ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> 頭皮のかゆみの原因を徹底解説!

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

公開日 2018-3-24
更新日
頭皮のかゆみの原因を徹底解説!


※ 2018-3-26 一部内容更新

 

 

 

 頭がかゆくなると抜け毛が激しくなるのは本当か?

ストレスの画像

 

抜け毛や薄毛は男女に関わらず、多くの人達が悩んでいる生活の問題の一つです。いつの間にやらおでこが広くなっている、気が付いたら髪のボリュームが少なくなっている、などと薄毛はなかなか自覚のし辛いものです。 そんな中でまことしやかにささやかれているのが、頭がかゆくなると抜け毛が激しくなる、というものです。

 

かゆみは頭皮のある状態を示すもので、日本人の地肌トラブルの代表的なものの一つです。地肌が刺激を受けている頭がかゆくなり、頭皮の状態が悪い時には特に頭がかゆくなるので、地肌の状態の良しあしを計る一つのバロメーターであるのは間違いないです。

 

また、かゆみがあると抜け毛が激しくなるという認識は決して大きな間違いではありません。 しかし、勘違いしてはならないのが頭のかゆみはごく一部の特例を除いて、抜け毛の直接的な原因にはならないということです。かゆいから髪の毛が禿げる、というのではありません。因果関係はほとんどないと言って差し支えないでしょう。

 

ごく一部の特例は後に詳しく説明しますが、脂漏性皮膚炎という皮膚の炎症や病気に限り、それ以外は薄毛の直接的な原因ではありません。 では、なぜかゆみがあると薄毛が酷くなる、あるいはなっているという認識で構わないと言えるのか。それに関してはかゆみの原因を明らかにしていくと分かってきます。

 

 

 かゆみの原因は何か

テクノロジーの画像

 

頭皮のかゆみはほとんどが頭皮への刺激やダメージ、それに伴う炎症から発生するものです。 つまりは、それらを発生させている要因こそがかゆみの原因だと言えます。大きく分けるとかゆみの原因は5つに分類することが可能です。

 

一つ目はカラーリングやパーマなどです。 カラーリングやパーマなどの人工の刺激物などが頭皮に当たると頭皮がダメージを負います。また、一度ダメージを負った頭皮は非常に弱い状態にもなり、直射日光や日焼けなどによってダメージを受けやすくもなります。

 

二つ目はシャンプーやコンディショナーの洗い残しです。 シャンプーやコンディショナーには合成界面活性剤というものが配合されており、これは一度付けて洗い流す程度であれば大きな刺激はありませんが、洗い残してしまうと地肌が刺激されられて、かゆみが生じることがあります。

 

三つ目は皮脂です。 皮脂は私たちの皮膚から常に出ているもので、多くの肌トラブルの原因となります。しかし、肌を乾燥から守るという役割も乗っているので、トラブルの元になるとともに私たちの健康的な皮膚を維持するためには欠かすことのできないものでもあります。

 

そして、この皮脂は食生活やストレスなどによって過剰に分泌されることがあります。こうなると皮脂が毛穴に詰まり、毛穴から排出される老廃物が出なくなる、さらには溜まった皮脂が酸化し、過酸化脂質になると、これも刺激物となって肌を刺激し、炎症を起こして肌をかゆくしてしまいます。

 

四つ目は雑菌です。 こちらも皮脂の過剰分泌に関係しますが、マセラチア菌などの皮脂を好む雑菌が増加し、皮脂を大量に分解します。その際に発生する脂肪酸も刺激物で、こちらも頭皮の炎症を起こします。 そして、五つ目が乾燥です。

 

乾燥は肌を守るバリア機能が低下することで生じ、少ない刺激でかゆみを発生させるものです。上述の皮脂が足りなくなることで起こるものですが、同様に炎症を起こしやすくしてしまいます。

 

 

 かゆみの原因が抜け毛の原因でもある。

スーツの女の人の画像

 

頭がかゆくなって頭を搔いてしまうと、指に毛がから待って抜けてしまうことがありますが、そのような直接的なことではなく、上述に挙げた中で薄毛や抜け毛の原因となるものがあります。 それ以外は基本的に直接的な原因とはならず、唯一乾燥のみが抜け毛の原因となるのです。

 

上述した通り、感想は皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。このバリア機能の低下は、肌のターンオーバーが乱れてしまうことが原因となっているのですが、このターンオーバーが乱れてしまうと、未熟な皮膚細胞が頭皮の一番上に出て来てしまうようになり、充分に地肌の奥が守れなくなります。

 

こうして、肌の乾燥が起こるのですが、同時に血行不良にもなってしまい、髪の毛自身にも栄養を送ることができなくなるのです。 そうなると髪の毛は栄養不足に陥ってどんどん細くなり、毛根も根付き辛くなって抜けやすくなってしまうというメカニズムがあります。

 

つまりは、乾燥はかゆみの原因であると同時に、抜け毛の原因でもあるといいえ、感想が根本の原因であるかゆみが生じている場合には、同様に抜け毛が酷くなることもあり、かゆみが生じていると抜け毛が激しくなる、という認識が決して間違ってはいないということになるのです。

 

 

 炎症や皮膚病の場合も抜け毛が発生する

外人顔の女性の画像

 

これまでに少し取り上げてきた脂漏性皮膚炎が、これに該当するのですが、脂漏性皮膚炎は過剰な皮脂の増加とそれにともなうマラセチアの増えすぎ、要するに前述に挙げた五つの原因の内雑菌が原因となるかゆみの場合は、直接的な原因になりうるのです。 これだけは確実にかゆみから抜け毛が発生し、しかもかなり酷くなりますので皮脂が増えないように注意をすべきだと言えるでしょう。

 

 

 乾燥や炎症の対策

悩みやストレスの有無別構成割合の画像

 

さて、かゆみや薄毛を防ぐためにも、乾燥や炎症をいかに防ぐかというのが重要になるとは分かるとは思いますが、両方を防ぐためにもっとも重要な要素だと言えるのが「皮脂」です。 皮脂は増えすぎても減らし過ぎてもいけないもので、少々面倒ではありますが、きちんと対策を施す必要があります。

 

まず、皮脂を増えすぎないようにするための対策を紹介しましょう。 ストレスをためないようにすること、それから食生活の改善です。ストレスはそれぞれの個人ごとにぴったりのストレスの解消法があると思いますので、そちらを試すもしくは自身のメンタルを鍛えて下さい。

 

食生活は脂の多い食事をできる限りしないことです。 また、それらだけではなく、直接的に皮脂を減らすことも重要です。そのために使うのがシャンプーです。しかし、シャンプーは直接的に皮脂を減らすことができるので、使用する際には減らし過ぎないように注意しなければなりません。

 

シャンプーの話題が出ましたので、次に減らし過ぎないようにする対策方法を紹介しましょう。 至極単純に、シャンプーの使い過ぎを止めることです。大量に使う、一日に何回もシャンプーを使うのを止めることなどです。また、皮脂が少ない人の場合、乾燥し易い人の場合にはシャンプーを使うのは二日に一回だけに限定することも効果的です。

 

なお、シャンプー選びも重要です。皮脂の量や皮膚の状態などには個人差もあるので、自分にあったシャンプーを使用することも皮脂の量を調節するのにはかなり役立ちます。 シャンプーの種類は、アルコールシャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

アルコールシャンプーは洗浄力が高く、皮脂の多い人にはおすすめですが、乾燥し易い人にはおすすめできません。 石鹸シャンプーも皮脂を洗い流す能力は高く、しかも刺激が弱いので頭皮にも優しいので、肌の弱い人にはおすすめでしょう。

 

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力は低く、皮脂を洗い流すのには適してはいませんが、乾燥し易い人にはおすすめです。 もちろん、どれを使用するに際しても、しっかりと洗い流すように注意しましょう。洗い流しがかゆみの原因になるのは前述した通りですね。

 

また、シャンプーはすればするほど髪の毛が抜けてしまうのですが、シャンプーのやり方を少し変えるだけでも、抜け毛の量を減らせますし、さらに皮脂を落としやすくしたり、乾燥を防ぎやすくすることもできます

 

その方法は、まず入浴前にブラッシングをして、髪の毛が絡まないようにすること。シャンプーは適量を手に取って、一度泡立ててから使うこと。爪を立てずに指の腹で頭皮マッサージをしながら洗髪をすること。そして最後に、洗い流しの無いように自分でも十分だと思ってからさらに1分から2分は長めにシャワーをすることです。

 

 

 なかなか改善しない場合には病院へ

ダンディマンの画像

 

上記に挙げた対策は、あくまでも乾燥や炎症を抑えるまたは防ぐためのものであり、確実に治せるものでもありません。 全く治せないと言う場合には、アレルギー疾患や皮膚炎を起こしている場合もあり、それらは自分自身のケアでは直すことはできません。

 

できるだけ早めに、皮膚科や専門医に相談をして治す方がいいでしょう。 日本人にしてみれば、頭皮のかゆみはかなり多くの人が感じているものであり、あまり重視しない傾向があります。そのせいで、たかがかゆみで病院に行くなんて大げさだ、と考えている人も多いのですが、上述した脂漏性皮膚炎というような可能性もあるので、早めに皮膚科に行っておくのも、薄毛や抜け毛を酷くしないためにも非常に有効です。

 

それだけではなく、専門家から自分の頭皮は乾燥し易いのか、または皮脂が多くなりがちなのかということも教えてもらうこともできますので、一度受診してもらうことも非常に効果的です。 もちろん、面倒なことだと思いますので、基本的にはどれだけ自分でケアを行ってもかゆみがとまらない場合に病院に行くようにすれば大丈夫でしょう。

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界No'1規模≪全国駅近徒歩3分以内≫
安心の無料カウンセリング実施中!
【新生活応援キャンペーン】4月30日まで!
血液検査(21,600円)→無料(0円)!!
来院当日の契約で全ての治療が10%OFF

            公式サイトへ          

 

 

 まとめ

まとめの画像

 

かゆみは非常に多くの人が抱えている頭皮のトラブルの一つです。かゆみが直接的に抜け毛の原因となるということはほとんどありませんが、乾燥が原因となっている場合もあるので、そのような場合には抜け毛が激しくなるサインでもあります。

 

むろん、かゆくて頭を構うことで髪の毛が無駄に抜けてしまうこともあるので、早めに改善をするに越したことはありません。 かゆみの発生を見逃さないように、様々な方法で改善や対策を取っていくようにすることで、抜け毛や薄毛を進行させないようにできますので、それらに注意をすると良いでしょう。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界No'1規模≪全国駅近徒歩3分以内≫
安心の無料カウンセリング実施中!
【新生活応援キャンペーン】4月30日まで!
血液検査(21,600円)→無料(0円)!!
来院当日の契約で全ての治療が10%OFF

            公式サイトへ          

 

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

【厳選AGA独占キャンペーン実施中!】
育毛サプリ1か月分プレゼント★

*30日間全額返金保証
*初診料・再診料・カウンセリング料すべて無料
16,000円/月で発毛治療

            公式サイトへ