が違うのか、どういう特徴があるのか等、見ていきましょう。

↓【自毛植毛ならシェアNo.1のアイランドタワークリニック】↓

アイランドタワークリニック

<薄毛のことを忘れさりたいなら自毛植毛!>

交通費全額返金!
無料でカウンセリング
モニター割引も充実!

公式サイトを見る→
 

 

 AGAの定義

 

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という病気です。最近ではCM等でも放映され、少しずつ認知度が高くなってきたワードですね。しかし本当にAGAのことをわかっている方はそう多くはないのではないでしょうか?

 

多くの方は、AGA=「薄毛になること」ととらえているようですが、実際は異なります。 AGAとは、そもそもヘアサイクルという髪の生え変わりのサイクルを速めてしまうことです。

 

以下のグラフでみるとわかりやすいのではないでしょうか。 出典:AGAスキンクリニックヘアサイクルの画像

 

通常、2年から6年ほどある成長期が数か月から1年ほどに短くなることで、毛が太く成長せず、細く弱々しい軟毛になってしまうのです。

 

 

薄毛は一般的にはハゲといわれることが多いですが、本来は、髪が少なくなり、ボリューム感がなくなることを言います。ヘアサイクルが乱れることにより、髪が成長せず、弱々しくなった時点で薄毛といえるのです。髪はあっても透け感があるというのも薄毛ということになるのです。

 

AGAかそうでないかを見分けるときのポイントは、生え際をみることです。AGAになっていれば、髪の成長期が短いため、弱々しい毛や産毛のような毛が増えます。そうなると、ハゲ際にあるはずのラインがあいまいになっていくのです。AGAがある程度進行していれば、そこまで薄毛と自覚していなくても、生え際に兆しが見えてくると思います。

 

AGAになる原因で一番多いのは遺伝ともいわれていますが、直接的な原因は明らかにはなっていません。ヘアサイクルが乱れる(薄毛になる)原因としてDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンがあります。

 

DHTとは

ジヒドロテストステロンとは、髪の成長を妨害してしまう男性ホルモンです。テストロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという還元酵素が作用することによって、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

 

つまり、抜け毛や薄毛を抑えるためには、DHTを抑制すればよいということがおわかりいただけたでしょうか?では、どういった対策が有効なのでしょうか? 以下の4つが主な対策方法です。 ☆治療 ☆植毛 ☆発毛セラピー ☆育毛剤 今回はその中でも植毛について詳しく見ていきたいと思います。

 

植毛の意味はなんとなくわかるけど、実態が不明という方にピッタリな情報をお届けします。 薬治療を考えている方はこちら プロペシア ミノキシジル 発毛セラピーなどの最新治療を考えている方はこちら 256 育毛剤 153

 

 植毛とは

白い服の女の人の画像

 

AGAの対策の1つとして植毛をあげましたが、どういった対策なのでしょうか。 植毛の特徴や施術内容について詳しく見ていきたいと思います。 植毛とは一言でいえば、髪の毛の皮膚移動です。後頭部にある毛の束=株(グラフト)を前の髪がない部分に移す施術なのです。

 

植毛は一見、費用が高かったり、AGAが止まるわけではなかったりするという理由からあまり考えに入れない方も多いかと思います。 しかし植毛には植毛特有のメリットが数多くあります!!

 

植毛を行えば、髪は増えると思っている方がいるかもしれませんが、それは間違った認識です。植毛は前述のとおり、髪を「移植」することなので、全体の髪の量は変わりません。 髪が多い場所から少ない場所へ移動することで、全体的に髪を配置する、ある種髪をデザインすると表現したほうが正しいかもしれません。

 

 

植毛には、自毛植毛という自毛で施術するものと人工植毛という人口の毛を植毛する2種類があります。ただ、人工植毛は、禁止ではないものの、男性型脱毛症診断ガイド‼‼ライン(2010年版)では、治療法として行わないようにと評価されています。 ですので、厳選AGAでは、ガイドラインにのっとり、自毛植毛を推奨します。

 

※自毛植毛は、男性型脱毛症診断ガイドライン(2010年版)では、AGAの治療として進められるB評価です。

詳しくはこちらをチェック!

 

 自毛植毛とは

自毛植毛とは、簡単に言うと、自分の後頭部の髪を頭頂部や前頭部に移植することです。後頭部にある毛は、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいので、半永久的に髪が生えるのです。

 

 

 自毛植毛の仕方

自毛植毛には大きく二つの方法がありますが、どちらもやり方が違うだけで、根本的には同じです。

 

1.後頭部から毛の束、株(グラフト)を採取する。(500~1000グラフト程度) 2.前頭部の移したい場所に毛穴を作る 3.作った穴に1で取った株(グラフト)を植えていく ※株(グラフト)とは、髪の毛を作る組織です。 参考イメージ

 

自毛植毛には、以下の2種類があるので、どういった違いがあるかみていきましょう。

 

FUE法

1株(グラフト)ずつ後頭部から採取し、1株ずつ植えていくやり方です。

【メリット】

  • 株を採ったまま移すだけなので、株を傷つけずに済む
  • 毛の向きを自由自在に操ることができる
  • メスを使わないので頭皮の傷が目立ちにくい

 

【デメリット】

  • 高い施術技術を求められる
  • 費用が高い

 

FUT法

ストリップ法とも呼ばれる方法で、FUE法が毛の束グラフトずつ採取するのに対し、一定の皮膚をメスで切り取って毛を採集する方法です。切り取った後は、切り取った部分を隠すように頭皮を縫い付けます。そのあと、植え込み部分に切り込みをいれ、毛をいれていきます。

 

【メリット】

  • FUT法を行うクリニックが多い
  • 高密度に植え込み可能
  • 価格が低め

 

【デメリット】

  • 傷が残る
  • 縫合するので、痛みが出る場合がある
  • 株が傷つきやすい

 

 

どちらも技術が必要な施術になるので、植毛を成功させるためには、クリニック選びが重要になります。

迷ったらここ!厳選AGA一押しクリニック

 

 植毛の費用

ほかのAGA治療と比べて高いと思われる方が多いとされる植毛にかかる費用。実際のところはどうなのか調べてみました。

 

よく植毛の費用を計算するとき、グラフト(株)という単位が使われると述べてきましたが、 実際にクリニックのホームページ等をみても1グラフトあたりいくらなどといった表記で、実際にいくらかかるのかわかりづらいということがありますよね。

 

これはクリニック側としても人それぞれで植毛をする量が異なるため、書くに書けないようなのです。 そこで、今回は、おおよその平均で算出しました。

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  合計費用

 TOMクリニック

  390,000円~

 AGAルネッサンスクリニック

 490,000円~

 アイランドタワークリニック

 600,000円~

 

表の通り、植毛にかかる費用はとても高額であり、とても気軽に施術に思い切れるものではないかと思います。ですが参考までに以下の表をご覧ください。

 

【10年スパンで考えた時に算出される費用予想 】

 内服薬  約960,000円
 育毛剤  約900,000円
 カツラ  約520,000円
 発毛サロン  約1565,000円

表のように例えば内服薬を10年間服用した場合その合計費用は一度の植毛の施術費とかわらないものになると予想されます!

 

また、内服薬や育毛剤などは効果に個人差が出るものなので効果を感じにくい方は植毛を受けてしまえば、継続的に費用がかさむことなくお得であるといえます! 費用面で見ても植毛は薄毛、AGAにおける有効的な治療法であると言えるでしょう。

 

アイランドタワークリニックの詳細はこちら

 

 まとめ

コーヒーの画像

 

植毛の最大のメリットは、自分が薄毛だったことを忘れられることにあります。育毛剤等を使用したり、薬を飲み続けていたりすることによって、常に自分が薄毛なのだということを実感してしまうのではないでしょうか?

 

植毛は、施術後すぐに自分が薄毛だったことを忘れるといった方が多く、日常生活で制約もありません。思い切って行うことで、その後の生活が一変する植毛は、魅力的な解決法の1つであると考えられます。気になった方はぜひ、無料カウンセリングに行ってみてください。

↓【自毛植毛ならシェアNo.1のアイランドタワークリニック】↓

アイランドタワークリニック

<薄毛のことを忘れさりたいなら自毛植毛!>

交通費全額返金!
無料でカウンセリング
モニター割引も充実!

公式サイトを見る→