ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> 頭皮に湿疹ができたらシャンプーを見直そう!おすすめと正しい洗い方

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
頭皮に湿疹ができたらシャンプーを見直そう!おすすめと正しい洗い方

カテゴリ

頭皮の湿疹は、フケや痒み、違和感などに繋がります。

 

高価なシャンプーを使用してみるなどの対策もアリですが、なにより大切なことは「早期発見」「正しいケアの知識」「自分の頭皮状態と皮膚を正確に把握すること」です。

 

 

 頭皮湿疹とシャンプーの関係性

AGA_鏡を持つ男性の画像

 

 

次節で詳しく解説しますが、頭皮湿疹の代表的な種類は以下4つです。

 

  • 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)
  • 皮脂欠乏性皮膚炎(ひしけつぼうせいひふえん)
  • アトピー性皮膚炎()
  • 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

 

そして、シャンプーの大まかな種類は、以下3つ。

 

  • 高級アルコール系シャンプー(市販に売られている大部分がこれ)
  • 石鹸シャンプー(昔からの石鹸をベースとしたシャンプー)
  • アミノ酸シャンプー(美容室、サロンに多い肌に優しい洗浄剤を使用)

 

頭皮湿疹の原因は大きく分けて、カビの繁殖、乾燥、刺激物質、の3つになります。(アレルギーを除く)そして、3つ全ての原因に深く関わっているのがシャンプーです。 カビの繁殖はシャンプーをしっかり洗い流せていない可能性が高く、逆にシャンプーの使いすぎ洗いすぎは乾燥を招き、例え成分の良いシャンプーでも皮膚に合わなければ刺激物質となります。

 

つまり、頭皮の状態(湿疹の種類)にシャンプーの質を合わせることが、トラブルの改善、健康な 頭皮へ戻す鍵になるということです。

 

 頭皮湿疹の種類は4つある

前節でもお伝えしたように、頭皮湿疹の代表的な種類は以下4つ。 症状や対策方法がそれぞれ異なるため、原因、特徴をしっかり把握し、適切な処置をとるようにしましょう。軽い炎症であれば、セルフケアである程度の回復を見込めますが、症状がひどい場合は必ず専門医のいる病院へ足を運ぶようにしてください。

 

名称の通り、頭や額、耳周辺や生え際にベタつきがでるといった症状です。 酷くなると、赤みやかゆみ、カサカサとしたフケがでることも。 そんな脂漏性皮膚炎の原因は、赤ちゃんと大人で異なると言われています。 赤ちゃんの場合、皮脂の分泌が盛んであり、毛穴がまだ未発達なため、分泌された皮脂が毛穴につまりやすいという環境が原因としてあげられます。

 

一方成人の原因として考えられるのは、マラセチアというカビの繁殖です。 マラセチアという菌は、皮脂や汗のたまりやすい環境を好むため、皮脂の過剰分泌が大きく関わっているといえるでしょう。 また、脂漏性皮膚炎の悩みを抱えている人らは、男性がメインとも言われています。これは、男性ホルモンの方が皮脂分泌を促進する働きが強いためですが、ホルモンバランスが乱れやすい女性も注意が必要です。

 

というように、皮脂の過剰分泌が主な原因ではありますが、他にもビタミンBの不足、ストレス、誤った洗顔、洗髪、生活習慣の乱れといったもので症状を起こしてしまう可能性もあるようです。

 

別名、乾皮症とも呼ばれるこの皮脂欠乏性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下することで、酷い乾燥を引き起こし、角質がはがれている状態をいいます。 外見から見られる症状としては、

 

  • 皮膚の表面がガサガサする
  • 白い粉がふく
  • 頭皮表面のひび割れ

 

の3つであり、炎症が酷くなると痛みやかゆみを伴うこともあります。 バリア機能がいちじるしく低下すると、細菌が繁殖しやすくなり、感染のリスクが高まります。 また、通常、肌内部まで入ってこない物質が肌内部へ通過しやすくなり、服やアクセサリーが擦れるといった少しの摩擦や刺激で炎症を引き起こしてしまうそう。

 

特に女性の方は、化粧品などによる刺激で、症状が酷くなるケースが多いと言われています。 そして、この皮脂欠乏性皮膚炎を発症しやすいのは以下のような方々です。

 

  • 洗浄剤や紙を触る職業の人(美容師、飲食店、看護師、銀行員)
  • アトピー性皮膚炎の要素がある人
  • その他、乾燥しやすい環境にいる人

 

現に、過去、飲食店で働いていた筆者は、皿洗いのしすぎ(洗浄剤の触れ過ぎ)で皮脂欠乏性皮膚炎を発症した経験があります。

 

あの時は、本当に寝られなくなるほどの痒み、痛み、赤み、に襲われ、毎日が苦痛だった記憶があります。よく聞く話ではありますが、美容師になってわずか数ヶ月で辞めてしまう方々は、皮脂欠乏性皮膚炎による症状が酷く、それに耐えられないためなんだとか。 いずれにせよ、職業を辞めざるを得ないにまで追い詰められる可能性があるので、十分な注意と早急なケアが必要です。

 

さて、次はアトピー性皮膚炎です。幼児〜大人、男性、女性に関わらず日本でも多くの方がこのアトピーに悩まされていることでしょう。 アトピー性皮膚炎とは、

 

  • 乾燥 → 水分が少ない、かさかさとした状態
  • 鱗屑 → フケのようなものが落ちる
  • 紅斑(こうはん)→ 赤い晴れ
  • 丘疹(きゅうしん)→ 小さなぶつぶつが盛り上がってる状態
  • 痂皮(かひ)→ 掻きむしったあとにできるカサブタ
  • びらん → 皮膚の浅い部分がはがれ、じゅくじゅくした状態
  • 苔癬化(たいせんか)→ 掻きむしる、治るを繰り返してゴワゴワと皮膚が厚く硬くなる状態

 

といった、症状が全身(特に汗の溜まりやすい部分)を襲う、非常に辛い皮膚炎の一つです。 そんなアトピー性皮膚炎は、バリア機能の低下による「極度な乾燥」だと考えられています。 これは、皮脂の分泌が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱いためだとされており、外部からの刺激を守りきれないのが大きな要因なんだとか。

 

また、悪化 → 治ってくる → 悪化 → 治ってくる といったように、完全に治りきる前にまた炎症が起きるため、年中かゆみや痛みに襲われ、汗をかいたり、肌が乾燥する環境に身を置くことが非常に苦痛になることも、アトピー性皮膚炎の怖いところです。 現在、国内を含む世界の専門医、医療機関がアトピーについて研究していますが、まだ完全に治す方法は見つかっていなく、治療法も病院によりバラバラといった状況ですが、

 

  • ダニ、ハウスダスト、カビ
  • 欧米化した食生活
  • 遺伝による体質
  • 物理的刺激
  • 不規則な生活スタイル
  • ストレス

 

などが主な原因と考えられています。(人によって原因は異なる)

 

最後に接触性皮膚炎ですが、これは外部からの刺激(主に服やアクセサリー)が原因の疾患です。 接触した箇所に紅斑(赤い晴れ)や丘疹(皮膚のもりあがり)、水泡(中に水をもった湿疹)ができ、一般的には、「かぶれ」と言われるものになります。 症状の主は、かゆみと痛みで、正常な肌と炎症が起きている肌がはっきり見てわかるのが特徴です。

 

 頭皮湿疹や皮膚炎におすすめシャンプー

 

厳選AGAが頭皮湿疹や皮膚炎におすすめなシャンプーを紹介します。厳選したシャンプーなので、いろいろなシャンプーを見て検討してみてはいかがですか?

 

 

 

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

          公式サイトを見る→

その名前の通り、チャップアップシャンプーは育毛剤で絶対的な人気を誇るチャップアップが開発した育毛シャンプーです。この育毛シャンプーは、スカルプ研究所が行ったスカルプシャンプー部門のアンケートで、一位に輝いたとても人気な育毛シャンプーです。

 

購入するには、育毛剤チャップとセットで購入した方がお勧めです。シャンプーだけの通常価格は4,180円で、育毛剤チャップアップは7,400円なので、合計11,580円ですが、公式サイトの定期便だと8,800円で購入できます。チャップアップシャンプーも育毛剤チャップアップと併用して使用するとより効果が期待できます。

haru黒髪スカルプ・プロ

【天然由来のノンシリコンシャンプー】
★リンスが不要で時間短縮
★累計販売本数100万本突破
キャピキシジル(ミノキシジルの3倍)配合!
3600円とコスパが良い! 公式サイトを見る→

haru黒髪スカルププロは、100%天然由来のシャンプーです。また、石油系界面活性剤なども含まれていないので、安心して使用できるのではないでしょうか。さらに、ヘアサイクルに働きかける「キャピキシル」を高濃度に配合することで、ヘアサイクルが良くなる効果が期待できます。

 

このharu黒髪スカルププロは、髪の色を作るメラニンに着目しています。髪を少しでも綺麗に見せたい方には、泡パックがおすすめです。 使用法としては、シャンプーの泡を立てたら、洗い流すのではなく、そのまま2~3分程度放置するのが好ましいです。そうすることで、天然由来の有効成分が髪に浸透しやすくなります。

 

 

ZACCスカルプシャンプーの画像

ZACCスカルプシャンプー

ネットショップ大賞2017受賞!!
アミノ酸シャンプーと石けんシャンプーの
ハイブリッドシャンプーの誕生!!
月桃葉エキス配合で抜け毛予防に抜群!!


公式サイトを見る→
 

ZACCシャンプーの特徴は、美容師がおすすめするほど、オーガニック系のシャンプーで、通夜や手触りが良いです。なぜなら、配合成分に、スルホコハク酸ラウレス2NaやコカミドメチルMEAが含まれているからです。 ZACCシャンプーは、頭皮の洗浄力と低刺激がどちらも欠かせないという方にオススメです。

 

また、ZACCシャンプーはコンディショナーもあるので、併用で使用してみてはいかがでしょうか。

 

 

プレミアムブラックシャンプーの画像

プレミアムブラックシャンプー

★楽天コスメ大賞に2年連続殿堂入り
コストパフォーマンスが良い(一日43.2円~)
★体に優しいノンシリコンシャンプー

公式サイトを見る→

ブラックシャンプーの特徴は、アミノ酸による洗浄力の高さです。高保湿で低刺激な育毛シャンプーなので、やさしく頭皮を洗浄してくれます。この洗浄力の高さは、厳選した天然植物成分が21種類も含んでいるからです。なので、このシャンプーを使用すれば、トリートメントをする必要もありません。

 

価格は、1本あたり5,184円と少々高めですが、楽天の数々の部門で一位を受賞しているので、実績には問題ないかと思います。

 

↓ノコギリヤシに興味のある方はこれ!↓

Growth Project

★ノコギリヤシ配合部門1位
★顧客満足度92,6%
★安心の45日間返金保証!

          公式サイトへ          
 

このシャンプーは、育毛サプリで有名なBOSTONが開発した育毛シャンプーです。このシャンプーは、育毛有効成分であるキャピキシジルやピディオキシジルさらにフラーレンを配合した育毛シャンプーです。このフラーレンは、酸化の原因物質を吸収する効果があります。この効果により、活性酸素を除去できます。

 

Grouth Projectの価格は、初回980円ととても安いです。通常価格は9,800円ですが、初回価格が980円は驚異的に安いです。

 

頭皮湿疹の原因と予防方法

AGA_水の画像

 

それでは、頭皮湿疹の具体的な予防方法をご紹介します。 やる気次第で簡単にできる方法から、今までの生活を少し変えなければならないものまで、幅広く紹介しようと思いますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

前節で様々なシャンプーを紹介したように、シャンプーの種類によって配合成分も違い、売り出しているコンセプトやテーマも違います。 例えば、爽やかな香りが○○!といった「匂い重視のシャンプー」は、肌への優しさよりも匂いにこだわっています。 つまり、肌に炎症のある成分が配合されている可能性があるということです。

 

一方、敏感肌やアトピーでも使用可能!などと記載しているシャンプーには、「アミノ酸」という比較的肌に優しい成分が配合されているため、肌の弱い方でも炎症を起こすことなく使用できる可能性が高いといえるでしょう。

 

このように、シャンプーの種類によって配合成分は違うため、炎症を抑えたい方は、匂いや手軽さ、金額よりも、「配合されている成分は本当に肌に優しい成分か?」という部分に重気を置いて選ぶようにしてください。

 

一見、「それくらい大丈夫じゃないの?」と考えてしまいがちですが、シャンプーの洗い残しはかなり危険です。 通常、シャンプーを頭につける → 洗う → 流す という順序で頭を洗うと思いますが、なにより大切なのが、「流す」という工程です。 では、なぜ流す工程が一番大事なのか。 それは、シャンプーに配合されている、界面活性剤という成分に秘密があります。

 

界面活性剤とは、汚れを浮き上がらせ泡に吸着させる働きのある成分ですが、あくまで汚れを泡に移動させるだけです。 つまり、せっかく泡に移動した汚れも洗い流しを怠れば、また頭皮に戻ってしまうということなんです。このように、「すすぎ」が最も重要な工程ですので、今一度「頭の洗い方」を見直してみましょう。

 

ドライヤーは、熱で髪を傷める可能性があるから使わないという方。 確かに「自然乾燥のほうが髪に優しそう」と考えたくなる気持ちもわかりますが、実はこの手方は誤り。しっかりドライヤーを使用して乾かすほうが正解です。 というのも、お風呂上がりの濡れた状態で放置をしていれば、頭皮の常在菌が繁殖しやすくなるだけでなく、臭いやベタつきの原因にもなります。

 

さらに、髪の毛が濡れた状態のときはキューティクルが開いているため、トリートメントなどの成分はすべて外に出てしまうのです。 髪を濡れたままにしておくこと、これは本当にデメリットばかりですので、明日からはドライヤーを使って乾かすようにしましょう。

 

そもそも整髪料は使わないのが一番ですが、身だしなみの1つとして、やはり避けられないものですよね。 ジェルやワックスを使用する際に注意しておくポイントとしては、

 

  • 頭皮や根元までつけない
  • スプレーは離して
  • 整髪料の使用時間を短く
  • ちゃんと洗いながす

 

という4つ。 しかし、どれだけ注意してスタイリングしたとしても、汗によってどうしても頭皮に届いてしまいます。人間である以上、汗を止めることは不可能ですので、やはり洗うことが重要といえるでしょう。

 

もちろん、日焼け(紫外線)も頭皮湿疹の原因の1つです。 「日焼け」とう言葉にすれば、なんだか軽いように聞こえますが、日焼けとは「軽度のヤケド」の状態をさします。こう聞けばどれだけ皮膚に負担がかかっているか分かるはずです。

 

  • バリア機能の低下
  • 乾燥しやすくなる

 

といった状態になるため、様々な頭皮湿疹の原因になるだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなります。そのため、帽子をかぶる、日焼け止めを塗る、日傘をさす、といった紫外線対策は忘れずに行いましょう。 ちなみに、頭皮用の日焼け止めはスプレータイプがお手軽かつ有効です。

 

バランスの良い食生活は、頭皮湿疹の予防だけでなく、健康において必要不可欠なものです。 例えば、

 

  • マヨネーズ
  • ベーコン
  • ソーセージ
  • ケーキ
  • マーガリン

 

などの食材や食品は、皮脂に生まれ変わりやすいものなので、摂取しすぎると脂漏性皮膚炎につながってしまいます。 皮脂の分泌量は、脂質の量によって決まるため、居酒屋によく行く方(居酒屋のメニューのほとんどが脂質高め)は注意が必要です。 特に中高年の方々は飲み会などの機会が多いため、日常から皮脂の分泌量を抑える働きがある、野菜や海藻類を多めに摂取する必要があります。

 

特に、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜には、ビタミンAやビタミンEが豊富に含まれているので、肌の炎症を抑える抗酸化作用が期待できます。 とにかく、揚げ物メインの食生活から、野菜メインの食生活へ変えてみることをおすすめします。

 

実は、私たち人間が毎日行なっている「睡眠」が疎かになると頭皮に皮脂が過剰分泌してしまう場合があります。 これは、寝不足により、頭皮のターンオーバーが正常に機能しなるためです。 先ほどもお伝えしたように、ターンオーバーが乱れると頭皮に皮脂が過剰分泌してしまうため、脂漏性皮膚炎やその他の頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。

 

仕事が忙しくて寝不足、遊びすぎて寝不足、という方は少なくないと思いますが、寝不足が続くと、顔にニキビが増えたり、乾燥したりといった肌の炎症を引き起こしてしまうことでしょう。 それは、頭皮も同じです。

 

頭皮も腕や足、顔といった箇所と同じ「皮膚」であるため、しっかり睡眠をとり、皮膚を回復させなければなりません。 ちなみに、現在の研究では、7時間〜7時間半の睡眠が一番体に良いとされているため、「寝不足」とは、7時間以下の方々を指します。

 

また、7時間半以上寝てしまう、「寝すぎ」も寝不足とほぼ同等の悪影響があるため、「頭皮環境を改善したいからいっぱい寝よう!」というのは大間違いですので十分注意するようにしましょう。

 

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

 シャンプーの正しい洗い方と選び方

シャンプーの画像

 

頭皮湿疹などの肌トラブルを消す、もしくは予防するためには、正しい洗い方や選び方を覚えておかなくてはなりません。 どれだけ価格の高いシャンプーだったとしても、間違った洗い方をしていれば、いつまでたっても改善されないどころか、さらに悪化してしまう場合もあります。 せっかく自分の体と向き合おうとしているなら、ぜひ正しい知識をもとに生活してみてください。

 

洗い方で重要なポイントを大きく分けると、

 

  • ゴシゴシこすらず、揉み込むように洗う
  • 爪を立てずに指の腹で洗う
  • すすぎを充分に行う

 

の3つです。 では、順を追って説明していきましょう。 まずシャンプーをつけるまえに、髪の毛に付着した汚れやホコリを取り除きます。(軽いブラッシングでOKです)それから髪の毛を「ぬるま湯」で洗い流し、充分にすすいでください。この過程を行うだけで汚れをより一層落とすことができます。

 

そして、シャンプーを手のひらにとり、少量の水で溶かしてから円を描くように泡だてます。この際、ゴシゴシ、ガシャガシャ雑に洗うのだけは避けてください。 少し面倒臭いかもしれませんが、頭皮や髪の毛を綺麗に保ちたいのなら必ず行うようにお願いします。

 

正直これを言うかどうか非常に迷いましたが、「価格の高いシャンプー=安いものよりは良い」これは正解です。 基本的に価格の高いシャンプーには、「アミノ酸系」の成分が配合されていることが多く、「天然素材」で作られているため、肌には優しい。

 

一方、安いシャンプーには、「アミノ酸」などの肌に優しい成分は配合されていないことがほとんどであり、「石油由来の界面活性剤」が含んであります。 界面活性剤は私たちが生活する上で必要な、シャンプー、ボディーソープ、整髪料、石鹸、洗顔料といったものに含まれているため、ゼロにすることは難しいと言えますが、洗浄力がソフトになっているものを選ぶことで肌への刺激をより軽減できます。

 

では、具体的にどんなシャンプー選べばいいのか。 答えとしては、上記でお伝えした知識を元にどちらにするか決めるのと、自分の肌質にあったものを選ぶことです。 そうすることで、頭皮湿疹などのトラブルや炎症を避けやすくなります。

 

  • 乾燥肌 → 肌に優しいアミノ酸系や天然素材の植物系シャンプー(とにかく肌に優しいもの)
  • オイリー → 皮脂の分泌量が多いため、皮脂を抑えるオイリーヘア専用シャンプー
  • ノーマル → 特にこだわる必要なしですが、正常な状態を維持したいのなら、アミノ酸系シャンプーなどの肌に優しいものを使用するように。

 

補足としてですが、「肌を見極めること」これは素人だと非常に難しいです。特にオイリー肌と思っていたものが実は乾燥肌なんてこともあります。 乾燥=乾くだけではないため、オイリー肌用のシャンプーを使って効果がない場合は、乾燥対策も視野に入れてみると良いかもしれません。

 

 まとめ

2人の男の画像

 

今回は、頭皮湿疹の種類から、おすすめのシャンプー、洗い方や選び方と頭皮湿疹にまつわる情報をおはなししてきました。 その中で筆者が最も大切だと思うのは、「自分の頭皮状態と皮膚を正確に把握すること」これに尽きると考えています。 例えば、合わないシャンプーの使用が原因とわかっても、自分の肌が乾燥肌なのか、オイリー肌なのか、敏感肌なのか分からなければ、どのシャンプーを使用すればいいのか分からないことでしょう。

 

そして言うまでもないですが、頭皮も肌の一部なため、「生活週間を整えること(食生活や睡眠を正すこと)」はとても大切です。 どれだけ良いものを使い、正しい方法で改善しようとしても、根本的なものが疎かではいつまでたっても改善できません。 そして少し話がそれますが、今の時代webの発展により、様々な情報が簡単に手に入るようになったため、誤情報にはお気をつけください。

 

みなさんもよく、「〜〜は○○が原因!〜〜〜〜で今すぐ改善!」のような記事をたくさん見受けると思いますが、具体的な内容が書いていない記事や信憑性のない手方には注意です。

 

 

↓どこでも安心の全国展開!

AGAスキンクリニック ≪全国駅近徒歩3分以内≫

【業界No'1規模】無料カウンセリング実施中!

店舗数:全国展開50
費用:3,400円~/月
実績:発毛実感率99.4%
特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

公式サイトを見る→

 

↓遠隔診療するならココ↓

AGAヘアクリニック

かかる費用は治療薬の費用だけ
スマホ1台のみでOK!
自宅で治療ができる!
AGAヘアクリニック詳細記事はこちら

公式サイトを見る→