ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 薄毛治療の救世主!自毛植毛で永久に豊かな毛髪を手に入れる!

AGAコラム

更新日 2018.2.8
公開日 2018.2.8
薄毛治療の救世主!自毛植毛で永久に豊かな毛髪を手に入れる!

※ 2018.2.8 一部内容更新

いろいろな育毛剤を使っても薄毛が治らない!と悩んでいる人も多いことと推察します。そういう人は、救世主的な治療法が喉から出が出るほど欲しいでしょう。 そういう薄毛に悩む人にとって究極の対策が「自毛植毛」です。

 

これは自分の毛髪を植える方法で、薄毛の治癒率とも言える「生着率」がクリニックによっては95%以上にもなる、薄毛改善の救世主的存在です。ただしその手術方法にはさまざまあり、また費用もメリットとデメリットも異なります。 そこでここでは自毛植毛の概要をご紹介します。

 

 

 自毛植毛とは?

はてなの画像

 

ではそもそも自毛植毛とはどういうものかということのご説明から始めます。

 

まず植毛というハゲ改善方法には2つあります。人工毛植毛と、自毛植毛です。人工毛植毛は合成樹脂などかつらでも使うような人工の毛髪を植え付けるものです。これに対して自毛植毛とは、自分の毛を後頭部など頭部のほかの部分から、毛包ごと切除してきて、それを薄毛の部分に植え付ける、という手術方法です。

 

もう少し具体的に説明すると、まず後頭部や側頭部の頭皮を髪の毛と一緒に帯状に切除します。これをドナーと言います。そしてそれをグラフトと言う毛包単位の「株」に分け、その中でも健康なグラフトだけを選別して、移植したい部分に植え込んでいくものです。

 

ただ、たとえば後頭部から頭皮を切除する方法ではなく、いわゆる紙のパンチのような機械で毛包をそのまま切除し、株分けという工程を経ずに、そのままパンチでハゲている部分に植え込んでいく方法など、クリニックによってさまざまな術式があります。

 

ただ、いずれにしても外科手術ですから、医療行為になり、クリニックで、医師による施術でしか行うことはできません。

 

この自毛植毛は日本皮膚科学会の男性型脱毛症(AGA)の診療ガイドラインでも、実施を勧奨するBランクに位置付けられており、行うよう強く勧奨するAランクのミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)に次ぐ、高い効果を認められています。

 

その中で自毛植毛は世界全体で年間 225,800 件実施され、そのうちの82.5%以上という非常に高いレベルで手術が成功し、髪の毛がまた生え始める、つまり生着率するというデータが挙げられています。

 

またこれに対し、人工毛植毛は、アメリカの厚生労働省にあたるFDAでは過去にいくつもの医療事故が発生したとして、実施を禁止しています。ただし、日本の厚生労働省はまだ禁止までには至っていません。

 

この自毛植毛の1番優れた点は、M字ハゲなどでハゲ始めている生え際ではなく、すでに「ツルツル」の状態になってしまっている、つまり毛包や毛母細胞が完全に休止してしまっている部分でも、髪の毛を植え付け、それによってその部分をまたフサフサにできる点です。

 

これは勧奨Aランクのミノキシジルやフィナステリドでも実現できないことです。ですからほかの治療をしても改善効果がなく、治療をあきらめていたAGAでも改善がかなりの確率で期待できるのです。

 

ただし、頭頂部の薄毛、つまりO字ハゲの場合は、毛を渦巻き状になっているつむじに違和感なく自毛を植え付けていかなければならないため、担当する医師には非常に高度な技術が必要です。

 

さらにはO字ハゲは完全に皮膚が見えている「ツルツル」状態の場合が多いため、1度に大量の毛髪を植毛する必要がありますが、植え付けるグラフトも生きていますから、それが死なないうちにすべての手術を終えなければなりません。

 

これに関しても高度な秘術が必要です。 ですからO字ハゲを自毛植毛で治療したいと考えた場合は、クリニックの選び方をより慎重にする必要があります。

 

また自毛植毛には「ショックロス」という減少が起こります。これは自毛植毛手術後から1~4カ月の間に、植毛した範囲とその周囲、あるいは局所麻酔の注射を打った範囲の髪の毛が1度にごそっと抜けてしまう現象です。

 

抜ける本数は元に生えていた髪の毛の最大15%程度ですから、すべて抜けてしまうことではありませんが、しかしこの現象が起こることを知らないでいると、手術が失敗したと勘違いしてしまい、精神的にショックを受けることが多いです。しかし、このショックロスが起こっても、また髪の毛は生えて来て、半年から1年ほど経てば元のフサフサの髪の毛になりますから安心してください。

 

もしもその間、さらに薄毛が亢進し多様に感じて外見的に気になるのであれば、人工毛パウダーという黒い微粒子のシリコン樹脂を残った髪の毛の周りに付着させて、髪の毛全体のボリュームを増やし、薄毛を目立たせなくする方法もあります。これはクリニックでも、ネット通販でも購入可能です。

 

参考:植毛の種類、各々の植毛効果と継続期間について徹底追及

 

では自毛植毛の手術後、どのような経過で、自毛が生着し、新たな髪の毛が生えて来るのか、ということをご紹介します。

 

  • 後頭部のドナーを切除した部分に痛みが発生
  • 移植した部分に痛み、赤み、腫れ、かさぶたが発生
  • 生え際や前頭部への移植の場合はまれに瞼も腫れる

 

  • 移植した髪の毛自体が抜ける「一時的脱毛」が発生
  • ショックロスの発生

 

  • 細くて短い髪の毛が新たに生え始める
  • 徐々に太く濃い毛髪に変わっていく

 

毛髪が生えそろい、自毛植毛の手術が完了

 

自毛植毛は日本皮膚科学会のAGAガイドラインであ82.5%の生着率という指摘でしたが、手術方法や行うクリニックによって生着率は70~95%まで開きがあります。例えばアイランドタワークリニックのi-Directという手術では生着率が95%以上だと自院サイトで公表されています。

 

あとで術式については詳しく触れますが、一般的にはメスを使うFUT法では85~95%、メスを使わないFUE法では70~80%前後、毛穴1つ1つに植え付けていくニードル法で50~60%の生着率です。ただし1番低いニードル法でも、そこに独自の技術を折り込んで、95%以上の生着率を実現しているクリニックもあります。

 

 自毛植毛の主な方法

レゴの画像

 

さてここからは、自毛植毛手術のいろいろな術式の概略をご紹介していきます。

 

1つはFUT法です。自毛植毛手術の中ではもっとも行われている方法です。

 

概要

メスを使用し、後頭部から縦1cm×横10~20cmの頭皮を切除する方法です。

 

特徴
  • 受け付ける毛髪を切除した部分に、切除後に縫合した傷跡が残る
  • 手術による外見的ダメージが回復するまでの時間(ダウンタイム)が長い
  • 生着率が高い

 

1 後頭部あるいは側頭部からドナーを皮膚ごと切除する

2 グラフトに分ける

3 植毛する 以上の手術でかかる時間は3~5時間です。

 

FUT法のメリットは、良質なドナーを大量に切除することが可能なので、広範囲の薄毛治療や薄毛1カ所に対して高密度の移植を行って薄毛の大部分をなくすことができる点です。 またドナー切除後の縫合の傷跡も、最近は手術レベルが向上してきてるので、かなり目立ちにくくはなっています。

 

デメリットはメスを使って皮膚を切除するので、手術後に縫合部分のツッパリ感や多少の痛みが残る点です。また縫合部の傷跡を見せないためには、その部分は短髪にはできません。

 

FUT法と並んでポピュラーな術式がFUE法です。

 

概要

メスを使わないでドナーを採取する方法です。

 

特徴
  • パンチで皮膚に穴をあけてドナーをくりぬく
  • 極小の穴を開けるだけのドナー採取なので、傷が目立たない
  • 高度な手術技術が必要

 

1 パンチで1本1本のドナーをくりぬく

2 ピンセットで引き抜く

3 食塩水に浸す

4 植毛する 手術時間は5時間以上かかります。

 

ドナーを採取した部分に縫合は不要であるため、米粒程度の傷跡が残る以外は傷跡も残らず、術後の痛みもほとんどないことが最大のメリットです。

 

パンチでドナーを採取するため、ドナーの状態がFUT法ほどよくはなく、生着率がそのために落ちる点です。またドナー採取後の傷跡も0ではありませんので、坊主のような髪型にした場合は目立ちます。

 

以上の2つがポピュラーな自毛植毛手術の術式ですが、それ以外にもクリニックや、あるいはほかの外国では他の術式を採用している場合もあります。そのうちの主な2つが以下になります。

 

ニードル法は韓国で開発された術式です。 サイズの違う数種類の針、つまりニードルを使って、ドナーのくりぬきと植毛を同時に行う方法です。 メリットは、高密度に植毛でき、自然できれいな仕上がりになる点と、移植角度や間隔を手術者が自由に調整できるので植毛が難しい生え際も傷がほどんど分からないように植毛できる点です。

 

一方でデメリットは、専用のニードルで1本1本植毛するため、手術時間が長く、したがってドナーが死んでしまうため広範囲の植毛に向いていない点です。さらには、ニードルにグラフトをつける際に毛包を傷つけるケースが多く、生着率が低くなってしまう点です。これらがあるため、ニードル法を行っているクリニックは減少傾向にあります。

 

ARTAS法

ATRAS法は、FUE法の中の1つで、ドナーの採取を植毛ロボットARTASが行う方法です。 メリットは、肉眼では見えない皮膚内部の毛根の角度まで計算し毛根を傷つけないようにドナー採取ができるることと、ドナー採取の時間が非常に短いためドナーの生存率が高いことから、生着率が非常に高くなる点です。同時に手術者や患者の負担を大幅に緩和されます。

 

一方デメリットは、ARTAS自体を設置しているクリニックが少なく、この方法を行っているのが湘南美容クリニックの本院と支院のみという点です。

 

ではこのメジャーなFUT法とFUE法のうちどちらを選択したほうがよいのか、比較してみましょう。

 

植毛自体にはどちらの方法でもほとんど傷は残りませんが、問題はドナーを採取した部分です。前述のようにFUT法は頭皮を切除し、その後縫合するため、傷跡が残ります。これに対して、FUE法は切除ではなく、頭皮にパンチでくりぬくため、そこまで傷跡は目立ちません。

 

FUE法であれば後頭部や側頭部のドナー採取部位の髪の毛を伸ばせば、自毛植毛手術をしたということは誰にもわからないでしょう。

 

では手術費用はどうでしょか、 基本手術料はクリニックにもよりますが、FUE法もFUT法もほぼ同じで、およそ20万円程度です。ここにドナー採取部位あるいは採取するグラフト数によって料金が加算され、合計で60平方センチのM字ハゲの手術の場合は、FUT法で200~250万円、FUE法で250万円以上になります。

 

FUE法は手術に時間と手間がかかるので、費用が割高になるのです。したがって、同じ予算で手術を受けた場合は、FUE法はFUT法よりも狭い範囲の治療しかできません。貯金ができるたびに自毛植毛を受けた場合は、毎回20万円程度の基本手術料がかかりますから、さらに総額では割高になります。

 

では日本ではなく美容整形が盛んな韓国で手術を受けた場合はどうなのでしょうか。韓国のクリニックの一般的な費用は500グラフトを植え付けるFUE法で400万ウォン、日本円で約40万円程度です。したがって日本より2割程度は安く受けることができるでしょう。

 

ただし韓国の場合は、手術の失敗も多く、あるいは医師とのコミュニケーションも十分には取れませんので、不安なまま手術を受けることになります。さらに、医療事故が起こった場合は、日本であれば厚生労働省が対処してくれますが、韓国政府にはあまり期待できません。

 

したがって、安全な手術を安心して受けるのであれば、日本のクリニックの中で探した方がよいでしょう。

 

術式の選択基準として大切な点が生着率です。いくら安い手術費用で広範囲に植毛できたとしても、その移植した髪の毛が100%その場で毛包が生着し、発毛するということはありません。したがって、植えた毛髪の中でどれだけの確率で定着し生えてくるかという生着率の観点が非常に重要なのです。

 

その生着率で2つの術式を比較すると、一般的にはFUT法が85~95%、FUE法は70~80%ですので、FUT法の方が成績が良いということになります。もちろん両方を行っているクリニックでは、このデータが逆転する場合もありますが、一般的には以上のような確率です。

 

ただし、これはあくまで一般的な平均データですから、クリニックごとに生着率を確認し、実際の仕上がり状態も見たうえで術式とクリニックを選びましょう。

 

ショックロスは手術をした部分とその周辺で起こりますから、FUT法でもFUE法にでもショックロスの起こりやすさの1番の要因は手術範囲が広いか狭いかによります

 

つまりドナー採取部位や植毛範囲が広ければ、その分ショックロスの起こる確率も高くなるのです。したがって、ショックロスの起こりやすさはどちらの術式でも差はない、ということです。

 

以上みてきたことをまとめると、FUT法とFUE法のどちらを選ぶかは、費用と傷跡の目立ちにくさで判断することになるでしょう。具体的には以下の通りです。

  • 安く確実に植毛をしたいならFUT法
  • 自毛植毛をしたことがバレたくなければFUE法

 

つまり、治療費はFUT法の方がFUE法より安く、かつ生着率もFUT法の方が優れているのに対して、FUE法は傷跡が残らず、ダウンタイムも少なくて済むので、すぐに社会復帰でき、その後も自毛植毛をしたことが周囲にバレることはほとんどありません。この観点で、自分の最優先事項は何かを考えて選択しましょう。

参考:本当に植毛手術を受けた場所に毛は生えるのか

 

 自毛植毛のメリットとデメリット

監督の画像

 

ここまで自毛植毛の詳細をご紹介しましたから、いったん自毛植毛自体のメリットとデメリットをまとめてみます。

 

メリットは以下の通りです。

自毛植毛の生着率は82.5%以上と非常に高く、AGAや薄毛を治療させることが期待できます。また移植した髪の毛は最初から生えていた毛と同様に、生着すれば毛母細胞が根付き、通常のヘアサイクルを回し始めますから、抜けて、生えて、成長して、また抜けて、さらに新しい髪の毛が生えるという、自然のメカニズムに沿った髪の毛を再び得られます

 

かつらや人工毛植毛の場合は、髪の毛が劣化するためメンテナンスや買い替えが必要ですが、自毛植毛の場合は普通の毛髪と同様に洗髪ができ、またそれ以外の特別なメンテナンスもそのための追加の費用も不要です。

 

内臓移植や皮膚移植の手術でも同様ですが、他の人間の臓器や人工物を身体に装着すると、かなりの確率で拒否反応が起こり、炎症が起き、結局その臓器が機能せず、腐食したり再度外す手術を行う必要が出てきます。植毛も人工毛の場合はそれが起こり得ます。しかし自毛植毛の場合は、本来が自分の毛髪ですからそのような拒否反応が起こる確率は非常に低いです。

 

一方、デメリットはどうでしょうか。

自毛植毛のドナーは、自分の後頭部や側頭部などに生えているものから採取します。したがってその部分に十分な毛髪がなければ植毛できる部分は少なくなってしまいます。逆に毛量は十分にあっても、1度に採取できるドナーには上限がありますから、それ以上に広範囲にハゲていた場合は、全てをカバーできないことも発生します。

 

ハゲている部分に1度に大量に植毛を行うと、生着率が悪くなる可能性があります。そのため、特に高密度の植毛を目指す場合は、複数回に分けて植毛する必要が出てきます。

 

ショックロスが起こってそこから生え始めるまでにまず3ヶ月、そして生着して毛髪がフサフサになるまでには半年から1年の期間が必要です。

 

特にFUT法の場合は、ドナー採取後の傷跡は目立ちます。髪の毛を伸ばして隠しているうちはいいですが、何らかの理由でそこが透けて見えると、傷跡があるので、自毛植毛をしたということがバレてしまいます

 

自毛植毛は外科手術ですから、育毛剤や薬剤での治療などほかのAGA治療法に比べてかなり高額です。加えて保険の利かない自己診療ですから、出費としてはかなり多くなってしまいます。 以上を自分なりによく考えて、自毛植毛を行うかどうかを決めましょう。

 

 植毛終了後のアフターケアをどうするか

会議の画像

 

また自毛植毛をした部分は、AGAの原因である5α活性酵素がない部分がドナーを採取してきていますから、またハゲが発症することは基本的にありません。しかし植毛した以外の地毛の部分ではAGAが発症する可能性は依然としてあるため、その予防が必要です。

 

また植え付けた自毛によってより早くフサフサの状態になってくれたほうがよいという希望もあるでしょう。そこでここでは、植毛終了後にどのように髪の毛をアフターケアしていけばよいのかについてご紹介します。

 

まず植毛後の毛髪の成長スピードを上げる方法です。

 

毛髪の成長をつかさどる大きな要素の1つが成長ホルモンです。成長ホルモンにが分泌されると、頭皮下の血管で十分な血液が流れ、毛母細胞に必要な栄養素が運ばれ、細胞の働きが活発になって毛髪は発毛し、成長します。その成長ホルモンは、就寝中、特に夜10時頃~深夜2時頃までの間に分泌量が増えます。したがって、しっかりと眠ることで、成長ホルモンの分泌が促進され、髪の毛の成長が早まります。

 

また毛髪の成長に必要なタンパク質や亜鉛などの栄養素をしっかりと摂取しましょう。タンパク質は髪の毛の95%以上を占める材料ですし、亜鉛も細胞分裂を活性化させるので、発毛、育毛に必要な栄養素なのです。具体的には、以下にのような食材を通じて、それらを摂取することです。

  • タンパク質:鶏肉(ささみ、胸肉)、白身魚、マグロの赤み
  • 亜鉛:牡蠣、チーズ、鶏肉(皮付き)、するめ

 

さらに毛母細胞への栄養供給を増やすためには、頭皮の血行を良くする習慣を実行することも重要です。具体的には以下のようなことを行いましょう。 まずは風呂でシャンプーをする時に、頭皮をマッサージすることです。ただし強い刺激でごしごしとマッサージすると、返って頭皮下の毛細血管に傷がつき、血行が損なわれますから、指の腹を使って優しくマッサージしましょう。

 

またこれは一時的な効果しかありませんから、毎日継続することも大切です。 また心臓から送られる血液は、頭皮に直接来るのではなく、当然肩や首、腰、背中の太い血管とつながっています。したがって全身のどこの部分の血行が悪化しても、頭皮での血行不良が起こり得ます。

 

慢性的な肩こりや首こりがあったり、猫背など悪い姿勢をすることは、そのリスクを内在しているということです。したがって、仕事の合間に軽くストレッチをしたり、できるだけ背筋を伸ばして、血行不良が起こらないようにしましょう。

 

またより血行を改善させるものが、有酸素運動です。ウォーキング、ジョギング、水泳、ヨガなどの有酸素運動は代謝を改善し、血行もそれによってよくなるので、おすすめです。さらには改善した代謝はAGAの原因であるDHTという脱毛ホルモンを汗と一緒に体外に排出することになりますから、AGA対策としては最適だと言えます。

 

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるので、血行不良の原因になり、毛母細胞を栄養失調にします。また同じく含まれる一酸化炭素は血液の酸素供給機能を低下させ毛母細胞を酸欠状態にします。この2つの悪影響によって、発毛や育毛は大いに阻害されます。

 

また自毛植毛の前に、AGA治療の薬としてプロペシアやミノキシジルを使用していた場合、自毛植毛で完全にハゲを治療した後でも、使用し続けたほうがよいのでしょうか。 結論的としては、まず自毛植毛をした部分が再度ハゲる、ということは前述のようにほぼありません。

 

しかしほかの部分は、依然としてAGAが発症しやすい体質になったままですから、そこがまたハゲる可能性は十分にあります。したがって、その予防のためには、プロペシアやミノキシジルは継続して使用したほうがベターだと言えます。

 

 まとめ

画像名の画像

 

いかがですか。 ハゲに悩む人にとっては、自毛植毛は1つの救世主的な治療方法です。費用は高額ですが、何より確実性と、ほかの治療法では難しい部分まで治療させることができるのが最大のメリットでしょう。ぜひ以上を参考に、施術を受けるかどうか検討して下さい。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界No'1規模

【2018/2/28までの応援キャンペーン!】
新規ご成約いただいた方に・・・
初診料(5千円)&血液検査料(2万円)→無料(0円)!!

            公式サイトへ          

 

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ