AGAコラム

公開日 2017.8.7
ノコギリヤシの育毛メカニズムと正しい摂取方法
カテゴリ AGA・薄毛の治療
3fb0edee08f8f0d3af8509de9aafd47f_s

もし今あなたが薄毛に悩んでいるとしたら一つお伝えしたいことがあります。「ノコギリヤシ」という健康成分を聞いたことがあると思いますが、これに育毛効果があるということを知っていましたか?

 

ドラッグストアに置いてあるノコギリヤシサプリを見たことがある人も多いでしょう。

 


効能を見ると中高年男性の悩みである頻尿や前立腺肥大症の予防、あるいは精力の維持などにアプローチしているものが多いですが、これが薄毛治療でお医者さんが処方するプロペシアと似た効能があるようなのです。

 

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

 

スポンサーリンク

 ノコギリヤシがどうして育毛に使えるのか?

AGA_どうして?の画像

 

男性の薄毛の多くは男性型脱毛症、AGAが原因で起こるものです。AGAは頭皮の毛穴の問題ではなく、人体の内分泌系に関係する症状ですので対策は簡単ではありません。男性は男性的な体の維持や精力の保持、あるいは闘争本能といった生物学的な体や精神の維持の為に「テストステロン」という物質を体内で生み出しています。

 

この名前は聞いたことがある人もいると思います。中には「薄毛の原因は男性ホルモンだから=テストステロンが悪者」と今でも思っている人もいます。しかし実際はテストステロンは何も悪さをしません。問題は体内にある酵素の一種「5αリダクターゼ」という物質と結びつくことで悪玉の「ジヒドロテストステロン(以下:DHT)」という物質に変化することです。

 

5αリダクターゼは良くないことに人間の頭皮に多く存在し、そこでDHTを生み出しているのです。DHTは毛根内の受容体に侵入すると毛母細胞に脱毛指令を発するため、その毛根は細胞分裂を止め、次第に委縮しやがて毛根としての使命を終えてしまうのです。これに着目して開発されたのがフィナステリドという有効成分を使ったプロペシアです。

 

これは5αリダクターゼに作用してDHTの生産を強力に阻害します。DHTが無ければ脱毛指令は発せられないので毛根が守られるわけです。

 

これと似た効果を持つのが自然素材のノコギリヤシです。医薬品ではありませんから当然その作用はマイルドですが、規定量以内での服用であれば基本的に副作用の心配もなく、また簡単に手に入るので病院で本格治療を受ける前に試す方が多いのです。しかし規定量以上を服用した場合、頭痛、下痢、吐き気などの症状が出ることもあるので必ず規定量を守りましょう。

 

幸か不幸か中年男性の悩みである頻尿や精力減退、前立腺肥大などにも効能が期待されるのでこれらの悩みにまとめてアプローチできるのも人気の理由のようですね。

 

 効果の信用性はどうなの?

AGA_木の画像

 

残念ながら今のところノコギリヤシの育毛への効果は「医学的には」解明されていません。もし医学的に解明されれば当然医薬品として販売することになるでしょうが、いまのところはその段階ではないということですね。

 

しかし世の中のサプリメントを見てみれば、あれらも別に全てが医学的に効能が実証されたわけではないので、飲んでみて効果を実感できれば続ければ良いのです。実際にサプリメント市場が縮小しないのは効果を感じて飲み続ける人が多いからです。もし効果が無い人が大半になればその商品は売れないので販売中止になります。

 

スポーツ選手などもサプリメントを使って実際に成績が上がるなどの実感を持てたので何らかのサプリメントを使用している人もいますし、運動と合わせて脂肪燃焼効果を実感した人はそのサプリを使い続けているでしょう。ノコギリヤシは前立腺肥大の予防にはある程度有効性が認められていますが、育毛効果についてははっきりとした中立的な論文など文献での確認はできませんでした。

 

ただノコギリヤシサプリメントの製造会社による実験では1か月超の摂取実験で被験者10名に一定の改善が見られたとの報告もあるようです。また伝聞では明らかに髪の毛が増えたとまではいかないが、抜け毛の量が減ったとの報告も見られます。あくまで食品ですから薬のような強い作用は期待しない方が良いと思いますが、早い段階での予防措置としては気軽に始められるので良いと思います。それで効果があったらぜひ続けてみて下さい。

 

参考:スピルリナの持つ育毛効果とは?使い方と注意事項を解説

 

 ノコギリヤシの副作用は?

AGA_注意の画像

 

現在AGA治療に用いられるプロペシアとミノキシジル製剤は一応の安全性は確保されていますが、副作用もないわけではありません。プロペシアは精力減退や肝機能障害などの副作用が出ることがありますし、ミノキシジルは元々血圧を下げる薬だったので血圧異常を起こす危険もあります。

 

ノコギリヤシは食品ですので基本的にこういった副作用はありませんが、しかし規定量以上を服用した場合、頭痛、下痢、吐き気などの症状が出ることもあります。必ずサプリメント等に記載された規定量を守って摂取して下さい。

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:ザガーロの費用とその副作用を徹底調査!

 薄毛対策での摂取量は?

AGA_サプリメントの画像

 

薄毛対策として摂取する場合は1日におよそ200mg~320mgが目安と言われています。これは日本の公的な機関が設置した数値ではありませんが、海外での実績値から安全性を考慮された数値だと言われています。
人によって効果を実感できるまでの期間は全く異なるので一概には言えませんが、3カ月頃からなんとなく有効性を実感した人もいるようです。

 

安い物では1000円以下から販売されていますから少ない投資で効果を実験することは無駄ではないと思います。また発毛サプリとして有名な亜鉛も同時に摂取することでより早く効果を得られるかもしれません。
亜鉛は毛母細胞内で髪の毛の材料であるタンパク質を作る際に活用されるもので、現代人に不足していると言われています。

 

 ノコギリヤシを含むおすすめのサプリメントは?

AGA_薬の画像

 

価格で選ぶなら

【配合成分】
総重量950mgあたり
ノコギリ椰子エキス・・・340mg
カボチャ種子油・・・88mg
セサミン(醗酵黒ゴマエキス末由来)・・・11mg
セサモール(醗酵黒ゴマエキス末由来)・・・0.01mg
ビタミンE(d-α-トコフェロール)・・・58mg

出典:DHC公式オンラインショップ

 

スカルプDのネームバリューで選ぶなら

【配合成分】
ノコギリヤシ果実抽出物・・・340mg

出典:楽天市場

 

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

ノコギリヤシはあなたの体質に合う場合はAGAの原因になるDHTの生成を抑制し薄毛予防に貢献してくれることでしょう。しかし最初から薬のような効果を期待してはいけません。あくまで食品ですので早めの予防措置として、あるいはこれがダメだったらいよいよ病院で治療を受けようという、お医者さんにかかる前の判断材料として考えましょう。頻尿や前立腺肥大の治療効果もあると言われていますが、確実に治療を行いたい場合はそれぞれ専門の病院で治療を行うことをおすすめします。

 

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【期間限定キャンペーン!6月30日まで!!】
今なら、
初診料5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。


mensPC公式サイト

 

 

スポンサーリンク