ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> 薄毛の原因はストレス?ストレス対処で薄毛改善する方法 !

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

薄毛の原因はストレス?ストレス対処で薄毛改善する方法 !


カテゴリ

薄毛に悩んでいる人はいろいろと対処を考えるでしょう。

しかしその薄毛の原因にはAGAもありますし、遺伝もあります。

そしてもしかしたらストレスかもしれないのです。

その薄毛の原因を正しく知らずに、原因に合致をしていない対処をしても、薄毛は改善されません。

そこでここではストレスが原因の場合の薄毛とその特徴とメカニズム、そして何より原因であるストレスとは何かということとその解消方法についてご紹介します。

ストレスでした薄毛とその特徴

画像名の画像

ではストレスで薄毛になる場合、それはどういう症状に分類でき、さらにどういう特徴があるのでしょうか。

ストレスで薄毛になる場合に最も多いのが神経性脱毛症です。

これには、AGAのようにM字やO字などといった独自の特徴はありません。

頭皮のどこにでも発症します。

また円形脱毛症症のように脱毛部分とまだ髪の毛の生えてる部分の境界がくっきりと分かれることもありません。

部分的に地図のように薄毛になっていく、というのがあえて言えば特徴ですが、その地図部分も独自のものはなく、その人の個体によって全く違う形で現れます。

神経性脱毛症は、ある日突然始まりますが、円形脱毛症のようにどこかがごっそり抜けるということはなく、ゆっくりと進行していきます。

ですから薄毛になったと気づいた時にはかなり症状が悪化して、薄毛が目立ってきている時なのです。

したがって神経性脱毛症は症状を発見しにくく、治療のスタートが遅れることが多くなります。

そしてさらに悪いことには、この脱毛症は進行するにつれて治療の困難度が増すため、非常に治りにくい病気になってしまうのです。

円形脱毛症も神経性脱毛症と同じようにストレスが発症の原因の1つだと考えられています。

症状としては以下のように分けることができます。

1カ所だけがいわゆる「十円ハゲ」として丸く脱毛する単発性通常型 2か所以上に同時に発症する多発性通常型 髪の生え際から帯状に脱毛してくる蛇行型、 頭部全体の髪の毛が抜けてしまう全頭型 さらに全身の毛が抜けてしまう汎発型

円形脱毛症の発症も非常に突然です。

ある日を境に急に毛乳頭の機能が停止してしまい、毛根に栄養がいなくなって、その部分が脱毛してしまうのです。

そしてそれは大人や男性などに限って発症するのではなく、女性でも、そして子供でも発症します。

ストレスとはどういう状態か

画像名の画像

ではこのような薄毛の原因となるストレスの実態はいったいどういうものなのでしょうか。

そしてどのように緩和し、薄毛の発症を食い止めたり改善させたりすればよいのでしょうか。

それについて詳しくご紹介します。

まず、すでに日常語と化している「ストレス」とはどのような経緯で用いられるようになったのでしょうか。

ストレスとは、元々は工学系の用語です。

ある物体に力を与えて変形させようとすると、その物体の中にそれに反発して元に戻ろうとする力が生じます。

これを「応力」と言い、別名を「ストレス」と呼びます。

さらに物体にかかっている力と、それに反発する力の間で力関係が拮抗し、緊張状態が生じますが、これを「ストレス状態」と言います。

元はストレスは以上のような工学用語でした。

この「外圧の力と内部での反発の力によって緊張が生まれている状態」に注目したハンス=セリエという学者が、同じようなことは人間を含む動物にも起こるとして、動物の心理的な抑圧状態を「ストレス状態にある」と言い、その原因となっている刺激を「ストレス」と定義したことが定着したのが現在の「ストレス」の用法です。

ではストレスの語源が分かったところで、その実態の話の方に移りましょう。

まず人間がストレスを感じている時、身体の内部ではどのような現象が起こっているのでしょうか。

人間はストレスを与えられると、腎臓の副腎皮質からコルチゾールなどの「抗ストレスホルモン」を分泌します。

この役割はストレスから身を守ることです。

具体的な働きは、糖、タンパク質、脂質、電解質、骨などの全ての代謝作用を高めることと、さらに免疫機能を向上させることです。

なぜこれがストレスから身体を守ることになるかというと、まず糖の代謝が促進されると血糖値が上がり脳へエネルギー源としての糖分が多く送られます。

タンパク質や脂質の代謝も身体のエbネルギー源を確保する働きにつながります。

さらに電解質の代謝は血液中の塩分濃度を上げるので、血圧が上がり、それによって全身へ血液が流れやすくなり、その結果として血液によって運ばれる酸素と栄養素がくまなく身体中に配布されることになります。

このようにして、「身体を戦闘状態に備えさせる」ことを抗ストレスホルモンは行うのです。

しかし抗ストレスホルモンの身体内での貯蔵量には限界があります。

したがって、適度なストレスであればむしろ脳と身体の活力は上がりますが、それが過度だったり、持続的なものだったりした場合は、抗ストレスホルモンは枯渇してしまいます。

そうな ると身体と脳はストレスに対抗しきれなくなって悲鳴を上げ、以下のような症状を示すようになります。

休憩しても疲れが取れない 立ちくらみをする 身体が冷える コーヒーなどの刺激物が欲しくなる 甘いものが欲しくなる 光をまぶしく感じる 深夜に目が覚めてそれから再度眠りに入ることができなくなる アルコールを摂取すると返って頭が冴える 常に空腹を感じる 食後すぐなのに空腹を感じる 朝起きても疲労感が抜けていない なぜか悲しくなる 涙が出て止まらなくなる

これらはすべて抗ストレスホルモンが枯渇している、逆に言えば、それほど過度な、あるいは持続的なストレスを受けているということなのです。

またストレスは人間の自律神経も乱れさせます

そもそも自律神経には、緊張状態の時に働く交感神経とリラックスしている時に働く副交感神経があります。

このバランスがいつもは取れていますが、ストレスを受けると、これも戦闘状態への準備として、交感神経が優位になります。

すると、瞳孔が開き、脈拍が上がり、呼吸が速くなります。

脈拍が速くなるのは身体中に酸素と栄養素を送るためですし、呼吸が速くなるのも肺に酸素をたくさん入れて運動能力を高めるためです。

また危機的な状態を見極められるように瞳孔も開くのです。

これだけを見ると交感神経が優位な状態は必ずしも悪いことではないように思えますが、しかし自律神経はバランスで働いています。

交感神経が優位ということは、副交感神経が働かない、ということです。

b

副交感神経は身体と脳のエネルギーを回復させる働きがありますから、交感神経優位の状態が続くと身体も脳も疲労してしまいます。

すると睡眠障害や憂うつな気分を発症し、同時にいつも疲れが取れていないような状態になるのです。

ストレスはなぜ起こるのか

今ストレスは、身体や脳に対する刺激というように書いてきましたが、その原因はいったい何にあるのでしょうか。

先ほど書いたようにストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。

したがって外部からの刺激はすべてストレスの原因となり、それをストレッサーと呼びます。

具体的には以下のようなものがあります。

低気温や高気温、あるいは騒音などの環境的なストレッサー 病気や睡眠不足などの身体的ストレッサー 不安や悩みなどの心理的なストレッサー 人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的ストレッサー つまり、生きていれば人間は日常的にストレッサーを受け続けているのです。

もっと言うと、進学や就職、デート、結婚、出産などのうれしい出来事さえ、変化という意味では刺激ですから、実はストレッサーなのです。

しかし、ある人によっては刺激と受け取れるものでも、ある人にとっては刺激に受け取らないものもあります。

たとえば 食べ物 音 人間関係 仕事内容 などは、人の受け止め方によって不快な刺激になったり、むしろ快適な刺激になったりします。

もう少しストレッサーについて詳しく説明します。

人によって受け止め方は違いますが、ストレッサーには以下のようなものが挙げられます。

人間関係はストレッサーの第1位要因です。

職場やプライベートにおける人との関係性の中で、自分の思い通りにならないこと、自分にとって不快な状態にあることがストレッサーになhるのです。

仕事

残業が多い、休日がない、休憩時間がない、責任が重い、期日が迫っている、など仕事に関連したストレッサーも非常に多くあります。

しかし一方で仕事がない、やりがいが感じない、ということも人によってはストレッサーになります。

睡眠は脳と身体を休めることですから、何かが理由でこれを十分に取れないと、それ自体がストレッサーになります。

さらに、それが体調不良や仕事の失敗など、ほかのストレッサーも起こすので、ストレスの悪循環が発生します。

また自分の性格自体がストレッサーの根幹要因にもなります。

たとえば、真面目で完壁主義の人は、自分や周囲の仕事に対して不満を抱えやすいために、感じるストレッサーがほかの人よりも多くなります。

また短気な人、緊張しやすい人、心配性な人もそれによって日常的に感じるストレッサーが増えます。

自分の意志や感情をストレートに表現できない人、内向的な人も同様です。

パソコン、スマホ、TVゲームなどを長時間操作すると、それがストレッサーになり、知らず知らずの間に脳が疲労します。

さらに、これらのツールを常に使用していないと、それ自体が自分が社会と適応できていない状態に自分があるという思いが生じて、ストレッサーになります。

AGA専門クリニックでは、私生活の悩みもあわせて無料で相談できます!

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

ストレスによって神経性脱毛症になるメカニズム

使い方の画像

このようにして人間はストレスを感じますが、なぜこれが薄毛を誘引するのでしょうか。

実は円形脱毛症とストレスの関係はいまだ医学的に解明されていませんので、そのうちの神経性脱毛症の発症メカのズムについてご説明します。

まずストレスによって分泌が増える抗ストレスホルモンの影響による薄毛の発症です。

抗ストレスホルモンは、精神と身体を戦闘状態に備えさせますので、男性ホルモンの分泌も増やし、戦いに向けての自信ややる気をアップさせます。

それだけならいいのですが、男性ホルモンは同時に皮脂腺を刺激する働きもあるのです。

皮脂腺がが刺激されると皮脂の分泌が増え、それが頭皮で発生すると、過剰になった皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

すると、毛穴の中の皮脂が栄養素となって細菌が繁殖し炎症が起こります。

炎症は毛根の働きを阻害するので、髪の毛は成長しなくなり、やがて抜けてしまいます。

この現象が神経性脱毛症と呼ばれる1つなのです。

また抗ストレスホルモンは、戦闘状態に備えてエネルギーを身体に充填しようとします。

その原料として筋肉分解させる一方で、それに逆行する筋肉を作る成長ホルモンの分泌を抑制します。

すると、毛根に対する成長シグナルも途切れるため、これによっても髪の毛の成長が止まり、やがて抜けていく神経性脱毛症を発症するのです。

また抗ストレスホルモンの直接の要因ではなく、それによって自律神経が乱れることでもストレスが神経性脱毛症の間接的な要因になります。

自律神経のバランスが乱れて交感神経優位になると、血圧が上昇し血管は収縮します。

これが頭皮の毛細血管で起こると、血流が悪化し、本来血液によって送り込まれるはずだった栄養素や酸素が毛母細胞に届かなくなるため、毛母細胞が栄養失調になって成長が止まり、髪の毛が抜けて行ってしまいます。

自律神経が乱れると副交感神経によって動いている内臓の働きも低下します。

その結果発毛に必要な栄養素が十分に胃腸で吸収できなくなり、それによっても神経性脱毛症を発症します。

さらに自律神経の乱れは脳を興奮状態にしますから睡眠不足を招きます。

髪の毛の成長に必要な成長ホルモンは睡眠中にもっとも多く分泌されるので、睡眠不足は即、成長ホルモンの供給不足につながり、身体の発育に悪影響を与えるだけではなく、髪の毛の成長も阻害して、神経性脱毛症を発症させます。

ストレスを解消して薄毛を善させるには

ハゲ 男の画像

ではストレスを解消して神経性脱毛症を改善させるにはどのような対策を取ったらよいのでしょうか。

まず1番根幹の対策はスバリ、ストレスの要因となっているストレッサーを自分の周囲から排除することです。

具体的には以下のような対策です。

自分が苦手だと思っている人とは接しないようにする 気の進まない会合には極力出ないようにする やらなくても何とかなる苦手なことは思い切って止める 寒さや暑さ、騒音など苦手な環境に身を置かないようにする 家族や同僚の助けを積極的に借りて、ストレスを感じることをしないようにする

ただ、仕事や家庭的にやむを得ない事情で避けられないストレッサーであれば、与えられてしまったストレスをできるだけ早く解消する、ということを行いましょう。

ストレス解消には多くの方法があります。

できる環境を考えて自分に合ったものを選びましょう。

ストレスを解消するのに有酸素運動は非常に効果的です。

有酸素運動とは、身体の内部の酸素を使って、ゆっくりとエネルギーを作り出す運動です。

短距離競争のような息を詰めて行う運動ではなく、「息を大きく吸ったり吐いたりしながら行う運動」だと考えればよいでしょう。

具体的には、ジョギング、ウォーキング、水泳、ヨガなどがこれにあたります。

有酸素運動をダイエットのために行う場合は、脂肪が燃焼するまでの20分を過ぎた、それ以上の運動時間を取る必要があります。

しかしストレス解消が目的であれば短時間でもすぐに効果が出ますから、毎日10分でもよいので続けるようにしましょう。

また趣味に没頭する時間を思い切ってたくさん取ることもストレス解消には非常に適していいます。

それが座ってする趣味であれば、脳がストレッサーの刺激をその間は受けませんから、副交感神経が優位になりリラックスできます。

肉体を使った趣味であれば身体の疲労によって全身の緊張がほぐれ、これによっても副交感神経が優位になります。

ですから、好きな音楽を聞く、TVゲームをする、好きな人と電話で他愛ないおしゃべりをする、あまり頭を使わない本を読む、ペットと一緒に遊ぶ、好きなマンガを全巻読破する、好きなスポーツで身体を思い切り動かす、など何でもよいですから没頭してみましょう。

美肌成分として化粧品などに配合されているビタミンCですが、実はストレス解消の効果もあります。

人間はストレスを受けると、自分を守るために副腎皮質から抗ストレスホルモンを分泌して血圧や血糖を上昇させ、身体のエネルギー状態をアップさせる、ということは先にご説明しました。

その結果抗ストレスホルモンが不足するので、身体の内部ではまた産生しようとしますが、その際にビタミンCが材料として大量に消費されます。

したがって、ストレス過多の状態を解消するには、枯渇している抗ストレスホルモンを大量産生できるように、その材料のビタミンCを補充してあげることが重要なのです。

また同時に、ビタミンCは神経伝達物質であるドーパミンなどの産生の際にも大きな役割を果たしています。

神経伝達物質も交感神経優位になると大量に消費されて枯渇する物質ですが、そうなるととうつ症状を発症しやすくなり、それがまたストレスになるという悪循環が発生します。

したがって自分の精神状態を維持してストレスをストレスだと感じないようにするためにもビタミンCが必要なのです。

睡眠不足、質の悪い睡眠はストレッサーとなり、同時に自律神経のバランスを崩し、さらには成長ホルモン分泌を阻害します。

ですから、まずは毎日最低7時間以上の睡眠時間を確保しましょう。

そして仕事や家事をうまく融通して、できるだけ規則正しい就寝と起床を繰り返すこと、早寝早起きをすることが重要です。

また起床時に十分に日光を浴びると、神経伝達物質の生成が促され、これによってもストレスに強い身体になります

時間がなくて毎日シャワーで済ませている人も、浴槽に38℃から40℃くらいのぬるめのお湯を張って、ゆっくりと浸かれる時間をとりましょう。

お湯の中に入っていると、副交感神経優位の状態になり、ストレスが解消されます。

毎日実行することが難しい場合は、週末に30分程度の腰湯を実行するだけでもストレス解消の効果があります。

ストレス解消の何よりの方法は十分な休息です。

脳と身体を休憩させると副交感神経が働いて、ストレス状態から抜け出せます。

「仕事があるから」「これをやらなければいけない」という考えを一旦忘れ、まずは自分の精神状態をニュートラルに戻すことを考えましょう。

交感神経優位の状態の時には呼吸が速くなります。

逆に呼吸を大きくゆっくりすることで、副交感神経が働き始め、不安や緊張が緩和され、ストレス状態から抜け出せます。

そのためには以下のような呼吸法を実行しましょう。

まず鼻から2秒大きく息を吸い、8秒間息を止め、ゆっくりと4秒間息をはきます。

これを2~3回ほど繰り返酢だけでかなりのストレス緩和効果が得られます。

ストレスを感じやすい自分を変えて行ったり、あるいは他者の力を借りてストレス状態から抜け出す方法も考えましょう。

その中の1番は、自分の考え方の枠組みを変えることです。

考え方の枠組みとは、言葉を換えれば「固定観念」です。

たとえば「仕事は完璧にしなければならない」「母親は育児に全責任を持っている」などの考えは、それが上手くいかない時にストレッサーになります。

性格的にストレスを感じやすい人ほどそのような固定観念を強固に持っています。

ですから、まずは自分の中のそのような考え方の枠組みには何があるのかをじっくり振り返ってみましょう。

そしてそれが明らかになったら、どうしてそのような考えを持つに至ったかを自分の人生のプロセスに沿って考え、その根幹の要因を理解することです。

根幹の要因はなかなか解決できませんが、それがあるということを自覚するだけで、それとの付き合い方が上手くなります。

あるいは何かをして自分自身に不満を感じてしまう時、ダメな点を発見してしまう時には、実際にできていること、うまくいっていることに注意を向けてみましょう。

ストレスを感じやすい人は内向的な性格であることが多いので、困ったことやつらいことを人に打ち明けることが少ない特徴を持っています。

しかし思い切って誰かに話を聞いてもらったり、つらいと打ち明けるだけでも、気持ちが楽になることもあります。

さらには話すことで自分を客観的に見るきっかけになり、自分なりの解決策を発見することもあり得ます。

ですから、ストレスを感じやすい人は誰か1人でもいいので、友人、家族、同僚、地域や趣味の仲間などの中に、何でも気軽に打ち明けられる人を作っておきましょう。

あるいは身近にそういう人がいない場合は、地域の精神保健福祉センター、保健所、職場の健康管理センター、自治体の相談所などに思い切っていけば、何でも親身に聞いてくれる人は見つかります。

以上のことをしてもなかなか神経性脱毛症が改善しない場合は、思い切って医療的な治療を受けましょう。

1つは神経性脱毛症の原因であるストレスから脱却するために精神科や心療内科を受診することです。

2つめは、脱毛症そのものを直接的に治療するのであれば皮膚科を受診してみてもよいでしょう。

病院を受診すると多くの場合は薬の処方などによって神経性脱毛症の治療を行うはずです。

精神」科や心療内科なら精神安定剤の処方によって自律神経のバランスをとる方向での治療になりますし、皮膚科であれば皮脂の過剰分泌などをコントロールする薬の処方になるはずです。

どちらの薬がより効果が出るのかは、その人個人によりますので、まずはどちらかを受診して効果を見てみましょう。

まとめ

いかがですか。

薄毛は肉体的なホルモン分泌などの影響だけで発生するのではなく、ストレスなど精神的な問題によっても発症するものです。

もしも自分の薄毛が、ここで挙げた特徴に該当するようであればAGA対策などを施しても効果は期待できませんから、以上のようなことを行って、改善させましょう。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_