【頭皮の悩みはこうやって解決する!】頭皮トラブルの対処法まとめ|厳選 AGA

ホーム >> AGAコラム >> ヘアケア >> 【頭皮の悩みはこうやって解決する!】頭皮トラブルの対処法まとめ

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【頭皮の悩みはこうやって解決する!】頭皮トラブルの対処法まとめ


カテゴリ

頭がかゆくて仕事に集中できない人は多いのではないでしょうか?それは、もしかすると頭皮湿疹が原因かもしれません。

頭皮湿疹とは、頭皮に炎症が起こり、ブツブツの湿疹出ている症状です。

頭をかくたびにフケや頭皮の皮がボロボロと落ちてきます。

頭皮湿疹には季節性はあまりなく、一年中頭にかゆみがあり、フケが気になる方は頭皮湿疹の可能性があります。

周囲に対しても不潔な印象を与えてしまう頭皮湿疹の原因と対策を解説していきます。

頭皮湿疹4つの原因と対策

薄毛の画像

頭皮のかゆみを引き起こす頭皮湿疹の原因となる代表的なものが「脂漏性皮膚炎」、「皮脂欠乏性皮膚炎」、「アトピー性皮膚炎」、「接触性皮膚炎」の4つです。

頭皮湿疹は慢性的な状態になるまで放置されるケースが多くみられますが、かゆみはもちろん、周囲に不潔な印象を持たれる前に早めの改善が必要です。

頭皮に硬いカサブタのある湿疹ができている状態であれば、脂漏皮膚炎(しろうせいひふえん)の可能性があります。

脂漏皮膚炎は脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)ともよばれ、頭皮の中でも皮脂の分泌が多い生え際などが脂っぽくなり、赤み、かゆみ、大量のフケが発生させます。

脂漏性皮膚炎がひどくなると、髪の毛が抜け落ちて薄毛になってしまう場合があります。

この脱毛を粃糠性脱毛(ひこうせいだつもう)とよびます。

脂漏性皮膚炎の湿疹、かゆみ、フケのようなカサブタがとても気になるので、洗髪時に爪でこすり取ってしまう方がいます。

しかし、その行為が脂漏性皮膚炎の炎症やかゆみを悪化させてしまうため、洗髪時は十分に気を付けなければいけません。

脂漏性皮膚炎の原因となるのが、過剰な皮脂分泌と雑菌です。

わたしたち人間の皮膚の表面にはカビの一種であるマラセチア菌が存在します。

マラセチア菌は、人間の皮脂と汗が大好物です。

皮脂が過剰に分泌する部分を見つけて集まり、頭皮の皮脂に含まれる脂肪成分を分解し、分解してできた遊離脂肪酸が頭皮に炎症、かゆみ、カサブタを発生させます。

また、マラセチア菌によって作られた物質が毛穴に入り込むと、ひどい場合は脱毛を引き起こします。

マラセチア菌の好む皮脂を過剰に分泌させているのが男性ホルモンです。

そのため、脂漏性皮膚炎になる人は男性のほうが多いと言われていますが、女性でもホルモンバランスの乱れなどにより発症することも少なくありません。

男性ホルモンによる過剰な皮脂の分泌の原因は様々あり、限定することは現段階ではできませんが、睡眠不足、栄養の偏り、ストレス、喫煙、運動不足、ストレス、ビタミンBの不足などの生活習慣の乱れも要素としてあります。

男性ホルモンの影響以外に、皮脂を過剰に分泌させてしまう要素として、誤った方法での洗髪があります。

洗浄性の高いシャンプーで皮脂の取り過ぎてしまったり、シャンプーをすすぎ残してしまったりすることも頭皮の皮脂を過剰に分泌させてします要素になります。

脂漏性皮膚炎を発症させてしまうと医療機関での専門的な治療が必要になります。

医療機関での治療方法は二つあります。

まず一つ目は、頭皮の炎症を抑えることです。

炎症治療の多くは、ステロイド剤が用いられています。

炎症を鎮める即効性があり、比較的に短期間で頭皮の炎症は鎮まります。

ステロイド剤を用いる場合の注意点は、ステロイド剤には皮膚を弱くする副作用があることと、ステロイド剤の使用を止めると再発することです。

そのため、ステロイド剤は炎症の拡大を防止する応急処置的な役割で、根本的な解決をするためには、炎症を引き起こす原因であるマラセチア菌の増殖を抑制する治療が必要となります。

マラセチア菌の増殖を抑えるためには、ケトコナゾールなどの殺菌作用のある成分が含まれているクリームやローションが用いられることが多く、脂漏性皮膚炎による脱毛である粃糠性脱毛にも効果があると言われています。

粃糠性脱毛は、早期の段階で医療機関での適切な治療を受けることができれば、抜けた毛も元のように生えてくるため、過度に心配する必要はありません。

ただし放置しておくと抜け毛が増えて、髪も細く弱くなっていきます。

頭皮湿疹、過剰な皮脂の分泌、大量のフケなどが発生した場合は、できるだけ早く医療機関に相談することをおすすめします。

また医療機関での治療とあわせて、自宅で行う脂漏性皮膚炎のケアも重要です。

頭皮の皮脂を過剰に分泌させてしまう男性ホルモンの作用をケアするためには、規則正しい生活、十分な睡眠、ストレスケアは欠かせません。

食生活では、偏りなく栄養を摂ることと、豚肉やレバーなどに多く含まれるビタミンBを意識して摂取しましょう。

頭皮の表面がガサガサに乾燥した状態や粉をふいた状態でかゆみや痛みがともなう場合は、皮脂欠乏性皮膚炎の可能性があります。

皮脂欠乏性皮膚炎は、頭皮の皮脂が減少し、普段は弱酸性に保たれている頭皮の表面のアルカリ性が高まることで、頭皮のバリア機能が低下し、外からの刺激に対しての抵抗が弱まっています。

そのため、着替えるときなどに服が軽く頭皮に触れることでかゆみが出る場合や、今まで何事もなかった化粧品でかゆみが出る場合があります。

皮脂欠乏性皮膚炎のかゆみの度合いが強く、ひどくなると夜中に目が覚めるほどです。

乾燥肌の方、アトピー性皮膚炎を持っている方、清潔好きで洗浄力の強いシャンプーを使っている方、頻繁に洗髪する方など、頭皮が乾燥しやすくなる方は皮脂欠乏性皮膚炎が出やすい傾向があります。

皮脂欠乏性皮膚炎の原因は、皮膚を覆う皮脂の減少によって乾燥することです。

その原因は、体の外側の要素と体の内側の要素の2つに分類することができます。

体の外側の要素としては以下のようなものがあります。

皮脂を過剰に除去する洗浄力の高い洗浄剤の使用 皮膚に物理的な刺激を与える物質や皮脂を吸い取る物質の使用(紙など) 空気の乾燥などの環境的要素 体の内側の要素としては以下のようなものがあります。

加齢や老化 食生活や生活習慣の乱れによる皮脂、細胞間脂質、天然保湿因子の分泌低下、アレルギー体質、細胞間脂質(体内から水分が逃げるのを防ぐために、幾重にも折り重なっている角層細胞どうしを隙間なく埋める役割があり、よく耳にするセラミドは細胞間脂質の大半を占める物質です。

)天然保湿因子:天然保湿因子は、角質層の柔軟性や弾力性を保つために、水分と結合して角質層に水分を供給するはたらきのある因子です。

個人差や性別差はありますが、歳を重ねるにつれて頭皮は乾燥しやすい状態になります。

軽度な皮脂の減少は年齢によるところはありますが、皮脂欠乏性皮膚炎を悪化させないためには、日常のケアが必要不可欠です。

洗浄力の強いシャンプーを避ける 頭皮は優しくゆっくりと洗う 熱いシャワーを避ける 部屋の湿度50%以上に保つ 頭をかない 極力アルコールを控える

皮脂欠乏性皮膚炎をケアするためには、皮脂を取り過ぎないことが重要です。

洗髪では洗浄力の高い高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーよりも、頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーがおすすめです。

洗髪の方法についても、ゴシゴシと爪を立てて洗うことは避け、指の腹を使って優しくマッサージするようにすることで皮脂の取り過ぎと頭皮のダメージを防ぎます。

熱いシャワーも皮脂を取り過ぎてしまいます。

少しぬるめの38℃程度に設定しておくと良いでしょう。

あなたが過ごす部屋の湿度も重要です。

湿度が50%を下回ると、頭皮の角質層の水分が蒸発しやすくなります。

加湿器などを上手に使って部屋の湿度を50%以上で維持できるようにしておきましょう。

頭皮にかゆみがあるとかきたくなりますが、症状がひどくなることが多いため、なるべくかかないようにしてください。

どうしてもガマンできない場合は、爪を短く切っておいて、やさし撫でるようにして刺激を最小限にとどめましょう。

アルコールも皮脂欠乏性皮膚炎の症状をひどくさせる場合があります。

アルコールを摂取し過ぎると血液の流れを促進し、体が温まるので、かゆみが強くなります。

極力アルコールを避けることが賢明です。

紹介したセルフケアで皮脂欠乏性皮膚炎を予防改善するとともに、頭皮の湿疹、痛み、かゆみが強い場合は、医療機関の皮膚科に相談するようにしましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎の治療は、ヒルドイド、白色ワセリン、ケラチナミンなどの外用の保湿剤を用いられるのが一般的で、炎症が強い場合にはステロイド系の薬が処方されます。

その他、抗ヒスタミン剤か抗アレルギー剤などの内用薬などでかゆみを抑えることもできます。

■厳選AGA一押しシャンプー■

チャップアップシャンプー

美容師が開発したシャンプー!!】
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!

_

このシャンプーの特徴は
  • 髪のハリコシをアップ
  • 髪のボリューム感を向上
  • フケやかゆみ対策
が挙げられます。

口コミからその効果を分析してみましょう。

今までは市販のシャンプーを使っていましたが、明らかに髪(頭皮?)の油分と抜け毛が減りました。

流石に2ヶ月弱で髪が増えるわけではないのですが、継続して使用することで、薄毛防止が期待ができるのものとして、使用していきます。

値段についても、ワンプッシュで充分洗える(両サイドの髪が耳にかからないくらいの長さ)ことから、恐らく1本で3ヶ月くらいは使えそうなので、決して高い買い物ではないと思います。

○髪(頭皮)の油分 →しっかり夜に洗っても、翌朝にシャワー(シャンプーなし)で湯洗いをしておかないと、昼には頭皮はベタベタ、髪も脂でぺったりしていたのが、湯洗いなしでも、翌日の夜までベタベタすることがなくなりました。

(無論、バサバサになってるわけではありません。

) ○抜け毛 →たまに使うシャンプーブラシで洗った後に、ブラシに残る量が目に見えて減りました。

!

出典:楽天市場より

今回チャップアップシャンプーを購入させて頂いたものです。

これまではドラッグストアで市販のシャンプーを購入、使用していて、ここまで高いシャンプーは何が違うのか正直分かりませんでした。

妻に頭皮の臭いとちょっとはげてきていることを指摘され口コミが良かったこちらのシャンプーを購入しました。

使用し始めて頭皮の変化を感じる気がします。

使用前は、硬くつっぱた感じがしましたが、使用後それが落ち着きました。

また美容院に行く度に毎回頭皮チェックしていますが、毛穴のつまりがないことに感動しています。

こんなに市販のシャンプーよりいいものだなんて、もっと早く知ることができてたらと少し後悔しています。

いつまでも髪のある生活のために、今からできることはしっかりしていきたいと思います。

!

他にも使用した人の大半の人からは

  • 抜け毛が減った気がする
  • 髪のボリューム感がアップした
  • フケやかゆみがおさまった

との声が多くやはり頭皮のフケや痒みが気になる方にはうってつけのシャンプーと言えるでしょう!

アトピー性皮膚炎は、かゆみをともなう湿疹ができます

皮脂が極度に少ない状態のため、皮膚が乾燥して皮膚のバリア機能が正常にはたらかないため、外部からの刺激に対して弱いのが特徴です。

アトピー性皮膚炎の症状には重症、中等症、軽傷、軽微の4段階があり、日本皮膚科学会では以下のように皮膚に出現する発疹ごとに段階を定めています。

重症、 中等症、中等度までの紅斑、鱗屑、少数の丘疹、掻破痕などを主体とする。

軽症、軽微。

アトピー性皮膚炎は、先天的な要素や食生活などがあると言われていますが、現時点では根治させることはむずかしく対症療法が一般的です。

アトピー性皮膚炎の症状は良くなったり、悪くなったりすることがありますが、薬や頭皮のケアを続けていくことにより、アトピー性皮膚炎が治った状態をコントロールすることが期待できます。

先述のとおり、アトピー性皮膚炎の原因は先天性のものもあれば、食生活や不規則な生活習慣、ハウスダスト、カビ、ダニなどの影響があると言われていますが、はっきりと原因がわかっていないのが実情です。

それを踏まえたうえで、日本皮膚科学会では、乳幼児では食物アレルゲン、それ以降の年齢になると、ダニやハウスダストなどの環境アレルゲンが関係していることがある、とアナウンスしています。

またアトピー性皮膚炎を刺激する因子として、汗、乾燥、皮膚に触れる物質、ストレスなどを上げています。

アトピー性皮膚炎の原因は、先天的な要素、食べもの、ハウスダスト、ストレスなど様々な要因があり、現時点では完全に治療をする薬がありません。

そのため、アトピー性皮膚炎は、症状を軽減させて自然治癒を促進する対症療法が一般的な利用として行われます。

日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎の治療の目標を以下のようにアナウンスしています。

症状はないか、あっても軽く、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない。

軽い症状は続くが、急激に悪化することはまれで、悪化しても持続しない。

そして、このような状態を維持することで、病気を苦にすることなく、楽に生活できることが期待されます。

アトピー性皮膚炎用いられる主な外用薬は3つあります。

ステロイド外用薬:アトピー性皮膚炎の炎症を鎮めるのに有効で一般的に多く用いられることが多い薬剤です。


非ステロイド系消炎外用薬:逆に非ステロイド系消炎外用薬は、炎症を鎮める効果が低く、あまり利用されることがありません。


カルシニューリン阻害外用薬:カルシニューリン阻害外用薬(タクロリムス軟膏)は、比較的に軽度な症状のときにも用いられる薬剤です。

皮膚の免疫力のはたらきを抑えることで、皮膚の炎症を鎮めて皮膚をかきむしるなどの症状拡大を防止します。

原因が異なるため全ての方に効くわけではありませんが、薬剤以外でアトピー性皮膚炎をケアする方法として以下のようなものがあります。

ストレスをためない、紫外線を避ける、シャワーのお湯はぬるめに設定する、刺激の少ないシャンプーを使う、頭皮を保湿する、イライラしたときに頭をかいてしまうこともあります。

仕事や人間関係などのストレスはもちろん、アトピー性皮膚炎では注意すべきことがたくさんあります。

それがかえってストレスになってしまう場合もあり、あまり過剰になりすぎないようにするとともに、趣味などを見つけてかゆみを忘れるという緩和方法もあるようです。

次に紫外線です。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が損なわれている状態であるため、紫外線の刺激で炎症を起こしてしまう場合があります。

外出する際は頭皮を紫外線から守るために帽子をかぶり、汗が出たらすぐに拭けるようにタオルも携帯しておくことをおすすめします。

頭皮を清潔にしておくために、洗髪はきちんと行うようにしてください。

その際のお湯の温度は少しぬるめの38℃が良いでしょう。

シャンプーも洗浄力の高い高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーではなく、アミノ酸シャンプーを選ぶことで、頭皮に刺激が少なく、皮脂の取り過ぎをなくし、保湿効果も高いのでアトピー性皮膚炎の拡大を抑える効果が期待できます。

お風呂上がりの際は、どうしても体温が高くなりかゆみや炎症や起こりやすくなります。

かゆみが発症したら氷嚢(ひょうのう)などで冷やしてあげると良いでしょう。

また就寝時は無意識に頭をかきむしってしまうこともあります。

お風呂上がりのときに爪の伸び具合もチェックし、爪を切っておくと安心です。

接触性皮膚炎は、何らかの外的な刺激を頭皮に受けることによりかゆみやヒリヒリした痛みのある湿疹や炎症を起こす症状です。

外的な刺激を受けた部分に紅斑(こうはん)とよばれる赤いぶつぶつができたり、皮膚が盛り上がったり、水疱(すいほう)が表れたりします。

また、接触性皮膚炎の原因となる刺激が続くと、慢性接触皮膚炎となり、象のような厚い皮膚になってしまう場合があります。

接触性皮膚炎は、以下のように大きく3つに分類することができます。

刺激性接触皮膚炎 アレルギー性接触皮膚炎 光接触皮膚炎 刺激性接触皮膚炎は、何らかの刺激物質が接触性皮膚炎の起きた部位に入り込み、細胞を刺激してサイトカインやケモカインとよばれる微量生理活性タンパク質を産出し炎症が起こると言われています。

頭皮のバリアの役割を果たす角層のトラブルが原因で、刺激物質の侵入が防げなくなり、植物や虫が持つ毒などの外的刺激物質によって皮膚の炎症が発症してしまうのです。

次にアレルギー性接触皮膚炎は、ある抗原に対し敏感な状態になる感作相(かんさそう)と惹起相(じゃっきそう)とよばれる2つの原因があると言われています。

ともにアレルギー性の物質が接触することにより炎症が起こりますが、発症のメカニズムが異なります。

特に惹起相のメカニズムはまだ明らかにされていないことが多いのですが、わかりやすいところでは、金属製のネックレスを身に付けることでアレルギーを発症してしまうなどがあります。

3つ目は、光接触皮膚炎です。

光アレルギー性接触皮膚炎や光毒性接触皮膚炎ともよばれます。

ある物質が塗られた皮膚に太陽などの紫外線に照たることにより、皮膚炎が引き起こされます。

接触性皮膚炎の対策として最も重要なことは、接触性皮膚炎を引き起こしている刺激物質を特定して取り除くことです。

そのためにも頭皮に湿疹や炎症が起こっているときの状況を確認することが大切になります。

どこで何をしたときに頭皮に湿疹や炎症が起こったかを記しておくようにしてください。

接触性皮膚炎の対策は、原因となる刺激物質を取り除く方法と、薬での治療を行うことができます。

主な治療方法は以下のようなものがあります。

ステロイド外用薬・内服薬 免疫抑制薬(保険適用外) 抗ヒスタミン薬 紫外線療法 金属ダイエット・除去療法 食物中に含有される金属の摂取制限 バリアクリーム,保湿剤、手袋などによる予防

接触性皮膚炎の発症において、気が付かずに日常的に使用しているものがあり、慢性接触皮膚炎になる可能性も少なくありません。

日本皮膚科学会がアナウンスしている日常で気を付けなければいけないものは以下のようなものがあります。

界面活性剤、ドライクリーニング、抗菌製品、ゴム製品、衣類、プラスチック製品

界面活性剤はシャンプーに多く使われている成分ですが、食品、化粧品の乳化剤や保湿剤にも利用されており、毎日頻繁に利用するものであるため、慢性接触皮膚炎を引き起こしやすくなります。

油脂系の汚れがよく落ちるため、利用されている方も多いドライクリーニングは、用いられる溶剤が気化することで刺激性皮膚炎を発症させるケースが多いようです。

発症を予防するために、日本皮膚科学会からは「クリーニング後に衣類を徹底的に乾燥させること」がアナウンスされています。

私たちの生活に定着している抗菌製品も接触性皮膚炎を起こす原因となっている場合があります

衣類、バス用品、台所用品、文具、住宅の壁紙、トイレ用品など様々なところで抗菌仕様の製品があります。

ゴム製品もまた接触皮膚炎を引き起こす可能性がります。

頭皮に触れるゴム製品は水中メガネやゴーグルのバンドなどがあります。

ゴム手袋を装着した状態で頭皮に触れる場合もあります。

医療関連に従事される方、工場で作業される方など日常的にゴム製品に触れている方で皮膚に炎症や湿疹がある方は注意が必要です。

衣類による接触皮膚炎と聞いて驚かれるかも多いかもしれません。

衣類の中には、ホルムアルデヒドとよばれる樹脂加工剤や染料を使っているものがあり、人によってはアレルギー性性接触皮膚炎を引き起こす可能性があります。

プラスチックは、含有されている着色剤、紫外線吸収剤、抗菌剤が問題となるようです。

日本皮膚科学会の報告によると、眼鏡の樹脂製フレームに使われている着色剤が接触皮膚炎を引き起こす症例が多くあるようです。

この他にも、化粧製品、毛染め液のほか、あまり頭皮に付着することはありませんが、薬用歯磨き粉などでも接触性皮膚炎を起こる場合があります。

接触性皮膚炎を発症させる可能性のあるものは、日用品だけにとどまりません。

医薬品も接触性皮膚炎の原因になる場合が多いのです。

医薬品が接触性皮膚炎の原因となっているケースは多く、特に抗菌薬や非ステロイド系消炎薬の外用薬には注意が必要です。

日本皮膚科学会からは以下のような医薬品がアナウンスされています。

アミノグリコシド系の抗菌外用薬(硫酸フラジオマイシン、ゲンタマイシンなど) 非アミノグリコシド系抗菌外用薬(クロラムフェニコール、バシトラシンなど) 抗真菌薬(クロトリマゾール、ケトコナゾール、塩酸ネチコナゾールなど) 消炎鎮痛外用薬(ブフェキサマク、イブプロフェンピコノール、塩酸ジフェンヒドラミンなど) ステロイド外用薬(アムシノニド、酪酸ヒドロコルチゾンなど) 点眼薬(トブラマイシン、硫酸ジベカシン、硫酸シソマイシンなど) 消毒薬や潰瘍治療薬(ポピドンヨード、塩化ベンザルコニウム、塩化リゾチームなど) 坐薬や腟錠(塩酸ジブカインなど) 乾癬治療外用薬など(タカルシトール、カルシポトリオール、マキサカルシトールなど) 基剤、保湿剤、防腐剤(ラノリン、セタノール、亜硫酸ナトリウム、パラベン、ロピレングリコールなど)

!

まとめ

薄毛の画像

頭皮湿疹の原因となる脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎において、自宅のヘアケアで注意すべきことは、フケやかゆみを気にし過ぎて、強く頭皮を擦ったり、シャンプーの頻度を増やしたりしないことです。

頭皮に刺激が少ないアミノ酸のシャンプーで基本は1日1回の頻度とし、指の腹でやさしくマッサージするように頭皮を洗ってください。

シャワーの温度もぬるめの38℃に設定し刺激を減らします。

すすぎ残しが無いように丁寧なすすぎを心掛けてください。

風呂上がりには氷嚢などで頭を冷やしてあげるとかゆみが広がりにくくなります。

このような自宅ケアを行いながら、頭皮湿疹やかゆみがおさまらない場合は、なるべく早く皮膚科の専門医に相談するようにしてください。

AGAスキンクリニック

✔店舗数:全国展開50
✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%

_

AGAヘアクリニック

【遠隔診療するならここ】
★かかる費用は治療薬の費用だけ
★スマホ1台のみでOK!
★自宅で治療ができる!

_